« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017/12/31:高知県知事賞大敗!

◆高知:晴れときどきくもり:9750歩:高知の最高気温=14.6度

 昨晩の遺憾な事態のせいであまりよく眠れず6時半すぎに起床。無料の朝食をたっぷりといただき部屋に戻り、お掃除をお断りして引きこもり。二度寝してから、水沢、笠松、園田、tckの検討。大晦日は生き残ってくれている地方競馬に感謝&応援するために全国各地購入しているのだけれど、ここ数年のネット販売の活況で、各地の競馬がだいぶ元気になってきたのはうれしいことだ。
 高知駅12時の無料シャトルバスで出発して2年ぶりの高知競馬場。活況の地方競馬の中でもナイターを開催している高知は特に復調著しく、売り上げ5億を超える日もあるというから素晴らしい。今日の大一番、高知県知事賞の賞金も500万を回復したし、場内はお手洗いがきれいに改装されていた。まずトイレから手をつけるという姿勢も評価できる。特観席には、こちらも恒例の同僚K君の姿も。小さな職場に毎年大晦日を高知競馬特観席ですごす人間が2人いるっていうのもすごいよね。東京は初雪を観測したとのことだけれど、こちらは雲は多めながら穏やかで暖かい大晦日。

Dsc_2476

Dsc_2477

 ここ数年は福ちゃんを愛用していたのだけれど、今年は久しぶりに中島高級競馬號を購入。カラーで立派な紙面。JRAのPATやTCKのSPATが主要な購入層になっている昨今、これらの新聞も電子版に対応して生き残りを図っているようで何よりだ。
 しかしながら、レースの方は、例年通りの堅い決着が続きどうにもならない。1、2、3番人気で決まって馬連200円とか3連複400円とかではボックスや流しで買ってるようでは当たり損ばかり。6レースまで全て的中したけれど、実は、全部当たり損。。。
 15時すぎから全国各地の結果待ち。水沢は当たり損、笠松は快勝、園田は外れで、オッズパークはだいたいトントン。tck東京2歳優駿牝馬も的中したもののほぼトントン。やはり、勝負は高知県知事賞に委ねるしかないようだ。
 大一番のこのレース、年に一度の2400m戦ということで、短距離で連勝している人気馬が飛ぶところに妙味があるのだけれど、今年は、ダービーグランプリでも検討したフリピオンが距離延長歓迎ということで荒れそうもない。昨年の2着馬イッツガナハプンに期待するも、2周目の向正面でズルズル後退し大差のシンガリで万事休す。本線的中というK君にご挨拶して早々に退場する。

Dsc_2479

Dsc_2487

 帰りのシャトルバスでtck最終おおとりオープンの結果を確認するも、これまた当たり損。実に13レース中10レース的中して1万円の負けだから話にならないけど、まぁ大晦日までこうして旅打ちを堪能できるというのは、いろんな意味で幸せなことである。
 来年もまた旅打ちが続けられるような平和な時代が続くことを祈りつつ、ハイボールでも飲みながらEテレで第9を聴いて、早々に就寝しよう。みなさま良いお年をお迎えください。

Dsc_2489

 と思ったら、なんと武雄でミッドナイト競輪が開催中。ネットで画像も見られて、もちろんオッズパークで買えちゃう。これは、売れそうだよねぇ。。。1レースのガールズ大敗。2レース的中!と思ったら、またまた当たり損。。。おやすみなさい。。。

20171231_213401


| | コメント (0)
|

2017/12/30:ホルニッセ号大敗!(KEIRINグランプリ大勝!)

◆横浜→東京→高知:晴れ:11993歩

 3時半に目が覚めてしまい、5時には起床。朝ビア。ルンバにお掃除の続きを任せて、Nゲージのお手入れの続き。
 本日は、ホルニッセ号が、3歳155万下へ出走ということでtckへ。夜には高知へ飛ぶので、そのまま羽田へ直行した方が便利ということで、リュックを背負って出発。口取りがあるかもしれないので、一応ジャケット着用。うしという方と合流して4号ゴンドラへ。
 デビュー戦から2戦連続2着の後、一戦毎に着順が悪くなるホルニッセ号、休み明けの今回がラストチャンスと思われたが、全く見せ場なく大敗。ビアでも飲むしかない。

Dsc_2456

Dsc_2461

Dsc_2463

 本来なら、2歳特別にキングオブポップ号も出走するはずだったのだけれど、前回完敗したモジアナフレイバー号が出走ということで回避とはあまりにも情けない。そのモジアナフレイバーは今日も圧勝で3連勝。tck生え抜きとしては久々のかなりの大物ではないか?
 予想通りひまっこになってしまった。いったん帰宅してKEIRINグランプリでもテレビで観戦した方がマシではないかという気もするが、それも面倒で、暖房の効いたゴンドラ席でついついC2など購入するもかすりもしない。なんと角平を向かうといううしという方を見送って、しばし休憩。東京シンデレラマイル大敗を確認して撤収。的場さん恐るべし。

