« 2018年10月 | トップページ

2018/11/16:昼下がりの打ちっぱなし

◆横浜:くもり時々はれ:7088歩

 4時に目が覚めて二度寝して7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、ブルーべりー、チョコクロワッサン。
 部屋の掃除。壊れたアンプとスピーカーをはずして、10年近く放置されていたテレビの裏の配線を整理して掃除機で盛大にホコリを吸う。発火したりすると怖いしね。テレビは2009年製のようなので、まだまだ大丈夫そうだ。
 12時からジェットスターで、宮古島線385円!というキャムペーンがあるので待機して、時報に合わせてキーを叩く。すんなり繋がって、生年月日やらクレジットカード番号、さらにセキュリティコードまで入力して、やれやれと思ったら、ヘンな英語の画面が出てきて終了。。。あまりにもあんまり。。。

Aaa

Bbb

 本日も「東証続落でひきこもり」の予定だったけれど、体が重くなってきたので、久々に東神奈川ゴルフジョイへ。以前は、1000円80球打つためにタクシー1000円なんていうことも多かったけど、もちろんそんなことはしないで、歩く。平日の昼下がりでも、1階席は満席で2階で90球ほど。しかし、40代で昼間から打ちっぱなしっていうのは、父とやってることがまったくいっしょだよ。。。恐るべし。。。

Img_3833

 帰宅して、今度は、バニラエアのキャムペーンで、真冬の北の大地2180JPY。これは無事にゲット。しかし、よく考えたら成田8時発の便に乗るのはかなり大変だよ。。。

Ccc

 東証続落。楽天ポイントでドミノ・ピザをいただき、BSでスピードスケート。パシュートも小平さんもさすがの優勝。ファミマでプリントアウトした競馬ブックで、明日の福島競馬の検討をしつつ早めに就寝。


| | コメント (0)
|

2018/11/15:わのわカフェ

◆横浜:はれ:9159歩

 7時起床。昨日のきりたんぽの残りをいただき、9時すぎに出発して、ディアナへ。午前中は、おなじみのTさんとSさんが来てコーヒー。種子島出身のSさんは、ゴルフの名人で、ハンズで100球ほど打ってきたとのこと。その他、近所の方もボックスの商品を買いに来てくれた。
 昼すぎから、認知症について語る「わのわカフェ」の5回目。今回の講師は、ケアマネージャーの方で、介護保険についての実践的なお話で今日もためになる。今日は、母と母の友人のOさんも参加して盛り上がった。
 終了後も、ボックスの商品を買いに来る方があって、大盛況の1日。お昼も食べる時間もなかったので、帰りに西口の吉野家で株主優待券でアタマの大盛りをいただく。
 東証反落。一昨日の指値でJTがひっかかった。12月配当権利で、利回り年5.3%だからいくらなんでもねぇ。
 ボージョレ・ヌーボー解禁。生ハムとチーズでいただいて、早めに就寝。

Img_3830

Img_3832

| | コメント (0)
|

2018/11/14:原鉄道模型博物館へ

◆横浜:はれ:8223歩

 4時に目が覚めてそのまま起床。朝は、バームクーヘンと野菜ジュースだけ。なぜなら、9時から歯医者でオエッとなるからだ。。。
 2週間ぶりの今日から、奥歯の治療ということで、いよいよ大変なのだけれど、今日は比較的調子がよくて、先生が心配していたほどはオエッとならずなんとか終了。
 意外と調子がよかったので、そのまま散歩。原鉄道模型博物館に久々に参戦。企画展として東急の展示があって、初期の田園調布の模型なんかもある。あいかわらずジオラマは盛大で、子どもたちだけでなく外人さんにも人気。玉電もあった。

Image2

Image3

Image4

Image6

Image1

Image7

Image8

 東証は小動き。昨日からいろいろ指値して様子を見ていたのだけれど、三井物産がひっかかった。原油安のせいでずいぶん下がっていて、配当利回り4.5%近くだよ。
 例によって、MXTVで東京マーケットワイドからtck中継。17時に夕食で18時には終了。いくらなんでも早すぎるので、散歩。21時就寝。

