2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/8/26:【ライブ配信】東京スリバチ学会と、渋谷・新宿・池袋凹凸バーチャルツアー!

◆東京・横浜:はれ時々くもり:5147歩:横浜の最高気温=33.2度

 先週までの殺人的な暑さより多少マシとはいえ、まだまだ残暑厳しい中、更科堀井さんへ。本来は水曜定休だけれど、今年は連日営業中。密にならないレイアウトに、開店の11時半とともに地元の方々が続々と参戦して何より。ハーフビア、鳥焼き、玉子焼き、レモン切り蕎麦。旨し。

Image3_20200827084101

Image4_20200827084101

Image_20200827084101

Image5_20200827084101

 帰浜すると、うしという方から見慣れないナントカ便が添付されている。ヘンな広告でるし、サイズもデカイし、恐る恐るダウンロードすると、おぉ、うわさの資料が。

 軽く覗いてみるつもりが、これが、実にすばらしくて、ひきこまれてついつい見入ってしまい、たっぷり1時間半。知ってる話やなつかしい話もあったけれど、りんごが明治以降とか知らなかったし、言われてみれば最近グレープフルーツはすっかり元気ないよね。いやぁ、まったく大したもんだ賞ですわ。

 夜は、まいまい京都さんの先週末のライブ配信「東京スリバチ学会と、渋谷・新宿・池袋凹凸バーチャルツアー」をアーカイブで堪能。渋谷は、まぁおなじみの話が多いけれど、池袋が高台なのに、なぜ池の袋なのかとか、新しい話もあったし、何より皆川会長の話術は、うしという方と同じで見ていて楽しく飽きさせないからね。アーカイブではなくて、ライブならZOOMでアンケートなんかもとりながらやっていたようだから、もっと楽しめたかも。

20200826

 休憩をはさんで、後半は、スリバチ学会の海外遠征ということで、パリ、フィレンツェ、シエナ。パリの暗渠跡は、道にマークがつけてあるんだね。そして、シエナは、世界一美しいカンポ広場。ん?卒業旅行で行かなかったっけ?と思ったら、やっぱり行ってる。さすがに当時はスリバチ目線では見てなかったけど(^^)。まぁ、海外は、まだ厳しいけど、早く涼しくなってもらって、どんどんスリバチを歩きたいよね。

Image2_20200827084101

 三陸鉄道からは、三鉄マスク到着。こちらもリアス線全線開通後、まだ行けてないからねぇ。早く行きたいねぇ。

Image1_20200827084101

 

2020/8/24:明治神宮「神宮の杜芸術祝祭」に参戦

◆横浜・東京:はれ時々くもり:9744歩:東京都心の最高気温=32.3度

 雨模様は1日だけで、夏空復活、先週ほどではないけれど気温も上昇。そんな中、みなとみらい線急行で出発して、明治神宮前駅へ。先日のぶらぶら美術館で、取り上げられていたので、気になっていたのだけれど、旧原宿駅舎も今日から取り壊しが始まるとのことで、急きょの参戦。

Image15_20200826153501

Image14_20200826153501

 初詣で明治天皇の御歌のおみくじをひいた記憶があるけれど、美里の元旦ライヴの頃以来だから、どうやら8年ぶりらしい。ごった返す元旦とちがって、静かな参道。緑たっぷりで、案外涼しい。すれ違うとき以外はマスクをはずしてのんびり歩くと、さっそく、何やら作品を発見。

Image8_20200826153501

Image27_20200826153501

Image26_20200826153501

Image7_20200826153501

 芸術祝祭とは別に、渋谷川の源流のひとつにもなっている清正井もこの機会に見たかったのだけれど、こちらは、御苑内ということで別料金を払って入苑。一番奥の清正井まではけっこう歩く。シオカラトンボなんかもいて都会のど真ん中にいることを忘れるね。

Image18_20200826153501

Image5_20200826153501

Image6_20200826153501

Image12_20200826153501

Image22_20200826153501

Image20_20200826153501

 参道に戻って、参拝。そうか、今年で創建100年なんだね。競技場も近いし、本来なら、オリンピックを見に来た外人さんで盛大ににぎわっていたんだろうねぇ。。。

Image2_20200826153501

Image24_20200826153701

Image10_20200826153501

Image25_20200826153501

 さて、残りの2作品は?というと、これが、北側の端っこの方にあるので、また延々歩く。最後にようやくお目当てのトラさんを発見して、ほぼ境内一周だ。

Image17_20200826153501

Image9_20200826153501

 さすがに汗びっしょりだし、疲れてきたけれど、ミュージアムの中でも、何やらアート作品が展示中。カエルさんとかヘビさんとか。撮影可がうれしいね。建物は、いかにも隈研吾さん風だね。

