2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/5/5:suicaペンギンのスイーツビュッフェ〜ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019♪

◆横浜・東京:はれ:7535歩

 二度寝三度寝して、リアルで不快な夢を見て7時起床。グリーンチャンネルでケンタッキーダービー中継。国家斉唱からマイホールドケンタッキーホーム。GWにケンタッキーダービーの馬券を買って生中継が見られるんだからホントいい時代になったよ。あいにくの雨でドロドロの馬場が残念だねぇ。

 マキシマムセキュリティの逃げ切りで大敗!と思ったら、長い審議で降着。まぁ、結局大敗には変わらないんだけど、とんでもない大穴になったね。現地は大騒ぎだろうけど、やっぱり、やったもん勝ちじゃなくて、このくらいヨレたら降着になった方がいいよ。海外基準に合わせたとか言われてたけど、アメリカは今でもけっこう厳しいんじゃん。(とこの時は思った・・・)

 あとねぇ、馬券を買えるチャンスを作ってくれた、日本馬マスターフェンサー、殿追走で勝負にまったく参加してないと思っていたら、直線猛然と追い込んで来て差のない6着だよ。これ、小生も気がつかなかったけど、実況はともかく、グリーンチャンネルの中継陣がレース後も最後まで誰ひとり気づかないで一言もふれずっていくらなんでもひどいよ。ノーチャンスの日本馬の話ばっかりするもも格好悪いけど、これじゃあ、それ以前のレベルだよ。大沢さんも合田さんも正直、もう辞めた方がいいんじゃないの・・・ディレクターとかも何やってんだ。

 お昼を抜いてお腹を空かせて、14時前のFライナーで出発。副都心線の池袋で降りるけれど、メトロポリタンホテルはどうやって行けばいいんだ?地図を見てもどうもピントこないと思ったら、北が下だよ。。。さっぱりわからん。

Image1_24

Image2_25

 なんとかメトロポリタンホテルへたどりついて、4階の宴会場でkecoさんと合流。本日は、suicaペンギンのスイーツブッフェ♪受付を済ませて、suica支払い限定のグッズをいただくと、うやうやしく控室へご案内。ずいぶん大げさだよ。すでにペンギンのぬいぐるみ持参でテンション上がってる人たち多数。女子率90%くらいかしらん。

Image3_23

 ようやく入場が許されて会場へ。各テーブルには、キュートなsuicaペンギンパフェが!そして、まずは、ドリンクコーナー飲みオープンで、もっぱら撮影タイム。本格的なカメラを持ってきてる人もけっこういるよ。

Image8_19

Image4_25

Image6_25

Image5_25 

Image9_18

Image10_17

 15時30分スタート。さっそく長蛇の列だけれど、補充はどんどんされるのでご心配なく。suicaペンギンのプリンに、マカロン。その他は、いちご系のスイーツがメイン。もっとも、我らは、そんなに甘い物ばかり食べられないので、スープやサラダ、サンドイッチのお世話になりつつ、コーヒーもいただきながら、マリンの状況確認、夏の遠征、来夏の五輪チケットの検討など。

Image11_16

 100分制ということで、17時10分終了。4700JPYだから安くないけれど、エンターテイメントとしては、悪くないし、お味もなかなかよかったよ。欲を言えば、suicaペンギンが各テーブルにごあいさつとかあれば楽しいけれど、suicaペンギンの着ぐるみっていないよね。まぁ、それがまたいいのかもしれないけど。

Image12_15

Image7_22

 はむほーを確認(なんで行かない日ばっかり勝つんだ・・・)して、有楽町線で有楽町へ移動して、夜は、ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019♪。国際フォーラムをいっぱいに使ってのクラシックイベント。ちょうどホールEの無料コンサートで、マイスタージンガーが聴こえてきたよ。夕方の風は爽やかで、屋外のフロアもにぎわってる。いい雰囲気なんだけど、いかんせん人が多いので、手狭なんだよね。もう少しゆとりがあって、食べ物なんかも買いやすくてテーブルなんかも余裕があれば最高なんだけど。あと、一般エリアでももっともっと演奏をいろいろ演ってほしいよね。

