2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/1/19:吾妻山公園に参戦♪

◆東京・横浜:はれのちくもり:8525歩

 6時50分起床。いちご、バナナ、ヨーグルト、ブロッコリー、チーズトースト、コーヒー。

 教会に行く母と別れて、品川駅へ。当初は、帰宅してひきこもりの予定だったけれど、雨上がり雲ひとつない快晴となったので、二宮まで東海道線に乗って、吾妻山公園に参戦する。車窓からも富士山がみえるので、これなら大丈夫そうだ。

Image12_20200119163401

Image6_20200119163401

 駅前からおなじみの階段を300段。日曜ということで、なかなかのにぎわい。年輩の方々を追い越して軽快に登っていくも、中盤で一杯に。。。

Image2_20200119163401

Image9_20200119163401

 なんとか頂上へ到達。雲もほとんどなく、菜の花も満開で最高のタイミング。本格的なカメラを抱えた方、ペットを連れて楽しむ方など様々。風もなく穏やかでいい気持ち。ビアでも持ってくればよかったかな。

Image_20200119163401

Image4_20200119163401

Image1_20200119163401

Image10_20200119163401

Image5_20200119163401

Image11_20200119163401

Image14_20200119163401

Image3_20200119163401

Image8_20200119163401

 小1時間堪能して、下山して、帰りのグリーン車でビア♪途中、茅ヶ崎付近で、サフィール踊り子を発見♪

Image13_20200119163401

Image7_20200119163401

 帰宅して、16時10分すぎ、ほぼ同時に、勢6敗、バルコラベーロ号大敗。寝よう。

Photo_20200119163401

 

2020/1/16:首都圏外郭放水路に参戦!

◆横浜→春日部→大宮→横浜:くもり時々はれ:11865歩

 二度寝、三度値して、久しぶりの目覚ましが鳴る直前、6時43分起床。野菜ジュース。朝風呂。昨日のチャーハン、梅干し、漬物、豚汁。

 8時すぎの上野東京ラインで出発。ラッシュのピークの上り電車は久しぶりだけれど、15号車は、まぁ身動きとれないほどではなかった。新橋で座れて、浦和付近で先行列車安全点検で少し遅れて大宮到着。

 大宮からは、東武野田線改め、アーバンパークラインさん。岩槻、春日部を過ぎて、南桜井駅で下車。もちろん初めて。ここからイオンバスで10分。本日の目的地は、首都圏外郭放水路・龍Q館。以前から気になっていた地下神殿へ待望の初参戦だ。

Image7_20200116190301

Image22_20200116190301

Image5_20200116190301

Image1_20200116190301

Image23_20200116190301

Image28_20200116190301

 利根川、江戸川、荒川に囲まれ、何度も水害に見舞われてきた中川・綾瀬川流域を洪水から救うために作られた首都圏外郭放水路。国道16号の地下50mに延長6キロのトンネルを掘り、中川ほかの河川の水を5本の立坑から流して、調整池にためて、ポンプで江戸川へ流すという壮大なプロジェクト。昨年の台風19号と翌週の大雨でも大活躍したとのことだ。

Image24_20200116190301

Image25_20200116190301

Image14_20200116190301

 見学コースはいくつかあって、事前予約制。もっともオーソドックスな11時からの地下神殿コースに参戦。昨年来の水害で注目が高まり、見学者も増えているとのことで、ガイジンさんも含め40名くらいはいるようだ。

Image6_20200116190301

Image21_20200116190301

Image20_20200116190301

 龍Q館内で概要の説明を受けて、いよいよ地下神殿・調圧水槽へ。116段の階段を降りると。。。いやぁ、これはすごい!

