2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/10/10:めざましクラシックスinヨコハマ♪

◆横浜・川崎:はれのちくもり夜一時あめ:8443歩

 10時から久々にディアナでお当番。たまった事務処理をしているうちにお客様も来てくれて、ちょこっと売れたところで、13時にTさんと交代。本日はお休みのはずだったのだけれど、急きょ日吉へ。

 いったん帰宅して、本日はみなとみらいホール。おなじみのめざましクラシックスinヨコハマ。ほぼ毎年参戦しているこのコンサートも、なんと今年で20回目らしい。そして、遺憾なことに今年で終了してしまうという。めざクラ自体が終わるわけではないので、スポンサーの神奈川県石油商業組合さんの事情かと思われるけれど、徒歩5分の地元でめざクラが楽しめなくなるのは大変残念である。

Img_1564

Img_1562

 そんな最終回は、集大成ということで、豪華なラインナップ。音楽史メドレーは、「四季」~「第九」~メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲~チャイコフスキーは眠れる森の美女~そしてラプソディー・イン・ブルーと名曲が続き、一部の後半は、モーツァルト・メドレーで、こちらもおなじみの曲をたっぷり。ホント、こういうおなじみの曲をおいしいところだけ楽しめるのは、めざクラならではで、小生のようなにわかクラシックファンには実にありがたいよね。

 後半は、ラヴェルのボレロ。弦楽器だけではつまらないということで、おなじみのめざクラアンサンブルの面々が三線だのウクレレだの本職以外の楽器に挑戦して、これもまた楽しかった。

 スペシャルゲストは、クリスタル・ケイさんで、よく知らなかったけど、歌上手いし、スタイルいいし、地元も横浜、それもすぐ近くなのね。

 最後は、文明堂のカステラでおなじみの天国と地獄、さらにアンコールはこれまたおなじみの「雷鳴と稲妻」で、最終回にふさわしい充実のラインナップを最後まで堪能して、久々にプロントで一献して帰宅。

Img_1563

Img_1565

 

2019/9/16:とれいゆつばさで行く薬師丸ひろ子コンサート2019@東京エレクトロンホール宮城

◆横浜→福島→山形→仙台:あめのちくもり:11902歩:仙台の最高気温=23.3度

 6時10分起床。上野東京ラインで上京して、久しぶりの東北新幹線。8時8分発のやまびこ号は、えきねっとトクだ値で普通車の正規料金より安いグリーン車でゆったり。

Image1_20190916205401

 福島で乗り換えて、在来線ホームからの乗車は、とれいゆつばさ!足湯新幹線に待望の初乗り。

Image3_20190916205401

Image2_20190916205401

 さっそくカウンターで足湯券を購入。そんなに混んでるというわけではないようで、あっさり購入を許されて、10時15分からの初回に参戦。このお湯は温泉じゃないんだけど、峠越えの景色を眺めながらの足湯、まぁ、それなりに気持ちはいいよね。そして、隣の15号車は、湯上りラウンジ風になっていて、地ビア♪

Image5_20190916205401

Image4_20190916205401

Image8_20190916205401

Image7_20190916205401

Image9_20190916205401

 山形で下車して、これも久しぶりの仙山線で山寺へ。芭蕉の句(閑さや岩にしみ入る蝉の声)でおなじみの立石寺に初参戦。本来なら、車窓からも見える断崖絶壁、千段の石段を登るのだけれど、雨なので断念して適当なところで引き返して次の電車で仙台へ。

Image10_20190916205401

Image11_20190916205401

Image12_20190916205401

Image14_20190916205401

Image15_20190916205401

 おなじみの駅ナカの寿司ストリート、三陸前さんでおなじみの三陸の黄金をいただき、三井ガーデンホテルさんへチェックインして、入浴して態勢をたてなおす。

Image16_20190916205401

 本日の仙台遠征、メインは、東京エレクトロンホールでの薬師丸ひろ子コンサート2019♪若い頃は、特にファンではなかったのだけれど、最近になって、一度コンサートに参戦したいと思いながら、チケットが取れなかったり、日程が合わなかったりで、待望の初参戦。仙台は久しぶりとのことだけれど、小生を含めて、初めての参戦という人が意外と多かったよ。