Img_8085

Img_8087

 今回のラ・フォル・ジュルネのテーマは、「Carnets de voyage-ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」なのだけれど、LINEチケットで入場してルネ・マルタンさんのスタンプが押されて、まずは、ホールAで、”アメリカ~JAZZ meets クラシック”ということで、おなじみの小曽根さんのピアノ。先行発売で早々にゲットしたので、5000人収容のホールの前から7列目という良席なのだけれど、ちょうど小曽根さんの指のあたりに前の人の頭がかかるのがちょっと残念。そうそう、ラプソディー・イン・ブルーって、この曲だったのね(^^;)

Img_8089

Img_8090

 もう一曲あると思ってたら、盛大な拍手とともに退場。そうか、後半は別の人だったのね(@_@)予習不足も甚だしい。。。ピアノも交換して、フランク・ブラレイさんが登場して、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調。途中、後ろで寝てる人の鼻息が聞こえてきたりしたのが遺憾。

 2公演目は、会議室棟4階へ。この小さなお部屋でのコンサートもラ・フォル・ジュルネの醍醐味で、実際、早くから売り切れてしまう。今回も先行で購入したのに、一番後ろのお席。といっても、5列しかないから近いんだけどね。

 ”歌に恋するピアニーノ”ということで、ピアノが川口成彦さん、ソプラノが天羽明恵さん。ピアニーノっていうのは、アップライトピアノのことらしいんだけれど、19世紀の楽器を念入りに調整したとのことで、部屋を暗くしてサロン風でゆったりと鑑賞。

D190505b

 21時をすぎまで堪能して、東海道線で帰宅。NHKマイルカップの結果を確認すると、なんとグランアレグリア降着で、ルメールはオークスもダービーも乗れず。4着だから降着しやすかったっていうのはあるだろうけど、JRAもたまにはやるんだね。

 

2019/3/13:シシリア〜NOKKO@ビルボードライブ東京♪

◆横浜・東京:はれ:6809歩

 7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、ベーコンエッグ、トースト、紅茶。

 前回の新井氏同様、
「ピエール瀧氏って言われても知らないですね」
 どうも
「沢山映画やらドラマにも出演している」
 とのことだけれど
「知らない」
 んだから、仕方ないですよね。。。

 9時すぎに東神奈川ゴルフジョイに参戦して闇練最終回。90球。帰宅して、クラブをコースへ発送。いつも近くのセブンイレブンへバッグをかついで行って伝票書いてたけど、スマホのヤマトのアプリで、送り先のゴルフ場も検索して、ひょいっと集荷依頼できるのね。もっとも、suicaで払おうと思ったら、お兄さんの端末の調子が悪くて現金。
「アプリ使うとポイントとかたまるのかしら?」
「そういうことは、お客さんの方が詳しいんですよ」
「・・・」
 以前は、こっちは気づかなくても、マンションのロビーで向こうから声かけてくれたりとかあったんだけど、残念ながら、ヤマトのお兄さんも最近はねぇ。。。
 夜に備えてお昼寝して、17時半すぎのFライナーで上京。なんと今月3回目の六本木。1年くらい来ないときもあるのにね。

Image2

 交差点の角のシシリアさんへ。交差点の角というとアマンドというイメージだけど、地下に食べログ3.54の名店があったのね。18時半前でもすでににぎわっていたけれど、ギリギリ入場を許されて、白ワインを生ハムをいただいているうちに、19時すぎにkecoさんが到着。きゅうりたっぷりの名物のグリーンサラダ、パリパリのピザ、ウニのパスタとどれもお手頃サイズで美味しい。早い時間に軽くつまむのにも、遅い時間の〆にもいろいろ使えそうだねぇ。

Image3

Image4

Image5

Image6

 腹ごしらえを済ませたところで、ミッドタウンのビルボードへ転戦。本日は、NOKKOさんのライヴ。ビルボードだったら、現地でお食事すればいいのでは?と思われそうだけれど、2部公演の第2部は、20時半会場の21時半開演と遅いので先にお食事を済ませてきた次第。カジュアルエリアに入場してワンドリンク付きのカンパリオレンジだけいただいて開演に備える。傾斜があるので、カジュアルエリアでも近いしまずまず見やすいよね。