Dsc_2470

Dsc_2471

 足取りも重く乗りこんだモノレール車内でKEIRINグランプリの結果をチェックすると、浅井が勝って、武田2着で9−8−1で282.3倍を的中!快勝!これで3年連続くらいで3連単万車券を的中ではないかと思う。グランプリはスジを無視して実力者のボックスというのが成功している。有馬記念大敗→東京大賞典小敗→ホルニッセ号大敗→東京シンデレラマイル大敗ときたけれど、これでなんとか年が越せそうだ。
 モノレールで羽田へ着くのは久しぶりなので、前だっけ?後ろだっけ?と思って案内板を探すと、高知行の表示がどこにもない。出発ロビーの大きな掲示板にもない。なんだよディレイかよ、と思ってネットをチェックすると特にそういうこともないようだ。プレミアムチェックインのカウンターのお姉さんに
「高知行が表示されてないんだけど?」
 と聞くと、
「すみません、時々あるんです。すぐ表示させます。」
 って。。。臨時便でもないのにどうなってんだ・・・

Dsc_2473

 久しぶりにバスでのご搭乗で高知へ。少し遅れたけど、21時すぎには市内へ。空港から高速ができたのね。今回2泊だけど、夜遅く着いて、最終日の朝も早いので、スーパーホテルさんへ。普段あまり使わないので、寝間着はロビーから持参とかルールに戸惑うけど、合理的といえば合理的。天然温泉で温まってさて就寝と思ったら、遺憾な事態に。。。後処理に追われて深夜就寝。ぐったり。

 

| | コメント (0)
|

2017/12/29:東京大賞典小敗

◆横浜:はれ

 例年29日は午前中だけ会社に顔を出してからtckへ転戦していたのだけれど、今年はお休みをいただき早朝から掃除。大規模修繕が近づいてきたので、そろそろバルコニーも片付けないといけない。
 東証大納会。年末年始有事に備えて一部銘柄の利益確定。今年はけっこう利益出たけど、源泉徴収なしの特定口座なので、納税が大変だ。
 MARK ISで食材を購入して引きこもりの態勢を整えて、東京大賞典小敗。JRAから7頭参戦するので、検討のしがいはあるけれど、最近のダートグレードは、上位が買ったり負けたりで適性がよくわからないので当たる気がしない。それでも40億以上売れて地方競馬レコード更新とは何よりだ。
 夜はお肉をしゃぶしゃぶしてから、久しぶりにNゲージのお手入れ。四季島が待望の入線。室内灯をつけたいのだけれど、壊しそうで怖いよね。なんとか装着して無事に走行。照明付きホームなども整備してなかなかいい感じになってきた。

Img_8104

| | コメント (0)
|

2017/12/26:田母神家の一族〜コバケンの第九♪

◆横浜・東京:はれ:12138歩

 そろそろ仕事納めモードということで、本日は午後休をいただき新宿三丁目へ。紀伊国屋書店は何度も来ているけれど、紀伊国屋ホールは初参戦。佐藤B作さんでおなじみの東京ヴォードヴィルショーも初参戦である。
 三谷さん作の田母神家の一族は、2年ぶりの再演らしいのだけれど、わずか105票をめぐる田舎の村の選挙戦の物語。小生の好きなテーマでもあるけれど、三谷さんの笑いもやっぱりこういうのがいちばん冴えてるんじゃないかと思う。休憩なしの2時間、大いに笑って楽しませてもらいましたよ。知らない役者さん多いけど、みなさんすばらしかったし。

Dsc_2450
(いやぁ、笑った!)

 Fライナーで帰宅して、ひと休みしてから、今度はみなとみらいホール。日本フィルの「第9交響曲」特別演奏会。年末の第九というやつを初体験。指揮はコバケンこと小林研一郎さんである。
 第9はたしかCDの容量いっぱいの74分前後、どうするのかと思ったら、最初にみなとみらいホールご自慢のパイプオルガンでバッハの曲とか15分くらい演ってすぐに休憩して、いよいよ本番という趣向。ステージ後ろの席にお客さん入れないと思ったら、日本フィルの合唱団が入場。男女1:2くらいで、150名くらいが陣取るのも壮観。
 途中聞き慣れたフレーズもあったけれど、通しでちゃんと聴くのは初めて。第2、第3楽章あたりも堪能して、いよいよ最後は、おなじみの第4楽章、ソリスト4人の中には、錦織健さんも。盛大に盛り上がって終了。やっぱり活力の湧いてくる曲だね。
 芸術堪能の師走の1日。たっぷり堪能しても徒歩5分で帰れるのもうれしいよね。

Dsc_2452
(そろそろ今年も終わり)

| | コメント (0)
|

2017/12/24:ANA旅作で行く♪クリスマス@京都(2)

◆京都→横浜:はれのちくもり:22737歩

 7時すぎに起床して第3回入浴。朝食ヴァイキングは、京のおばんざい?風のお惣菜が充実。夜もけっこう評判のレストランだけあって美味しい。
 1年ぶりくらいに喝!を見て、ゆっくり出発。まずは、金閣寺へ。ここだけはバスを使わざるをえない。101系統の急行バスで無事に到着。
 いつ以来か思いだせない金閣寺さん。さすがの迫力だし、インスタ映えするので、ガイジンさんも多くて朝からにぎわっているけれど、めちゃくちゃな混雑ではないので、ゆっくりと境内を散策できる。

