2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/10/12:台風来たる。

◆横浜:雨:59歩:横浜の最大瞬間風速=43.8m/s

 8時起床。もちろん朝から雨。東北新幹線は動いてるようだから、行こうと思えば行けたよなぁ・・・とあきらめきれない思いもあるけれど、台風19号は着々と接近。静岡~関東上陸は不可避な情勢。

 暴風域ギリギリの京都競馬が開催。賛否分かれるところだろうけど、とりあえずグリーンチャンネルくらいしか見るものがないのもたしか。馬券は買わないけどね。芝2000mの2歳戦は、2分8秒4。ロンシャンもびっくりだ。

 ディアナの経理処理など済ませるとやることもない。風も強まってきて、海も視界不良だけれど、よく見ると、何やら巡視船が等間隔にいて、監視しているようだ。

Img_1582

 横浜市からは、おなじみの避難警報でスマホが盛大に鳴る。まぁ、こういうときは、高層マンションはある程度安心感があるけれど、さすがに管理業務もコンシェルジュも10時半終了。前回植木が盛大に倒れた正面玄関は14時から出入り禁止で各棟のサブエントランスのみ利用可とのこと。バルコニーを少し片付けて、指示にしたがって、換気システムのスイッチとやらをオフにする。

20191012-132313

Img_1583

 ひまっこなので、ハイボールをいただきながら、Nゲージなど動かしてから昼寝。

Img_1585

 夕方から、風雨いよいよ強まって、マンションも風で揺れた?と思ったら、なんと地震。。。横浜は震度3で我が家はほとんど体感なしだったけれど、来日しているガイジンさんなんかはびっくりしちゃうだろうね。おもてなしどころか大変な試練だよね。。。

20191012-174215

20191012-171624

20191012-183720

 19時頃に強い勢力のまま伊豆半島上陸。箱根の雨量はとんでもないことになっているし、各地の河川の水位も上がっているようで、まだ気づいていないだけで、あちこちでかなり被害がでているにちがいない。それにしても、ダムの放流を判断する仕事っていうのは辛い仕事だねぇ。。。

 21時頃が、もっとも接近したようで、なんと横浜で968.3hPa。資生堂のレトルトカレーとビア。ばんえい競馬に参戦するも小敗。。。

20191012-193530

Img_1591

 

2019/10/11:釜石断念。。。

◆横浜・川崎:くもり時々あめ:4854歩

 台風接近で、週末のイベント中止や交通機関の計画運休の情報が続々と入ってくる。ラグビーも明日の2試合は無念の中止。あらかじめ決めていたルールとはいえ、大学野球だって、翌日に順延されるんだから、4年に一度のワールドカップが荒天中止・引き分けというのは辛いよね。結果論だけど、各会場1日だけでも予備日を作っておくべきだったんだろうね。。。

 で、問題は日曜の釜石。1年半前からチケットをとって、1年前には、現地スタジアムで試合も見て、さらにホテルも早々にとって(一時はたくさん確保してずいぶん迷惑かけました)、シャトルバスもとって、1ヶ月前には新幹線をとって。。。

 当初のプランは、一ノ関から気仙沼へ入って、BRTで陸前高田へ。奇跡の一本松近くにオープンしたばかりの祈念公園を見学して前泊。翌日は三陸鉄道で鵜住居へ出て、ラグビー観戦という我ながらよくできたものだったのだけれど、さすがにこれは厳しそうなので、直前に変更。釜石のホテルにキャンセルが出たようなので、朝イチの新幹線で花巻経由釜石入りして、駅前のホテルにひきこもって翌日まで台風通過を待ってからシャトルバスでスタジアム入りというプランに。

 しかしながら、台風の進路予測は大きくは変わらず、強い勢力のまま土曜夜に関東直撃から東北への予報。日曜朝には、太平洋側へ抜けるけど、釜石はけっこう近い。

20191011-210657

 そして今日発表されたJR東日本の計画運休では、東北新幹線も釜石線も土曜は午前中まで。予定では、釜石着11:59の釜石線だから、計算上はギリギリセーフという見込みなんだけれど、う~ん、さすがにねぇ。。。ヘンなところで閉じ込められる可能性もあるし、試合の開催も微妙だし、台風が過ぎても傷跡は大きいだろうから、帰りはシャトルバスとはいえ、帰って来られるかどうかもわからないし・・・