Img_3817

Img_3815

Img_3819

Img_3818

Img_3821

| | コメント (0)
|

2018/11/13:東証反落で引きこもり

◆横浜:くもり:6665歩

 3時頃目が覚めて、二度寝して7時起床。野菜ジュース、ベーコンエッグ、納豆ご飯。
 9時から東京マーケットワイド。NY暴落を受けて、東証も暴落。こればっかり。もう耐性がついてきたよ。あわてて売りもせず、あわてて買いもせず。
 今日はひまっこ。macの日本語入力があまりにも不便なので、グーグルさんの日本語入力に変えてみる。一長一短だけど、前よりはいいかな。
 打ちっぱなしでも行こうかと思ったけど、面倒くさくなって、散歩だけ。久々にネット対局でもと思ったら、中盤形勢やや不利なところで、接続障害でダウン。先方は不快だっただろうね。申し訳ない。
 大谷くん新人王、翔さん残留は何より。

Img_3796

Img_3798

| | コメント (0)
|

2018/11/12:並木藪蕎麦で憩う

◆横浜・東京:くもり:9863歩

 今週の平日は、遠征もなくのんびり。二度寝、三度寝して8時すぎに起き出す。東京マーケットワイドを見ながら野菜ジュース、鮭、卵、納豆ご飯。
 11時頃出発。金曜日にチケットが発券できずに断念した、ムンク展からの浅草並木藪蕎麦で一献のつもりで、上野東京ラインさすがのムンク展も月曜なら空いているだろうという読みだったのだけれど、?月曜日???月曜日って休みじゃない?と思ったら、案の定休み。。。あまりにもあんまりだ。
 仕方がないので、品川で京急に乗り換えてまっすぐ浅草へ。隠居の師匠のひとりである杉浦日向子さんの「ソバ屋で憩う」にも書かれている通りに、並木の藪に行く前には、まずは、浅草寺に参拝。外人さんでにぎわっている。

Img_3787

Img_3792

 久しぶりの並木藪。ほぼ同じレイアウトで建て直されたのこと。前より狭くなったような気がしたけど、気のせいなのかな。本当は14時すぎに着いてゆっくり憩うはずだったのだけれど、ムンク展が休みなので、13時前には着いてしまった。この時間だと、まだお昼どきで混雑しているので、相席だし、あんまりのんびり憩うわけにはいかないんだよね。

Img_3793

 まずは、蕎麦味噌で樽酒をちびりちびりと。天ざるは、小海老の天ぷら。サクサクして、さすがに美味しい。蕎麦ももちろん美味。混雑はしているけれど、どことなくゆったりとした空気が流れているように感じられるのもいい。向かいのおじさんのように、鴨せいろの抜きで一杯やって、締めにざる追加っていうのもまた似合うよね。
 蕎麦湯までいただいて帰浜。週末の遠征に備えて、久しぶりに週刊競馬ブックを購入。
 夜は、FMプラプラで、FMさくだいらの谷村有美さんの「それなりに+」。クリスマスコンサートの予習しないとね。で、ついでにwikiで調べたら、なんとダンナさんが、Apple→マック→ベネッセの原田さんなのね。びっくり。

Img_3794

Img_3795

| | コメント (0)
|

2018/11/11:NODAMAP「贋作 桜の森の満開の下」

◆横浜・東京:くもりときどきはれ:3357歩

 飲みすぎて爆睡して3時に目が覚めるパターン。二度寝、三度寝して8時くらいに起床。朝昼兼用で軽く済ませて12時38分のFライナーで出発。
 池袋の東京芸術劇場、kecoさん、りずじゅえさんと合流して、年に一度のNODAMAP参戦。今年は、「贋作 桜の森の満開の下」。小生のような初心者には、毎年難解なのだけれど、坂口安吾の作品も読んでないし、古事記とか、壬申の乱とか、稗田阿礼とか、いかんせん肝心なことわかってないし、言葉遊びもいろいろあるから聞き逃せないし、真剣勝負で大変。でも、後半からは、まぁ、あまりかた苦しく考えないので、深津さんの素敵な演技を堪能しようと切り替えて楽しめた。

