« 2016/2/6:JALで行くJALオクマリゾート&ファイターズ国頭2軍キャンプの旅(2) | トップページ | 2016/2/9:JAL無料航空券でカーリング日本選手権に参戦 »

2016/02/07

2016/2/7:JALで行くJALオクマリゾート&ファイターズ国頭2軍キャンプの旅(3)

◆国頭→那覇→横浜:くもりのち時々はれ:那覇の最高気温=16.3度

 7時すぎに起床。夜の間にけっこう雨が降っていたが、一応上がっている。喝!を見てそろそろチェックアウトというところで、携帯がいきなり鳴りだして、ミサイル発射を告げる。緊急地震速報のような感じでマナーモードの勝手に携帯が鳴りだして驚く。kecoさんの携帯は何も反応せず。速報されても空を見ても仕方ないし、どうしようもないが、幸い、上空を通りすぎたようである。

Img_5204

D20160207

 グランドコンディション不良で今日は室内練習。近くの体育館でウォーミングアップが始まるが、これからというところで、小坂が申し訳なさそうにカーテンを閉めてしまうので何も見えず。仕方ないから、宜野湾でベイでもひやかそうかと思っていると、投手陣がやってきてブルペンへ。武田勝さんが本格的な投球。藤岡、さらには、ルーキーの井口、吉田、田中も登場。オホーツク何とか大学の井口くんは、パワフルだけれど、あまりにも荒削りで、ストレートとカーブではフォームが全然違うし、手をグラブから大きく離すスタイルのモーションもクセがいかにもバレそうだ。

Img_5207

Img_5214

 5人が投げ終わったところで、高卒2年目の石川直くんが登場。ひょろひょろしていた感じがすこしプロらしくなってきて、185センチ?から投げ込むストレートは清水くんのミットにビシバシといい音をたてている。カーブ、フォーク、スライダーと一応球種もあるようで、いつのまにか伊藤総合コーチ、高橋ピッチングコーチ、2軍監督の幸雄さんも集まってきた。貴重な本格派右腕。まずは今年鎌ヶ谷でローテーションに定着して、来年あたりブレイクして欲しいもの。
 冷え込んできたのでそろそろ引き上げようと思っていると満を持して武田久が投球。下半身をおもいきり使うあの独特のフォームで両膝手術というのだから正直厳しいとは思うけれど2006年からの常勝ファイターズを支えた一番の功労者。何とかもう一花と願わずにはいられない。
 12時前に撤収して、58号線を南下。名護のバイパスがだいぶ伸びて、名護城の下をトンネルで抜けて、世冨慶のあたりまで抜けられるようになった。もう一本トンネルを掘っているようで、許田インターまでつながればずいぶん国頭も近くなる。
 沖縄道を南下しているうちに天候が回復してきて、晴れ間がのぞいてきた。那覇空港道の終点まで飛ばして、空港手前の瀬長島ウミカジテラスさんに初参戦。空港隣接の島の頂上に温泉付きホテルが作られ、斜面を利用して、ちょっとエーゲ海風の白い小屋が海へ向かって並ぶ。まだ一部工事中でバタバタしている感はあるし、あか抜けない感じもあるけれど、それはそれでなかなかいい感じである。ちょうどランチタイムということで、伊江牛さんの焼き肉をいただき、海岸を少し散歩。風や波も北部に比べればだいぶ穏やかだけれど、風はやはり冷たい。空港めがけて、様々な飛行機が短い感覚でどんどん突っ込んでくる。

Img_5216

Img_5218

Img_5219

Img_5220

Img_5228

 全日程を終了して、1年ぶり生涯2度目のセルフ給油を店員さんに助けてもらいながらなんとか無事に済ませ、那覇空港へ。ラウンジでビアをいただき帰京。帰りは追い風で2時間だから早い。開幕に向けてテンションを高めるにはちょっと寒すぎるキャンプだったけれど、若手選手の将来の活躍を楽しみにしたい。


|

« 2016/2/6:JALで行くJALオクマリゾート&ファイターズ国頭2軍キャンプの旅(2) | トップページ | 2016/2/9:JAL無料航空券でカーリング日本選手権に参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/2/6:JALで行くJALオクマリゾート&ファイターズ国頭2軍キャンプの旅(2) | トップページ | 2016/2/9:JAL無料航空券でカーリング日本選手権に参戦 »