2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/9/23:カモに返り討ち

◆横浜・東京:くもり時々はれ:10217歩

 3連休最終日といっても、あまり関係ないのだけれど、朝イチで上京していると、実家へ呼び出しがかかる。めいっこが、せっかくお風呂掃除でおこづかいをもらったのに、花札で母に大敗して、おっちゃんの登場を待っているという。

 先日の山中湖の結果から、カモがネギを背負ってくることを期待していたようであるが、手札にも恵まれ、三光、青タンなどであっさり返り討ち。ついでに、カモがネギを背負ってくるの意味を調べたら、なるほどそういうことだったのね。

 お彼岸ということで、午後から、お墓参りを済ませて帰宅して、夜はウェールズ戦。ホント、強いチームがたくさんあるねぇ。。。

 

2019/4/14:阪神競馬大敗!

◆尼崎→宝塚→伊丹→横浜:くもりのちあめ:9863歩

 4時40分まで熟睡。朝風呂。朝食ヴァイキングも意外と充実していた。8時半にロビーに集合して出発。まだ雨は降ってないようだ。

 昨日と逆のコースをたどって、9時すぎには、阪神競馬場到着。指定席も昨日とまったく同じ位置だ。

Img_7522

 旅打ちのいいのは、道中や夜は楽しく歓談しつつも、現地ではお互いマイペースに戦えること。お互いにPCを取り出し、AC電源を接続して、Wifiも設定して1レースに備える。I君は500、小生は350のビアをプシュッと。

Img_7523

 予報通り雨が降り出してきたけど、指定席エリアは快適。しかしながら、午前中ゴミみたいな馬券を拾っただけで、今日は全然だめ。昨日の貯金があるからトータルでは負けないけれど、惜しい馬券すらないよ。

Img_7524 

 皐月賞は、◎ヴェロックス、○サートゥルナーリアだったのに、穴っぽい馬券をいろいろ追加してしまって、当たり損。でも斜行はあったけど、迫力あるいいレースだったね。上位3頭は相当強いわ。

 阪神最終まで大敗を続けて撤収。宝塚経由で乗り継いで、伊丹に到着する頃には、はむほー、さらにサクララウンジで締めのビアをいただいた頃には、I君のスワローズもG倒。お互い遠征中ひいきチームが連勝とはすばらしい。次回は、秋の新潟遠征を約束して、羽田で解散。

Img_7527

 

 

2019/4/13:阪神競馬大勝♪

◆横浜→伊丹→宝塚→尼崎:はれのち時々くもり:12743歩

 4時25分起床。5時20分YCAT発のバスで羽田空港第1ターミナル。15番搭乗口で半年ぶりのI君と合流して、久々に紅組での出発。

Image1_15

 前回の福島遠征で意気投合した我らは、今回は阪神へ乗り込む。改装された伊丹空港から、モノレールで蛍池、阪急で宝塚経由で仁川へ。かなり久しぶりの阪神競馬場に開門前に到着。気持ちよく晴れた青空の下には、まだ桜がけっこう残っていて、実にいい感じ。

Image2_15  Image5_15

 ネット予約のA指定席に陣取って、まずは朝ビアで乾杯して検討開始。3場開催時は36レース戦うI君だけれど、前夜の東京ドームで飲みすぎたとのことで、遅めのスタート。小生は、2レースで武豊から高配当をゲットして、余裕ができた。今週は、平成を振り返るとかで、なつかしい本馬場入場曲が使われていて、平場は「炎のウイナー」♪、特別は「サラブレッドマーチ」♪。ホント名曲だし、はるばる遠征に来たっていう実感が湧くよね。

 Image3_14 Image6_15

 場内散策して、唐揚げなどつまみに、ハイボールなどいただき後半戦。福島メインには、愛馬バルコラベーロ号が出走するも11着。まぁ1000万下で別定で大外枠ではやむを得ないよね。