Img_3781

Img_3783

 終了後は、昨年に引き続き、東明飯店さんにて反省会。といっても、お芝居の話はソコソコに、シベリア問題、ワイントレイン問題、足利問題、トイメン問題、羽生、柔ちゃん、真央ちゃん、藍ちゃん問題、殿の解説問題、多和田真三郎問題など幅広く毒を吐きながら、マンゴービアから白ワイン。昨日は3人で1本だったけど、今日は実質2人で1本だよ。。。


| | コメント (0)
|

2018/11/10:また紙一重

◆横浜:はれときどきくもり:7380歩

 昨夜は、なんとメルボルンでテロ。バークストリートっていうのは、小生が泊まったホテルから中心部に向けて伸びている通りで、交差するスワンソンストリートは、メルボルンカップ・パレードが行われた通り。その交差点付近ということは、メルボルン市内の本当のど真ん中で、東京でいえば、銀座4丁目あたりといってもおかしくないほどの場所。滞在中も何度も通ったあたりである。滞在中は、平和で治安のよさそうな街だと勝手に思いこんでいたけれど、まったくもってわからないものだ。台湾で鉄道に乗った4日後に死亡事故、メルボルン帰国翌々日にテロ。本当に紙一重である。でも、だからといって、横浜にこもっていれば安全かといえば、そんなことわからないしね。
 本日は、ディアナでお当番。午後からは、けっこうにぎわった。Yo子さんとYo君が合流して、元町の隠れ家風フレンチ「山.海.葉っぱ」さんへ。ランチとディナーのお値段が同じということで、リーズナブルだけれど、ボリュームたっぷりでなかなか美味しい。3人でワイン1本プラスグラスワインだからけっこう飲んで、デザートまで美味しくいただき、元町・中華街まで歩いて解散。

Img_3775

Img_3776

Img_3777

Img_3778

Img_3780


| | コメント (0)
|

2018/11/9:スカイスパリニューアル

◆横浜:くもり時々雨:7421歩

 7時起床。NY10ドル高を確認。あんまり上がってまた暴落されるのも怖いからこのくらいがいいね。野菜ジュース、昨日の残りのシウマイ、ザーサイ、納豆ご飯。
 今日は、ムンク展からの浅草並木の藪で一杯っていう優雅なプランだったのだけれど、待ち時間短縮のために、ぴあでムンク展のチケットを購入したら、なんと明日まで発券できないという。あまりにもあんまり。せっかく雨の平日、比較的空いてると思ったのに。。。
 仕方がないので、久々にスカイスパに参戦。リニューアル工事していて、今日からオープン。ワークスペースみたいのができたのね。入浴前で55.95キロ。予想されていたけど、ちょっとやばいね。。。
 横浜ナポリタンとハイボールをいただいたら、56.6キロ。夕食はパスして、ドキュメント72時間を見て就寝のよてひだったのだけれど、21時ごろに我慢できなくなってペヤング。。。食べたら眠なって就寝・・・ダメだこりゃ。

Img_3769

| | コメント (0)
|

2018/11/7-8:JALで行くメルボルンカップ観戦旅行(4・5)ヤラバレーワイナリー巡りとパッフィンビリー鉄道SLツアー

◆メルボルン:晴れときどきくもり一時雨:18531歩

 6時起床。朝食はパスして、どら焼きとモンカフェ。7時すぎにチェックアウトして、荷物を預けて、無料のトラムで、一昨日と同じノボテルの前へ。本日もveltraさん経由の現地催行はJMGツアーさんで、ヤラバレーワイナリー巡りとパッフィンビリーSL乗車ツアー。本日は、トラブルなく無事にピックアップされた。母娘が1組、夫婦が1組と小生の5人。
 ヤラバレーというのは、メルボルンの北東1時間くらいのところで、ワインの生産は盛んだけれど、小規模生産者が多く、国内消費中心で輸出はあまりしていないとのこと。途中のチョコレート屋さんで時間調整してから、最初のワイナリーへ。今朝はかなり冷え込んでいるけれど、空はよく晴れて、一面の葡萄畑が美しい。メルボルン周辺は、これから夏にかけてほとんど雨が降らないとのことで、だからこそ葡萄栽培に適しているわけだ。

Image2

Image1

 さっそくテイスティング。スパークリングから、白、赤、デザートワインまで6種類たっぷり注がれる。全部いただいていると大変なことになるので、どれも美味しいけれど適当に残す。シャルドネ、ピノノワール、カベルネ・ソーヴィニヨンなどなど。砂糖を使っていないのに甘いデザートワインを1本購入する。規模は小さいけれど、老舗のワイナリーとのことで、雰囲気もなかなかいい。

Image3

Image4

Image5

Image6

Image7

 2軒目のシャンドンさんは、モエ・シャンドンでおなじみのシャンドンの支店ということで、世界各地に何ヶ所かあるらしい。ここは、この地域では数少ない大規模ワイナリーとのことで、工場なども立派で、テイスティングのお兄さんも日本語対応。やはりスパークリングがメイン。赤のスパークリングもあった。

