2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/5/23:シウマイBARに参戦

◆横浜:はれ:8639歩

 7時起床。野菜ジュース、フルーツ、ヨーグルト、プリン。

 今日も爽やかに晴れて初夏の陽気。朝食は、軽めにして、11時前に家を出て、横浜駅東口のアソビルへ。郵便局の別館をKITTEのように盛大に再開発するのではなくて、内部をリノベーションして、様々なテナントが入っている。うんこミュージアムが有名だけれど、その他にも、フットサルのコートとか、ワークショップの会場とかいろいろあるようだ。通り抜けるとみなみ東口から直接みなとみらい方向へ出られるようになったので、個人的にもありがたい。

Image1_34

Image2_34

 1階のシウマイBARへ参戦。崎陽軒のシウマイBARは東京駅にもあって人気と聞いていたのだけれど、11時の開店直後ということもあって、空いている。

Image7_32

 レジで先に注文してから、お席でいただく。ハイボールとシウマイ5種盛り合わせ、焼焼売、筍煮。筍煮は、シウマイ弁当でおなじみのやつ。300JPYの価値があるのか?と言われると困るけれど、まぁ、一応ね。シウマイ5種盛り合わせと焼焼売は、アツアツのがいただける。

Image3_33

Image6_35

Image4_35

 正直、行列したり、はるばる遠くから参戦する価値はないと思うけれど、地元でふらっと飲むには悪くないよ。

Image5_35

 東証反落。あいかわらずリートの好調に助けられているけれど、買いそびれていた銘柄を一部購入。

 昨日の野菜の残りを炒めて、北の大地からいただいた塩ラーメンに入れていただく。相撲中継が終わってから、1時間ほど散歩して、tck中継を見てたら、めずらしくファイターズが盛大。GAORAではむほーを確認して、ラジコでファイターズDEナイトまで堪能してから就寝。

Img_8487

Img_8488

 

2019/5/19:おれんじ食堂を堪能♪

◆熊本→八代→川内→熊本→横浜:くもり時々あめ:8235歩

 3時半まで熟睡して、その後はあまり眠れず。朝食は、地下のレストランで和定食。オレンジジュース、サラダ、鮭、ひじき、たくわん、味噌汁、納豆、コーヒーだから自宅と同じようなメニューだ。
 市電で熊本駅へ出て、JRで新八代へ。本日は、おれんじ食堂へ待望の初参戦。並行在来線分離の肥薩おれんじ鉄道が誇るレストラン列車で、昨今ではずいぶんライバルも増えたけれど、パイオニア的存在だ。

Image1_32

Image3_31

 2両編成の青い車両は、8割方埋まって、10時8分に新八代を出発。2往復する中でも、メインとなる2号のランチコースは、フレンチの鉄人・坂井シェフの監修でフルコースを堪能する趣向だ。
 座席は海側が向かい合わせの2人席、山側は海の方へ向けた並びのお席。一応海側を確保したけれど、山側のお席もけっこう快適そうだ。古い気動車を改造しているので、窓の位置がお席と微妙に合わないのは残念。

Image5_33

Image6_33

 お食事にはまだ早いので、サービスのちくわなどいただきながら、車窓を眺めながらくつろぐ。今日もあいにくの空模様なのだけれど、海の向こうには、天草の島々、さらには雲仙は普賢岳も見えて、ボーイさん曰く、普段はこんなにはっきりみえないとのこと。

Image7_30

Image9_25

Image8_27

 長時間停車する3駅では、沿線のお土産品の試食や販売も行われて、コース料理をたのんでいるお客さんは、おみやげがいただける。まず最初の佐敷駅では、甘夏のゼリーをいただく。最近の観光列車でおなじみの沿線関係者のお見送りもにぎやかだ。

Image10_22

Image12_18

 水俣で食材の積み込みが始まって、いよいよコース料理のスタート。西武の52席の至福のように厨房があるわけではないので、バァカウンターのようなところで、積み込んだお料理を盛り付ける。途中の出水でもまた追加で積み込んだようで、スタッフはなかなか大変だ。

Image14_13

 まずは、ワイン。ディアナのTさんからおすすめのオリジナルのワインを注文。当時のTさんのエピソードを伝えると、ボーイさんが覚えていたようでびっくり。たしかに美味しいワインだ。そして、いよいよお料理。

Image15_9

Img_8476

Image17_7

Image18_5

Image19_4

Image20_4

Image21_5

 鉄人といっても、坂井さんは、弱かったイメージがあるし、まぁ監修しているだけで、実際に作っているのは、地元の旅館だろうしということで、過度な期待は・・・と思っていたのだけれど、いや失礼しました。本当に美味しかった。それもソースこってりじゃなくて、素材を生かしてお腹にやさしい感じだし、すばらしかった。さすがは鉄人だよ!

