2018/04/14

2018/4/14:来生たかおコンサート Stand Alone 2018♪

◆横浜・鎌倉:曇りのち雨

 午前中は、大谷くんの活躍を見ながらバルコニーの片づけ。大規模修繕工事のため、バルコニーの植木鉢やら椅子やらを全て撤収しなくてはいけない。期限は5月末とのことで、少しずつ進めるしかない。
 午後からは、来生たかおコンサートへ。5年ぶりくらいの参戦だろうか。神奈川県民ホールだと思いこんでいたのだけれど、昨日チケットを確認したら鎌倉芸術館で、危ないところだった。
 鎌倉といっても、大船駅から歩いて10分、イトーヨーカドーの並びとかだから、あまり風情はないけれど、便利だし、小ホールは傾斜もあって見やすい。

Dsc_0283

 来生さんといえば、セーラー服と機関銃(夢の途中)だけれど、もう40年近く前だから、今やおじいちゃんである。ヨタヨタと歩いてきて座って歌う。67歳というからまぁそうなるよねぇ。とはいえ、美声は健在で、だんだん調子が出てくるね。前半は、「シルエット・ロマンス」くらいしかわからなかったけど、穏やかなバラードが多くてくつろげる。
 後半は、河合奈保子に提供した「疑問符」、中森明菜の「セカンド・ラブ」、そして、南野陽子の「さよならのめまい」と続けて。セカンドラブが聴けたのもうれしかったけど、「さよならのめまい」もいいよね。ナンノさんがブレイクする前だからあんまり売れなかったけど、来生さん本人もお気に入りらしい。セカンド・ラブは、シルエット・ロマンスの次のシングルとして、大橋純子さん用に準備しておいたら依頼が来なかったなんていうエピソードも。
 ラスト前に、「夢の途中」。お歳の割には、2時間たっぷり歌ってくれた。終盤になっても、さすがに立ち上がったりする人はいなくて、最後までしっとりと堪能して帰宅。

Dsc_0284

| | コメント (0)

2018/04/07

2018/4/7:世良公則KnockKnock2018with渡辺美里&NAOTO

◆横浜・東京:くもり

 7時半起床。風邪悪化。美帆ちゃんの始球式見たかったけど、東京ドームは欠場。二度寝してBS-1でエンゼルス戦。大谷くん第1打席でホームラン!ただただ驚くばかりで、もう言葉がない。
 パブロン飲んで、だらだらとベッドのなかで読書。佑ちゃん4回途中までノーヒットピッチング!といっても8四死球。行かなくてよかった。
 16時すぎになんとか家を出て横須賀線で上京。東京駅地下ホームから大手町C3出口というのは遠そうなので、丸ノ内線に一駅乗ってみたが、結局遠かった。
 よみうりホールというと、有楽町そごうを思い出すけれど、別途、よみうり大手町ホールができたようで、もちろんナベツネの御城下である。kecoさんと合流して、本日は、世良公則KnockKnock2018with渡辺美里&NAOTOに参戦。kecoさんは、世良さんファンであり、小生は美里のファンであり、NAOTOのコンサートには2人で参戦したこともあるので、実によい組み合わせだ。ナベツネホールは傾斜もあって椅子もよくなかなか見やすい。

Dsc_0280

Dsc_0283_2

Dsc_0282

 オープニングは世良さんのソロで、「あんたに・・・」っていうアレね。風邪気味なので、あんまりガンガン行かれると辛いかもと思ったけど、バラードもけっこうあっていい感じ。ゆるめのMCも含めて、世良さん自身がライヴを楽しんでいる感じが伝わってくるのがいいよね。
 NAOTOが登場して、これも知らない曲だけど、なかなかよくて、MyRevolutionで美里が登場して、10yearsとオーディナリーライフ。あと、世良さんの曲を3人で演ったんけど、この曲がよかったよ。世良さん本人も「あらためていい曲だと思った」って言ってたけど、すばらしかった。何て曲だっけ?
 アンコールは東京ブギウギ。世良さん曰く、近頃の若者が冴えないのは、目標となるカッコイイ大人がいないから、でも渋谷や新宿とちがって、日比谷や丸の内は大人のためのいい街になってきたと。そんな大人のための街で、大人たちが、若者の見本になれるようもっとカッコイイ大人になるためのコンサート。元気をもらったところで、パブロン飲んで早めに就寝。

Img_20180407_204702

| | コメント (0)