Image11

Image10

Image9

Image8

Image13

Image12

 3軒目のワイナリーで昼食。ここのローストビーフも名物とのことで、たしかに美味しい。もちろんワインも。
 今日のガイドさんは、要人来豪時のアテンドなどもされているようで、政治・経済について熱く語る。とにかく日本は物価と給料が安すぎてダメだ、こんな国には、外国人労働者など来てくれないぞ、オーストラリアのサラリーマンは月50万以上が当たり前だ。もちろん物価も高いけれど、携帯は安いぞ、そして、現金なんか誰も使わないぞ、アジアから移民がたくさん来すぎたので、最近は厳しくなったなどなど。

Image14

Image15

 駆け足でワイナリーをめぐって、午後はSL乗車。観光用のオウムさんを見学して時間を調整してから、ベルクレイヴ駅へ。観光用のパッフィンビリー鉄道、スタッフは、地元の鉄道好きのおじいさんたちのボランティアとのこと。ここもアジアからの観光客多数で、10両くらいの客車は満席だ。おじいさんたちに見送られて、14時30分に出発。森の中を30分ほどのんびり走って、最初の駅で下車。ガイドさんがクルマで先回りしてきている。

Image16

Image17

Image18

Image19

 無事に全行程を終えて、夕方にはホテルへ。一昨日はいろいろあったけど、今日は順調だった。スカイバスで空港へ。
 順調なので、17時すぎには到着してしまったけど、深夜便なので、JALのカウンターにはもちろん誰もいない。荷物を預けないなら中へ入ってしまうテもあるのだろうけど、どうやら自動チェックイン時にプレミアムエコノミーにアップグレードしてくれたらしく、ネットで予約が操作できなくなっている。
 結局、荷物も預けられないまま、4時間時間をつぶして、21時半にようやくカウンターオープン。22時すぎにラウンジに入って、ビアとチキンカレーでホッとひと息。

Img_3763

 日付変わって0時45分出発。プレミアムエコノミーの最前列というのは、前も広くて楽チン。流石に眠いので、なんとか目を閉じて悶々としていると妙な夢を見たから多少は眠ったようだ。時計を2時間戻して5時半頃におしぼりが出て、パッとしない朝食をいただき、定刻より少し早い8時20分すぎに到着したので、9時4分の総武快速に十分間に合った。メルボルンカップ、ペンギンパレード、ワイナリーと充実の3泊5日。これで今年の海外遠征は打ち止めの見込み。しばらくは、静かに来年の遠征計画を練ろう。

Img_3765

Img_3767


| | コメント (0)
|

2018/11/6:JALで行くメルボルンカップ観戦旅行(3)メルボルンカップデー!

◆メルボルン:雨ときどき晴れ:9759歩

 8時頃起床。時差が日本+2なので、早起きではなくゆっくり目になる。朝食ヴァイキングはイマイチ。
 メルボルンカップ投票。検討しようにも距離適性も重馬場適性も正直よくわからない。ただ例年荒れるので、あまり本命サイドにこだわらず、軽ハンデの馬も含めて好調馬中心に手広く。
 明け方強く降った雨が10時くらいからまた降り出してしまった。しばらくお部屋で様子をみていたけれど、なかなか止まないので、11時半すぎに出発。
 ICカードをまだ買ってないので、電車の乗り方も気になっていたのだけれど、窓口の親父に聞いたら、新しいICカードにフレミントン往復分をチャージしてくれた。競馬開催日は、直通列車が頻繁に出るようで、分かりやすい。すでにおしゃれした方々でかなりのにぎわい。前がつかえてけっこう遅れたけれど、12時半には、無事に到着。幸い、雨も上がったようだ!

Image1

Image2_2

 フレミントン競馬場。とにかくでかい。もちろん府中も大きいけれど、いい勝負ではないか。コースが一周2300mくらいあって、スタンドも大きいのが3つ。今回、半年近く前から指定席を確保したけれど、自分の席を見つけるのに一苦労。なんとかたどり着くと、日本でいえばただの一般席みたいに椅子があるだけ。たしか、これで2万円以上したんだよね。

Image3_2

Image4_2

Image5_2

 場内散策。人の数がすごい。凱旋門賞の日のロンシャンなんて比較にならない。日本以外でこんなにごった返す競馬場は初めて。さすがに競馬のために祝日になるだけのことはある。なんとかビアだけ購入。トイレは仮設トイレがものすごい数用意されているので、案外混んでない。グッズショップをなんとか発見して、キャップなど購入して、態勢も整ったので、早めにお席へ戻ると、先客が。ブロック違いのようなので、退場していただきなんとかお席に座れたものの、隣のおばちゃんのお尻が大きすぎてこっちへはみ出してくる。

Image6_2

Image7_2

Image8_2

Image9_2

Image10_2

Image11_2

Image12_2

 本馬場入場。晴れ間も出てきた。内馬場から端っこの方までとにかく人、人、人。その大観衆のテンションが高まったところで、いよいよスタート!