Img_8065

Img_8067

 金閣寺からは、きぬかけの路ということで、歩いて龍安寺へ。哲学の道のような散策コースかと思ったら、普通の街中の道ね。けっこう歩いて龍安寺へ到着。おなじみの石庭。ここもかなり有名だと思うのだけれど、金閣寺に比べるとアジア系の人は激減、欧米系の人の方がこういうのは好きなのかしらん。

Img_8070

 さらに歩いて、仁和寺ともなると、広い境内に、日本人の方が若干いる程度。来月から上野へ行く国宝なんかも無造作に置いてあるんだけどね。仁和寺といえば、徒然草というところまでは、kecoさんと分かり合えたのだけれど、「仁和寺にある法師」なのか「これもまた仁和寺の法師」なのか問題が浮上。どうも52番と53番がともに仁和寺ネタらしい。世代が違うから教科書が違うのかしらん。

Img_8072

Img_8073

 さすがに歩き疲れたので、嵐電で嵐山へ。1両のかわいい電車が到着。仁和寺からだと途中で乗り換えになるようだけれど、外人さんもミシュランなど読みながら使いこなしているから大したものだ。

Img_8074

 嵐山に着くと空気が一変。原宿とは言わないまでも、軽井沢銀座か鎌倉の小町通りかというにぎわい。なんとかうどんにありついて一息ついてから、天龍寺裏の竹やぶをめざす。3x年前にkecoさんが修学旅行で来たときも、20年前に小生がシグナルライトの菊花賞で来たときも、まだ穴場スポットだったのだけれど、今や日本人よりガイジンさんの間ですっかり有名なようで、盛大なにぎわい。

Img_8075

Img_8078

Img_8081

 渡月橋近くまで戻ってくると、今度は、喫茶店に盛大な行列。何事か?と思うと、ラテアート世界一の日本人がいるとかいないとか。だけどいくらなんでもねぇ。。。我らは渡月橋を渡ったところの峯風堂さんで、できたてのわらび餅をいただく。これがなかなかインスタ映えするし、新食感で美味しいですよ。

Img_8086

Img_8087

Img_8089

 とうとう雨が降りだしてきたけれど、なんとか全日程を終了。JRの嵐山駅から山陰線で16時半には京都駅へ。新幹線なら19時すぎには帰宅できる時間だけれど、旅作なのでリムジンバスで名神高速を逆方向へ飛ばして伊丹へ。時間が余るのでラウンジで日経のクロスワードに挑戦するも2人合わせても手も足も出ず、10分ディレイのANAで帰宅。今日もよく歩いた。メリークリスマス♪

| | コメント (0)
|

2017/12/23:ANA旅作で行く♪クリスマス@京都(1)

◆横浜→京都:はれ:24619歩


 5時45分起床。6時41分のみなとみらい線で出発して京急で羽田空港へ。kecoさんと合流して、クリスマス前の週末は、京都へ飛ぶ。新幹線より旅作の方がだいぶ安いので、ANAさんでの参戦になったけれど、伊丹空港からのバスは満員で乗車できず、モノレールで蛍池、阪急で十三乗り換え河原町だからかなり遠い。

Img_8020

 祇園のにぎわいを抜けて、有馬記念前日で混み合うWINS京都をすぎたあたりが、今回のお目当てのフォーエバー現代美術館。秋田の病院のお金持ちの方が京都の歌舞練場を借りて期間限定で草間彌生コレクションを展示するということで、初期のものから最近のものまでけっこうたくさん展示されていて、場内も空いているので、ゆっくり見られる。庭園もいい感じだし、ショップも充実していて、野菜たっぷりのカフェのランチには、かぼちゃ模様のお菓子もついて楽しい。当初の予定を延長して2月末まで開催ということでオススメである。

Img_8022

Img_8024

Img_8025

Img_8027

Img_8029

Img_8028

 午後は、東山散策。八坂神社から知恩院、さらには南禅寺方面へ。バスはよくわからないので、ひたすら歩く。幸い、穏やかに晴れて、年末の京都にしては寒くない。

Img_8030

Img_8031

 都ホテルをすぎると、何やらレールの跡。ブラタモリでもおなじみの琵琶湖疎水のインクラインである。こうなると、神社仏閣よりも廃線跡の方に興味が移るので、疎水博物館を見学。琵琶湖からこの辺りまでトンネル掘って水運用の水路を引いてきて、残った高低差をインクラインで降りて、南禅寺側の船溜りまで持ってきたようだ。南禅寺境内には、煉瓦造りの水道橋みたいのが残っていて、こちらは上水道用だったものだろうか。これをたどっていくと蹴上の駅の方まで抜けられて散策終了。なかなか楽しい。

Img_8034

Img_8037

Img_8039

Img_8041

 地下鉄を乗り継いで四条まで出て、いったんチェックイン。本日のお宿は、三井ガーデンさんの新町別邸。町屋風の外観で館内もゆったりとしていて、大浴場もついている。さっそく第1回入浴を済ませてから、再び出発。地下鉄で北山まで北上して、京都植物園のライトアップを見学。
 入口のところの一本の木の白いイルミネーションは美しいのだけれど、それ以外はまぁ地味な感じ。東京のイルミネーションの比べると正直しょぼいのだけれど、京都は嵐山花灯路が先週で終わってしまうと、あとはローム本社のライトアップくらいしかないので、意外とにぎわっていた。夜間開館中の温室でポインセチア展を見てから地下鉄で四条まで引き返す。

