2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/1/19:初場所に参戦!

◆横浜・東京:はれ:17605歩

 1時半に目が覚めて眠れなくなって、明け方二度寝して7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、玉子、ひじき、鮭、納豆、玄米。
 午前中は、藤棚の地区センターまで歩いて、来月ディアナが参加する「名・達の会」の説明会に出席。
 午後から東海道線で上京して、両国へ。kecoさんと合流して、今年も恒例の初場所参戦。比較的チケットの取りやすそうな7日目を選んだのだけれど、上位陣が盛大に負けた6日間で、稀勢の里引退、鶴竜休場、栃ノ心休場、さらに優勝候補と期待されていた御嶽海まで休場。あまりにもあんまりな展開になってきた。

Image1

 西の2階B指定席で、十枚目土俵入りを確認してから、おなじみのちゃんこ。霧島の味噌・しょうゆちゃんこは美味しいとの噂だったけれど、にんにくも効いて、豚バラの入ったちゃんこは、たしかに美味しかった。

Image2

 休場続出の幕内に比べて、十枚目は、翔猿、臥牙丸、炎鵬、安美錦、豊ノ島など役者が揃っている。相撲カフェで甘い物をいただこうかとも思ったが、あまりの行列で安美錦に間に合わなくなりそうなので断念。向正面最前方にうしという方を確認。

Image3

 幕内土俵入り、横綱土俵入りの後に、突然伊之助が出てきて明日の取り組みを読み上げ始めた。毎年来てるけど、こんなのあったっけ?と思うと、時間に余裕のないときは省略することもあるらしい。

Image4

 中入り後。勢4勝。しかし、また目を怪我したようで痛そうだ。全勝の阿武咲は、1敗の魁星に敗れて初黒星。碧山も2敗。これは、気がつけば白鵬が13日目あたりで優勝してしまう展開ではないか?
 上位とイキのいい若手の対戦も大方終わってしまい、地味な進行。貴源治の双子の相手は誰だっけ問題、梅茶漬けは遠藤のときしか出てこないぞ問題、栃煌山はアンニュイだ問題、玉鷲は大したもんだ問題、太刀持ちと露払いは、自分の土俵入りのあと忙しくないのか問題など検討しながら後半戦へ。貴景勝は逸ノ城にあっさり勝って2敗を守った。

Image5

 休場も多く、横綱土俵入りも1人で、物言いもつかないので、進行が異常に早い。これは、早々に終了するのでは?と思ったら、高安ー琴奨菊あたりから急に仕切りの制限時間が長くなった。いくらなんでも長すぎるし、それに値する取り組みでもない。そして、弱い大関2人も勝って、白鵬もあっさり勝って、波乱もなく終了。う〜ん、ちょっと消化不良気味だね。

Image6

2019/1/7:おかゆ

◆横浜:はれ:17歩

 6時半頃起床。朝はおかゆ。多くの人が本格的な仕事始めの7日に、七草粥とは、優雅な隠居生活の醍醐味、と言いたいところなんだけれど、そんなことはなくて、明日が大腸カメラなので、お粥なのだ。したがって、七草どころか、梅干しもNGで白粥。前日からこんなに厳しかったっけ?

 4日のNY暴騰を受けて、東証2万円回復。まぁ、ここまではわかるけど、まだまだ先は読めないよねぇ。
 お昼はうどん。これも具がないからつまんないよ。せめておつゆの味だけでも濃い目と思って、ぽん酢にチューブのにんにくとしょうがいれていただく。前日のお酒は別に禁じられてないけど、つまみなしで飲んでもつまらないので、休肝日にすることにして、ノンアルコールビア。
 JSPORTSでジャンプ。昨晩寝てしまったので、再放送で、小林陵侑選手の快挙をゆっくりと。ジャンプのワールドカップといっても、ドイツ&オーストリアの対抗戦で始まった年末年始のジャンプ週間4戦は、伝統があって格が断然違うからね。そこでの日本人総合優勝は、船木以来。そして、4戦4勝は、日本選手初めてで歴代3人目というからまったくもってすばらしいの一言。今シーズン突然のブレイクだけど、ジャンプはけっこうこういうの多いんだよね。今は勝てるだけ勝って、意外にもまだ日本選手が達成していない初の総合優勝もめざしてほしいね。今月末に札幌大会があるんだけど、どうせ今年も弱いだろうと思って、予定を入れてしまった。残念。