Image13_2

Image14_2

Image15_2

 引き込み線からスタートして、最初の直線、いきなり1頭故障。人気馬のようである。幸い、ゴール板をすぎた場所だったからよかったけど、動けなくなってしまったから、ゴール板の前だったら危なかったね。
 24頭いるので、なんだかわからないけどいよいよ盛り上がって、最後の直線、なんか外から差してきた!23番だ。これは▲だよ。で、2着は9番。おぉ、これは本命だ!これは当たったかも!!!

Image16_2

Image17_2

Image18_2

Image19_2

Image20_2

 まだまだ盛り上がる競馬場を後に早めに引き上げる。結局、▲◎△で馬連と3連複的中。3連複が470倍もついたので、まずは勝利。1、2着逆だったら、3連単20万馬券だったのに・・・との思いも残るけれど、まぁ現地滞在費用くらいは出たからよしとしよう。
 帰りの電車が競馬場を出る頃にまた雨。レースの前後だけでも晴れてよかった。セブンイレブンでお寿司を買って、ホテルのフロントでビアを買って、夜はお部屋でゆっくり。

Image21_2

| | コメント (0)
|

2018/11/5:JALで行くメルボルンカップ観戦旅行(2)フィリップ島ペンギンパレード♪

◆メルボルン→フィリップ島→メルボルン:くもり時々はれ一時雷雨:13354歩

 8時すぎに起床。朝食はつけてないので、持参の豚汁とコーヒー。朝風呂。10時すぎにチェックアウト。空港で両替。レートが悪く手数料が高くてびっくり。これなら日本でやってくればよかった。1オーストラリアドル80円くらいなのに、2万円で200ドルにしかならなかった。
 シャトルバスでサザンクロス駅へ出て、今日から2泊するトラベロッジさんに荷物を預けに行くと、すでにお部屋が使えてラッキー。ホント、午前中に部屋に入れるとお得感あるよね。
 とはいっても、すぐに出発。中心部無料のトラムに適当に乗って、繁華街へ。少し手前で運転打ち切り。そう、今日はメルボルンカップの前日ということで、パレードが開催されるのだ。
 中心部のスワンストリートが車両通行止になっていて、みなさんすでに両側の歩道に陣取っている。ファイターズの優勝パレードなんかとスタイルは同じ。
 12時スタート。華やかな馬車とか、美女とか、仮装した人とか、着ぐるみとか、各国国旗とか色々やってくる。そして、Living Legends、そう過去の活躍馬たちが実際に登場。これはとてもいいね。さらに、出走各馬の関係者がそれぞれのクルマに乗って登場。30分くらいだけれど、とてもいい雰囲気。日本も馬文化の歴史あるんだし、天皇賞も前日とかにこういうのやりたいねぇ。流鏑馬とか野馬追とか入れて、皇居前から日比谷とかで。
 
