« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016/12/31

2016/12/31:カントリーウォーク号大敗!(みなとみらいホールジルヴェスターコンサート♪)

◆横浜・東京:はれ

 7時起床。ご飯を炊いて朝食をたっぷりいただきながら朝ビア。バルコニーの植え替え。昼寝。朝風呂。 ここ数年、大晦日は高知競馬の高知県知事賞参戦が定番になっていたのだけれど、今日はカントリーウォーク号、いよいよ引退レースということでtckに。指定席がブックフルだったけど、馬主席をゲットできた。ラーメン&餃子祭りとやらを開催しているので、浜松餃子とビア。今日も東京の年末らしい穏やかな冬晴れ。

Img_7161

Img_7162

 さて、いよいよ7RのサラC1。相手は弱化しているけれど、いかんせんお疲れムードが漂い覇気が感じられない。最後なので応援の単複と馬連総流し。
 レースは、まずまずの位置につけていい感じで直線に入ってくるも伸びず。終了。5年71戦6勝、終始は赤字だけれど、本当に楽しませてくれた。感謝感謝である。

Img_7169

Img_7173

Img_7174

Img_7175

 せっかくL-WING4階席をいただいたので、師走の西日を浴びながらそのまま残って今年最後の勝負。8、9Rを大敗して厳しくなってきたところで、カントリーウォーク号引退撤回のニュースが飛び込んできた。前走に引き続き、真島騎手が、このクラスは勝てると進言したとのこと。あんまり勝てそうな気はしないけれど、もう少し楽しませてくれるならありがたいことではある。
 東京2歳優駿牝馬当たり損、11R大敗、得意の高知県知事賞もいかにも飛びそうな初距離の1番が2着に残ってしまい大敗。最終レースのおおとり賞も見せ場なく大敗。大敗に次ぐ大敗で昨日のKEIRINグランプリの儲けをだいぶ吐き出してしまったが、今年は、シャンティの大勝があるので、人生2度目か3度目の年間プラスは余裕で達成だ。

Img_7177

 立会川へ戻って京急に乗ると、平和島くらいまでは順調だったのにそこからスローダウン。上大岡行きなんてめずらしいな?と思ったら、上大岡から先は人身事故で運転とりやめ中ということで、前がどんどん詰まって一駅ごとにノロノロとしか進まなくなった。京急川崎で乗り捨ててJRで帰宅。
 入浴して態勢を立て直して、みなとみらいホールへ。以前は定番だったけっれど、最近は遠征やら聖子ちゃんカウントダウンやらに浮気していたので4年ぶりの参戦。直前の購入でもまずまずの良席が確保できた。
 今年も池辺晋一郎先生のヨコハマ・ファンファーレで幕開け。司会は、おなじみの朝岡アナ。徳永二男さんや漆原姉妹も健在だ。前半のクラッピング・ミュージックというのもおもしろかった。
 指揮はもちろん飯森範親さん。今年は、シベリウスの「フィンランディア」でカウントダウンをピタリと決めて、「私、失敗しないので」とどこかで聞いたことのあるセリフ。
 コダーイの組曲「ハーリ・ヤーノシュ」よりウイーンの音楽時計で2017年の幕開け〜美しき青きドナウとラデツキー行進曲。おだやかで楽しい年になりますように。
 
20161231

Img_7180

| | コメント (0)

2016/12/30

2016/12/30:ホルニッセ号能力試験合格!(KEIRINグランプリ2016大勝!)

◆横浜・東京:はれ

 今日から5日間の正月休みだけれど、普段と同じ5時半すぎに起床して、京急にて上京。本日は、愛馬ホルニッセ号の能力試験ということで、開門前の大井競馬場に参戦。関係者通路から入場。寒い。
 能力試験の見学は初めて。芸風がよくわからないが、一応本馬場入場風に登場してから、向こう正面のスタート地点へ向かうようだ。ところが、第2組の時間になっても我がホルニッセ号がなかなか登場しない。能力試験出走取り消しではシャレにならないと思い始めた頃に無事に登場。社台のS氏曰く、帽子を間違えたとのこと。ちなみにS氏は仕事だからわかるけれど、夫人も早朝から参戦している。さすがとしかいいようがない。

Dsc_0659

Dsc_0662

 試験は800m。どうやら出遅れた模様。外を回してジワジワ伸びてきてゴール。4着くらいか。能力試験くらいぶっちぎって欲しかった気がするけれど、まぁとりあえず合格したようで何より。笹川騎手曰く、砂を嫌がった、鼻を鳴らしていたとのことで、まだまだ幼い感じだし、牝馬とはいえ、ダートで戦うには小柄なのも気がかりではある。

Dsc_0667

Dsc_0670

 立会川の松屋で朝食と朝ビア。横浜駅のドトールで時間をつぶして、サカタのタネガーデンセンターでパンジー、ビオラなど購入して帰宅。昼寝。東証大納会。くまモンが鐘を鳴らして今年の取引は終了。なんとか5年連続上昇は達成したようだ。

Img_7153

 KEIRINグランプリ。だいたいラインとは無関係に決まることが多いので実力者同士の組み合わせでも筋違いならけっこうつくことがある。平原、武田、村上、新田、浅井の3連単ボックスと、3着だけ入れ替えた組み合わせも追加。レースは、村上が平原をしのぎ切って、直線武田の猛追を振り切り優勝。2着武田、3着浅井で見事に的中!しかも意外について415.6倍!大勝利!

