2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/11/23:ハヤトくんにお稽古をつけるも、パワプロまた大敗。。。

◆東京・横浜:はれのちくもり:4622歩:東京都心の最高気温=20.9度

 3連休最終日もまずまずのお天気。今日は、年明けの百人一首大会に向けて、ハヤトくんに稽古をつけるということで、大井町線車内で予習。みをつくしてや・・・みだれてけさは、みだれそめにし・・・あたりが苦手なので、下の句→上の句を、車内で何度も確認。

20201123

 尾山台駅から徒歩ですぐのアンディアーモさんで、サイスさん一家と合流してランチ。昨年は、夜の部で参戦したけれど、パスタのランチコースも、リーズナブルで美味しい。

Image4_20201125134501

Image13_20201125134501

Image11_20201125134501

 サイス宅に転戦して、さっそく対戦。稽古をつけるといっても、例によって1対1ではとてもかなわない。サイスさんと2人で組んで、今日もちょうどいい勝負。51-49で辛勝。。。予習していた効果は・・・

Image3_20201125134501

Image8_20201125134501

 さらに前回惜敗したパワプロのリベンジマッチが開催。もちろん今日もファイターズvsカープだ。前回は、5-7、10-12と乱打線の末に敗れたのだけれど、今日も初回こそ0-0だったものの、マルティネスがめった打ちで3回までに8失点。しかし、その裏にホームラン攻勢で一気に9点ととってひっくり返すと、あとはもうめちゃくちゃな打ち合い。19-13から8回に玉井くんで追いつかれ、20ー19から秋吉がひっくり返されて、22-22で延長に突入して、宮西が打たれ、清宮の代打ホームランで追い上げるも万事休す。25-27って、ラグビーじゃないんだから。。。

Image7_20201125134501

(渡邉くんたのむよ!)

Image1_20201125134501

(とらえた!)

Image10_20201125134501

(入った!)

Image14_20201125134501

(同点の延長10回は、宮西!)

Image2_20201125134501

(ラグビーかよ・・・)

Image9_20201125134501

(無念・・・)

Image5_20201125134501

(むぅ・・・)

Image6_20201125134501

(13本塁打、27安打、25得点も・・・)

 サイスさんのこだわりのコーヒーをいただき、再びお稽古再開。53-47、52-48でおじさん組がなんとか勝ったけれど、一応39年前のチャンピオン2人に1人で互角に戦うのだから、大したものである。来年は、コロナ禍で例年と少し違うスタイルの大会になるとのことだけれど、ぜひ連覇を達成してほしいものだ。

Image_20201125134501

Image12_20201125134501

 

2020/11/15:お当番

◆横浜:はれ:5174歩

 6時半起床。今日も爽やかな秋晴れ。

Image1_20201120142701

 ディアナでお当番。換気のため窓を開けているけれど、今日くらい暖かいとありがたい。

 気候もよいからか、お客さんもけっこう来てくれた。Yo子さんも合流して、Nさんと次回わのわカフェの打ち合わせ、ZOOMの練習、その後は、Uさんとも有意義な打合わせ。気がつくと3時前で、お昼を食べ忘れた。

 17時に閉店して、近くのハンバーグ屋さんで軽く一献。ナプキンをして、ジウジウ焼くタイプで、なかなか美味しい。地元では有名なようで、開店と同時に近所の人が少人数でやってきて、比較的静かに食べている。かながわクーポンが使えるから実質20%OFF。

Image2_20201120142701

 帰りに高島屋の千疋屋でこちらもクーポンでメロンジュースをいただき、崎陽軒でたまったポイントカードをバッグに引き換えて帰宅。ばんえいクインカップに緊急参戦するも大敗。勢6敗。

Image_20201120142701

Img_8045

 ボルトンさんを読みながら早々に就寝。

 