2018/01/30

2018/1/30:中島みゆき「夜会工場」VOL.2♪

◆横浜・東京:くもり時々はれ:10618歩

 めずらしく月曜から残業で遅くなったけれど、今日は休み。それならばということで、Macの前で待機して、10時打ちにチャレンジ。昨年の秋にあっさり終了した中島みゆきコンサートの当日券にチャレンジ。10時1秒くらいにアクセス成功、無事に決済まで完了!!!やった!!!2年前の誕生日に不幸の電話でチケットをパァにして以来のみゆき嬢のライヴである。
 しかしながら、昼前にセブンイレブンで発券すると、「夜会工場VOL.2」と書いてある。。。えー・・・夜会だったの・・・夜会は1回だけ見たけど、なんかねぇ。やっぱりコンサートがいいんだよねぇ。。。ぴあからのメールには、「中島みゆき(東京)」とだけ書いてあって、オーチャードホール立っているから、てっきり。。。むぅ・・・
 午後、ディアナでお店番をしてから渋谷へ。当日券っていうのは、あらためて窓口で引き換えになるようだ。1階中央のまずまず良席。ただ、ここのホールは傾斜が低いのと、前と椅子がずれてないのがね。
 19時開演。夜会工場っていうのは、過去の夜会のダイジェストということのようで、セットもどんどん変わりながらで、これはこれでなかなか面白い。ただ、みゆき嬢も歌うけど、他の役者さんも歌うので、やっぱりソロコンサートに比べると、歌という面では物足りないのはたしかだよね。
 休憩をはさんで2時間40分。知らない歌がほとんどだけど、知らなかった名曲に出会うチャンスでもあって、「maybe」とかよかったねぇ。それにしても、みゆき様は元気だよね、歌声も全然変わらない。やっぱり、近いうちに今度こそコンサートに行きたい!

Dsc_2652

| | コメント (0)

2018/01/21

2018/1/21:榊原大「My Road -Best of Dai Sakakibara-」発売記念ライブ〜Quartet Version〜♪

◆横浜:はれ:11776歩

 6時すぎに起床。朝ビア。朝食をたっぷりいただいて体が重くなったので、東神奈川ゴルフジョイで80球ほど。3月のコンペまでは細々と練習せざるをえない。

Dsc_2600

 馬車道まで1駅乗ってkecoさんと待ち合わせ。耳の調子が悪いとのことで、あまり顔色もよくないようだ。マリンウォークさん内に先月オープンしたばかりのPEANUTS DINERさんへ。中目黒のPEANUTS CAFEに比べるとだいぶ広いけれど、オペレーションは混乱しているし、子供連れも多くて、あちらの方がゆっくりできる感じ。

Dsc_2601

 本日のおめあては、赤レンガ倉庫1号館3階ホールでの、榊原大「My Road -Best of Dai Sakakibara-」発売記念ライブ〜Quartet Version〜。西村由紀江さんでおなじみのホールは、なぜか今日も煙っているけれど、前から3列目の良席。ドラムの斎藤たかしさんとベースの森田晃平さんは、一昨年の鎌ヶ谷でもおなじみ。斎藤さんは、今日もニコニコしていてこちらまで楽しくなってくる。そして、チェロとギターの伊藤ハルトシさんは、二刀流で引っ張りだこなのだとか。

Dsc_2602_2

 曲はよくわからないけれど、ベスト版からの選曲ということで、初心者も楽しめる楽しい曲が多くて、盛り上がるし、トークも意外と面白い。ダブルアンコールまで堪能すれば、kecoさんもいつのまにか元気になったようだ。
 初心者が買いやすいよう価格を抑えるために2枚組にせずに曲を厳選したというベスト版を購入して、東横特急に帰るkecoさんをお見送りして帰宅。15分もあれば帰宅できるから便利だね。

Dsc_2604

Dsc_2605


| | コメント (0)

2018/01/20

2018/1/20:tコムロのおもひで

◆横浜:くもりのちはれ:6094歩

 tコムロ引退。天皇陛下、アムロちゃんに続いて、年明けには角居師、さらにtコムロとどんどん先を越されてしまう。小生も急がねば。
 不倫についていえば、ニオカセンシュの時代から、家族以外に謝る必要はないだろうと言い続けているけれど、ホント、面倒な時代。妬みと僻み、足の引っ張り合い。パイが大きくならないからといえばそれまでなんだろうけどね。
 文枝師匠あたりには、格の違いを見せて欲しかったんだけどねぇ。斉藤さんには、ヨーヨーでバシッとやってもらうとかさぁ。。。頼りになるのは佐野量子さんだけだよ、ホントに。
 まぁ、愚痴っていても始まらないので、tコムロのおもひでの曲ベスト10。小生的には、やっぱり’80sの方が思い入れが強いよねぇ。