Img_8042

Img_8045

Img_8053

 一応クリスマスの週末ということで、本日は旬風庵さんにてクリスマスディナー。町屋のレストラン。2階のテーブル席でフレンチのコースをいただきます。

・聖夜へはじまりの一皿
 ポルチーニ茸とブラウンマッシュのフラン コンソメの泡

・リードヴォーとパルミジャーノチーズ パートブリック包み マディラ酒ソース

Img_8055

・季節の前菜5種盛り

Img_8056

・えび芋のスープ

Img_8057

・鮮魚と帆立貝の取り合わせ

Img_8059

・丹波牛のステーキとホホ肉の赤ワイン煮込み

Img_8061

・パンとごはんとお漬物

・クリスマス特製デザート

Img_8063

・コーヒーまたは紅茶

 けっこう広い店内はもちろん満席だけれど、プランの名の通り「おしゃれ大人Xmas」ということなのか、案外静かで落ち着いている。前菜からけっこうなボリュームで丹波牛にたどりつく頃には、かなりいっぱい気味だったけれど、どれもなかなか美味しい。最後にご飯とお漬物がつくのがユニークで、トロトロの赤ワイン煮込みといっしょに美味しくいただけば、デザートは別腹ということで、無事に完食。京都のクリスマスは早いのか、店内はほとんど誰もいないようだ。
 ホテルまでは、裏通りをまっすぐ歩けば10分も掛からない。裏通りをあまり散策したことなかったけれど、町屋を活用したカフェやショップが増えていてなかなかいい感じである。
 25000歩近く歩いたので、第2回入浴で疲れを癒して早めに就寝。

Img_8064

| | コメント (0)
|

2017/12/22:2017ふぐオフ!

◆横浜・東京:はれ

 12月になっても出張も多くて、なかなかそろそろ今年も終わりという雰囲気にはなってこないが、なんとか今年もふぐオフにたどりついた。クリスマス前の金曜日、17時すぎに退社して、おなじみ、日本橋はひよく亭さんに参戦する。

Dsc_2436

 今年は、2階のお座敷。1年ぶりのぐんぐんさんと再会して、まずはビアで乾杯して、ふぐ刺し。ふぐオフというと、毎年氏の様々なハイテクツールがお披露目されるのだけれど、今年はもちろんiPhone10。もっとも特別進化したわけではないので、初めてKindleを見せてもらった時のような感動はない。Apple Payと昨年も登場したApple Watchを駆使して、山手線にはiPhoneで、新幹線にはApple Watchで乗車するが、飛行機は今だにバーコードなのは残念だとのこと。

Dsc_2438

Dsc_2440

 ふぐオフといえば、例年、経済問題についても検討されるのだけれど、そういえば、昨年から氏はビットコインに注目していたはずである。さすがに先見の明がある。いわゆる、「億り人」というやつではないかと聞くと、1ビットしか買ってなかったうえに、早々に利確してしまったので、大して儲かっていないとのこと。大変残念である。

Dsc_2441

Dsc_2443

 ひれ酒で火をボッ!とやりながら、唐揚げをいただき、最後のお鍋はそこそこに雑炊を堪能するのも例年通り。微妙な対応の店員さんもあいかわらず。いずれにしても、浮き沈みの激しい都心で毎年変わらぬお味を堪能できるのはありがたいことである。

Dsc_2445

Dsc_2446

 2次会もお約束のシャングリラ・ホテルのバァ。ここは、例年、ミニマムチャージ5000JPY問題があるのだけれど、今年は何も言われなかった。プチバブルで盛大なのかと思いきや、そうでもないようだ。そういえば、ひよく亭さんのコースも8900JPYでここ数年まったく値上がりしていない。まだまだデフレ脱却への道のりは遠いのだろうか?

Img_20171222_221946_782

 それでも昨年はなかったドライアイスをモクモクさせるカクテルが復活して、テンションは上がってきたので、常石造船問題、亀井静香さん問題、民泊問題、年末はハワイより浅草ビューホテルだ問題など検討して、ぐんぐん杯を再開するためには、まず杯がどこにあるか確認すべきだという結論も出たところで、ミニマムチャージがないので、1杯で済ませて解散。

| | コメント (0)
|

2017/12/17:安藤忠雄展〜渡辺美里 X'mas スペシャル Billboard Live You are my Santa Claus♪

◆横浜・東京:はれ:10375歩

 昨日はディアナの納会。スタッフの他、ヒデちゃん、Sさん、Mさんなども参加して、例によってダラダラと飲み続けて早々に就寝。
 7時起床。風邪はだいぶ収まってきた。午前中、床屋に行っていったん帰宅して、バルコラベーロ号4着を確認してから出発。ワイド総流しすると4着なんだよねぇ。。。
 空いている東横特急で上京。明治神宮前で乗り換えて乃木坂へ。明日が最終日の安藤忠雄展へようやく参戦。事前にネットでチケットは購入しておいたけれど、事前にわかっていたとはいえ大行列。「50分待ち」の案内通り、50分待って入場。

