2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/11/11:ことでんでこんぴらさんへ

◆(車中泊)→高松→琴平→松山:はれ:12101歩

 4時くらいに大阪の運転停車で目が覚めたけど、まぁまぁよく眠れた。ちょうど瀬戸大橋で日の出を迎えて、文字通りのサンライズが美しい。

20201111z

Image12_20201113092701

Image25_20201113092701

 もっとゆっくり乗りたいところだけれど、7時27分、終点高松到着。おなじみの駅前のめりけんやさんで朝食。トッピングはビニール手袋をして割り箸でとるようになっていて、けっこう気を使っているね。

Image9_20201113092701

Image24_20201113092701

Image4_20201113092701

Image29_20201113092701

Image11_20201113092701

 JRの方が速いのだけれど、せっかくなので、ことでんで1時間かけてのんびりと琴平へ。朝の通勤・通学時間帯ということで、4両編成にソコソコ乗っていて頼もしい。

Image16_20201113092701

Image32_20201113092701

Image8_20201113092701

Image13_20201113092701

 200JPYと安いコインロッカーに荷物を半分預けて、こんぴらさんへ登る。これで4回目かな。年々階段がシンドくなってくるけれど、なんとかたどりついた。(もちろん奥社は無理)まだ9時台で秋晴れの空気は冷たいけれど、ビューはすばらしい。

Image23_20201113092701

Image27_20201113092701

Image20_20201113092701

Image30_20201113092701

 朝からぐったりなので、神椿さんへ。9時から営業とはうれしい。つまり、2日連続の資生堂パーラー。東証続伸を確認しながら、神椿パフェとコーヒーをいただき、まったりと。

Image18_20201113092701

Image31_20201113092701

Image22_20201113092701

 帰りはJRの琴平駅へ出て、普通列車で多度津。ほとんど無人。多度津からは、アンパンマン車両のしおかぜと併結のいしづち9号。指定席は車両に2人だけ。。。一番新しい車両だとAC電源があるのだけれど、8000系はなし。ただ、Wifiが使えるのは意外だった。予讃線は、けっこう海の沿って走るので、ビューがいい。のんびり2時間の汽車旅で松山へ。

Image14_20201113092701

Image6_20201113092701

Image17_20201113092701

Image21_20201113092701

Image2_20201113092701

Image28_20201113092701

 市電で道後温泉へ直行。GOTO風のお客さんもソコソコいるし、ここはアーケードのにぎわいが楽しいのだけれど、閉めてしまったようなお店もチラホラ。本館は工事中。魚武さんで宇和島風鯛めしとマドンナビール。

Image10_20201113092701

Image5_20201113092701

Image19_20201113092701

Image15_20201113092701

Image7_20201113092701

Image_20201113092701

 お泊りは、久しぶりの道後山の手ホテル。平日とはいえ、朝食付き6500JPYはありがたい。18時すぎの温泉大浴場は、無人で独泉。こんぴら登山の疲れを癒やして、早々に就寝。

Image1_20201113092701

 

2020/11/10:サンライズ瀬戸で西へ!

◆東京→横浜→(車中泊):はれ:6513歩

 横浜高島屋の資生堂パーラーで母とランチ。おなじみのビーフカレーセット。さっそく、Go To EatかながわのLINEクーポンを利用。さらに、地下2階の千疋屋さんで、メロンジュース。こちらもクーポンで実質2割引♪これはなかなか使えそうなので、帰宅後、クーポンを追加購入。

20201110a

Image7_20201113075801

20201110b

 ファイザーのワクチンの情報で、NY暴騰、なんと一時1600ドル高で、その後半分ほど戻って終値は800ドル高。円も一気に105円台へ。東証は?というと、6連騰とはなったものの、withコロナで期待されていた新興株には、暴落するものも。出遅れていた、商社とかビアとか銀行が久々に上がったけれど、果たしてどうなることやら。