2020/11/11:ことでんでこんぴらさんへ

◆(車中泊)→高松→琴平→松山:はれ:12101歩

 4時くらいに大阪の運転停車で目が覚めたけど、まぁまぁよく眠れた。ちょうど瀬戸大橋で日の出を迎えて、文字通りのサンライズが美しい。

20201111z

Image12_20201113092701

Image25_20201113092701

 もっとゆっくり乗りたいところだけれど、7時27分、終点高松到着。おなじみの駅前のめりけんやさんで朝食。トッピングはビニール手袋をして割り箸でとるようになっていて、けっこう気を使っているね。

Image9_20201113092701

Image24_20201113092701

Image4_20201113092701

Image29_20201113092701

Image11_20201113092701

 JRの方が速いのだけれど、せっかくなので、ことでんで1時間かけてのんびりと琴平へ。朝の通勤・通学時間帯ということで、4両編成にソコソコ乗っていて頼もしい。

Image16_20201113092701

Image32_20201113092701

Image8_20201113092701

Image13_20201113092701

 200JPYと安いコインロッカーに荷物を半分預けて、こんぴらさんへ登る。これで4回目かな。年々階段がシンドくなってくるけれど、なんとかたどりついた。(もちろん奥社は無理)まだ9時台で秋晴れの空気は冷たいけれど、ビューはすばらしい。

Image23_20201113092701

Image27_20201113092701

Image20_20201113092701

Image30_20201113092701

 朝からぐったりなので、神椿さんへ。9時から営業とはうれしい。つまり、2日連続の資生堂パーラー。東証続伸を確認しながら、神椿パフェとコーヒーをいただき、まったりと。

Image18_20201113092701

Image31_20201113092701

Image22_20201113092701

 帰りはJRの琴平駅へ出て、普通列車で多度津。ほとんど無人。多度津からは、アンパンマン車両のしおかぜと併結のいしづち9号。指定席は車両に2人だけ。。。一番新しい車両だとAC電源があるのだけれど、8000系はなし。ただ、Wifiが使えるのは意外だった。予讃線は、けっこう海の沿って走るので、ビューがいい。のんびり2時間の汽車旅で松山へ。

Image14_20201113092701

Image6_20201113092701

Image17_20201113092701

Image21_20201113092701

Image2_20201113092701

Image28_20201113092701

 市電で道後温泉へ直行。GOTO風のお客さんもソコソコいるし、ここはアーケードのにぎわいが楽しいのだけれど、閉めてしまったようなお店もチラホラ。本館は工事中。魚武さんで宇和島風鯛めしとマドンナビール。

Image10_20201113092701

Image5_20201113092701

Image19_20201113092701

Image15_20201113092701

Image7_20201113092701

Image_20201113092701

 お泊りは、久しぶりの道後山の手ホテル。平日とはいえ、朝食付き6500JPYはありがたい。18時すぎの温泉大浴場は、無人で独泉。こんぴら登山の疲れを癒やして、早々に就寝。

Image1_20201113092701

 

2020/11/3:JBC2歳優駿快勝♪

◆東京・横浜:くもり時々はれ:4468歩

 7時起床。晴れの特異日といわれる文化の日。雲は多いけど、雨は上がったようだ。

 母と麻布十番の更科堀井さんへ。昼ビア、鳥焼き、玉子焼き、くちなし切り蕎麦。旨い。席数は減らしているけれど、あいかわらずけっこうにぎわっていて何より。帰る頃は待っている人も。もっとも、近所の人が少人数で来て、さっと食べて、さっと帰っていくので、回転も早い。

Img_7615

Img_7616

 商店街で、何やらテレビにインタビューされそうになったので、早々に撤収して、南北線~日吉経由でみなとみらいへ。久しぶりにワイモバイルのお店に寄って相談すると、何やらプランを変更すると、基本料金が安くなって、通信上限も増えるとのこと。ずいぶん虫のいい話だけど、大丈夫かしらん。

 帰宅して、グリーンチャンネルでJBC。レディスクラシックは、当たり損。スプリントは外れたけど、地元生え抜きのサブノジュニア優勝とはすばらしい。

 そして、門別の2JBC歳優駿は、JRA勢が過剰人気風なので、地元馬をぐちゃぐちゃと組み合わせたら、対抗のラッキードリームが優勝。2着に人気薄のトランセンデンスを連れてきてくれて、単勝とワイド95倍が的中!すばらしい!