Image22_4

 デザートまで堪能すると、旅も終盤。最後の長時間停車の薩摩高城では、いわしをいただき、海がみえる駅の裏山まで腹ごなしに散策。

Image24_3

Image23_4

 川内到着13時47分。料理も美味しく、スタッフの対応も気持ちよく、4時間弱の長旅も快適に終了。正直けっこう強気の価格設定だけれど、今日のお料理なら納得。今回の遠征は、我らにしてはめずらしく食が非常に充実だよ。
 川内からは、新幹線でトンボ帰り。さくら号は、熊本までノンストップで、行きは4時間かかったところを30分で戻ってきてしまう。

Image25_2

 本当は、このまま博多まで乗って、福岡空港から帰った方が早いくらいなんだけれど、旅作なので、そうも行かず、またバス1時間かけて熊本空港。各便ダイヤが大幅に乱れていて、我らの便は20分くらいの遅れだからまだマシな方だ。

Image27_2

 21時前に帰宅。そういえば、今日車窓から見えた津奈木町のナントカ岩は、ロープウエーで登れて、途中には展望露天風呂もあるとか。どこかに旅をすると、また行ってみたい場所が増えるよ。

Image13_15

2019/5/18:雨の藤崎台球場参戦

◆横浜→熊本:あめ:10811歩

 5時半起床。6時50分YCAT発のバスで羽田空港第2ターミナル。ラウンジでまい泉をいただき、8時20分発のANAで熊本へ。全席モニタ付の国際線仕様の機材だ。

Image1_31

 かなり久しぶりの熊本空港。九州の空港は、福岡と宮崎以外は、どこも遠くて不便だけれど、その中でもここは特に苦手である。一般道を延々走るし、渋滞することもあって、時間も読めない。

20190518a

 かなり久しぶりの熊本市街。駅と繁華街が離れている街は、一見さんにはわかりづらいけれど、その中でもここは特に苦手である。バスがようやく中心部に近づき、日航熊本が見えてきて、反対側には、デパート、あれ何だっけ?山形屋じゃなくて・・・
 そんな苦手な熊本にはるばるやってきたのは、ファイターズ戦のためなのだけれど、いかんせん天気予報が厳しい。とりあえず交通センターで降りてみると、すでにけっこう降り始めている。

 なかなか来ない満員の市電に乗って、初参戦の藤崎台球場へ。お城の裏山という感じで、外野スタンドに大きな木があったりして、風情はあるのだけれど、内野4800JPYでベンチシートではいかんせん厳しいし、隣の人との境目もよくわからない。通路があまりにも少ないので、席が埋まってしまうとトイレに行くのも絶望的だ。

Image3_30

Image4_32
 雨はしとしと降り続いて、ベース以外はシートで覆えないので、土がもうぐちゃぐちゃだよ。。。

◇2019/5/18:●F 1-2 H(熊本)

 昨年も中止だったという熊本シリーズ、主催者としては何が何でも強行したいところで、グランド整備で10分開始を遅らせ、スポンサーイベントやら、エグザイルの始球式やらもあって、ようやくプレイボール。

Image10_21 

Image6_32
 千賀ー上沢のエース対決。いつ中止になるかわからないので、先制点が欲しいところで、コンちゃんのラッキーな2ベースから、王選手タイムリーで待望の1点。上沢くんは、のらりくらりとしのぐ。雨が強くなってきた中、選手の治療中か何かのときにいきなり西川くんが外野のファンのところへ行って、傘を借りて雨宿りして衝撃を受ける。ネット上ではかなり好評だったようだけれど、これ、雨で中断してた間というわけじゃないんだよね。試合中にちょっとタイムがかかっていただけのタイミングなので、正直、個人的には、う~んという感じ。