 21時半に出発して、酔っぱらいの多い横浜駅の東海道線ホームから、サンライズ瀬戸で西下。昨年の大晦日以来だけど、当時はB寝台ソロしかとれなかったので、A寝台のシングルデラックスは久しぶり。GOTOキャンペーンも適用されないし、それなりのお値段のだけれど、四季島や瑞風に比べれば、もちろん全然安いし、ベッドとデスクが別になっていて、寝台車の理想形だよね。幸い、今日もけっこうな乗車率のようだけれど、車両の寿命とともにどうせ廃止されてしまうのだろうから、乗れるときに乗っておかないと。

Image2_20201113075801

Image3_20201113075801

Image4_20201113075801

Image1_20201113075801

Image8_20201113075801

Image9_20201113075801

Image6_20201113075801

 

 

2020/11/5:ひたち号で帰京

◆仙台→東京→横浜:はれ:4760歩

 けっこうよく眠れて6時起床。いきなりiPhoneがバージョンアップされてしまい、何やら混乱する。ただでさえバテリーが終了しているのに余計なことしないで欲しかった。

 気持ちよい秋晴れ。7時から朝食。ブッフェをとりやめているようだけれど、和洋とりまぜてなかなか充実のメニューで美味しい。

Image13_20201108062901

Image10_20201108062901

Image12_20201108062901

Image16_20201108062901

 8時半にチェックアウトして、帰りもタクシー券をいただき、泉中央へ。それにしてもGOTO分35%は国の負担とはいえ、朝食と夕食5000JPY券付きで12000JPYのお客さんに片道2000JPYのタクシーを往復用意してはほとんど儲けがなさそうだよね・・・せいぜいブログで宣伝しておこう。

 地域クーポン3000JPYがあるので、仙台駅で笹かまぼこと、「かもめの玉子」とお弁当とビア。お釣りが出ないので、税込み1000JPYプランを用意しているお店はセンスがいい。

 帰りはひたち号。というか、これが旅の一番の目的。震災から9年、ようやく全線開通した常磐線、うれしいことに、仙台ー品川直通のひたち号が登場。3月のダイヤ改正で真っ先に乗るはずが、延び延びになってしまって、ようやく実現。

Image11_20201108062901

Image7_20201108062901

Image5_20201108062901

 10時13分仙台発ひたち14号。E657系は、Wifi、AC電源対応で快適。車内には、7~8人程度。山元あたりから、路盤が新しくなったりして、作り直した区間になるのかな。相馬、原ノ町。震災の翌年に南相馬のふるさと納税の返礼で相馬野馬追いに来たときは、たしか、まだここも開通してなかったんだよね。

Image8_20201108062901

Image9_20201108062901

Image1_20201108062901

Image3_20201108062901

Image_20201108062901

 2年前に代行バスに乗った浪江から富岡が今春最後に開通した区間。本当はどこかで途中下車してゆっくり見たかったんだけれど、本数が少なくて接続も悪いので、断念。夜ノ森の桜とか、あらためてゆっくり見に来たいよね。そういえば、今日11月5日は、世界津波の日とのこと。なんでも、江戸時代の安政南海地震の津波に由来するとか。沿線は、堤防みたいに土が盛られているところが多くて、原発はみえないようね。

20201105k

Image6_20201108062901

Image4_20201108062901

Image14_20201108062901

 在来線の特急に4時間半も乗れるのは、今では貴重。いわきを過ぎたあたりで、ビアとお弁当をいただきくつろぐ。水戸を過ぎても車内は閑散としたまま。あっという間と言いたいところだけ、さすがに最後の1時間くらいは少し退屈したかな。

Image2_20201108062901

Image15_20201108062901

 大統領選は、バイデン氏優勢のまま開票は進まず。東京の感染者も少し増えたようだけれど、東証は今日も続伸で、ついに今年の最高値更新。

 

2020/10/28:宮島達男クロニクル1995-2020@千葉市美術館

◆横浜・東京・千葉:くもり時々はれ:10391歩

 本日は、10時から年に一度、点検のための共用部全館停電。各住戸の電気は消えないけれど、エレベーター停止だけでなく、断水、テレビ・インターネット利用不可だから、ひきこもりも辛い。避難するに限る。

 ということで、10時のみなとみらい線から横須賀線~総武快速線直通グリーン車で、千葉へ。ここまで来ると、けっこう乗りでがあるし、千葉駅は相当久しぶり。何やらきれいになっている。そして、千葉モノレールは初乗り。