 だいぶ貯金を吐き出してきたところで、メインのアーリントンC。桜花賞、皐月賞の裏番組ながらなかなかのメムバーが揃った。もっとも、人気どころが一長一短で今いち信用できないので、人気薄のイベリス、カテドラルが同居する5枠から枠連総流し。カテドラルが出遅れて、イベリスだのみ、そのイベリスが一杯に逃げ切って、やれやれと思ったところに、シュタルケのカテドラルが突然突っ込んできて5ー5できあがり!なんと280倍の万馬券をゲット!昨年の遠征も万馬券で大勝したのだけれど、I君との旅は縁起がいいようだ。

 オジュウチョウサン4連覇をモニタで見届けて今日のところは快勝。西宮北口、今津と乗り継いで、阪神で尼崎へ。昭和な感じのセントラルホテルさんにチェックインして、近所の焼肉屋さんで反省会。またビア、またハイボール。今日はファイターズも快勝、I君の応援するスワローズもバレンティンが光夫を打って逆転勝ちということで、競馬談義、野球談義で盛り上がるけれど、店内には、大敗後の虎党の姿も多いようなので、発言に注意しつつ、オリの西村監督だけは理解できないという結論を確認して、お互い、明日の予習もしなくてはいけないので、早めに解散。

Image4_15


 

2018/12/30:あき亀山〜下灘へ(KEIRINグランプリ大敗)

◆横浜→広島→松山→伊予→松山:はれ:8991歩

 4時半起床。5時1分のみなとみらい線始発で出発。1ヶ月前の発売日に購入した新横浜6時始発のひかり493号、エクスプレス予約のポイントアップグレードでグリーン車だけれど、さすがに満席。隠居が年末の帰省ラッシュにまぎれるのは申し訳ない気もするけれど、まぁやむをえない。

Image1

Image2

Image3

Image4

Image5

 ひかり号といっても、品川6時始発、東京6時始発ののぞみ号に先行する首都圏発の一番列車で、西明石までは、のぞみ号の退避もなくなかなか速い。富士山が見えるあたりでようやく夜明け。うたた寝している間に、関ヶ原付近、雪で徐行で、6〜7分の遅延。20分以上遅れるとこの後のスケジュールが厳しくなるのだけれど、なんとか大丈夫そうだ。

Image6

 京都で降りた人もけっこういたけれど、同じくらい今度は外国の方が乗ってきた。KEIRINグランプリの投票を済ませて、kindleで読書。遠征用に温存しておいた文藝春秋、やはり新年号は読み応えがあるねぇ。
 結局、8分遅れで終点の広島到着。可部線への乗り換え時間が4分になったけど、すんなり乗れた。しかも最近広島地区に投入された新車だよ。山陽線以外にも入ってたのね。

Image7

Image8

Image9

 可部線は、以前は三段峡までの長いローカル線だったのだけれど、非電化の可部以北が廃止。ところが、広島の郊外住宅地の拡大で、可部から1.6キロが、復活というか延伸されることになって、昨年3月のダイヤ改正にあわせて、あき亀山までの2駅が新規開業していたのだ。JR全線完乗記録ホルダーとしては、早急に乗る必要があったのだけれど、なんだかんだ延び延びになっていた。

Image10

 雪の残る山々の麓、いかにも行き止まりという感じのあき亀山駅、たしかに新しい住宅がそれなりに建っていて、駅前にも開発の気配があるね。何はともあれ、これで1年10ヶ月ぶりにJR全線完乗返り咲き。

Image13

Image11

Image12

Image14

 10分の折り返してで広島駅へ。連絡通路ができてずいぶんきれいになったのね。駅前から路面電車で久しぶりに広島港へ。立派なターミナルがあるので、待ち時間にお好み焼きでも食べようと思ったら、シャビーなお店ばかりで、うどんで我慢。

Image15

 13:30発のスーパージェットで瀬戸内海を渡る。混み合う船内でひと休みして、松山観光港へ。これが定刻より10分くらい遅れて、連絡するバスも渋滞。20分以上遅れるとこの後のスケジュールが非常に厳しくなるのだけれど、なんとか15時26分頃に松山駅へ到着して、15時35分の予讃線下りに間に合った。