Img_7620

 ガチガチのクラシックはケンで正解。ファイターズは、あいかわらず見苦しいので、メットライフも行かなくて正解。横浜FC、ロスタイム逆転負けの三ツ沢も行かなくて正解。

 ユキオ・オカベが何やら勲章をもらったと思ったら、的場さんも、中央・地方通じて、騎手として初めての黄綬褒章を受章とのこと。よくわからないけど、すばらしい。そして、元SMAPの森くんが、デビュー24年目で、オートの日本選手権初優勝。すばらしい!

 

 

 

2020/10/21:喜香庵&紅葉の中島公園

◆札幌→千歳→横浜:はれ:12791歩

 6時起床。最近、温泉じゃないホテルの大浴場に行くのが億劫になってきた。ローソンで買っておいた朝食をいただき、10時すぎまでお部屋で休憩。

 今日もいいお天気。朝は冷え込んだようだけれど、気温もだいぶ上がってきた。さて、どうしようか、久しぶりに小樽で「伊勢鮨」でも、と思ったけど定休日。じゃあ、前回美味しかった「さくら庵」のかもせいろをもう一度、と思ったけど、こちらも定休日。いろいろ検索して、西18丁目から歩いて数分の、「喜香庵」に初参戦。11時の開店前に着いてしまったけれど、常連風のおじさんがすでに待っているし、看板も何やらいい感じだ。お蕎麦屋さんだけは、だいたい店構えで見分ける自信があるよ。これは大丈夫だ。

Image13_20201026084601

 蕎麦味噌とビアをいただいてから、おろし田舎蕎麦の大盛り。美味しいお蕎麦屋さんの常で、大盛りといっても、量は少ない。そして、おろし蕎麦といっても、辛味大根が薬味程度に添えてあるだけで、正直、ちょっと驚く。でも、田舎そばは、コシがあってとても美味しい。いや、これは、旨いよ。大したもんだ賞だよ。お隣のテーブルの玉子焼きも美味しそうだ。

Image6_20201026084501

 正直、北の大地価格で考えるとお値段は、相当高いと思うけれど、味のレベルも相当高い。何も北の大地まで来てお蕎麦を食べなくてもと思われそうだけれど、前回の「さくら庵」といい、横浜にはなかなかないレベルだよ。

 腹ごなしというほどお腹いっぱいじゃないけれど、中島公園を散策。紅葉が見頃で、すばらしい。そういえば、たしか、2006年の日本シリーズの頃、中島公園の近くのヘンなホテルしかとれなくて、あのときも紅葉がきれいだったっけ。

Image15_20201026084501

Image5_20201026084501

Image9_20201026084501

Image12_20201026084501

Image_20201026084501

Image16_20201026084501

Image10_20201026084501

Image1_20201026084501

Image11_20201026084501

Image14_20201026084501

 道庁も散策して、ファイターズショップでポイント交換でグッズをいただいて、快速エアポートで空港へ。

Image2_20201026084501

Image7_20201026084501

Image8_20201026084501

Image3_20201026084501

 帰りも満席で何よりだけれど、飛行機は、誘導路まで動いたのに、なかなか離陸しない。

「お手洗いをご利用のお客様、まもなく離陸しますので、至急お席にお戻りください」

 って。。。

 ニュースを読む限りでは、ANAさんは、数千億の赤字だの、機材の売却だの、国際線集約だの暗い話題ばかり。今さら赤組は応援できないから、がむばって欲しいけれど、マイルが無効になったりしないうちにどんどん使っちゃった方がいいかしらん・・・

Image4_20201026084501

 

2020/10/20:地獄谷からのファイターズ大敗!