Image14_20201030085801

Image8_20201030085801

Image7_20201030085801

 葭川公園駅から歩いて、千葉市美術館へ。「宮島達男 クロニクル 1995-2020」が開催中。ちょうど母から招待券をもらったので、参戦することに。宮島達男さんは、六本木のSTARS展で、6人の中で、唯一知らない人だったのだけれど、その後、日曜美術館その他で復習済みだ。

Image2_20201030085801

Image4_20201030085801

 事前予約も不要で、館内はゆったり。初期の作品は、ちょっと気持ち悪い系もある。後半は、おなじみのLED。撮影可の作品も多くうれしい。ぼーっと数字を眺めているのも悪くないんだよね。

Image10_20201030085801 

Image5_20201030085801

Image1_20201030085801

Image9_20201030085801

Image11_20201030085801

Image12_20201030085801

Image3_20201030085801

 帰りは千葉駅まで歩いて、東京駅でいったん降りる。遅めのお昼、東京駅の地下街、いろいろ目移りしてで浮気しそうになるのを我慢して、玉丁さんで豚肉入りと漬物とビア。

Image_20201030085801

 JR西日本の5489ネットで予約した来月の指定券の発券。諸般の事情により、なぜかJR東海の機械でしか発券できないから横浜駅では発券できないのだ。(北陸新幹線だと、逆にJR東日本でしか発券できない)

 東京駅は、グランスタには、ムーミンショップが臨時出店しているし、あいかわらずsuicaペンギングッズも充実していて、いろいろ誘惑が多いのだけれど、なんとか振り切って、「祭」さんで、「峠の釜めし」だけ購入して、無事に帰宅。

Image15_20201030085801

Image13_20201030085801

Image6_20201030085801

 

2020/10/13:志摩観光ホテルへ参戦♪

◆横浜→名古屋→志摩:はれ:6728歩

 毎年、母の誕生日前後に開催されていた親孝行シリーズ。今年は、3月に、由布院は亀の井別荘を予約して、楽しみにしていたのだけれど、コロナで中止。以来、お互いにひきこもっていたのだけれど、GOTO東京も解禁されたことだし、そろそろ、ということで志摩観光ホテルさんへ参戦することになった。サミットも開催された老舗ホテルは、フレンチが有名で楽しみだ。

 母は品川から、小生は新横浜からで、ひかり号グリーン車で合流して西下。ここへ来て補助金不足も話題になっているGOTOキャムペーン、我らは、楽天さんでホテルのみ確保したので、母はジパング倶楽部、小生はEXP予約の早特が使えるひかり号で出発。西へ向かうにつれて雲が減って、絶好の行楽日和、上着がじゃまになるくらいだ。

Image25_20201015152901

Image13_20201015152901

 名古屋で乗り換えて、2週間ぶりの近鉄特急ホーム。せっかく志摩へ行くなら、もちろん「しまかぜ」。予約時点ではガラガラだったけれど、最終的にはけっこうなにぎわい。革のシートは多少くたびれている部分も目につくけれど、座ってみればやはり快適。日本一の特急列車だ。

Image14_20201015152901

Image19_20201015152901

Image7_20201015152901

Image17_20201015152901

 せっかくなので、カフェ車両へ。10分くらい並んで無事に入場を許される。昼ビアで乾杯。母はカレー、小生はピラフ。お味の方も車内調理にしては、よくがむばっているよ。

Image26_20201015152901

 2時間で、終点の賢島へ。駅前から、ホテルの送迎バスへで2、3分で志摩観光ホテル到着。早すぎるのだけれど、幸い、チェックインが許された。我らが泊まるのは、「ザ クラシック」。エレベーターで2階で降りると、宿泊者用ラウンジになっていて、その奥に客室。歴史のあるホテルだけれど、もちろんきれいに改装されていて、Wifiなども完備。