・渡辺美里 My Revolution('86)
・渡辺美里 BELIEVE('86)

 小生にもほろ苦い青春時代があったとすれば、それは、美里の歌とともに、ということは、tコムロとともにあったということだよねぇ。

・荻野目洋子 NONSTOP DANCER('86)

 ダンシングヒーローでブレイクした荻野目ちゃんのアルバム。1枚だけ持ってるんだけど、その中で一番好きだったこの曲だけが、やっぱりtなのよね。誰も知らないと思つたら、ツイッターでやまちゃんがtコムロのこの1曲にあげていて、さすが同世代とうれしかったね。

・TM NETWORK Get Wild('87)

 美里だけでなく、TM NETWORK、大江千里、佐野元春、佐橋佳幸、岡村靖幸、EPICソニー全盛時代。元気があったよね。

・松田聖子 Kimono Beat('87)

 聖子ちゃんに提供した唯一?の曲がこの曲なんだからホント、さすがだよねぇ。

・宮沢りえ ドリームラッシュ('89)

 みんな覚えてないと思うけど、’90年の宮沢りえちゃんのデビュー曲。小生が一口持ってる馬の名前にもなったんだけど、馬の方は、デビュー戦でまさかの出走取り消し。長期休養明けのデビュー戦で大敗したときには、りえちゃんは、もうヌードになってたのよね。。。

・TRF CRAZY GONNA CRAZY('95)

 TRFならこれかなぁ。

・globe Feel Like dance('95)

  globeならこれが好きかな。

・大賀埜々 Close to the night('96)

 誰も知らないと思うけど、90年代のプロデュース曲では実はこれがお気に入り。

・安室奈美恵 CAN YOU CELEBRATE?('97)

 ちょうど、この頃が小生がヒット曲についていけてた最期ね。

| | コメント (3)

2018/01/13

2018/1/13:鉄道博物館〜加山雄三 祝!80歳 幸せだなあ。若大将一夜限りの”全箇所”スペシャルライブ

◆横浜・さいたま:はれ:13884歩:横浜の最低気温=-0.5度

 7時すぎに起床。朝ビアとともに朝食をたっぷりといただき、だらだらと。
 昼前に近所の眼科へ。老眼は進む一方だし、なんだか虫みたいのはぶんぶん飛ぶし、ドライアイで目はしょぼしょぼするけれど、別になんでもないとのことでヒアルロン酸をいただき終了。
 上野東京ラインで一気に大宮へ。鉄道博物館へ行く前に、駅構内の鉄道グッズショップで早くも散在。

Dsc_25641

 久々の鉄道博物館、まだ改装中だけれど、やっぱりいつ来てもここはテンション上がるよね。ひばり、あさかぜ、とき、富士、ムーミンなどひやかしてから、2階の日本食堂で、食堂車のフィレステーキ。北斗星やカシオペアのメインディッシュだったステーキとのことで、微妙に温いあたりも当時のまま。ライス、サラダ付きで2300JPYなら満足だよ。

Jpeg_20180113_142827_2117864754

Img_20180113_143245

Dsc_2547

Dsc_2553

Dsc_2557

Dsc_2559

 3階の新幹線ギャラリーは、ただの展望席だけれど、東北秋田山形上越北陸の各新幹線が目の前をひっきりなしに通過するから子供たちにも人気。やっぱり大宮とか京都とか立地も大事だよね。

Dsc_2560

 大宮へやってきた本当の目的は別にあって、本日は、ソニックシティで、加山雄三祝!80歳スペシャルライブが開催される。開場前に着いてしまったけれど、すでに60代が中心と思われるファンの方が多数詰めかけていて、すごい熱気である。そして、入場すると、チラシに混じって、もれなくセサミンが!