Img_5461

Img_5463

Img_5466

 丸の人的補償で長野。内海(オリ)といい、長野(ハム・ロッテ)といい、ドラフトで他チームの指名を蹴って待ってまでG入りしたのにねぇ。。。特に長野なんて、Gに入った直後がピークだった感じがあるよ。まぁファイターズが似合わってたとも思えないけど、いい時期に3年棒にふってるんだからもったいなかった気もするよねぇ。
 そういえば、今日から出国税とやらが。。。消費増税の対策にあーだこーだばかみたいな政策を総動員している一方で、新税だもんねぇ。まったく理解できないよ。しかも入国に課税するならまだしも出国に課税って、理屈がつかないと思うんだけど。まぁ、出国の方が日本の航空会社とか旅行会社に徴収をたのめるからなんだろうけど、日本人だろうが、外国人だろうが、本来、日本から出て行くのは勝手でしょう?
 午後はひきこもり。別に体調が悪いわけでもないんだけど、お粥とうどんだけだと、なんだか活力もわかないよねぇ。というわけで、歩数は17歩。。。いくらなんでももう少し動いたと思うけど、iPhoneで計ってるからiPhoneが1日で10mくらい移動したってことだね。。。
 夜もお粥。読書くらいしかする気になれず早々に就寝。坂口安吾の「勝負師」を読む。木村vs塚田の「散る日本」は、以前読んだことがあったけど、木村が名人を奪い返す続編もあるんだね。その他にも、升田、大山の若い頃の話もなかなかあっておもしろい。小説は不気味な感じがあるけど、エッセイだとだいぶイメージがちがうよね。名人だからといって、名人らしくなんていうのはダメで、横綱だから受けて立とうなんていうのもすでに負けらしい。そういうことだから日本は(戦争で負けて)滅んだとのことで、「散る日本」の最後は、「実質だけが全部なのだ。」と終わるんだよね。

2018/12/16:Bリーグ初参戦!

◆横浜:くもり一時あめ:8796歩:横浜の最高気温=6.9度

 6時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、フレンチトースト、コーヒー。競馬予想TV。二度寝。
 10時すぎに近くのモンベルさんでパンク修理から復活した自転車を引き取る。
 12時すぎに出発。今日も寒い。高島町から市営地下鉄ブルーライン、センター北からは、めったに乗らないグリーンラインで1駅。北山田駅。横浜国際プールの最寄り駅だ。

Image1_2
(グリーンライン)

 本日は、Bリーグに参戦。いろいろもめていたバスケットボールのリーグが川淵さんの喝!でなんとか統一されて、かねてから一度見てみたいと思っていたのだけれど、なかなかタイミングが合わず3シーズン目にしてようやく初参戦となった。

◇2018/12/15:○横浜 60-58 大阪(横浜)

 専用のアプリで購入したチケットを見せて入場。このあたりは、新しいリーグだけあってスマートだ。指定席の中では一番安い2200JPYの2階席にしたけれど、十分近くて見やすい。場内もけっこうなにぎわいで、DJその他の演出もいろいろあって、試合開始前から盛り上がっている。他のスポーツに比べると子どもと家族連れが多いのがめだつ。

Image4_2
(国際プール)

Image3_2
(下位同士の一戦)

Image2_2
(けっこう盛り上がってます)

 我らが横浜ビー・コルセアーズは、ここまでなんと5勝18敗。あまりにもあんまりな状況だけれど、今日の相手の大阪も負けが混んでいるので、なんとか健闘を期待したいところ。しかるに、前半から、お互いにミスが目立ち、全然点が入らない。バスケットってもっとどんどん点が入るイメージなんだけどねぇ。第1Qは、16−13でなんとかリード。

Image5_2
(試合開始!)

Image7_2
(入った!)

 第2Q終わって33ー29。ハーフタイム。第3Qは、いったん逆転されるも、また盛り返して、49ー43。こうなると、なんとか勝って欲しいと思うよね。3500人の観衆の応援も熱くて、老若男女みなプレーに集中して熱心に応援している。
 残り2分で60ー50。バスケは数秒単位で攻守入れ替わるから油断できないとはいえ、もう大丈夫かと思うと、なんとここから3ポイント2本。60ー56。。。
 それでも、残り32秒。相手に3ポイント入れられても攻守交代してゆっくり攻めれば逃げ切れるだろうと思うと、なんとここで反則。反則するくらいなら点取らせた方がよかったんじゃないの?1本はずしてくれて、60−57。残り13秒。また反則。もうなんだか訳がわからないよ。1本はずしてくれて、60ー58。残り9秒で今度は反則もらって横浜のフリースロー。やれやれ・・・と思ったら、2本ともミスして、リバウンドは、大阪のボール!何やってんだよ!!!シュート打たれて、最後のシュートがはずれて逃げ切り。やれやれ・・・
 両軍合わせて118点っていうのはかなり少ない気がするから、下位チーム同士だけあって、レベル的にはかなり怪しいのだろうけど、接戦なので最後は熱くなったね。場内の雰囲気もいいし、バスケやってる子は多いんだから、このままリーグが盛り上がっていくといいね。

Image8
(勝った!)

Image9
(小勝利だよ)

2018/11/3:オールブラックス来たる!

