2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/2/11:スーパービュー踊り子&伊豆クレイルで行く河津桜まつり♪

◆東京→横浜→河津→横浜:はれ:15641歩

 7時15分起床。あまおう、いよかん、バナナ、ヨーグルト、ハム、パン、サラダ、コーヒー。

 9時すぎに出発して、品川駅から東海道線。いったん横浜で降りて、ビアを調達して、11時24分発のスーパービュー踊り子5号。デビュー当時は斬新だった251系も3月で引退が発表されたので、お別れ乗車がてら恒例の河津桜まつりへ参戦する。祝日ということで、車内はほぼ満席でなにより。冬晴れで、富士山も根府川からの海も伊豆の海もきれいだ。

Image9_20200213085501

Image24_20200213085601

Image31_20200213085601

Image7_20200213085501

Image17_20200213085601

Image19_20200213085601

 桜の方は、やはり例年より開花は早めということで、もう6~7分くらいは咲いている。アジアの方は少ないけれど、祝日ということでけっこうなにぎわい。なぜか猿回しも盛大に。

Image6_20200213085501

Image4_20200213085501

Image28_20200213085601

Image11_20200213085601

Image2_20200213085501

 いったん河口側へ歩いてから、上流方向へ散策して、おなじみの踊り子温泉会館で入浴。

Image1_20200213085501

Image25_20200213085601

Image32_20200213085601

Image16_20200213085601

Image23_20200213085601

Image_20200213085601

Image27_20200213085601

 コロッケやらいちごやらを購入しながら駅へ戻って、帰りは、伊豆クレイル。いつか乗ろうと思っているうちに、この夏で引退が発表されてしまったので、急遽指定を確保。美しい塗装の特別車両だけれど、ベースは、常磐線のひたちでおなじみだったE651系ということで、4号車指定席はちょっと狭い感じは否めないけれど、こちらもほぼ満席でけっこうなにぎわいだ。

Image14_20200213085601

Image26_20200213085601

 観光用の快速列車ということで、稲取付近の眺めのよいところでは停車して海を見せてくれたり、伊東でも15分以上の停車があって、みなさんホームで記念撮影。構内には3月デビューのサフィールがいて、1番線にはリゾート21の黒船、3番線にはスーパービューが入線と、至れり尽くせりだ。

Image8_20200213085501

Image13_20200213085601

Image21_20200213085601

Image29_20200213085601

Image12_20200213085601

Image30_20200213085601

 2号車は、売店兼ラウンジになっていて、ギターの弾き語りなども行われている。ワインと焼きアジを購入して、座席にもどってゆっくり。待ち合わせも多く、根府川では後続の鈍行にまで道を譲って、18時すぎに小田原到着。小田原からは上野東京ライングリーン車で19時すぎに帰宅して早々に就寝。

Image10_20200213085501

Image20_20200213085601

Image15_20200213085601

Image3_20200213085501

 

2020/1/21:サンダーバード&新快速Aシートで行く!復活!姫路競馬!

◆金沢→京都→姫路→神戸→横浜:くもりのちはれ:12889歩

 4時頃目が覚めて二度寝して6時45分起床。朝風呂。けっこうなにぎわい。朝食ヴァイキングはパスして、セブンで買っておいた野菜生活、飲むヨーグルト、サンドイッチ。

 8時半にチェックアウトして金沢駅へ。本日は、サンダーバードで西へ向かう。駅ナカのセブンでキリマンジャロを買って681系に乗り込む。

Image2_20200121210801

 9時2分発、サンダーバード14号大阪行き。福井、敦賀、京都、新大阪のみ停車の速達タイプなのだけれど、AC電源なし、Wifiなし、車販なしのないないづくし。そのくせ車内改札はあるんだ。JR西日本の在来線特急のエースがこれじゃあねぇ、みんなバスに乗るよね。。。新幹線延伸が近いから今さらあまり投資もしたくないんだろうけど、中途半端に敦賀まで開通しちゃったら、関西の人はどうするのかね。大阪ー金沢は今でも直通で2時間半ちょっとだけど、これが敦賀乗り換えで2時間とかになってもかえって面倒くださいだけだよねぇ。。。新八代みたい対面にする予定もなさそうだし、ますますバスに客が流れそうだよ。。。一気に大阪まで開通させるべきだったよねぇ。。。