Image2

Image3

Image4

Image6

Image7

Image8

Image9

Image10

Image11

Image12

Image13

 午後は、おなじみのVeltraさん経由で、オプショナルツアーに申し込んでいるので、ショッピングセンター内のフードコートでハムバーガーとビアをいただいてから、集合場所のノボテルさんの前で待機。ここで、今年の一連の海外旅行で初ともいえる事件が発生。5分前くらいにガイドさん風の人が近づいて来て、小生の隣にいた日本人夫婦にだけ声かけて連れていっちゃったんだよね。嫌な予感したんだ。。。たぶんアレだよ。。。
 約束の時間をすぎてもお迎えが来ない。バウチャーには5分過ぎたら電話しろと書いてあるけど、いつもモバイルルーターでネットだけ使ってるから、海外で携帯を通話に使ったことないんだよね。ローミングをオンにして、かけたら、なんとか繋がって、日本語が通じた。何らかの手違いで現地催行会社に予約が通ってなくて、忘れ去られたようで、さっきのガイドさんが30分後くらいに戻って来た。だけどねぇ、電話のオペレーターさんも、戻って来たガイドさんも一言もお詫びがないっていうのはあり得ないよね。おそらく代理店のveltraさんの責任で、現地催行会社のせいじゃないということなんだろうけど、そんなことは小生には関係ないからね。ちゃんとバウチャー持って、集合時間より前に待ってたんだから、遅れて迎えに来てお詫びが全くないっていうのはちょっと理解できないよ。結局、他に3組の年配のご夫婦がいっしょだったけど、小生のせいじゃないとはいえ、スタートが30分遅れてしまったのもなんだか申し訳ないしね。どうにも不愉快な気分で出発。
 お目当のペンギンパレードの前に、まずは途中の動物園に寄る。郊外の小さな動物園だけれど、動物のいるエリアに入場できるので、距離が近い。カンガルーの餌付けといっても、もうみんなお腹いっぱいのようだった。コアラは寝てる。クジャクが立派。

Image14

Image15

Image16

 さらに車を飛ばして、いよいよフィリップ島に渡り、チョコレート屋さんをひやかしてから早めに夕食。サマータイムで日が長いのだけれど、ペンギンは暗くならないと帰ってこないのだ。いろいろなツアーが混ざっているようで、他の方々は夕食付き、小生は夕食なしなので、自腹でビアとフィッシュ&チップス。

Image17

Image18

Image19

 19時半にようやくペンギンの保護センターみたいなところに到着。世界中の方々で盛大ににぎわっている。で、観覧席にも3種類あって、小生は上から2番目のクラスを申し込んでいたのだけれど、遅刻のお詫びにアップグレードされることになった。正直、2番目の席で十分だったけどね。
 日も暮れて、いよいよ上陸!というところで、雨。そして雷。英語で何やらアナウンスがあって、全員撤収を命じられてしまった。あまりにもあんまりである。大混雑のセンターハウスでおみやげなど物色して時間をつぶすが雨はなかなか止まない。そうこうしているうちにペンギンはもう上陸してしまっているのではないか???

Image20

Image21

Image22

 結局、30分近く経って、嵐は去って、入場再開。21時の出発まで30分くらいしかないので、急いで外へ。すでにペンギンは上陸していて、すぐ近くにいる!いる!
 アップグレードされた席まで行かなくても、そこら中でぴょこぴょこ、ペタペタ、パタパタ、数匹〜10匹くらいの単位で、続々とやってくる!これは悶絶するほどキュート!保護が効果をあげて、だいぶ数が増えたので、遠いやつになると、海から2キロくらい離れた巣まで行くらしい。場所は、匂いとかではなく目で覚えているということで、迷ったり、右往左往しているやつもいて、これがまた楽しい!ちなみにペンギンは、リトルペンギン(最近はフェアリーペンギンとは言わないらしい)なので、20〜30cmくらい。それでも、ぴょこぴょことけっこうな速さで歩いて行く。ホント、撮影禁止が残念(それでも撮っている人もいたけど)だけれど、じっくり目に焼き付けたよ。
 開始が遅くなってしまったので、正直、時間が足りない感じだけれど、我らツアーは、当初予定通り21時に撤収。少し延長して欲しかった気もするけどまぁここから市内まで2時間近いドライヴだからやむを得ないのかな。帰りはホテルまで送ってくれて、23時頃に到着。事件もあったけれど、充実の1日。そして、明日はいよいよメルボルンカップ!

Image23

Image25

Image26

Image24

| | コメント (0)
|

2018/11/4:JALで行くメルボルンカップ観戦旅行(1)成田からメルボルンへ

◆横浜→成田→メルボルン:はれ:4767歩

 5時15分に目覚ましをかけておいたけど4時には目が覚めた。6時32分発の総武快速線直通グリーン車で出発。N’EXに2本抜かれて2時間以上かかって空港第2ビル駅到着。本日は、J社なので、第2ターミナル。久しぶりのサクララウンジで、カレー、サラダ、ビアをいただき、11時発の773便で出発。非常口座席の窓側だから楽チンだ。

Img_3499

Img_3501

 メルボルンまでは10時間。時差は少ないので、昼間ほぼ乗り通しということで、Wifi16.80USDを購入。ISDNなみの速度だけどね。その後、「カメラを止めるな!」が演っていたので、初観戦。うん、たしかにおもしろいね。