Image7_29
 4回裏終わって、ついに雨で中断。もう無理じゃないの・・・飲まず食わず、トイレも行けずで見てる方もたまらないし、何より、選手が全力プレーできる状況じゃないよね。怪我も怖いし、エース対決がヘンなミスで決着してもつまらないし。。。けっこう帰っちゃった人もいたよ。球場の雰囲気も一応堪能したから、ここで中止なら4800JPY返金されるし、全国一のサウナと評判の湯ラックスさんにでも参戦して、濡れた体を温めて・・・

Image8_26

Image9_24

 しかるに、15時半頃に雨雲が抜けそうというレーダー予測が的中して、45分くらい中断して、ついに試合再開。。。西川くんがなかなかグランドに出てこなくて、杉谷が出てきたから、えっ?懲罰交代?と思ったら、そんなわけはなくて、杉谷は翔さんと交代。しかし、翔さんは、やる気なくなったのかね・・・

Image11_19
 5回裏、内野安打のランナーが、近藤くんの暴投で生還、その間に2塁に進んでいたバッターランナーがパスボールで3進して犠牲フライで生還というあまりにもあんまりな2失点。最初の内野安打だって、上手いセカンドならアウトにできそうな当たりだったし、上沢くん自責ゼロで無念。コンちゃんの守備は残念ながらどこを守っても本当に見苦しい。。。
 その後は、たまに出たランナーを走らせては、三振ゲッツーとこれまた見苦しい展開で終了。ベンチシート5時間だからヘンに同点に追いつかれても困ったけれど、千賀相手に1-0で勝つチャンスもあっただけにねぇ。。。とても上位を狙えるチームの試合運びではないよねぇ。。。

Image12_17
 退場口があまりにも狭い球場から何とか脱出して、帰りはお城の方を抜けて歩いて、繁華街へ。石垣その他の被害のひどさに驚く。せっかくだから復興予算で野球場もリニューアルと思ったけれど、まだまだやらなくてはいけない作業が相当ありそうだ。。。

Image13_14

Image14_12
 本日のお宿は、東急REIホテル。要するに、東急インでなんだけれど、この週末の熊本、早い時期から手配しても各ホテルけっこう混みあっていて、価格も高かったので、やむを得ない。場所だけは便利だ。

 とりあえず入浴して態勢を立て直す。リュックの中の着替えもけっこう濡れていたけれど、気温がけっこう高いのがせめてもの救いで、19時になっても外は明るいし、半袖余裕だ。

Image15_8
 ホテル周辺が、いわゆる夜の街のようなので、飲食店には事欠かないのだけれど、何しろ、この街は右も左も馬ばかり。20年くらい前、まだペーペーだった頃に、出張でお客様に招かれて、馬が出されて断ったのを思い出す。

Image17_6

Image16_7

Image18_4
 ちょっとよさげな小料理屋の杢魚庵さんを発見したので、恐る恐る入場。旬の刺身から、伊勢エビ、天然物の鰻、あか牛ステーキのウニ添えなど、魅力的なメニューがいろいろ並ぶのだけれど、一部をのぞいてメニューに値段が書いてない。時価ということのようである。我らにはちょっと敷居が高いお店を選んでしまったような気もするけれど、熊本の日本酒をいただくと、さっそく豪華なお通しが並ぶ。小さなトマトは塩トマトといって、熊本の名産らしい。そういえば、以前、F嬢2号の熊本の実家からいただいた小さなトマトが、苦手のはずの小生にも美味しかったのを思い出す。

Image23_3
 さらに、石鯛のお造り、ナスのナントか、ズワイガニクリームコロッケ、さらにすき焼きは、お肉1枚から作ってくれて、どれもこれもかなり美味しい。あまり食に関心のない我らにしては、飛び込みでかなり当たりのお店を見つけたようだ。結局、今日はお昼抜きだし、もう少し食べたいものもあるけれど、お会計が不安なので、セーブしておく。

Image19_3

Image20_3

Image21_4
 消される前に北海道へ行きべきだ問題、全身麻酔はオエッとならないぞ問題、後輩を誘っても中途半端なお店ではこちらが納得できなくなってしまった問題など検討して、緊張のお会計は、10500JPY。熊本としてはかなりの高級店と思われるけれど、この味なら納得、満足である。
 うしという方からは、日本一のサウナ湯ラックスを、F嬢から近くのバァを推薦されたけれど、雨の中の観戦で疲労困憊。早々に就寝する。

