« 2016/6/10:社台ツアー2016 | トップページ | 2016/6/15:ハマスタ満員御礼 »

2016/06/12

2016/6/12:クルーズ♪クルーズ♪マンゴー♪

◆横浜・東京:はれときどきくもり

 昨晩も21時すぎに就寝してしまったので、2時に目が覚めて2度寝して4時、3度寝して7時起床。ラニのベルモントS、オフィシャル中継がないので、ネットでいろいろ探すと、向正面いい感じで上がっていく。3コーナーで一杯気味になったときは万事休すかと思ったが、直線もう一度伸びて、あわや!の3着。いやぁ、アメリカ3冠でゴール前声が出る日が来るとはねぇ。すばらしい。
 週間予報よりずいぶんよくなって晴れ間が出ている。8時すぎに出発して、朝マックを済ませてからぷかり桟橋へ。本日は、クルーズを堪能する日ということで、まずは、羽田空港へ向かう。

 Img_6142

 国土交通省舟運実験とやらのクルーズ船は、なかなか格好いい船。羽田付近の低い橋をくぐれるようにしたという。20名ほどのお客さんを乗せて出航。ベイブリッジを見ながら北へ向かい、外海へは出ずに京浜運河を行く。ちょうど、横羽線と湾岸線の間を進む感じである。

Img_6164
(ベイブリッジ)

Img_6169
(つばさ橋)

Img_6172
(オープンデッキも快適♪)

Img_6177
(工場を見ながら)

 オープンデッキで風を受けるもよし、冷房の効く船内でのんびりするもよし、なかなか快適な船旅で、羽田まで1時間。ぷかり桟橋なら家から歩いて5分だし、遠征の足としても十分役に立ちそうなのだけれど、いかんせん休日4000円では体験乗船の域を出ないのが残念。

Img_6185
(羽田に到着)

 このまま乗っていると、この後の目的地のひとつである水道橋まで連れて行ってくれるのだけれど、諸般の事情で羽田で下船。これがターミナルビル直結ならいいのだけれど、あいにく国際線ターミナルへ徒歩15分という立地。水路を引いてターミナルビルの地下へでも繋げて欲しいものである。
 国際線ターミナルで一休みして、本日第2の目的は、日本橋・神田川クルーズ。当初は先週の予定だったのだが、諸般の事情により1週延期になって、本日はクルーズ三昧となった次第。京急で日本橋へ出て、日本橋の袂、野村證券のところが乗船場。なにやらお祭りも行われているようだ。早めに受付を済ませて、近くのカフェで昼ビア。

Img_6193
(おなじみのやつ)

Img_6194
(昼ビア♪)

kecoさんと合流して13時出航。日本橋の下でUターンして、江戸橋をくぐり、まずは東へ。首都高速の下を進み、途中の水門で亀島川へ分岐して、リバーシティから聖路加方面へ。勝どき橋手前で折り返して隅田川を北上。

Img_6196
(日本橋から出航)

Img_6199
(江戸橋)

Img_6201
(リバーシティ21)

Img_6202
(勝鬨橋)

 隅田川の広いところを、永代橋、清洲橋、新大橋とおなじみの橋をくぐりながら北上。河岸も整備されて、バーベキューする人とか裸で読書するおじさんとかみな思い思いにのんびりすごしているけれど、本当は、川沿いにカフェとかもっと作れるように規制緩和して欲しいよね。

Img_6204
(隅田川から望むスカイツリー)

Img_6206
(清洲橋)

 スカイツリーを正面に見て、そろそろ国技館というあたりで左に曲がって神田川へ。両国っていうのは、武蔵の国と下総の国の境目だからっていう説もあるのね。ちなみに花王の社名の由来は「顔を洗う石鹸」を作っているからとか。ガイドさんのアナウンスがブラタモリなみに勉強になるねぇ。

Img_6207
(両国の手前で神田川へ)

 昭和通りとJRをくぐって、万世橋。エキュートのカフェは川沿いにあっていい感じである。kecoさんにとっては子供の頃におなじみのエリアで、丸の内線や中央線も見ながら船は進む。ビリヤード台製造の淡路亭は、○十年前から健在とのこと。

Img_6211
(マーチエキュート 神田万世橋)

Img_6213
(kecoさんの子供の頃からあるらしい)

 残念ながら改装中の聖橋をすぎて東京ドームでおなじみのエリアへ。このあたり川から分岐している水路があって、洪水対策にもなっているようだけれど、どうせならこっちへ入ってくれれば、よりブラタモリちっくで、楽しそうではある。

Img_6214
(聖橋改装中は残念)

Img_6215
(隠れた放水路が気になる)

 数え切れないくらい渡った東京ドームへの橋をくぐると、船はまた左へ曲がって日本橋をめざす。飯田橋の付近から竹橋方面へ。このあたりもまたkecoさんの思い出の地であるようだ。そして、一ツ橋付近には、江戸時代からの石垣も残っている。日本ビル近くを通って、再度JRをくぐって日本橋へ。ちょうどお祭りの神輿がやってきている。日枝神社の山王祭とやらでなかなか盛大である。

Img_6216
(百回以上渡ったおなじみの橋)

Img_6221
(一ツ橋)

Img_6222
(江戸の石垣)

Img_6225
(ちょうど日本橋に戻ると神輿が)

Img_6227
(なかなか盛大)

 見所満載でガイドさんのガイドも適切でまったく飽きない90分のクルーズ。都心に縁のある人なら間違いなく楽しめるし、英語コースでも作って外人さんにも楽しんでもらいたいようなすばらしいクルーズである。本当は、東京オリンピックのために作った首都高速を2度目のオリンピックのために撤去できればすばらしかったのだけれど、いずれにしても、東京も本来は、川の街であって、もっともっといろんなルートで気軽に乗れる船を増やしたり、川に面したお店とかを増やして欲しいよね。
 せっかく日本橋へ来たので、〆はもちろん千疋屋総本店のフルーツパーラーへ。マンゴーパフェとマスカットパフェをいただきながら、夏から秋の遠征計画と五輪のテレビ観戦計画を検討して解散。

Img_6228
(マンゴーvsマスカット♪)

|

« 2016/6/10:社台ツアー2016 | トップページ | 2016/6/15:ハマスタ満員御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/6/10:社台ツアー2016 | トップページ | 2016/6/15:ハマスタ満員御礼 »