« 2015/11/7:鯛良さんに参戦 | トップページ | 2015/11/14:ブロッケンの妖怪に参戦 »

2015/11/12

2015/11/12:あわただしい湖東三山めぐり

◆横浜→米原→東近江→甲良→愛荘→米原→横浜:はれのちくもり:11295歩

 5時15分起床。6時2分のみなとみらい線急行で出発というのは、普段の日と同じだけれど、横浜で降りずに、菊名まで乗って、横浜線で新横浜へ。本日は、ふらっと休暇をとって、どうしようかと思っていたのだけれど、そうだ、滋賀行こう!ということで、のぞみ3号で西下。横浜チャーハンとニッカンとコーヒー。
 名古屋でお向かいのこだま号に乗り換えて、米原駅。外へ出るのは初めてかもしれない。子供の頃から時刻表に親しんでいると、米原とか直江津とか小郡(新山口)なんていうのは、大事な乗り換え駅なのできっと大きな街だろうと思ってしまうのだけれど、米原も合併前は市ではなくて町だったくらいで、何もない駅前である。

Img_4767

 その何もない駅前のトヨタレンタカーさんでヴィッツ号を借りて出発。本日は湖東三山めぐり。日曜日に検討していたのだけれど、雨と体調不良と見送ったものを急遽実行。下調べもあまりできていないのだけれど、紅葉が見頃のはず。彦根ICから名神で10数キロ、ETC装着なので、湖東三山スマートICで出られる。平成25年にできたこのインターチェンジが実に便利で、3つのお寺いずれにも非常に近いのだ。
 まずは、百済寺。「くだらじ」ではなくて、「ひゃくさいじ」であるが、百済国のお寺を模して聖徳太子が建てたとかいうのだから歴史は古い。ただし、信長に焼かれてしまったとのこと。お庭の紅葉がビューティフル。本堂へ向かう途中からの眺めもいい感じである。紅葉のピークで混むのではと心配していたが、平日の朝ということで、のんびりしたもの。家族友人の健康と穏やかな隠居生活などをお祈りしておく。

Img_4768

Img_4771

Img_4772

Img_4773

Img_4774

 来た道を戻り、湖東三山ICを通り過ぎて、今度は西明寺。15分くらいだけれど、東近江市→愛荘町→甲良町と変わる。ここは平安時代に開かれたお寺らしい。山を登って、重要文化財の二天門を抜けて、本堂と三重塔が国宝。紅葉もちょうどいい感じ。

Img_4776

Img_4777

Img_4782

Img_4783

 あわただしく見学して、今度は金剛輪寺へ。3つのお寺は近いので、3時間もあれば十分回れると思っていたのだけれど、それぞれ本堂が山の上にあるので、けっこうあわただしくなってきた。ここは聖武天皇の祈祷寺というのだからかなり古くて、本堂は鎌倉時代から残っていて、やはり国宝だというから登らないわけにもいかないけれど、山を降りてからの庭園の紅葉がまた美しい。

Img_4785

Img_4787

Img_4791

Img_4792

Img_4794

 あわただしく三山めぐり終了。滋賀の旅はもなかなかよいですね。せっかくだから、永源寺とか彦根城あたりに足を伸ばしたり、温泉でも探してゆっくり帰京するのが普通なのだけれど、湖東三山ICから名神で引き帰して米原でレンタカーを帰して、11時58分のひかり号でビアと近江牛のお弁当をいただき早々に帰宅。

|

« 2015/11/7:鯛良さんに参戦 | トップページ | 2015/11/14:ブロッケンの妖怪に参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015/11/7:鯛良さんに参戦 | トップページ | 2015/11/14:ブロッケンの妖怪に参戦 »