Image22_3 

 

 

2019/5/5:suicaペンギンのスイーツビュッフェ〜ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019♪

◆横浜・東京:はれ:7535歩

 二度寝三度寝して、リアルで不快な夢を見て7時起床。グリーンチャンネルでケンタッキーダービー中継。国家斉唱からマイホールドケンタッキーホーム。GWにケンタッキーダービーの馬券を買って生中継が見られるんだからホントいい時代になったよ。あいにくの雨でドロドロの馬場が残念だねぇ。

 マキシマムセキュリティの逃げ切りで大敗!と思ったら、長い審議で降着。まぁ、結局大敗には変わらないんだけど、とんでもない大穴になったね。現地は大騒ぎだろうけど、やっぱり、やったもん勝ちじゃなくて、このくらいヨレたら降着になった方がいいよ。海外基準に合わせたとか言われてたけど、アメリカは今でもけっこう厳しいんじゃん。(とこの時は思った・・・)

 あとねぇ、馬券を買えるチャンスを作ってくれた、日本馬マスターフェンサー、殿追走で勝負にまったく参加してないと思っていたら、直線猛然と追い込んで来て差のない6着だよ。これ、小生も気がつかなかったけど、実況はともかく、グリーンチャンネルの中継陣がレース後も最後まで誰ひとり気づかないで一言もふれずっていくらなんでもひどいよ。ノーチャンスの日本馬の話ばっかりするもも格好悪いけど、これじゃあ、それ以前のレベルだよ。大沢さんも合田さんも正直、もう辞めた方がいいんじゃないの・・・ディレクターとかも何やってんだ。

 お昼を抜いてお腹を空かせて、14時前のFライナーで出発。副都心線の池袋で降りるけれど、メトロポリタンホテルはどうやって行けばいいんだ?地図を見てもどうもピントこないと思ったら、北が下だよ。。。さっぱりわからん。

Image1_24

Image2_25

 なんとかメトロポリタンホテルへたどりついて、4階の宴会場でkecoさんと合流。本日は、suicaペンギンのスイーツブッフェ♪受付を済ませて、suica支払い限定のグッズをいただくと、うやうやしく控室へご案内。ずいぶん大げさだよ。すでにペンギンのぬいぐるみ持参でテンション上がってる人たち多数。女子率90%くらいかしらん。

Image3_23

 ようやく入場が許されて会場へ。各テーブルには、キュートなsuicaペンギンパフェが!そして、まずは、ドリンクコーナー飲みオープンで、もっぱら撮影タイム。本格的なカメラを持ってきてる人もけっこういるよ。

Image8_19

Image4_25

Image6_25

Image5_25 

Image9_18

Image10_17

 15時30分スタート。さっそく長蛇の列だけれど、補充はどんどんされるのでご心配なく。suicaペンギンのプリンに、マカロン。その他は、いちご系のスイーツがメイン。もっとも、我らは、そんなに甘い物ばかり食べられないので、スープやサラダ、サンドイッチのお世話になりつつ、コーヒーもいただきながら、マリンの状況確認、夏の遠征、来夏の五輪チケットの検討など。

Image11_16

 100分制ということで、17時10分終了。4700JPYだから安くないけれど、エンターテイメントとしては、悪くないし、お味もなかなかよかったよ。欲を言えば、suicaペンギンが各テーブルにごあいさつとかあれば楽しいけれど、suicaペンギンの着ぐるみっていないよね。まぁ、それがまたいいのかもしれないけど。

Image12_15

Image7_22

 はむほーを確認(なんで行かない日ばっかり勝つんだ・・・)して、有楽町線で有楽町へ移動して、夜は、ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019♪。国際フォーラムをいっぱいに使ってのクラシックイベント。ちょうどホールEの無料コンサートで、マイスタージンガーが聴こえてきたよ。夕方の風は爽やかで、屋外のフロアもにぎわってる。いい雰囲気なんだけど、いかんせん人が多いので、手狭なんだよね。もう少しゆとりがあって、食べ物なんかも買いやすくてテーブルなんかも余裕があれば最高なんだけど。あと、一般エリアでももっともっと演奏をいろいろ演ってほしいよね。