Image_20200121210801

 福井をすぎて、北陸トンネルに入る前には、

「電波がつながりにくくなりますので、スマホやタブレットはご注意を」

 ってご親切に車内放送があったけど、これも冴えないよねぇ。。。

Image14_20200121210801

Image6_20200121210801

 本日の目的地は姫路ということで、敦賀から新快速に乗り換えて3時間の旅という案もあったのだけれど、さすがに疲れそうなので、京都で乗り換え。実は、この時間、米原方面からちょうどAシート付きの新快速が来るのだ。

Image1_20200121210801

 ホームのスタンドでカレー蕎麦をかきこみ、11時30分発の新快速姫路行きは、9号車が有料座席Aシート。JRA東日本の普通列車グリーン車みたいなものなのだけれど、新快速の場合は、普通席でも転換クロスシートで快適なだけに通勤時間帯以外に500JPY出す人がどれくらいいるだろうか?京都駅出発時点では、10名くらいの乗車。

Image12_20200121210801

Image18_20200121210801

Image19_20200121210801

 まだ試行段階ということで、1日数本しかないし、整理券も車内購入のみで、スタッフのコストの方が高いのではないかと思うけれど、AC電源付き、Wifi付きでトイレもすぐ近くにあって実に快適。これで特急料金不要で、速度も特急並みなのだから、まったくもってすばらしいし、やはりサンダーバードはなんとかすべきだよねぇ。

Image20_20200121210801

Image21_20200121210801

 京都麦酒をいただきながら、まったり。途中、JR西日本仕様のホームドアならぬ昇降式の柵を発見。たしかにこの方がだいぶコスト安そうだ。

Image3_20200121210801

Image16_20200121210801

 大阪では4割くらいの乗車率になったけど、三宮、神戸でガラガラになって、須磨を過ぎると、海が見えてくる。なんだかんだいっても、東海道線の根府川付近と山陽線の須磨付近の車窓がいいんだよね。

Image9_20200121210801

Image23_20200121210801

 快適な1時間半で姫路駅到着。かなり久しぶり。そして、駅前から競馬場行きのバスで、先週7年半ぶりに奇跡の復活をとげた姫路競馬場へ参戦。30年ぶりくらいかな。ちょっと思い出せないよね。

Image10_20200121210801

Image17_20200121210801

 休止といっても、事実上の廃止と思われた姫路競馬場だけど、運動公園や調整池として整備している間に、JRAネット投票の開始とともに地方競馬の売上が回復する中、ナイター効果もあって同じ兵庫県組合の園田の売上も急回復ということで、ついに復活。ホント、まさか、またここで競馬を見られる日が来るとは思わなかったよ。

Image22_20200121210801

 初日は3000人近く入って、新聞も売り切れたとのことだけれど、再開2週目の今日も、天気にも恵まれて、まずまず入っていて何より。超久しぶりにキンキを購入するけれど、併売の大井や笠松の新聞を売っているのもえらいね。

Image7_20200121210801

 8Rから参戦。出遅れた吉村がなんとか追い込んできて枠連が的中。さらに続く9Rは、吉村にしては人気がない1番のクライフォーローズから総流しすると、内枠から芸術的な逃げ。いっぱいに2着に残って、人気薄のリンガスネオを連れてきたので、馬連71.3倍を的中!すばらしい!

Image24_20200121210801

Image15_20200121210801

Image13_20200121210801

 10Rには、なんとハルカゼが出走。もちろん先代とはなんの関係もないけれど、これもご縁ということで単複を購入するも出遅れてまくって一杯で終了。

Image5_20200121210801

Image8_20200121210801

Image11_20200121210801

 3戦2勝もけっこうな勝利で気持ちよく撤収。当初の予定では、三宮へ出てステーキランドさんと思っていたのだけれど、ちょうど姫路に停まるのぞみがあったので、これをゲットして、新横浜へ直行。姫路ー新横浜2時間43分っていうのは速いね。

Image4_20200121210801

Img_3650

 

 

 