Dsc_2561

Dsc_2563

Dsc_2564

 若大将のライブは、50周年のときのオーチャードホール以来。80歳を祝って、全国で行われる今回のコンサートは、各地にスペシャルゲストが登場するとのことだけれど、なんとオープニングから、「夜空の星」をさだまさしが歌いながら登場!これは豪華。そしてさださんのMCで、「お嫁においで」を歌いながら客席の中から若大将登場!さすがに子供の頃の若大将に比べれば老けたけれど、もうすぐ81歳だもんねぇ。考えられないよねぇ。
 さださんの「コスモス」と「案山子」も聞けて、さらに「サライ」を盛大に歌って、さださんが作詞した、「座・ロンリーハーツ親父バンド」で豪華な1部が終了。すでに1時間15分。やっぱりさださんのトークで少し押したかな?
 2部は、「ぼくの妹に」などおなじみの曲はもちろん、演歌あり、洋楽あり、あまり歌ってこなかったレアな曲もあり、そして、「海 その愛」から「君といつまでも」でしめくくり。まさにショータイム♪まったくもってすばらしいよねぇ。
 さださんがもう一度登場して、アンコールは、「旅人よ」。最後は、オープニングでさださんが歌った「夜空の星」を若大将が熱唱。いつまでも元気に歌ってほしいし、30以上若い小生も、セサミン飲んでもう少しがむばらねば!

Dsc_2565


| | コメント (0)

2018/01/11

2018/1/11:パルコ・ミュージック・ステージ ショーガールvol.2♪

◆横浜・東京:はれ:10092歩

 午後休をいただき六本木へ。年末からやたら六本木に参戦する機会が多い。六本木ヒルズは今だによくわからないけれど、アメリカンスタイルのハムバーガーなどいただいてから地上へ出て、本日は、EXシアター六本木へ参戦。ここも初めてだ。三谷さん作のパルコ・ミュージック・ステージ「ショーガールvol.2〜告白しちゃいなよ、you〜」。よくわからないのだけれど、日替わりゲストがいて、本日は斉藤由貴ということで、これは参戦しないわけにはいかないじゃないか。1階後方だけれど真ん中だし、傾斜があるし、何より前の列と椅子をうまくずらしてあるので、前の人の頭が邪魔にならないように配慮されている。やっぱり新しい劇場はいいね。

Dsc_2546

Dsc_2447

 芝居の方は、川平慈英さんとシルビア・グラブさんのほぼ2人芝居で、斉藤さんは、ルームサービスの役でちょこっと出てくるだけね。まぁ考えてみれば日替わりなんだからそんなに難しいこともできないか。それでも最後、なんか段取り間違えちゃってたし。でも、やっぱり素晴らしいですよ。またコンサートやってくれないかな。
 後半は、ショータイムということで、歌と踊りがメインで、それはそれでなかなか楽しかった。カビラさんもニュースステーションに久米さんと出てたのなんてもう20年以上前のはずなのに年取らないなぁと思つたけど、実は55歳なのね。とてもそうは見えない軽快なダンスで楽しませてくれました。

 


| | コメント (0)

2018/01/03

2018/1/3:ハヤトくん来浜

◆横浜:はれ:4389歩

 正月休み最終日。最後までおだやかな冬晴れが続いた。午前中はゴロゴロ。川崎競馬報知オールスターCの投票を済ませて、みなとみらいホールへ。毎年恒例のウィーン・ヨハンシュトラウス管弦楽団のウィンナワルツ・ニューイヤー・コンサートに参戦。開演前に獅子舞が盛大なのもおなじみだ。毎年プログラムは多少変わるが、美しき青きドナウ〜ラデツキー行進曲で〆は変わらないので安心だ。

Dsc_2500

Dsc_2501

Dsc_2506

 実はここまでの記述は、昨年とほとんど同じ。で、来浜していたサイスさんとハヤトくんと合流するのも昨年と同じ。昨年は源ちゃんだったけれど、今年は沼津港さんで軽く夕食を済ませて、我が家へ。Nゲージを堪能していただくのも昨年と同じ。持ち込んだE5系はやぶさ、E6系こまち、さらには、新作の四季島、S-TRAINなどを走らせて、カメラカーで動画を堪能。
 ちょうど上りのS-TRAINがあることをサイスさんが発見。急いで片づけてみなとみらい駅へ駆けつけ、19:59発のS-TRAINをゲット。自由が丘までは横浜のみ停車だ。大喜びのハヤトくんをお見送り。

Dsc_2526

Dsc_2527

 報知オールスターC中敗も昨年と同じ。明日からお仕事も同じ。


| | コメント (0)

2017/12/26

2017/12/26:田母神家の一族〜コバケンの第九♪

◆横浜・東京:はれ:12138歩

 そろそろ仕事納めモードということで、本日は午後休をいただき新宿三丁目へ。紀伊国屋書店は何度も来ているけれど、紀伊国屋ホールは初参戦。佐藤B作さんでおなじみの東京ヴォードヴィルショーも初参戦である。
 三谷さん作の田母神家の一族は、2年ぶりの再演らしいのだけれど、わずか105票をめぐる田舎の村の選挙戦の物語。小生の好きなテーマでもあるけれど、三谷さんの笑いもやっぱりこういうのがいちばん冴えてるんじゃないかと思う。休憩なしの2時間、大いに笑って楽しませてもらいましたよ。知らない役者さん多いけど、みなさんすばらしかったし。

Dsc_2450
(いやぁ、笑った!)