Img_3503

 赤道を越えて南半球へ。到着前の軽食に、選択の余地もないまま吉野家が登場。これは素晴らしい。A社だとだいたいぱっとしないオムレツとか、ぱっとしないお粥とかだからね。紅生姜、七味に、ご丁寧に液状の玉子まで用意されているからすばらしい。

Img_3504

 時計を2時間進めて、少し遅れて23時15分到着。深夜にもかかわらず入国がけっこう混んでいて時間がかかる。さすがにこの時間から市内へ出るのは面倒なので、空港前のパークロイヤルさんを1日だけ奮発。こういうホテルは、立地にあぐらをかいてサービスいまいちというところも多いけれど、目の前だからとにかく便利は便利だ。24時ごろチェックイン。せっかくバスタブ付きなのに、今回は入浴剤を忘れてしまった。湯船で温まって、疲れを癒して早々に就寝と思ったら、うしという方の日記が突然1ヶ月分更新されていて、熟読しているうちに2時を過ぎてしまった。

Img_3507


| | コメント (0)
|

2018/11/3:オールブラックス来たる!

◆横浜→調布→横浜:はれときどきくもり:8470歩

 今週は秋らしい気持ちよいお天気続きで、晴れの特異日の文化の日の今日もよいお天気。
 本日は、味の素スタジアムでラグビーということで、その前にランチでもということで、布田駅で待ち合わせ。布田というのは、調布のひとつ手前で、深大寺や野川も近くてのんびりしたところなのだけれど、いかんせん鈍行しか停まらないので、かなり不便。渋谷から井の頭線でも新宿経由でも乗り換えの回数ばかり増える。結局、12時待ち合わせなのに、10時30分のみなとみらい線急行で出発して、武蔵小杉から南武線、稲田堤から京王稲田堤まで歩いて、調布でまた乗り換え。
 食べログで適当に選んだ「鎌倉やさいとriche」さんは、12時の開店と同時にけっこうなにぎわい。ラグビー参戦を控えたニュージーランドの方の姿も。スープ、デザート、飲み物付き1200JPYのランチは美味しくてリーズナブル。+200JPYでスパークリングワインもうれしい。同級生の息子が侍JAPANだ問題、テレビが思ったより安くてやる気が出てきた問題、斉藤こずえさんと行くと食事が全部ついてて安心だ問題、インスタで画像を分割して組み合わせるのはダメだ問題など検討して、いよいよ味の素スタジアムへ。布田の駅は、地下化して密封型のホームドアがついたのだけれど、列車到着前からすごい風の音がして驚く。1年半ぶりの味スタ、今日はオールブラックス戦ということで、 チケットもいいお値段なのだけれど、さすがにお客さんが多く、盛大。一番安いカテゴリー4にしては、見やすいお席。なんとかハカに間に合った!

Image1

Image2

Image3

Image4

Image5

◇2018/11/3:●日本 31-69 ニュージーランド(調布)

 ここ数年、ラグビーの試合をけっこう見てきたけれど、やっぱり小生のような初心者こそ、トップレベルの試合を見るのが大事なんだねと思った試合。ラグビーってこんなにおもしろいんだ、すごいんだっていうのを実感した試合。アイルランド戦のときは、体格とかパワーの差で負けた感じで、今日もてっきりそうなるんだろうと思っていたら、パスの速さもキックの正確さも、そして何より足の速さが桁違い。あれよあれよとやられてしまう。日本もけっこう攻撃はがむばって、前半3トライ、後半2トライだから十分見せ場も作ったし、よくやったと思うけれど、やっぱりラグビーは、オールブラックスなんだ!世界のトップはこうなんだ!っていうのを強く感じた試合。しかも、これでも若手中心っていうから恐ろしい。でも、ワールドカップの1年前に、過去最多の43,751人のお客さんを集めて、世界のトップ相手に力の差を見せられつつも健闘したことは決して無駄にはならないよね。あと1年、さらなるレベルアップを期待しつつ、本番を楽しみにしたい。
 そういえば、試合前に、場内MCがないと初心者はつらいかなって思ったけど、全然そんなことなくて、余計な演出なしで、試合に集中できた。素晴らしい試合に余計なものは不要ということだよね。
 あ、kecoさん曰く、本番までに、女子トイレの和式は洋式に改装した方がよいとのことなので、そこはよろしく。