Image16

Image17

Image18

 午後のお目当ては、海が目の前の駅としておなじみの下灘駅。海沿いを通る予讃線の旧線も当然、乗りつぶしのときに通ったはずなんだけれど、当時はそれほど有名じゃなかったので、よく覚えていない。

Image19

 松山から1時間、冬の日もだいぶ傾いてきたところで、到着。降りる人もけっこういるけれど、それ以上にホームで待機している人の多いこと!ほとんどの人が結局クルマで来ちゃうんだよね。

Image20

 次にこの駅に来る列車は、帰りに乗る列車だから、列車と駅を写すには、自分が乗ってきた列車を撮るしかないわけで、あわただしく撮影を済ませてから、ゆっくり海を眺める。ホント、目の前。そして、向こうには、瀬戸内の島々や本州がよく見える。海との間に道路があるんだけれど、この道路は埋め立てて作ったもので、昔はホームからすぐ海だったというからちょっと惜しいよね。

Image21

Image22

Image23

Image24

Image25

 無人駅だけれど、ボランティアのガイドさんがいたり、コーヒーの出張販売があったりでなかなかのにぎわい。海外からの方もけっこういる。こんだけにぎわうなら、せめてホームへ入るには入場券でも売ればいいような気もするけどね。JR四国も経営は楽じゃないんだから、ちょっともったいないよ。

Image26

Image27

Image28

 KEIRINグランプリ大敗を確認して、暗くなったホームに帰りの列車が到着。けっこう乗ったけれど、1両でギリギリ全員座れるくらいだね。

Image29

Image30

Image31

 松山駅から路面電車で松山市駅へ出て、銀天街を歩いて、本日のお宿は、松山ニューグランドホテルさん、名前から予想できるように、昭和な感じのお宿だけれど、温泉大浴場があって、1階にファミマ併設、お部屋にWifiとウオシュレット完備で税込み4500JPYだから実に安い。
 ファミマのネットプリントで、明日の中島高級競馬號を印刷して、近くの「吉」さんに入場して夕食。食べログの評価は、「高い」と「美味しい」に分かれていたけれど、実際、高いけど美味しかった。ビア、日本酒、鯛めし御膳。デザートの伊予柑シャーベットもなかなか凝ってたね。
 ホテルに戻って、大浴場で温まってから、今年最後の日経クロスワードの詰め。kecoさんの活躍で、あと少しとなったところで、落語に強いらしいみけさんからの連絡を待つも、姉妹でピンクレディーを踊っているようなので、仕方なく自力。鷹じゃなくて鹿だった!できた!

Image32

Image33

Img_5211

Photo


2018/12/26:麻雀小勝。

◆横浜・東京:くもり時々はれ:7520歩

 7時起床。NYが休場だとゆっくり眠れるよね。野菜ジュース、鮭、玉子、漬物、納豆、玄米。
 NY休場で東証の自力が試される場面だけれど、弱々しく反発したものの、結局だらだらと下げ、大引間際にちょこっとだけ反発。冴えないねぇ。。。
 夕方から実家へ。見慣れない猫が。なかなか品のよさそうな三毛で、人を怖がらない。

Img_5036

Img_5031

 到着すると、すでに雀宅がセットされている。最初は、姪っ子の後ろに小生がコーチについて3人麻雀。
 母が6年使ったシニア用携帯からiPhone8に変えたとかで、妹があれこれ対応している。LINEの登録中に、一瞬のスキをついて疎遠になった知人と繋がってしまったとか、いろいろ面倒そうだし、前途は多難だ。
 夕食後は、4人で一戦。めいっこがいきなりハネマンを和了してなんとそのままトップ。まだ雀頭の理解が今ひとつだけれど、立派なものだ。小生が2位で小勝。

Img_5037

Img_5040

2017/12/31:高知県知事賞大敗!