Img_8085

Img_8087

 今回のラ・フォル・ジュルネのテーマは、「Carnets de voyage-ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」なのだけれど、LINEチケットで入場してルネ・マルタンさんのスタンプが押されて、まずは、ホールAで、”アメリカ~JAZZ meets クラシック”ということで、おなじみの小曽根さんのピアノ。先行発売で早々にゲットしたので、5000人収容のホールの前から7列目という良席なのだけれど、ちょうど小曽根さんの指のあたりに前の人の頭がかかるのがちょっと残念。そうそう、ラプソディー・イン・ブルーって、この曲だったのね(^^;)

Img_8089

Img_8090

 もう一曲あると思ってたら、盛大な拍手とともに退場。そうか、後半は別の人だったのね(@_@)予習不足も甚だしい。。。ピアノも交換して、フランク・ブラレイさんが登場して、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調。途中、後ろで寝てる人の鼻息が聞こえてきたりしたのが遺憾。

 2公演目は、会議室棟4階へ。この小さなお部屋でのコンサートもラ・フォル・ジュルネの醍醐味で、実際、早くから売り切れてしまう。今回も先行で購入したのに、一番後ろのお席。といっても、5列しかないから近いんだけどね。

 ”歌に恋するピアニーノ”ということで、ピアノが川口成彦さん、ソプラノが天羽明恵さん。ピアニーノっていうのは、アップライトピアノのことらしいんだけれど、19世紀の楽器を念入りに調整したとのことで、部屋を暗くしてサロン風でゆったりと鑑賞。

D190505b

 21時をすぎまで堪能して、東海道線で帰宅。NHKマイルカップの結果を確認すると、なんとグランアレグリア降着で、ルメールはオークスもダービーも乗れず。4着だから降着しやすかったっていうのはあるだろうけど、JRAもたまにはやるんだね。

 

2019/4/19:宇都宮餃子祭りinYOKOHAMA

◆(車中泊)→横浜:はれ時々くもり:6892歩

 久しぶりのA寝台で熟睡。姫路到着のアナウンスは覚えているけれど、大阪はまったく記憶なし。4時40分に目が覚めて二度寝して5時50分起床。ちょうど湯河原から真鶴あたり。相模灘に朝日が昇ってきて、まさにサンライズだね。

Image1_17

Image2_18

 大磯で緊急停止ボタン。通勤時間帯の非常停止ボタン、今までだったら、朝から勘弁してくれと思うところだけれど、サンライズに乗ってる方からすれば、ゆっくりでかまわない。そういうときに限ってすぐに復旧するんだけどね。

 5分くらいの遅れで6時50分頃に横浜到着。やっぱり瀬戸は乗車時間が短いよね。出雲にもまたゆっくり乗りたいものだね。

 帰宅して朝風呂、東京マーケットワイド、昼寝。ひきこもりの予定だったけれど、赤レンガ倉庫で、宇都宮餃子祭りが開催ということで参戦。これ、土日だとかなり混むからね。

 オープンしたばかりの平日午後ということで、さすがにどのお店も待たずに買える。そして、今年から、電子マネーオンリーになったというのがすばらしい。こういうイベントこそ現金管理が大変だし、行列さばくのも圧倒的に早くなると思うよ。もっとも、列が短すぎて、どこが人気店なんだかわからないけど。

Image4_18

Image7_16

 大さん橋のダイヤモンド・プリンセスを眺めながらハイボールと各種餃子をいただくと、お腹が終了。餃子のせいじゃなくて、実は昨日の歌舞伎前くらいから終了が続いているんだよね。サンライズでももっと盛大に飲みたかったんだけど、自重せざるを得なかったのよ。急いで帰宅して事なきを得て、早々に就寝。。。

Image6_18

Image5_18

Img_7697

 

 

2019/4/15:10時打ちからすみれさんへ

◆横浜:くもりのちはれ:7280歩

 7時半起床。野菜ジュース、ヨーグルト、お粥。

 本日は、10時打ちに参戦。といっても、JRのチケットではなくて、GW中の某ホテルのデザートブッフェ。これが期間限定で、けっこう競争率が高そうなのだ。

 平日10時の予約開始に待機できるのは、隠居の特権だけれど、HPによると、予約の電話がホテルの代表番号になっている。大丈夫なのかね。

 で、10時ジャストにかけると、話中でなくて、呼び出し音!お、いきなりキタ!と思いきや、待てど暮らせど誰も出ないんだよね・・・代表電話で受けるから、ロビーで電話がジャンジャン鳴って、人が足りないのかしらん?

