2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/7/2:バニラで帰宅。

◆虎杖浜→千歳→横浜:あめのちくもり:9788歩

 久しぶりの和室でもよく眠れたけれど、窓側のふすま?をちゃんとしめておかなかったので、4時頃には明るくなって目が覚める。第4回入浴、第5回入浴。

 NYは思ったほど上がらなかったけれど、東証は思ったほど下がらないようなので、今日も一部売却して、10時チェックアウト。

 朝、露天風呂に入っている頃は大雨だったのだけれど、出発する頃には、なんとか止んだ。梅雨前線が本州南岸に停滞している今こそ、爽やかな北の大地へ、と思っても、毎年、なんだかんだ雨に降られることが多いんだよね。

Img_9375

 10時28分発の鈍行で苫小牧へ。苫小牧から札幌行きの電車、南千歳から快速エアポートと乗り継いで、正午頃に新千歳空港着。

Img_9384

Img_9395

 3階でラーメンをいただき、スーパーラウンジでコーヒーをいただき、14時20分発のバニラエアさんで成田へ。6000JPYくらいだったかな。平日夕方の第3ターミナルは、外国人の方でかなりのにぎわいだね。

Img_9397

 17時の総武線快速グリーン車で横浜まで2時間。19時半頃に帰宅して、早々に就寝。

Img_9404

 

2019/7/1:虎杖浜温泉に参戦♪

◆函館→虎杖浜:あめ:8116歩

 隠居2年目最初の朝。函館国際ホテルは、枕がフィットしたようでよく眠れた。7時起床。今朝も雨模様だけれど、さっそく朝市へ行く。今回の函館の目的は、なんといっても久しぶりの活イカだ。おなじみの恵比寿屋食堂さんで活イカと三色丼。旨い♪

Image3_20190701201301

Image1_20190701201301

Image2_20190701201301

 東証反発。NRIと三井物産を一部売却。今日から選挙までが今年最後の貴重な売り時じゃないかと思うんだけど、どうなるかしらん。

 10時にチェックアウトして、摩周丸を見学。なつかしい船内。連絡船がなくなってから、もう30年以上も立つんだものねぇ。当時は、青函トンネルを心待ちにしていたけれど、何回か乗ることができてよかった。

Image4_20190701201301

Image5_20190701201301

Image7_20190701201301

Image6_20190701201301

 10時48分のスーパー北斗9号で出発。新塗装になってから乗るのは初めてかな。8両編成だけどまずまずの乗車率。

Image8_20190701201301

Image9_20190701201301

 東室蘭で鈍行に乗り換えて、登別の次の虎杖浜で下車。

Image10_20190701201301

Image11_20190701201301

 隠居2年目のスタートということで、やはり節目は滝本から、と思ったのだけれど、おひとりさまはブックフルということで断念。それならば、滝本インよりは、虎杖浜温泉ではないかということで、虎杖浜温泉ホテルさんへ初参戦。以前、別のところで日帰り入浴して、虎杖浜のお湯のすばらしさは確認済みなのだ。

Image12_20190701201301

 5913JPYの和室にチェックイン。Wifiも完備して万全。東証さらに好調ということで、KDDIも追加で売却してから、さっそく入浴。やはりここのお湯はすばらしい。雨の露天風呂も堪能。

Image14_20190701201301

 便利なのは、国道沿いのセブンイレブンと大浴場が通路でつながっていることで、浴衣のまま専用口から入場できる。今日からスタートの7ペイとやら初体験。レモンサワー。

Image13_20190701201301

 第2回入浴、第3回入浴、就寝。

Image15_20190701201301


 

2019/6/30:北海道新幹線で函館へ!

◆横浜→函館:くもり時々あめ:9066歩

 4時50分起床。眠い。飲みすぎてお酒も残っている。大雨の中、東海道線で出発。

 祭でお弁当を調達して、6時32分発、はやぶさ1号新函館行き。えきねっとトクだ値のA席を探すと、車内ガラガラなのにすでにB席に先客が。なんで?と思ったけれど、実際、大宮を出る頃には満席になった。

Image1_20190630173001

Image2_20190630173001

 お隣は盛岡で降りたけれど、すぐにまた次の人が乗ってきて、けっこうなにぎわい。函館競馬の検討に余念がないグループもいたけれど、さすがに新青森で車内はガラガラになって、奥津軽いまべつ、木古内にも停まって、10時53分新函館北斗着。4時間21分は長いねぇ。。。