Image18_20201015152901 

Image2_20201015152901

Image5_20201015152901

Image12_20201015152901

 ひと休みしてから。館内散策。お隣の「ザ クラブ」が、初代の本館のようで、今は、バァと鉄板焼、そしてギャラリーとして利用されていて、サミット関連の展示が。ワーキングランチで使われたというサミットテーブル、意外と小さくて距離が近いのね。通路には、藤田嗣治の絵なんかもさりげなく飾ってある。

Image_20201015152901

Image27_20201015152901

Image6_20201015152901

 いったん外に出て、庭園を歩いて、少し離れた高台にある「ザ ベイスイート」へ。こちらは、2008年にできたもっとも新しい建物。屋上にラウンジと庭園があって、昼間から老夫婦がくつろいだりしていて、いい感じ。

Image21_20201015152901

 英虞湾の方を眺めていると、遊覧船が通る。母が乗りたいというので、コンシェルジュに聞くと、5分後に出るからすぐに送るとのことで、本来は、ベイスイート専用のワゴンで、港へ送ってもらう。急いできっぷを買って、検温を受けて乗船。すぐに出発。

Image29_20201015152901

 鳥羽まで来たことはあるけれど、志摩は初めて。このあたりの地形はぐちゃぐちゃ入り組んで本当に複雑。リアス式らしいけれど、三陸とはまた違うし、松島ともちがう。湾曲していて、さらに凹凸があって、島なのか半島なのか実にわかりにくいし、外海がどちらなのかもわからない。実は、賢島が「島」だというのも今回始めて知った。真珠の養殖場を抜けて、船は進むけれど、外海へ出る前にUターン。真珠工場見学がセットだったのはご愛嬌。

Image9_20201015152901

Image8_20201015152901

Image4_20201015152901

 船から戻ると、ちょうどホテル送迎バスの時間で、すぐにまたホテルへ。ここで、噂のGOTOの地域クーポンをいただく。7000円分。幸い、今回、朝食のみのプランで、ホテルの夕食代にクーポンが使えるとのことで、使いみちで苦労する心配はなくなった。

Image22_20201015152901

 英虞湾は夕陽で有名。17時すぎ、2階ラウンジは、西向きで、ちょうど、雲がなく、まんまるの太陽が海をはさんで向こうの山に沈むところ。ラウンジはアルコールもフリードリンクがうれしい。スパークリングワインをいただきながらしばし夕景を楽しむ。

Image3_20201015152901

Image16_20201015152901

 19時半すぎにお席が空いたとの連絡があって、ようやくお楽しみのディナー。サミットのディナー開場にもなった1階の「ラ・メール  ザ クラシック」。広い店内だから密ではないけれど、多くのお客様でかなりのにぎわい。関西の上品なお金持ち風の方が目立つけれど、若い人もそれなりにいる。

アミューズブーシュ

Image15_20201015152901

海の幸のジュレ

Image24_20201015152901

伊勢海老のクリームスープ

Image1_20201015152901

鮑ステーキ 二種類の香草バターソース

Image10_20201015152901

黒毛和牛フィレ肉ステーキ マデラソース

Image20_20201015152901

デザート

Image23_20201015152901

 いやぁ、とっても美味しかった。さすが伝統の味。凝りすぎない感じもいい。全部美味しかったけれど、特に伊勢海老のスープが濃厚ですばらしいし、鮑のステーキも絶品で、母も大満足。ミシュラン一つ星、食べログは、なんと4.17という高評価は伊達じゃないね♪

Image28_20201015152901

 

2020/10/7:サフィール踊り子・プレミアムグリーン車を堪能♪

◆横浜→伊東→横浜:はれのちあめ:4307歩

 本日は、乗り鉄。昨日、みどりの窓口でゲットした「サフィール踊り子」。春のダイヤ改正で颯爽と登場して、すぐにでも乗りたかったのだけれど、今日まで延び延びになってしまった。

 横浜から伊東までなら、ギリギリ100キロ未満で特急料金、グリーン料金ともにそれほど高くならない。比較的空いてそうな平日上りを狙ったので、さて、行きはどうしようか?久々に箱根の天山湯治郷でも堪能しようか、あるいは、なつかしい伊豆高原あたりを散策しようかとか、いろいろ検討したのだけれど、どうも天気も今いちで寒そうということで、結局、ただのトンボ返りに。撮り鉄なら貴重な185系を優先するのだろうけど、乗り鉄としては、E257系のリニューアル車にも乗っておきたいということで、13時24分発の踊り子15号で出発。朝えきねっとで予約するときは無人だった2号車。結局、車内は5、6人かな。