Image19_20200116190301

 長さ177m、幅78m、高さ18mの巨大水槽。実際、何度もここに盛大に水が溜まったというからすごい。そして、土砂を取り除くために、年に何度かブルドーザーを降ろして掃除しているというのもびっくりだ。スマホ用アプリがあって、カメラで背景を映すと、水が入ってくる様子を体験できるのもおもしろい。

Image26_20200116190301

Image18_20200116190301

Image3_20200116190301

Image29_20200116190301

Imagea

Imagea1

 さらに立坑の見学。高所恐怖症の小生には、これは怖いよ。。。手すりにつかまりながら恐る恐る。。。他の4つの立坑は、河川の水を受けるためだけれど、ここにある立坑は、トンネルを流れてきた水が上がってきて水槽にたまるところ。3センチの網をくぐって魚が入ってくることもあるらしく、その後に数十センチに育ったこともあるとか。立坑をじっくり見学するコースもあるようだけど、小生には無理だわ。。。

Image11_20200116190301

Image9_20200116190301

Image31_20200116190301

 1時間の見学を終えて、帰りはバスで春日部へ。せっかくのアーバンパークラインなので、鎌ヶ谷に転戦してヤングの自主トレでも見ようかと思ったけれど、実はかなり遠いようなので断念して大宮へ。となれば、せっかくなので、てっぱくに参戦。まずは2階の日本食堂さんで遅めのランチをいただく。

Image2_20200116190301

Image15_20200116190301

 平日の昼間ということで、ゆったりと観戦して、suicaペンギングッズなども散財して、上野東京ライングリーン車でゆったり帰宅。

Image_20200116190301

Image12_20200116190301

Image4_20200116190301

Image13_20200116190301

Image10_20200116190301

Image16_20200116190301

Image17_20200116190301

Image27_20200116190301

 

 

2019/11/1:天山湯治郷を堪能♪

◆横浜→箱根湯本→横浜:はれ:7555歩

 7時半起床。野菜ジュース、ハムエッグ、ザーサイ、きゅうり、納豆、玄米。

 今日も気持ちのよい秋晴れということで、9時発の東海道線グリーン車で小田原へ。小田原からは、箱根登山鉄道、200JPYで小田急のロマンスカーに乗れる。台風の被害で、箱根湯本から先は運休中だが、湯本は大きな被害はなさそう。強羅方面への代行バスには、外人さんも含め長い行列。

Image4_20191101185601

 温泉街シャトルバスB線で、久しぶりに天山湯治郷へ。あいかわらずここのお湯はいい。そして、湯上がりのラウンジというほどでもないのだけれど「まちあいどこ」もいい。ポカポカ陽気。缶ビア。

Image_20191101185601

Image5_20191101185601

Image7_20191101185601

 お昼は、別棟の蕎麦屋「すくも」さんへ。過去2回は、定休日にあたってしまっていたので、待望の初参戦。ここの蕎麦がまた旨い。いや、これは旨いよ。おろしそば1000JPYをいただいたのだけれど、あまりに美味しいので、お蕎麦をおかわり。500JPY。

Image6_20191101185601

Image3_20191101185601

 さらに別棟の「かよい湯治一休」へ。こちらは、大きな檜風呂からの眺めがいい。極楽だよ。

 天山に戻って「ざしきぼっこ」でうたた寝して、第3回入浴を済ませて、シャトルバス、箱根登山鉄道、湘南新宿ライン特別快速と乗り継いで17時すぎには帰宅。あまりメジャーじゃないけれど、ここはホントくつろげるよ。

Image2_20191101185601

 シウマイ弁当をいただきJSPORTSで3位決定戦を堪能して早々に就寝。

Img_1835

 

 

2019/7/23:朝風呂、麻雀、卓球、花札。

◆箱根→東京→横浜:くもり時々はれ:3345歩

 6時起床。

 母「あんまり眠れなかった。」

 妹「怪獣みたいないびきかいてたくせに何言ってるんだ。お兄ちゃん、隣でよく眠れたね。」

 ということで、とりあえず朝風呂。ここの温泉は適温で、露天風呂もホント気持ちいいし、男性客が少ないので、空いてるから実にゆっくりできる。

 ほんの少しだけめいっこの夏休みの宿題をみてから、朝食は洋食。食後に第3回麻雀、第2回卓球、第1回花札。11時チェックアウト。

Image11_20190723190601

Image12_20190723190601

Image13_20190723190601

 御殿場アウトレット参戦のプランもあったのだけれど、断念して、小田原方向へ山を下って、小田原厚木道路から東名へ入って、海老名でラーメンをいただき、目黒駅で解散。深夜のブラタモリ再放送に備えて昼寝。