Img_7156

 夜は、新横浜にて男子会が開催。ビアと焼酎をいただきながら、ムツゴロウさん健在問題、プロ花火師問題、バルセロナ移住問題、栗山町移住問題、中古ポルシェ問題など検討して、ゆずとバームクーヘンをおみやげにいただき22時すぎに帰宅。

| | コメント (0)

2016/12/29

2016/12/29:東京大賞典大敗!

◆横浜・東京:はれ

 日曜日の有馬記念は、ディアナの納会で酔っ払っている間に見逃したが、大敗。昨日が会社の納会で、今日は午前中だけ出社して、静かなオフィスで事務処理など。
 毎年29日は午後休と決めているのは、もちろんtckに参戦するためなのだけれど、今年は、明日がホルニッセ号の能力試験、明後日がカントリーウォーク号の引退レースとなっている。さすがに3日連続tckに行くのもばからしいし、今回の東京大賞典は、メムバーも冴えない。日本橋でストロベリーパフェでもいただこうかとうしという方に声をかけるが、相手にしてもらえないので、早々に帰浜して、そごうの資生堂パーラーでビアとビーフカレーをいただき帰宅。
 食指の動かない東京大賞典だけれど、年末の日記といえば、有馬記念大敗〜東京大賞典大敗〜KEIRINグランプリ大敗と決まっているので、参戦しないわけにはいかない。サウンドトゥルーから固めの3連単を少々買い、部屋の掃除や洗濯などしながらMXTV待機。
 16:30発走。軽視したアポロケンタッキーが勝って、案の定大敗。早々に寝ようと思ったら、布団カバーが洗濯中。仕方がないので、ワインをちびちび飲みながら、Nゲージの整備。待望の東急ヒカリエ号が入線♪

Img_7132

| | コメント (0)

2016/12/24

2016/12/24:エノケソ無念

◆長沼→千歳→横浜:はれ

 久しぶりの和室は、なんどか目が覚めたものの、まずまずよく眠れた。この宿、けっこうお客さんがいるはずなのに、周囲の物音が聞こえず実に静かである。7時起床。雪は止んで快晴。これなら無事に帰れそうだ。きれいな銀世界。第4回入浴で露天風呂を満喫。朝食ヴァイキングも美味しくいただく。

Img_7097

 別にやることもないので、神田正輝が老けてしまった問題など検討しながらだらだらとすごし、せっかくめずらしく土曜の朝に北の大地にいるので、FFFFFを見てから出発しようと思ったら、今日は放送していない。
 10時チェックアウト。クルマは雪に埋もれていて、飲みかけのコーヒーは車内で凍っているが、ブラシで雪をはらって、少し温めればなんとか出発できる。朝から晴れたので、除雪も追いついたようで、あいかわらず滑るところはあるが、なんとか無事にレンタカー返却。ホント事故らないでよかった。エグザイルのなんとかさんが、ミュジックステーション出演後に札幌ドームの3代目Jソウルなんとかさんのコンサートに参戦するため、急きょ新幹線で函館入りして、深夜クルマで札幌をめざして大事故になったとのことで、無謀と責めるのは簡単だけれど、先週の小生も、万一のときは、クルマで函館まで出て新幹線で聖子ちゃんディナーショーにというプランも検討していたので気持ちはわかる。

Img_7098

 実は、今日は世田谷で三谷さんの「エノケソ一代記」。最近の三谷さんは、うーんということも多かったのだけれど、これは久々におもしろそうだ。苦労してチケットをゲットしておきながら、栗山町のパレードに参戦した帰りにかけつけるというのはリスキーなのだけれど、なんとか無事に到着できそうだと思ったら、甘かった。。。
 まずレンタカーの営業所から空港までの道路が大渋滞。ここの渋滞は千歳の航空祭のときぐらいしか経験がない。我慢できずにクルマから降りて立ちションする人まででる始末。それでも幸いまだだいぶ時間には余裕がある。
 空港の送迎レーンはごった返していて、特にタクシーの列がすごいことになっている。JRが午前中全面ストップで高速バスもダメそうだ。そして出発エリアもすごいことに。こういう時は食料確保が第一。まずはお弁当を購入。
 なんでも昨日乗れなかった人が6000人夜明かしをして、自衛隊の毛布も動員されたとのこと。どの列が何の列だかわからないくらいにぐちゃぐちゃになっているが、こういう時はスーパーフライヤーズが威力を発揮する。ラウンジ直結の手荷物検査は行列もなくスムーズ。この時点では、まだラウンジにもお席があった。ハイボールをいただき腹ごしらえをすませたのが12時半くらい。我らの飛行機は13時30分。午前中の便は軒並み遅延が出ているが、1時間くらいの遅れなら芝居には十分間に合う。今のところ遅延のお知らせメールも来ていない。やれやれ一安心と思いきや・・・

Img_7099

 運航状況をよく見ると、出発、到着ともに遅延がどんどん拡大している。朝から晴れていて、滑走路の除雪も必要ないはずなのに、到着便はなかなか着陸できず、折り返し便の遅延はどんどん拡大していく。これはいったいなんなんだ?