Image19_20201008095601

Image11_20201008095601

Image1_20201008095601

Image6_20201008095601

 中央線や房総各線から転入のE257系。外観はきれいな青に塗り直されていい感じだけれど、車内は、まぁ、一昔前のJR特急。それでも二昔前の国鉄時代から40年がむばっている185系よりは、ゆったりしているし、窓側にAC電源がついたのもありがたい。根府川あたりから海を眺める頃には、早くも雨が降ったりやんだりで残念。途中停車駅は熱海のみ。うたた寝してしまって、気がつくともう伊東線内。135号線に沿って快走して、14時41分伊東着。

Image22_20201008095601

Image16_20201008095601

Image20_20201008095601

 雨の伊東駅前。旅館の案内係も手持ち無沙汰な感じ。さざえ弁当など購入して、すぐにホームへ戻り、いよいよ帰りは、サフィール踊り子2号。

Image27_20201008095601

Image4_20201008095601

Image12_20201008095601

Image13_20201008095601

Image21_20201008095601

 全車グリーン車という豪華特急で、1号車のプレミアムグリーンは、1ー1配置というから豪華で、この1号車と個室の2、3号車は、残念ながら、えきねっとでは予約できないのだ。前日にみどりの窓口でゲットした3Aのお席は、海側で、シートも、しまかぜやひのとりに似て、包み込まれるような感じ。リクライングしても後に迷惑がかからないし、前後の間隔もたっぷり。乗車率は7割くらいかな。お隣も空席で、実にぜいたくな空間だ。

Image9_20201008095601

Image8_20201008095601

 ゆったりとくつろぎたいところだけれど、4号車のカフェテリアへ急ぐ。JRとしては、実に貴重な定期列車内でのお食事。何やら事前予約が必要とkecoさんに教えてもらったので、前夜にスマホで確保したお席は、15時20分から15時40分までと細かく指定されている。カウンターもお隣との間隔を空けているので、テーブル席も含めて、お客さんは数人だけれど、ラーメンは予約のみで終了だったようなので、教えてもらって助かった。

Image7_20201008095601

 車内調理ということで、それほど味の方は期待していなかったけれど、何やらミシュランで2つ星をとったシェフの監修ということで、これが予想外に美味しい。量が少なめとはいえ、小生がスープを飲み干すのはめずらしいよ。ちなみに、無料で提供されるお水は「飲む温泉」とのこと。

Image3_20201008095601

Image5_20201008095601

Image2_20201008095601

Image14_20201008095601

 お席に戻って、ゆったり。電源はもちろんWifiも完備。暗めの室内の雰囲気もいい。ただ、後の席のおばちゃん3人組がねぇ・・・何もプレミアムグリーン車を確保しておいて、職場の待遇の愚痴を熱く語らなくても・・・しかも、1番2番って、後方展望ができる一番いいお席なのにねぇ。。。

Image15_20201008095601

Image24_20201008095601

Image26_20201008095601

 帰りも1時間20分だから、あっという間に横浜到着。河津桜の頃にでもまたゆっくり乗りたいねぇ。本当は、東急のロイヤルエクスプレスと組み合わせたいのだけれど、あちらは、かなりのお値段だし、もっと取るのが大変そうだからなぁ・・・

Image23_20201008095601

 ところで、横浜駅で、今日も衝動買いしてしまったNEWDAYSの鉄道の日グッズシリーズ。ミニチュア方向幕。これは、なかなか楽しいよ。他路線のシリーズもいろいろあるみたいで、危険だわ。。。

Image17_20201008095601

Image18_20201008095601

Image_20201008095601

Image25_20201008095601

 

 