Image9

Image8

Image11

 kecoさんのiPhoneで最近のアルバムも予習していたつもりだったけれど、前半は知らない曲が多かった。でも、パワフルなボーカルとキュートなNOKKOさんを近くで堪能。今日のバンドは、キーボードが真藤さんで、ドラムは松永さん。この2人は美里ライヴでもおなじみだ。
 後半は、Maybe Tomorrow〜ラズベリードリーム〜プライベートヒロイン♪とレベッカの曲の中でも小生も大好きな曲を演ってくれて、アンコールで、さらに、76th Starとはうれしい。そして、舞台後ろのカーテンが上がって、夜景をバックに、フレンズでしめくくり。久しぶりの都会の夜更かし。23時近くまで堪能して帰宅。
(セットリスト見当たらなかったので、記憶で書いてるけど、たぶん間違ってないと思う。。。)

Image10

Image7

2019/3/9:YUMI MATSUTOYA TIME MACHINE TOUR♪

◆横浜・東京:はれ:6262歩

 5時半起床。NYダウが続落ながらだいぶ挽回したのを確認して一息。野菜ジュース、ヨーグルト、りんごのパウンドケーキ、コーヒー。気持ちよく晴れて、窓を開けて涼しい風を入れたいところだけれど、花粉もすごそうなので自粛。

Image1

 日中だらだらとすごして、中山牝馬S大敗を確認して、東横特急で上京。渋谷で乗り換えて九段下へ。本日は、ユーミン参戦。すでに駅通路から盛大ににぎわっている。何しろチケット発売は1年前の今ごろで、待望の参戦。男子も100m近い行列のお手洗いを無事に済ませて、2階席でkecoさんと合流。2階といっても武道館は前にせり出しているので、前から4列目はかなりの良席。しかも360度対応のセットで期待が高まる。

Image2

Image3

Image4

Image5

 いやぁ、すごかったの一言。アルバムを何枚か持っている程度で、熱心なユーミンのファンではない小生だけれど、ホント、圧巻のSHOWTIME。これぞライヴっていう感じで、9720JPYのチケット代がとっても安く感じられるよね。今回は、45周年のベストアルバムの発売に合わせたので、初心者の小生でも知っている曲がほとんどだし、衣装も、セットも、武部さんも小田原さんも、サーカスみたいなダンサーも、全部がすごいんだよね。火もボーボー燃えてたし、なんか光るやつをみんなで装着したのも、360度の武道館だからこそ美しさをファンも共有できるし、このライヴは武道館で見てほしいねぇ。
 「ダンデライオン」、「守ってあげたい」、「Hello,my friend」、「春よ、来い」、「ダイアモンドダストが消えぬまに」etc。小学生の頃やらバブルの頃やらその時代を思い出すよね。
 そして、アンコールは、「カンナ8号線」、「DESTINY」、「ひこうき雲」。ダブルアンコールで、「やさしさに包まれたなら」。たっぷり3時間!しかも衣装替えも早技だし、MCも最小限で、休んでる時間がほとんどないから濃密だよ。いやぁ、ほんとすばらしいよ。なつかしいセットも再現したとのことで、あまりにも充実していたので、もしかして引退?っとか一瞬心配してしまったけれど、あっさり否定してくれてよかった。まだまだ楽しませてくれるね。苗場もまた行きたいし。それにしても、ホント、すごいんだから。

Image6


2019/1/23:オルガン・1ドルコンサート

◆横浜:はれ:8738歩

 4時半に目が覚めて二度寝して8時起床。野菜ジュース、いちご、ヨーグルト、トースト、アイスコーヒー。
 大坂さんベスト4。世界ランク3位以上確定とのこと。テニスはそんなに関心ないけど、日本人(日本社会)の閉鎖性とか差別意識を変えていくには、ダルビッシュ有とかリーチマイケルとか、ケンブリッジ飛鳥とかとともに、大坂さんがどんどん活躍してメジャーになっていくのが一番だと思うので、応援したいよね。
 前場終了を確認して、みなとみらいホールへ。おなじみのオルガン・1ドルコンサート。$1または¥100だから、JPYの方が安いんだけど、しわくちゃの1ドル札で入場。あいかわらずけっこうにぎわっている。パイプオルガンのコンサートだと2階から先に埋まるんだね。そして、当たり前だけど、やっぱり年輩の方か主婦層が中心。1億総活躍とか、ダイバーシティで、女性や高齢者に社会で活躍してもらう裏返しで、若い男子が平日昼間に仕事ばかりしないで、もっと地域でブラブラすることも悪いことじゃないと思うんだけどね、と隠居を正当化してみる。