◆高知:晴れときどきくもり:9750歩:高知の最高気温=14.6度

 昨晩の遺憾な事態のせいであまりよく眠れず6時半すぎに起床。無料の朝食をたっぷりといただき部屋に戻り、お掃除をお断りして引きこもり。二度寝してから、水沢、笠松、園田、tckの検討。大晦日は生き残ってくれている地方競馬に感謝&応援するために全国各地購入しているのだけれど、ここ数年のネット販売の活況で、各地の競馬がだいぶ元気になってきたのはうれしいことだ。
 高知駅12時の無料シャトルバスで出発して2年ぶりの高知競馬場。活況の地方競馬の中でもナイターを開催している高知は特に復調著しく、売り上げ5億を超える日もあるというから素晴らしい。今日の大一番、高知県知事賞の賞金も500万を回復したし、場内はお手洗いがきれいに改装されていた。まずトイレから手をつけるという姿勢も評価できる。特観席には、こちらも恒例の同僚K君の姿も。小さな職場に毎年大晦日を高知競馬特観席ですごす人間が2人いるっていうのもすごいよね。東京は初雪を観測したとのことだけれど、こちらは雲は多めながら穏やかで暖かい大晦日。

Dsc_2476

Dsc_2477

 ここ数年は福ちゃんを愛用していたのだけれど、今年は久しぶりに中島高級競馬號を購入。カラーで立派な紙面。JRAのPATやTCKのSPATが主要な購入層になっている昨今、これらの新聞も電子版に対応して生き残りを図っているようで何よりだ。
 しかしながら、レースの方は、例年通りの堅い決着が続きどうにもならない。1、2、3番人気で決まって馬連200円とか3連複400円とかではボックスや流しで買ってるようでは当たり損ばかり。6レースまで全て的中したけれど、実は、全部当たり損。。。
 15時すぎから全国各地の結果待ち。水沢は当たり損、笠松は快勝、園田は外れで、オッズパークはだいたいトントン。tck東京2歳優駿牝馬も的中したもののほぼトントン。やはり、勝負は高知県知事賞に委ねるしかないようだ。
 大一番のこのレース、年に一度の2400m戦ということで、短距離で連勝している人気馬が飛ぶところに妙味があるのだけれど、今年は、ダービーグランプリでも検討したフリピオンが距離延長歓迎ということで荒れそうもない。昨年の2着馬イッツガナハプンに期待するも、2周目の向正面でズルズル後退し大差のシンガリで万事休す。本線的中というK君にご挨拶して早々に退場する。

Dsc_2479

Dsc_2487

 帰りのシャトルバスでtck最終おおとりオープンの結果を確認するも、これまた当たり損。実に13レース中10レース的中して1万円の負けだから話にならないけど、まぁ大晦日までこうして旅打ちを堪能できるというのは、いろんな意味で幸せなことである。
 来年もまた旅打ちが続けられるような平和な時代が続くことを祈りつつ、ハイボールでも飲みながらEテレで第9を聴いて、早々に就寝しよう。みなさま良いお年をお迎えください。

Dsc_2489

 と思ったら、なんと武雄でミッドナイト競輪が開催中。ネットで画像も見られて、もちろんオッズパークで買えちゃう。これは、売れそうだよねぇ。。。1レースのガールズ大敗。2レース的中!と思ったら、またまた当たり損。。。おやすみなさい。。。

20171231_213401


2017/12/30:ホルニッセ号大敗!(KEIRINグランプリ大勝!)

◆横浜→東京→高知:晴れ:11993歩

 3時半に目が覚めてしまい、5時には起床。朝ビア。ルンバにお掃除の続きを任せて、Nゲージのお手入れの続き。
 本日は、ホルニッセ号が、3歳155万下へ出走ということでtckへ。夜には高知へ飛ぶので、そのまま羽田へ直行した方が便利ということで、リュックを背負って出発。口取りがあるかもしれないので、一応ジャケット着用。うしという方と合流して4号ゴンドラへ。
 デビュー戦から2戦連続2着の後、一戦毎に着順が悪くなるホルニッセ号、休み明けの今回がラストチャンスと思われたが、全く見せ場なく大敗。ビアでも飲むしかない。