◆登別→札幌:はれ:18028歩

 何度か目が覚めて、6時起床。朝風呂。7時朝食。手袋だのトングの代わりに1回毎の取り箸だのいろいろやってるけど、ヴァイキングはどうしても密ではあるよね。早々に撤収して、第4回入浴。この時間も空いてていいんだ。

Image20_20201025133901

 10時チェックアウト。わくわく号がないので、列車の時間まで、久しぶりに地獄谷を散策。気持ちよく晴れて、紅葉もきれいで、期待以上に堪能。

Image4_20201025133901

Image1_20201025133901

Image5_20201025133901

Image19_20201025133901

Image_20201025133901

Image2_20201025133901

 バスで駅へ出て、久しぶりに北斗。ちょうど北広島をすぎたあたりで、緊急停車。ちょうどボールパークの工事がよくみえる。後続列車がシカに衝突とのことで、8分遅れで運転再開。無事に札駅へ。

Image13_20201025133901

Image12_20201025133901

Image11_20201025133901

 チェックインまで時間があるので、西4丁目から市電に乗って、盆の風さん再訪。13時すぎだけれど、ただでさえ少ない席がコロナ対策でさらに減っているので10分くらい待つ。何やらお店の名前も少し変わっていたけれど、あいかわらず美味しい。

Image18_20201025133901

Image10_20201025133901

Image22_20201025133901

 せっかくなので、大通公園を少し散歩。こちらの紅葉もなかなかいい感じ。

Image9_20201025133901

Image7_20201025133901

Image15_20201025133901

Image3_20201025133901

 今日は、三井ガーデンさん。今回は本館の方。4000JPYだから申し訳ないくらい。

 ひと休みして、大丸でお弁当を調達して、東豊線で福住へ。

◇2020/10/20:●F 2-11 H(札幌)

 見苦しい試合の続く昨今だけど、今日は、火曜日だから上沢くん。そう、生で見るのは、あの昨年のハマスタ以来だよ。

Image6_20201025133901

Image17_20201025133901

 ホークスは、笠谷。このクラスのピッチャーは打って欲しいんだけれど、今日も下位打線はまったく打てそうもない。清宮くんに至ってはバットに当たりそうもない。

Image16_20201025133901

 上沢くんは、あまり調子がよくないようで、3回に2失点。それでもなんとか粘っていたのだけれど、5回表、トイレに行ったついでに場内を散策している間に大炎上。。。

 攻撃は三振ばかりだし、よりによってタイトル争いの相手の周東に走られて、柳田に4安打では、お話にならない。7回で早々に退場。ないるさんも同じ頃にお帰りになったようだけれど、これじゃみんな帰るよね。50%ルールだから2万人まで入れるのだけれど、実際は、7000人程度。それも前の方に固まっているから、小生の定位置のC指定席なんてほとんど無人だよ。。。

Image8_20201025133901

Image21_20201025133901

 来場者プレゼントのトートバッグだけが、唯一の収穫。試合も寒いけど、夜になると外も寒い。寝よう。。。

Image14_20201025133901

 

 

2020/10/13:志摩観光ホテルへ参戦♪

◆横浜→名古屋→志摩:はれ:6728歩

 毎年、母の誕生日前後に開催されていた親孝行シリーズ。今年は、3月に、由布院は亀の井別荘を予約して、楽しみにしていたのだけれど、コロナで中止。以来、お互いにひきこもっていたのだけれど、GOTO東京も解禁されたことだし、そろそろ、ということで志摩観光ホテルさんへ参戦することになった。サミットも開催された老舗ホテルは、フレンチが有名で楽しみだ。

 母は品川から、小生は新横浜からで、ひかり号グリーン車で合流して西下。ここへ来て補助金不足も話題になっているGOTOキャムペーン、我らは、楽天さんでホテルのみ確保したので、母はジパング倶楽部、小生はEXP予約の早特が使えるひかり号で出発。西へ向かうにつれて雲が減って、絶好の行楽日和、上着がじゃまになるくらいだ。

Image25_20201015152901

Image13_20201015152901

 名古屋で乗り換えて、2週間ぶりの近鉄特急ホーム。せっかく志摩へ行くなら、もちろん「しまかぜ」。予約時点ではガラガラだったけれど、最終的にはけっこうなにぎわい。革のシートは多少くたびれている部分も目につくけれど、座ってみればやはり快適。日本一の特急列車だ。