◆横浜→調布→横浜:はれときどきくもり:8470歩

 今週は秋らしい気持ちよいお天気続きで、晴れの特異日の文化の日の今日もよいお天気。
 本日は、味の素スタジアムでラグビーということで、その前にランチでもということで、布田駅で待ち合わせ。布田というのは、調布のひとつ手前で、深大寺や野川も近くてのんびりしたところなのだけれど、いかんせん鈍行しか停まらないので、かなり不便。渋谷から井の頭線でも新宿経由でも乗り換えの回数ばかり増える。結局、12時待ち合わせなのに、10時30分のみなとみらい線急行で出発して、武蔵小杉から南武線、稲田堤から京王稲田堤まで歩いて、調布でまた乗り換え。
 食べログで適当に選んだ「鎌倉やさいとriche」さんは、12時の開店と同時にけっこうなにぎわい。ラグビー参戦を控えたニュージーランドの方の姿も。スープ、デザート、飲み物付き1200JPYのランチは美味しくてリーズナブル。+200JPYでスパークリングワインもうれしい。同級生の息子が侍JAPANだ問題、テレビが思ったより安くてやる気が出てきた問題、斉藤こずえさんと行くと食事が全部ついてて安心だ問題、インスタで画像を分割して組み合わせるのはダメだ問題など検討して、いよいよ味の素スタジアムへ。布田の駅は、地下化して密封型のホームドアがついたのだけれど、列車到着前からすごい風の音がして驚く。1年半ぶりの味スタ、今日はオールブラックス戦ということで、 チケットもいいお値段なのだけれど、さすがにお客さんが多く、盛大。一番安いカテゴリー4にしては、見やすいお席。なんとかハカに間に合った!

Image1

Image2

Image3

Image4

Image5

◇2018/11/3:●日本 31-69 ニュージーランド(調布)

 ここ数年、ラグビーの試合をけっこう見てきたけれど、やっぱり小生のような初心者こそ、トップレベルの試合を見るのが大事なんだねと思った試合。ラグビーってこんなにおもしろいんだ、すごいんだっていうのを実感した試合。アイルランド戦のときは、体格とかパワーの差で負けた感じで、今日もてっきりそうなるんだろうと思っていたら、パスの速さもキックの正確さも、そして何より足の速さが桁違い。あれよあれよとやられてしまう。日本もけっこう攻撃はがむばって、前半3トライ、後半2トライだから十分見せ場も作ったし、よくやったと思うけれど、やっぱりラグビーは、オールブラックスなんだ!世界のトップはこうなんだ!っていうのを強く感じた試合。しかも、これでも若手中心っていうから恐ろしい。でも、ワールドカップの1年前に、過去最多の43,751人のお客さんを集めて、世界のトップ相手に力の差を見せられつつも健闘したことは決して無駄にはならないよね。あと1年、さらなるレベルアップを期待しつつ、本番を楽しみにしたい。
 そういえば、試合前に、場内MCがないと初心者はつらいかなって思ったけど、全然そんなことなくて、余計な演出なしで、試合に集中できた。素晴らしい試合に余計なものは不要ということだよね。
 あ、kecoさん曰く、本番までに、女子トイレの和式は洋式に改装した方がよいとのことなので、そこはよろしく。

Image6

Image7

Image8


2018/10/28:Tリーグ参戦!

◆横浜→立川→横浜:はれ時々くもり:5287歩

 21時に寝れば、まぁ3時に目が覚めるよね。二度寝、三度寝して、8時頃起き出して、野菜ジュース、ハムエッグ、たくわん、納豆ご飯、コーヒー。
 今日も行楽日和と聞いていたので、朝から出かけようかとも思っていたのだけれど、横浜は意外と雲が多い。わが家の周りは、横浜マラソンで盛り上がっているようだけれど、小生はベッドでごろごろ。
 14時前にようやくFライナーで出発。マラソン帰りの人もちらほら。武蔵小杉で乗り換えて南武線、といっても、東京競馬ではなくて、終点の立川まで乗る。先週の菊花賞で大敗したので、秋の天皇賞はケン。オグリキャップやタマモクロスの頃からずっと参戦してきたから、ケンはちょっと記憶にないよね。
 伊勢丹で遅めのお昼。更科堀井があったので、小海老天せいろとビア。さすがに安心な味だね。

Image1

 モノレールで2駅で、立飛。立川飛行場の略がそのまま地名になっちゃったのかな。駅の東側は、大きなショッピングモールになっているようだけれど、反対側に仮設っぽいホールがあって、これがアリーナ立川立飛。

Image2

◇2018/10/28:○木下アビエル神奈川 3-1 日本生命レッドエルフ(立川)

 本日は、Tリーグに参戦。先週始まったばかりの新しい卓球リーグだ。経緯はいろいろあったようだけれど、まずは参戦してみないことには。で、女子の木下アビエル神奈川というのは、一応神奈川をホームにしているようだし、石川佳純ちゃんもいるので、木下vs日本生命戦に参戦してみた次第。