20191011-210611

 日曜も午後になれば、台風一過の青空の下で、復興の象徴となるスタジアムですばらしい試合ができそうな気もするし、そうなって欲しいんだけれど、遠征となるとリスクが大きすぎるよねぇ。。。太平洋側は雨量も多くなるようで、岩手にも被害はでそうだし、よそ者が余計な迷惑かけるわけにもいかないし、なんかあったら、言い訳できないものねぇ。。。う~ん。。。無念。。。断念。。。ちょうど同じ頃に、2年前から計画していたやまちゃんさんも断念とのこと。無念。。。

20191011-210526

 えきねっとのチケットは、台風影響で無手数料払い戻しだっていうんだけれど、ネットで処理するとダメで、発券してみどりの窓口へ並べって・・・当然大行列だよ。320円のために30分も1時間も並びたくないよ。。。ホント、JRのシステムはダメだ。。。

20191011-154053

 帰宅して、あれもこれもキャンセル・・・それにしても無念だねぇ。。。あーあ。

 杉谷の記者会見で少し元気をもらって、早々に就寝。。。

Img_1575

Img_1581

 

2019/9/9:台風去る。

◆横浜:暴風雨のちはれ:6406歩:横浜の最大瞬間風速=41.8m/s、最高気温=34.0度

 早々に就寝して、風と雨の音で目が覚めると0時。まだピークの前のはずなのに、かなりの音だ。念のためバルコニーのプランターを少し片づける。

Img_0827

20190909-02610

 2時くらいから、あまり経験のないすさまじい音。気のせいかもしれないけど、マンション全体が揺れているような感覚。3時すぎには、最大瞬間風速で40m/s超え、1時間雨量も60ミリを超えたようだ。その後、眼の中に入ったのか、少し落ち着いた気がして、朝起きると、風は収まっていた。停電した地域も多かったようだけれど、拙宅は問題なく、購入したばかりの電源の出番はなかった。

Img_0828

20190909-73932

20190909-101443

 深夜ということもあってか、広範囲の停電はあったものの直接的な被害は比較的軽微に収まったようだけれど(まだ詳細がわからないだけかもしれないけど)、通勤時間帯に電車がほぼ全線ストップだから、通勤は悲惨なことになってるようだ。。。しかも月曜日だし、猛暑だし。。。現役時代は、こういう時は、かなり早起きしてなんとか出社したものだけれど、新幹線も含めて始発から全面運休じゃあ、どうにもならないものね。。。隠居はというと、野菜ジュース、ヨーグルト、ブルーベリー、アジの開き、豚汁、たくわん、納豆、玄米。隠居した理由のひとつに、限られた人生の残り時間に、1日2時間半の通勤時間がもったいなさすぎるからというのがあったのだけれど、こういう時はいっそうそう思うよね。。。

 東証続伸。上値追いの感はあるけれど、配当も近いので、順張りで少し買い足し。

 妹が来浜するというので、待ち合わせしておみやげを渡す予定だったのだけれど、とても無理ということで延期。横浜駅まで出てみたけれど、街路樹は倒れてるし、JRは11時になっても動いてないし、駅も道路も大変なことになっている。。。

Img_0830

Img_0831

Img_0832

 仕方がないので、MARKISで食材を調達して帰宅して、東京マーケットワイド、相撲中継。力士もなかなか到着できないので、午前中の取組は、到着できた力士から順番を入れ替えたりして、臨機応援に対応したらしい。

 夜は、ハイボールをいただきながら、世界ふれあい街歩きを見て、建山さんのラジオと谷村さんのラジオを聴いて早々に就寝のよてひ。

 

 

 

 

2019/9/8:台風来たる。

◆横浜:くもりのち時々雨:3461歩:横浜の最高気温=32.4度

 二度寝、三度寝して7時起床。朝風呂。野菜ジュース、アジの開き、漬物、味噌汁、納豆、玄米、コーヒー。

 台風接近で蒸し暑い中、ディアナでお当番。昼前に1回ザーッと降って、晴れたと思ったら、13時すぎにまた大雨。

 来客も少なく、もっぱら事務処理。16時くらいにまた大雨。17時に閉店して、なんとか帰宅して、ひきこもりの態勢に。

 沖縄の方からくる台風は、早くから情報もあるし、関東に来る頃には、ピークを過ぎていることが多いけれど、今回の台風は、日本の東海上から突然西へ向かって攻めてくるめずらしいルート。あまり衰えないまま関東を直撃するわけで、960hPa、40m/sくらいの勢力のまま上陸すれば、かなりの被害が出そう。風雨のピークは、深夜時間帯になりそうだけれど、すでにJR東日本は、明日始発から8時までの全面運休を発表とのことで、月曜の朝から通勤は、めちゃくちゃになりそう。隠居は高みの見物で申し訳ないけど、みなさん気をつけて。。。