Dsc_2375

Dsc_2378

 目玉は、実物サイズの光の教会。これは撮影可でインスタスポットとしても大活躍。ただ、それ以外はねぇ・・・結局、写真と模型を見るだけなんだよね。で、模型は混んでてとても近くでじっくりは見えないからね。正直、こんなのに並ぶのなら直島でもどこでも実物を見に行くのに時間とお金を使った方がいいよね。グッズ売り場も大混雑だけど、直筆イラスト入りの図録1980JPYは良心的。山のように積まれていて盛大に売れてたね。

Dsc_2383

Dsc_2386

Dsc_2388

 早々に終了して、通りを渡ってミッドタウンへ。本日のお目当てはこちら。安藤忠雄展はあくまで前座である。ライトアップにはまだ時間が早いけれど、サンタの飾りが盛大なクリスマスツリーがにぎやか。無料のコンサートなんかも行われている。横浜もいいんだけど、やっぱりたまに銀座や六本木に来ると東京の華やかさを感じるし、何やら「あの頃」の浮かれた気配が漂っているようにも感じられるよね。

Dsc_2393

Dsc_2394

Dsc_2395

Dsc_2396

 2ヶ月ぶりのビルボード。本日は、「渡辺美里 X'mas スペシャル Billboard Live You are my Santa Claus」。デラックスカウンターで予約しておいたお席は、空席が出たとかで見やすいお席にアップグレードしてくれた。ウェルカムシャンパンとクリスマスプレート付きで華やかだ。

Dsc_2397

Dsc_2399

Dsc_2401

 今年はフェスはあったけれど、夏のツアーは行かれなかったので、美里の単独ライヴは久しぶり。クリスマスライヴということで、いつもと違った選曲で懐かしい曲も色々と。最後のところでブラインドが開くのはいつもと同じ演出なんだけれど、この時期は、外には青いライトアップが広がっていて実に美しい。アンコールでは、新曲も披露してくれて、最後は、MyRevolutionで〆。ビルボードは高さがあって見やすいし、距離も近いし、カウンターはひとりでも参戦しやすくて実にいいね。

Dsc_2402

Dsc_2404

Dsc_2421

| | コメント (0)
|

2017/12/9:すみだ北斎美術館〜ファイターズスペシャルファンミーティング東京

◆横浜・東京:はれ

 風邪は一進一退。昼すぎに出発して、横須賀線グリーン車で錦糸町へ。パブロンを飲んで、北口からコミュニティバスで5分、国技館や江戸東京博物館の少し手前で降りると、そこは葛飾北斎の生誕地であって、昨年開館したすみだ北斎美術館がある。

 Dsc_2316

Dsc_2318

 kecoさんと合流して、まずは、4階の企画展「めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~」。国立西洋美術館の北斎とジャポニスム展の半券で割引になるのもうれしい。七福神とか、いろんな動物の絵とか正月向きのおめでたい絵がたくさん見られる。
  3階が常設展示。こちらの方が混んでいる。日本ではめずらしいけど、それだけ充実しているっていうことだよね。富嶽三十六景の詳細を拡大したりして見られるタッチパネルとか、晩年の北斎の書斎の再現とか、墨田区周辺で90回近く引っ越した北斎の居住地の古地図とか、こじんまりとした美術館だけど、見せ方の工夫もなかなか楽しかった。

Dsc_2317

Dsc_2319

 本日のメインイベントは、ファイターズスペシャルファンミーティングin東京。ファンクラブ限定のイベントで、久しぶりに抽選を突破しての参戦だ。なぜかすぐ目の前の第一ホテル両国さんで開催。こんなところに大きなホテルがあるのは知らなかった。ちなみに住所の横網は、国技館の隣だからてっきり横綱”(ヨコヅナ)かと思っていたら、”横網”(ヨコアミ)なのね。
 以前は銀座ライオンさんの開催だったけれど、今年はホテルの宴会場で、テーブルも結婚式のような丸テーブルの指定席スタイル。15000JPYと安くないだけあって、お土産なんかもついて少しゴージャスになった。我らのGテーブルは、ステージが近くて向きも見やすくて良席だ。

Dsc_2322

Dsc_2331

 札幌の部は、上沢くんとか近藤くんとか人気の若手選手が3人も出てきて盛大なのだけれど、東京の部は2人、それも宴会部長の新垣選手と佑ちゃんという微妙な人選。HTB谷口アナの司会で入場すると、新垣がいきなりおなじみのヒゲダンスを佑ちゃんにも強要。前途不安を感じさせる展開。
 選手はいったん退場してお食事。ビアも含めて無料で、前菜だけ個別にサーブした後は、大皿が丸テーブルに置かれるスタイル。200名以上詰め込んでいるのでかなり窮屈だけれど、まぁまぁなんとかなっている。お料理は、洋食というかなんというかまぁノーコメント。
 選手が再登場して、トークショー。できれば、今年の試合中のエピソードとか、オフの素顔とかそういうの聞きたいんだけど、どうしても新垣がいると一発芸とかモノマネとかそっちに話が行きがちなんだよねぇ。ゲームとかも盛り上がったけど、佑ちゃんが2連勝しそうになったら、お約束の泣きが入ったりして、どうもね。抽選会も大敗。
 まぁ、そうはいっても2時間それなりに楽しませてもらって、こういうの参加すると、来年の2人を応援せずにはいられなくなるよね。最後に来年の目標を聞かれた佑ちゃん、目標は2勝!まずは今年を上回るということで一歩ずつだね。