Image14_20201015152901

Image19_20201015152901

Image7_20201015152901

Image17_20201015152901

 せっかくなので、カフェ車両へ。10分くらい並んで無事に入場を許される。昼ビアで乾杯。母はカレー、小生はピラフ。お味の方も車内調理にしては、よくがむばっているよ。

Image26_20201015152901

 2時間で、終点の賢島へ。駅前から、ホテルの送迎バスへで2、3分で志摩観光ホテル到着。早すぎるのだけれど、幸い、チェックインが許された。我らが泊まるのは、「ザ クラシック」。エレベーターで2階で降りると、宿泊者用ラウンジになっていて、その奥に客室。歴史のあるホテルだけれど、もちろんきれいに改装されていて、Wifiなども完備。

Image18_20201015152901 

Image2_20201015152901

Image5_20201015152901

Image12_20201015152901

 ひと休みしてから。館内散策。お隣の「ザ クラブ」が、初代の本館のようで、今は、バァと鉄板焼、そしてギャラリーとして利用されていて、サミット関連の展示が。ワーキングランチで使われたというサミットテーブル、意外と小さくて距離が近いのね。通路には、藤田嗣治の絵なんかもさりげなく飾ってある。

Image_20201015152901

Image27_20201015152901

Image6_20201015152901

 いったん外に出て、庭園を歩いて、少し離れた高台にある「ザ ベイスイート」へ。こちらは、2008年にできたもっとも新しい建物。屋上にラウンジと庭園があって、昼間から老夫婦がくつろいだりしていて、いい感じ。

Image21_20201015152901

 英虞湾の方を眺めていると、遊覧船が通る。母が乗りたいというので、コンシェルジュに聞くと、5分後に出るからすぐに送るとのことで、本来は、ベイスイート専用のワゴンで、港へ送ってもらう。急いできっぷを買って、検温を受けて乗船。すぐに出発。

Image29_20201015152901

 鳥羽まで来たことはあるけれど、志摩は初めて。このあたりの地形はぐちゃぐちゃ入り組んで本当に複雑。リアス式らしいけれど、三陸とはまた違うし、松島ともちがう。湾曲していて、さらに凹凸があって、島なのか半島なのか実にわかりにくいし、外海がどちらなのかもわからない。実は、賢島が「島」だというのも今回始めて知った。真珠の養殖場を抜けて、船は進むけれど、外海へ出る前にUターン。真珠工場見学がセットだったのはご愛嬌。

Image9_20201015152901

Image8_20201015152901

Image4_20201015152901

 船から戻ると、ちょうどホテル送迎バスの時間で、すぐにまたホテルへ。ここで、噂のGOTOの地域クーポンをいただく。7000円分。幸い、今回、朝食のみのプランで、ホテルの夕食代にクーポンが使えるとのことで、使いみちで苦労する心配はなくなった。

Image22_20201015152901

 英虞湾は夕陽で有名。17時すぎ、2階ラウンジは、西向きで、ちょうど、雲がなく、まんまるの太陽が海をはさんで向こうの山に沈むところ。ラウンジはアルコールもフリードリンクがうれしい。スパークリングワインをいただきながらしばし夕景を楽しむ。

Image3_20201015152901

Image16_20201015152901

 19時半すぎにお席が空いたとの連絡があって、ようやくお楽しみのディナー。サミットのディナー開場にもなった1階の「ラ・メール  ザ クラシック」。広い店内だから密ではないけれど、多くのお客様でかなりのにぎわい。関西の上品なお金持ち風の方が目立つけれど、若い人もそれなりにいる。

