« 2015/11/14:ブロッケンの妖怪に参戦 | トップページ | 2015/11/22:ファイターズファンフェスティバル2015 »

2015/11/21

2015/11/21:虎杖浜温泉&白老牛を堪能♪

◆横浜→千歳→白老→札幌:はれ時々ゆき:10599歩:白老の最高気温=7.6度

 バタバタした1週間が終わって、なんとか3連休にたどりついた。前夜は22時に就寝して、2時と3時に目が覚めて4時30分起床。5時29分発のみなとみらい線で出発して、5時39分発の快速エアポート成田で出発。4分後に成田エクスプレスがあって、外人さんが間違えて乗ってしまったようなので、武蔵小杉で乗り換えるようフォロー。アテンダントのお姉さんは、その前にまずグリーン車から普通車へ移れっていうけど、特急券持ってるんだし、すぐなんだからそのくらい許してあげればいいじゃんね。話をややこしくするだけだよ。小生もN'EXに乗り換えれば20分早く空港へ着けるけど、せっかくLCC使ってるのに意味がなくなるので、ドーナツとコーヒーをいただきながら、2時間かけて快速エアポート成田で空港第2ビルへ。テクテク歩いて第3ターミナルから、バニラエアさんで2ヶ月ぶりの北の大地へ。

Img_4809

 kecoさんの到着まで時間があるのだけれど、これから温泉に行くのに、万葉の湯に入るのも悔しいので、朝市食堂で朝食をたっぷりいただき、スーパーラウンジでぐだぐだして時間をつぶして、ニッポンレンタカー・スイフト号をゲットして再び空港へ戻り13時頃に出発。予報より天気はよい感じで陽も射しているけれど、気温は低い。ブラタモリ小樽という雰囲気ではないので、道央道を南へ向かい白老へ。虎杖浜温泉は、ほくようさんに参戦する。

Img_4810

Img_4811

 道内でも意外と少ない源泉かけ流しの虎杖浜温泉は、アルカリ単純泉で肌にやさしく日本三大美人の湯をうたっている。昭和な雰囲気たっぷりのほくようさんは、いわゆる鰻の寝床みたいな作りで、さらに内湯と露天、さらに脱衣場の位置関係がややこしく、結論としては、内湯と露天の移動中に、女性が男性に裸を見られる心配はないけれど、男性は裸で歩いているところを女性に見られる可能性があるとだけ解説しておく。

Img_4826

Img_4825

 そんな妙な作りではあるのだけれど、開放的な露天風呂は、肌にやさしくややぬる目。お客さんも誰もいなくてゆっくりと堪能。たしかにお湯はすばらしい。昭和な湯上がりフロアで、昭和40年代から50年代にかけての清里のペンション問題、白馬問題、伊豆高原問題など検討しながらくつろいでいると、続々と宿泊客が到着。3連休だから当然かもしれないけれど、それなりににぎわっているようで何よりである。

Img_4822

Img_4821

 温泉の次は肉ということで、36号線を東に戻り、白老牛のウエムラファームさんへ。広い牧場と牛舎の隅に事務所みたいな感じで小さなレストランが併設されていて、応援大使の稲葉と鵜久森も参戦したようでサインが飾ってある。カルビとサーロインとランプの3種盛りさんは、やわらかくて量も多すぎずに美味しい。食べログ3.46だけのことはある。隣に妙な相客が来てちょっと落ち着かなくなってしまったけれど、ノンアルコールビアとともに、サラダと牛汁も美味しくいただき、17時には本日の夕食は終了。すっかり陽が落ちてもう外は真っ暗。事務所の電灯が1つついている意外は一面もう真っ暗だ。

Img_4827

Img_4828

Img_4829

 勢11勝、豪栄道7勝、白鵬2敗を確認しながら道央道を札幌へ。新作が登場したホワイトイルミネーションを少しひやかして解散。久しぶりのジャスマックプラザさんは、ドアを開けたら和室で布団が敷いてあってびっくり。夕食が早すぎたので、ブラタモリを見てから入浴、ラーメン、イチゴミルク。

Img_4830

Img_4834

Img_4835

Img_4836

Img_4837

|

« 2015/11/14:ブロッケンの妖怪に参戦 | トップページ | 2015/11/22:ファイターズファンフェスティバル2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015/11/14:ブロッケンの妖怪に参戦 | トップページ | 2015/11/22:ファイターズファンフェスティバル2015 »