Dsc_2336

Dsc_2338

Dsc_2341

Dsc_2343


| | コメント (0)
|

2017/12/8:TAKAKO OKAMURA Special Live 2017 "Christmas Picnic"♪

◆弘前→青森→東京→横浜:ゆきのち雨

 昨日は夕方に不幸の電話があって、バタバタしていったんあきらめかけた出張は、JALの夕方便を最終便に変更してなんとか出発しようとしたら天候調査ということで、はやぶさ号にさらに変更して23時半すぎにホテル着。
 雪の中、お仕事は無事に終わったので、今日は早々に終了とさせていただき、奥羽線で新青森駅へ出て、はやぶさ号で帰京。窓側は取れず、最終的にはB席まで完全に埋まった。

Dsc_2306

 本日は、年末恒例の岡村孝子さんのChristmas Picnic♪渋谷公会堂解体後は、都内各地転戦しているのだけれど、今年は、大田区民ホール・アプリコさんへ初参戦。蒲田といえば、ぐんぐんさんのご城下だ。

Dsc_2312

Dsc_2313

 オープニングは、「笑顔にはかなわない」。毎年、最初はなんか声が出なくて心配になるんだよね。後半はそうでもないんだけど、だったらリハーサルとかでなんとかならないのかとも思うんだよねぇ。
 ここ数年は、おなじみの曲が中心だったけれど、今回は、久しぶりに「美辞麗句」とか演ってくれたし、「オリジナルな二人」、「青い月」なんて知らない曲だったね。
 でねぇ・・・後半、佳境にさしかかってきたところで、
「そろそろみなさんも体を動かしませんか?」
 って、孝子さんが言ったら、立ち上がるのがお約束なわけですよ。「あなたにめぐりあう旅」〜「ポプラ」と、孝子さんの中ではアップテンポな曲がかかって、当然1階の人はほぼ全員は立ち上がる。ただねぇ・・・2階だとねぇ。。。今日は特に少なかった。2階全体の5%くらい。小生の周りはみんな座ったまま。ちょっと嫌な予感したんだよね。でも、そんなこと気にしてたらコンサート来た意味ないじゃない。当然、立ち上がって、盛り上がりますよ。で、いよいよ「夢をあきらめないで」でテンションも最高に!というところで、後ろのおじさんから、
「見えないから座ってくれませんか?」
 と来ましたよ。。。何もこのタイミングでさぁ・・・この曲終わったらどうせ座るんだからさぁ・・・
「今は立つ時間なんです。」
 とキッパリるいさんのようにお断りしましたよ。恥ずかしがって、立たないのは自由だけど、アーティストも立つことを期待している時間なんだから立つ自由もあるよねぇ・・・テンション下がっちゃいますよねぇ。。。体を動かすコーナーは3曲で終わって、1階も含め全員座って、「Baby, Baby」〜「大切な人」でしっとりとエンディング。
 アンコールは、本来また立つんですよ。1階のほぼ全員とさっき立った2階の人はまた立ち上がって、「虹を追いかけて」〜「ピエロ」!そして、もちろん最後は、「世界中メリークリスマス」♪素晴らしい選曲なんだけど、結局アンコールは後ろが気になって、立たずじまい。なんだかねぇ。終演後また文句言われたらどうするかなんて考えてたらコンサートに集中できないよね。
 で、帰り際、後ろのおじさんが、
「水差してごめんなさいね。カミさんも好きなもんで。」
 って。。。自分は立つのは悪くないと思ってるけど、カミさんに言われて仕方なく言ったの?それとも、カミさんの方が詳しくて、後から立ってもいいんだよって、怒られたの?よくわからないし、喧嘩売られるよりはよかったけど、謝られてもこっちも返す言葉がないし、やっぱり水を差された感は否めないよなぁ。。。みんなもっと盛り上がろうよ。。。
 そういえば、先日は、新幹線でわざわざ窓側予約したのに、通路側の人にAC電源使われるって言う事件があっただんだけれど、今日のことといい、いつかありそうだけどあってほしくないことが2つ続いたよねぇ・・・正解がないから、自分が絶対に正しいと言って開き直ることもできなくて、でも、普通、それはやらない(言わない)でしょ・・・って言う、価値観の違う人と席を同じくしてしまった気まずさだけが残るんだ。。。
 微妙なテンションで冷たい雨の中帰宅。そういえば、カトさんは今年も現れなかったな。


| | コメント (0)
|

2017/12/4:クリスマスマーケット@赤レンガ倉庫

◆札幌→横浜:はれ時々くもり:9813歩

 ジャスマックはどうしても乾燥しますね。4時と5時に目が覚めて最終的には7時半起床。朝風呂。葉加瀬さんには会えず。そういえば、昨日、コンビニで谷口くんそっくりな若者がいたんだよね。たぶん本物じゃないかな。
 朝食をたっぷりいただいてお部屋で休憩して11時出発。11時チェックアウトなんだから朝風呂10時までにしてほしいよね。そうしたら朝食後もう1回入れるんだけど。