Image14_20190723190601

 

 

2019/7/22:ポーラ美術館に参戦♪

◆横浜→川崎→箱根:くもり時々雨:4102歩

 一夜明けて、選挙結果について、細かいところではいろいろあるけれど、まぁ、総論としては遺憾の一言に尽きるので詳細は割愛して、8時52分発のみなとみらい線で自由が丘経由、たまプラーザへ。母、妹、めいっこと合流して、妹の運転で東名を西へ。

Image1_20190723185501

 御殿場インターから、箱根の山へ分け入って、ポーラ美術館に参戦。実はここは初めて。おなじく印象派が充実しているひろしま美術館とのコラボ企画で、「印象派、記憶への旅」が開催中。ひろしま美術館も行ったことがないので、ありがたい企画である。

Image2_20190723185501

 ランチを先に済ませてから、モネ、ゴッホ、シスレー他、多数の印象派を堪能。広々とした館内に多数の作品があって、平日ということでゆったり鑑賞できるのもありがたい。一部作品をのぞき撮影もOK。しかしながら、母といっしょに観ることはめったにないし、モネ好きになったというめいっこともいろいろ話しながら鑑賞していると、

Image3_20190723185501

「館内、声が響きますので、もう少しお静かに・・・」

 と。。。

 母は普段は声大きいけど、この時は、それなりに静かに話していたよ。だいたい、音楽会じゃないんだから、そんなに無言で鑑賞する必要ないでしょ。日本の美術館って、ホントおかしいよね。オルセーやルーブルだって、普通にぎわって、ざわざわしてるよ。母は、アンケートで苦情を書いてたけど、こういうのって、館長とかは気にしてなくて、現場の係の人だけが勝手に静かにしなきゃいけないと思ってたりするから、変わっていってほしいよね。

Image4_20190723185501

Image5_20190723185501

 カフェで休憩してから、大平台のみなと荘さんへ。おなじみの港区の保養所で、母は安く泊まれるし、ゲストも2食付きで十分リーズナブルなお値段。それに、港区がバブル期に作った保養所ということで、部屋も広くて館内も充実。

Image6_20190723185501

 さっそく入浴。麻雀。夕食は赤ワインで乾杯して、おなじみの溶岩焼きをじうじうと焼く。食後の卓球はめずらしく好調。さらに第2回入浴、第2回麻雀は、めいっこの後ろについてコーチ屋。22時半すぎに就寝。

Image7_20190723185501

Image8_20190723185501

Image9_20190723185501

Image10_20190723185501

 

 

2019/7/6:江戸東京たてもの園を堪能♪

◆横浜→小金井→横浜:くもり:12158歩

 昨日の日記の最後に、「世論調査の結果を発表しないで当日を迎えさせてくれれば」って書いたばかりなのに、寝床で日経電子版をチェックすると、いきなり「自公、改選過半数の勢い」って、いくらなんでもさぁ。どんな調査したんだか知らないけど、まだ自分の選挙区に誰が出てるか知らない人だっているはずだよ・・・

 湘南新宿ラインで上京して中央線に乗り換えて武蔵小金井駅。下車するのはたぶん初めて。駅南側には、高層マンションが建設中。

Image2_20190706181201

 kecoさんと合流して、西武バスで北上して、都立小金井公園、これがけっこう大きな公園なのだけれど、その中にある、江戸東京たてもの園さん。江戸東京博物館の別館ということで、本館に行ってからずっと気になっていたのだけれど、待望の初参戦。