Dsc_2456

Dsc_2461

Dsc_2463

 本来なら、2歳特別にキングオブポップ号も出走するはずだったのだけれど、前回完敗したモジアナフレイバー号が出走ということで回避とはあまりにも情けない。そのモジアナフレイバーは今日も圧勝で3連勝。tck生え抜きとしては久々のかなりの大物ではないか?
 予想通りひまっこになってしまった。いったん帰宅してKEIRINグランプリでもテレビで観戦した方がマシではないかという気もするが、それも面倒で、暖房の効いたゴンドラ席でついついC2など購入するもかすりもしない。なんと角平を向かうといううしという方を見送って、しばし休憩。東京シンデレラマイル大敗を確認して撤収。的場さん恐るべし。

Dsc_2470

Dsc_2471

 足取りも重く乗りこんだモノレール車内でKEIRINグランプリの結果をチェックすると、浅井が勝って、武田2着で9−8−1で282.3倍を的中!快勝!これで3年連続くらいで3連単万車券を的中ではないかと思う。グランプリはスジを無視して実力者のボックスというのが成功している。有馬記念大敗→東京大賞典小敗→ホルニッセ号大敗→東京シンデレラマイル大敗ときたけれど、これでなんとか年が越せそうだ。
 モノレールで羽田へ着くのは久しぶりなので、前だっけ?後ろだっけ?と思って案内板を探すと、高知行の表示がどこにもない。出発ロビーの大きな掲示板にもない。なんだよディレイかよ、と思ってネットをチェックすると特にそういうこともないようだ。プレミアムチェックインのカウンターのお姉さんに
「高知行が表示されてないんだけど?」
 と聞くと、
「すみません、時々あるんです。すぐ表示させます。」
 って。。。臨時便でもないのにどうなってんだ・・・

Dsc_2473

 久しぶりにバスでのご搭乗で高知へ。少し遅れたけど、21時すぎには市内へ。空港から高速ができたのね。今回2泊だけど、夜遅く着いて、最終日の朝も早いので、スーパーホテルさんへ。普段あまり使わないので、寝間着はロビーから持参とかルールに戸惑うけど、合理的といえば合理的。天然温泉で温まってさて就寝と思ったら、遺憾な事態に。。。後処理に追われて深夜就寝。ぐったり。

 

2017/9/17:夏休みニューカレドニア旅行(5)天国にいちばん近い競馬場に参戦!

◆イル・デ・パン→ヌメア:はれ

 今日はイル・デ・パンからヌメアへ移動ということで少し早起き。荷物は部屋に置いてチェックアウトして集合ということだったのだけれど、いざ送迎バスに乗ろうとすると荷物が来ていない。今日から復帰したKAORIさんによると、葬式があって、スタッフが足りないとかで、すったもんだあって、少し遅れて出発。

Img_7668

Img_7669

 3日前と同じプロペラ機でヌメアに戻るのだけれど、我らがまさに搭乗しようというときに、一度積み込まれたkecoさんのスーツケースが保管庫から取り出されて退場していく。重量オーバーか何かだろうか?あまりにもあんまりだけれど、どうすることもできない。幸い、午後の便があるはずなので、それで届けばなんとかなるか?とあきらめているとヌメアの空港に無事に到着していた。よくわからない。
 空港にはSPTさんのお迎えがあって、4日前の夜と同じメリディアンさんへ。さすがにまだチェックインできないので、タクシーを呼んでダウンタウンへ出て、ブラタモリごっこというか、世界ふれあい街歩きごっこ。kecoさんのおめあての朝市は明日が月曜日でお休みなので、今日しか行かれない。もう11時すぎで、だいぶ終わりかけていたけれど、なんとか雰囲気はつかむことができた。

Img_7670

Img_7672

Img_7673

Img_7674

Img_7676

 ダウンタウンのお店は日曜日でお休みということで、ココティエ広場のタクシー乗り場へ戻ると、またTさん一行と遭遇。自由行動中でもよく会うものだ。ヒルトンホテル併設のプロムナードショッピングセンターへ出て、回転寿司たぬきさんに参戦。まぐろやサーモン、エビなどが盛大に回っていて明朗会計なので安心である。日本人経営のAQUAでおみやげ購入。ここでもTさん一行に遭遇。お互いもう驚かない。