Image17_20190916205401

Image18_20190916205401

 オープニングは、ニューアルバムから「野の花」、なかなかいい曲。そして、「すこしだけやさしく」、「紳士同盟」、「ステキな恋の忘れ方」。「元気を出して」♪なんだかんだほとんどの曲はわかるよね。ナースコールの主題歌の「コール」っていう玉置さんの曲もよかった♪

 第2部は、「時代」でスタート♪「語りつぐ愛に」、「メインテーマ」、「探偵物語」、「セーラー服と機関銃」、「Woman"Wの悲劇"より」などたっぷり堪能♪

 アンコールは、あまちゃんでおなじみらしい「潮騒のメモリー」。小生は実は初めて聴いたよ。そして、ユーミンの「守ってあげたい」をカヴァー♪これはうれしいねぇ♪そして、最後は、ニューアルバムから「エトワール」♪。

 今回は武部さんはいなかったけれど、ストリングスのアンサンブルもよかった。おだやかな気分で国分町を歩いてホテルに戻って早めに就寝♪

Image19_20190916205401

2019/9/6:渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020♪

◆横浜:はれ:11449歩:横浜の最高気温=33.0度

 例によって3時半くらいに目が覚めて5時には起床。朝風呂。野菜ジュース、鮭、大根おろし、漬物、豚汁、納豆、生玉子、玄米。

 食後の散歩。夏の暑さが戻ってきた。みなとみらい橋を渡って、市場の前を通って、貨物線を渡って、ポートサイド公園から戻ってくる。4000歩。京急事故現場が近いので、ヘリがけっこう飛んでいる。京急の復旧は明日以降になりそうということだから、今朝は、JR、東急も含め、横浜から東京への通勤は大変そうだ。帰宅して、第2回入浴。アイスコーヒー。CNNからMXTV、東京マーケットワイド。

Image1_20190907064201

Image2_20190907064201

Image3_20190907064201

Image4_20190907064201

 日中は、昼ビアなどいただいて、だらだらとすごして、夕方から出発。本日は、美里が来浜。関内ホールということで、家から徒歩圏とはすばらしい。1階中央、前から6列目、席が互い違いになっていることもあって、とても見やすい。

Image5_20190907064201

Image7_20190907064201

Image8_20190907064201

 オープニングは、「虹をみたかい」、その後は、ニューアルバムの曲が中心と思っていたら、突然、なつかしいイントロ!「Long Night」キタ!超久しぶり!鳥肌モノだよねぇ♪短縮バージョンで残念と思ったら、なつかしい曲メドレーのコーナーだったようで、「Boys Kiss Girls」も超久しぶり♪中盤には、「嵐が丘」。来年の35周年に向けたライヴということで、懐かしい曲が随所にちりばめられてるね♪

 真藤さんや奥野さんとのかけあいも楽しいし、竹野さんのサックスも健在。「My Revolution」、「サマータイムブルース」と盛大に歌って、アンコールでは、新曲の「すきのその先へ」から、「10years」、「恋したっていいじゃない」と堪能して、最後は「My Love Your Love」♪。49年の人生のうち33年だから、2/3は、美里との歌とともに。ずっと同じアーティストのライヴを堪能できるっていうのも幸せなことだよね。来年は、元旦から新装渋公も決まったようで、楽しみだ!