 明治村の東京版という感じで、広い敷地の中に、江戸から東京の貴重な建物が多数復元されていて、中にも入れるので、かなり楽しい。

 まずは、西ゾーン。「田園調布の家」は、関東大震災後に田園都市構想の元に開発された当時の郊外住宅。今でも軽井沢の別荘地にでもいけばありそうな感じの家。その隣は、上大崎にあった前川國男さんの自邸で、戦争中に建てたので、制限がいろいろ厳しい中でも、工夫された間取り。

Image3_20190706181201

Image4_20190706181201

 さらに奥には、茅葺き屋根の江戸の農家もあって、かまどに火が入っている。それぞれの家には、ボランティアの方がいて、いろいろ教えてくれるのだけれど、おしつけがましくなく、自然な感じでとてもいい。

Image5_20190706181201

 センターゾーンのハイライトは、高橋是清邸。赤坂の公園はおなじみだけれど、あそこから持ってきた家は、想像以上に大きい。邸内には、彼の歩みが書いてあったけれど、けっこう波乱万丈な人生だよね。小説とかないのかしらん。

Image7_20190706181201

Image6_20190706181201

 そして、東ゾーンは、戦前から戦後の東京の町並みが再現。銭湯、花屋、荒物屋、乾物屋、醤油屋などなどあって、これがまたkecoさんになじみのある神田周辺とか、小生の実家近くの白金近辺のお店がけっこうあってより楽しい。内装もなるべく当時を再現していて、「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」のポスターなんかもあったりしてね。60代以上で東京育ちの人だったら、ホント、かなり楽しめると思うよねぇ。

Image10_20190706181201

Image11_20190706181201

Image12_20190706181201

Image13_20190706181201

Image14_20190706181201

Image15_20190706181201

Image16_20190706181201

 最後に西ゾーンの洋館内のカフェでハヤシライスとアイスコーヒーをいただき休憩して、帰りは、公園前の玉川上水沿いに少し歩いてからバスで武蔵小金井の駅へ。天気もなんとかもってくれてよかったし、実に楽しかった。

Image18_20190706181201

Image17_20190706181201

 それにしても、ここは1993年に開設されてたっていうのに全然知らなかったよ。もっと人気が出てもいいと思うよねぇ。ガイジンさんにもオススメなのにほとんどいなかったし。たぶん前にやってるんだろうけど、ぶらぶら美術館あたりで、山田五郎さんあたりにじっくり解説してもらいたいものだねぇ。

Image9_20190706181201

Image8_20190706181201

 

 

 

 

2019/6/13:イングリッシュガーデンへ参戦♪

◆横浜:はれ:11547歩

 6時45分起床。野菜ジュース、ヨーグルト、チョコチップメロンパン、コーヒー。

 梅雨の中休み。フクシアでボランティア保険の加入手続きをしてから、おなじみのイングリッシュガーデンまで歩く。バラが終了したばかりだけれど、今度は、あじさいフェアでにぎわっている。最近、傘を飾るのも流行ってるよね。

Image1_41

Image2_41

Image5_42

Image6_42

Image8_35

Image9_32

Image10_29

Image7_39

 近くまで来たので、お客さんとしてディアナに寄ってアイスティーをいただく。お当番のFさんと1ヶ月ぶりに雑談。なんとジンバブエ&南アフリカ1週間の旅に行って、サファリとヴィクトリアフォールを見てきたとのこと。まったくもって油断できない。来週からは、さくらんぼ積みのボランティアで山形へ1週間泊まりこむとのこと。ホント、アクティブな方である。

Image11_26

 東証続落。午後は読書。かねがね気になっていた、中公新書、西野智彦著「平成金融史」を読了。著者は、時事通信~TBSの記者とのことだけれど、期待通りの読みごたえ。これはおもしろいよ。西暦で生活しているので、”平成”でくくることにあまり意味はないと思っているけれど、日本の金融問題の歴史は、平成の歴史とほぼ重なるからね。平成元年末の株価最高値から、ひたすら危機の戦い。

 尾上縫とか、東京協和信用組合とかコスモ信用組合とかなつかしい名前も出てくるけれど、なんといっても、ハイライトは、平成9年(1997年)。11月に三洋証券、拓銀、山一証券が終了。3連休に北の大地に行くときの日経朝刊を思い出すよ。

