2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/12/7:谷村有美と過ごすハートフルなクリスマスvol.17♪

◆横浜・東京:あめのちくもり:14445歩:東京都心の正午の気温=5.2度

 久しぶりにかけた目覚ましに6時半に叩き起こされる。横浜では初雪も観測されたのことで、朝から冷たい雨の中、マフラー、コート、耳あてと万全の態勢で出かける。

 本日は、数ヶ月前にはチケットを確保して楽しみにしていた谷村さんのクリコンということで、昼すぎに品川に行けばいいのだけれど、デジマノハナ号が中山3レースに出走ということで、軍団の一員としては応援に行かないわけにはいかないだろうということで、軍団ネクタイを装着して、7時すぎのみなとみらい線で出発。

 そのまま乗っていればいいのだけれど、あえていったん横浜駅で下車して中央コンコースへ。本日早朝、中央通路から西口地下街への通路がついに開通。”馬の背”と呼ばれた、わざわざ地上へ出てからまた地下へ降りるという無駄がついに解消したのだ。工事が終わってみれば、なんでこんなに時間がかかったんだ?という気もするし、結局微妙に段差は残っているし、もう少し広く開けてほしかった気もするけれど、まずはめでたい。

Image11_20191208081101

Image12_20191208081101

Image2_20191208081101

Image10_20191208081101

 東横線~副都心線直通で北参道へ。うしという方にピックアップしていただき、新国立の近くを通って、首都高速に乗って、トクさんのラジオを聴きながら、国労問題について検討しつつ、京葉道路の原木ICから久しぶりの中山競馬場へ。

Image_20191208081101

 3戦目のデジマノハナ。中山替わりがどうかだけれど、相手関係と前走の内容を考えれば、今日は負けられないところ。出島の華の出荷も始まって、いよいよ機は熟した感じがある。うしという方も、口取り経路を事前に確認するなど入れ込んでいる。

Image6_20191208081101

Image5_20191208081101

 好スタートから中団につけた時点でほぼ勝利を確信。ライバル勢が外枠から距離損を強いられたのに対してロスのない競馬で、直線抜け出して快勝。すばらしい。

Image4_20191208081101

 練習しておいた口取り経路を通って、小生も記念撮影に入れていただく。横山典騎手はあいかわらず淡々とした口調ながらも、オークスへの期待を語る。2歳暮れでの勝ち上がりなら、クラシックシーズンから逆算してゆったりしたローテーションが組めるので、本格的に楽しみになってきた。

Image9_20191208081101

Image7_20191208081101

 夢の続きを語りたそうな氏と別れて、船橋法典へ急いで、西船橋で乗り換えて、市川で蕎麦をかきこみ、品川へ。「谷村有美と過ごすハートフルなクリスマスvol.17」。昨年と同じインターシティホール。昼夜公演の今年は昼の部。前から7列目となかなかの良席だ。

Image1_20191208081101

Image8_20191208081101

 ネット上でセットリストが見つからないので、思い出せないところもあるのだけれど、「がんばれブロークン・ハート」、「パレード・パレード」、「最後のKISS」など昼夜公演にもかかわらず、おなじみの曲をたっぷりと。クリスタルヴォイスも健在であいかわらずお美しい。ラジオが終わっちゃったのがホント残念だよ。

Image3_20191208081101

 最近は新曲も出していないし、基本的にはコアなファンばかりと思われるけれどその割には静かな客席。それでも、「Feel Me」でようやく総立ちになって、「いちばん大好きだった」だったかな。あと、アンコールは何だっけ?

 今回も「Tonight」が聴けなかったのだけは残念だったけれど、満足して、品川駅に戻って、駅ナカでお弁当を買って、東海道線に乗ったところで、うしという方から、あまりにもあんまりな連絡があって、急きょ三越前へ引き返す。。。

 デジマノハナ号骨折、全治6ヶ月。勝ち祝いのはずが、いや、勝ち祝いにはちがいないんだけれど、あまりにもあんまりな展開。お互い長年競馬やっているから、これが競馬ってわかっているつもりだけれど、それにしてもねぇ。。。デイジー賞とか、ゆりかもめ賞とかフラワーCとか、夢を語る宴のはずだったんだけどねぇ。。。まぁ、勝って休養だからよかったと思うしかないけれど、やっぱり出島の華の旬は短いということなのかしらん。

 KOREDO内とは思えない冴えない焼き鳥屋で冴えない水炊きをご馳走になって、冴えない勝ち祝いは早々に終了。

Image13_20191208081101

 

2019/11/29:skyspa参戦。

◆横浜:はれ:5971歩

 久しぶりに気持ちよく晴れたけれど、冷え込みも厳しい朝。野菜ジュース、ヨーグルト、明太子、鮭、味噌汁、玄米。

 スカイビルで散髪してから、スカイスパへ。昼ビア、昼サワー、唐揚げ、フライドポテト、ボディケア40分。

Img_2469

Img_2468

 再度入浴してから、そごう内の山野楽器で、コンサートに備えて葉加瀬太郎のCDを久々に購入して予習。

 東証続落、鎌スタクリスマス会落選を確認して、早々に就寝。。。

 

 

2019/11/17:「蜜蜂と遠雷」に参戦。

◆横浜:はれ:7968歩

 6時半起床。朝風呂。野菜ジュース、カステラ、コーヒー。

Image_20191117184901

 朝から桜木町へ。ブルク13さんで映画「蜜蜂と遠雷」に参戦。上映開始からだいぶ経っていて、もう朝イチ8:50の回しか演ってないのだ。前日の予約の段階では2人目だったけれど、定員188名のスクリーンに30名くらいは埋まった。中央後方で観やすい。

Image2_20191117184901

 各方面で絶賛された原作は、途中でだれてしまって、正直なんとか読了という感じだったのだけれど、この作品は、やっぱり音楽付きがいいのでは?ということで、普段は映画ほとんど観ないのだけれど、劇場へ足を運んでみた。なかなかよかったんじゃないかしらん。審査員が斉藤さんというのもよかった♪

 続編というか、サイドストーリーの本も出たのね。

 桜木町まで来たので、久々にクロスゲートの鳥ぎんさんで釜飯でもと思ったら、昼はやってない。仕方がないので、ランドマークの1階のお茶漬け屋さんへ。途中、月に1度の総帆展帆とやらで、日本丸が盛大に帆を張っている。

Image8_20191117184901

Image3_20191117184901

Image10_20191117184901

Image5_20191117184901

Image4_20191117184901

Image1_20191117184901

 帰宅してゴロゴロして、グリーンチャンネルで京都8R。バルコラベーロ号、スタートから追い通しながらも踏ん張って、最後2着まであるか?と思わせたけれど、最期は4着同着。しかし、いつも人気以上にがむばって、いつのまにか2勝クラスにも慣れてきたのだからえらい馬だ。

Image9_20191117184901

 マイルCS、グァンチャーレから一発を狙うも大敗。まぁ、内枠から絶好位進んで一杯だから仕方ないね。

 BS-1「COOL JAPAN」の田舎暮し特集を見て、Eテレ「日曜美術館」で明日の予習をして早めに就寝。

Img_2265

 

2019/11/11:大佛次郎記念館サロンコンサート♪

◆横浜:くもり時々はれ:8677歩

 7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、みかん、チョコクロワッサン、コーヒー。

 東証反落も、先週暴落したリートとインフラファンドが下げ止まってほっとひと安心。午前中は、ようやく届いた「Number Plus」を読んで、ワールドカップのふりかえり。

 本日は、午後から大佛次郎記念館でコンサート。予報よりも天気の悪化が遅いようなので、海辺を散歩がてら歩いていく。秋バラもいい感じ。

Image3_20191111170801

Image7_20191111170801

Image8_20191111170801

Image1_20191111170801

Image2_20191111170801

Image_20191111170801

 大佛次郎記念館のサロンコンサートは、2階のサロンということでアットホームな雰囲気。平均年齢は65歳くらいかしらん。

Image9_20191111170801

 まず第1部は、「大佛次郎記念館 建物のひみつ」と題して、研究員の方が、大佛次郎と記念館について20分ほどレクチュア。初心者にもわかりやすいお話。記念館の設計は、アイビースクエアなんかとおなじ建築家だったんだ。

 第2部がコンサート。上野由恵さんのフルート独奏。フルートだけのコンサートはめずらしいらしいんだけど、近いし、息を吸う音も聞こえるね。ドビュッシーのシリンクスとか、武満徹さんのヴォイスとか、あまりなじみのない曲をいろいろと堪能♪