2020/1/20:あずさ&はくたかで行く!中島みゆき2020ラスト・ツアー「結果オーライ」@金沢・本多ホール♪

◆横浜→八王子→南小谷→糸魚川→金沢:はれのちくもり時々あめ:8676歩

 5時40分起床。6時22分のみなとみらい線で出発。菊名乗り換えで八王子着。お弁当を購入する予定だったのだけれど、いろり庵きらくさんに吸い込まれてしまい、朝食そばで温まる。

Image21_20200120230601

 若干の遅れの8時2分発のあずさ3号に乗車。最新のE353系は、全席AC電源付き&Wifi対応で便利。まぁ、これが当たり前っていえば当たり前なんだけどね。幸いお隣は空席。しかも全席指定の席上ランプ対応だから、当分来ないこともわかるので便利だ。

Image27_20200120230601

Image10_20200120230501

 晴れた日の中央東線の車窓は気持ちがいい。相模湖あたりでも先週末の雪がけっこう残っている。笹子トンネルを抜けると、遠く南アルプスの山々がきれいにみえて、さらには富士山も。やっぱり移住は山梨がいいような気もしてくるよね。甲府でガラガラになったところで、朝ビア。小淵沢あたりの景色もすばらしい。

Image9_20200120230501

Image15_20200120230501

Image2_20200120230501

Image5_20200120230501

 あずさ3号は、1日に1本だけの大糸線直通。松本でさらにガラガラになって、のんびりと大糸線を行く。安曇野も久しぶりにゆっくり散策したいねぇ。

Image24_20200120230601

 トラモンタン号TCKオープニング賞3着、東証続伸を確認して、信濃大町をすぎて、仁科三湖を眺めながら終点の南小谷へ。八王子から3時間45分の在来線の旅、変化のある車窓を眺めているだけでホント飽きないよ。

Image22_20200120230601

Image6_20200120230501

Image19_20200120230501

Image20_20200120230501

 南小谷からは、JR西日本。同じ大糸線でも非電化でキハの2両編成でローカル線の風情。翡翠で有名な姫川に沿って進むのだけれど、このルートは、フォッサマグナでもあって、日本を東西に分ける断層地帯だ。

Image11_20200120230501

Image13_20200120230501

Image26_20200120230601

 1時間ほどゆったりと旅して糸魚川到着。待合室には、なつかしいキハ52が展示され、さらには、Nゲージやプラレールのジオラマが盛大で楽しい。

Image17_20200120230501

Image18_20200120230501

Image23_20200120230601

 糸魚川からは、はくたか号。久しぶりのE7系。みなとみらいから8時間かかってようやく本日の目的地の金沢へ到着。

Image3_20200120230501

 チェックインにはまだ早いので、もちろん駅ナカのすし玉さんへ参戦する。いつのまにかタッチパネルが完備。たしかにこれは便利だし、楽でいいよ。のどぐろ旨し。白エビ旨し。ビアに金箔の日本酒、中トロに甘エビなど高いネタばかりいただいて4510JPYとは、ホントすばらしい。世の中には高くて美味しいお寿司はいくらでもあるんだろうけど、正直、小生はこれで十分。これが駅ナカで堪能できるんだから、金沢最高、ありがたいの一言だよ。

Image25_20200120230601

Image4_20200120230501 

Image16_20200120230501

Image1_20200120230501

 予報通り降り出した雨の中、ドーミーインさんに駆け込んで、さっそく第1回入浴をすませて、17時すぎに出発して、駅前からバスで兼六園近くの本多ホールさんへ。いよいよ本日のおめあて、中島みゆき2020ラスト・ツアー「結果オーライ」へ参戦である。最近は夜会や夜会工場ばかりなので、コンサートは4年ぶり、そしてその4年前は、当日トラブルで無念の欠場となったので、小生としては実に7年ぶりのみゆき様のコンサートである。

Image7_20200120230501

Image8_20200120230501

 平日2Daysの金沢の月曜日が一番チケットが取りやすそうということで、なんとか確保はできたけれど、1800名くらい入れるホールのほとんど最後列。立ち見席まで開放しているからすごい。

 第1部は、ニューアルバムの「一期一会」で始まって、2曲目には、最初のツアーの最初の曲だったという「アザミ嬢のララバイ」、さらに「悪女」、「浅い眠り」、「糸」と続くからすばらしい。

 お便りコーナー、やはり近県だけでなく遠方からの遠征も多かったようで、紹介されたお便りには、三重、西宮、長崎、沖縄までも!