Image3

 卓球を生で見たのは、一度だけで、だいぶ前の横浜アリーナでの世界選手権。会場が大きくて、真ん中にコートがいくつもあって、全然見えなかったんだよね。なので、今回は、せっかくならいい席でと思ったのだけれど、一番高い席は、1万円以上もして、しかも売り切れ。エリア指定の2階ファインビュー席4000JPYで妥協。会場が小さいので、まぁソコソコ見える。試合中は、撮影禁止で、それ以外は個人利用ならOKとのこと。(以下の写真でプレー中のようにみえるのは、練習中のもの)

Image4

 男女それぞれ4チームあって、数名の選手が所属。おなじみの人もいるし、知らない人もいるし、助っ人外国人もいるようだ。1日の試合は、第1試合がダブルス、第2-4試合がシングルス。同じ人が両方にでてもよい。2-2になったときだけ、第5試合が行われるとのこと。
 会場が小さいとはいえ、場内ほぼ満席で、DJや応援団なんかもいて、できたてのリーグをみんなで盛り上げようという雰囲気は伝わってくる。第1試合のダブルスにさっそく石川佳純ちゃんが登場。森薗選手と組んでの試合の相手は、中国選手?のペア。これが、相手が強いというよりも、ミス連発で、2-11、5-11であっさり終了。どうなってるんだ???

Image5

 2試合目のシングルス、木下は、エン選手。日本生命の前田選手相手に接戦ながらも3-0のストレートで快勝。ここでハーフタイム。

Image6

 3試合目、木下は、中学生の木原選手。相手の森選手も気合い十分だったけれど、3-0で快勝。これで2勝1敗。
 4試合目にふたたび佳純ちゃん登場。相手の陳選手は、ボーイッシュというか、ほとんどかわいい男の子という感じ。世界ランクでは、だいぶ佳純ちゃんが上みたいだけれど、なんと第1セット、5-11であっさり終了。若手ががむばっているのに、佳純ちゃんが2敗はまずいよね、体調でも悪いのかしらん?と思ったら、第2セットから立ち直って、3-1で勝利。トータルでも3勝1敗で木下の勝利となった。
 女子ということもあって、パワープレーの迫力というよりは、細かい動きやラリーの攻防を楽しむ感じ。おもしろかったのは、佳純ちゃんが返すだけのイージーボールをロブを上げたあと、相手がスマッシュを決めきれずに、ロブとスマッシュのラリーが4,5回続いて、だんだん追いついてきて、最後は佳純ちゃんが決めたプレー。トップ選手同士でもこんなラリーの決着があるんだっていう感じで見応えがあった。
 本日の観衆は1711人。かつての名選手の松下さんがチェアマンで、引退した愛ちゃんも理事になっているTリーグ。愛ちゃんをきっかけに人気・実力ともに向上してきた日本の卓球、五輪も近いし、さらに盛り上がって欲しいものだね。そして、小生は、今週末、温泉卓球でめいっことの負けられない戦いだ!

Image7


2018/9/22:三ツ沢でトップリーグ

◆横浜:くもりのちはれ:12786歩:横浜の最高気温=25.5度

 7時くらいに起床だったかな。野菜ジュース、オレンジジュース、ヨーグルト、トースト、ハムエッグ、コーヒーかな。
 雨が多少残る中、ディアナまで歩いてお当番。今日は、午前中お初のお客さんも来たのであまり退屈しなかった。14時すぎにYo子さんとTさんをはじめとする美魔女軍団が到着したところで、小生は御役御免となるはずだったのだけれど、ちょうどタウンニュースさんの取材がやって来たので、小生もいっしょに参加して16時前に撤収。お天気も回復。
 浅間下から急坂を歩いて登って久しぶりに三ツ沢へ。今日は、サッカーではなくてラグビー。トップリーグが三ツ沢で開催されるのだ。JRFUの無料招待券で入場。

Image1

 来年のワールドカップの決勝戦が行われる横浜、一般発売も始まったタイミングで、地元への啓蒙活動ということのようで、試合前のイベントも充実。大八木さんのレジェンド討論会はすでに終わっていたけれど、ちょうど小生が到着したタイミングで、麻倉未稀さんのミニコンサート。協会のリクエストということで、「ノーサイド」を歌ってから、最後は、もちろん「ヒーロー」。タダで生ヒーローを聴けるとは贅沢だね♪

Image2

 今日は、サントリーVSNECということだからか、ビアも半額。モルツをいただきながら、ガラガラのメインスタンドの端っこでくつろぎつつ、17時からは、サントリーOBの今泉さんと、NECOBの川合さんのトーク、さらに試合開始直前には、高橋克典さんと筧美和子さんも登場して、始球キック。高橋さんは高校途中までラグビー部だったのね。筧さんも空振りすることなくちゃんと前に飛んでよかった。

Image3

◇2018/9/22:◯サントリー 47-31 NEC(三ツ沢)