Img_5682

 本日は、志賀菜穂美さんの演奏で、バッハのオルガン協奏曲イ短調など5曲。そんなに重厚な曲ばかりじゃなくて軽快な曲もあって、なかなか楽しめた。

Img_5683

 今日も気持ちよく晴れているので、大桟橋までお散歩して帰宅。

Img_5697

Img_5688

 東証続落。売買も低調だねぇ。MXTVで東京マーケットワイドからtck中継。tck女王盃で的場さんが突っ込んできて驚く。買わなくてよかった。
 お昼はパスしたので、相撲中継を見ながら16時半すぎにはビアをいただきながら、お肉をじうじうと焼く。休場明けの御嶽海が白鵬撃破。〆に焼きそばをいただき早々に就寝のよてひ。


2018/12/21:OKAMURA TAKAKO Special Live 2018 Christmas Picnic ♪

◆横浜・東京:はれ:9421歩

 7時すぎに起床。NY続落。野菜ジュース、豚汁、鮭、玉子、漬物、玄米。
 東証続落。2万円割れ目前。いよいよ含み損がしゃれにならない。
 気分転換にクイーンズスクエアまで散歩して、巨大スライムを見る。なんだかよくわからないけれど、こういう妙なイベントを近場でいろいろ楽しめるのが、みなとみらいのいいところではある。

Image2

 16時すぎに京浜東北線で出発して蒲田駅。ぐんぐんさんの御城下だ。昨年に引き続いて、大田区民ホール・アプリコに参戦。年末の美女コンサートの締めくくりは、岡村孝子さんの「CHRISTMAS PICNIC 2018」だ。

Image4

Image5

Image7

 オープニングは、「どんどん」。さらに「笑顔にはかなわない」とおなじみの曲。次の「流星」は、比較的新しいようで知らなかったけどこれもよかった。
 さらに「Kiss」。これもいい曲だよねぇ。そして、前半の締めは、「大切な人」!これが聴きたかったんだよねぇ。すばらしいよ。

Set1

 後半も、最初に「Winter Story」。すばらしいねぇ。そして、コンサートも佳境、「そろそろみなさんも体を動かしませんか?」の時間帯へ。そう、昨年、立つ・立たないで揉めた時間帯である。
 1階前半はもちろん全員立っているのだけれど、今年も2階席のけっこう後ろの方ということで、立つ人はまばら。今年はもうあきらめました。立たなくても見える席ではあったし、昨年みたいに嫌な思いしたくないから、座ったままで、「adieu」、「あなたにめぐりあう旅」、「ずっと」。盛大に手は振りましたよ。
 そして、締めくくりは、「Baby,Baby」「IDENTITY」。これも聴きたかった2曲。ホント、今日はすばらしい。
 アンコールは、サンタの衣装で、もちろん「夢をあきらめないで」。さらに、「ラストシーン」も来ました!大好きな曲だけどなかなかライブでは聞けなかったのよね。そして、最後の最後は、もちろん「世界中メリークリスマス」。毎年エンジョイしているけれど、今年のセットリストは、個人的には、パーフェクトだよ。

Set2

 テンションも上がったので、せっかくなので、うし日記でおなじみの万平さんをのぞいてみると、カウンターが空いてて入場を許される。ハイボール、万平揚げ、ポテサラなどいただき1730JPYとはあいかわらず安い。
 駅前で天然たい焼きを買って帰宅。そうえいば、今年もカトさんの姿は見当たらなかった。いかんせん平日の17時半開演は厳しいとは思うけれど、大変残念だ。

Image13

Image10

Image11

Image14

2018/12/20:斉藤由貴 X'mas live 2018♪

◆横浜:くもりのちはれ:6706歩

 7時半起床。入浴。野菜ジュース、みかん、ビーフシチュー、鮭、漬物、玄米。東証続落。
 読書。値落ちしている間にさらに東証続落。いくらなんでもあんまりだ。

Img_4832

 仕方がないので、午後も読書。「あらすじとイラストでわかる古事記・日本書紀」。小生のような初心者にもわかりやすいよ。イザナギ、イザナミから天照大神、オオクニヌシノミコトあたりから神武天皇、仁徳天皇にどうつながっていくのか、断片的にしか知らなかった神話がやっとつながったよ。なるほどそういうことだったのね。高千穂や出雲大社、青島、霧島などに行く前に読んでおけばという気もするけど、また行くこともあるだろうしね。はるか古代に思いを馳せれば、目先の暴落も些細なことだよね。。。
 