 第2部では、メジャーではないけど小生の好きな「ナイトキャップ・スペシャル」を演ってくれたのがうれしい。今回の「ラスト・ツアー」は、全国ツアーの最後であって、引退ではないのだけれど、それでもあと何回コンサートに参戦できるかわからないし、となると、1曲1曲が生で聴けるのは最後かもしれないからね。じっくりと心に染み込ませないとね。

 「麦の唄」、「慕情」、「誕生」と名曲続きでフィナーレ。いやぁ、ジーンとくるねぇ。アンコールラストの「はじめまして」まで堪能して大満足。まったくもってすばらしいよ。

 会場近くのバス停から金沢駅へのバスが終バスというのはびっくりだったけれど、なんとか無事にホテルへ戻って、夜鳴きそばをいただき、第2回入浴をすませれば、充実の1日が大団円。

Image_20200120230601

Image29_20200120230601

Image12_20200120230501

 

 

2020/1/17:「第55回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に参戦♪

◆横浜・東京:くもり時々はれ:7449歩

 7時起床。野菜ジュース、朝風呂、ハムエッグ、赤だし、たくわん、納豆、玄米。

 東証続伸を確認して9時半すぎの湘南新宿ラインで上京。本日は、京王百貨店 で開催中の「第55回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に参戦。京王百貨店なんていつ以来かしらん。

Image3_20200117190401

 エスカレーターで上がっていく開店直後の店内は静かな雰囲気だったけれど、7階の大催場につくと一変。何やらあちこちに列ができていて盛大である。

Image6_20200117190401

Image2_20200117190401

 まずは、ヘッドマーク弁当。全種類揃っているようで、買いそびれた「あずさ」を無事にゲット。しかしこれ2160JPYは高いよね。さすがに全部揃える気はないので、お気に入りが一通り揃ったので、これで終了の予定。

 なじみのお弁当がいろいろあって、いい匂いもしているのだけれど、そんなに食べられないので、長万部のかなやのかに飯を購入して湘南新宿ライン、帰りはグリーンで帰宅。

Image5_20200117190401

 昼ビア、昼かに飯、昼寝。読書。

Image4_20200117190401

 入浴。相撲中継。ジャンプ中継。夜は、ハイボールとあずさをいただき早々に就寝。今晩は、冷え込みそうだね。

Image1_20200117190401

Image_20200117190401

Img_3537

 

 

 

2020/1/16:首都圏外郭放水路に参戦!

◆横浜→春日部→大宮→横浜:くもり時々はれ:11865歩

 二度寝、三度値して、久しぶりの目覚ましが鳴る直前、6時43分起床。野菜ジュース。朝風呂。昨日のチャーハン、梅干し、漬物、豚汁。

 8時すぎの上野東京ラインで出発。ラッシュのピークの上り電車は久しぶりだけれど、15号車は、まぁ身動きとれないほどではなかった。新橋で座れて、浦和付近で先行列車安全点検で少し遅れて大宮到着。

 大宮からは、東武野田線改め、アーバンパークラインさん。岩槻、春日部を過ぎて、南桜井駅で下車。もちろん初めて。ここからイオンバスで10分。本日の目的地は、首都圏外郭放水路・龍Q館。以前から気になっていた地下神殿へ待望の初参戦だ。

Image7_20200116190301

Image22_20200116190301

Image5_20200116190301

Image1_20200116190301

Image23_20200116190301

Image28_20200116190301

 利根川、江戸川、荒川に囲まれ、何度も水害に見舞われてきた中川・綾瀬川流域を洪水から救うために作られた首都圏外郭放水路。国道16号の地下50mに延長6キロのトンネルを掘り、中川ほかの河川の水を5本の立坑から流して、調整池にためて、ポンプで江戸川へ流すという壮大なプロジェクト。昨年の台風19号と翌週の大雨でも大活躍したとのことだ。

Image24_20200116190301

Image25_20200116190301

Image14_20200116190301

 見学コースはいくつかあって、事前予約制。もっともオーソドックスな11時からの地下神殿コースに参戦。昨年来の水害で注目が高まり、見学者も増えているとのことで、ガイジンさんも含め40名くらいはいるようだ。

Image6_20200116190301

Image21_20200116190301

Image20_20200116190301

 龍Q館内で概要の説明を受けて、いよいよ地下神殿・調圧水槽へ。116段の階段を降りると。。。いやぁ、これはすごい!