 昨年の覇者、サントリー・サンゴリアスのスタメンには、真壁伸弥、ツイ・ヘンドリック、マット・ギタウ、流大、松島幸太朗と小生でも知っているビッグネームが並ぶ。対して、NECは、知らない選手ばかり。事前のトークでNECOBの川合さんが、「NECが勝つとしたらロースコアの接戦に持ち込むしかない」と言っていたのだけれど、開始早々、真壁のトライに始まり、マットギタウのトライ、松島幸太朗の2トライで、あっという間に26ー0。

Image4

Image5

 今シーズンのトップリーグは、格下のチームが善戦しての接戦が多かったのだけれど、さすがにここは格が違いすぎるか?と思ったら、NECが反撃。前半だけで3トライ返して、前半は、19−33。後半も2トライで、31−40まで詰めたのだけれど、最後は31−47。両チームともにPGの得点がなくて、7トライと5トライだから見ていて楽しかった。三ツ沢は、トラックがないからホント目の前で迫力あるしね。ただ、最後、ホーンが鳴ってから延々試合が続行されたのだけれど、16点差だから意味ないんだよね。サントリー陣ならサントリーが蹴って終わりだろうけど、なまじNEC陣だったので、お互い攻撃するし。で、反則が繰り返されて、ラストプレーなのにまさかのシンビンとかなっちゃって。

Image6

 大抽選会はあっさり外れたけど、半額のビア飲みながら、半袖で気持ちよく観戦できたし、最終的には、けっこうお客さんも入っていたようで何より。急坂を下りてそのまま家まで歩いて帰ったけど、思ったほど歩数はいかないんだね。

2018/8/19:KICKOFF! KAMAISHI 8.19 釜石鵜住居復興スタジアム オープニングDAY

◆岩泉→釜石→盛岡→横浜:はれ:13527歩:釜石の最高気温=27.0度

 久々の24系、せっかくなので上段にしてみたけれど、けっこうよく眠れた。ただし、今朝の岩泉町の最低気温はなんと11.9度。40年以上経っている24系は隙間だらけで寒くて目が覚める。冷房の使い方だけ教わっていたけれど、夜は、暖房をつけるのが正解だったようだ。
 顔を洗って、パンを食べてチェックアウト。テントをたたんだりしなくていいのでブレートレインは楽チンではある。今日は国道を東へ向かって、小本で海岸沿いへ出て、45号線を南へ向かう。震災復興道路ということで、内陸側に無料の高速の建設が進んでいるけれど、まだ半分くらいなので、何区間か走っては、海側の国道へ戻っての繰り返し。45号線沿い、このあたりは南の釜石、陸前高田、気仙沼ほどではないけれど、それでも津波の被害は大きく、仮設風の住宅も残る。
 そして、クルマは大槌町へ。ここは震災時は、町ごと壊滅したような地区なのだけれど、ここの臨時駐車場へ止めてシャトルバスに乗り換え。そう、今日は、「KICKOFF! KAMAISHI 8.19 リポビタンD 釜石鵜住居復興スタジアム オープニングDAY」に参戦するのだ。

Image1_2

 震災復興のシンボルとして、ラグビーワールドカップを釜石へという夢が、いよいよ実現することになり、今日がスタジアム竣工の記念イベント。来年の本番に向けて運営の予行演習でもあるけれど、シャトルバスはスムーズに出発して、10分くらいでスタジアムへ到着!

Image2_2

 津波で小学校と中学校が流されてしまった跡地に作られたスタジアム。ワールドカップは2試合だけだから、他の11会場のような巨大なスタジアムを作っても維持できないわけで、いろいろ知恵を絞ったスタジアムは、こじんまりと、しかしスタンドも芝生もとても美しく、海沿いでありながら山の緑にも囲まれて素敵な光景。東京ドームや国立競技場から提供された椅子、さらには山火事で切り出された間伐材を使った木製の椅子に座れば、球技専用なのでピッチはすぐそこで臨場感も満点だ。

Image3_2

 今日は朝からイベント盛りだくさんで、まずは少年少女ラグビー教室みたいのが行われている他、周囲には車椅子ラグビーその他、いろいろな体験型ブースもある。そして、地元の名産もにぎやかで、ホタテなどいただくとビアが飲みたくなるけれど、無念。ノンアルコールビールがなかったので、本番までには一考をお願いしたい。本来ならレンタカーを釜石で返したかったけれど、乗り捨てができなかったのだ。