20190908-174953

20190908-200514

2019/8/25:ANAビジネスクラスで行くカナダ満喫の旅(2)バンフでダブルレインボー♪

◆バンクーバー→バンフ:はれ:8657歩

 眠れず。年々時差ボケがひどくなっているけれど、今回は特に厳しい。延々悶々として明け方少しだけ眠ったらしいところでもう朝。日本の時間にするとこれからが夜なんだよね。

 日本人スタッフのいる朝食会場でコンチネンタルなブレックファストをいただき、チェックアウトして電車で空港へ。

 バンクーバーからカナディアンロッキーというのは、観光列車もあって楽しそうなのだけれど、曜日が合わなかったり、お値段がとても高かったりで断念。カルガリーへ飛ぶ。この区間、ANAのオープンジョーでは同時に買えなくて、エアカナダのホームページからの購入になったけれど、特に問題はなかった。スターアライアンスグループだからマイルはたまるようだ。

 荷物を預けるのが自動ということで、ちょっと心配だったけれど、カウンターでプライオリティのタグをつけてもらって、ドロップインということで、なんとかなりそう。国内線なので、あとはすんなり。1時間半のフライトで熟睡して、1時間時計を進めて、カルガリー空港へ。ベルトラさん経由の送迎サービスで、無事に日本人ガイドさんと到着ロビーで合流。

 バンフまでは、2時間近いロングドライブ。カルガリー五輪のジャンプ台を眺めて市内を抜けると、ハイウェイを飛ばす。このあたり先住民の居住地で、指定の地域内にいる限り、補助金の他、看板での広告収入権、カジノ運営権など、かなり手厚い保護政策がとられているとのこと。

Image1_20190902211401

Image2_20190902211401

Image3_20190902211401

 バンフ到着。まずはインフォメーションで国立公園入場料をお支払い。ツアーには含まれているけれど、個人旅行の場合は、個別に支払うようだ。バンフは、軽井沢や上高地のようなリゾートシティで、街はけっこうにぎわっているけれど、我らは街はずれの高級リゾートホテルリムロックさんへ参戦。ガイドさんはチェックインまで手伝ってくれて、いたれりつくせりだ。

 昨日とは一変、眺めのよい豪華なお部屋でひと休みしてから、まずは温泉へ。アッパー・ホット・スプリングスさんへは、徒歩5分と便利。温泉といっても水着着用で、まぁ、温水プールのようなものなのだけれど、けっこうなにぎわい。本来は硫黄の香りもするらしいのだけれど、塩素たっぷりということで、プールの臭いしかしない。まぁ、眺めはいいし、一応お約束ということでね。

Image5_20190902211401

Image4_20190902211401

Image7_20190902211401

Image6_20190902211401

 温泉の後は、バンフ・ゴンドラでサルファー山へ登る。バンフの街やボウ川、さらにはその向こうの山々まで一望できる。晴れていたのだけれど、にわか雨がパラパラ。そして山の上はさすがに寒い。

Image8_20190902211401

Image9_20190902211401

Image11_20190902211401

Image12_20190902211401

 展望レストランの窓際のお席でビアを飲んで、ブッフェをいただいていると、雨が止んでまた晴れてきたので、虹がでないかな?と期待していると、きれいな大きな虹が!太くて鮮明なので、7色がくっきりと判別できるよ。そして、しばらくすると、2本の虹が!これがダブルレインボーっていうやつ??ハワイとかでたまに出るって聞いたことあるけれど、これはすごい。2本目の虹は、色の並びが反対になるんだね。レストランのスタッフもテンション上がっていたから、けっこうめずらしいことみたいだよ。

Image13_20190902211401

Image15_20190902211401

Image14_20190902211401

 ゴンドラを降りる頃には、サマータイムの長い日も暮れて、2日目も無事に終了。

 

 

 

2018/10/1:台風一過でひきこもり

◆横浜・東京:暴風のちはれ:7124歩:横浜の最高気温=31.2度

 風の音で0時頃に目が覚める。ちょっと記憶にないレベル。横浜でも0時半頃に瞬間最大風速38.5m/sを記録。これは、歴代でも上位にランクされるようで、八王子など観測の記録がここ10年しかないところでは、歴代最高を更新したようだ。この時間、台風の中心は、岐阜あたりで、300キロくらい離れていてこれだから、中心に近いところは本当にすごかっただろう。