Image19_20200116190301

 長さ177m、幅78m、高さ18mの巨大水槽。実際、何度もここに盛大に水が溜まったというからすごい。そして、土砂を取り除くために、年に何度かブルドーザーを降ろして掃除しているというのもびっくりだ。スマホ用アプリがあって、カメラで背景を映すと、水が入ってくる様子を体験できるのもおもしろい。

Image26_20200116190301

Image18_20200116190301

Image3_20200116190301

Image29_20200116190301

Imagea

Imagea1

 さらに立坑の見学。高所恐怖症の小生には、これは怖いよ。。。手すりにつかまりながら恐る恐る。。。他の4つの立坑は、河川の水を受けるためだけれど、ここにある立坑は、トンネルを流れてきた水が上がってきて水槽にたまるところ。3センチの網をくぐって魚が入ってくることもあるらしく、その後に数十センチに育ったこともあるとか。立坑をじっくり見学するコースもあるようだけど、小生には無理だわ。。。

Image11_20200116190301

Image9_20200116190301

Image31_20200116190301

 1時間の見学を終えて、帰りはバスで春日部へ。せっかくのアーバンパークラインなので、鎌ヶ谷に転戦してヤングの自主トレでも見ようかと思ったけれど、実はかなり遠いようなので断念して大宮へ。となれば、せっかくなので、てっぱくに参戦。まずは2階の日本食堂さんで遅めのランチをいただく。

Image2_20200116190301

Image15_20200116190301

 平日の昼間ということで、ゆったりと観戦して、suicaペンギングッズなども散財して、上野東京ライングリーン車でゆったり帰宅。

Image_20200116190301

Image12_20200116190301

Image4_20200116190301

Image13_20200116190301

Image10_20200116190301

Image16_20200116190301

Image17_20200116190301

Image27_20200116190301

 

 

2020/1/13:鶴見線。

◆東京・横浜:はれ:9665歩

 昨晩は、実家に泊まって7時起床。ヨーグルト、いちご、バナナ、玉子、チーズトースト、コーヒー。

 妹の月命日ということで、母とお墓参りへ。今日はおだやかに晴れて暖かい。

Image3_20200113171201

 お蕎麦と昼ビアをいただき、池上駅で解散して、蒲田から京浜東北線に乗ったところで、そうだ、久しぶりに鶴見線に乗ろうと思い、鶴見駅で下車。ちょうどすぐに扇町行きがいたので、飛び乗る。35年ぶりくらいの鶴見線、当然、海芝浦と大川の2つの支線の終着駅にも立ち寄るつもりだったのだけれど、あまりにも本数が少なくなっていて驚く。休日ということもあるのだろうけど、ちょっとあまりにもあんまりだ。

Image2_20200113171201

Image7_20200113171201

 仕方がないので、ネコがのんびりくつろいでいる扇町ですぐに折り返して鶴見へ戻って帰宅。そごうで買い物を済ませて、相撲中継を見て、建山のラジオ聴いて、語り亭を見て、早々に就寝のよてひ。

Image4_20200113171201

Image1_20200113171201

Image_20200113171201

Image5_20200113171201

Image6_20200113171201

 

2019/12/31:高知県知事賞小敗!