Image4_2

Image5_2

 現時点での収容は6000人程度とのことで、本番までには、ここへ1万人の仮説スタンドができるというから、来年来るときにはまた景色も変わりそう。今日もトイレ不足が目立ったので、本番には相当増やさないと厳しい。アクセス道路やプレスセンターの整備などまだまだやることは残っているようだけれど、今日のデータを活かしてしっかり準備して欲しいよね。休止中の山田線がすぐ近くを通っていて、鵜住居の駅もきれいに整備されている。来年3月に復旧工事が終わって、JR東日本から三陸鉄道へ譲渡されることになっているので、ワールドカップの観客輸送にも役立てて欲しいね。
 いよいよ12時からが、今日のおめあてのレジェンドマッチ。新日鐡釜石vs神戸製鋼のOB戦。鉄、V7、震災、赤いジャージととにかく共通点の多い両チーム。まずは、V7戦士限定の10分間。釜石の方が当然平均年齢は高いから大変だよね。当時は今ほどラグビーに詳しくなかったけれど、松尾さんはもちろん、大八木さんとか林さんとか、小生でも知ってるビッグネームが多数。そして応援団も当時からの人たちが多いからスタンドも盛り上がっているし、みんな楽しそうだ。そして、第2試合はV7に限定しないOB戦。こちらは少し若返って、より真剣ムード。堀越なんてまだまだ動けるもんね。そして、なんといっても平尾さんがいないのは残念。このスタジアムでのワールドカップを見てほしかったよね。

Image6_2

Image7_2

Image8_2

 13時からあらためてオープニングセレモニーとのことで、平原綾香さんのジュピターと地元中学生の歌があって、森喜朗くんのあいさつとか盛大に始まってしまったので、もぐもぐタイムに。挨拶が多すぎるよね。まぁ百歩譲って、ラグビーなら森喜朗くんがやるのは仕方ないとして、だったら他の大臣と会長はいらないし、市長はいいけど、知事はいらないよね。SPばっかり多くてなんかスタンドの真ん中が黒くなっちゃうしさ。本当にこのスタジアムに思いを持ってやってきた人のあいさつだけにすればみんな聞くし、心に残るはずだよ。

Image9_2

 13時55分に地元の高校生洞口さんのキックオフ宣言!震災当時この場所にあった小学校の卒業生。小学校と中学校は津波で流されてしまったけれど、日頃から避難訓練を徹底していて全生徒助かったという場所でもあるのだ。今、新しい小学校は高台へ移転してスタジアムからも見える。黙祷。
 洞口さんって、亡くなった洞口選手の親戚かな、地元も同じだし、とか話していたら隣のおばちゃんがいろいろ話しかけてきて、洞口選手はこの隣の両石地区の出身で、このあたりに洞口姓はまぁまぁいるとのこと。地元事情にもいろいろ詳しいので、てっきりラグビーにも詳しいのかと思ったら、ハーフタイムのEXILEがお目当てとのこと。。。
 メモリアルマッチは、釜石シーウェイブスvsヤマハ発動機ジュビロということで、清宮パパも参戦だ。クラブチームになって存続してからトップリーグにもう少しなのだけれどなかなか手が届かないシーウェイブス。主力の参戦は一部とはいえトップリーグのトップチームヤマハ相手に善戦。前半は14ー15。

Image10_3

Image11_2

 ハーフタイムにEXILE登場。おばちゃんの情報通り、事前に公表されていた2人だけじゃなくて5人来ていたけれど、小生にはよくわからない。被災地に中学生達と盛大に踊る。

Image12_2

 後半開始直後は、ヤマハペースで、やはり地力の違いが・・・と思われたが、その後は、シーウェイブの時間帯となり、相手のシンビンもあって終始攻勢。なかなかトライが取れずにやきもきしたけれど、終盤に見事にトライ。さらに試合終了直前にもトライで24−29。これは立派!新しいスタジアムでの今季の戦いが楽しみだし、ワールドカップイヤーにトップリーグへ復帰できれば最高だね。

Image13_2

Image14_2

Image15_2

 素敵な1日の余韻にひたりたいところだけれど、我らは先を急がねばならない。まだ舗装の途中の帰り道を歩いて、バス乗り場からシャトルバスで大槌へ戻り、フィット号で、283号線から107号線。途中山越えはここは無料高速ができているので快適。遠野の道の駅で休憩した後は、高速で東北道へ合流。この区間、日本で数カ所しかない最高速度110Km/h実験区間だ。
 盛岡南インターで降りて、最後の難関は給油。インターから駅まではスタンドが少ないとは聞いていたけれど、1件だけ反対側にあったスタンドはやはりセルフ・・・先日もT氏から、「いい加減、セルフ給油くらいは・・・」と言われたばかりなのだけれど、結局断念して距離計算。しかし、これが高い!340キロ走行で6800円はひどいよ。フィット号で小生の運転なら手堅くみてもリッター17キロはいくはずだから、20リッターなら3000円くらいでしょ。。。思わず「高い!」って言ったら、係りの人に冷たく、「お時間があるなら今からでも給油して来ていただければ・・・」って。。。ニッポンレンタカーの千歳あたりの距離計算はこんなに高くなかったよ。だから距離計算で済ませてきたんだけど、トレン太くんおそるべしだよ。
 19時すぎの盛岡駅は、ラグビー関係者多数で、清宮パパの姿も。試合には勝ったし、息子は今日もイースタンでホームランだからご機嫌のようだ。おなじみの駅ビルフェザンさんでお土産を買って、冷麺をいただき、こまち号で帰京。来年またあのスタジアムで、ワールドカップを見るのが楽しみだ。