Image3_20190630173001

 はこだてライナーに乗り換えて函館駅着11時25分。横浜駅からだと5時間半かかってるよ。

Image4_20190630173001

 市電で函館競馬場へ。改装された頃に来て以来だからかなり久しぶり。何度もチェックして、キャンセルを確保したB指定席へ。ここはオープンエアのスタンドだったね。少し寒いけど、やっぱり気持ちいいよね。

Image5_20190630173001

Image6_20190630173001

 イカ刺し定食をいただき、スタンド内の「メジロ牧場の歴史」展を見学。なかなかよかったね。

Image7_20190630173001

Image9_20190630173001

Image8_20190630173001

 馬券の方は、7レースを的中して好スタートを切るも、その後は、波乱続きで大敗。気温も下がってきて、寒い。メインの巴賞大敗を確認して、撤収。

Image10_20190630173001

Image11_20190630173001

 函館の宿というと駅前のルートインさんがおなじみなのだけれど、今回は、国際ホテルさんへ。大昔1回くらい泊まったっけ?老朽化した名門というイメージだったけれど、リニューアルしてきれいになって、展望温泉大浴場もできたということで、参戦。日曜の夜ということでクーポン利用で6000JPYと安い。

 オーシャンビューの広いツインにアップグレードされて、さっそく大浴場で温まって、ノンアルコールビアをいただき、早めに就寝。今日で隠居丸1年だね。

Image12_20190630173001


 

2019/3/31:凡の風からの有原好投で快勝♪

◆札幌→横浜:くもり時々はれ:14359歩:札幌の最高気温=5.4度

 4時半に目が覚めてそのまま起きてしまい6時半に朝食を食べたら眠くなってしまい二度寝。ドバイは、アーモンドアイ快勝。凱旋門賞をめざすようだ。馬場適性は微妙ながら、秋の楽しみが増えたので、順調に行ってほしいね。マテラスカイも大健闘。

 10時45分にチェックアウトして、札駅で荷物を預けて、大通から市電に乗り継いで西線6条で下車。直ちゃんに教えてもらったラーメン屋さん「凡の風」に参戦。

Image1_8

Image2_8

 マンション1階の小さなお店で、食券を買って、20分くらい待って入場。中華そば風と豚骨風、さらに味噌、醤油、塩があって、つけ麺もある。小生は中華風の醤油、kecoさんはとんこつ風の醤油で、どちらも美味しい。中華風は澄んだスープで、飽きのこない味。こういうお店が近所に欲しいよねぇ。

Image3_7

 大通に戻って、東豊線で福住へ。本日もC指定席だけれど、おなじみの1塁後方の通路側でまずまず見やすい。

Image4_8

Image5_8

◇2019/3/31:○F 3-1 B(札幌)

 淺間くんに代わって横尾くんがサードに入り、1番は西川。当面はこの2パターンのスタメンの使い分けになるのだろう。

 ファイターズ先発は有原。彼が2桁勝って貯金を作るようなら、優勝に近づくだろう。今日は、ストライク先行でストレートには力もあり、いい感じ。吉田正尚の打席では、サードの横尾くんが1,2塁間にやってくるシフト。打球の行方はどんぴしゃりとはいかなかったけれど、3連戦1安打に封じたからそれなりにプレッシャーをかける効果はあったのかな。

Image6_8

 初回、翔さんボテボテで先制。もう9打点だ。追いつかれてから、近ちゃんタイムリーで勝ち越し、5回には、王選手のポテンヒットが待望の初打点。3連戦の打点はすべてクリーンアップで叩き出しているというのはすばらしい。

 後半、あいかわらずの謎采配のオリの継投を攻めつつもダメ押しがとれず、ちょっと不安な感じもあったけれど、8回宮西、9回はハンコックで締めて快勝。浦野と石川の3連投は回避して、秋吉も加えた5人の勝ちパターン継投は層が厚く、29人登録制を活用できそうだ。

Image7_8

Image8_7

 ヒーローインタビューを最後まで聞いてもなんとか18時20分の快速エアポートから19時30分のANA78便に間に合った。開幕シリーズ2勝1分と今年は楽しいスタートだね♪

 

 

 

2019/3/30:翔さん起死回生の同点タイムリー!