2020/10/1:京セラ美術館に参戦♪

◆神戸→京都→横浜:はれ:11597歩

 何度が目が覚めて6時すぎに起床。アップグレードされたお部屋は、角部屋で両方向に窓があって、バルコニーも広い。夜の間に雨が抜けて、いい感じで日が昇ってきた。

Image21_20201002082801

Image5_20201002082701

Image26_20201002082801

 メリケンパークオリエンタルホテルといえば、朝食ヴァイキングが充実。検温して入場、お料理を取るときは、マスクとビニール手袋着用。メニューはだいたい同じだったかな。

Image8_20201002082701

 シャトルバスが減便されて、いい時間のがないので、タクシーで三ノ宮へ。次の目的地は、京都だから、本来なら当然新快速なのだけれど、まだちょっとラッシュにかかりそうだよな、と思ったら、特急スーパーはくと2号を発見。全然早くはないけれど、指定駅は空いてるし、ゆったりできるよ。

Image14_20201002082801

 三ノ宮9時ちょうど発ということで、お席に座って、さて、ドコモは売れたかな?とヤフーファイナンスをチェックすると、なんかヘンだ。どうも東証システム障害で売買停止とのこと。あまりにもあんまり。。。

Image11_20201002082801

 気をとりなおして、京都駅から地下鉄を乗り継いで東山へ。今回の第2の目的は、リニューアルされた京都京セラ美術館、そして杉本博司の「瑠璃の浄土」。今週いっぱいで終了なので、ギリギリまにあった。

Image7_20201002082701

Image24_20201002082801

Image28_20201002082801

Image18_20201002082801

Img_6905

 予約制で、平日午前ということで、ゆったり観られる。初めて見た光学硝子五輪塔などは撮影不可だったけれど、おなじみの作品は、撮影OKもうれしい。そして、お庭には、ガラスの茶室も。気持ちよく晴れてとてもいい感じだね。

Image2_20201002082701

Image29_20201002082801

Image31_20201002082801

Image27_20201002082801

Image10_20201002082701

Image33_20201002082801

 せっかくなので、お隣の平安神宮にお参りして、さて、どうしようか、鉄道博物館はちょっと遠いよなぁと思ったら、なんと1時間に1本、京セラ美術館の目の前から、鉄道博物館行きのバスがあって、ちょうどやってくるではないか。すばらしい。京都駅経由だからけっこう時間はかかるけれど、楽チン。清水寺の入口あたり、いつもならバスは大混雑だけれど、修学旅行のグループ別散策のような学生さんが数名乗っている程度でゆったりしたものだ。

Image9_20201002082701

Image25_20201002082801

Image30_20201002082802

 久しぶりの京都鉄道博物館は、今日から事前予約は不要で、当日券での入場。小さな子どもを連れたファミリー中心。美味しくないハムバーグなどいただいて、休憩がてら新快速50年の特集ビデオなどを見てから外へ出て、梅小路の機関車館。ここは、実際に営業路線と線路がつながっているのがいいよね。そして、売店が旧二条駅舎を活用しているのもすばらしい。

Image15_20201002082801

Image_20201002082801

Image4_20201002082701

Image12_20201002082801

Image19_20201002082801

Image32_20201002082801

Image16_20201002082801

Image13_20201002082801

 帰りは、ひかり号、エクスプレス予約のグリーン早トクで2時間20分。乗車率は2割くらいかな。帰宅する頃には、横浜も晴れてきて、中秋の名月がベイブリッジに。

Image23_20201002082801

Img_6954

 東証は結局、終日売買停止。まぁ、小生もシステム業界にいたから、二重化した機器が切り替わらないことがあるのも、再起動にリスクがあることも、そして、このテの障害が完全には防ぎきれないこともわかるよ。わかるけど、小生の担当していた小さなシステムだって、5分でも止めないように長年ずいぶん神経をすり減らせていたことを思うと、3桁か4桁ちがう要員とお金をかけているであろう東証のシステムも、案外頼りないのね、というのが正直な感想だね。

 

 

 

2020/9/30:特急「ひのとり」で西へ!