Image21_20200826153501

Image13_20200826153501

Image3_20200826153501

Image19_20200826153501

Image11_20200826153501

Image4_20200826153501

Image1_20200826153501

 帰りは、原宿駅新駅舎から山手線。旧駅舎がなくなるのは残念だけれど、ホームは2面で、便利になったね。渋谷駅の埼京線ホームも移設後、初めてみたよ。

Image23_20200826153501

Image_20200826153501

Image28_20200826153501

Image16_20200826153501

 

2020/8/23:鎌スタ中止~「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」へ参戦♪

◆横浜・東京:くもり時々あめのちはれ:4275歩:東京都心の最高気温=29.4度

 昨夜は22時すぎに就寝したけれど、すごい雷でちょっと怖かった。

 で、本日は、鎌スタに参戦予定。札幌ドーム参戦の前に、まずは、近場でヤングの姿を見ておこう、ということで、久々のファイターズを楽しみにしていたのだけれど、週の前半から今日だけは雨の予報。8月になった途端、あれだけ、連日猛暑が続いていて、都心は夕立すらほとんど降ってなかったのにねぇ。。。

 直前まで何度も各社の予報を更新したけれど、大気が不安定で雨が降ったり止んだりとの予報は変わらず、実際、横浜は朝から雨が降ったり止んだり。ユニだけじゃなくて、タオルとかレインウェアとかビニール袋とか詰め込んで、重装備で足取りも重く出発。

Img_6091

 鎌ヶ谷は遠いけれど、横浜から船橋まで横須賀線グリーンが使えるのがこのご時世ありがたい。びゅうカードのポイントもたまってるしね。

Img_6093

 新川崎あたりで雨。品川から地下に入って、錦糸町で地上へ出ると、けっこう空が明るくなってきて、これならなんとか?と思ったら、kecoさんから中止決定との情報が・・・

 幸い、快速線と緩行線でほぼ同じあたりにいたので、新小岩で合流して東京駅まで引き返す。せっかくなので、グランスタの新エリアにオープンしたばかりの食堂車風レストラン「STATION RESTAURANT THE CENTRAL」に参戦して、「食堂長自慢のスペシャルハヤシライス」を堪能。まぁ、要するにむかしの日本食堂の食堂車の味なんだけれど、鉄道博物館の同じようなレストランよりも広めでゆったり。特にマニアが殺到ということもなくて、密じゃなかった。昔のメニューが飾ってあったり、近くの待合室には、ブルートレインのヘッドマークやら0キロポストのレプリカやらいろいろあって楽しい。

Img_6094

Img_6101

Img_6096

 ちょうど帰宅したところで横浜もまた大雨。でも、すぐあがって、晴れ間も出てきた。特に千葉方面は大雨ということもなかったようで、やろうと思えば試合できたような気もしたけれど、NHKで1軍の大勝を見られたからまぁいいか。

 

2020/8/3:エア旅・エア散歩

◆横浜:はれ:6284歩:横浜の最高気温=32.4度

 7時に起床すると、今日も大谷くんは、もう降板している。あまりにもあんまり。

 本日は、スリバチ本片手に、谷の真打ち「下末吉」を歩こうと思って、出発したのだけれど、あちぃので、断念して帰宅。冷房をかけてひきこもる。

 仕方がないので、購入してまだ観ていなかった、「只見線」のBlu-rayでエア旅。先日のスーパー宗谷のときは、実際の出発時刻に合わせたのだけれど、今回は、会津若松発5:59なので、リアルタイムは断念して、4時間遅れくらいで堪能。前回と同じく運転席固定カメラなので、トンネルに入れば真っ暗だし、虫が張り付いたりするのもご愛嬌。運転士さんの「制限、45」などの声もはっきり。