Image6_20191111170801

 終演後、1階のサロン「霧笛」でサービスのコーヒーをいただいてから帰途につくと、コンサートでもみかけた目の不自由な方が、急な坂道を歩いている。元町・中華街の駅へ急いでいるとのことだけれど、ちょっと危険な感じなので、駅までご案内する。

 なんでも、このあとは、サントリーホールでウイーンフィルを聴くので急いでいるとのことで、自身もフルート奏者だという。ユーチューブのチャンネルで演奏も聞けるらしい。みなとみらいまでの数分間、いろいろおもしろい話をうかがったのだけれど、特に印象に残ったのは、目が見えないのに、師匠の音を真似していたら演奏するポーズも似てきたという話。師匠は自分の演奏のクセをあまりよく思っていなかったとのことで、目で見て真似したのなら認めないけれど、見えないのに音を真似していて似てきたのなら仕方ないと認めてくれたという。

 こんなちょっとした出会いもヒマっ子な隠居ならでは。MARK ISで買い物して帰宅すると雷雨。ワインを飲みながら、お肉をしゃぶしゃぶしつつ野菜を補給して早めに就寝。

Image5_20191111170801

2019/10/10:めざましクラシックスinヨコハマ♪

◆横浜・川崎:はれのちくもり夜一時あめ:8443歩

 10時から久々にディアナでお当番。たまった事務処理をしているうちにお客様も来てくれて、ちょこっと売れたところで、13時にTさんと交代。本日はお休みのはずだったのだけれど、急きょ日吉へ。

 いったん帰宅して、本日はみなとみらいホール。おなじみのめざましクラシックスinヨコハマ。ほぼ毎年参戦しているこのコンサートも、なんと今年で20回目らしい。そして、遺憾なことに今年で終了してしまうという。めざクラ自体が終わるわけではないので、スポンサーの神奈川県石油商業組合さんの事情かと思われるけれど、徒歩5分の地元でめざクラが楽しめなくなるのは大変残念である。

Img_1564

Img_1562

 そんな最終回は、集大成ということで、豪華なラインナップ。音楽史メドレーは、「四季」~「第九」~メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲~チャイコフスキーは眠れる森の美女~そしてラプソディー・イン・ブルーと名曲が続き、一部の後半は、モーツァルト・メドレーで、こちらもおなじみの曲をたっぷり。ホント、こういうおなじみの曲をおいしいところだけ楽しめるのは、めざクラならではで、小生のようなにわかクラシックファンには実にありがたいよね。

 後半は、ラヴェルのボレロ。弦楽器だけではつまらないということで、おなじみのめざクラアンサンブルの面々が三線だのウクレレだの本職以外の楽器に挑戦して、これもまた楽しかった。

 スペシャルゲストは、クリスタル・ケイさんで、よく知らなかったけど、歌上手いし、スタイルいいし、地元も横浜、それもすぐ近くなのね。

 最後は、文明堂のカステラでおなじみの天国と地獄、さらにアンコールはこれまたおなじみの「雷鳴と稲妻」で、最終回にふさわしい充実のラインナップを最後まで堪能して、久々にプロントで一献して帰宅。

Img_1563

Img_1565

 

2019/9/16:とれいゆつばさで行く薬師丸ひろ子コンサート2019@東京エレクトロンホール宮城

◆横浜→福島→山形→仙台:あめのちくもり:11902歩:仙台の最高気温=23.3度

 6時10分起床。上野東京ラインで上京して、久しぶりの東北新幹線。8時8分発のやまびこ号は、えきねっとトクだ値で普通車の正規料金より安いグリーン車でゆったり。

Image1_20190916205401

 福島で乗り換えて、在来線ホームからの乗車は、とれいゆつばさ!足湯新幹線に待望の初乗り。

Image3_20190916205401

Image2_20190916205401

 さっそくカウンターで足湯券を購入。そんなに混んでるというわけではないようで、あっさり購入を許されて、10時15分からの初回に参戦。このお湯は温泉じゃないんだけど、峠越えの景色を眺めながらの足湯、まぁ、それなりに気持ちはいいよね。そして、隣の15号車は、湯上りラウンジ風になっていて、地ビア♪

Image5_20190916205401

Image4_20190916205401

Image8_20190916205401

Image7_20190916205401

Image9_20190916205401

 山形で下車して、これも久しぶりの仙山線で山寺へ。芭蕉の句(閑さや岩にしみ入る蝉の声)でおなじみの立石寺に初参戦。本来なら、車窓からも見える断崖絶壁、千段の石段を登るのだけれど、雨なので断念して適当なところで引き返して次の電車で仙台へ。

Image10_20190916205401

Image11_20190916205401

Image12_20190916205401

Image14_20190916205401

Image15_20190916205401

 おなじみの駅ナカの寿司ストリート、三陸前さんでおなじみの三陸の黄金をいただき、三井ガーデンホテルさんへチェックインして、入浴して態勢をたてなおす。

Image16_20190916205401

 本日の仙台遠征、メインは、東京エレクトロンホールでの薬師丸ひろ子コンサート2019♪若い頃は、特にファンではなかったのだけれど、最近になって、一度コンサートに参戦したいと思いながら、チケットが取れなかったり、日程が合わなかったりで、待望の初参戦。仙台は久しぶりとのことだけれど、小生を含めて、初めての参戦という人が意外と多かったよ。

Image17_20190916205401

Image18_20190916205401

 オープニングは、ニューアルバムから「野の花」、なかなかいい曲。そして、「すこしだけやさしく」、「紳士同盟」、「ステキな恋の忘れ方」。「元気を出して」♪なんだかんだほとんどの曲はわかるよね。ナースコールの主題歌の「コール」っていう玉置さんの曲もよかった♪

 第2部は、「時代」でスタート♪「語りつぐ愛に」、「メインテーマ」、「探偵物語」、「セーラー服と機関銃」、「Woman"Wの悲劇"より」などたっぷり堪能♪

 アンコールは、あまちゃんでおなじみらしい「潮騒のメモリー」。小生は実は初めて聴いたよ。そして、ユーミンの「守ってあげたい」をカヴァー♪これはうれしいねぇ♪そして、最後は、ニューアルバムから「エトワール」♪。

 今回は武部さんはいなかったけれど、ストリングスのアンサンブルもよかった。おだやかな気分で国分町を歩いてホテルに戻って早めに就寝♪

Image19_20190916205401

2019/9/6:渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020♪

◆横浜:はれ:11449歩:横浜の最高気温=33.0度

 例によって3時半くらいに目が覚めて5時には起床。朝風呂。野菜ジュース、鮭、大根おろし、漬物、豚汁、納豆、生玉子、玄米。

 食後の散歩。夏の暑さが戻ってきた。みなとみらい橋を渡って、市場の前を通って、貨物線を渡って、ポートサイド公園から戻ってくる。4000歩。京急事故現場が近いので、ヘリがけっこう飛んでいる。京急の復旧は明日以降になりそうということだから、今朝は、JR、東急も含め、横浜から東京への通勤は大変そうだ。帰宅して、第2回入浴。アイスコーヒー。CNNからMXTV、東京マーケットワイド。

Image1_20190907064201

Image2_20190907064201

Image3_20190907064201

Image4_20190907064201

 日中は、昼ビアなどいただいて、だらだらとすごして、夕方から出発。本日は、美里が来浜。関内ホールということで、家から徒歩圏とはすばらしい。1階中央、前から6列目、席が互い違いになっていることもあって、とても見やすい。

Image5_20190907064201

Image7_20190907064201

Image8_20190907064201

 オープニングは、「虹をみたかい」、その後は、ニューアルバムの曲が中心と思っていたら、突然、なつかしいイントロ!「Long Night」キタ!超久しぶり!鳥肌モノだよねぇ♪短縮バージョンで残念と思ったら、なつかしい曲メドレーのコーナーだったようで、「Boys Kiss Girls」も超久しぶり♪中盤には、「嵐が丘」。来年の35周年に向けたライヴということで、懐かしい曲が随所にちりばめられてるね♪

 真藤さんや奥野さんとのかけあいも楽しいし、竹野さんのサックスも健在。「My Revolution」、「サマータイムブルース」と盛大に歌って、アンコールでは、新曲の「すきのその先へ」から、「10years」、「恋したっていいじゃない」と堪能して、最後は「My Love Your Love」♪。49年の人生のうち33年だから、2/3は、美里との歌とともに。ずっと同じアーティストのライヴを堪能できるっていうのも幸せなことだよね。来年は、元旦から新装渋公も決まったようで、楽しみだ!

Image9_20190907064201

Image10_20190907064201

Image6_20190907064201

2019/8/9:13日ぶりに帰宅

◆東京→横浜:はれ:7118歩:横浜の最高気温=34.8度

 7時起床。ちょうど実家に届いていた栗山町の日原メロンを美味しくいただき、10時すぎにみなとみらいへ戻る。猛暑の中、13日ぶりの帰宅ということで、アリさんの登場が心配されたけれど、幸い無事。

Img_0142

 郵便物は思ったほど多くなかったけど、一応事務処理。明日のプレーに備えてだいぶ前に送ったゴルフバッグが、受け付けたコンビニの対応がちょっと心配だったので、ヤマトさんに確認。コース近くの集配所で止まっていたようだけれど、あいかわらずヤマトさんのコールセンターの対応はすばらしい。状況をすぐに理解したうえで、

「明日のプレーに間に合うように、責任持って本日中にお届けします。」

 と言われれば、安心して任せられるよねぇ。

 夕方、多少風が涼しくなってきたところで、そごうまで散歩。

Img_0145

 美里のニューアルバム「iD」が到着。30年前の名曲「すき」のアンサーソングとして、再び大江千里さんが書いてくれた「すきのその先へ」がいいね♪

 

2019/7/20:谷村有美×佐橋佳幸×清水信之Special Live♪

◆横浜・東京:くもり一時あめ:8469歩

 本日は、待望の谷村有美さんライヴ。15時30分発の東横特急で渋谷へ。109の奥、おなじみのLIVING ROOM CAFE&DININGさんへ。なんとお席は、ステージがすぐ目の前、前から2列目のテーブル。すばらしい!まずは、ワイン、生ハム、パスタと注文して腹ごしらえ。ここは、お料理も美味しいよね。

Img_9679

Img_9680

 本日のライヴは、清水信之さんプロデュースで、さらにギターが佐橋くんという豪華な顔ぶれ。清水さんは、佐橋くんの高校の先輩、ということは、美里の高校の先輩でもあって、育ての親でもあるので小生にもおなじみだ。

Img_9677

 17時開演。谷村さんも佐橋くんも清水さんもみんな小生のすぐ隣を通ってステージへ。オープニングは、「いちばん大好きだった」キタ♪すばらしいねぇ。ほんの5メートルくらいのところで、谷村さんのクリスタルヴォイスと佐橋くんのギターを堪能できるとは、ぜいたくすぎるよねぇ♪

 谷村さんは、大学生の頃は、アルバムもずいぶん買って、車の中とかでもよく聴いてたんだけど、なんとなくライヴに行きそびれて、昨年のクリスマスコンサートで待望の初参戦。最近は、ラジオも欠かさず聴いて予習も十分。「最後のKISS」とか「いっしょに暮らそう」とか、あと、曲名が出てこないけど、名曲をたっぷり堪能。3人のかけあいトークも楽しかったし、あいかわらずお美しいしねぇ。

 「BOY FRIEND」とか「Tonight」とか、あれも聴きたい、これも演ってほしいっていう曲がまだまだいっぱいあるんだけど、今年もクリスマスコンサートの開催も決まったようなので、楽しみだ♪

 

 

 

2019/7/19:オルガン1ドルコンサート♪

◆横浜:はれ時々くもり:5066歩

 8時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、チョコクロワッサン、コーヒー。

 東証反発。昨日の下げも意味不明だが、今日の上げも意味不明。400円下がって、400円上がった。とりあえず、今日もちょこちょこと売る。

20190719-163341

 日中は東京マーケットワイドを見ながら事務処理。晴れ間も出て蒸し暑く、昨日に続いて真夏日。

Img_9668

 夕方、ここしばらく燻っていた懸案が解決したので、プロントで早めにビアをいただき、19時からは、みなとみらいホールの1ドルコンサート。普段は、昼の部なんだけれど、今日は夜の部も開催される。2階席にゆったりと座って、ドイツから参戦の、シルヴィウス・フォン・ケッセルさんの演奏で、J.B.バッハのチャコーナ変ロ長調、J.S.バッハのオルガン協奏曲イ短調などを気持ちよく堪能。

Img_9671

Img_9667

 イーグルス美馬が8回まで完全試合らしいということで、トゥエルヴィにチャンネルを合わせてみるも、四球、ヒットであっさり終了。それでもホークスに勝ってくれて、ファイターズは4連勝。3ゲーム差!

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録