アミューズブーシュ

Image15_20201015152901

海の幸のジュレ

Image24_20201015152901

伊勢海老のクリームスープ

Image1_20201015152901

鮑ステーキ 二種類の香草バターソース

Image10_20201015152901

黒毛和牛フィレ肉ステーキ マデラソース

Image20_20201015152901

デザート

Image23_20201015152901

 いやぁ、とっても美味しかった。さすが伝統の味。凝りすぎない感じもいい。全部美味しかったけれど、特に伊勢海老のスープが濃厚ですばらしいし、鮑のステーキも絶品で、母も大満足。ミシュラン一つ星、食べログは、なんと4.17という高評価は伊達じゃないね♪

Image28_20201015152901

 

2020/10/11:ハヤトくんと遊ぶもパワプロ大敗。。。

◆東京:くもり一時あめ:11452歩

 11時に池上駅で久々にサイスさんと合流。妹の墓参にわざわざ来てくれた。

 自由が丘へ戻って、サイス夫人、ハヤトくんも合流して、焼き肉まんぷくさんへ。これも延び延びになっていたハヤトくんの百人一首大会優勝を祝う会がようやく実現。食べログ3.52ということで、なかなか美味しい。ハヤトくんも満足のようで何よりだ。ランチなら比較的リーズナブルだし、お席の間隔もゆったり。食べログで予約したので、GOTOイート適用かと思ったのだけれど、よく見たら対象外だった。。。

Image6_20201012172301

Image7_20201012172301

 サイス宅へ転戦すると、ネコさんがいてびっくり。義実家のネコさんが仮住まい中とのこと。アメリカ生まれで15歳と老猫だけれど、毛艶もよくまだまだ元気そうだ。

Image4_20201012172301

 来年の百人一首大会でのハヤトくん連覇に向けて稽古をつける。「だいぶ忘れてる」とのことだけれど、一応40年前の優勝者のサイスさんと小生が2人がかりで51-49でしか勝てないのだから大したものだ。V2祝いの会は、お寿司に決定したので、がむばって欲しいものである。

Image8_20201012172301

 百人一首も終わったところで、次はカタンか、ブロックスか?今日こそは・・・と思っていると、なんとパワプロだという。小生、いわゆるゲーム機はまったくうといのであるけれど、ハヤトくんがカープで、小生がファイターズと言われては、負けられない戦いになってしまった。

 守備とかはだいたい自動でやってくれる楽なモードで対戦。デフォルトの先発がなぜか河野になっているので、これは、有原に代える。

Image5_20201012172301

Image3_20201012172301

 全然やったことないのだけれど、有原のストレートがコーナーに決まると、大田選手2ラン!ビアヌエバも一発!なんと大量5点のリードだ!

 好投の有原を8回までひっぱるつもりだったのだけれど、コンピューターが勝手に継投してしまうとはひどい。采配がゲームの醍醐味なのに。7回から堀くん。嫌な予感がしたけれど、無失点。8回は宮西か?と思うと、なんと堀くん続投。嫌な予感がしたけれど、無失点。

 いよいよ9回。5点リードでも宮西で万全を期したかったのだけれど、無情にもコンピューターは、堀くん続投。いくならんでもおかしい。案の定、ピエラ2ラン。3点差。早く宮西をと思うとなおも続投。會澤ソロ。2点差。あまりにもあんまり。

 セーブシチュエーションになったところで、秋吉が勝手に出てきた。いよいよ嫌な予感がする。菊池同点2ラン。あまりにもあんまり。今年のファイターズそっくりだ。。。

Image1_20201012172301

 延長戦。10回、宮西がピシャリ。だから、早く出していれば・・・コロナルールは反映していないようで、さらに11回に突入してしまった。。。公文登場。いよいよ嫌な予感がする。ここで、なんと守備が乱れる。。。まぁ、要するに、小生が操作をミスっただけなのだけれど、今年のファイターズそっくりだ。。。そして、誰だか忘れたけど、決勝タイムリーを打たれ、終了。。。5−0から5−7だよ。。。あまりにもあんまり。今年のファイターズそのものだ。

Image9_20201012172301

 もう勝てる気がしないけれど、舞台をマツダスタジアムに移して再戦。先発杉浦がめった打ちされると、中継ぎも崩壊。今年のファイターズそっくりだ。やけくそで起用した2番清宮が4安打の大暴れ、横尾くんも打って、猛追するも10-12で終了。。。

Image_20201012172301

 気がつくと、もう夕方。美味しいぶどうをいただき、本物のファイターズも5-7で敗れたことを確認して退場。。。

 

2020/9/30:特急「ひのとり」で西へ!