Img_7100

 結局、昨日乗れなかった人が大量にいるので、搭乗手続きも混み合い、キャンセル待ちも多数。さらにJRやバスが乱れているからなかなか空港に来られない人もいる。そういう人を待っているうちにだらだらと出発が遅れ、臨時便を飛ばしてみたものの、駐機場が足りず、ぐるぐる回って引き返す便もあれば、着陸しても駐機場まで地上で1時間待ちなんていう便も出る始末。はっきりいってこれは人災だよね。さらにいけないのが情報提供が混乱することで、遅れるなら遅れると早く発表してくれればいいのに、折り返しの便の到着が読めないからという理由で遅れることすら発表されない。でも13時半の便を予約していて、13時すぎになったら、普通だったらラウンジでなきゃと思うじゃない。でみんなソワソワし始めるけど、何の連絡もなくて、出発予定時間を過ぎる頃に1時間遅れ、1時間後にまた1時間遅れ。小生の13時半の便も最終的に15時半と発表されたけど、搭乗は16時すぎで離陸にいたっては17時半だからね。もうめちゃくちゃ。雪降ってないんだから。
 ラウンジもこういう時こそ笑顔でテキパキとグラスや氷を補充してせめて雰囲気を明るくすべきなんだけれど、係りの人の方がぐったりしているようじゃ話にならない。ホント、昨日の栗山町のパレード実行委員のオペレーションを見習って欲しいよねぇ。
 というわけで、羽田到着は、3時間48分遅れの18時58分。三谷さんのお芝居はまったく間に合わない。チケット代は9800JPY。誠に遺憾だけれど、まぁ、大雪の中、事故も起こさず、無事に帰ってきただけでよしとすることにしよう。メリークリスマス。

Img_7109

20161224a

20161224b

| | コメント (0)

2016/12/23

2016/12/23:栗山町優勝パレード

◆横浜→千歳→栗山→長沼:ゆき

 4時起床。朝風呂。荷造り。夜の関東地方は嵐だったが、雨は止み、気温20度。季節はずれの温かさの中、ももひき、コート、マフラー、耳当ての重装備でYCATから5時15分の始発バスで羽田へ。雪の第1波が落ち着き、天候調査の結果、6時25分のANA987人は条件付きながら北へ向かうことになった。

Img_7072

 道中平穏で8時前には新千歳空港到着。先回りしてニッポンレンタカーさんでヴィッツ号をゲットして、新千歳空港へ戻ると、7時の便のkecoさんも無事に到着。どちらかの便だけが引き返すという最悪の事態はとりあえず回避された。こんなリスクをおかしたのも、先を急いでいるからで、栗山町の栗山監督のひとりパレードが10時から開催されるのだ。337号線で36号線をオーバーパスして東へ。道内の高速は軒並み通行止めだ。

Img_7074

 道はそれなりに除雪されたり圧雪されているのだけれど、轍が凸凹しているうえに固く凍っているので、突然がたがたと揺れながら滑るのでかなりこわい。そして、休日だけれど、高速通行止めのせいもあるのか、対向にトラックがどんどん来る。向うは慣れているだろうけど、こちらがうっかり滑ったら一巻の終わりである。雪道で事故でも、大事な予定ならまだ仕方ないが、栗山監督パレードに急いで事故ではしゃれにならない。時間はあまりないが慎重にならざるをえない。
 夏なら30分くらいのところを1時間くらいかけてなんとか到着。臨時駐車場にクルマを停めて、駅前通りへ。ちょうどあいさつが終わってパレードが始まるところ。人口1万人の町のメインストリートに地元の人がたくさん集まっている。ちょうど雪が強くなってきたが、サンタグッズの地元の子供たちが周りを囲み、監督は栗の樹ファームの愛車のトラックの荷台に乗って、手をふりながらゆっくりゆっくり進む。ファイターズのパレードに比べてゆっくりなので、通りすぎた後も後ろに行けばまた見ることができる。なので新聞やネットに出ていた3000人とか5000人という数はかなり重複がありそうで怪しいけれど、うわさ通りの手作り感満載の心温まるパレードで、応援していたチームが日本一になった喜びをあらためてかみしめる。

Img_7081

Img_7082

 パレードの次は、近くの体育館に場所を移して、撮影会&握手会。これがまた手作り感満載でかつ最高のオペレーションですばらしい。なんでも事前応募の1500人に加え、当日受付の人も含め全員の握手&撮影につきあうということで、早々に申し込んだ我々は12時30分の初回だけれど、当日受付の人は19時すぎの回になるとのこと。体育館には、栗の樹ファームグッズや、地元の名産栗山コロッケ、さらに本日発売の日本一記念栗山監督モデルの長靴などが販売されていて、特に長靴が飛ぶように売れていくのがローカル感満載でいい。
 それにしても1500人以上の撮影&握手をどうやってさばくのだろうかと心配だったのだが、このオペーレーションがまたすばらしい。事前申し込みの人には往復ハガキの返信に整理番号が乗っていて、整理番号順に受付・整列するのは、ライブハウスなどと同じだが、その後が工夫されている。まず撮影場所を3カ所用意して、常に3組ずつ待機させておいて監督が移動することで、入れ替わり時間を短縮。直前の待機場所では、10組程度並んだ状態で、各組毎に撮影担当がつき、事前にカメラを確認。この役目は地元の学生が担当することで、スマホやデジカメにとまどうこともない。そして、開始直前には、みんなでかけ声をかけて心をひとつに。おらが町の監督の撮影を少しでもラクにさせようという意気込みがすごい。そもそもこのパレード自体が、球団非公式の地元有志による企画なのだけれど、よくこれだけのオペレーションができるものである。札幌ドームさんや清水スポーツさんには爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。