 どうやら11・26が勝負の1日で、ここでひと山越えたようだけれど、その後も、長銀、日債銀、りそななどと続いていくよね。でも、これを読むと、大蔵省や日銀がいろんな策を考えるけれど、公的資金導入は、結局は世論との戦いで、そうなると、なんだかんだ最後は政治決断なんだよね。うまくいったものもあれば、結果的にうまくいかなかったものもあるけれど、橋本さん、宮沢さん、野中さん、梶山さん、柳澤さん、竹中さんetc、みんなそれなりに腹をくくって、厳しい決断を下してきてるよ。もう少し評価してあげていいと思うし、それに比べると、金融機関の経営者の方は、無能で器が小さい感じが否めないね。まぁ、小生も、95年頃は、住専に税金とかありえないだろとか思って、青島さんとか応援してたからえらそうなことはいえないけどさ。

 

2019/6/11:明月院〜鎌倉文華館へ

◆横浜→鎌倉→横浜:くもり時々はれ:14009歩

 6時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、フルーツミックス、ハムエッグ、漬物、ひじき、納豆、味噌汁、玄米。

 オホーツク高気圧優勢で涼しいけれど、雲が切れて晴れ間が出てきた。この時期は、ホント、天気予報が難しいんだよね。西から変わるわけじゃないんでね。

 10時からディアナでお当番。ありがたいことに、ご近所の御婦人がレンタルボックスの商品をいろいろとお買いあげ。

 13時でみっちゃんと交代。天気がなんとか持ちそうなので、バスで保土ヶ谷へ出て、横須賀線で北鎌倉へ。

 まずは、紫陽花の名所、明月院へ。いろんな色があって美しい。さすがになかなかのにぎわいで、御朱印は30分待ち、おなじみの丸窓も撮影の方が行列。

Image1_40

Image2_40

Image3_39

Image4_41

Image5_41 

Image6_41

Image8_34

 鶴岡八幡宮方向へ歩いて、鎌倉文華館鶴岡ミュージアムが今日のおめあて。惜しまれつつ閉館した旧神奈川県立近代美術館鎌倉が、リニューアルされて復活。コルビジェ風のモダニズム建築は、弟子の坂倉準三の設計。晴れ間も出てきて、モネっぽい池の向こうに白い建物が映えるね。正直、中の展示の方はまぁどうでもいいんだけど、一応入場。

Image13_17

Image10_28

Image9_31

Image11_25

Image12_21

 駅へ向かう途中に、老舗の天ぷら屋さんを発見。食べログ3.4の「天金」さんにて、天丼をいただき、16時すぎには帰宅。

Image15_11

Image14_15

2019/5/17:横須賀スタジアムへ参戦♪

◆横浜・横須賀:はれ:8957歩

 7時半起床。野菜ジュース、ヨーグルト、ベーコンエッグ、鮭フレーク、しじみの佃煮、玄米、コーヒー。

 東証反発。ちょこっと利益を確定。

 お昼は今日もこんぴらうどんをいただき、夕方からお出かけ。京急で追浜へ。本日は、ファームのベイvsファイターズ戦、横須賀球場へ参戦だ。

Image1_30

 ヤングファイターズを見るなら、わざわざ鎌ヶ谷まで行かなくてもベイ戦で見た方が近くてラクということで、かねがねチェックしていたのだけれど、ようやく実現。もっとも、今日はなぜかナイター、しかも、ファイターズは吉田くん先発予定に清宮DHということで、にぎわいそうなので早めに参戦。追浜駅から海へ向かって12,3分歩いて球場へ。試合開始1時間前からけっこうな入りだよ。ビアを購入して1塁側後方へ。陽が傾いて、海からの涼しい風も気持ちいい。

Image2_31

Image3_29

Image4_31

◇2019/5/17:○ F 3-2 B(横須賀)

 国頭でみかけたような吉田くんめあてのカメラギャルもめだつのだけれど、バッテリーが発表されると、先発はなんと福田くん。場内ざわめく。どうやら体調不良で直前回避とのことで、残念。だったら、せめて柿木くんが見たかったというファンも多いと思うけれど、どうやら、福田くんは、北の大地生まれで星槎道都大だけれど、高校は横浜創学館の出身らしい。市の堺になっている川のすぐ向こうが創学館だから歩いて10分くらいだよ!庭みたいな球場じゃないか!