◆札幌:はれ:10471歩:札幌の最高気温=5.9度

 翔さんサヨナラホームランの興奮で1時すぎまで起きていたのに、4時には目が覚めてしまい、その後はうだうだと。隣のローソンで道スポを購入して、FFFFFから逆算して8時入浴、8時半朝食。サヨナラ勝ちの翌朝のヴァイキングは美味しいので、ついつい食べすぎちゃうよ。FFFFF後は、「起こさないでください」をドアに貼って、BSで雄星など見ながらぐだぐだして、13時にようやく始動。本日は、おなじみのC指定席なのだけれど、70列ということで、かなり上の方で、しかも真ん中席で、前もかぶって、よく見えない。発売開始3分くらいで取ったんだけどねぇ。。。

Image1_6

Image2_6

Image4_6

◇2019/3/30:△F 4-4 B(札幌)

 ファイターズ先発は、金子。先頭の福田を見逃しで三球三振、卍が炸裂したときには、先日のアスレチックス戦のような芸術的な投球を期待してしまったけれど、その後は、昨日の上沢くん同様、制球に苦しみ5回2失点。まぁ、なんとか粘ったのはさすが。

 一方、東明ののらりくらりに苦労していた打線は、近ちゃん四球からの翔さん2ランで同点。ここからは、ブルペンの我慢比べ。

 秋吉、ハンコックが好投して、その裏、また出てきた岩本を攻めて、さらに斉藤とかいう左腕も攻めて2死満塁で近ちゃん三振。無念。直後、宮西が1死2,3塁の大ピンチにメネセス、吉田正尚を連続ピッチャーゴロはさすが。

 しかしながら、9回、石川くんが打たれて2失点。当然増井が登場して、賢介、ナカシ凡退であっさり2死。長い試合ももはやこれまで、そろそろないるさんたちとの会食のお時間と思ったら、突然劇場が開幕。横尾くん2ベース、西川ヒット。ここで、近ちゃんがファウルで粘りに粘って四球。この増井との勝負は見応えがあった。そして、なんと!今日も翔さんが!!!起死回生の同点タイムリーで延長戦に!!!

Image6_6

 残念ながらここで撤収となり、福住駅でないるさんと合流して、大通の海鮮屋さんでかん姉妹とも合流。試合はまだ続行中で、祝勝会か残念会か不明のまま森香るハイボールでまずは乾杯。

Image7_6

 美味しいお刺身をいただきながら、獺祭に転戦しているうちに、試合はどうやら12回引き分けになった模様で、まぁ、今日のところは勝ちに等しい引き分けと言ってよいだろう。

Image8_5

Image9_4

Image10_4

 体調の悪い方は牡蠣はご遠慮ください問題、寝る前にコナンを見て夜中に奇声を発するのは認知症の初期症状だ問題、移住するなら白老がいいぞ問題などなど検討して海鮮茶漬で〆てもひとり3200JPYだからやはり北の大地はリーズナブル。

 そういえば、今夜はドバイワールドカップデーだったんだけれど、さすがに検討する元気もなく、球辞苑を見て就寝。


 

 

2019/3/24:ばんえい記念参戦!(バルコラベーロ号500万下快勝!)

◆横浜→帯広→横浜:はれ時々ゆき:9885歩


 4時50分に目覚ましをかけておいたけれど、3時に目が覚めたら眠れなくなって、起床。朝風呂。YCAT5時20分のバスで羽田空港第2ターミナル。ラウンジでまい泉とオレンジジュースをいただき、バスでの出発なので、早めにバスラウンジへ移動すると、機材整備のため遅延。さらに機材変更。結局7時5分発の便が80分の遅延で、帯広空港到着は10時すぎ。


Image1_3


Image2_3


 連絡バスは遅延に合わせてくれて、競馬場へ直行。実は開門が11時なので、遅延は、かえってちょうどよかったともいえるのだ。年に一度の大一番ばんえい記念。とかちむらでたむらさんの豚丼をいただき入場。ちょうどこの時だけ盛大な雪。。。


Image3_2


Image5_3


Image4_3


 今年は抽選で当たったので、2年ぶりにプレミアムラウンジで観戦できる。AC電源は共用だからちょっと微妙だけど、Wifiも完備。予想紙や記念品もついて3000JPYだ。カウンター席で態勢を整えて、1レースが始まる頃には、また晴れてきた。馬場水分は、1.4%。