 6時半に出発。クリスマスマーケットもにぎわう赤レンガ倉庫、今日は、モーションブルーさんで、斉藤さんのクリスマスライヴ。2年ぶりかな。これがあるから、妙見温泉のモニターを断念したんだよね。入場は54番目だけど、右側の前方のまずまずのお席をゲット。カクテルとハムバーガーをいただき、開演を待つ。

Image1

Image4

Image2

Image3

Image5

Image6

 オープニングは、朗読とか、クリスマスっぽい歌とかで、
「でも、安心してください、定番曲もいっぱいやりますから!」
 っていうことで、
「リクエストコーナーは無理とわかったので、日替わりで曲を少し変えました。昼の部は、『予感』だったので、夜の部は、この曲です!」
 って、『夢の中へ』が始まったんだけど、え〜・・・『予感』が聴きたかったよ。。。ショック。『AXIA〜かなしいことり〜』、『土曜日のタマネギ』、『月の原』とか、なつかしい曲もいろいろあったことにはあったんだけどねぇ。。。
 最後の『ブルー・サブマリン』っていう曲は知らない曲だけど、なかなかよかった。でも、『卒業』も『初戀』も『悲しみよこんにちは』もないまま終了。きっと、アンコールで盛大に?と思ったら、知らない曲1つだけ歌って終わっちゃったよ。。。無念。。。
 まぁ、独特の斉藤さんワールドは健在でいい雰囲気ではあったけど、やっぱりちょっと消化不良は否めないよねぇ。。。

Image7

Image8


2018/12/17:ミュージアムコンサートin三渓園♪

◆横浜:あめのちはれ:8048歩

 5時頃に目が覚めたら、北の大地で爆発だという。台湾、メルボルン、パリについて、北の大地まで大変なことになってしまったけれど、亡くなった方がいなかったのは不幸中の幸い。奇跡的だよね。
 二度寝して7時起床。みけさんから新幹線のきっぷの相談。小生が人の役にたつ数少ない分野だねぇ。
 朝食は、野菜ジュース、鮭、玉子、漬物、納豆、玄米。
 東証小反発を確認して、小雨の中、10時前に出発。花咲橋から8番のバス。桜木町、中華街、本牧と通って、三渓園入口へ。
 久しぶりの三渓園。本日は、クラシック・ヨコハマの一環として、園内の鶴翔閣で、ミュージアムコンサートが開催。横山大観や下村観山も滞在したという由緒ある建物の中で、クラッシクを堪能できる。

Image1

Image2

Image3

 演奏は、有望な若手を育てているMMCJというプロジェクトの卒業生らで、フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの編成。
 最初は、モーツァルトの「フルート四重奏曲ニ長調」。そして、おなじみのチャイコフスキーの「くるみ割り人形」。
 3曲目に「もみじ」。庭園にはまだ紅葉が残っている。アンコールの「ふるさと」もプログラムに書いてしまったのはご愛嬌。30分だけれど、とてもいい雰囲気で楽しめた。
 演奏が終わって、外に出ると、雨が止んできれいに晴れてきた。庭園内を散策して、帰りも8番のバスで帰宅。
 ふと思い立って、電子ピアノで、「ふるさと」を弾いてみる。楽譜なくても適当に浮かぶものだね♪
 MARKIS購入した食材でお鍋をして暖まって、fmさくだいらで、谷村さんの「それなりに+」を聴いて、早々に就寝の予定。

Image4

Image5

Image6

Image7

Image8

Image9

2018/12/15:谷村有美と過ごすハートフルなクリスマスvol.16♪

◆横浜・東京:はれ:14809歩:横浜の最高気温=10.1度

 7時起床。野菜ジュース、鮭、漬物、玄米。今日も冬晴れで冷え込む。
 本日は、ディアナの納会。10時半からの役員会後大掃除、買い出し。14時から役員だけで先に乾杯。