◆徳島→阿波池田→高知→坂出→(車中泊):はれ時々くもり:8258歩

 5時半に目が覚めて二度寝して朝風呂。朝食はパスして、8時半チェックアウト。

 9時1分発の特急剣山3号で出発。2両編成で1両の1/3くらいだけが指定席になっている。徳島本線を西へ向かうのも35年ぶりくらいかもしれない。当時はたしか急行よしの川だったね。

Image23_20200101134101

 阿波池田で南風3号に乗り換え。剣山はくたびれたキハ185だったけれど、こちらは最新型の2700系。Wifi、AC電源付きで快適だ。

Image20_20200101134101

Image21_20200101134101

 1年ぶりの高知駅前。坂本龍馬らおなじみの3人にご挨拶してから、シャトルバス乗り場へ。須田鷹雄さんと井上オークスさんが登場したのだけれど、バスの紹介だけで、乗ってはこなかった。

Image2_20200101134101

Image8_20200101134101

Image7_20200101134101

Image18_20200101134101

 1年ぶりの高知競馬場。さっそく4階の指定席を確保して、周囲をうかがうと、おなじみのK君が、すぐそばの席に。毎年、定位置で再開できるというのが、実に不思議でもあり、愉快でもある。

Image13_20200101134101

Image22_20200101134101

 中島高級競馬號を購入して、ハイボール、赤うし串などいただき、水沢、園田、大井、笠松の投票を事前に済ませておく。横浜は20度くらいあるとのことだけれど、こちらは北風が冷たくなってきた。例年は、1階のパドックとの往復でいい運動になるのだけれど、寒いのでモニターにたよって指定席にひきこもる。

Image4_20200101134101

Image11_20200101134101 

 5R終了後に、須田鷹雄さんと井上オークスさんのトークショーをひやかして、6Rはケンして、いよいよ大一番の高知県知事賞。水沢と笠松がひっかかったので、若干のプラスで最終決戦を迎えられることになった。

Image17_20200101134101

 トークショーでも話題になったけれど、売上急回復の高知競馬、先日は1日8億!という記録も出た。そして、今日の高知県知事賞の1着賞金は800万円。135万まで落ち込んだ時代を知る者としてはホント感慨深いよね。もちろんネット売上に依存しているのだけれど、本場も少しずつきれいになって、雰囲気も年々よくなってきている気がするよ。

 けっこういい思い出もある高知県知事賞。年に一度の2400m戦ということで、けっこう荒れるし、人気薄のリピーターがくるんだよね。ただ、今年は、モルトベーネ、ピオネロというJRAオープンクラスの実績上位馬が転入してきていて、例年とはちょっと様相がちがう気もする。

 シンボリクリスエス産駒のウォーターマーズから手広く。アナはリピーターのチャオということで、トークショーの2人とほぼ同じ結論になってしまったのが不安だけれど、いよいよ大一番のスタート!

 距離に不安のツクバクロオーがハイペースの逃げ。中団待機の◎ウォーターマーズにとっては。理想的な展開だ。早め先頭の▲スペルロマンを交わせば、できあがり!と思ったのだけれど、交わせそうで交わせないのか差し替えされたのか無念の2着。しかも一杯のはずのツクバクロオーが3着に残ってしまい、一番つまらない組み合わせになって得意の当たり損。。。最後の大勝負でこれではねぇ。。。

Image12_20200101134101

「ファイナルレースをやらないでどうするんですか?」

 というK君に見送られて、撤収。高知駅でお弁当と氷結を購入してしまんと8号へ。今度は2000系っていうのかな。紅白も始まる時間帯、さすがにガラガラだね。

Image15_20200101134101

Image14_20200101134101

Image3_20200101134101

 しかしながら、回収率94%のまま帰るのも中途半端なので、ファイナルレースに参戦。今日も売れるんだろうねぇ。全国全レース終わったあとに、最下級条件の大敗馬ばかりを集めるレースを組むっていうアイデアはホント大したもんだよね。

 ファイナルレース大敗を確認して坂出で下車して、乗り換えるのは、サンライズ瀬戸!2日目にダメ元でみどりの窓口へ行ったらキャンセルをゲットできた。しまんとから乗り換える人も何人がいるのね。

Image6_20200101134101

Image19_20200101134101

Image5_20200101134101

Image_20200101134101

Image1_20200101134101

 夜行列車は何十回も乗ってきたけれど、大晦日の夜の乗車、すなわち車内の年越しは初めてじゃないかしらん。シングルデラックスがとれなかったので、ソロはさすがに狭い。スウエットに着替えてしまうと岡山の併結作業を見に行くのも億劫になり、水割りをチビチビやりながら、23時半までやっている西武園のミッドナイトKEIRINに投票するも大敗。。。