Image9_20190907064201

Image10_20190907064201

Image6_20190907064201

2019/8/9:13日ぶりに帰宅

◆東京→横浜:はれ:7118歩:横浜の最高気温=34.8度

 7時起床。ちょうど実家に届いていた栗山町の日原メロンを美味しくいただき、10時すぎにみなとみらいへ戻る。猛暑の中、13日ぶりの帰宅ということで、アリさんの登場が心配されたけれど、幸い無事。

Img_0142

 郵便物は思ったほど多くなかったけど、一応事務処理。明日のプレーに備えてだいぶ前に送ったゴルフバッグが、受け付けたコンビニの対応がちょっと心配だったので、ヤマトさんに確認。コース近くの集配所で止まっていたようだけれど、あいかわらずヤマトさんのコールセンターの対応はすばらしい。状況をすぐに理解したうえで、

「明日のプレーに間に合うように、責任持って本日中にお届けします。」

 と言われれば、安心して任せられるよねぇ。

 夕方、多少風が涼しくなってきたところで、そごうまで散歩。

Img_0145

 美里のニューアルバム「iD」が到着。30年前の名曲「すき」のアンサーソングとして、再び大江千里さんが書いてくれた「すきのその先へ」がいいね♪

 

2019/7/20:谷村有美×佐橋佳幸×清水信之Special Live♪

◆横浜・東京:くもり一時あめ:8469歩

 本日は、待望の谷村有美さんライヴ。15時30分発の東横特急で渋谷へ。109の奥、おなじみのLIVING ROOM CAFE&DININGさんへ。なんとお席は、ステージがすぐ目の前、前から2列目のテーブル。すばらしい!まずは、ワイン、生ハム、パスタと注文して腹ごしらえ。ここは、お料理も美味しいよね。

Img_9679

Img_9680

 本日のライヴは、清水信之さんプロデュースで、さらにギターが佐橋くんという豪華な顔ぶれ。清水さんは、佐橋くんの高校の先輩、ということは、美里の高校の先輩でもあって、育ての親でもあるので小生にもおなじみだ。

Img_9677

 17時開演。谷村さんも佐橋くんも清水さんもみんな小生のすぐ隣を通ってステージへ。オープニングは、「いちばん大好きだった」キタ♪すばらしいねぇ。ほんの5メートルくらいのところで、谷村さんのクリスタルヴォイスと佐橋くんのギターを堪能できるとは、ぜいたくすぎるよねぇ♪

 谷村さんは、大学生の頃は、アルバムもずいぶん買って、車の中とかでもよく聴いてたんだけど、なんとなくライヴに行きそびれて、昨年のクリスマスコンサートで待望の初参戦。最近は、ラジオも欠かさず聴いて予習も十分。「最後のKISS」とか「いっしょに暮らそう」とか、あと、曲名が出てこないけど、名曲をたっぷり堪能。3人のかけあいトークも楽しかったし、あいかわらずお美しいしねぇ。

 「BOY FRIEND」とか「Tonight」とか、あれも聴きたい、これも演ってほしいっていう曲がまだまだいっぱいあるんだけど、今年もクリスマスコンサートの開催も決まったようなので、楽しみだ♪

 

 

 

2019/7/19:オルガン1ドルコンサート♪

◆横浜:はれ時々くもり:5066歩

 8時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、チョコクロワッサン、コーヒー。

 東証反発。昨日の下げも意味不明だが、今日の上げも意味不明。400円下がって、400円上がった。とりあえず、今日もちょこちょこと売る。

20190719-163341

 日中は東京マーケットワイドを見ながら事務処理。晴れ間も出て蒸し暑く、昨日に続いて真夏日。

Img_9668

 夕方、ここしばらく燻っていた懸案が解決したので、プロントで早めにビアをいただき、19時からは、みなとみらいホールの1ドルコンサート。普段は、昼の部なんだけれど、今日は夜の部も開催される。2階席にゆったりと座って、ドイツから参戦の、シルヴィウス・フォン・ケッセルさんの演奏で、J.B.バッハのチャコーナ変ロ長調、J.S.バッハのオルガン協奏曲イ短調などを気持ちよく堪能。

Img_9671

Img_9667

 イーグルス美馬が8回まで完全試合らしいということで、トゥエルヴィにチャンネルを合わせてみるも、四球、ヒットであっさり終了。それでもホークスに勝ってくれて、ファイターズは4連勝。3ゲーム差!

 

 

 

2019/6/15:Live Love Life goes on! 美里祭り in 日比谷野音2019♪

◆横浜・東京:あめ:6322歩

 雨。先週から何百回も天気予報をチェックしてきたけれど、基本的にはずっと雨。それもまとまった雨の予報である。

20190615-120410

 本日は、「Live Love Life goes on!美里祭り in 日比谷野音2019」ということで、半年以上前からチケットを確保して、楽しみにしていたのだ。そして、日比谷公園では、ビアガーデンも開催中ということなので、ライヴ後のビアで、10日ぶりのアルコール解禁という万全の態勢だったのに、あまりにもあんまりなことになってきた。美里の野外といえば、西武球場の雨がお約束だった時期もあるけれど、あれは夕立だからねぇ・・・

 朝からテンション上がらず悶々と過ごし、午後からのそのそと荷造りをして足取りも重く出発。霞が関の駅には、カッパに着替える50代男女多数。小生も、熊本・藤崎台球場の反省もふまえて、一応、万全の態勢は整えましたよ。

Image1_43

 17時半すぎに入場。場内傘禁止。ここで、また雨足が強くなってきたよ。。。レーダー見る限り、まとまった雨雲はこれが最後で、あとは、弱まっていきそうなんだけどね。。。

Image2_43

Image3_42

 17時45分開演。えーと、なんだっけこの曲(「東京生活」)、次も、なつかしい曲なんだけど、タイトルが・・・(「NEWS」)。そして、「青い鳥」から「10years」へ♪。

 雨は降り続いてるんだけど、なんか円形のスタンドに一体感があって、テンション上がってきたよ。最近、ホールのライヴだと、エンジンかかるまで時間かかること多いんだけど、やっぱり、美里は野外がいいね。西武球場の頃の感覚が戻ってくるよ。ウン、ウン、この感じ、この空気だよ♪

 中盤で、「すき」~「My Revolution」でさらに盛り上がって、ようやく雨も上がったアンコールでは、「恋したっていいじゃない」~「サマータイムブルース」を盛大に歌って、最後は、「サンキュ」でしっとりと〆。

 選曲だけでいえば、もっと、あの曲もっていうのはいろいろあるけれど、久しぶりの野外、雨がかえってファンの一体感を高めた感じもあって、いいライヴだったねぇ。ニューアルバムも楽しみだ。

Image4_44

 お隣のビアガーデンはまだ営業してた。1杯1500JPYはいくらなんでもちょっと高いんじゃないの?っていう気もしたけど、まぁ、せっかくだからね。盛大に歌った後の10日ぶりのビア!旨い!

Image5_44

Image6_44

Image7_41

 

2019/5/30:みなとみらいホール・オルガン・1ドルコンサート♪

◆横浜・東京:はれ:5686歩

 5時すぎまで熟睡。6時半起床。爽やかに晴れる。朝風呂。野菜ジュース、フルーツ、ヨーグルト、アジの干物、漬物、味噌汁、納豆、玄米、コーヒー。

 東京マーケットワイド、アメリカ続落を受け、東証続落。

 前場終了を確認して、みなとみらいホールへ。久しぶりのオルガン・1ドルコンサート♪。今日もドル払いで入場。あいかわらずけっこうなにぎわいで、1,2階はほぼ満席なので、3階の横向きの席でゆったりと。

 本日は、みなとみらいホールのインターンプログラムの卒業生の山司恵莉子さんの演奏。例によってバッハが2曲あったけれど、それ以外にも横浜をイメージした曲、ヴィエルヌのオルガン交響曲など華やかな感じの曲もあって、飽きのこないメニューだったよ。

Img_8611

Img_8613

Img_8614

 午後から上京して、母と妹と食事して、帰宅して、GAORA。翔さんホームラン、清宮くんホームラン、有原完封の完璧な試合ではむほー♪

 

 

 

2019/5/25:Premium meets Premium 2019 渡辺美里〜うたの木 Grace〜♪

◆横浜・東京:はれ:6803歩:東京都心の最高気温=31.9度

 7時起床。夏空。野菜ジュース、漬物、鮭フレーク、納豆、玄米。グリーンチャンネルやエンゼル戦中継を見ながら、昼すぎまでだらだらと。

 13時すぎに出発。京急で大門、大江戸線で築地市場前。東京は真夏日。本日は、浜離宮朝日ホールで、「Premium meets Premium 2019」。渡辺美里のうたの木Liveは、ピアノ光田健一、チェロ柏木広樹の豪華メムバー。光田さんは、美里のアルバムのアレンジやライブのキーボードでもおなじみ、柏木さんは、もちろん葉加瀬太郎Live他でおなじみ、そしてこの2人は、「二人旅」として全国を回っている名コンビでもある。この3人のLive、昨年は残念ながら参戦できなかったので、待望の初参戦は、前から2列目の良席!

Img_8519

Img_8510

 オープニングは、アカペラで「10years」!、その後のMCで、

「みなさん、ホールコンサートで緊張してませんか?深呼吸しましょう!」

 と言われて、深呼吸してたら、なんだか椅子がグラグラ揺れて、ん?と思ったら、いきなりドスンと!けっこうな揺れだったけれど、幸い、Liveは続行。

 ホールコンサートならではのセットリストで、「Rose」他、普段のLiveではあまり聴けないカヴァー曲なども堪能して、後半は、「IT'S TOUGH」、「My Revolution」、「世界で一番遠い場所」で楽しくにぎやかに。光田さんと柏木さんの楽しそうな笑顔がまたいいんだよね。

Img_8515

Img_8514

 アンコールの「いつかきっと」まで堪能して帰宅。お肉をしゃぶしゃぶしてたら、窓の外に花火が。開港祭は来週なんだけれど、Y160かしらん。

Img_8511

Img_8543

 明日はダービー。皐月賞上位3頭でどうにもならない感じだよねぇ。。。

2019/5/5:suicaペンギンのスイーツビュッフェ〜ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019♪

◆横浜・東京:はれ:7535歩

 二度寝三度寝して、リアルで不快な夢を見て7時起床。グリーンチャンネルでケンタッキーダービー中継。国家斉唱からマイホールドケンタッキーホーム。GWにケンタッキーダービーの馬券を買って生中継が見られるんだからホントいい時代になったよ。あいにくの雨でドロドロの馬場が残念だねぇ。

 マキシマムセキュリティの逃げ切りで大敗!と思ったら、長い審議で降着。まぁ、結局大敗には変わらないんだけど、とんでもない大穴になったね。現地は大騒ぎだろうけど、やっぱり、やったもん勝ちじゃなくて、このくらいヨレたら降着になった方がいいよ。海外基準に合わせたとか言われてたけど、アメリカは今でもけっこう厳しいんじゃん。(とこの時は思った・・・)

 あとねぇ、馬券を買えるチャンスを作ってくれた、日本馬マスターフェンサー、殿追走で勝負にまったく参加してないと思っていたら、直線猛然と追い込んで来て差のない6着だよ。これ、小生も気がつかなかったけど、実況はともかく、グリーンチャンネルの中継陣がレース後も最後まで誰ひとり気づかないで一言もふれずっていくらなんでもひどいよ。ノーチャンスの日本馬の話ばっかりするもも格好悪いけど、これじゃあ、それ以前のレベルだよ。大沢さんも合田さんも正直、もう辞めた方がいいんじゃないの・・・ディレクターとかも何やってんだ。

 お昼を抜いてお腹を空かせて、14時前のFライナーで出発。副都心線の池袋で降りるけれど、メトロポリタンホテルはどうやって行けばいいんだ?地図を見てもどうもピントこないと思ったら、北が下だよ。。。さっぱりわからん。

