« 2016/7/30:メイクデビュー札幌〜めざましクラシックスサマースペシャル♪ | トップページ | 2016/8/2:2016花火オフ »

2016/07/31

2016/7/31:第98回全国高校野球選手権神奈川大会決勝に参戦

◆横浜:はれ時々くもり一時あめ:横浜の最高気温=31.4度

 6時20分起床。朝食をたっぷりいただきながら、プロ野球ニュース(再)〜競馬予想TV(再)。
 本日は、高校野球神奈川大会決勝戦。慶応高校が8年ぶりに決勝に勝ち進んできた。相手は横浜高校なので、まぁ勝ち目はあまりなさそうだけれど、せっかくだからハマスタに応援に行きたい。
 ところが、友人のFacebookなどを見ると、昨日の準決勝も大行列の末、かなり早い時間にブックフルになったという。13時試合開始だけれど、開門は10時半の予定が9時半に繰り上がったという。どうなるかわからないので、とりあえず9時半すぎに家を出る。間違えて馬車道で降りてしまい、日本大通りまで乗り直して、横浜公園へは10時すぎに到着。いやぁ、すごい列。最後尾は教えてくれたけど、盛大にぐるぐる回っていて、どこへ向かっている列なのかさっぱりわからない。

Dsc_0026

Dsc_0031

 あちこちで折り返してぐるぐる回って、どうやら1塁側内野方向へ進み始めて、11時前には、チケットを購入できた。これで入場は保証されたし、試合までまだ2時間あるので、すぐに入場しなくてもよいのだけれど、自由席なので、間際になると席を探すのに苦労しそうである。そのまま入場して、ビア、シウマイ弁当、みかん氷を購入して、1塁側内野後方通路側に陣取る。あちぃのだけれど、大気の状態が不安定で、急に黒い雲が接近したと思うと、ザーッと強い雨が降って、シートノックが中断したりもしながら、なんとか2時間経って、塾歌や若き血を歌ってテンションも高めて、いよいよ13時試合開始。

Dsc_0034

Dsc_0035

Dsc_0037

Dsc_0040

◇2016/7/31:●慶応義塾 3-9 横浜(横浜)

 慶応の先発は、2年生エースの森田くん。初回、いきなり横浜3番の増田くんに被弾。一方の横浜は、150キロ近い速球でプロ注目の藤平くんが先発。どうみても、投手力は、横浜の方が上で、慶応は、イッキマンに褒められた内野の守備でなんとか打たせてとりながらふんばる。
 しかしながら、5回、守備のミスが出て、2死2塁となったところで、初回に被弾している増田くん。2ストライクと追い込んでおきながら、高めに投げて、またレフトスタンドへ。ここで内角高めはないよなぁ・・・横綱相手にエラーがらみで失点してはもう厳しい。さらに連打で0−5。6回にも代わった井上くんが打たれてとうとう0−8。
 決勝戦もコールド負けってあるのかしらん?と心配になってきたところで、7回裏。せっかく来たのだからと若き血を盛大に歌うと、ここから打線がつながって3連打で1点、さらに2死2、3塁から下山くんタイムリーで3−8。藤平くんをKO!さらにつないで、2死満塁で正木くんという場面まで持ち込んだ。一発出れば1点差ということで、応援団のボルテージもあがり、小生もダッシュケイオウその他、いろいろ歌って応援するが、まさかの見逃し三振で万事休す。8、9回もそれなりにチャンスを作るも結局無得点で3−9。横浜高校が甲子園出場。
 監督が「10回やって1回勝てるか」と言っていたらしいけれど、まさにそのくらいの感じで、たのみの守りにミスが出たのだからまぁ仕方がない。打撃のチームでよくここまでトーナメントを勝ち上がってくれた。
 8年前は、90回記念大会ということで、神奈川が代表2枠になって、横浜高校とは当たらずに決勝で東海大相模に勝って46年ぶりの出場を決めたのだけれど、今年は1枠。東海大相模のコールド勝ちしても、決勝で横浜が立ちはだかる。この2つに両方勝つのは難しいっていうことだよね。
 8年前のような感動には立ち会えなかったけれど、決勝まで勝ち進んでくれたチームはよくがむばった。エースと4番は2年生だから来年にも期待したいし、3年生には、神宮でまた楽しませて欲しいものである。

Dsc_0047

Dsc_0046


|

« 2016/7/30:メイクデビュー札幌〜めざましクラシックスサマースペシャル♪ | トップページ | 2016/8/2:2016花火オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016/7/30:メイクデビュー札幌〜めざましクラシックスサマースペシャル♪ | トップページ | 2016/8/2:2016花火オフ »