Img_7086

Img_7088

 で、我々はというと、なんと先頭になってしまったので、小生のiPod touchだけでなくその後ろでは道新さんの撮影も行われてしまい、あわただしく握手をして退場。栗山監督1年間お疲れさまでした。
 まだ12時半前だけど、もうやることもない。監督も愛用している地元の名店「はらへー太」さんで美味しい広東麺をいただき、せっかくだから栗の樹ファームの様子をのぞいていこうかと思うが、以前来たことがあるのに道に迷ってしまう。雪もいよいよ激しくなってきた。300万円の分譲地購入を真剣に検討したこともあったのだが、冬の生活はとても無理そうと分かってきたところで、早めに宿をめざすことにする。美女とホワイトクリスマスといえば、普通は札幌へ出てホワイトイルミネーションでもというところであるが、我らは、おなじみのながぬま温泉へ。日帰りで2回参戦したけれど、宿泊は初めて。だいぶ雪が強くなってきて運転も難儀になってきて緊張からかお腹も終了気味だが、なんとかたどりついて15時前にチェックインを許される。

Img_7093

 6畳の和室で一息つくが、いかんせん入浴くらいしかすることがない。第1回入浴。雪見の露天というと一見すばらしいのだが、雪がいよいよ激しくなり、長くはいられない。湯上がりラウンジでビアをいただくと、テレビが大雪情報を告げる。札幌の積雪は90センチを越え、12月としては50年ぶり、新千歳空港も午後からほぼ全便欠航となり、JRも混乱して各地で大変なことになっている模様で、とりあえず温泉に入ってヒマを持て余しているのは幸せなことのようだ。
 噂の出島の華をいただいてから第2回入浴。テレビで全日本フィギュアを見ながらお食事は部屋食。栗山町名産の日本酒をいただきながら、羽生をディスりすぎたことは反省している問題、今日はいないから安心して見られるぞ問題、しかしロッテのCMで出てきてしまった問題、しかも赤はまったく似合わないぞ問題、優と書いてシュウと読ませるのはキラキラネームとは別の苦労があるぞ問題、前半の選手のスピンが遅すぎて止まりそうだ問題など検討して、フジテレビのフィギュア中継は塩原アナの失脚とともに生中継中心となって少し見直したという結論に達したところで、第3回入浴をすませ、早々に就寝。

Img_7096

20161223b

| | コメント (0)

2016/12/22

2016/12/22:OKAMURA TAKAKO Special Live 2016 "Christmas Picnic"♪

◆横浜・東京:くもりのちあめ

 低気圧接近の中、午後から外出。江戸川区、それも小松川方面なんていうのは、中山競馬場の帰りに渋滞でいったん高速を降りたりして苦労した印象くらいしかないけれど、16時すぎに無事にお仕事は終了。となれば、まだ雨も降ってきていないし、タクシーで新小岩駅あたりへ出て早めに帰るべきところだけれど、本日は、年末恒例の岡村孝子さんのクリスマスライヴ"Christmas Picnin"。一昨年までは渋谷公会堂と決まっていたけれど、立て替え中ということで、昨年は目黒パーシモンホール、そして今年はなんと江戸川区総合文化センターということで、徒歩15分で到着。

Dsc_0637

 すばらしい展開なのだけれど、さすがに時間が余りすぎるので、3階のレストランでビアをいただきながら時間をつぶすと、うしという方が新幹線に閉じ込められているという。氏はたしか今日は広瀬香美さんのライヴだったはずで、あまりにもあんまりである。どうやら本格的な沿線火災のようで、品川19時の開演は絶望的であるが、小生も週末に同じ目に逢う可能性があるので、あまり冷やかさずに激励しておく。
 早めにお食事も済ませ、開演前の列にカトさんを探すが見当たらない。たしか一昨年は会場ですれちがい、昨年は氏がインフルエンザで急きょ欠場とのことで、今年こそ再会をと思っていたが無念。
 一般発売での購入なので2階席だが、傾斜が急なので見やすいといえば見やすい。オープニングは、「どんどん」。その後、「Winter Story」、「夢の樹」などここ数年とちがってなつかしい曲もやってくれて、第1部の〆は「Baby,Baby」だからすばらしい。
 第2部は、アコースティックコーナーから。アコーステッィクコーナーといっても、全然アコースティックじゃない不思議なコーナーなんだけれど、「ピエロ」、「Good Day」とリクエストにも応えながらこれもなつかしい選曲。体をほぐすコーナーでは、立ち上がって、おなじみの「A dieu」、「夢をあきらめないで」で盛り上がり、新曲の「Hello」も披露されて、「大切な人」でしめくくり。そして、アンコールのエンディングは、「世界中メリークリスマス」。ここ数年毎年来ているけれど、大事な曲ははずさないようにしながら、なつかしい名曲を適度に入れ替えてくれて、今年も選曲が実によかった。カトさんの姿がなかったことだけが遺憾である。
 生暖かい風が風雲急を告げるが、幸いまだ雨は降ってない。新小岩駅まで歩いてグリーン車で帰宅。明日は北の大地。低気圧接近で災害級の大雪との予報で、kecoさんはすでにやる気をなくしているようだが、2つの低気圧の接近のタイミングから考えると、朝の飛行機だけは飛びそうな感じもする。当たらない気象予報士の読みでは、(1)行かれない:40%、(2)行ってひどい目にあう:20%、(3)帰れない:10%、(4)案外何もない:30%。さて、どうなるか?