Image3_20200811121101

Image2_20200811121101

Image1_20200811121101

 只見線に乗ったのは、本格的に乗りつぶしを始めた頃だかえら、もう15年も前なんだねぇ。あと4年前にも会社のCSR活動みたいので、森を見に来たんだよね。豪雨で一部区間普通になってからもう10年近いと思うけれど、復旧工事は続いているようなので、また乗りに来たいものだね。

Image6_20200811121101

 夕方、多少涼しくなったところで、近所を少し歩いて、プロントで風香るハイボール、タコのカルパッチョ、エビのアヒージョ、ボロネーゼ。店内は、ほとんど無人だから安心なんだけれど、数少ない行きつけだからつぶれないで欲しいよね。

 帰宅すると、注文しておいた「東京人」9月号が到着。特集は、「江戸東京空想エア散歩」。地図好きの人たちがいろいろと寄稿して、江戸、東京のなつかしい地図多数。実に読み応えあるよ。そして、次号の特集は、「暗渠散歩」というのだから、まったくもってすばらしい。

Image_20200811121101

Image5_20200811121101

 しめくくりは、BS日テレで、最近はまっている、「友近・礼二の妄想トレイン」。これもコロナ禍ならではの旅しない旅番組なんだけれど、マニアックな妄想旅が楽しい。今日は、のぞみ→しおかぜで松山へ行って、坊っちゃん列車に道後温泉。坊ちゃん列車がターンテーブルなしで、自力で転回しているとは知らなかったよ。

Image7_20200811121101

Image4_20200811121101

Img_5798

 エア旅、エア散歩で楽しんだ1日。でも、やっぱり乗りたい、歩きたい、温泉入りたい♪

2020/7/30:泉岳寺~Takanawa Gateway Fest

◆東京:くもり時々はれ:8853歩

 9時半すぎ、そろそろ出かけようとしたところで、いじっていたiPhoneが盛大に鳴り出してビビる。緊急地震速報。まったく揺れず。空振り。まぁ、仕方ない。

 今日も涼しいので、街を歩く。10時すぎに出発。清正公から天神坂を上がって、東海大高輪台のあたり、二本榎通りというのかな。ここから、細い坂道を降りていくと、井戸があったりして、行き止まりかと思ったらまだ先があって、今度こそ、行き止まりかと思ったら、また先が。これはすごい路地。で、突然、開けたところが、泉岳寺の山門。

Image16_20200806144501

Image_20200806144501

Image3_20200806144501

Image17_20200806144501

Image7_20200806144501

Image4_20200806144501

Image2_20200806144501

 泉岳寺も数え切れないくらい近くを通っているけど、実は初参戦。拝観無料なので、お賽銭を少し多めに入れて本堂にお参りすると、その横に、四十七士の墓がある。こちらは、入口でお線香を200JPYで売っていて、強制ではないのだろうけど、購入せざるを得ない雰囲気。すると、太い束になったお線香が渡される。そうか、四十七士のお墓それぞれにお参りするためなのね。申し訳ないけど、一部割愛して退場。

Image14_20200806144501

Image15_20200806144501

Image18_20200806144501

 国道へ出たところが、高輪ゲートウェイ駅、と言いたいところなのだけれど、駅前広場がまだ整備中で改札まではけっこう遠い。その、整備中の広場で今月から始まったのが、Takanawa Gateway Fest。なんだかよくわからないけれど、事前予約(直前まで可)で11時の回に入場。消毒と検温。

Image9_20200806144501

Image8_20200806144501

Image5_20200806144501

Image12_20200806144501

 閑散とした場内には、いわゆる企業ブースというか、未来体験パビリオンみたいのがあるようだけれど(別途個別予約要)、よくわからないので、フードマーケットさんに参戦して、先日テレビのニュース番組で紹介されていた富山の「eat3.4」さんの紅白かき揚げ天丼さんをいただく。テークアウト不可とのことで、場内でいただくけれど、広い休憩エリアは、ほぼ無人なので、0密。なかなかの味で、1200JPYなら、このテのイベントとしては、リーズナブルといえよう。

Image13_20200806144501

Image1_20200806144501

Image10_20200806144501

Image11_20200806144501

 東証続落、勢10敗、アフター5スター賞トライアル大敗も、ファイターズは快勝で3連勝♪

Image00_20200806144601

 

 

2020/6/5:長者丸踏切を発見

◆東京:くもり時々はれ:6784歩

 諸般の事情により在京。今日も午後は散歩。同じルートばかりでもつまらないので、恵比寿三丁目の交差点からトンネルの脇を通り、さらにガーデンプレイスの裏の方へ分け入ってみる。実家の近くとはいえ、初めて通るルートだ。