Img_7678

Img_7680

Img_7681

Img_7679

 このあたりアンスヴァタの中心なのだけれど、ガイドブックの地図には、競馬場が描かれている。何も記述はないので諦めていたのだけれど、ダウンタウンで見た広告によれば、どうも今日は競馬が開催されている気配がある。せっかくなので、kecoさんの許可を得て様子を伺ってみると、けっこう賑わっている。入場料500XPF、プログラム500XPF。
 ちょうど6レースの1600m戦。パドックもスタンドも日本でいえば高知あたりの感じだろうか。1着賞金250,000XPFというのも地方競馬とそう変わらないけれど、コースはダートじゃなくて芝で、ラフみたいな感じでボサボサであるが、スタンド前スタートで1600m戦なのだから、競馬場のサイズはそれほど小さくない。
 6頭立てのレースは1番が断然人気だったけれど、1.3倍じゃ仕方がないので、2番の単を購入。しかしながら、1番の圧勝で終了。ゴール前は、けっこう歓声が上がって、天国にいちばん近いニューカレドニア競馬、なかなかいい感じである。

Img_7684

Img_7686

Img_7688

Img_7692

Img_7693

Img_7695

Img_7694

 ホテルへ戻って一休みして、今度は、CASINOへ参戦してみるが、18時まではスロットマシンのみということで、プリペイドカード方式で、あまりおもしろくなかった。

Img_7703

 夜は、水上レストランのLe Roofさんへ。ビーチ沿いの道を歩いて10分くらいだから近い。ついついTさん御一行を探してしまうが、ここにはいなかった。日本人もいるけれど、外人さんもけっこういる。ガイドブックに書かれいていたような高級感はなかったけれど、水上レストランということで、上から海の中を眺めたり、かもめがやってきたり、にぎやかで、味もまずまず。海沿いを歩いてホテルへ戻って直虎を見て就寝。日本は台風で大変なようだけれど、天国にいちばん近い島の日曜の夜はのんびりしたもの。

Img_7714

Img_7711

Img_7705

Img_7707

Img_7715

2016/12/30:ホルニッセ号能力試験合格!(KEIRINグランプリ2016大勝!)

◆横浜・東京:はれ

 今日から5日間の正月休みだけれど、普段と同じ5時半すぎに起床して、京急にて上京。本日は、愛馬ホルニッセ号の能力試験ということで、開門前の大井競馬場に参戦。関係者通路から入場。寒い。
 能力試験の見学は初めて。芸風がよくわからないが、一応本馬場入場風に登場してから、向こう正面のスタート地点へ向かうようだ。ところが、第2組の時間になっても我がホルニッセ号がなかなか登場しない。能力試験出走取り消しではシャレにならないと思い始めた頃に無事に登場。社台のS氏曰く、帽子を間違えたとのこと。ちなみにS氏は仕事だからわかるけれど、夫人も早朝から参戦している。さすがとしかいいようがない。

Dsc_0659

Dsc_0662

 試験は800m。どうやら出遅れた模様。外を回してジワジワ伸びてきてゴール。4着くらいか。能力試験くらいぶっちぎって欲しかった気がするけれど、まぁとりあえず合格したようで何より。笹川騎手曰く、砂を嫌がった、鼻を鳴らしていたとのことで、まだまだ幼い感じだし、牝馬とはいえ、ダートで戦うには小柄なのも気がかりではある。

Dsc_0667

Dsc_0670

 立会川の松屋で朝食と朝ビア。横浜駅のドトールで時間をつぶして、サカタのタネガーデンセンターでパンジー、ビオラなど購入して帰宅。昼寝。東証大納会。くまモンが鐘を鳴らして今年の取引は終了。なんとか5年連続上昇は達成したようだ。

Img_7153

 KEIRINグランプリ。だいたいラインとは無関係に決まることが多いので実力者同士の組み合わせでも筋違いならけっこうつくことがある。平原、武田、村上、新田、浅井の3連単ボックスと、3着だけ入れ替えた組み合わせも追加。レースは、村上が平原をしのぎ切って、直線武田の猛追を振り切り優勝。2着武田、3着浅井で見事に的中!しかも意外について415.6倍!大勝利!