Image6

Image7

Image8


| | コメント (0)
|

2018/11/2:紅葉の山中湖へ

◆箱根→山中湖→横浜:はれときどきくもり:5460歩

 5時45分起床。6時朝風呂。7時半朝食。また卓球。また大敗。部屋に戻って、また麻雀。。。今度は、一応トップだけれど、リーチ・中と、リーチ・一発・ドラ1だから、昨日から一度もまともな役ができずに終わってしまった。ひどい。

Image1_2

Image2_2

Image3_2

 10時半チェックアウト。138号線で御殿場を経由して山中湖へ。3人は、知人の別荘に1泊するとのことで、小生は夜までつきあう。箱根もきれいだったけれど、山中湖は紅葉のピークといってもいい感じ。さらに、日経プラス1で2位にランクされたすすきの名所、パノラマ台へ。富士山が見えないのが残念だけれど、なかなかの眺めだ。

Image4_2

Image5_2

Image6

Image7_2

Image8_2

 知人の別荘でひと休みしてから、忍野八海へ。きれいな湧き水に景色が映り込んだりしてなかなかよいけれど、ここはとにかく中国の方が多い。お土産やさんなど店員さんも中国の人だ。まぁ、にぎやかなのはいいけれど。
 早めの夕食は、キャンティ・コモ。ここは人気店で何でも美味しいけれど、カニを丸ごと北京ダック風に包んで味噌をつけて食べるやつが名物で特に美味しかった。

Image9_2

Image10_2

Image11

 山中湖畔から、横浜駅西口への高速バスが1日3便だけあって、18時24分のバスで帰る。山中湖からの乗車は4人だったけれど、河口湖始発なので、すでにけっこう乗っていて、御殿場でも乗車してけっこうな乗車率。平日ということで、大和トンネルの渋滞もほとんどなく定刻より15分くらい早く到着。ドキュメント72時間・東京駅・銀の鈴を見て就寝。


| | コメント (0)
|

2018/11/1:卓球大敗、麻雀中敗

◆横浜→箱根:はれときどきくもり:6279歩

 6時ごろ起床。野菜ジュース、納豆ご飯、ふるさと納税の栗山町のメロン。今日はディアナのお当番なので、昨日の残りのお肉をじうじうと焼いて、ゆで卵と、たくわん、鮭のフレークで、男子隠居弁当。特急ひばりのお弁当箱に入れて出発。

Image2

Image3

 途中、例によって、東証をチェック。NY続伸で安心していると、含み損が急増。いったい何ごと?と思うと、ドコモが大暴落。菅官房長官の言いなりになるような昨日の値下げ発表が強烈に嫌気されたようで、自社株買いではごまかせなかった模様。いくらなんでも下げすぎと思い、買い足すと、午後からさらに暴落。手がつけられない。やけくそでKDDIも買う。
 16時に閉店して、急いで横浜駅へ。予定より一本早い16時13分の東海道線に間に合った。グリーン車でコーヒーで一服して、小田原から箱根湯本までは、たまたまロマンスカーが最初に来たけれど、これは乗車券+200円で乗れる。湯元で乗り換えて大平台へ。

Image4

Image5

 駅から徒歩5分のみなと荘に到着して母と妹と姪っ子に合流。港区の保養所で、港区在住の高齢者はめちゃくちゃ安く泊まれるという。有名建築家の設計で、かなり贅沢な作りで、運営は富士屋ホテルに移管しているというからこれも贅沢で、食事も美味しい。温泉は露天風呂もあって、湯加減もすばらしい。母と妹は以前から愛用していたとのことで、今回、小生も緊急招集。隠居の目的のひとつには、まぁみんな元気なうちに、母や妹との時間をもっと取ろうということもあったので、ちょうどいい。

Image8

Image9

 館内はフリースペースも広くて、卓球場も2面。それはいいのだけれど、シングルスで姪っ子に6ー11で完敗。姪っ子と組んだダブルスでは、母と妹のペアに、12ー21、19ー21で連敗。
 で、これも広いお部屋には、すでに麻雀卓も置かれていて、姪っ子に教えながら3人麻雀をやっていたという。卓球はともかく、麻雀は、いくら何でもこのメムバーならと思うが、全く上がれず、ノーフォーラでオーラスを迎えて白のみでかろうじて焼き鳥脱出。あまりにも見苦しい。。。

Image10

Image7

| | コメント (0)
|

« 2018年10月 | トップページ