 結局、誰も出ないままタイムアウトになって、iPhoneだけじゃなくて、固定電話も動員して、リダイヤル。その後も、話中と呼び出し音のくりかえしだったけど、ついに繋がった!

 でも、結局、レストランに転送されるんだよね。ここで切れたら、シャレにならないと思ったけど、無事に転送されて、予約完了。やれやれ。お昼ごろには全席売り切れたみたいだけれど、受付電話番号くらい用意すればいいのにねぇ。。。。

 今日の仕事はこれで終わって、遠征明けの月曜日だからひきこもりの予定だったのだけれど、ポカポカ陽気のようだし、美味しい醤油ラーメンが食べたくなったので、野毛まで歩いて、すみれさんへ。ちょうどお昼時だったので、20分くらい待ったけど、美味しくいただく。

Img_7529

Img_7528

 帰りは万国橋から赤レンガ倉庫、新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)と回って帰宅。午後は、読書、お昼寝。

Img_7534

Img_7536

Img_7537

 東証大幅続伸。ポートフォリオがちょっとディフェンシブ銘柄に偏りすぎて、乗りそこねた感はあるけれど、また含み益生活に復帰。10連休どうなりますか。

 遠征中飲みすぎたので、今日は休肝。

 

 

2019/4/5:ビール半額デー快勝♪

◆横浜・東京:はれ:9908歩

 6時半起床。野菜ジュース、ヨーグルト、鮭、漬物、しじみの佃煮、ごぼうの味噌汁、納豆、玄米、コーヒー。

 東京マーケットワイド、東証は、今日も小動き。しばらく様子見。日中はぐだぐだと。

 14時半頃に出発して、東海道線で上京。まずは、東京駅のステーションギャラリーのアアルト展へ。建築家の展覧会っていうのは、図面や写真、せいぜい模型くらいなので、どうしても地味なんだけど、アアルトの場合は、一応、椅子とかもね。奥さんもデザイナーで、おなじみのイッタラのグラスとか作ってたとは知らなかった。

Image1_11

Image2_11

Image3_10

Image4_11

 反対側の八重洲地下街へ出て、玉丁さんの味噌煮込みうどんで腹ごしらえを済ませて、中央線のホームへ上がったら、元弟子のS君に遭遇。奇遇である。まぁ、元気そうで何よりだ。

Image5_11

Image6_11

 水道橋で降りて、おなじみの本屋さんでファンブックを購入して2週間ぶりの東京ドーム。本日は、ビール半額デー♪

Image7_11

Image8_10

Image9_9

Image10_8

Image11_7

Image12_6

Image13_6

◇2019/4/5:○F 5-2 L(東京)

 札幌で2勝1分けだったのに、雪の仙台で3連敗したファイターズ。表ローテで昨年の覇者ライオンズを叩いて、態勢を立て直したい。初回、翔さんタイムリーで近ちゃん激走で1点先制。

 3回にも近ちゃん内野ゴロで1点。なお2死満塁で今日昇格の渡邉くん凡退。多和田はアップアップで、ここで打てば試合は決まったんだけどねぇ。

 せっかくなので2杯目のビアを購入したところで、kecoさんも合流。5回、王選手タイムリーで1点追加。

 7回表、山川ホームランの後、森2ベース、外崎四球、栗山ヒットで、なんとノーアウト満塁。下位打線といっても、山賊は、8番中村、9番メヒア。まったくもって恐ろしいのだけれど、おかわりくんさえ抑えてばなんとかなると思ったら、浅いレフトフライ。メヒア、金子は三振!上沢くんすばらしい!!