Image16_2


2018/3/18:30年目のゴルフ部合宿(2)

◆宇都宮→横浜:はれときどきくもり

 合宿2日目は6時起床。顔を洗って支度をしてチェックアウトすれば隣がクラブハウスで7時朝食。やっぱりこれは楽ちんだね。そしてけっこう充実した和定食をいただき、8時スタート。今日はA君、N君と同組。もちろん30年前の本物の合宿とちがって怖い先輩とかはいないから、今日も緊張感のないゆるいラウンドだ。
 麻雀が20年ぶりなら2日連続のゴルフも20年ぶりくらいではないかと思うけれど、意外にも体が痛くて動かないとかいうことはなかった。朝こそ多少ひんやりしたけれど、今日も晴れて気持ちのよい天気。金曜が雨で月曜からまた下り坂というのだから本当にラッキー。日頃から隠居気味でまぁのんびりやっている小生とちがって、仕事も忙しく家族サービスもしっかりやっている面々にとっては、ホントに貴重な2日の休日、「奇跡の2日間だよね」ということで、みなリフレッシュしたようだ。

Dsc_0125

 ゴルフの方は、2日目もまぁティーショットがソコソコ当たったので、みんなといっしょにカートには乗れるし、昨年Yo君からいただいた「前進4打愛好家」の不名誉な称号は返上できそうだ。むしろ短いパットが入らず苦戦したけれど、昨日が117、今日が114。先週の社杯が119だからやっぱり続けてやると少しは改善するものだね。今ならイッキマンに負けることはなさそうだから早くぐんぐん杯でも開催したいものである。
 今日も前が詰まり気味だったけれど、14時半頃にはホールアウト。弁護士のS君、さすがに忙しいようで、急遽新幹線で帰ることになり、タクシーを見送って残りのメムバーも解散。なつかしく楽しい2日間、幹事のI君には本当にお世話になった。これを機にたまには集まるにもまたよしというところだけれど、ヘンに力まずに、「死ぬまでにもう1回くらいやろうか、2回はないんじゃないか?」というあたりもI君らしくゆるくていい。もっともI君は、競馬好きなので、別途府中あたりで一席やるのもいい。
 帰りもF君の運転のお世話になって、川口から葛西経由のルートは案外渋滞せずに18時すぎには帰宅。2日家を空けたお父さんたちは家族サービスかもしれないけど、小生はピザとってビア飲んで21時就寝。

2018/3/17:30年目のゴルフ部合宿(1)

◆横浜→宇都宮:はれ

 高校時代、小生が体育会というものに所属して、放課後に並木道をダッシュしたり、階段を駆け上がったり、大叩きして大学生に坊主にさせられたりしていたというのは、今となっては信じがたいのだけれど、そんな高校ゴルフ部の仲間による1泊2日の合宿が30年ぶりに開催されることになった。小生、同窓会というものにほとんど参加していないし、ゴルフも引退を宣言していたのだけれど、なぜか年末に幹事のI君からフェイスブックのメッセージで誘われたときに限って魔が差して(?)OKしてしまったのである。I君曰く、今回の合宿は、小生の参加が鍵のひとつで、小生を捕獲するタイミングを慎重にうかがっていたとのことで、まんまとつり上げられてしまった。
 そんなわけで1泊4食2ラウンド1麻雀付きの宇都宮合宿が決行されるに至ったのだけれど、近所に住んでいることが分かったF君に迎えに来てもらったものの、東北道事故渋滞ということで、クルマは一向に進まない。カーナビの指示で新井付近でいったん首都高速を下り、平行する122号線を北上するがこちらも渋滞。岩槻で東北道に復帰した頃には渋滞はほぼ解消したけれど、カーナビの到着予想は9時49分。9時55分のスタートだからちょっと無理だ。ちなみにこの大渋滞中、別のクルマでは、尿意を我慢できなくなったI君が、紙コップで・・・(以下略)という事件が発生していたとのことで、前途多難を思わせる。
 なんとか10時前にJGM宇都宮カントリークラブに到着すると、すでになつかしい顔がそろっていて、S君、A君、I君、N君にF君と小生ということで6人が30年ぶりの再開。ゴルフ部は最盛期は同期15名くらいいたと思うんだけれど、上手い人がいると、小生らが気後れするということで、今回はB組というか、2軍というかゆるいメムバーのみの会。肩痛でドタキャンのH君、ホントに仕事かどうか怪しいIN君は不参加となったが、なんとか2組6人がそろった。