Img_7156

 夜は、新横浜にて男子会が開催。ビアと焼酎をいただきながら、ムツゴロウさん健在問題、プロ花火師問題、バルセロナ移住問題、栗山町移住問題、中古ポルシェ問題など検討して、ゆずとバームクーヘンをおみやげにいただき22時すぎに帰宅。

2015/12/30:雲の上ホテルへ参戦(KEIRINグランプリ大勝!)

◆横浜→高知→梼原:はれ:高知市の最高気温=13.8度

 ようやく今日からお正月休み。今年も年末は高知へ。羽田発の各便はほとんど満席だけれど、ごった返しているという感じでもない。10時40分発の高知行きは、お座席が不足しているようで、3時間後の便なら調整金1万円がいただけるとのことで、しばし検討したけれど、せっかく高いホテルでのんびりの予定なので見送って予定の便へ搭乗。椅子が壊れたとかで整備の人が乗り込んできて、直ったけれど、書類を書くのに10分かかるとかでさらに遅延。書類は後でいいでしょ後で。

Img_4963

 富士山が見えると思って、進行方向右側の非常口座席窓側をゲットしていたのだけれど、うとうとしているうちに半分通りすぎてしまった。ニッカンで競輪グランプリ検討、電子版ふくちゃんで明日の大一番の検討をしているうちに無事に1年ぶりの高知龍馬空港へ到着。

Img_4964

 今日も南国のお正月らしいポカポカ陽気。毎年書いているけれど、この時期の遠征は、太平洋側に限る。気温は15度くらいなのだろうけど、陽射しが強く、風もなく、コートを脱いでセーターでも暑いくらい。窓を少し開けて風を入れながら、ニッポンレンタカーさんで出発。
 レベッカを聴きながら、南国インターから高知自動車道で須崎東インターへ出て、坂本龍馬の脱藩ルートだという国道197号線で山の中へ。思ったよりは悪くない道だけれど、登っていくうちに気温も下がってきて雲もかかって山の天気になってきた。1時間ほど山あいの道を走って、梼原町。本日のおめあての雲の上ホテルさんに到着である。

Img_4968

 愛媛県との県境に近い林業くらいしかなさそうな小さな町に、隈研吾さん設計の木材をふんだんに利用した立派なホテルが建っていて、道の駅やレストラン、雲の上温泉などが併設されている。町営か、第3セクターっぽい感じ。イーモバイルは圏外。Wi-Fiもない。念のため高知空港でKEIRINグランプリの投票を済ませておいてよかった。
 BSも映らないけれど、日本テレビ系が映った。単騎の浅井が、関東ラインに切り替えて、平原の後ろにつけて直線へ!これは勝てる!2車単、3連単的中!配当が思ったほどつかなかったけれど、まずは快勝。有馬記念中敗と東京大賞典大敗とカントリーウォーク号惜敗の分は取り返した。あとは、いよいよ明日の高知県知事賞である。
 地元木材をぜいたくに使った通路を渡って、隣接する雲の上温泉へ。道の駅内の温泉としての役割もかねていて、一般の人も入れる。お湯の方はまぁ地味な感じだけれど、冬の日が暮れていく山あいの露天風呂でのんびりと1年の疲れを癒す。

Img_4970

Dsc_0324

 19時から夕食。外はもう真っ暗。お料理はなかなか盛大で、お通し~お造り~焼き物~四万十鶏水炊き~鰹のたたき~鮎の唐揚げときて、最後が土佐和牛ステーキ。お肉が美味しいと聞いていたので、途中少し残したりしつつもなんとか最後までたどりついて、デザートまでたっぷりといただく。
 レストランのある母屋から宿泊棟へは、テラスを経由する。さすがに外は冷え込んできて、静寂につつまれる。地上波しか映らず、ネットもNGということで、部屋を暖かくして、心穏やかに読書でもして早めに寝よう。

Img_4974

Img_4976

Img_4979

Img_4980

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録