 7回裏、王選手、今度は会心の当たりで貴重なタイムリー。上位打線好調、下位打線低調なので、奇数回にしか点が入らないと思ったら、8回裏、渡邉くんホームラン!すばらしい!やっぱり石井や谷地とはちがって、彼には長打があるよね。今日得点した5イニングは、すべて長打が1本出ている。やっぱり山賊相手に送りバントしてる場合じゃないよね。2割4分くらいでもいいから、渡邉くんが7番で意外性を発揮してくれると大きいよ。

 9回1点は取られたものの、まずは快勝で5割復帰。半額のビールも旨いね♪

Image14_5

 

2019/3/31:凡の風からの有原好投で快勝♪

◆札幌→横浜:くもり時々はれ:14359歩:札幌の最高気温=5.4度

 4時半に目が覚めてそのまま起きてしまい6時半に朝食を食べたら眠くなってしまい二度寝。ドバイは、アーモンドアイ快勝。凱旋門賞をめざすようだ。馬場適性は微妙ながら、秋の楽しみが増えたので、順調に行ってほしいね。マテラスカイも大健闘。

 10時45分にチェックアウトして、札駅で荷物を預けて、大通から市電に乗り継いで西線6条で下車。直ちゃんに教えてもらったラーメン屋さん「凡の風」に参戦。

Image1_8

Image2_8

 マンション1階の小さなお店で、食券を買って、20分くらい待って入場。中華そば風と豚骨風、さらに味噌、醤油、塩があって、つけ麺もある。小生は中華風の醤油、kecoさんはとんこつ風の醤油で、どちらも美味しい。中華風は澄んだスープで、飽きのこない味。こういうお店が近所に欲しいよねぇ。

Image3_7

 大通に戻って、東豊線で福住へ。本日もC指定席だけれど、おなじみの1塁後方の通路側でまずまず見やすい。

Image4_8

Image5_8

◇2019/3/31:○F 3-1 B(札幌)

 淺間くんに代わって横尾くんがサードに入り、1番は西川。当面はこの2パターンのスタメンの使い分けになるのだろう。

 ファイターズ先発は有原。彼が2桁勝って貯金を作るようなら、優勝に近づくだろう。今日は、ストライク先行でストレートには力もあり、いい感じ。吉田正尚の打席では、サードの横尾くんが1,2塁間にやってくるシフト。打球の行方はどんぴしゃりとはいかなかったけれど、3連戦1安打に封じたからそれなりにプレッシャーをかける効果はあったのかな。

Image6_8

 初回、翔さんボテボテで先制。もう9打点だ。追いつかれてから、近ちゃんタイムリーで勝ち越し、5回には、王選手のポテンヒットが待望の初打点。3連戦の打点はすべてクリーンアップで叩き出しているというのはすばらしい。

 後半、あいかわらずの謎采配のオリの継投を攻めつつもダメ押しがとれず、ちょっと不安な感じもあったけれど、8回宮西、9回はハンコックで締めて快勝。浦野と石川の3連投は回避して、秋吉も加えた5人の勝ちパターン継投は層が厚く、29人登録制を活用できそうだ。

Image7_8

Image8_7

 ヒーローインタビューを最後まで聞いてもなんとか18時20分の快速エアポートから19時30分のANA78便に間に合った。開幕シリーズ2勝1分と今年は楽しいスタートだね♪

 

 

 

2019/3/27:六義園のしだれ桜ライトアップ〜小松庵へ♪

◆横浜・東京:はれ:9510歩:東京都心・桜満開・最高気温=19.7度

 たぶん6時半くらい起床。野菜ジュース、ヨーグルト、いちご、揚げ出し豆腐、たくわん、納豆、玄米。午前中は東京マーケットワイドを見ながらだらだらと。

 JRA指定席発売日ということで、12時半打ち。12時40分くらいに無事にゲット。アクセスは集中するけれど、実際は、お席には余裕があるね。

 午後から、所用のため御成門へ。都営三田線ということで、せっかくなので、逆方向にさらに進んで、千石駅から六義園へ。しだれ桜が満開ということで、夜間ライトアップ中。実質一本勝負なのだけれど、たしかに豪華なしだれ桜。ソメイヨシノより少し開花も早いので、まさに見頃でかなりのにぎわい。こういうのは、iPhoneじゃなくて、本当はデジカメで撮りたいね。

Image2_4

Image8_3

Image7_4

Image3_3

Image4_4

 もちろん観桜後は、お隣の小松庵さんへ。こちらもにぎわっているけれど、なんとか入場が許された。残念ながら、桜切り蕎麦は売り切れということで、ビアとそば味噌と桜えびのかき揚げせいろ。

Image5_4

 蕎麦をつまみながら、お隣にやってきた、やはり観桜後のおばさん3人組の会話をなんとなく聞いていると、

「東北の桜も行ってみたいわね」

(いいと思うよ)

「北上がいいらしいわよ。ナントカっていうところ」

(展勝地ね)

「北上って、北上山地の北上?」

(そうだけど、山じゃないよ。。。)

「でも、ツノダテもいいんでしょ?」

「そうそう、ツノダテがいいのよね」

「ツノダテ、行ってみたいわねぇ」

(角館・・・たしかにいいけど・・・)

 JRのポスターの効果抜群ということのようだけど、ふりがなが必要かもね・・・

 かき揚げとお蕎麦に転戦しているうちに、いつのまにか、おばさんたちの話が野球のことに移っている。それも六大学。

Image6_4

「この前会ったナントカさんは、東大で8勝もしたらしいわよ」

「東大で8勝ってすごいんじゃない?」

「あの頃は、法政が強かったのよ。小早川がいてね」

(詳しいな・・・)

「だから、8勝のうち、4勝は、うちの大学からなのよ・・・」

(おばさん、立教かい!)

 蕎麦湯まで美味しくいただいて、駒込から上野へ出て、上野東京ラインで帰宅。東大8勝は、大越さんね。。。

2019/3/13:シシリア〜NOKKO@ビルボードライブ東京♪

◆横浜・東京:はれ:6809歩

 7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、ベーコンエッグ、トースト、紅茶。

 前回の新井氏同様、
「ピエール瀧氏って言われても知らないですね」
 どうも
「沢山映画やらドラマにも出演している」
 とのことだけれど
「知らない」
 んだから、仕方ないですよね。。。

 9時すぎに東神奈川ゴルフジョイに参戦して闇練最終回。90球。帰宅して、クラブをコースへ発送。いつも近くのセブンイレブンへバッグをかついで行って伝票書いてたけど、スマホのヤマトのアプリで、送り先のゴルフ場も検索して、ひょいっと集荷依頼できるのね。もっとも、suicaで払おうと思ったら、お兄さんの端末の調子が悪くて現金。
「アプリ使うとポイントとかたまるのかしら?」
「そういうことは、お客さんの方が詳しいんですよ」
「・・・」
 以前は、こっちは気づかなくても、マンションのロビーで向こうから声かけてくれたりとかあったんだけど、残念ながら、ヤマトのお兄さんも最近はねぇ。。。
 夜に備えてお昼寝して、17時半すぎのFライナーで上京。なんと今月3回目の六本木。1年くらい来ないときもあるのにね。

Image2

 交差点の角のシシリアさんへ。交差点の角というとアマンドというイメージだけど、地下に食べログ3.54の名店があったのね。18時半前でもすでににぎわっていたけれど、ギリギリ入場を許されて、白ワインを生ハムをいただいているうちに、19時すぎにkecoさんが到着。きゅうりたっぷりの名物のグリーンサラダ、パリパリのピザ、ウニのパスタとどれもお手頃サイズで美味しい。早い時間に軽くつまむのにも、遅い時間の〆にもいろいろ使えそうだねぇ。

Image3

Image4

Image5

Image6

 腹ごしらえを済ませたところで、ミッドタウンのビルボードへ転戦。本日は、NOKKOさんのライヴ。ビルボードだったら、現地でお食事すればいいのでは?と思われそうだけれど、2部公演の第2部は、20時半会場の21時半開演と遅いので先にお食事を済ませてきた次第。カジュアルエリアに入場してワンドリンク付きのカンパリオレンジだけいただいて開演に備える。傾斜があるので、カジュアルエリアでも近いしまずまず見やすいよね。

Image9

Image8

Image11

 kecoさんのiPhoneで最近のアルバムも予習していたつもりだったけれど、前半は知らない曲が多かった。でも、パワフルなボーカルとキュートなNOKKOさんを近くで堪能。今日のバンドは、キーボードが真藤さんで、ドラムは松永さん。この2人は美里ライヴでもおなじみだ。
 後半は、Maybe Tomorrow〜ラズベリードリーム〜プライベートヒロイン♪とレベッカの曲の中でも小生も大好きな曲を演ってくれて、アンコールで、さらに、76th Starとはうれしい。そして、舞台後ろのカーテンが上がって、夜景をバックに、フレンズでしめくくり。久しぶりの都会の夜更かし。23時近くまで堪能して帰宅。
(セットリスト見当たらなかったので、記憶で書いてるけど、たぶん間違ってないと思う。。。)

Image10

Image7

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録