Dsc_0121

 スタートは10時半すぎに変更されて、I君、A君と2組目でプレー。B組といっても、小生よりはみんなマシではあるけれど、小生も先週の会社のコンペをひと叩きして、多少上昇気配であり、ティーショットが案外前に飛ぶので(そんなの当たり前と思われるかもしれないけど、そうでもないんだこれが)なんとか参加できる。前半は、I君52、A君54で小生56だから、小生としては、まぁ立派なものである。もっとも、A組の面々だったら、「おまえら恥ずかしくないのか!」と言われそうだけど。
 小生以外のメムバーはみな家庭を持って、子供もいる。F君の長男は、高校のゴルフ部に入ったらしい。パイロットを今も続けている人、転職してステップアップした人、個人事業主で忙しくしている人もいて人生いろいろだけれど、見た目も性格も発言もあまり変わってなくて、それぞれ当時を彷彿させるから、時計の針はすぐに30年戻ってなつかしい話もはずむ。参加を固辞したIN君も休日出勤で会議中(ホントかね?)と言いながら、LINEには参加してきて、写真を送れとかメッセージを送ってくる。来ればよかったのにねぇ。
 遅いスタートで前が詰まって進まないので、前半はハーフ3時間だけど、今日は帰りの渋滞を気にする必要もない。雲ひとつないすばらしい天気に恵まれてのんびり楽しくラウンドして、入浴して、クルマで15分くらいのところにある鶴カントリークラブのホテル鶴へ移動してチェックイン。経営の違う2つのゴルフ場だけれど、パックになっていて1泊4食2プレー付きで3万3000円だから実にお得である。

Jpeg_20180317_175653_831722514

 ホテルといっても、宿泊は我々とあと1組だけのようで、ビアやお刺身とか固形燃料のすき焼きとかをいただくと、お隣の麻雀ルームへ。自動卓が故障したとのことで手積みだけれど、部屋の雰囲気は雀荘っぽくてなかなかいい感じである。今回、B組にメムバーが限定されたのは、ゴルフが上手すぎる人は困るということの他に、麻雀ができる人というしばりもあったようで、一応できる方にカウントされている小生も20年ぶりくらいに卓を囲む。
 6人の中でも、A君やI君などは、学生生活の情熱のかなりの部分をゴルフではなくて麻雀につぎこんでいた強者(小生の場合はそれが競馬だったから他人のこと言えないけどね)なので、とりあえず、振り込まないようにおとなしくしていることにする。しかしながら、消極的なうち回しでじり貧になってきたところで、ホンイツトイトイ発ドラ1の親ッパネをあがって、N君を飛ばして2位に。うまい具合に2抜けになったので、大浴場でゆっくり。ゴルフ場ではなくてホテルの方にも大浴場があって、循環とは思うけれど、我ら数名のためにお湯がたっぷり張ってあって、湯加減も上々。なかなかぜいたくである。
 湯上がりのハイボールなど飲みながら、A君2連勝の後をうけての3回戦、初回より手もマシになってきたけれど、こういうときこそ振り込みに気をつけないといけない。しかし、中盤に親で軽い手が来たので、早めにリーチすると、あっさり積もって、リーチ、タンヤオ、ドラ1と思ったら、裏ドラアンコでドラ4になってまた親ハネ満!後はガードを固めて逃げ切りでトップ。このメムバーで麻雀で中勝とはうれしいね。1-1-2着のA君はまだやりたそうだったけれど、23時すぎということで、さすがにお開き。このあたりは、学生時代とはちがう。ツイン3室に分かれて早々に就寝。

Dsc_0123

2018/3/10:社杯参戦

◆横浜・茂原:くもり時々はれ:23001歩

 4時45分起床。桜木町まで歩いて、24時間営業のニッポンレンタカーさんでスウィフト号をゲットして、湾岸線〜アクアライン〜圏央道。本日は、諸般の事情によりゴルフ。引退したはずの社杯にまた参戦することになってしまった。圏央道もだいぶ延びて、茂原北インターで降りて、7時すぎには真名カントリークラブ真名コースに到着。2日続いた雨でコースは湿っているけれど、とりあえず雨が上がってくれたのは何よりだ。

Dsc_0108

 今年は年明けから何度か練習して備えていたのだけれど、そのかいあったのか、ドライヴァーのチョロが少ない。新兵器のブラシ型のティーもいい感じだ。コースがフラットなこともあるが、前進4打採用が一度もなく、ボールが1球もなくならないなんていうのは近年ちょっと記憶にない。スコアは冴えないけれど、同組のSさん、Oさんと楽しくプレーできたし、まぁ多少はゴルフらしくなったのでよしとしよう。17人中グロス11位、ネット9位だから、本日阪神7レースで16頭立て13着のバルコラベーロ号に比べれば、小生の方がまだマシだ。
 9位の賞品として自分が提供した神戸ワインをいただき、帰途へ。アクアラインは多少渋滞したけれど、まぁなんとか1時間半くらいで桜木町へ。ブラタモリをみて早々に就寝。

Dsc_0113

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)