2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2019/2/4:ヨコハマストロベリーフェスティバルに参戦♪ | トップページ | 2019/2/6:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(2)いよいよキャンプ見学! »

2019/2/5:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(1)アリゾナへ!

◆横浜→成田→サンフランシスコ→フェニックス→スコッツデール:くもり時々はれ

Image4

 例によって1時に目が覚めて、その後、ネットをいろいろチェックして眠れなくなる。ちょうどアメリカは朝だからそのまま起きてしまえば事前に時差の調整完了という気がしないでもないけれど、明け方二度寝して8時起床。野菜ジュース、いちご、ブルーベリー、ヨーグルト、ハムエッグ、フレンチトースト、コーヒー。
 ホルニッセ号、引退レース大敗を確認して出発。横浜発12時11分の横須賀線で成田空港へ。いよいよ「ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナフェニックスキャンプ応援ツアー7日間」のスタートだ。

Image1

 久しぶりの団体ツアーだけれど、団体カウンター集合とかではなくて、事前にeチケットをいただいて、ANAサイトで事前座席指定、オンラインチェックイン、当日も各自出国で搭乗ゲートへ集合。しかも本体は札幌出発で、小生は途中参加。
 だいぶ早いので、ANAラウンジでゆっくりしようと思うと、ほとんどの席に電源がない。今どき電源のないラウンジなんて聞いたことがないよ。搭乗ゲートの待合室だって、電源くらいあるもんね。しかも本拠地の成田だよ。考えられない。旅立ちの気分が高まってこないよ。

Image2

 仕方がないので、早めに41番搭乗口へ。こずゑさんや添乗員の方々も札幌から来るようで、姿がみえない。搭乗券はあるから乗ってしまえばいいんだけど、何やら心細くなってきたところで、ようやくそれらしき方を発見して、ツアーグッズをいただき各自搭乗。カウンターでプレミアムエコノミーへのアップグレードが提案されたのだけれど、真ん中席だったので、断念して、エコノミーの通路側で出発。周囲の席には、同じグッズを持ったそれらしき方がいるけれど、まだ全貌はつかめない。

Image5

Image3

 サンフランシスコまでは、追い風で9時間弱。時計を17時間戻しての現地時間夕方発の朝着。東向きの時差調整は難しいけれど、このパターンは本当はさっさと寝てしまうのがよい。しかしながら、お飲み物やらお食事やらで3時間くらいかかってしまい、さぁ寝ようと思っても結局眠れない。幸い、機内オーディオが充実していたので、中島みゆき聞いて、中森明菜聞いて、ユーミン聞いて、BOOWY聞いて、竹内まりや聞いたら、もう機内が明るくなって朝のお食事。途中なんか2,3曲抜けた気がするから10分くらいは眠ったのかもしれぬ。

Image6

Image7

Image8

 飛行機を降りたところでこずゑさんも含めて全員集合して、点呼などとって、ようやくツアーらしくなってきた。半年ぶりのサンフランシスコ国際空港は、機械で入国手続きして、半分くらいの人が×になって人のいる列に並ばされるおなじみのパターンだ。
 今回は乗り継ぎなのだけれど、荷物もいったん取らされて、再チェックイン。あんまり意味ないよね。国内線ターミナルへ移動、なつかしいヤンキーカフェの前を通って83番搭乗口へ。団体行動は時間かかるから、2時間の乗り継ぎを心配していたけれど、全然大丈夫だった。UA1139便でフェニックスへ。飛行2時間熟睡、時計を1時間進めて14時すぎに到着。

Image9

 ここでビッグホリデーのYさんがお迎え。こずゑさんの事前資料で、「狩人のお兄さんに似てます(狩人知らない世代の方すみません)」とあって、狩人って、どんな顔だっけ?と思ってたけど、Yさん見たら、すぐに分かった。あ、狩人だ(^^)
 無事に荷物を受け取って、いよいよバスへ。ここでなんだかんだとプチトラブルで出発が遅れたけど、まぁ、アメリカならこのくらいは仕方ないかな。砂漠の中の大都会といった感じの雄大な景色に虹もかかってビューティフルだ。ただ、覚悟していたとはいえ、寒いよ。15度くらいだと思うけれど、名護の涼しいときと同じくらいだよ。長袖にジャムパー。夜はもう1枚いりそう。

Image10

Image15

 途中、エンゼルスがキャンプ予定のスタジアムへ。メジャーのキャンプは2月後半からなので、まだ球場準備中というところだけれど、中へ入れてもらえた。もうすぐ大谷くんもここでリハビリに励むのだろうか。芝の緑がなんとも美しくて日本とちがうんだよねぇ。

Image14

Image13

Image12

 ファイターズのキャンプ見学は明日からだけれど、下見をかねてバスはソルト・リバーフィールドへ。段取りがちがったようで、現地係員とファイターズ関係者に怒られて早々に撤収。ようやくホテルへチェックイン。

Image17

Image16

Image18

 夕食まで1時間弱しかないので、とにかく入浴。浅いけれど、バスタブがあってよかった。お部屋もまぁ悪くないし、Wifiも快調。ロビー横には専用のツアールームを確保してくれて、お水もいただけるので安心だ。
 18時に出発して、ステーキハウスへ。渋滞の中わざわざ30分くらいかけて行くのだけれど、19時の予約なのに、19時半まで入場できず。このお店は、ツアーで毎年のようにトラブルがあるとのことだけれど、アメリカらしいステーキを食べてほしいので、はずせないのだという。

Image20

 11オンスだから300gちょっと?赤身だからなんとか食べられたけどね。ミラーライトのビアで乾杯して、ベークドポテトとインゲン?こずゑさんは、予想通り、なかなかの飲み役のようで、このツアーは、アルコールも含めてフリードリンクというからすばらしい。こずゑさんを囲んでの記念撮影、さらにファイターズDEナイト用の現地収録も。
 ようやくメムバーの全貌がわかってきたけれど、総勢32名で、男女比は、1:3くらい。おひとりさま参加も半分くらいいそうだけれど、リピーターがけっこう多く、知り合いになっている方もいるようだ。60代の方が多そうなので、平均年齢も50を超えてそう。しかし、強行軍の長い1日、ステーキをぺろりと平らげている方も多いので、みなさんお元気だ。

Image19

 小生もなんとか11オンスいただいて、21時半頃にホテルへ戻って解散。ロビーでコーヒーをいただいてお部屋へ。長い1日がようやく終了。

Image21

« 2019/2/4:ヨコハマストロベリーフェスティバルに参戦♪ | トップページ | 2019/2/6:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(2)いよいよキャンプ見学! »

野球」カテゴリの記事

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの記事

旅・海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019/2/4:ヨコハマストロベリーフェスティバルに参戦♪ | トップページ | 2019/2/6:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(2)いよいよキャンプ見学! »

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録