 流れる景色を眺めながら、今ではホント貴重になったガタガタという揺れに身を任せながらの眠りにつく。みなさまよいお年をお迎えください。

Image16_20200101134101

Image10_20200101134101

 

 

2019/12/18:五輪当選〜原鉄道模型博物館〜第九♪

◆横浜:はれ時々くもり夜一時雨:11767歩

 7時起床。朝風呂。飲むヨーグルト。鮭、ほうれん草胡麻和え、たくわん、赤だし、納豆、玄米、コーヒー。

 TOKYO2020、第2回抽選販売結果発表。せっかくなので、めいっこにも何かみせてあげようということで、今回は主に2枚で申し込んだのだけれど、バスケットボール、ハンドボール、水球、ビーチバレーとけっこうたくさん当選!ネット上では、また全滅との声も多いようだけれど、平日のマイナー競技ならけっこう当たるのかしらん。バスケは会場が大きいしね。前回もハズレた体操、競泳、自転車は今回もハズレ。自転車のパシュート見たかったんだけどな。。。

20191218-94802

 予報通り暖かくなったので、山下公園まで散歩。電車で新高島まで戻って、資生堂パーラーで昼ビア(小)。ビーフカレー、サラダ、コーヒー。

Image5_20191218221901

Image6_20191218221901

 割引券があったので、「相模鉄道100年展」が開催中の原鉄道模型博物館へ久々に参戦。

Image8_20191218221901

Image3_20191218221901

Image11_20191218221901

Image10_20191218221901

Image2_20191218221901

Image4_20191218221901

 週末のスリバチ散歩に備えて、スリバチ本でも紹介されていたアプリ「スーパー地形」とやらをiPhoneにインストールしてみる。さっそく課金して機能制限解除。いやこれはすごいわ。機能が多すぎて使いこなせそうにないけれど、検索して地図を表示して、標高もすぐに出るし、地形や地層、古地図も。これは楽しみだ。

1218a

1218b

 夜は、BS-1スペシャルのラグビー特集が見たいところだけれど、年末ということで、みなとみらいホールの第九のチケットを購入済み。週末には、日本フィルのコバケンさんもやってくるようだけれど、小生はリーズナブルな新日本フィルで。2階のR席っていうから、横から出っ張った席だと思っていたら、出っ張っているけど、舞台の裏側のP席の近く。まぁ、指揮者も見られるし、たまには新鮮かも。

Image9_20191218221901

Image12_20191218221901

 最初はオルガンで2曲。パイプオルガンはすぐ近くでよく見える。バッハの「トッカータとフーガニ短調」っていうのは、みんなが知ってるあの曲ね。

 15分ほど演奏して20分休憩して、いよいよ第九。第2楽章は、競馬予想tvの水上さんの紹介でおなじみのあの曲だったのね。

 R席は適当に空席もあってゆったり座れるのはいいのだけれど、退屈した子供とか鼻水をすするおばさんとかが目に入って、イマイチ集中できないまま終わってしまった感じも。

Image7_20191218221901

 いつのまにか雨が降り出した中帰宅すると、BS-1のラグビーはもちろん終わっていて、六角さんの呑み鉄の近江鉄道&信楽高原鐵道。これ見てるとやっぱり飲みたくなるよね。ハイボールを飲みながら堪能して就寝。

 

 

2019/12/13:ひきこもり。

◆横浜:くもり:1863歩:横浜の最高気温=9.9度

 二度寝、三度寝して7時起床。野菜ジュース。朝風呂。明太子、豚汁、納豆、玄米、コーヒー。

 寝てる間に、米中合意近しの情報とイギリス総選挙で保守党優勢の情報ということで、東証大幅続伸。年初来高値更新で、2万4000円の大台回復。

Img_2842

Img_2853

 しかしながら、小生はというと、商社あたりはかろうじて上がっているけれど、リートもインフラファンドもあいかわらずの下落、NRI、JAL、ドコモ、ユーザベースなども下落で含み益は連日の縮小。お天気も冴えず冷え込んでいるので、MARK ISで食材だけ購入して、昼からハイボールを飲んでひきこもる。

 午後、先日12時打ちと勘違いしたみゆき様の先行抽選の当選が確認。すばらしい。これは楽しみだ♪

 夕方から、当初参戦も検討したスピードスケートW杯長野大会をBS-1で。地元で小平さん貫禄の2勝目。さらに、男子500でも、村上選手初優勝で、新浜選手とのワン・ツー!すばらしい!

