« 2016/6/7:カントリーウォーク号惜敗! | トップページ | 2016/6/12:クルーズ♪クルーズ♪マンゴー♪ »

2016/06/10

2016/6/10:社台ツアー2016

◆横浜→千歳→苫小牧→千歳→登別:くもり時々はれ

 4時15分起床。朝風呂。YCAT5時25分発のバスで羽田空港第2ターミナル。早朝からけっこうなにぎわい。6時20分発のANA987便も満席。この便は、7990円とLCC並に安いのだ。
 機内熟睡して、久しぶりの新千歳空港。さっそく、朝市食堂でイカ刺しの朝食をと思うと、なんと終了している。ターミナルの改装工事が始まってしまったようだ。わざわざ空弁をパスして来たのに、あまりにもあんまりである。3階のロイヤルさんで洋朝食などいただき、スーパーラウンジで時間をつぶす。

Img_6074
(久しぶりの北の大地)

 本日は、恒例の社台・サンデーのセレクトツアー。今年もバス8台と盛況。4号車にて出発。まずは、ノーザンファームの牡馬。3年前は、ここにドゥラメンテとリアルスティールがいた当たりくじの高い場所。もっとも一昨年の募集馬、すなわち今年のクラシックは超大物はいなかった。
 高くて買えない馬ばかりなのだけれど、ディープ産駒を差し置いて目を引いたのは、リアルスティールの弟。ハーツクライに父が代わっても1億円の値付けをしてくるだけのことはあるようだ。

Img_6079
(リアルスティールの弟、1億円)

 今年はオルフェーブル産駒とほぼ決めているのだけれど、注目のゴレラの2015は、340キロと生まれが遅めであることを考慮してもあまりにも小さい。父譲りの金髪で格好いいんだけどねぇ。

Img_6076
(オルフェーブル*ゴレラ)

 おなじみの海鮮丼をあわただしくかきこみ、午後の部は、早来ファームから。ここは、白老ファーム生産馬を中心に、社台やノーザンも交じる。オルフェーブルの牡馬では、ケイトの2015か人なつこくっていい。岡田師っていうのが気になるけど、要チェック。

Img_6080
(おなじみ海鮮丼)

Img_6086
(オルフェーブル*ケイト)

 遠浅へ移動して、ノーザンファーム牝馬。ここの牧場は景色が特にきれいだ。ちょうど晴れ間も出てきていい気分。購買意欲も上がるよね。

Img_6099
(晴れ間も出てきた♪)

 おなじみの良血馬揃い。ディープ産駒は牝馬でも手の届かないお値段。オルフェーブル*ビワハイジはさすがにめだつのだけれど、5000万だからねぇ。名牝ビワハイジはこれが最後の産駒とのこと。その他、オルフェーブル*マルペンサはサトノダイヤモンドの半妹だけれど、これもお高い。狙っていたラルクの下は、なんか幼い感じで今ひとつピンとくるものがなかった。

Img_6105
(キングカメハメハ*ブエナビスタ)

Img_6110
(オルフェーブル*ビワハイジ)

 追分ファームへ移動するあたりからみんな疲れてくる。空もまた曇ってきた。GIサラブレッドクラブの馬も多いし、早めにバスに戻って体力温存。

Img_6114
(追分ファーム)

 社台ファームに到着する頃には、風も冷たくなってくる。これでは、購買意欲も上がってこない。「展示場にドリンクコーナーを用意しているのは社台ファームだけ!」とアピールしているが、いかんせん寒いので、お茶に行列ができてしまい、ジュースは全然人気がない

Img_6115
(社台ファームにたどりつく頃には、雲が覆い、気温も下がり。。。)

 社台担当のキョウカワさんがやや自虐的に「今年はリーズナブルな価格設定で・・・」と言っていたように、ディープ産駒でも牝馬は4000万とか、桜花賞馬マルセリーナの弟が3000万とかお買い得感ありそうな気もするのだけれど、いかんせん寒いし、下調べも不足気味で今ひとつテンションは上がらない。角居先生のディープ*アーヴェイ、石坂師のノヴェリスト*イタリアンレッドあたりはよさそうな気もするけれど。

Img_6127
(ノヴェリスト*イタリアンレッド)

 今回も強行軍ながら数百名の参加者がぴったり時間を守って、JTBさんの運営もスムーズで見事に時間通りの進行。18時予定のところ、17時59分に新千歳空港に戻ってきて解散。ニッポンレンタカー・ヴィッツ号で滝本に20時前到着も予定通り。

Img_6128
(滝本到着!)

 前回からけっこう間があいてしまった滝本。さっそく大浴場に参戦。ちょうどこの時間は団体さんは宴会なので、空いていていい。金蔵の湯を30分ほぼ独占して、ビア。湯上がりにおなじみのラーメンをいただきながら再度ビア。マッサージ60分。
 部屋に戻ってあらためてカタログで検討。当初の予定と実際の馬を見た印象がだいぶちがって検討がふりだしに戻った感もあるけれど、湯上がりに布団に寝転がってカタログを眺めるのもまた至福のひとときである。

Img_6130
(旨い!)


|

« 2016/6/7:カントリーウォーク号惜敗! | トップページ | 2016/6/12:クルーズ♪クルーズ♪マンゴー♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/6/7:カントリーウォーク号惜敗! | トップページ | 2016/6/12:クルーズ♪クルーズ♪マンゴー♪ »