Dsc_0639


| | コメント (2)

2016/12/18

2016/12/18:Seiko Matsuda Christmas Dinner Show 2016♪

 4時すぎに目が覚めて二度寝三度寝して8時起床。朝風呂。正直、ここのお湯は、肌に優しくないし、熱いわりには、じんわりと温まってこない。朝食なしプランだったので、部屋に戻ってオレンジジュースだけ飲んで、ブログを書きながらダラダラ。10時半すぎに荷造り。昨日活躍したズボンやセーターをしまい、持参したスーツを着用。本日は、諸般の事情により、羽田から松田聖子ディナーショーへ駆けつけることになってしまったので、こんな大げさなことになってしまった。革靴とネクタイはまだ鞄にしまったままで、ブーツを履いて出発。快速エアポートはUシートがまったくとれないので、普通席でなんとか着席。先週大暴れして心配された冬将軍は退場して今日はポカポカ陽気。これなら無事にたどりつけそうだ。
 空港の弟子屈さんで魚介醤油ラーメンとビアと餃子をいただき、ラウンジでネクタイとポケットチーフ。フォーマルと言われても、小生としては、ななつ星のときのスタイルが限界である。シャレで、サイス期の猫のピンもつけてみる。

Dsc_0620

 幸い、ANA64便は、順調に飛行して、15時すぎには羽田へ。千疋屋さんでメロンジュースをいただいても、エアポート快特で16時前には、品川へ着いてしまう。コインロッカーに荷物を預けて、北の大地仕様のブーツから年に1回くらいしか履かないよそいきの革靴に履き替えて、グランドプリンスホテル新高輪へ。すでにロビーには、着物姿の女史の姿も目立ち、ハレの気配が漂っている。17時前には、うしという方と合流。聖子ちゃんのライヴは毎年参戦している小生だけれど、ディナーショーはもちろん初めて。昨年、松崎しげるディナーショーを堪能したといううしという方から、
「そろそろ我々もこういうお金を使い方をしてもいいのではないか?」
 と言われ、そういえばそんな気がしないでもないので、参戦が決定。チケット入手もけっこう苦労したのだけれど、なんとか無事にこのハレの日を迎えることになった次第。
 エントランスからなかなか盛大で、みなさん記念撮影に余念がない。ウェルカムシャンパンをいただきテンションを高めて入場。

Dsc_0621

Dsc_0625

Dsc_0628

 お食事も早めに到着した方には早めに出してくれるようで、17時すぎからスタート。正直、プリンスということで、あまり食事の方は期待していなかったのだけれど、スープも熱々で出てきたし、量も多すぎず、思ったほど悪くない。ロゼシャンパン、白ワイン、赤ワインをいただきながら、ロイヤルミルクティーはいいけれどタイヤ交換でテディベアはちょっとちがうのではないか問題、netkeibaは便利だけど応援できないぞ問題、JR北海道は完全に開き直ってしまったぞ問題など検討しながら開演を待つ。

Dsc_0629_2

Dsc_0631

Dsc_0633

Dsc_0635

 19時開演。今年の新曲「薔薇のように咲いて 桜のように散って」で幕開け。コンサート並みのステージの演出だけれど、バンドは不在でダンサーのみ。正直かなり遠いのだけれど、真ん中に花道みたいのがあって、そこを歩いてくるときだけ近くなるのは、以前のカウントダウンライヴと同じ。「Sweet Memories」〜「あなたに逢いたくて」とヒット曲が続けば、うしという方も安心だ。
 衣装替えの後も、「野ばらのエチュード」〜「秘密の花園」〜「ピンクのモーツァルト」とヒット曲メドレー。ただ、フルコーラスの曲は少なくて短縮バージョンが多いんだよね。そして、このあたりで、こちらの方にきてくれたときに、近くに携帯で思いっきり動画撮影しているおばさんがいて、おいおい!と思ったら、屈強なスタッフが飛んできて、にやにやごまかそうとするも認められず、拉致して、連行されたのには驚いた。しばらくして戻って来たので、消去で許されたのかもしれないけど、あれだけ事前に言ってるんだから、退場を命じるべきだよね。しかし、武道館の隅っこでこっそりとかならともかく、宴会場であんなに堂々と撮影したらバレるに決まってると思うんだけど・・・
 再び衣装替えの後、「天使のウインク」では、みんなで指でウインクして、「ハートのイヤリング」〜「硝子のプリズム」と続いて、「赤いスイートピー」で終了。スイートピー、家に忘れちゃったよ。
 アンコールは、「Pearl White Eve」。コンサートではなかなか聞けないからこれはいいね。ステージから花道にかけて火がボーッと燃えて盛大なんだけど、これでおしまい。1時間15分くらいだから、コンサートの半分くらいだよねぇ。。。まあ、こういうのは費用対効果とか考えちゃいけないんだよね。最近は、冠婚葬祭といっても葬式ばかりで、ななつ星以来久しぶりにハレのイベントを堪能できたよね。シンデレラが現実に戻るように、品川駅のコインロッカーでブーツに履き替えて早々に帰宅。