Dsc_2297

 気持ちよい冬晴れ。大通のコンビニでオフィシャルグラフィックスを買って、快速エアポートで空港へ。えきねっとで予約できるようになったから便利だね。千歳のラウンジも改装完了。まぁ確かによくなったけど、月曜日の昼間でこの混雑だと夕方はどうなのかね。レイアウトもなんかイマいちな感じ。もっとビューを活用した方がいいんじゃないのかな。
 月曜日のラウンジで昼ビアっていうのは、隠居の予行演習として悪くない。隠居したらヒマを持て余すっていう声も多いけど、正直、その心配はないと思うんだよね。やることはいくらでもあるよ。結局、経済的な問題が一番だろうね。それさえクリアするメドが立てば。。。

Dsc_2299

 ポイントでアップグレードしてプレミアムクラスで軽食をいただき羽田。YCATではなくてみなとみらい行きのバスがちょうど来たので、大桟橋で降りて赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットひやかす。北の大地のミュンヘンクリスマス市と同じで、あちらは雪が彩りを添えるけれど、こちらは、スケートリンクなんかもある。平日の夕方なので、さすがに空いているので、ホットワインとドイツ風ビーフシチューなどいただいて夜景をインスタにアップして早々に帰宅。

Img_7994

Img_8005

Img_8010

Img_8011

Img_8016

| | コメント (0)
|

2017/12/3:葉加瀬太郎コンサートツアー2017 VIOLINISM3♪

◆横浜→成田→千歳→札幌:くもりのち雨時々雪:14954歩

 5時起床。6時5分のみなとみらい線で出発だから普段の通勤日とほぼ同じ。本日は、葉加瀬太郎コンサート@北の大地ということで、成田からバニラエアさんで北へ飛ぶ。座席指定料金を含めて5860JPYだからお得だけれど、成田までに散財しては意味がないので、定期券で新橋へ出て、スカイアクセス線経由の無料特急へ。東京駅からの1000円バスには負けるけれど、これなら1300JPYくらいだ。
 長い車中は、日曜日のお楽しみ、日経のクロスワード。お楽しみといっても毎週2、3個しか分からず悶々とすることが多いのだけれど、今日はタテの1が、「天の原 ふりさけみれば・・・」ということで、おぉ!阿倍仲麻呂だ!ヨコの1は、「英国王室が所有する競馬場の名がついた・・・」と言えば、アスコットタイ!タテとヨコの1が解ければ、一気に展望が開けてくる。普段ならワケワカランとなるばかりの先住民についての問題も、ニュージーランドといえば、「マオリ」オールブラックスじゃないか!ということで、あと一息!「い」で始まる「三井の番頭」と皮肉られた明治の元老は・・・伊藤博文じゃなくて・・・岩倉具視でもなくて・・・井上馨か!!!最後にkecoさんに確認して細かいところ修正して、ついにやりましたよ!!!CasaBRUTUSさんの占いによると、今日は山羊座がNo.1とのことだったけれど、そういうことだったのか!

20171203a
(ついに!)

Dsc_2268
(成田→新千歳5860JPY)

Dsc_2270
(まずは)

 久々の北の大地、まずは味の時計台さんでクロスワード完成の祝杯をあげてから、こちらも久々のジャスマックさんへ。早割で予約しておいたのでこちらも9700JPYとお安い。
 さっそく第1回入浴を済ませてから、おなじみのニトリホールへ。先日降った雪は溶けてしまい、今年はまだ歩道に雪はほとんどないようだ。久々のかん姉妹と合流。遺憾ながら清楚なみーちゃんは欠場とのことで、代打にかん母様が登場してびっくり。毎年良席で見させていただいているけど、今年は前から2列目のど真ん中ということで相変わらず素晴らしい。

20171203b
(今年も超良席)

Dsc_2273
(趣向を変えても楽しいツアー)

 今年のツアーは昨年までとだいぶ芸風がちがうということで、一部からは落胆の声も聞こえてきていたのだけれど、いや、これはこれでなかなかいいじゃないですか。たしかにAnotherSkyはないけど、ニューアルバムの曲は予習なしでもけっこう楽しめたし、マチェックくんはいないけど、代わりに榊原大さんが久々の登場だし、何よりやっぱりアコースティックがいいじゃないですか。コンピューターのヤマキさんもいいんだけど、たまにはこういうのもいいよね。ハカシェイカーを買わなかったので、アンコールでちょっとだけ疎外感を感じたけどね(^^;)
 帰りは今年もホワイトイルミネーションを散策。2、3年前にリニューアルしたけれど、今年も新作がいろいろ登場してがむばっているようだ。
 遺憾ながら雨が降ってきてしまったので、狸小路へ出て、食べログ3.58のまるきさんで美女蕎麦オフ。熱燗をいただきながら、昨年までは立て替えがすごかった問題、日記はウソがけっこうあるぞ問題、いきなり写真が送りつけてくるぞ問題、栗山町に隠居してもやることがないぞ問題、新球場が待ち遠しい問題、北広島なんか絶対行かないぞ問題、栗山町は300万だが、沖縄は4000万だ問題、しかも虫が出るぞ問題、北の大地も蛾が出るぞ問題、嫁の実家には1週間行くのに自分の実家は1日だ問題、でも困った時は自分の母を呼ぶぞ問題、京都の蕎麦屋問題など検討していると、店主から退場を命じられたので解散。
 第2回入浴後、ビア、イチゴミルク。