Image8_2


Image7_3


 前半はケン。まずは、中京8Rに愛馬バルコラベーロ号が出走ということで、2階のJRA売場へ。前走からコンビを組む▲西村騎手。ついこの前まで知らなかったけど、彼は上手いねぇ。好スタートから無理なくハナに立って、逃げ切り!中京の直線は少し長いかと思ったけど、なんなく押し切ったよ!3歳夏の地方交流でギリギリ未勝利を脱出したこの馬が、番組を巧みに選んで3勝できるんだから、ありがたい。梅田師に感謝だよ。


Image9_2


 今年もばんえい記念当日の番組は豪華で、世代別のオープン戦多数。5R当たり損、6Rハズレ。高松宮記念大敗。7R的中。また雪が舞ってきた。本来は、馬と一緒に移動するのが、ばんえいの醍醐味なんだけど、ラウンジは快適すぎて、外へ出るのが億劫になっちゃうよね。8Rも的中して、いよいよばんえい記念。


Image10_2


 リピーターの強いこのレース、3連覇を狙うオレノココロはまだ9歳で盤石と思われたけれど、初挑戦の7歳センゴクエースをとらえきれず2着。デビューから9連勝でイレネー記念を勝った素質馬のセンゴクエースは、7歳まで待って、満を持しての初挑戦で見事な優勝。引退レースの11歳フジダイビクトリーは3着。馬券は大敗だけれど、いいレースだった。条件馬のドルフィンもなんとか完走してめでたしめでたし。センゴクエース時代の到来か、オレノココロの巻き返しはあるか?さらには、23連勝中のホクショウマサルも来年は出てくるだろうし、さらに若い世代には、マルミゴウカイあたりもいる。今から来年が楽しみだ。


Image11_2


Image12_2


Image13_2


Image14_2


 

2019/1/17:ながぬま温泉へ

◆札幌→長沼→千歳→成田→横浜:ゆき時々くもり:11020歩:札幌の最低気温=−12.3度

 4時半に目が覚めて、その後はダラダラと。8時から第3回入浴。3回入浴したけど、3回とも誰もいなかった。
 本日の当初の予定は、ふるさと納税で応援した栗山町のまちおこしCafe&Barのくりとくらの応援。冬型の気圧配置が強まって日本海側を中心に風雪とのことで、さすがに運転は怖いので、公共交通機関でどうやって行くかいろいろ検討したのだけれど、くりとくらは、平日のランチはやってないらしい。残念。今日もヒマになってしまった。
 11時チェックアウト。1000円で21時間以上滞在したことになる。札幌でひまっことなれば、豊平峡温泉あたりが思いつくところだけれど、山の方は風雪とも強そうなので、なるべくなら早めに千歳方向へ向かいたいということで、駅前通りの味の時計台さんをいただいてから、おなじみのながぬま温泉へ。レンタカー以外で行くのは初めてだけれど、北広島からJR北海道バスが1時間に1本あって、30分で到着だから意外と便利。

Img_5603

Img_5605

 雪は降っているけれど、風はなく静か。雪見の源泉かけ流し露天を堪能して、おなじみの湯上がり休憩室でビア。Wifi対応。床暖房も暖かい。

Img_5607

Img_5609

 14時48分のバスで北広島まで戻って、快速エアポートで新千歳空港。幸い、ダイヤの乱れはほとんどないようだ。

Img_5614

 帰りもバニラ。帰りのLCCは初めて。夜遅く成田に着いても明日が気にならないのも隠居の特権ではある。帰りは、最前方座席の指定も含めて諸経費込み6630JPY。
 千歳はゲートだけれど、成田はバス。それでも、帰りも定時運航で19時50分着で、20時11分の総武快速に間に合ったので、グリーン車で横浜まで直通。22時半には帰宅できそうだ。

2019/1/16:だるまさんへ

◆登別→札幌:はれ時々雪:9613歩

 2時半頃目が覚める。あらためて天気予報を見ると、明日から明後日にかけて、冬将軍がやってきそうだ。今回は、帰りもLCCなので、欠航とか出るとやっかいなことになる。まぁ、金曜日中に帰れればいいのだけれど、ホテルを探したり、振り替えたり、バタバタするのも大変だし、ラウンジも使えない。滝本の湯につかるという目的は果たしたので、1日繰り上げて帰った方がいいのではないかと思うが、それはそれで追加出費がいろいろ発生する。そういえば、前回も雨で滝本から函館に行かれなくなって、追加出費で早帰りしたんだよね。。。やっぱりLCCは安物買いのナントカなのかしらん。。。
 しばし、天気図とにらめっこするが、結論が出ないので寝る。と思ったら、眠れなくなった。イギリスのEU離脱案否決。ホント、何がかわいそうって、メイさんはかわいそうだよ。自分は離脱に票を投じてないんだからさ。離脱派、残留は両方から否認されちゃって、じゃあ、お前ら勝手にやれよって思うよね。織り込み済みのようで、NYは下がらず。
 悶々としているうちに朝になって、6時に第5回入浴。7時に朝食ヴァイキング。8時に第6回入浴。稀勢の里引退。9時チェックアウト。
 結局、わくわく号はキャンセルが出ず、道南バスの札幌行き。これがまた、少し早めにバス停に向かったにもかかわらず、すでに大行列。40番目くらいだよ。乗れるのか?!と思ったら、なんとか乗れた。整理の係員も出てたので、他のバス停からのお客さん用には続行便が出たような気配もあるけれど、ホント、油断できない。まぁ、ツアーじゃなくて、路線バスでふらっと滝本に来るガイジンさんが増えたっていうのは、それだけ世界的に認知されたんだから、うれしいことだけどね。

Img_5593

Img_5594

 札駅。気持ちよく晴れている。当初案では、藻岩山でひと滑りというのもあったんだけれど、体調や天気を考慮してウェアなど置いてきてしまった。JTBに連絡して早帰りの場合の扱いを確認するけれど、やはりかなりの追加出費になる。覚悟を決めて札幌に泊まることにするけれど、特にやることもない。朝食ヴァイキングを盛大にいただいたので、お腹も空かない。
 宮越屋さんで態勢を立て直す。

Img_5596

 地下歩行空間を歩いて、久しぶりのドーミーインANNEXさん。健保の補助金が使えるので、実質1000円で泊まれるけれど、キャンセルするとやっかいなことになるわけ。幸い、早めのチェックインが許されたので、狸の湯で態勢を立て直す。
 だるま4・4さんへ。ジャンプもない、雪まつりもない、イルミネーションもないのに登別だけでなく札幌へわざわざやってきたのは、だるまさんのためということで、お昼を抜いて待機していたのだ。こちらも外国の人との戦いになりそうなので、17時開店のところ、16時半に参戦すると、さすがに誰もいない。いったん地下で一休みして、16時40分に行くと2番目。今日は比較的暖かい方だろうけど、そろそろ外は氷点下ではないかしらん。
 17時入場。ハイボール、上、ヒレ、並、野菜おかわり、ライス(中)というのは、小生にしてはかなりがむばった方。最後お茶漬けまでいただいて退場。
 狸の湯で第2回入浴。せっかく北の大地にいるので、radikoで、「ファイターズDEナイト!!」。今週はこずゑさんがお休みらしいので、タイムフリーで先週分を。夜鳴きそばは、断念して早めに就寝。

Img_5597

Img_5599

2019/1/15:わくわくバニラ2180JPYで行く登別第一滝本館

◆横浜→成田→千歳→登別:くもり:12037歩

 4時15分起床。4時45分出発。横浜5時15分の京急で出発。早朝からかなりの混雑で入ってきて、横浜駅で盛大に降りるのに驚く。神奈川新町で同じホームから始発の特急に乗り換え、押上でさらにスカイアクセス線の特急に乗り換えるコースもだいぶ慣れてきたけれど、車内が寒くて体が冷え切ったところで、空港第2ビル到着。

Image1

Image2

Image3

 わくわくバニラで北の大地へ飛ぶ。なんと2180JPYである。空港利用料とか座席指定代、カード決済手数料とか加えても4000円くらいしか払ってない。これなら、バスでの出発、バスでの到着でも文句は言えない。しかも定刻よりも20分も早く新千歳空港に到着だ。途中、美浦のトレセンがきれいに見えた。

Image4

Image5

Image6

 ファイターズロースターさんで朝食。ピザトーストとコーヒー。朝から多少はお客さんがいるようでひと安心。

Image7

Image8

 登別行きのバスは12時10分だから時間は余っているのだけれど、道南バスのカウンターでチケットを買うと、先着順なので、国際線ターミナルから乗った方が確実だという。連休明け平日日中の登別行きがそんなに混むのか?と思うけれど、実際、明日のわくわく号は1週間以上前に電話したのにブックフルだった。我も我もと登別なのかもしれない。

Image9

 国際線ターミナルで時間をつぶして12時10分発の道南バス。たしかに海外の方々で9割方埋まった。そして、国内線ターミナルでは、なんと乗車なし。小生と同じようにあらかじめ国際線ターミナルまで来た日本人もいるとはいえ、びっくりだ。

Image10

Image11

 13時すぎに第一滝本館到着。同じバスのガイジンさんも多数、中には、大きなスーツケースを転がして、滝本インへ入っていく方も。

Image12

Image13

 チェックインができないので、おなじみのラーメン「味自慢」へ。お昼も営業してたのね。

Image14

 リニューアルされた東館は初めて。きれいなダブルルーム。Wifi完備、加湿器もついて、立派なホテル仕様だね。さっそく入浴。まだ空いているので、金蔵の湯を独占して満喫。

Image17

Image15

Image16

 部屋に戻って、サワーをいただき、相撲中継、16時から第2回入浴、部屋に戻って、相撲中継。3大関全敗。稀勢の里については、コメントする気にもなれない。ただただ見苦しいよ。師匠も話にならない。鶴竜も負け。白鵬は危なかったけど、やっぱり負けないよね。これが横綱。
 18時から第3回入浴、19時から夕食。最近は、懐石風が多かったから久しぶりのヴァイキング。まぁあいかわらずではあるけれど、なんだかんだ盛大にいただいて、20時半から第4回入浴。就寝。

Image19

Image18

2018/11/24:ファイターズファンフェスティバル2018♪

◆札幌→横浜:はれときどきくもり:14419歩

 7時すぎに起床。朝風呂。お風呂は小さくなったけど、露天風呂ができていた。朝食ヴァイキングもまずまず充実。

Image1_2

 天気は回復したけれど、歩道は凍りついてツルツル。落ちたばかりのイチョウの葉っぱがそのまま凍りづく不思議な光景。それにしても豊水すすきのまで歩くだけで一苦労だよ。。。

Image2_2

Image3_2

Image4_2

 開幕戦以来の札幌ドームでファンフェスティバル2018。なんと、ないるさんとけいこさんはサイン会が当たったという。小生はあっさり外れたので、新入団選手発表会後は、場内をうろうろ。4万人近く入っているので、大混雑。日本ハムブースでトートバックとソーセージとチーズケーキのセットを購入して、JALブースで10マイルをゲット。

Image5_2

Image6_2

Image8_2

Image9_2

Image7_2

 出し物の方は、まぁあいかわらずのくだらないゲームで、場面場面はけっこう笑えるシーンがあるのだから、もうへんな対抗戦形式はやめればいいのにと思う。5番勝負で早々に3勝1敗になっちゃって、ナキで最後だけポイント3倍とか、もうそういうくだらないの誰も求めてないと思うよ。ガンちゃんいなくてよかったと思ったら、稲田がうるさいし。もっと選手の本音トークとかそういうの聞きたいけど、そういうのは、別のディナーショーとかでやるから出し渋るのかな。

Image10_2

 ところが、エンディングで、新垣が登場したあたりから雰囲気が一変。勝手にMVPを名乗って、やりたい放題、大暴れ。これは笑ったわ。ひょっとしてとも思ったけど、まさかとも思ったよね。戦力外通告後の元選手を呼ぶ企画、考えるのは簡単だけど、通すのは勇気がいるよ。大したもんだよ。

Image11_2

 そして、「重大発表が」というから、またなんかくだらないことかと思ったら、なんと映画製作の発表。15周年のドキュメントを来年2月に公開ということで、kecoさん号泣必至の感動策になりそうで楽しみ。新球場以降、ホントどんどん攻めてくるねぇ。すばらしい。

Image12_2

 札駅に戻って、快速エアポートで新千歳空港。昨日はテークアウトだけだったFIGHTERS DINING ROSTERさんへ改めて入場。サンドイッチとサラダとレアードのラテをいただく。店内には、選手のサイン、ユニフォーム、ビデオで流れる感動シーン、テーブルもスタジアムの模型に優勝時の選手名なんかが書かれていて、遠征組には実にありがたいお店で、今後も大いに利用したいし、このお店の結果が新球場のお店の企画などにも影響しそうだから、ぜひとも成功して欲しいね。

Image15_2

Image13_2

Image14_2

Image18_2

Image16_2

Image17_2

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録