2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/9/19:味の時計台からのはむほー♪

◆札幌→横浜:くもり時々はれ:13479歩:札幌の最高気温=24.2度

 今朝もゆっくり。11時チェックアウトで、まずは味の時計台さんへ。カウンターは席数を半分くらいにして、左右には仕切りもあるけれど、観光客、特にガイジンさん依存度が高そうだったので、空いている。1年ぶりに醤油ラーメンを堪能。なんだかんだいっても、これを食べないことには始まらないからね。HBCの新社屋を確認して、大通から東豊線。ようやく晴れて、北の大地の秋らしい爽やかなお天気。オータムフェストがやってればねぇ・・・

Image3_20200924121701

Image2_20200924121701

Image8_20200924121701

Image10_20200924121701

 今日から4連休。そして、入場制限緩和。もっとも発売時に3席空いてあいる小生とkecoさんの間を売るわけにはいかないから、空けてあった前後の列を埋める感じ。実は、今日は5000人制限の時点でも直前まで売り切れてなかったのだけれど、やっぱり売れば売れるようで、8000人くらいは入ったようだ。黒い人たちが急きょGOTOしたのかな。

Image5_20200924121701

Image7_20200924121701

Image_20200924121701

◇2020/9/19:○F 3-1 M(札幌)

Image1_20200924121701

 マリーンズ先発は石崎。阪神にいた石崎らしい。昨日のマルチネス以上にコントロールが悪く、3回82球。初回、ノーヒットで翔さん犠飛で先制。以前なら邪飛だったイメージだけど、今年の翔さんはこういう時にしっかり点をとってるくれるよね。

 前回仙台で大炎上した有原の中5日。今日はエースらしい投球で安心して見ていられる。一方、石崎は、その後もコントロール定まらず昨日のマルティネスよりひどくて3回82球5四球。しかしながら、チャンスをつぶしているうちにノーヒットでチェンに交代してしまった。

 6回、中田、渡辺連打で、ノーアウト1、2塁。しかし、ここからが絶望的な下位打線。毎度おなじみの清宮に代打杉谷でバント。今日を勝つためには正しいと思うけれど、だったら、そもそも1割台の清宮くんを使う必要はないよね。100%のバントの場面で決めた杉谷はえらかったけど。

 なおも絶望的な下位打線だけれど、ビアヌエバ四球で満塁になれば、歩かされる心配がなくなるから、代打大田のカードを切れる。今日は休養の予定だったと思うけれど、見事な2点タイムリー。すばらしい♪

 帰りの飛行機が19時半なので、7回裏で退場したけれど、札駅に着く頃には、無事にはむほー♪2勝1敗なら御の字だし、何よりスタジアムで野球が見られたことがホントにうれしい。

Image4_20200924121701

 それにしても、今日の1塁塁審は、やばかった。3度リクエストで全部ひっくり返った。試合の大勢に影響ないところのリクエストは興ざめであまり好きではないけれど、今日のはひどすぎる。目の前で見ていて内野安打や牽制を3つ間違えるんだものねぇ。。。いくらなんでもあまりにもあんまりだ。しかも明日は球審だって・・・

Image9_20200924121701

 

 

 

2020/9/18:円山散策からのはむほー♪

◆札幌:あめのちくもり:19806歩:札幌の最高気温=22.6度

 当初の計画では、ウポポイ参戦を検討していたのだけれど、アイヌ博物館の事前予約が、早々にまさかのブックフル。誠に意外だけれど、時代は、ウポポイということのようである。

 雨模様だし、久々の遠征で疲れ気味なので、朝はゆっくり。11時に出発して、北海道神宮へ。大通近くの石碑は何度も見てるけど、実は初参戦。円山公園駅から歩いていくうちに、雨もあがってきた。よくわからないけど、参道には、関連する神社もいろいろ付随しているようだ。参拝後の帰路に、何やら土俵があるらしいとのことで、様子を見に行くも残念ながら立入禁止。