Dsc_0636

| | コメント (0)

2016/12/17

2016/12/17:バニラエアで行く北の大地、葉加瀬太郎コンサート「JOY OF LIFE」♪

 7時起床。9時すぎに出発して成田空港へ向かう。LCCに乗るのに、成田までぜいたくしては意味がないので、成田エクスプレスやリムジンバスには乗らない予定だったのだけれど、諸般の事情により1泊2日なのに荷物が多い。バスは時間が心配なので、やっぱりN'EXにしちゃおうかと思うと、人身事故で終了している。当初の予定通り、定期の使える東海道で品川へ。日暮里からスカイライナーの誘惑も断ち切って、特別料金のいらない空港アクセス特急とやらで空港第2ビルへ。スカイアクセス線内は、踏切もなく、開発もまだまだなので、かなりのスピードで飛ばす。北総線側ももう少し飛ばせればさらに近くなるんだけどねぇ。
 第3ターミナルまで歩いて、昼ビアで時間調整して、久しぶりのバニラエア。バスでの出発はご愛嬌だけれど、追加料金を払って最前列1Fのお席は、隣も空いていて快適。定刻よりも早く14時すぎには新千歳空港に到着。ただし、半円型のターミナルのおもいっきり端っこである。それでも、なんとか14時15分の快速エアポートに間に合って、例によって遅れたものの15時には札駅に到着。

Dsc_0601

 当初は駅前のルートインさんの予定だったのだけれど、共立メンテナンスの株主優待券の期限切れが迫っているので、久しぶりにドーミーインPREMIUMさんへ。ところが、チェックインで一悶着。どうやら間違えて小生の分をキャンセルされてしまった気配。早い時間のチェックインだったから何とかなったようだが、誠に遺憾である。
 態勢を立て直して、16時すぎに出発して、西11丁目まで歩く。本日は、恒例のニトリホールでの葉加瀬太郎コンサート。噂どおり最近の北の大地の12月にしては圧倒的に雪が多い歩道を恐る恐る進み、ホール入口で、かん姉妹&清楚なみーちゃんとも無事合流して入場。本日も前から6列前の良席。左側サイドなので、マチェックくんのピアノの指さばきや、小生がファンであるところの仙道さおりさんもよく見える。

Dsc_0603

 ニューアルバムの予習は特にしてないけれど、オープニングの「JOY OF LIFE」も聴いたことはある。おなじみに「ひまわり」があって、組曲「もうひとつの京都」で前半が終了。今回は、ギターの鳥山雄二さんが参加して、音楽監督も務める。かっこいいね。慶応の先輩とは知らなかった。
 後半、葉加瀬さんとヴァイオリンを弾くコーナーが復活。ジャケットを着ておしゃれした男の子が壇上に上がったのはよいのだけれど、未経験者募集のはずが半年前からヴァイオリンを習っているとのことで、レとラの音くらいはあっさり出る。しかも名前は”ライオン”(徠音)くんだというから、仙道さんちの息子のエイト(八)くんもびっくりだ。
 ソロアルバムを出したマチェックくんの「KA-KA-DU」。ぶっきらぼうな感じの日本語がおかしいけど、ピアノの方はすばらしい。そして、「Another Sky」。うしという方の日記で事前に知ってはいたけれど、やっぱりこの曲をやってくれるかくれないかでお得感が全然ちがってくるよねぇ。うっとり。
 そして、アンコールではなく本編の最後に「情熱大陸」。ハカセンスを振って13分たっぷりと。
 アンコールで「タイムメッセンジャー」をやってくれたのもうれしい。そして、最後は「霧島」でしっとりと。選曲もよくてたっぷり3時間堪能♪
 美女と大通公園を歩いて、ホワイトイルミネーションを見学。なんかプロジェクションマッピングなんかもあって、ずいぶん芸風が変わってゴージャスにはなったけれど、おなじみのライラックとすずらんが無くなってしまったのは寂しい。駅前通りまで歩くとさすがに冷えてきたので、久しぶりの四国うどんさんで温かいうどんをいただきながら、岡○証券問題、羽生に厳しすぎるのではないか問題、ないるさん愛用のおそばやさんがつぶれてしまった問題など検討して解散。

Dsc_0609

Dsc_0607

Dsc_0616

Img_20161217_220109

Img_20161217_220044

| | コメント (0)

2016/12/16

2016/12/16:2016ふぐオフ

◆横浜・東京:はれ

 例年なら懸案もなくのんびりと1年のまとめに入る頃だけれど、今年はまだいろいろあって落ち着かない。それでも、来週に備えて準備を済ませて、17時半に退社して日本橋へ向かう。本日は、年に一度のぐんぐんさんとのふぐオフ、場所はもちろんひよく亭さんである。

Img_20161216_203949

 ビアで乾杯を済ませて、いつものふぐコースをいただく。おなじみの仲居さんも健在だ。ふぐオフといえば、数年前までは、kindleとかiPadとか、新しいグッズがいろいろと出てきたのだけれど、今年は、Applewatchが登場。美味しいふぐ刺しをいただきながら、