20181001_10046

 ライオンズが優勝していた。防御率最低での優勝は、いてまえ近鉄以来ということで、打線がすごかったのは間違いないのだけれど、打ちまくっていたのは、実は田辺時代も同じで、やはり辻監督の功績も大きいと思う。昨年の開幕戦、内野ゴロでどんどん進塁してホームインというのを見せられて、嫌なものが復活してきたなという印象を受けた。森を捕手として使い、脇役の源田と外崎も実に効いてるんだよね。戦力からみれば、オリックスあたりももっと早く監督を代えておけばという気もするけど、西村氏が浮上しているようでは、来年も安心そうだ。
 3時くらいには嵐は去って、二度寝で不快な夢を見て、三度寝して7時起床。南風が吹き込んで暑い。そして、早仕舞いしたJRは点検で始発からは動けず。月曜日からみなさん通勤大変そうだ。交通機関の乱れを尻目に朝食をゆっくりいただくのも隠居の特権。人間らしい生活だよ。

Img_2511

 今日は、神宮で平日の六大学というのを堪能しようと思っていたのだけれど、一転して真夏日となりそうなので断念。お天気に合わせてあっさり予定を変更するのも隠居の特権。
 ひまっこになったので、東証に参戦。BSで大谷くんの今季最終戦。まだ残っていたそーめんを茹でて昼ビア。東証続伸。終値でバブル後最高値更新。

Img_2516

 夕方、散歩がてら、関内まで歩いて、いきなりステーキさんをいただき、万国橋経由で帰宅。

Img_2529

Img_2531

 寝ながらiPadが疲れるので、amazonで固定するアームを買ってみたけど、使い物になるかしらん。
 
Img_2512

2018/9/30:台風接近でひきこもり

◆横浜:雨ときどきくもり:991歩:横浜の最大瞬間風速=35.6m/s

 今年は、まぁホントに自然災害が多いけれど、またしても台風24号接近。阪神競馬中止。九州にも四国にも上陸しない分、勢力が衰えないまま、関西を直撃するパターンだ。雨雲が北側に偏っているので、首都圏では大雨はなさそうだけれど、夜には風が強まりそう。
 
20180930

 というわけで、神宮の六大学なんかも早々に中止が決まっていたけれど、昼間は小康状態。野球できたね。秩父宮では慶応勝利、三ツ沢では横浜FC痛すぎる敗戦。
 暇っこなので、例によって、遠征の検討。一度購入した秋の札幌は、キャンセルして買い直すとだいぶ安くなった。もっともせっかく浮かせた1万円は、スプリンターズS大敗でチャラ。

Img_2509

 20時から首都圏JR運休。楽しみにしていたNHKスペシャルも台風情報で延期。早々に就寝。

2017/10/23:戦いすんで、嵐去って。

◆横浜・東京:あめのちはれ

 4時50分起床。台風は御前崎に3時に上陸というから、すぐそばにいるはずだ。さすがに風が強く、物でも飛んできそうで怖いが、なんとか駅までたどり着く。さすがの東急線も間引き運転、全列車各駅停車ということで、5時43分発の渋谷行きに乗車。東海道線や相鉄線はすでに終了気味のようだが、無事に多摩川を渡って一安心。中目黒から日比谷線。こちらも始発だからなんとか座れる。そして茅場町からの東西線も座れて、普段より15分くらい時間はかかったけど無事に会社に到着。雨も上がって、風もおさまってきた。

20171023a

20171023b

20171023c

 台風が去って開票もほぼ終了。夕方になってようやく最後の1議席が決まった。比例の配分はギリギリまで決まらないし、惜敗率との兼ね合いで誰が助かるのか、いつもドラマがある。最後の1議席は九州の社民党。なんだかんだ今回も2議席を維持したからしぶとい。九州・沖縄では、維新の下地氏が今回もしぶとく復活。この沖縄1区は、共産党が小選挙区で勝利した貴重な選挙区なのだけれど、負けた自民党も下地氏も復活で、前回に引き続き一つの選挙区からまたしても現職3人。。。
 比例といえば、予想以上に勝った党の候補者不足問題というのも毎回話題になるのだけれど、今回は突然の追い風の立憲民主党が心配されていた。事前の読みでは、東海がギリギリとみていたけれど、やはり小選挙区で2人勝ったので、候補が4人しか残らずもらえるはずの5つ目の議席が自民党へ。。。バカだなぁと責めるのは簡単なんだけれど、比例の供託金が600万もかかるんだよね。自民党とか旧民主党なら職員でも名簿に載せておけばいいんだろうけど、急いで作った枝野さんの個人商店みたいな党だからお金もないしね。小選挙区も含めて、ちょっと供託金が高すぎるよ。これじゃ、又吉イエスだって大変だよ。まぁ、幸福の科学からお金を吸い上げる効果はあるんだけど。。。
 小選挙区では、菅さんが決起大会でも心配していた神奈川6区で公明党が負けるとか、痛快弁士川内博史のまさかの返り咲きとか明るい話題も多少はあったけれど、いかんせん北関東、新潟を除く北陸、中国地方などで自民党がほとんど独占だからねぇ。まぁ、でも山尾さんが当選したからヨシとするか。主義主張はともかくスターなのは間違いないし、不倫は身内以外に迷惑かけてないんだからさ。

20171023d


2016/8/9:体操男子団体金メダル!!!

◆横浜・東京:はれ:横浜の最高気温=37.4度(観測史上最高)

 5時起床。時差がいけてない今回の五輪だけれど、なんとしても生中継で見たかったのは、体操男子団体。当初午前休の予定だったのだけれど、先月来バタバタしていて遺憾な状況に。それでも、幸いなことに、団体決勝は7時頃までに終わるようなので最後まで見られる。
 予選があまりにもあんまりで心配だったのだけれど、テレビをつけると、跳馬の最後の着地が決まって前半が終了したところ。どうも前半やや出遅れたようだけれど、各国得意種目が異なるうえに、ローテーションも違うので、状況がよみずらい。それでも、4種目目の平行棒が3人とも圧巻の演技。ここでロシアと1.3点の差に迫り、中国には3点の差をつけている。鉄棒で落下しなければ、ほぼいけそうだ!
 ドキドキの鉄棒。コールマンとかカッシーナのたびに祈るような気持ちになるけれど、無事に終わって、残りは床。計算どおりロシアは抜いて、中国が計算どおり迫ってきたけれど、最後が床ならもう大丈夫。そして、トップバッターの白井の圧巻の演技!!!
 予選4位だと、第5種目の鉄棒が同じ組の後半で、最終種目の床が前半になるので、時間もなく、全種目出場の内村はさすがに疲れているようだったけれど、もう大丈夫。感動のアテネ以来12年ぶりの団体金メダル!
 あの時のメンバーも、バランスがとれていてすばらしかったのだけれど、今回の5人もこれしかないという完璧なメンバー構成、だからこそどうしても金メダルをとらせてあげたかった。いやぁ、よかったよかった!これで内村も気持ち良く個人総合に進めるだろうし、若いメンバーは、東京五輪へ向けても大きな自信になっただろうし、体操ニッポン、これからもずっと楽しませて欲しい!

20160809
(2日連続の永久保存版!)


2014/2/14:ソチ五輪前半戦回顧

◆横浜→盛岡→横浜:ゆき:横浜の最大積雪28cm(15日1時)

 はやぶさ&スーパーこまちで盛岡往復。東北新幹線で東京が近づくにつれて雪が増えるという不思議な感覚。先週、45年ぶりの大雪を見逃したからもう一生見られないかと思ったら、なんのことはない2週連続で東京は27cmで横浜は未明には28cmを記録。なんとか帰宅して、いったん就寝して15日2時からフィギュア観戦。
 連日熱戦続くソチ五輪。時差が厳しいので、種目を厳選して予定表に記入しながら、チェックしてきたのだけれど、だいたい半分終わったところで、前半戦回顧。

・モーグル
 厳しいと思っていたので生では見なかった。生で見た人は最後のカーニーの得点にも、納得いかない歯がゆい思いをしたようだけれど、正直、前回上村選手が負けた時から、この種目の採点基準がよく理解できない。技を競うのかスピードを競うのか?だから今回もあまり熱くならないことにした。7−6−5−4−4の上村選手、あまりにも残念だけれど、メダリストと同じくらいみんなの記憶には残ってくれたでしょう。

・スノーボード
 前々回あたりから、いつも下馬評だけ高くて、期待裏切られて、前回は、国母選手問題なんかもあって、あんまり期待してなかったのだけれど、今回の2人は見事だった。こちらも採点競技だけれど、素人目にも、こっちの選手の方がすごいな!っていうのがわかって、採点結果とだいたいイメージがあってた。優勝した選手の一発大技は、たしかにすごかったしね。沙羅ちゃんが負けた同じ日の深夜、夜更かし(早起き)した多くの人たちが、若い2人のメダルに救われたよね。

・ジャンプ(女子)
 W杯13戦10勝の沙羅ちゃんの敗因は?オリンピックはそういうものだと言ってしまえばそれまでだけれど、正直、イラシュコ以外には負けないと思っていたし、メダルを逃すことはありえないと思っていた。勝ち続けてはいたけど、僅差になってきていたことで、プレッシャーが大きくなっていただろうし、そこへ、追い風が2回。当初の勢いなら、風の差があっても大丈夫だと思っていたけど、不利な風をひっくり返すほどの差はもうなかったということだろうね。伊藤選手も2回目のジャンプがすばらしかったので、惜しかった。ただ、女子ジャンプは、まだ歴史が浅く、若手がどんどん伸びているから、4年後どうなるかは正直、全然わからない。

・スピードスケート(男子500m)
 休日前夜22時からの放送ということで、楽しみにしていた中継のひとつ。上位選手大混戦で楽ではないとわかっていたけれど、その中に加藤、長島と2人入っていたし、メダル経験者だからその余裕がプラスになるのではないかと思っていた。しかし、結果は、オランダ1−2−3。長島、加藤を含む前回メダリスト3人が4−5−6位だから、実力者が力を出し切った上にオランダが強かったというしかない。ただ心配なのは、お家芸の男子短距離に後継者が育っていないこと。採点競技が多い冬の五輪で、数少ないタイムレース。アルペンは世界との差が大きいので、この種目は、これからも世界に通用する人材を輩出して欲しいのだけれど。

・フィギュア(団体)
 どうがむばっても4位なのかなと思っていて、結局5位。ただ、シングルのフリーが今いちだったので、すべてがうまくいけば3位の可能性はゼロではなかったのかもしれない。でも、個人への負担も考えると、正直、あんまり必要性が感じられないよね。せめて、個人種目終わった後にして、ジャンプの団体のように1日で全部やってしまうとか。

・複合(個人ノーマルヒル)
 開幕前の扱いは地味だったけれど、小生が今回は期待していた種目。放送も後半クロスカントリーはゴールデンタイムに見られた。ジャンプの貯金をなくさないように首位の選手と交代で引っ張って、とにかく早く2位以内を固めてくれ!と思いながらの観戦。最後の1周、けっこう後ろが迫ってきてドキドキしたけど何とか逃げ切れてよかった!ジャンプでは熱くなっていた荻原兄も、クロスカントリーの解説はだいぶ落ち着いていてよかった。(BS観戦なので、弟の号泣は知らない)走力重視の今のルールでの2位は立派。まだ、ラージヒルもあるし、他の3人もジャンプは好調なので、団体も楽しみ。

・フィギュア(男子)
 SPは起きられず金曜深夜のフリーに専念。2時起床で、第3グループから。羽生とチャンも僅差、3位グループは10人近い大混戦。最初のデニス・テンがすばらしかったので、これは、この後もすごい競演に!と期待したのだけれど、さすがにその後は、みんなけっこうミスもあった。
 町田は4回転飛んでれば銅メダルあったので惜しかったといえば惜しかったけれど、初のオリンピックでの5位は立派。大ちゃんも現時点の力はほぼ出しきって笑顔でフィニッシュの6位だからよかったと思う。フリーの演技構成点は、羽生を上回っていてチャンに次ぐ2番目。
 フェルナンデスにはやられたかなと思ったけど、点が伸びなかったのは、構成のミスがあったようで、本田さんの解説がわかりやすかった。羽生もさすがにミスが出たけど、チャンもミスしてとにかく金メダル。史上最強メンバーの日本フィギュアに結果が残ったということで大きな成果。1、5、6位は立派だよね。そして、チャンもテンもある意味アジア系だから、ずいぶん時代は変わったということかしら。

ということで、前半終わって、金1含むメダル4つ。小生の予想は、金1含むメダル5つだから、あとひとつで到達。まだフィギュア(女子)、ジャンプ(ラージ・団体)、複合(ラージ・団体)あたりが期待できるので、後半も楽しみだ。

Photo


(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録