◆横浜→名古屋→大阪→神戸:はれのちくもり:5822歩

 爽やかな秋晴れの朝、本日からGOTO第2弾。今年初めての東海道新幹線、のぞみ号で西へ。新横浜発9時10分だから、昨年までなら出張で混みあう時間帯だけれど、車内は窓側のA、E席と一部のD席が埋まる程度。1時間20分で名古屋。6号車から降りた人は小生を含め3人だけ。。。

Image19_20201001190601

Image1_20201001190601

Image4_20201001190601

 近鉄名古屋駅11時発の特急「ひのとり」が今回のお目当て。3月のデビューでGWあたりにはと思っていたのだけれど、待望の初乗り。真っ赤な車両が実に美しい。

Image11_20201001190601

Image2_20201001190601

Image21_20201001190601

Image6_20201001190601

 プレミアム車両は、1-2配置の豪華シート。以前「しまかぜ」に乗ったとき、このまま東京までずっと乗っていたいと思ったものだけれど、近鉄の最近の車両は、本当に座り心地がすばらしい。グランクラスとか、JALのスーパーシートとか、革のシートは特に好きということはないんだけれど、近鉄は特別だね。座席に吸い込まれてしまうような感覚になる。「しまかぜ」とちがって、食堂車などはなく、コーヒーの自販機があるだけだけれど、ぼーっと車窓を眺めているだけで気持ちよくて退屈しない。最後尾1号車の最後列だから後方のビューもすばらしい。

Image7_20201001190601

Image5_20201001190601

Image8_20201001190601

Image18_20201001190601

Image16_20201001190601

Image9_20201001190601

Image24_20201001190601

Image17_20201001190601

 大阪難波から阪神でドーム前を通って、尼崎で乗り換えて、三宮へ。1年3ヶ月ぶりにステーキランドさんへ参戦。一時はアジアの方々で平日の昼間でも盛大に待つほどだったけれど、今日はさすがにガラガラ。もっとも、鉄板焼きは元々がカウンターだし、左右の並びも間隔をとって、アクリル板の仕切りもあるので、比較的安心だ。おなじみのステーキコースとガーリックライス。変わらぬお味とお値段で安心。これからもがむばって欲しいものだ。

Image23_20201001190601

Image10_20201001190601

 シャトルバスで、こちらは2年ぶりくらいのメリケンパークのオリエンタルホテルさんへ。GOTOで35%オフということでバルコニー付きのダブルにリーズナブルに泊まれる。しかしながら、13階の42号室って、ずいぶん縁起の悪い部屋番号だなぁと思いつつ、クローゼットに服をかけ、冷蔵庫に飲み物しまって、充電器など机の上にもいろいろお店を広げてから、入浴して一息つくと、流したお風呂があっという間に床にあふれて水浸しで大変なことに・・・

Image_20201001190601

Image15_20201001190601

Image13_20201001190601

 なんだかんだとずいぶん待たされてから、さすがにお部屋は交換してくれることになったけれど、入浴してくつろいじゃったから、元の服に着替えて態勢をたて直すのは、はっきりいってかなり面倒。でも、まぁ、景色のいい広いお部屋にアップグレードしてくれたから許すことにしよう♪

Image20_20201001190601

Image22_20201001190601

Image12_20201001190601

Image14_20201001190601

2020/8/26:【ライブ配信】東京スリバチ学会と、渋谷・新宿・池袋凹凸バーチャルツアー!

◆東京・横浜:はれ時々くもり:5147歩:横浜の最高気温=33.2度

 先週までの殺人的な暑さより多少マシとはいえ、まだまだ残暑厳しい中、更科堀井さんへ。本来は水曜定休だけれど、今年は連日営業中。密にならないレイアウトに、開店の11時半とともに地元の方々が続々と参戦して何より。ハーフビア、鳥焼き、玉子焼き、レモン切り蕎麦。旨し。

Image3_20200827084101

Image4_20200827084101

Image_20200827084101

Image5_20200827084101

 帰浜すると、うしという方から見慣れないナントカ便が添付されている。ヘンな広告でるし、サイズもデカイし、恐る恐るダウンロードすると、おぉ、うわさの資料が。

 軽く覗いてみるつもりが、これが、実にすばらしくて、ひきこまれてついつい見入ってしまい、たっぷり1時間半。知ってる話やなつかしい話もあったけれど、りんごが明治以降とか知らなかったし、言われてみれば最近グレープフルーツはすっかり元気ないよね。いやぁ、まったく大したもんだ賞ですわ。