Image8_20200922163601

Image16_20200922163601

Image11_20200922163601

Image5_20200922163601

Image4_20200922163601

 円山公園駅近くに、以前、ないるさんやかんちゃんと行った蕎麦屋があったような気がするのだけど、場所が思い出せず、少し南へ歩いて、さくら庵に初参戦する。店構えからして、これは当たりという感じ。カウンターでいただく鴨せいろは、熱いおつゆが別になっていて、とても美味しかった。後で調べたら、食べログ3.58の名店で、鴨せいろが名物だったよう。こじんまりとした上品な店内になぜかムーミンの置物、入口にはムーミン展のポスター。

Image10_20200922163601

Image13_20200922163601

 このあたり、コーヒーの名店も多いとのことで、森彦さんへ。開拓時代を思わせる?古民家風のカフェで、札幌に何店舗あるようだけれど、ここが本店。雰囲気もすばらしいのだけれど、何よりコーヒーが美味しかった。平日昼間でも帰る頃には、お外にはお待ちの方の列が。

Image15_20200922163601

Image6_20200922163601

 いかにもという暗渠跡を歩いて、円山公園駅へ。ホテルに戻っていったん休憩。お部屋のテレビで、4K放送初体験。美しい画面で、勢の痛々しい負け方を見てから出発。。。

Image7_20200922163601

Image14_20200922163601

Image_20200922163601

◇2020/9/18:○F 7-3 M(札幌)

Image17_20200922163601

Image2_20200922163601

 ファイターズ先発は、マルティネス。故障からの復帰後は、中継ぎや抑えもやっていて、それもいいかなと思っていたのだけれど、やはり先発が足りないようで、先発復帰。本来はテンポよくサクサクいくタイプなのだけれど、ファウルで粘られて四球など、らしくない投球で3回80球3失点。

Image18_20200922163601

 マリーンズは、中村稔。たぶん初めて見るけれど、最近活躍しているらしいことは知っている。これは厳しいかと思ったけれど、3回、左投手対策の杉谷と剛くんががむばると、盛大に打線がつながってなんと5点!残塁ばかりだったので、こんなの久しぶりだよね!

 長い試合になりそうだと思ったら、4回からは、加藤くんがテンポよく好投。さらに剛くん2ランで4点差。今日も5000人のゆったり観戦で、のんびりとビアが飲める♪

Image3_20200922163601

 4点リードでも勝ちパターンの継投はいいのだけれど、だったら、なぜ守備を中途半端に代えるのか。近藤→淺間、平沼→石井、中田→清宮って、ちっとも守備固めになってないんだよね。

 8回には代打鳥谷。マリーンズファンの空気はなかなか微妙ね。たぶん最後かもしれない打席をよく見ておこうと思ったけど、あっさり三振。そういえば、今日からはマリーンズ戦だけど、黒い人たちが静かなのはなんか不思議な感覚だよね。

Image9_20200922163601

 昨日書き忘れたけれど、静かな野球観戦は実にいい。大嫌いな風船もないし、ファイターズは過去の応援の録音なども流さないから攻撃時もとても静かで、打球音、ベンチからの声、さらには外野手のかけ声までよく聞こえるよ。応援団の太鼓が解禁されたのだけがちょっと残念だけど、ホント、すばらしい。コロナは早く収束して欲しいけれど、イニング間の何とかバズーカとか、風船とかはこのまま絶滅してもらいたいよね。

 22時前には、無事にはむほー。剛くんのインタビューも堪能してホテルへ戻ると、歩数も2万歩近く。今日はぐっすり眠れそうだ♪

Image12_20200922163601

 

2020/9/17:北の大地へ帰ってきました♪

◆横浜→札幌:くもり一時あめ:13241歩:札幌の最高気温=24.9度

 激動の2020年。スリバチ散歩、美術館、コンサート、競馬場と少しずつ取り戻した日常。残るは、北の大地とファイターズ。いろいろ考え方はあるだろうけれど、待望の遠征へいよいよGOTOする。