 Fライナーで帰宅して、ひと休みしてから、今度はみなとみらいホール。日本フィルの「第9交響曲」特別演奏会。年末の第九というやつを初体験。指揮はコバケンこと小林研一郎さんである。
 第9はたしかCDの容量いっぱいの74分前後、どうするのかと思ったら、最初にみなとみらいホールご自慢のパイプオルガンでバッハの曲とか15分くらい演ってすぐに休憩して、いよいよ本番という趣向。ステージ後ろの席にお客さん入れないと思ったら、日本フィルの合唱団が入場。男女1:2くらいで、150名くらいが陣取るのも壮観。
 途中聞き慣れたフレーズもあったけれど、通しでちゃんと聴くのは初めて。第2、第3楽章あたりも堪能して、いよいよ最後は、おなじみの第4楽章、ソリスト4人の中には、錦織健さんも。盛大に盛り上がって終了。やっぱり活力の湧いてくる曲だね。
 芸術堪能の師走の1日。たっぷり堪能しても徒歩5分で帰れるのもうれしいよね。

Dsc_2452
(そろそろ今年も終わり)

| | コメント (0)

2017/12/17

2017/12/17:安藤忠雄展〜渡辺美里 X'mas スペシャル Billboard Live You are my Santa Claus♪

◆横浜・東京:はれ:10375歩

 昨日はディアナの納会。スタッフの他、ヒデちゃん、Sさん、Mさんなども参加して、例によってダラダラと飲み続けて早々に就寝。
 7時起床。風邪はだいぶ収まってきた。午前中、床屋に行っていったん帰宅して、バルコラベーロ号4着を確認してから出発。ワイド総流しすると4着なんだよねぇ。。。
 空いている東横特急で上京。明治神宮前で乗り換えて乃木坂へ。明日が最終日の安藤忠雄展へようやく参戦。事前にネットでチケットは購入しておいたけれど、事前にわかっていたとはいえ大行列。「50分待ち」の案内通り、50分待って入場。

Dsc_2375

Dsc_2378

 目玉は、実物サイズの光の教会。これは撮影可でインスタスポットとしても大活躍。ただ、それ以外はねぇ・・・結局、写真と模型を見るだけなんだよね。で、模型は混んでてとても近くでじっくりは見えないからね。正直、こんなのに並ぶのなら直島でもどこでも実物を見に行くのに時間とお金を使った方がいいよね。グッズ売り場も大混雑だけど、直筆イラスト入りの図録1980JPYは良心的。山のように積まれていて盛大に売れてたね。

Dsc_2383

Dsc_2386

Dsc_2388

 早々に終了して、通りを渡ってミッドタウンへ。本日のお目当てはこちら。安藤忠雄展はあくまで前座である。ライトアップにはまだ時間が早いけれど、サンタの飾りが盛大なクリスマスツリーがにぎやか。無料のコンサートなんかも行われている。横浜もいいんだけど、やっぱりたまに銀座や六本木に来ると東京の華やかさを感じるし、何やら「あの頃」の浮かれた気配が漂っているようにも感じられるよね。

Dsc_2393

Dsc_2394

Dsc_2395

Dsc_2396

 2ヶ月ぶりのビルボード。本日は、「渡辺美里 X'mas スペシャル Billboard Live You are my Santa Claus」。デラックスカウンターで予約しておいたお席は、空席が出たとかで見やすいお席にアップグレードしてくれた。ウェルカムシャンパンとクリスマスプレート付きで華やかだ。

Dsc_2397

Dsc_2399

Dsc_2401

 今年はフェスはあったけれど、夏のツアーは行かれなかったので、美里の単独ライヴは久しぶり。クリスマスライヴということで、いつもと違った選曲で懐かしい曲も色々と。最後のところでブラインドが開くのはいつもと同じ演出なんだけれど、この時期は、外には青いライトアップが広がっていて実に美しい。アンコールでは、新曲も披露してくれて、最後は、MyRevolutionで〆。ビルボードは高さがあって見やすいし、距離も近いし、カウンターはひとりでも参戦しやすくて実にいいね。

Dsc_2402

Dsc_2404

Dsc_2421

| | コメント (0)

より以前の記事一覧