Img_2864

 と思ったら、女子マス・スタートも男女の団体スプリントも表彰台!ひきこもってないで、エムウェーブ行けばよかったかな。

 あとは、JSPORTSでONETEAMパレードの再々を見て、なんとかドキュメント72時間までたどりつきたいね。

<今日の話題>

・JRグループ2020年3月ダイヤ改正プレスリリース

 新線開通もなく今年も比較的地味で、内容も既報のものがほとんど。サフィール踊り子が目玉かな。あとは、高輪ゲートウェイ駅の開業、快速エアポートの増発(1時間5本)など。常磐線の復旧と仙台直通列車については、後日発表とのこと。

 意外なところでは、早朝・深夜の中央線緩行の東京乗り入れが中止になり、日中と同じく総武線直通に。東京ドームで試合が長引いたときに恩恵にあずかったことはあったけど、まぁ、ちょっとわかりづらかったよね。

 

 

2019/12/4:カルティエ展〜天空ノ鉄道物語に参戦♪

◆横浜・東京:はれ:8533歩

 7時起床。野菜ジュース。朝風呂。ヨーグルト、ハムエッグ、トースト、コーヒー。今日も快晴。

 NY続落で東証続落。少々利益確定してから、10時すぎのFライナーで上京。中目黒で乗り換えて、久しぶりの六本木。

 まず新国立美術館のカルティエ展に参戦。小生にはあまりご縁がないかと思っていたのだけれど、ぶらぶら美術館を見たら、江之浦測候所でおなじみの杉本博司さんが会場構成を担当しているというではないか。

Image4_20191204164101

Image2_20191204164101

 入場すると、まず杉本さんが作った、逆に回る時計があってから、カルティエのミステリークロックが多数展示。なるほど、パネルごと回すんだねぇ。

 その後は、きらびやかなジュエリーの数々。音声ガイドが無料なのもありがたいし、最後のコーナーだけ撮影OKというのもすばらしい。

Image8_20191204164101

Image11_20191204164101

 続いて、本日のお目当ての森美術館へ転進。裏道を抜けるとすぐなんだね。なぜか出雲大社の東京支店みたいのがある。

Image13_20191204164101

 森美術館は、昨日から始まった「天空ノ鉄道物語」。JR各社をはじめ、私鉄各社の協力ということで、国鉄時代の資料から最近の鉄道の模型や紹介パネルなど多数。目玉は、トワイライトエクスプレスの食堂車の再現だけど、中には入れないんだよね。その他、壁一面に歴代時刻表なんていうのもあって、マニアとしては、それなりに楽しめるのだけれど、2500JPYといいお値段ということもあって、かなり空いている。個人的には、なつかしいブルートレインの車内放送が流れていて、おなじみのチャイムが聴けたのがうれしかった。

Image6_20191204164101

Image14_20191204164101

Image15_20191204164101

Image9_20191204164101

Image10_20191204164101

Image_20191204164101

Image7_20191204164101

 内周展示が終わると、今度は外周展示。こちらもいろいろあるのだけれど、最後の方に、なつかしい「電車でGO!」が!。しかも無料でプレイできるよ!さっそく、なつかしい秋田新幹線にチャレンジ。いい感じで進行していたのだけれど、大曲到着直前で時間切れ。無念。。。

Image3_20191204164101

Image12_20191204164101

Image1_20191204164101

Image5_20191204164101

Image16_20191204164101

 森美術館の展覧会といえば、カフェの特別メニューがお楽しみ。相鉄12000系のケーキも気になったけれど、お昼がまだだったので、天ぷら蕎麦とさくらのヘッドマークラテ。なつかしいお茶もついてきたよ。

Image17_20191204164101

 麻布十番まで歩いて、帰りは南北線~目黒線で。夜は、ミュージアムショップで購入した稚内のかに寿司をいただき早めに就寝のよてひ。

 

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録