 北の大地2泊の野球観戦、まったくおなじみの行程だけれど、いかんせん久々ということで、荷造りの感覚が戻らない。リュックには何を詰めるんだっけ?ユニ?モバイルルータ?充電ケーブル?気候も微妙で長袖?半袖?マスクの予備とかマスクケースもいるねぇ。

 京急で羽田空港第1・第2ターミナル。そういえば、駅名も変わったんだ。欠航便はまだ多いようだけれど、北の大地への59便は、キャンセル待ちも出る盛況。ここへ来てお客さんが少しずつ回復しているようで、何度も機材変更でお席が変わったのよね。後方窓から6グループに分けての新しい搭乗スタイルで機内へ。

Image5_20200921093901

Image11_20200921093901

 実に1年1ヶ月ぶりの北の大地。1年以上間隔が空いたのは、もしかしたら30年ぶりくらいかもしれない。kecoさんと合流して、あいかわらずメニューがぱっとしないファイターズダイニングさんで軽くランチをいただきて、快速エアポートで札駅へ向かう。そういえば、1時間に5本になったんだよね。途中、北広島付近では、車窓に新球場建設のキリンが見えた。あれもこれも延期になってしまった今日この頃、2023年の新球場オープンだけはホントたのみますよ。

Image7_20200921093901

Image_20200921093901

 チェックインにはまだ早いので、駅前のファイターズショップへ。ネットで申し込み忘れたマスクが売ってる!デザインもいろいろあるよ。さっそく2つ購入。マスクケースとして、金子の巾着も。今回の旅作、実は、過去に記憶ないくらい安いので、せめて少しはお金を落とさないとね。

Image2_20200921093901

 春の開幕時に予約していてキャンセルした三井ガーデンホテル札幌ウエストへ。おなじみの三井ガーデンさんのお隣に同じような感じで建っている。検温、消毒してチェックイン。

 ひと休みして、いよいよ球場へ。大丸さんでお弁当を購入して、東豊線。なつかしい感覚がよみがえるけれど、5000人限定だし平日だから、車内は野球一色というわけでもなく静か。36号線を歩いて、いつもの場所で写真を撮って、検温、消毒して、ウポポイユニをいただいて入場。

Image10_20200921093901

◇2020/9/17 ●F 1-2 H(札幌)

 1年1ヶ月ぶりの札幌ドーム。明日までは5000人制限ということで、1列空け、ヨコ3席空けでゆったり。ビアを飲みながらスタメン発表。先週の競馬場のときもそうだったけれど、ただ定位置に座っただけで、じんわりとうれしさがこみあげてくるよね。

Image3_20200921093901

Image6_20200921093901

 残念ながら初観戦までにすでに終戦の気配が漂い始めたファイターズ。先発は上原。久々の観戦で、よりによって上原かぁとも思うけれど、まぁ、この際ぜいたくはいえないか、と思ったら、これが一世一代と思わせる好投。開幕投手の東浜を相手にまったく譲らず0ー0。

 どちらかといえば押し気味だったのだけれど、例によって攻撃陣が決め手を欠いて、9回表についに根負けして先頭打者に四球。まぁ、この時点で負けが決まったようなものだけれど、代走周東で、ライナー性の当たり、石井くんが取ってればダブルプレーだったよねぇ・・・(中村選手、1000本安打おめでとうございます)そして、グラシアルのタイムリーは仕方ないけど、その後の送球エラーの2点目が結果的に・・・ホント今年は負け試合にエラーがからむよね。。。

Image4_20200921093901

 それでも、9回裏翔さんソロ。1ー2でまけほー。無念。でも、まぁ、今日のところは、野球が見られただけでしあわせだね。

Image9_20200921093901

 

2019/8/8:移住体験無事終了〜栗山暮らし体験第10日〜

◆栗山→千歳→東京:くもりのちはれ:2957歩:東京都心の最高気温=35.5度

 最終日の朝。6時45分起床。野菜ジュース、おにぎり、コーヒー。おはよう日本、おはよう北海道。荷造りを済ませて、ムーミンスーツケース(大)は、宅急便で送る。

 小雨模様。すっかり涼しくなった。天気も下り坂のようで、帰る頃にようやく本格的に涼しくなってきたけれど、逆にいえば滞在中はずっと晴れてくれたともいえる。

 9時に役場のKさんが来て、簡単なアンケートとヒアリング。チェックアウト後、役場に寄って、由仁のカフェで読んだ「りくらす」をいただいてお別れ。

Image1_20190809165301

Image2_20190809165301

 栗山滞在10日間。今回は、ゲストも多数来てくれて、なかなか忙しく、かん姉妹やないるさんのところへ遊びに行く時間もないくらいで、特に寂しくなることもなかった。この後も、北の大地は、いろいろイベントも多いし、できればもう1週間くらいいたかったね。

 いかんせん移住となると簡単ではないけれど、なんといっても、空港と札幌に近くて便利だし、美味しいお蕎麦屋さんもあるし、くりとくらもあるし、温泉もあるし、夏の間、ゆっくりするには悪くない。第2の故郷みたいな町があるっていうのもいいものだ。

 10日間2万8千円で1800キロ以上走って大活躍のホンダレンタリースさんの軽を無事返却して、お昼のANAで帰京して実家へ。

Image3_20190809165301

Image4_20190809165301

Image5_20190809165301

Image6_20190809165301

 

 

 

2019/8/7:ラーメン大鵬〜アルテピアッツァ美唄へ♪〜栗山暮らし体験第9日〜

◆栗山→美唄→栗山:はれのちくもり:5388歩:長沼町の最高気温=29.8度

 7時起床。野菜ジュース、メロンゼリー、桃のゼリー、ヨーグルト、パン、コーヒー。おはよう日本、おはよう北海道、資源ごみだし。読書。

 昨日休みだった、大鵬さんへ再挑戦。11時開店のところ、10時45分くらいに到着すると、もう営業していて早くもにぎわっている。なんとか入場を許されて、ごま味噌ラーメン。うん、たしかに美味しい。スープが熱いのがいい。ベースの味噌も美味しいし、そこへごま味噌を溶かしながらいただく。暑くてハウハウいいながら食べるのもまたいい。さすがに行列するだけのことはあるね。

Image2_20190807182901

Image1_20190807182901

 実質最終日ということで、今日はゆっくり。栗山公園を見学してから、移住候補地の湯地の丘を一周りして帰宅。

Image3_20190807182901

Image4_20190807182901

Image6_20190807182901

Image5_20190807182901

 もっとも、昼間になると、室内はけっこう暑くなってくるので、午後から、美唄へ。日本一長い直線道路を通って、久しぶりのアルテピアッツァ美唄。おなじみの安田侃さんの彫刻を眺めながら、園内を散策して、カフェでアイスティーをいただきくつろぐ。

Image7_20190807182901

Image8_20190807182901

Image9_20190807182901

Image10_20190807182901

Image11_20190807182901

Image13_20190807182901

Image14_20190807182901

Image16_20190807182901

 最後の晩は、くりとくらに参戦したいところなのだけれど、あいにく臨時休業。仕方がないので、クルマを置いて、初日の晩以来のパラダイスヒルズさんで入浴。露天風呂を堪能してからのビア。

Image17_20190807182901

Img_0133

 

 

 

 

2019/8/6:うしという方と栗〜栗山暮らし体験第8日〜

◆栗山→千歳→門別→千歳→栗山:はれ:7166歩:日高門別の最高気温=27.9度

 7時起床。おはよう日本。野菜ジュース、ヨーグルト、メロン、パン、コーヒー。おはよう北海道。生ゴミ出し。

 NY暴落からの東証大幅続落。東京マーケットワイド。オリックスの1400円台とか三菱商事の2600円台とか目移りするけれど、じっと我慢。まだまだ悲壮感が足りないものね。夏休みはのんびり読書に専念ということで、是清さんの話、ようやく下巻へ。

 11時前に出発して、本日は、食べログ3.47の大鵬さんへの参戦を試みるが、なんと定休日の昨日に続いての連休。仕方がないので、食べログ3.50の長沼町の田園カフェ、丘の上珈琲・珈琲考房でカレーとコーヒーでもいただこうかと思うが、なんとこちらも臨時休業。仕方がないので、早々に新千歳空港A駐車場へ入場して、ファイターズロースターさんでは平取牛ハムバーグなどいただいてゲストの到着を待つ。

Image1_20190806214001

Image2_20190806214001

Image3_20190806214001

 14時35分着のANA便でうしという方が到着。ハヤトくん、みずえさん、kecoさんに続いて、うしという方も来栗か?というとそういうことはなくて、栗は栗でも2代目チェスナットバレー号の応援である。中央抹消後の道営転入緒戦ということで、日高道を飛ばして久しぶりの門別競馬場へ参戦。馬主だから?JBC駐車場へ入場を許される。

Image5_20190806214001

Image6_20190806214001

 まだ明るい場内は、ソコソコお客さんが入っていて、ジンギスカンをじうじう焼いたりしてのどかな雰囲気。5RのC4から参戦して的中。続く6Rは、ディープインパクトの肌にロードカナロアなんていう馬が中央から入ってきてこれが圧勝。サウスヴィグラス産駒が2着でこれも一応的中。時期的に中央抹消馬がどんどん入ってくるのだけれど、賞金0の馬に1勝分(25万)を加算というルールがなかなか絶妙で、なんでもかんでも中央大敗転入馬が即勝てるというわけでもないようだ。

Img_0082

 いよいよ7レース。チェスナットバレーは8キロ増。北の大地への輸送で熱発があったとのことだけれど、緒戦としてはまずまずの仕上がり。新しい預託先の小野調教師も登場して、誠実かつ的確な解説で、とても信頼できそうだ。

Image8_20190806214001

 レースは、好スタートから逃げるかと思われたが、本命馬に先に行かれて、2番手。トモが甘いとのことで、どうしてもコーナーで後手を踏むようだけれど、なんとか踏ん張って、3位入線。今後も中央からの転入がどんどん来るので、安心はできないけれど、まだ万全とはいえない状況での緒戦としては悪くないともいえそうだ。

Image10_20190806214001

 早々に撤収して、日高道から道央道。山本太郎問題、北海道新幹線問題、九州新幹線問題、北関東自動車道問題、田舎の食べログは評価が甘い問題、暴落したのになんで急に戻るんだ問題、それは貴殿のようにあわてて買う人がいる人がいるからだ問題など検討しながら、新千歳空港ICへ。せっかくなので、千歳市内でジンギスカンでもいただこうかと思うと、なんと臨時休業。今日はこればっかりだ。仕方がないので、空港へ戻って、おなじみのラーメン道場で冴えない塩ラーメンをいただき解散。

Image11_20190806214001

2019/8/5:ばんえいに参戦♪〜栗山暮らし体験第7日〜

◆栗山→帯広→栗山:はれ:5742歩:帯広の最高気温=33.1度

 7時起床。ローソンまで歩いて道スポを買って、はむほーをふりかえりつつ朝食。食後は、ゆっくりと読書。

 母とOさんが、栗山参戦の記念に、メロンを自宅や知人に送りたいとのこと。夕張や富良野のように、町のあちこちにメロンと宅急便ののぼりがたっているわけではないので、観光パンフレットに載っている日原メロンさんに電話で連絡してみると、我が家のすぐ近くに事務所があって、手続きできるとのこと。送料がけっこうかかってしまうけれど、多少なりとも栗山経済に貢献できてよかった。

Image2_20190805214901

Image1_20190805214901

 お昼は、久しぶりにはらへーたさんへ。早い時間からけっこうなにぎわい。中華やカレーがメインのいわゆる町の食堂なのだけれど、栗山監督も常連で、食べログ3.51と高評価。おすすめのエビフライ定食も、エビ3本でライス小で930円とリーズナブルで美味しい。ホント、小さな町なのに、食が充実しているよねぇ。

Image4_20190805214901

Image3_20190805214901

 本日は、帯広ばんえいへ参戦。急ぐ必要もないので、行きは国道274号の日勝峠経由で。なつかしい日高町の道の駅で一休みしてから、峠越え。雄大なビューなのだけれど、高速がトンネルでショートカットするのに比べると距離がかなり長いので、結局4時間近くかかってしまった。

Image5_20190805214901

Image6_20190805214901

Image7_20190805214901

Image8_20190805214901

 夕方になっても帯広は暑い。500JPY払って3階のラウンジで観戦。4レースから参戦して、5、6レースは的中するも固い馬券。ぶた丼をいただき態勢をたてなおすも、7レースはハズレで、結局小敗。

Image9_20190805214901

Image10_20190805214901

Image11_20190805214901

Image12_20190805214901

Image13_20190805214901

 帰りは、高速で最短距離を。片側一車線の高速、暗くなって、フロントガラスには虫がベタベタ貼りついて前が見えづらいし、80キロくらいで走行してると後ろには行列してしまうし、なかなかしんどい。なんとか追分インターまでたどりついて、234号に出るとほっとする。

 2時間半かかって21時に帰宅。入浴して、ファイターズDEナイトを追いかけ再生しながらビアで一息ついて、22時すぎに就寝。

2019/8/4:田園カフェでまったり〜栗山暮らし体験第6日〜

◆栗山→由仁→長沼→千歳→栗山:はれ:7468歩:長沼町の最高気温=30.9度/最低気温=17.6度

 6時半起床。野菜ジュースとパンとコーヒー。

Image1_20190804210701

 もっとも、早起きはしたものの、今日は特に予定もないので、お散歩。庭に貨車を置いているお宅があって、驚く。朝から黒いペンキを塗ってお手入れ中。

Image2_20190804210701

Image3_20190804210701

 そこそこ埋まったクロスワードをカンニングしても、まだまだ時間があるので、久米さんのラジオをタイムフリーで聴きながら、poroco8月号で森カフェや田園カフェを検討。その付録の「60代からのライフスタイルブック」を読みながら、たみこさん問題、ジローさん問題、かんぽ問題など検討。

 10時半すぎに出発して、小林家を見学してから、錦水庵へ。今日は鶏ごぼう蕎麦。つけ汁も美味しい。今日は、日曜日のお昼ということで、次から次へとお客さんが入ってきて、帰る頃にはたくさんの人が待っていた。ホント、このレベルのお蕎麦屋さんがあるのはありがたい。

Image4_20190804210701

Image5_20190804210701

Image6_20190804210701

Image7_20190804210701

Image8_20190804210701

 お蕎麦のあとはお風呂。ユニの湯やながぬま温泉はすでに行っているので、今日はシャトレーゼに初参戦。ゴルフ場のお風呂なので、ちょうど午前のスループレーが終わったお客さんでけっこうにぎわっているけれど、露天風呂は快適で気持ちいい。今日はちょっと暑いけれど、夏の北海道のゴルフは久々にやってみたいよね。

Image9_20190804210701

 続いては、由仁町の田園カフェ、カフェカラマさんへ。地元農家の経営のようだけれど、なぜかハワイアンな芸風。天井が高くて快適なのだけれど、1台のクーラーではあまり効かなくて、外の風の方が涼しいくらい。空知の移住ガイドブックを読みながら、もろもろ検討しつつまったり。

Image14_20190804210701

Image10_20190804210701

Image11_20190804210701

Image12_20190804210701

Image13_20190804210701

 今日は千歳が航空祭で、早めに空港へ行くとかえって渋滞に巻き込まれる恐れがあるので、HBCのファイターズ戦中継を聴きつつ、寄り道しながらゆっくりと。ようやく二保を攻略してファイターズ逆転したところで、ハイジ牧場さんでソフトクリームでもいただこうかと思ったら、入場が900JPYもするので断念して、道の駅マオイの丘へ。ここが、ローカル国道の道の駅とは思えない大盛況。地元農家の野菜販売が盛大で、トマト、セロリ、キュウリ、ニンニク、メロン、ブルーベリーその他、あれもこれもにぎやかで、規格から少しはずれたものなどは新鮮なのにとてもお安く、それらをお目当てにみなさん集まってきているようだ。

Image16_20190804210701

Image18_20190804210701

Image17_20190804210701

 スローな1日をすごして、あとははむほーで大団円と思ったら、7回裏に宮西が2点を失って、1点差。新千歳空港B駐車場へ止めて、ファイターズロースターさんへ参戦して、大型モニタで観戦。試合中ということで、めずらしくけっこうにぎわっていて、みなさん声援を送っているが、追加点がとれず、1点差のまま9回。秋吉が先頭の明石に四球を出すと、見ていられなくなり撤収。

Image19_20190804210701

 出発ロビーでkecoさんを見送った直後に、はむほー。ローソンで明日と明後日のブックを印刷して明るいうちに帰宅して、サッポロクラッシクをいただき、早めに就寝。

Image20_20190804210701

 

 

2019/8/3:kecoさん来栗♪〜栗山暮らし体験第5日〜

◆栗山→千歳→栗山:はれ:11465歩:札幌の最高気温=30.2度

 6時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、チョコクロワッサン、コーヒー。さわやさんで明日のパンを購入して8時に出発。

 中3日で新千歳空港A駐車場、朝早いので、今日は日陰に停められた。9時45分着のANA便で、kecoさん到着。移住ごっこにおつきあいいただけるとはまったくもってありがたいことである。

Image1_20190804210201

 本日は、札幌ドームの首位攻防戦のチケットを駐車券とともに購入済みということで、札幌方面へクルマを走らせるけれど、さすがに早すぎる。しかしながら、支笏湖とかノーザンホースパークは参戦済みだし、到着早々日帰り温泉というのもヘンだし、ということで、あまり通り道とはいえないけれど、滝野すずらん公園へ久々に参戦する。熊が目撃されたということでしばらく閉鎖していて、今週から再開したばかりということで、閑散としている。広い園内はよく整備されていてお花もいろいろ咲いてきれいだけれど、いかんせん今日もあちぃ。丘の上のレストハウスで、ラーメンをいただきながら、ジャパンU15の金子誠ジュニアは立教新座だという衝撃的な情報を確認したところで、ドームへ向かう。

Image2_20190804210201

Image3_20190804210201

Image4_20190804210201

◇2019/8/3:●F 3-6 H(札幌)

 首位攻防といってもまだ先は長いし、ホークスとの一騎打ちというわけでもないので、3連敗さえしなければいいのだけれど、昨日負けているので、今日はなんとかしておきたいところ。しかしながら、初回、金子が4失点。めった打ちというわけではないのだけれど、あれよあれよの4失点は痛かった。

Image5_20190804210201

Image6_20190804210201

 ライオンズ戦で盛大だったのに、イーグルス戦からすっかり湿ってしまった打線は、今日もミランダ相手に沈黙。見せ場もなく淡々と進む。

 仕方がないので、オープンテラスのうまいっしょグランプリをひやかす。試合中はさすがに空いている。日差しは強いけれど、風が抜けてけっこう涼しい。ビアが飲めないのが残念。

Image8_20190804210201

Image7_20190804210201

Image9_20190804210201

 首位攻防の夏休みの土曜日にしては空席の目立つ札幌ドーム、8回で帰ってしまったお客さんも多かったけれど、9回、谷口くん2ランが見られたのがせめてもの救い。あっさり連敗で3.5ゲーム差。

 心配された駐車場の退場渋滞はなく、明るいうちに栗山へ。さっそく今日もくりとくらへ。kecoさんは、昨年の秋以来だ。ビアと桃のお酒で乾杯して、今日も料理長不在ということで、かんたんなおつまみメニュー中心にいただく。いつものお兄さんの他に、今日は村田透ファンのお姉さんも加わって野球談義。横尾くんは高校の後輩だから応援している問題、横尾くんは大学の後輩だから応援している問題、ヤングが見たくて鎌ヶ谷に行ったのに村田透だ問題、おすすめの本を語るプレゼンで選手名鑑について熱く語ったぞ問題、昔の選手名鑑は、奥さんの名前が書いてあったりして楽しかったぞ問題、花束贈呈の相手は吉田輝星くんかもしれないぞ問題、無理をいって日曜日に美容院を予約した問題など楽しく語って、タクシーで帰宅して就寝。だいぶ朝晩は涼しくなってきたね。

Image10_20190804210201

Image11_20190804210201

 

2019/8/2:美瑛&富良野へ♪(&初セルフ給油)〜栗山暮らし体験第4日〜

◆栗山→旭川→美瑛→富良野→札幌→栗山:はれ:6439歩:富良野の最高気温=34.6度

 7時起床。野菜ジュース、ヨーグルト、パン、コーヒー。

 生ゴミを捨てて、8時すぎに出発。234号から岩見沢で道央道に入り、旭川へ。特急カムイで到着した母とOさんをピックアップ。本日は、美瑛~富良野を案内することに。

Image1_20190804205501

 すっかり道央の人気ルートになった237号を南下して、おなじみの四季彩の丘へ。アジアからの方々であいかわらず盛大。

Image2_20190804205501

Image3_20190804205501

Image4_20190804205501

 さらに青い池へ。ここは母も初めて。小生も10年ぶりくらいなので、最近さらに有名になって、どうなってるのかと思ったら、アクセス道路から、駐車場、遊歩道と盛大に整備されていてびっくり。幸い、明るいブルーは健在で、母も喜んだようで何より。

Image5_20190804205501

Image6_20190804205501

Image7_20190804205501

 さらに南下して、ようやくファーム富田さんへ。ピークは過ぎている大渋滞はなく無事に入場。コロッケカレーとラベンダーティーをいただいてから園内を散策。よく晴れて、十勝の山々もきれいにみえるけれど、その分、かなりの暑さで、今日の最高気温は35度近かったとのこと。そんな暑さの中、ちょうど一部のラベンダーは刈り取りの時期。オイル作りも行われているので、いい香りが漂う。

Image9_20190804205601

Image8_20190804205501 

Image13_20190804205601

Img_9965

Image12_20190804205601

Image11_20190804205601

 帰りは、38号線経由で、237号とは対照的に、芦別、赤平と寂しい町を通って、滝川から道央道へ。時間があれば、アルテピアッツア美唄にもご案内する予定だったのだけれど、だいぶ時間が押してきたので、砂川のハイウェイオアシスで、夕張メロンと富良野メロンをいただき札幌へ。

 一昨日とおなじく札駅北口の地下駐車場へ停めて、明日の帰りの快速エアポートUシートのチケット購入を手伝い、駅ナカの北○さんでお食事。ノンアルコールビア。イワシ、つぶ貝、ヒラメのお刺身、じゃがバターにザンギに焼き茄子。〆のおにぎりまで母もOさんもよく食べる。昨日は昼間は味の時計台、夜は高級なカニさんを堪能したとのことで、北の大地の味覚を満喫いただいたようで何よりだ。

Image15_20190804205601

 20時に解散して、栗山町へ。ところが、ここで、ガソリンが心細くなってきた。いかんせん、札幌北インターまでのあたりはセルフ店ばかりで、ついに人生初セルフ給油を余儀なくされる。できれば昼間、のんびりした状況でトライしたかったんだけどねぇ。。。

 案内表示にしたがって、お金を先に入れてから、給油口を開けて、恐る恐る差し込んで、レバーを引くと、おーっと。。。何やら始まった。。。軽自動車なので、27リッターくらいでストップ。恐る恐る戻して、蓋を閉めて、終了。ふぅ。。。。。。というわけで、以前からT氏夫妻他多くみなさんから酷評されていましたが、なんとか無事に給油は終わりました。

Image17_20190804205601

Image16_20190804205601

 道央道経由で21時半すぎには栗山町へ到着。

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録