Image1_24

Image2_25

 なんとかメトロポリタンホテルへたどりついて、4階の宴会場でkecoさんと合流。本日は、suicaペンギンのスイーツブッフェ♪受付を済ませて、suica支払い限定のグッズをいただくと、うやうやしく控室へご案内。ずいぶん大げさだよ。すでにペンギンのぬいぐるみ持参でテンション上がってる人たち多数。女子率90%くらいかしらん。

Image3_23

 ようやく入場が許されて会場へ。各テーブルには、キュートなsuicaペンギンパフェが!そして、まずは、ドリンクコーナー飲みオープンで、もっぱら撮影タイム。本格的なカメラを持ってきてる人もけっこういるよ。

Image8_19

Image4_25

Image6_25

Image5_25 

Image9_18

Image10_17

 15時30分スタート。さっそく長蛇の列だけれど、補充はどんどんされるのでご心配なく。suicaペンギンのプリンに、マカロン。その他は、いちご系のスイーツがメイン。もっとも、我らは、そんなに甘い物ばかり食べられないので、スープやサラダ、サンドイッチのお世話になりつつ、コーヒーもいただきながら、マリンの状況確認、夏の遠征、来夏の五輪チケットの検討など。

Image11_16

 100分制ということで、17時10分終了。4700JPYだから安くないけれど、エンターテイメントとしては、悪くないし、お味もなかなかよかったよ。欲を言えば、suicaペンギンが各テーブルにごあいさつとかあれば楽しいけれど、suicaペンギンの着ぐるみっていないよね。まぁ、それがまたいいのかもしれないけど。

Image12_15

Image7_22

 はむほーを確認(なんで行かない日ばっかり勝つんだ・・・)して、有楽町線で有楽町へ移動して、夜は、ラ・フォル・ジュルネTOKYO2019♪。国際フォーラムをいっぱいに使ってのクラシックイベント。ちょうどホールEの無料コンサートで、マイスタージンガーが聴こえてきたよ。夕方の風は爽やかで、屋外のフロアもにぎわってる。いい雰囲気なんだけど、いかんせん人が多いので、手狭なんだよね。もう少しゆとりがあって、食べ物なんかも買いやすくてテーブルなんかも余裕があれば最高なんだけど。あと、一般エリアでももっともっと演奏をいろいろ演ってほしいよね。

Img_8085

Img_8087

 今回のラ・フォル・ジュルネのテーマは、「Carnets de voyage-ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」なのだけれど、LINEチケットで入場してルネ・マルタンさんのスタンプが押されて、まずは、ホールAで、”アメリカ~JAZZ meets クラシック”ということで、おなじみの小曽根さんのピアノ。先行発売で早々にゲットしたので、5000人収容のホールの前から7列目という良席なのだけれど、ちょうど小曽根さんの指のあたりに前の人の頭がかかるのがちょっと残念。そうそう、ラプソディー・イン・ブルーって、この曲だったのね(^^;)

Img_8089

Img_8090

 もう一曲あると思ってたら、盛大な拍手とともに退場。そうか、後半は別の人だったのね(@_@)予習不足も甚だしい。。。ピアノも交換して、フランク・ブラレイさんが登場して、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調。途中、後ろで寝てる人の鼻息が聞こえてきたりしたのが遺憾。

 2公演目は、会議室棟4階へ。この小さなお部屋でのコンサートもラ・フォル・ジュルネの醍醐味で、実際、早くから売り切れてしまう。今回も先行で購入したのに、一番後ろのお席。といっても、5列しかないから近いんだけどね。

 ”歌に恋するピアニーノ”ということで、ピアノが川口成彦さん、ソプラノが天羽明恵さん。ピアニーノっていうのは、アップライトピアノのことらしいんだけれど、19世紀の楽器を念入りに調整したとのことで、部屋を暗くしてサロン風でゆったりと鑑賞。

D190505b

 21時をすぎまで堪能して、東海道線で帰宅。NHKマイルカップの結果を確認すると、なんとグランアレグリア降着で、ルメールはオークスもダービーも乗れず。4着だから降着しやすかったっていうのはあるだろうけど、JRAもたまにはやるんだね。

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録