Dsc_0595

Dsc_0593

Dsc_0594

 アップルウオッチで改札を通るのは手が逆になるぞ問題
 アップルウオッチでsuicaで買い物をするために、楽天JCBカードに加入するのは屈辱的だ問題

 あたりから検討を始める。さらに美味しいから揚げをひれ酒でいただきながら、


Dsc_0596

 女性部長になるくらいなら、地盤をついで女性大臣をめざした方がよかったのではないか問題
 最年少役員はナントカ役だ問題
 岩手県知事はあまりにもあんまりだから消去法で小池さんで仕方がなかった問題
 3度目の大規模修繕のお金は残ってないぞ問題
 鞆の浦は寂しすぎる問題

 など検討して、ふぐちりはほどほどにして〆の雑炊へ。美味しい雑炊をいただきながら、

Dsc_0598

 ANAファーストクラスはお客さんが2人しかいないけどすばらしいぞ問題
 フルフラットにしてからエアを敷いてくれるぞ問題
 お腹いっぱいになってしまうので一風堂を食べ損ねたぞ問題
 聖子ちゃんディナーショー49000円は高すぎる問題
 近くに来て記念撮影なんてしれくれないだろう問題
 でも中島みゆきだったら行ってもいいぞ問題
 でも中島みゆきのコンサートはトラブルで行かれなかった問題

 など検討するも、1年ぶりということで懸案が山積しているので、これまたおなじみのシャングリラホテル東京の28階のバァに転戦する。ミニマムチャージ5000JPYでおなじみのバァだが、昨年に引き続きカウンターなので免除。もっとも2杯飲めばそのくらいはいくのであまり意味はない。あいかわらずの盛況であるが、昨年まで多かったアジアな方の姿は目立たず、普通のビジネスマンが多く、店内は静か。宮沢ミッシェルさん風のバーテンさんは健在だが、メニューが変わって、昨年あちこちでたのまれていた煙がもくもくでる派手なカクテルはなくなってしまったとのこと。

 アールグレイなんとかや、ラズベリーなんとかフラペチーノをいただきながら、

Dsc_0599

Dsc_0600

 ふぐオフが川崎で行われたころはデフレだった問題
 2次会が日航の夜間飛行で行われた頃はデフレだった問題
 ペット保険といえばアニコムだ問題
 イングレスはもうラスボスを倒すところまで行ってしまった問題
 羽田で三合庵の蕎麦を食べたいけど、JALには乗らないから食べられないぞ問題
 優先搭乗でバスに先に乗ると飛行機への搭乗が最後になってしまうぞ問題
 伊丹と福岡は半分くらい優先搭乗だ問題
 ぐんぐん杯は、サイス家にあるのだろうか問題
 ニセモノは、イッキマン家にあるはずだ問題
 とりあえずドルにしておいた問題
 15%くらいでは運用できるぞ問題
 日経マネーとかの受け売りで買ってるようでは話にならない問題
 鹿島アントラーズ対レアルマドリードで世界一と言われても困ってしまう問題

 など検討して、来年は若洲リンクスでぐんぐん杯を開催すべきという結論に達したところでお開き。


| | コメント (0)

2016/12/12

2016/12/12:斉藤由貴 X'mas live 2016♪

◆横浜:はれ

 5時10分に目が覚める。普段なら5時15分に目覚ましをかけている月曜の朝、体内時計は正確だけれど、本日はお休み。二度寝、三度寝して8時頃起床。朝マック。郵便局、散髪。昼うな重、昼ビア。グリーンチャンネルの栄光の名馬たちでメリーナイスを放送している。根本の風車ムチの朝日杯、独走のダービー、落馬の有馬記念、サッカーボーイが1.57.8の函館記念、マティリアルが突き抜けたスプリングSなどもなつかしい。そういえば、メリーナイスといえば優駿、優駿といえば斉藤さん。本日は、斉藤由貴 X'mas live 2016@モーションブルー横浜。斉藤さんが来浜といえば、駆けつけないわけにはいかないのだけれど、発売初日に所用があって、夕方あわてて購入したらもう2回公演の1回目、17時の回しかとれなかった。というわけで、お休みをとって万全の態勢で。

Dsc_0582

Dsc_0584

 ギリギリとれたので、整理番号は100番台だけれど、会場が小さいので距離は近い。白ワインをいただきながらお席で待機しているとチャイナドレス風の衣装で斉藤さん登場。なんかスタンダードな曲を1つ歌ってから、「夢の中へ」〜「悲しみよこんにちは」で早くもテンションは上がります。
「再ブレーク中の斉藤由貴です(笑)」とのことで、地上波を見ない小生はよくわからないけれど、CMやドラマでけっこう活躍中とのこと。
 「クリスマスコンサートだけどヒット曲中心で」ということで、「みなさんを青春時代にもどします」と言ってから、「初戀」〜「予感」。生ですぐ近くで「予感」を聴けるとはうれしいねぇ。うっとり♪
 衣装を替えて、後半は、小生のすぐ目の前を通ってステージに再登場でドキドキ。「土曜日のタマネギ」〜「AXIA〜かなしいことり」。そして、先日のライブの際に、松本隆さんに「もっと練習しなさい」と言われたという「卒業」。そして、最後は、「今だけの真実」。短い時間だけど、すばらしい選曲であの頃を思い出させてくれましたね♪

Img_7026

Img_7030

Img_7044

Img_7063

| | コメント (0)