Image1

 15時前から、ゲストが到着。Sさん、Mさん、元ボスのTさん、議員秘書のAさんなど、年末の忙しい中、わざわざ顔をだしていただき、まったくもってありがたいことである。
 崎陽軒のシウマイ他充実のツマミ類をいただき、一升瓶のワインがあっさり空くという危険な状況の中、小生は中座。

Image2

Image3

 横浜駅から東海道線で品川駅へ。インターシティホールは初めて。本日は、「谷村有美と過ごすハートフルなクリスマスvol.16」。学生時代はよく聴いた谷村さんだけど、当時はライヴに行かなかったので、待望の初ライヴ。ベネッセの原田さんと結婚されていたとはびっくりだけれど、細々と活動を続けてくれていたのはありがたいことで、ホント楽しみだよ。

Image4

Image5

Image6

 18時開演。丙午よりもさらに1つ上の谷村さんだけれど、あいかわらずお美しいし、何よりもクリスタルヴォイスが健在なのがすばらしいね♪小生が参戦するライヴは、同世代から上の女性アーティスト中心だから、高音が厳しかったり、キーが変わってることが多いけれど、全然大丈夫。そして、年に1度のライヴということで、本人がとても楽しそうなのが伝わってくるのがいいよね。
 初参戦ということで、芸風がよくわからないし、知らない曲もけっこうあったけれど、「いちばん大好きだった」「パレードパレード」などおなじみの曲も堪能。最後は、「Tonight」かと思って、期待していたんだけれど、昼の部のアンコールでやっちゃったみたいで、「ありがとう」という曲だった。「Boy Friend」とかも聴きたかったし、また来年だね!

Image7

2018/12/8:西村由紀江コンサートツアー2018〜ゆきえさんとクリスマスvol.8〜

◆横浜:くもりときどきはれ:7380歩

 二度寝、三度寝してゆっくり起床。午前中はダラダラ。I君から予想を依頼されたので、近所のファミリーマートで明日の新聞を買って、阪神JFの検討。
 16時すぎに家を出て、赤レンガ倉庫へ。今月は、美女コンサートが4連発で、第1弾は、西村由紀江さんの「ゆきえさんとクリスマスvol.8」。おなじみの1号館3階ホール。チケットをとったのが遅めだったので、後ろの方だけれど、中央の通路側でピアノも西村さんもよく見える良席。

Image1

Image3

Image4

 ちょうど、大桟橋から飛鳥が出航するところで、ホールにも銅鑼の音が聞こえてきたところで開演。「誕生」、「ビタミン」などおなじみの名曲に続いて、「パネルでクリスマス」のコーナーでは、お客さんが投げたボールが当たったところの曲を弾くという趣向も楽しい。
 休憩後の第2部では、音楽で2018年を振り返り、アンコールは、サンタさんの衣装で最後は、「扉を開けよう」。西村さんは、あいかわらずお美しいし、ホールの雰囲気もピアノの音色もすばらしくて、実にいい雰囲気。
 外へ出ると、すっかり暗くなって、クリスマスマーケットが開催中。平日にゆっくり来ようかと思っていたけれど、せっかくなので、ホットワインとシュニッツェルをいただき帰宅。

Image9

Image7

Image8

Image10

2018/10/10:オルガン・1ドルコンサート♪

◆横浜:はれ時々くもり:3760歩

 1時すぎまで眠れなくて6時半起床。帰国初日、まずは歯医者。オエっは7、8回。げんなり。このあと、別の歯の治療も予定されていて、まだまだ続くとのこと。。。
 昼前にみなとみらいホールへ。月に1回、平日の昼間に開催されているオルガン・1ドルコンサートに待望の初参戦。1ドルまたは100円だから、YENの方がお得なのだけれど、せっかくなので、アメリカで余ったコインで入場。25セント2枚、10セント4枚、5セント2枚。全席自由のお席は、7割方埋まっていてけっこうな入りだ。

Img_2838

 ホール奥にある大きなパイプオルガン「ルーシー」。本日の演奏は、ハンガリーのバリント・カロシさん。リストの「バッハの名による幻想曲とフーガ」、バッハ「前奏曲とフーガ イ短調BWV551」、「いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV659-661」、カロシ「アラビア組曲」。時差ボケで、前半はウトウトしてしまったけれど、それもまたよしだ。

Img_2840

Img_2842

 昼ビア、昼寝。MXTVでtck。夜は、お肉をじうじうと焼いてワイン。


より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録