 適当に歩けば、まぁ、間違えてもどっかで山手線にぶつかるだろうと思っていたら、いきなり踏切がでてきて驚く。山手線は高架で上を走っているのだけれど、埼京線(山手貨物線)の方が、なんと踏切になっている。さすがに自動車は通さないようで、歩行者専用だけれど、こんなところに踏切があるとは知らなかった。反対側では、子どもたちも電車の通過を楽しみに待っているようだ。

Img_5464

 すぐに埼京線が通過。子どもたちのお目当ては、相鉄直通の12000系だったようだけれど残念。

Img_5466

Img_5469

 帰宅後調べてみたら、タモリ倶楽部やちい散歩でも取り上げられてるのね。まだまだ近くにも知らないところはたくさんあるね。

 

2020/4/22:特急「スーパー宗谷1号」北へ!

◆横浜:くもり時々はれ:2874歩

 6時起床。野菜ジュース、テレビ体操、朝風呂。ヨーグルト、鮭茶漬け。昨晩のファイターズDEナイト。

 本日は、久々の遠征。札駅から北へ向かう。といっても、もちろん外出自粛なので、バーチャルな旅。北の最果てへ向かう特急「スーパー宗谷1号」の運転台からの映像をBlu-rayで堪能するのだ。せっかくなので、当時の実際のダイヤに時間を合わせて再生。7時48分に札幌駅を出発!

Image1_20200422174501

Image15_20200422174501

Image_20200422174501

 このテの作品は、初めて購入したけれど、運転台からの映像だけが淡々と流れ、音声も車内放送やワゴン販売の案内のみで、余計なナレーションが一切ないのがいい。本当に乗車している感覚になれる。

 旭川まではおなじみのコース。複線電化ですれちがう列車も多い。トンネルに入るとほぼ真っ暗なのも新鮮。

Image11_20200422174501

Image2_20200422174501

 旭川から、いよいよ宗谷本線。塩狩峠を越えて、和寒、さらに名寄へ。ここまでが高速化工事を実施した区間。かなりのスピードで快走したけれど、その分、先頭の窓に虫が張り付いちゃったりもしている。

Image8_20200422174501

Image3_20200422174501

Image4_20200422174501

 名寄から先はスピードも落ちて、ローカル線の雰囲気。美深、音威子府と、かつての分岐駅は、線路こそ撤去されたものの、敷地が妙に広いので、逆に寂しい感じがする。

Image7_20200422174501

Image9_20200422174501

 3時間をすぎると、さすがに退屈してくる。幌延、豊富とすぎて、最後、日本海が見えなかったっけ?と思うと、ちゃんと車内放送で案内があって、徐行もしてくれる。もっとも、日本海は、進行方向左側の車窓に広がるので、先頭カメラからだとあんまり見えない。このあたりは、実際に列車に乗っていないとダメだね。利尻島も見えなかった。

Image6_20200422174501

 札幌から4時間59分。ようやく稚内到着。最果ての終着駅。工事中のようで、以前訪れたときとはちょっと雰囲気が変わっていた。稚内ももう15年くらい訪れてないから、今年は久々に行こうかと思っていたんだよね。

Image10_20200422174501

Image13_20200422174501

Image5_20200422174501

 というわけで、5時間のバーチャル汽車旅で鉄分を補給。このシリーズは、他にも出ているようだから、いろいろ堪能してみたいね♪

Image12_20200422174501

Image14_20200422174501

 

 

2020/2/11:スーパービュー踊り子&伊豆クレイルで行く河津桜まつり♪

◆東京→横浜→河津→横浜:はれ:15641歩

 7時15分起床。あまおう、いよかん、バナナ、ヨーグルト、ハム、パン、サラダ、コーヒー。

 9時すぎに出発して、品川駅から東海道線。いったん横浜で降りて、ビアを調達して、11時24分発のスーパービュー踊り子5号。デビュー当時は斬新だった251系も3月で引退が発表されたので、お別れ乗車がてら恒例の河津桜まつりへ参戦する。祝日ということで、車内はほぼ満席でなにより。冬晴れで、富士山も根府川からの海も伊豆の海もきれいだ。