2016/12/11

2016/12/11:ひきこもりなのに忙しい日曜日

◆横浜:はれ

 いろいろ計画はあったのだけれど、結局昨日はひきこもり。来週から遠征が続くので、部屋の掃除など。Blue-Rayで今年の1月に行かれなかった中島みゆきのコンサートを鑑賞。やっぱり生で聴きたかったなぁ。
 今日は午前中、ディアナで事務処理をしてから急いで帰宅して、ワインをちびちびやりながら、香港競馬投票。4レース購入できて、日本馬も多数参戦ということで、検討するだけでもワクワクするよねぇ。LCCで参戦も検討したけど、グリーンチャンネルでゆっくり見るのが楽そうなので遠征は断念。
 
20161211a

 ワインをいただき、まずは、JSPORTSでラグビー。大学選手権に慶応が登場。早々に2トライして安心かと思うと、あっさり追いつかれる。そうこうしているうちに、香港ヴァーズの発走が迫ってきたので、グリーンチャンネルへ。
 ヴァーズとスプリントは日本の競馬の時間と重なっているので、生中継ではなくて少し遅れた録画。その前にブチコが4着。そして、ヴァーズは、サトノクラウンが猛追して優勝。さすがモレイラ。ハイランドリール2着づけっていうのはいい読みだったんだけど、手広く買いすぎて当たり損。それにしても、引退した愛馬シャレードスマイルはサトノクラウンの妹なんだけどねぇ。。。
 ついでに買ってしまったカペラS大敗。ラグビーはどうやら同点になったらしい。くじ引きで勝利。阪神ジュベナイルフィリーズ的中。しかし当たり損。上位は強いね。ソウルスターリングは、社台のツアーで見て、すばらしい馬とは思ったけど、牝馬6000万だから一口150万で藤沢師と言われたらさすがに買えないよねぇ。それにしても、もう1頭のフランケル牝馬が朝日杯に行くんだから来年が楽しみ。
 すぐに香港スプリント。ラッキーバブルズ軸はよかったんだけど、日本馬も含めて手広く買いすぎてまた当たり損。
 ここで30分くらいだけ休める。立教健児無念を確認して、後半戦。香港マイルが一番の勝負レース。ムーアのネオリアリズムで勝てると思って、ここだけ3連単メインで勝負したんだけど、ひっかかって直線一杯。ビューティオンリーからも買ったんだけど、ここは抜け。
 メインは香港カップ。引退レースのエイシンヒカリとモーリスの対決。出遅れ気味のモーリスだけれど直線、内から突き抜けて圧勝。強いねぇ。史上最強クラスだと思うけれど、日本と香港でしか使わなかったのがちょっと残念。まぁ、ヨーロッパで圧勝したエイシンヒカリに完勝したんだから、いいのかな。で、また当たり損。
 儲かったら街へ出ようかと思ったけど、大当たり損なので、そのままひきこもってドミノピザ。インターホンで1階のオートロックを開けたのにいつまでたっても到着しないと思ったら、他の人に届けちゃったって・・・
 出直してきたピザをいただきながらビア。モーリスに乾杯!

Img_7023

Img_7024


| | コメント (0)

2016/12/01

2016/12/1:カントリーウォーク号引退?!

◆横浜:あめのちはれ

 何かとぐったりな今日この頃だけれど、カントリーウォーク号出走ということで、18時すぎには業務を終えて、tckへ。L-WINGのレイト割1000JPYをゲットして、ビアと銀だこで一息ついているとうしという方が参戦している。しかも、氏の情報によれば、カントリーウォーク号、本日で引退だという。まぁ、そろそろとは思っていたけれど、事前にホームページでは何も書いてなかったのはひどい。

Dsc_0549
(いろいろあるけど、とりあえずtckへ)

Dsc_0550
(まずはビアで一息)

 パドックへ行くと、引退レースということで、S氏、S夫人など関係者が勢ぞろい。あいかわらず皆勤のS夫人曰く、能力検査も皆勤することで、経理の仕事にも生きるという。全面的に同意とはいかないけれど、とにかく大したお方であって、サマーセールに参戦するK原氏とともに認めざるを得ないのは間違いない。
 スタンドに戻って、小林雅が殿堂入り候補と言われても困ってしまうぞ問題、電車の中で話しましょうと言われてしまうぞ問題など検討しつつ、いよいよ最終レース。例によって後方追走から見せ場なく大敗。70戦6勝。東京ダービートライアルを勝って、東京ダービー出走。その後も、ナイター時間帯に月に1回ほぼ確実に出走するという馬主孝行。収支は赤字だけれど、こんなに楽しませてくれた馬も少ない。惜しむらくは、みけさんをご招待できなかったことくらいであるが、とにかくただただ感謝である。
 帰宅して、1歳ツアー時の写真など引っ張り出して、しみじみ振り返りながら、あらためてオーナーズクラブのHPを見ると、真島騎手の進言により、まだやれる、年末開催でもう一度チャンスをということに決定したとのこと。なんだよ、っていう気もするけれど、まずはめでたい。年末開催、みけさんを招いて、最後に一発激走を期待!

Dsc_0552
(さすがに少し老けた)

Dsc_0557
(最後の勇姿!)

Dsc_0559
(思い出馬券)

Dsc_0560
(大敗するも引退撤回!!!)


| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »