« 2018/10/20:コーフィールドC大敗 | トップページ | 2018/10/22:紙一重 »

2018/10/21:たまプラーザの名店で蕎麦

◆横浜・川崎:快晴:13498歩:横浜の最高気温=22.1度

 昨夜からの雨も上がって、雲ひとつない快晴。涼しい秋の空気も入って、年に何度もないと思われる最高のお天気。菊花賞の投票を済ませて、午後から三ツ沢へ。久しぶりに横浜FCの応援。残り1カ月、J1昇格にかすかに可能性を残して、ギリギリの戦い。今日の相手は、同じ昇格争いのライバル大宮ということで、絶対に負けられないところ。もちろん相手の大宮も気合い十分で、バックスタンドは、アウェイの大宮側のみが売り切れている。

Image1
(何者だ?)

Image2
(最高の観戦日和、ビア日和)

Image5
(J1昇格へ)

Image4
(負けられない戦い)

Image3
(キングもベンチ入り!)

◇2018/10/21:△横浜FC 1-1 大宮(三ツ沢)

 だいぶご無沙汰なので、キーパーの南とフォワードのイバ以外は、知らない選手ばかり。我らがキング・カズは、一応リザーブには入っているが、よほど点差でもつかない限り、おそらく出番なさそうだ。両チーム気合いの入った攻防で、選手同士がエキサイトする場面もあるが、なかなか決定機が作れず、前半は、0−0。

Image7
(一進一退の攻防も)

 後半早々、コーナーキックから失点。ムゥ。。。その後も、やや押され気味で、万事休すかと思われたが、一瞬の隙をついて同点に。しかし、ホームで昇格のライバル相手だけに勝ち点3が欲しい。キング・カズ以外の控え選手を次々と投入するも、むしろ防戦気味で、引き分けのまま終了。プレーオフの可能性はまだまだあるが、自動昇格の2位以内はかなり厳しくなってきた。

Image6
(引き分けでは・・・)

Image8
(元気でないね)

 菊花賞大敗。自分の本命の単勝が70倍もつくことはそうそうないので、大勝負に出てしまったが、見せ場もなく終了。あまりにもあんまりだ。
 三ツ沢上町まで歩いて、ブルーラインであざみ野からたまプラーザへ。本日は、妹夫婦の招待で、隠居祝い蕎麦オフが開催。たまプラーザ駅近くにミシュラン星1つの名店「風來蕎」さんへ。スパークリングワインで乾杯。一応小生が主賓と思われるのだが、冒頭からハイテンションの母が毒を吐きまくりヒヤヒヤする。

Image12
(星付きの名店)

Image9
(スパークリングで乾杯して)

 天ぷら、湯葉、銀杏などつまみも美味しくいただき、めずらしく日本酒を飲みながら、締めのせいろまで堪能。高級店にしては、せいろの量が多くて良心的だ。

Image10
(日本酒に転戦)

Image11
(お蕎麦ももちろん美味)

 妹宅に寄って、ババ抜き。このメムバーでババ抜きをやると、毎回思わぬ事件が起きるのだけれど、今日も、最後2人が1枚ずつというありえない状況になって、「8」が1枚足りなかったということが発覚。
 コーヒーを飲みながら、日経クロスワード。母がイカンソクタイ、テオ、ヤシと活躍して、こういうのは、あまり得意でなさそうな義弟も警察のサンズイは、オショクだと活躍。小生も突然ゲゼルシャフトが閃いて、そうなれば、落語はテレスコだとkecoさんからも助け船。朝の時点では、全然ダメだったのが、あと少しまで来たけれど、イスラエルの首相とバッハがわからず無念。。。

Image13
(これじゃ終わるわけない・・・)

20181021_224011
(惜しい・・・)


|
|

« 2018/10/20:コーフィールドC大敗 | トップページ | 2018/10/22:紙一重 »

グルメ」カテゴリの記事

横浜FC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018/10/20:コーフィールドC大敗 | トップページ | 2018/10/22:紙一重 »