Image9_20200213085501

Image24_20200213085601

Image31_20200213085601

Image7_20200213085501

Image17_20200213085601

Image19_20200213085601

 桜の方は、やはり例年より開花は早めということで、もう6~7分くらいは咲いている。アジアの方は少ないけれど、祝日ということでけっこうなにぎわい。なぜか猿回しも盛大に。

Image6_20200213085501

Image4_20200213085501

Image28_20200213085601

Image11_20200213085601

Image2_20200213085501

 いったん河口側へ歩いてから、上流方向へ散策して、おなじみの踊り子温泉会館で入浴。

Image1_20200213085501

Image25_20200213085601

Image32_20200213085601

Image16_20200213085601

Image23_20200213085601

Image_20200213085601

Image27_20200213085601

 コロッケやらいちごやらを購入しながら駅へ戻って、帰りは、伊豆クレイル。いつか乗ろうと思っているうちに、この夏で引退が発表されてしまったので、急遽指定を確保。美しい塗装の特別車両だけれど、ベースは、常磐線のひたちでおなじみだったE651系ということで、4号車指定席はちょっと狭い感じは否めないけれど、こちらもほぼ満席でけっこうなにぎわいだ。

Image14_20200213085601

Image26_20200213085601

 観光用の快速列車ということで、稲取付近の眺めのよいところでは停車して海を見せてくれたり、伊東でも15分以上の停車があって、みなさんホームで記念撮影。構内には3月デビューのサフィールがいて、1番線にはリゾート21の黒船、3番線にはスーパービューが入線と、至れり尽くせりだ。

Image8_20200213085501

Image13_20200213085601

Image21_20200213085601

Image29_20200213085601

Image12_20200213085601

Image30_20200213085601

 2号車は、売店兼ラウンジになっていて、ギターの弾き語りなども行われている。ワインと焼きアジを購入して、座席にもどってゆっくり。待ち合わせも多く、根府川では後続の鈍行にまで道を譲って、18時すぎに小田原到着。小田原からは上野東京ライングリーン車で19時すぎに帰宅して早々に就寝。

Image10_20200213085501

Image20_20200213085601

Image15_20200213085601

Image3_20200213085501

 

2020/1/21:サンダーバード&新快速Aシートで行く!復活!姫路競馬!

◆金沢→京都→姫路→神戸→横浜:くもりのちはれ:12889歩

 4時頃目が覚めて二度寝して6時45分起床。朝風呂。けっこうなにぎわい。朝食ヴァイキングはパスして、セブンで買っておいた野菜生活、飲むヨーグルト、サンドイッチ。

 8時半にチェックアウトして金沢駅へ。本日は、サンダーバードで西へ向かう。駅ナカのセブンでキリマンジャロを買って681系に乗り込む。

Image2_20200121210801

 9時2分発、サンダーバード14号大阪行き。福井、敦賀、京都、新大阪のみ停車の速達タイプなのだけれど、AC電源なし、Wifiなし、車販なしのないないづくし。そのくせ車内改札はあるんだ。JR西日本の在来線特急のエースがこれじゃあねぇ、みんなバスに乗るよね。。。新幹線延伸が近いから今さらあまり投資もしたくないんだろうけど、中途半端に敦賀まで開通しちゃったら、関西の人はどうするのかね。大阪ー金沢は今でも直通で2時間半ちょっとだけど、これが敦賀乗り換えで2時間とかになってもかえって面倒くださいだけだよねぇ。。。新八代みたい対面にする予定もなさそうだし、ますますバスに客が流れそうだよ。。。一気に大阪まで開通させるべきだったよねぇ。。。

Image_20200121210801

 福井をすぎて、北陸トンネルに入る前には、

「電波がつながりにくくなりますので、スマホやタブレットはご注意を」

 ってご親切に車内放送があったけど、これも冴えないよねぇ。。。

Image14_20200121210801

Image6_20200121210801

 本日の目的地は姫路ということで、敦賀から新快速に乗り換えて3時間の旅という案もあったのだけれど、さすがに疲れそうなので、京都で乗り換え。実は、この時間、米原方面からちょうどAシート付きの新快速が来るのだ。

Image1_20200121210801

 ホームのスタンドでカレー蕎麦をかきこみ、11時30分発の新快速姫路行きは、9号車が有料座席Aシート。JRA東日本の普通列車グリーン車みたいなものなのだけれど、新快速の場合は、普通席でも転換クロスシートで快適なだけに通勤時間帯以外に500JPY出す人がどれくらいいるだろうか?京都駅出発時点では、10名くらいの乗車。

Image12_20200121210801

Image18_20200121210801

Image19_20200121210801

 まだ試行段階ということで、1日数本しかないし、整理券も車内購入のみで、スタッフのコストの方が高いのではないかと思うけれど、AC電源付き、Wifi付きでトイレもすぐ近くにあって実に快適。これで特急料金不要で、速度も特急並みなのだから、まったくもってすばらしいし、やはりサンダーバードはなんとかすべきだよねぇ。

Image20_20200121210801

Image21_20200121210801

 京都麦酒をいただきながら、まったり。途中、JR西日本仕様のホームドアならぬ昇降式の柵を発見。たしかにこの方がだいぶコスト安そうだ。

Image3_20200121210801

Image16_20200121210801

 大阪では4割くらいの乗車率になったけど、三宮、神戸でガラガラになって、須磨を過ぎると、海が見えてくる。なんだかんだいっても、東海道線の根府川付近と山陽線の須磨付近の車窓がいいんだよね。

Image9_20200121210801

Image23_20200121210801

 快適な1時間半で姫路駅到着。かなり久しぶり。そして、駅前から競馬場行きのバスで、先週7年半ぶりに奇跡の復活をとげた姫路競馬場へ参戦。30年ぶりくらいかな。ちょっと思い出せないよね。

Image10_20200121210801

Image17_20200121210801

 休止といっても、事実上の廃止と思われた姫路競馬場だけど、運動公園や調整池として整備している間に、JRAネット投票の開始とともに地方競馬の売上が回復する中、ナイター効果もあって同じ兵庫県組合の園田の売上も急回復ということで、ついに復活。ホント、まさか、またここで競馬を見られる日が来るとは思わなかったよ。

Image22_20200121210801

 初日は3000人近く入って、新聞も売り切れたとのことだけれど、再開2週目の今日も、天気にも恵まれて、まずまず入っていて何より。超久しぶりにキンキを購入するけれど、併売の大井や笠松の新聞を売っているのもえらいね。

Image7_20200121210801

 8Rから参戦。出遅れた吉村がなんとか追い込んできて枠連が的中。さらに続く9Rは、吉村にしては人気がない1番のクライフォーローズから総流しすると、内枠から芸術的な逃げ。いっぱいに2着に残って、人気薄のリンガスネオを連れてきたので、馬連71.3倍を的中!すばらしい!

Image24_20200121210801

Image15_20200121210801

Image13_20200121210801

 10Rには、なんとハルカゼが出走。もちろん先代とはなんの関係もないけれど、これもご縁ということで単複を購入するも出遅れてまくって一杯で終了。

Image5_20200121210801

Image8_20200121210801

Image11_20200121210801

 3戦2勝もけっこうな勝利で気持ちよく撤収。当初の予定では、三宮へ出てステーキランドさんと思っていたのだけれど、ちょうど姫路に停まるのぞみがあったので、これをゲットして、新横浜へ直行。姫路ー新横浜2時間43分っていうのは速いね。

Image4_20200121210801

Img_3650

 

 

 

2020/1/20:あずさ&はくたかで行く!中島みゆき2020ラスト・ツアー「結果オーライ」@金沢・本多ホール♪

◆横浜→八王子→南小谷→糸魚川→金沢:はれのちくもり時々あめ:8676歩

 5時40分起床。6時22分のみなとみらい線で出発。菊名乗り換えで八王子着。お弁当を購入する予定だったのだけれど、いろり庵きらくさんに吸い込まれてしまい、朝食そばで温まる。

Image21_20200120230601

 若干の遅れの8時2分発のあずさ3号に乗車。最新のE353系は、全席AC電源付き&Wifi対応で便利。まぁ、これが当たり前っていえば当たり前なんだけどね。幸いお隣は空席。しかも全席指定の席上ランプ対応だから、当分来ないこともわかるので便利だ。

Image27_20200120230601

Image10_20200120230501

 晴れた日の中央東線の車窓は気持ちがいい。相模湖あたりでも先週末の雪がけっこう残っている。笹子トンネルを抜けると、遠く南アルプスの山々がきれいにみえて、さらには富士山も。やっぱり移住は山梨がいいような気もしてくるよね。甲府でガラガラになったところで、朝ビア。小淵沢あたりの景色もすばらしい。