 夜は、まいまい京都さんの先週末のライブ配信「東京スリバチ学会と、渋谷・新宿・池袋凹凸バーチャルツアー」をアーカイブで堪能。渋谷は、まぁおなじみの話が多いけれど、池袋が高台なのに、なぜ池の袋なのかとか、新しい話もあったし、何より皆川会長の話術は、うしという方と同じで見ていて楽しく飽きさせないからね。アーカイブではなくて、ライブならZOOMでアンケートなんかもとりながらやっていたようだから、もっと楽しめたかも。

20200826

 休憩をはさんで、後半は、スリバチ学会の海外遠征ということで、パリ、フィレンツェ、シエナ。パリの暗渠跡は、道にマークがつけてあるんだね。そして、シエナは、世界一美しいカンポ広場。ん?卒業旅行で行かなかったっけ?と思ったら、やっぱり行ってる。さすがに当時はスリバチ目線では見てなかったけど(^^)。まぁ、海外は、まだ厳しいけど、早く涼しくなってもらって、どんどんスリバチを歩きたいよね。

Image2_20200827084101

 三陸鉄道からは、三鉄マスク到着。こちらもリアス線全線開通後、まだ行けてないからねぇ。早く行きたいねぇ。

Image1_20200827084101

 

2020/8/24:明治神宮「神宮の杜芸術祝祭」に参戦

◆横浜・東京:はれ時々くもり:9744歩:東京都心の最高気温=32.3度

 雨模様は1日だけで、夏空復活、先週ほどではないけれど気温も上昇。そんな中、みなとみらい線急行で出発して、明治神宮前駅へ。先日のぶらぶら美術館で、取り上げられていたので、気になっていたのだけれど、旧原宿駅舎も今日から取り壊しが始まるとのことで、急きょの参戦。

Image15_20200826153501

Image14_20200826153501

 初詣で明治天皇の御歌のおみくじをひいた記憶があるけれど、美里の元旦ライヴの頃以来だから、どうやら8年ぶりらしい。ごった返す元旦とちがって、静かな参道。緑たっぷりで、案外涼しい。すれ違うとき以外はマスクをはずしてのんびり歩くと、さっそく、何やら作品を発見。

Image8_20200826153501

Image27_20200826153501

Image26_20200826153501

Image7_20200826153501

 芸術祝祭とは別に、渋谷川の源流のひとつにもなっている清正井もこの機会に見たかったのだけれど、こちらは、御苑内ということで別料金を払って入苑。一番奥の清正井まではけっこう歩く。シオカラトンボなんかもいて都会のど真ん中にいることを忘れるね。

Image18_20200826153501

Image5_20200826153501

Image6_20200826153501

Image12_20200826153501

Image22_20200826153501

Image20_20200826153501

 参道に戻って、参拝。そうか、今年で創建100年なんだね。競技場も近いし、本来なら、オリンピックを見に来た外人さんで盛大ににぎわっていたんだろうねぇ。。。

Image2_20200826153501

Image24_20200826153701

Image10_20200826153501

Image25_20200826153501

 さて、残りの2作品は?というと、これが、北側の端っこの方にあるので、また延々歩く。最後にようやくお目当てのトラさんを発見して、ほぼ境内一周だ。

Image17_20200826153501

Image9_20200826153501

 さすがに汗びっしょりだし、疲れてきたけれど、ミュージアムの中でも、何やらアート作品が展示中。カエルさんとかヘビさんとか。撮影可がうれしいね。建物は、いかにも隈研吾さん風だね。

Image21_20200826153501

Image13_20200826153501

Image3_20200826153501

Image19_20200826153501

Image11_20200826153501

Image4_20200826153501

Image1_20200826153501

 帰りは、原宿駅新駅舎から山手線。旧駅舎がなくなるのは残念だけれど、ホームは2面で、便利になったね。渋谷駅の埼京線ホームも移設後、初めてみたよ。

Image23_20200826153501

Image_20200826153501

Image28_20200826153501

Image16_20200826153501

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録