Dsc_2282
(新作1)

Dsc_2290
(新作2)

Dsc_2293
(こちらは昨年も)

Dsc_2294
(お久しぶりです♪)

Dsc_2296
(インスタ映え?)

| | コメント (0)
|

2017/12/2:お座敷列車「ゆう」で行く!関東貨物線の旅@クラブツーリズム

◆横浜→池袋→誉田→逗子→品川→横浜:はれ

 5時45分起床。久しぶりにS-TRAINで出発する。みなとみらいでは無人、横浜で何組か乗ってきたけど、車内は閑散としている。45分で地下鉄池袋着。

Img_7897

Img_7898

Img_7900

 本日は、関東貨物線の旅。クラブツーリズム初体験である。集合は、JR北口改札。いけふくろうのあたりには、すでにたくさんの鉄な方が集まっている。
 受付を済ませて、添乗員のお姉さんの後に続いて、埼京線のホームへ。本日の車両は、485系改造のお座敷列車「ゆう」。お一人様は、6号車にまとめられているのだけれど、先頭車両なので、展望ロビーがついていてすばらしい。5つのテーブルに4人ずつで20人だから、相席とはいえ、まぁまぁゆったりしている。40代くらいの人が多いけれど、皆さん静かだし、撮影に夢中になるというような感じでもなく、マナーもよくて快適だ。

Img_7904

Img_7905

Img_7911

 まずは埼京線を南下、元々は山手貨物線である。新宿駅を通過。これも団体列車ならではの醍醐味だが、次の渋谷に停車すると、いきなり次の恵比寿で人身事故との放送が流れ、車内に失笑が。まぁ先を急ぐ旅じゃないからね。
 人身事故といっても、酔っ払いが線路に落ちたとのことで、大事には至らず。それでも45分くらいは止まっていたので、盛大な遅れ。旅客列車、貨物列車の間に無理やりねじ込んだ団体のスジなので、この先のあちこちでかなり迷惑をかけることになりそうだ。
 態勢を立て直して、大崎でお弁当が積み込まれ、りんかい線へ。りんかい線から京葉線への新木場の連絡線も普段は使われていないポイント。京葉線内は前後の列車に挟まれながらゆっくりと。ディズニーランドや幕張メッセを眺めながら、蘇我から外房線へ。いいお天気で気持ちがいい。
 折り返しは誉田。今日の7時間の乗車でホームに降りられるのは、ここだけということでみなさんホームへ降りて一息つく。

Img_7918

Img_7925

Img_7931

Img_7933

 折り返しは総武線に進入して、新小岩でまた折り返し。金町への新金貨物線が本日2番目の目玉で、企画したクラブツーリズムの人は、このあたりで育って、なかなか列車の通らない踏切が子供の頃から気になっていたので、この路線を通る企画を立てたという思い入れのある路線。そんな貴重な路線でなんだけれど、ビアとお弁当をいただいているうちにウトウトしてしまい、気がついたら松戸だった(@_@)そのままぼんやりしているうちに常磐貨物線から山手貨物線に戻って、田端信号場で折り返し。当初の1時間の停車予定を30分くらいに短縮して遅れをだいぶ回復したようだ。

Img_7934

Img_7938

Img_7939

Img_7941
 
 2度目の池袋は通過して、今度は新宿に停車して、大崎から今度は東海道貨物線へ。横浜駅は東海道線ホームを通過して、戸塚から横須賀線側へ入るのも通常の湘南新宿ラインとは逆のコース。北鎌倉の紅葉を眺めつつ、逗子駅で今日最後の折り返し。

Img_7948

Img_7956

 帰りは、大船から京浜東北線へ渡って、自宅の近く、桜木町から高島貨物線への転線が今日最後の見どころ。YCAT行きのリムジンでいつも通るアンパンマンミュージアムの裏あたりで分岐して地下にもぐって、東神奈川方向へ抜ける。こちらはゴルフジョイへ行くときにおなじみの踏切だ。

Img_7960

Img_7964

Img_7977

 2度目の新鶴見を出発するといよいよ長い旅も終わりが近づく。なんといつの間にか最大1時間の遅れを回復して、16時14分定刻に品川駅は14番ホームへ到着。国内での団体旅行はめったにしないけれど、クラブツーリズムさんのアテンドはとてもすばらしかったし、お土産も充実。企画を立てた人の車内アナウンスも、JRとの交渉の苦労、上司を説得する苦労なども楽しく紹介してくれておもしろかった。マニアックなルートを堪能できたし、485系改造の「ゆう」も引退間近ということで、貴重な機会。今後もいろいろ企画したいということなので、楽しみだ。
 
Img_7986

Img_7947

| | コメント (0)
|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »