2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/9/3:アートアクアリウム美術館に参戦♪

◆東京・横浜:くもり時々はれ一時雨:7960歩:東京都心の最高気温=32.7度

 朝から晴れたり、曇ったり、シャワーのように降ったり。そんな合間をぬって、久しぶりに日本橋へ。おなじみのせんとくんのあたりを曲がって、昭和通り方向へ歩いたかつてのオフィスの近く、なつかしいあたりに今日のお目当てのアートアクアリウム美術館が。何やら期間限定であちこちでやっていた金魚のアートが常設になったらしい。事前予約、検温、消毒で入場。平日午前中から、けっこうなにぎわい。

Image2_20200904083501

Image3_20200904083501

Image6_20200904083501

Image27_20200904084301

Image_20200904084301

 いやぁ、これねぇ、毎年あちこちでやっていたのも全然知らなくてご縁がなかったんだけれど、想像よりはるかにすばらしいですわ!みなさん、安くないお金を払ってくるだけのことはありますですよ。暑い日こそ涼しい気分になれるし、実にインスタ向きだし。いずれにしても、一見の価値はありますよ。おすすめです。

Image9_20200904083501

Image23_20200904084301

Image4_20200904083501

Image5_20200904083501

Image13_20200904083601

Image15_20200904083501

Image12_20200904083501

Image22_20200904084301

Image17_20200904083501

Image24_20200904084301

Image7_20200904083501

Image26_20200904084301

 2階には、カフェとバァがあって、カフェのお菓子がまた美しそうなのだけれど、小生は、バァでカクテルをいただき退場。なんとも涼しい気分になるね。

Image16_20200904083501

Image1_20200904083501

 久しぶりの日本橋ということで、千疋屋総本店さんはもちろん、天松さんとか、満天星さんとか、寄りたいお店がいろいろあるし、伊勢定さんの匂いにふらふらと吸い込まれそうにもなったのだけれど、東京駅まで出て、久しぶりに玉丁さんへ参戦。アクリル板を増やしたり、お一人様を互い違いにしたり工夫しつつ、けっこうにぎわっていて何より。豚肉入り味噌煮込みうどんを美味しくいただいて東海道線グリーン車で帰宅。またシャワーのような雨。

Image11_20200904083501

 帰宅してからも、今日はいろいろとお楽しみが。東京人は暗渠特集!そして、Numberは、将棋特集!そして、メトロポリタンホテルさんから、Suicaペンギンクッキーキタ!!!いやぁ、これは、もったいなくて食べられないよねぇ。。。

Image10_20200904083501

Image25_20200904084301

Image21_20200904084401

Image8_20200904083501

Image20_20200904083501

Image19_20200904083501

 東証続伸。昨日あまりにもあんまりだったファイターズも2時間半以内ではむほー!実によい1日だねぇ♪

Image14_20200904083501

2020/8/24:明治神宮「神宮の杜芸術祝祭」に参戦

◆横浜・東京:はれ時々くもり:9744歩:東京都心の最高気温=32.3度

 雨模様は1日だけで、夏空復活、先週ほどではないけれど気温も上昇。そんな中、みなとみらい線急行で出発して、明治神宮前駅へ。先日のぶらぶら美術館で、取り上げられていたので、気になっていたのだけれど、旧原宿駅舎も今日から取り壊しが始まるとのことで、急きょの参戦。

Image15_20200826153501

Image14_20200826153501

 初詣で明治天皇の御歌のおみくじをひいた記憶があるけれど、美里の元旦ライヴの頃以来だから、どうやら8年ぶりらしい。ごった返す元旦とちがって、静かな参道。緑たっぷりで、案外涼しい。すれ違うとき以外はマスクをはずしてのんびり歩くと、さっそく、何やら作品を発見。

Image8_20200826153501

Image27_20200826153501

Image26_20200826153501

Image7_20200826153501

 芸術祝祭とは別に、渋谷川の源流のひとつにもなっている清正井もこの機会に見たかったのだけれど、こちらは、御苑内ということで別料金を払って入苑。一番奥の清正井まではけっこう歩く。シオカラトンボなんかもいて都会のど真ん中にいることを忘れるね。

Image18_20200826153501

Image5_20200826153501

Image6_20200826153501

Image12_20200826153501

Image22_20200826153501

Image20_20200826153501

 参道に戻って、参拝。そうか、今年で創建100年なんだね。競技場も近いし、本来なら、オリンピックを見に来た外人さんで盛大ににぎわっていたんだろうねぇ。。。

Image2_20200826153501

Image24_20200826153701

Image10_20200826153501

Image25_20200826153501

 さて、残りの2作品は?というと、これが、北側の端っこの方にあるので、また延々歩く。最後にようやくお目当てのトラさんを発見して、ほぼ境内一周だ。

Image17_20200826153501

Image9_20200826153501

 さすがに汗びっしょりだし、疲れてきたけれど、ミュージアムの中でも、何やらアート作品が展示中。カエルさんとかヘビさんとか。撮影可がうれしいね。建物は、いかにも隈研吾さん風だね。

Image21_20200826153501

Image13_20200826153501

Image3_20200826153501

Image19_20200826153501

Image11_20200826153501

Image4_20200826153501

Image1_20200826153501

 帰りは、原宿駅新駅舎から山手線。旧駅舎がなくなるのは残念だけれど、ホームは2面で、便利になったね。渋谷駅の埼京線ホームも移設後、初めてみたよ。

Image23_20200826153501

Image_20200826153501

Image28_20200826153501

Image16_20200826153501

 

2020/8/6:STARS展に参戦♪

◆東京・横浜:はれ:7409歩:東京都心の最高気温=33.1度

 連日の猛暑。麻布十番の駅から、けやき坂を上るだけで汗だくになってしまうけれど、なんとか六本木ヒルズへ。本日は、森美術館のSTARS展に参戦。事前予約で朝イチ10時の回。30分毎におそらく定員150人くらいのところ、3~40人くらいしか売れていないようなので、行列もなくエレベーターも独占して、53階へ到着。冷房が効きすぎて寒い。

Image7_20200813151301

Image1_20200813151301

 トリエンナーレのような現代モノはよくわからないけれど、こちらは、草間彌生、李禹煥、宮島達男、村上隆、奈良美智、杉本博司ということで、小生でも6人中5人は知っている(^^)くらいだから安心。場内も一部屋に多くて数人ということで、密にならずゆったり。一部作品をのぞき撮影可もうれしい。みなさんそれぞれ楽しめたけれど、特に李禹煥さんの部屋の雰囲気がなかなかよかった。事前予約も面倒だし、まだまだ美術館へ行く人も少ないようだけれど、先日のナショナル・ギャラリー展といい、これだけゆったり楽しめるのはある意味貴重だね。

Image2_20200813151301

Image10_20200813151301

Image8_20200813151301

Image9_20200813151301

Image5_20200813151301

Image6_20200813151301

 せっかく麻布十番へ来たので、久しぶりに更科堀井へ。近いところに更科が3軒あるけれど、個人的には、ここが一番お気に入り。11時半開店で、お客さんもそれなりに入ってきたけれど、中央のカウンターも席を減らしてくれていて、落ち着いて食べられる。ハーフビア、鳥焼き、変わりそば(レモン切)。旨い♪

Image_20200813151401

Image4_20200813151301

Image12_20200813151401

 

2020/8/1:大地(Social Distancing Version)【Streaming+】

◆横浜:くもり時々はれ:3531歩:横浜の最高気温=30.0度

 8月になって、関東甲信越待望の梅雨明け。もっとも、梅雨明け直後らしいギラギラした太陽はなく、気温もほどほどといったところ。

Img_5787

Img_5786

 292のバスでディアナへ顔を出して、事務処理を済ませて、帰りは101のバスで桜木町へ出て、一蘭をいただく。

Img_5784

 17時から、三谷さんの新作「大地」を配信で。PARCO劇場のチケットを苦労してゲットしたのだけれど、いったん払い戻しになってしまって、座席を減らしての再販売ということで現地は断念。先日の柏木さんのコンサートで配信も意外と楽しめることがわかったので、今日も部屋を暗くして、スマホの電源は切って、iPadをスタンドにセットして、ヘッドホンをつけて。柏木さんのコンサートとちがって、今日はライヴオンリーで、1週間以内の再生とかもできないので、おトイレも済ませて集中。PARCO劇場の入口の映像から始まって、ドアを開けて、さぁ、いよいよ開演♪

20200801b

 いやぁ、おもしろかった。旧ソ連?風の国家で収容所に入れられた俳優たち、といういかにもコロナ禍を意識したように思えるストーリーなんだけど、俳優間の距離はとるように変更こそしたものの、シナリオ自体は昨年に考えていたというから不思議。(本人も先見の明に驚いたとか)

 小さな画面なんだけど、気がつくと豪華キャスト陣の演技に引き込まれる。配信向けに、25分の休憩中には、大泉さんや山本さんと三谷さんの特別対談なんかもあって、終演は20時だからたっぷりと堪能。楽しかった♪

20200801z

 

2020/7/27:横浜トリエンナーレに参戦

◆横浜・東京:はれ:8709歩

 うまい具合に5時頃に目が覚めたのだけれど、眠いので、二度寝して6時すぎに起床したら、もう大谷くんは降板している。1死もとれず5失点とは、あまりにもあんまりだ・・・

 横浜美術館で開催中の横浜トリエンナーレへ参戦。入場時間指定の予約制だけれど、4連休明けの月曜日の朝イチの回ということで、ガラガラ。サーモグラフィーのチェックを受けて、スマホチケットで入場。

Image10_20200805081901

Image11_20200805081901

 展示内容は、正直、あいかわらずよくわからないのだけれど、まぁ、近所だから散歩がてらの気分転換にはいいかなというところ。撮影OKで、インスタ映えはするしね。何人か追い抜いてしまうと、ソーシャルディタンスどころか、大きな展示室をほとんど独占。むしろ係員の方が多いくらいなんだけど、黙って部屋の隅に座っててくれればいいのに、話しかけてきたりするんだよね。もちろんマスクはしているけど、せっかく、お客さん同士も距離とってるのに、わざわざ近づいてこないでほしいよね。

Image_20200805081901

Image7_20200805081901

Image14_20200805081901

Image6_20200805081901

Image8_20200805081901

Image12_20200805081901

Image3_20200805081901

 今年は、プロット48という別会場もあって、これは、移転したアンパンマンミュージアムの跡地なのかな。

Image2_20200805081901

Image5_20200805081901

Image4_20200805081901

Image15_20200805081901

Image13_20200805081901

Image16_20200805081901

 オリックスの株主優待の前沢牛が到着したので、じうじうと焼いて美味しくいただく。株価が低迷しているので、せめて優待くらい満喫しないとね。。。

Image9_20200805081901

 

 

2020/7/18:ジョンティ・アッシュさんに参戦♪

◆東京:あめのちくもり:6103歩

 本日は、kecoさんのお誕生日ランチ。このご時世、繁華街に出るよりはということで、昨年のブラタモリごっこのときにみつけた、実家近くのフレンチを予約。白金台駅で集合して、利庵の手前を曲がって、たしかうなぎやの2階じゃなかったっけ?と思うと、ん?お店の名前がちがうよ・・・

 予約していたのは、ジョンティ・アッシュさんというお店なのだけれど、うなぎ屋の2階は、ルカンケさん。。。番地1つ違いにおしゃれフレンチが2軒あるのね・・・

 気を取りなおして、ジョンティ・アッシュさんへ入場。アルコール消毒してから、広々とした個室へご案内だから安心だ。

Image10_20200726145601

「お店の場所、すぐにわかりましたか?」

「実は、うなぎ屋さんの2階へ・・・」

「ルカンケさんですね。あちらとも親しくしておりますよ(笑)」

 態勢を立て直して、白ワインとジュースで乾杯して、コースのスタート。

 

Menu Saison

うなぎパイ

Image7_20200726145701

30歳と若いシェフは、静岡出身とのことで、まずはうなぎさんが登場。

 

活鯒のカルパッチョ

青唐辛子の香るズッキーニのムースと共に

Image2_20200726145601

冬のふぐに対して、夏の鯒(こち)というだけあって、美味しい♪

 

ファーム新貝の玉蜀黍”甘美ちゃん”、

なめらかロワイヤルにシャコのタルタルと共に

ブイヤベースムースのナージュに浮かべて

Image8_20200726145601

静岡(磐田)のファーム新貝さんのとうもろこし。甘い♪

 

フォアグラのフォンダン

バラの花の香るジュレでオープンラビオリに

ソーテルヌ風味の白桃のコンポートとミントの泡を添えて

Image_20200726145901

美しいねぇ。美しいだけじゃなくてもちろん美味しい。

 

アオリイカのプランチャ焼き

枝豆とピスタチオのクーリーとイカ墨のソースを合わせて

Image4_20200726145601

まだ前菜。柔らかくて香ばしくて美味しい。

 

マナガツオのポワレ

シジミと新ゴボウのナージュに浮かべて

Image9_20200726145601

しじみとごぼうのソースが絶品だねぇ♪

 

仔羊背肉のロースト

グリーンカレー風味のクルートと共にグラチネ

焼き茄子のクーリー、塩レモンとナツメヤシの香るジュを合わせて

Image11_20200726145701

これも美しくて美味しい。ボリュームがちょうどよくて、少食の我らも最後まで堪能してゴールへ♪

 

エキゾチックなフルーツのパナッシェ

バナナのキャラメリゼとパッションフルーツのクーリ

ココナッツのメレンゲとバジル風味のグラスを添えて

カフェとミニアルディーズ

Image5_20200726145601

デザートまで美味しくいただき、最後は、サプライズもあって、ごちそうさまでした♪

普段は、コース料理でも、あまり落ち着かないでけっこう早く食べてしまう方なのだけれど、今日は、気がつけば3時間近く。美しくて美味しいお料理が、タイミングよくサーブされて、時間を忘れてしまうね♪

 雨もあがったので、近くの庭園美術館へ。ちょうど少し前にぶらぶら美術館でも解説されていたけれど、旧朝香宮邸宅の内部がゆっくり観られるので、楽しい。意外とお客さんも入ってる。

Image1_20200726145601

Image6_20200726145601

Image12_20200726145701

Image3_20200726145601

 新館の企画展示は、「東京モダン生活」。これもなかなかおもしろかったし、ショップも充実して、本を買ってしまった。

 まだまだ大変な日々が続きそうだけれど、少し忘れて、エンジョイした1日。ちなみに、今日のジョンティ・アッシュさんは、食べログ3.81なのだけれど、うなぎ屋の2階のルカンケさんは、食べログ3.79というから、こちらも参戦する必要がありそうだね。

 

2020/7/9:ロンドン・ナショナル・ギャラリー展参戦♪

◆東京・横浜:くもり時々あめ:4299歩

 4時頃目が覚めて、また6時に地震。7時起床。

 山手線で上野へ。JRに乗るのも、かなり久しぶり。上野駅は、公園口改札が移設されて、道路をふさいで、美術館の方へそのまま歩いていけるようになってなかなかいい感じだ。

 Image8_20200714082301

 国立西洋美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展。ぶらぶら美術館で見たときから早く行きたかったのだけれど、当初3月~6月の予定がいったん中止。二度と日本に来ないような作品もあるのに、このまま終了してしまうのでは、あまりにもあんまりと思っていたのだけれど、10月まで延長して待望の開催。

Image11_20200714081501

Image3_20200714081501

 時間指定予約制。行列もなく、スマホチケットを提示して、アルコール消毒と検温を受けて入場。30分毎に何人入場を許しているのかは不明だけれど、だいたい一部屋に2、30人、フェルメールやゴッホの前でも7、8人くらいだからまずまずゆったり。ソーシャルディスタンス、2mはさすがに無理だけれど、1mくらいは離れて鑑賞できる。全員マスクだし、夜の街に行ってそうな人はほとんどいなそうだしね。ひまわりはもちろん、ルノワールの「劇場にて(初めてのお出かけ)」っていうのもよかったなぁ。

Image10_20200714081501

Image4_20200714081501

Image9_20200714081501

 ショップは混み合っていたので、断念して、帰りは、例によって駅ナカの3代目たいめい軒さん。こちらもすんなり入場が許されて、ハンバーグ&エビフライ。お席も少し減らしてあって、カウンターは、隣との間にアクリル板。

Image2_20200714081501

Image5_20200714081501

 東京の感染者は、今日も大幅増。そんな中、明日から、やきうなどの大規模イベントがいよいよ解禁。正直、もうあとは運任せという気もしないではないけれど、今日のところは、名画に元気をもらって、上野東京ラインのグリーン車で帰宅。

 AbemaTVで棋聖戦。渡辺棋聖が意地をみせて、藤井さんの最年少タイトルはお預け。

2019/12/30:大塚国際美術館へ参戦!(KEIRINグランプリ大敗)

◆横浜→大阪→鳴門→徳島:あめのちくもり:12220歩

 6時起床。7時8分のみなとみらい線で出発。新横浜からのぞみ号で西下。朝から帰省客でにぎわってはいるけれど、今年は休みが長く分散ということのようで、ごった返すというほどでもない。1ヶ月前に確保した窓側に腰を落ち着けて、プシュっと朝ビア。おむすび弁当。久しぶりのニッカンでKEIRINグランプリ投票。最終日の東証にも参戦。Wifiがつながらないのは遺憾。

Image_20191230191601

Image15_20191230191601

 名古屋あたりから雨。新大阪で降りて、大阪駅へ。ここからは、高速バス。ガード下のバス停から海部観光さんで出発。ネット予約で最前列をゲットしていたのだけれど、カーテンが降ろされて前がみえないのが残念。渋滞を迂回したりしたようだけれど、ウトウトしているうちに、明石海峡大橋を渡って淡路島へ。

Image14_20191230191601

Image3_20191230191601

 パーキングエリアで一休みして、大鳴門橋を渡り、大塚国際美術館へ。目の前にバスが着くので便利だ。

Image13_20191230191601

 10年ぶりくらいの参戦だけれど、やっぱりでかいねぇ。システィーナ礼拝堂に圧倒されてから、あわただしく館内を回って、おなじみの名作をチェック。

Image1_20191230191601

Image12_20191230191601

Image8_20191230191601

Image5_20191230191601

Image11_20191230191601

Image17_20191230191601

Image10_20191230191601

 地上階へ上がって、テラスへ出ると、一時退場口があって、顔認証しておくと、鳴門公園の方へ出られるようになっているので、さっそく散策して、大鳴門橋を展望。

Image16_20191230191601

Image18_20191230191601

Image6_20191230191601

 しかしながら、再入場口から戻ってくると、顔認証に失敗したようで、ゲートが開かない。係員もいないので、インターホンで警備会社へ連絡して再入場だよ。。。

 半日くらい散策するのが普通なんだろうけど、早々に退場して、バスで徳島駅へ。ここからタクシーでめざすは、名東軒さん。食べログ3.45ということで、地元でも人気の徳島ラーメン店なのだけれど、元ファイターズの守護神、武田久投手のご実家でもあるのだ。

 眉山を左に見ながら10分ほどで到着。夕方の中途半端な時間なので、すんなり入場。お兄さんがやっているとのことだったけれど、たしかにソックリだ(^^)

Image2_20191230191601

 小肉入(700JPY)をいただく。食べログの口コミにもあったけれど、麺がちょっとやわらかめだね。見た目ほど濃すぎることもなく、それなりに美味しくいただいたけれど、まぁ、徳島ラーメンはちょっと好みが分かれる感じはあるよね。

Image7_20191230191601

 帰りは最寄りの鮎喰駅まで歩いてみたけれど、けっこう遠くて予定の電車に乗れず、寂しい無人駅で40分ほど待っている間にKEIRINグランプリ大敗を確認して、予想外に混んでる徳島本線のローカル列車で徳島駅へ。

Image9_20191230191601

 本日のお宿は、駅前のサンルートさん。最上階の天然温泉「びざんの湯」がいい。お湯もいいし、温度や浴槽の深さもちょうどよくて、リラックスできる。お部屋のタオルを持っていかなくてもよいのもラクだ。

 東証続落。もっとも大納会としては1990年以来の高値だという。来年はどうなることやら。湯上がりにハイボールをいただき早めに就寝。

 

 

2019/12/22:折り梅鑑賞会(有馬記念大敗!)

◆横浜:くもりのち雨:3911歩

 本日は、豪華メムバーの有馬記念だけれど、中山ではなく、午後からフクシア(横浜市西区社会福祉協議会)へ。ディアナで認知症カフェを開催しているNPO法人和の環さんのわのわカフェの拡大版ということで、本日は映画上映会が開催されるのだ。

 「折り梅」は、認知症の母を抱えた家族の物語で、出演も原田美枝子、吉行和子、トミーズ雅、さらにちょい役で、蛭子さんなんかも出てきてなかなか豪華。大変な介護の中にも温かいエピソードも交えられた実にいい映画。

 監督の松井久子さんが来てくれて、上映後にお話を伺える。この監督の2作目とのことなのだけれど、1作目の映画の上映会で監督に共感した方の日記がベースになっているというから基本は実話らしい。

松井久子監督のページ

折り梅のページ

 映画製作の2001年当時は、介護保険も成年後見制度もできたばかりだったけれど、今でも古さが感じられないし、上映会も各地で行われているとのこと。こういう映画を多くの人にどんどん見てもらいたいよね。

 帰宅して有馬記念大敗を確認。寝よう。。。

 

2019/12/4:カルティエ展〜天空ノ鉄道物語に参戦♪

◆横浜・東京:はれ:8533歩

 7時起床。野菜ジュース。朝風呂。ヨーグルト、ハムエッグ、トースト、コーヒー。今日も快晴。

 NY続落で東証続落。少々利益確定してから、10時すぎのFライナーで上京。中目黒で乗り換えて、久しぶりの六本木。

 まず新国立美術館のカルティエ展に参戦。小生にはあまりご縁がないかと思っていたのだけれど、ぶらぶら美術館を見たら、江之浦測候所でおなじみの杉本博司さんが会場構成を担当しているというではないか。

Image4_20191204164101

Image2_20191204164101

 入場すると、まず杉本さんが作った、逆に回る時計があってから、カルティエのミステリークロックが多数展示。なるほど、パネルごと回すんだねぇ。

 その後は、きらびやかなジュエリーの数々。音声ガイドが無料なのもありがたいし、最後のコーナーだけ撮影OKというのもすばらしい。

Image8_20191204164101

Image11_20191204164101

 続いて、本日のお目当ての森美術館へ転進。裏道を抜けるとすぐなんだね。なぜか出雲大社の東京支店みたいのがある。

Image13_20191204164101

 森美術館は、昨日から始まった「天空ノ鉄道物語」。JR各社をはじめ、私鉄各社の協力ということで、国鉄時代の資料から最近の鉄道の模型や紹介パネルなど多数。目玉は、トワイライトエクスプレスの食堂車の再現だけど、中には入れないんだよね。その他、壁一面に歴代時刻表なんていうのもあって、マニアとしては、それなりに楽しめるのだけれど、2500JPYといいお値段ということもあって、かなり空いている。個人的には、なつかしいブルートレインの車内放送が流れていて、おなじみのチャイムが聴けたのがうれしかった。

Image6_20191204164101

Image14_20191204164101

Image15_20191204164101

Image9_20191204164101

Image10_20191204164101

Image_20191204164101

Image7_20191204164101

 内周展示が終わると、今度は外周展示。こちらもいろいろあるのだけれど、最後の方に、なつかしい「電車でGO!」が!。しかも無料でプレイできるよ!さっそく、なつかしい秋田新幹線にチャレンジ。いい感じで進行していたのだけれど、大曲到着直前で時間切れ。無念。。。

Image3_20191204164101

Image12_20191204164101

Image1_20191204164101

Image5_20191204164101

Image16_20191204164101

 森美術館の展覧会といえば、カフェの特別メニューがお楽しみ。相鉄12000系のケーキも気になったけれど、お昼がまだだったので、天ぷら蕎麦とさくらのヘッドマークラテ。なつかしいお茶もついてきたよ。

Image17_20191204164101

 麻布十番まで歩いて、帰りは南北線~目黒線で。夜は、ミュージアムショップで購入した稚内のかに寿司をいただき早めに就寝のよてひ。

 

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録