Image9_20200120230501

Image15_20200120230501

Image2_20200120230501

Image5_20200120230501

 あずさ3号は、1日に1本だけの大糸線直通。松本でさらにガラガラになって、のんびりと大糸線を行く。安曇野も久しぶりにゆっくり散策したいねぇ。

Image24_20200120230601

 トラモンタン号TCKオープニング賞3着、東証続伸を確認して、信濃大町をすぎて、仁科三湖を眺めながら終点の南小谷へ。八王子から3時間45分の在来線の旅、変化のある車窓を眺めているだけでホント飽きないよ。

Image22_20200120230601

Image6_20200120230501

Image19_20200120230501

Image20_20200120230501

 南小谷からは、JR西日本。同じ大糸線でも非電化でキハの2両編成でローカル線の風情。翡翠で有名な姫川に沿って進むのだけれど、このルートは、フォッサマグナでもあって、日本を東西に分ける断層地帯だ。

Image11_20200120230501

Image13_20200120230501

Image26_20200120230601

 1時間ほどゆったりと旅して糸魚川到着。待合室には、なつかしいキハ52が展示され、さらには、Nゲージやプラレールのジオラマが盛大で楽しい。

Image17_20200120230501

Image18_20200120230501

Image23_20200120230601

 糸魚川からは、はくたか号。久しぶりのE7系。みなとみらいから8時間かかってようやく本日の目的地の金沢へ到着。

Image3_20200120230501

 チェックインにはまだ早いので、もちろん駅ナカのすし玉さんへ参戦する。いつのまにかタッチパネルが完備。たしかにこれは便利だし、楽でいいよ。のどぐろ旨し。白エビ旨し。ビアに金箔の日本酒、中トロに甘エビなど高いネタばかりいただいて4510JPYとは、ホントすばらしい。世の中には高くて美味しいお寿司はいくらでもあるんだろうけど、正直、小生はこれで十分。これが駅ナカで堪能できるんだから、金沢最高、ありがたいの一言だよ。

Image25_20200120230601

Image4_20200120230501 

Image16_20200120230501

Image1_20200120230501

 予報通り降り出した雨の中、ドーミーインさんに駆け込んで、さっそく第1回入浴をすませて、17時すぎに出発して、駅前からバスで兼六園近くの本多ホールさんへ。いよいよ本日のおめあて、中島みゆき2020ラスト・ツアー「結果オーライ」へ参戦である。最近は夜会や夜会工場ばかりなので、コンサートは4年ぶり、そしてその4年前は、当日トラブルで無念の欠場となったので、小生としては実に7年ぶりのみゆき様のコンサートである。

Image7_20200120230501

Image8_20200120230501

 平日2Daysの金沢の月曜日が一番チケットが取りやすそうということで、なんとか確保はできたけれど、1800名くらい入れるホールのほとんど最後列。立ち見席まで開放しているからすごい。

 第1部は、ニューアルバムの「一期一会」で始まって、2曲目には、最初のツアーの最初の曲だったという「アザミ嬢のララバイ」、さらに「悪女」、「浅い眠り」、「糸」と続くからすばらしい。

 お便りコーナー、やはり近県だけでなく遠方からの遠征も多かったようで、紹介されたお便りには、三重、西宮、長崎、沖縄までも!

 第2部では、メジャーではないけど小生の好きな「ナイトキャップ・スペシャル」を演ってくれたのがうれしい。今回の「ラスト・ツアー」は、全国ツアーの最後であって、引退ではないのだけれど、それでもあと何回コンサートに参戦できるかわからないし、となると、1曲1曲が生で聴けるのは最後かもしれないからね。じっくりと心に染み込ませないとね。

 「麦の唄」、「慕情」、「誕生」と名曲続きでフィナーレ。いやぁ、ジーンとくるねぇ。アンコールラストの「はじめまして」まで堪能して大満足。まったくもってすばらしいよ。

 会場近くのバス停から金沢駅へのバスが終バスというのはびっくりだったけれど、なんとか無事にホテルへ戻って、夜鳴きそばをいただき、第2回入浴をすませれば、充実の1日が大団円。

Image_20200120230601

Image29_20200120230601

Image12_20200120230501

 

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録