◆横浜→名古屋→大阪→神戸:はれのちくもり:5822歩

 爽やかな秋晴れの朝、本日からGOTO第2弾。今年初めての東海道新幹線、のぞみ号で西へ。新横浜発9時10分だから、昨年までなら出張で混みあう時間帯だけれど、車内は窓側のA、E席と一部のD席が埋まる程度。1時間20分で名古屋。6号車から降りた人は小生を含め3人だけ。。。

Image19_20201001190601

Image1_20201001190601

Image4_20201001190601

 近鉄名古屋駅11時発の特急「ひのとり」が今回のお目当て。3月のデビューでGWあたりにはと思っていたのだけれど、待望の初乗り。真っ赤な車両が実に美しい。

Image11_20201001190601

Image2_20201001190601

Image21_20201001190601

Image6_20201001190601

 プレミアム車両は、1-2配置の豪華シート。以前「しまかぜ」に乗ったとき、このまま東京までずっと乗っていたいと思ったものだけれど、近鉄の最近の車両は、本当に座り心地がすばらしい。グランクラスとか、JALのスーパーシートとか、革のシートは特に好きということはないんだけれど、近鉄は特別だね。座席に吸い込まれてしまうような感覚になる。「しまかぜ」とちがって、食堂車などはなく、コーヒーの自販機があるだけだけれど、ぼーっと車窓を眺めているだけで気持ちよくて退屈しない。最後尾1号車の最後列だから後方のビューもすばらしい。

Image7_20201001190601

Image5_20201001190601

Image8_20201001190601

Image18_20201001190601

Image16_20201001190601

Image9_20201001190601

Image24_20201001190601

Image17_20201001190601

 大阪難波から阪神でドーム前を通って、尼崎で乗り換えて、三宮へ。1年3ヶ月ぶりにステーキランドさんへ参戦。一時はアジアの方々で平日の昼間でも盛大に待つほどだったけれど、今日はさすがにガラガラ。もっとも、鉄板焼きは元々がカウンターだし、左右の並びも間隔をとって、アクリル板の仕切りもあるので、比較的安心だ。おなじみのステーキコースとガーリックライス。変わらぬお味とお値段で安心。これからもがむばって欲しいものだ。

Image23_20201001190601

Image10_20201001190601

 シャトルバスで、こちらは2年ぶりくらいのメリケンパークのオリエンタルホテルさんへ。GOTOで35%オフということでバルコニー付きのダブルにリーズナブルに泊まれる。しかしながら、13階の42号室って、ずいぶん縁起の悪い部屋番号だなぁと思いつつ、クローゼットに服をかけ、冷蔵庫に飲み物しまって、充電器など机の上にもいろいろお店を広げてから、入浴して一息つくと、流したお風呂があっという間に床にあふれて水浸しで大変なことに・・・

Image_20201001190601

Image15_20201001190601

Image13_20201001190601

 なんだかんだとずいぶん待たされてから、さすがにお部屋は交換してくれることになったけれど、入浴してくつろいじゃったから、元の服に着替えて態勢をたて直すのは、はっきりいってかなり面倒。でも、まぁ、景色のいい広いお部屋にアップグレードしてくれたから許すことにしよう♪

Image20_20201001190601

Image22_20201001190601

Image12_20201001190601

Image14_20201001190601

2020/9/18:円山散策からのはむほー♪

◆札幌:あめのちくもり:19806歩:札幌の最高気温=22.6度

 当初の計画では、ウポポイ参戦を検討していたのだけれど、アイヌ博物館の事前予約が、早々にまさかのブックフル。誠に意外だけれど、時代は、ウポポイということのようである。