 ファイターズは、1番松本、3番清宮、4番横尾で、このラインナップなら何とかなりそうな気がするけれど、いい当たりもあるものの、ベイ飯塚を攻略できず。一方、ベイは、3番梶谷が三振ばかり。どうしちゃったのかしらん。

Image5_31

Image7_28

Image6_31

 5回に福田くんが捕まって2失点、6回に剛くんがホームランで1点を返す。ファイターズ2番手は、今日が誕生日の高山くん。たまたま抑えたけど、やっぱりちょっと厳しそうだねぇ。。。

 町中でののんびりしたナイター、鳴り物が一切なく、臨場感があって、周囲の常連さんの適度なヤジとマニアックな会話もいい感じだ。

 ちょっと寒くなってきたので、7回表で撤収。帰宅したら、なぜかはむほーだった。ベイ主催の横須賀のファイターズ戦、今シーズンまだ何回かありそうなので、また来たいね。

Image8_25

2019/5/13:江之浦測候所へ参戦!

◆横浜→小田原→真鶴→横浜:くもり:9647歩

 6時起床。朝風呂。野菜ジュース、ヨーグルト、パン、コーヒー。

 8時44分発の東海道線下り快速アクティー、4号車グリーン車で母と合流。無事にジパング倶楽部割引での事前購入に成功したようだ。

Image1_28

 あいにく雲は多いけれど、車窓に海を眺めつつ、根府川へ。東海道線屈指の車窓で有名なところだけれど、下車は初めてだ。

Image2_29

 駅前から送迎バスで、江之浦測候所へ。測候所といっても、気象台とかではなくて、ニューヨークを拠点に、写真、彫刻、建築その他に活躍している杉本博司さんが設立した小田原文化財団が運営する、ミュージアムというか、庭というか、そういうもので、母がぶらぶら美術館で観たということで、小生もよくわかってないのだ。

Image3_27

Image14_11

 事前予約制で、かんたんな説明だけ受けて、散策。みかん畑の向こうに海が見える傾斜地に、石舞台とか、ローマの劇場とか、茶室とかが配置されていて、石がふんだんに使われていて盛大。何言ってるかよくわからないと思うので、写真で。

Image12_16

Image13_13

Image8_23

Image10_20

Image11_18

 細長く伸びる建物は、冬至や夏至の日の出を意識したレイアウトで、そういう時期は、いろいろとイベントも行われるようだ。それにしても、これ、石を運び込むだけでも相当大変だし、お金かかってるよねぇ。このあたり、伊豆へ行く途中に何度も通った真鶴道路の山の上になるけれど、こんな盛大なものができてたとはねぇ。

Image9_22

Image7_26

 せっかくの絶景、ここにレストランやカフェが併設されてれば、と思うのだけれど、ポリシーなのか、そういうものは全然ないので、急な斜面を5分ほど下って、お隣の江之浦テラスへ。ここは、宿泊もできる施設のようで、当初は不安視していた母も、リーズナブルなビーフシチューとグラスワインで納得。もう坂は登れないということで、駅前に1台しかいないタクシーを呼んで、根府川駅へ。

Image4_29

Image5_29

Image6_29


 

 

 横浜駅で解散して15時前には帰宅して、大相撲中継。十両になんとか間に合ったけれど、勢2敗。稀勢の里の解説がいいね。現役時代のイメージとは全然ちがうねぇ。

 東証続落。令和5連敗。建山さんのラジオから谷村さんのラジオを聴いて、早々に就寝。

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録