 雨模様だし、久々の遠征で疲れ気味なので、朝はゆっくり。11時に出発して、北海道神宮へ。大通近くの石碑は何度も見てるけど、実は初参戦。円山公園駅から歩いていくうちに、雨もあがってきた。よくわからないけど、参道には、関連する神社もいろいろ付随しているようだ。参拝後の帰路に、何やら土俵があるらしいとのことで、様子を見に行くも残念ながら立入禁止。

Image8_20200922163601

Image16_20200922163601

Image11_20200922163601

Image5_20200922163601

Image4_20200922163601

 円山公園駅近くに、以前、ないるさんやかんちゃんと行った蕎麦屋があったような気がするのだけど、場所が思い出せず、少し南へ歩いて、さくら庵に初参戦する。店構えからして、これは当たりという感じ。カウンターでいただく鴨せいろは、熱いおつゆが別になっていて、とても美味しかった。後で調べたら、食べログ3.58の名店で、鴨せいろが名物だったよう。こじんまりとした上品な店内になぜかムーミンの置物、入口にはムーミン展のポスター。

Image10_20200922163601

Image13_20200922163601

 このあたり、コーヒーの名店も多いとのことで、森彦さんへ。開拓時代を思わせる?古民家風のカフェで、札幌に何店舗あるようだけれど、ここが本店。雰囲気もすばらしいのだけれど、何よりコーヒーが美味しかった。平日昼間でも帰る頃には、お外にはお待ちの方の列が。

Image15_20200922163601

Image6_20200922163601

 いかにもという暗渠跡を歩いて、円山公園駅へ。ホテルに戻っていったん休憩。お部屋のテレビで、4K放送初体験。美しい画面で、勢の痛々しい負け方を見てから出発。。。

Image7_20200922163601

Image14_20200922163601

Image_20200922163601

◇2020/9/18:○F 7-3 M(札幌)

Image17_20200922163601

Image2_20200922163601

 ファイターズ先発は、マルティネス。故障からの復帰後は、中継ぎや抑えもやっていて、それもいいかなと思っていたのだけれど、やはり先発が足りないようで、先発復帰。本来はテンポよくサクサクいくタイプなのだけれど、ファウルで粘られて四球など、らしくない投球で3回80球3失点。

Image18_20200922163601

 マリーンズは、中村稔。たぶん初めて見るけれど、最近活躍しているらしいことは知っている。これは厳しいかと思ったけれど、3回、左投手対策の杉谷と剛くんががむばると、盛大に打線がつながってなんと5点!残塁ばかりだったので、こんなの久しぶりだよね!

 長い試合になりそうだと思ったら、4回からは、加藤くんがテンポよく好投。さらに剛くん2ランで4点差。今日も5000人のゆったり観戦で、のんびりとビアが飲める♪

Image3_20200922163601

 4点リードでも勝ちパターンの継投はいいのだけれど、だったら、なぜ守備を中途半端に代えるのか。近藤→淺間、平沼→石井、中田→清宮って、ちっとも守備固めになってないんだよね。

 8回には代打鳥谷。マリーンズファンの空気はなかなか微妙ね。たぶん最後かもしれない打席をよく見ておこうと思ったけど、あっさり三振。そういえば、今日からはマリーンズ戦だけど、黒い人たちが静かなのはなんか不思議な感覚だよね。

Image9_20200922163601

 昨日書き忘れたけれど、静かな野球観戦は実にいい。大嫌いな風船もないし、ファイターズは過去の応援の録音なども流さないから攻撃時もとても静かで、打球音、ベンチからの声、さらには外野手のかけ声までよく聞こえるよ。応援団の太鼓が解禁されたのだけがちょっと残念だけど、ホント、すばらしい。コロナは早く収束して欲しいけれど、イニング間の何とかバズーカとか、風船とかはこのまま絶滅してもらいたいよね。

 22時前には、無事にはむほー。剛くんのインタビューも堪能してホテルへ戻ると、歩数も2万歩近く。今日はぐっすり眠れそうだ♪

Image12_20200922163601

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録