2017/10/01

2017/10/1:ANA無料航空券で行く凱旋門賞観戦弾丸トラベラー(2)凱旋門賞小勝!

◆パリ→シャンティ→パリ:くもり時々小雨

 4時頃に目が覚めるのは日本時間11時だからまぁ仕方ない。すぐ帰国することを考えると、起きてしまった方がいいともいえるのだけれど、結局二度寝して7時すぎに起床。
 今回は、部屋をバスタブ付きのダブルにした代わりに朝食なしプラン。豚汁とカステラとグレープフルーツジュースの朝食を済ませて、凱旋門賞の投票。◎クロスオブスターズ、○ユリシーズ、▲エネイブル。サトノダイヤモンドの応援馬券は、もちろんオッズの高い現地で買う。スプリンターズSの発走も迫っていたが、見送り。
 10時前に出発。今のところ雨は降っていないが、どんより曇って、ひんやりとした日曜のパリの朝。良馬場は望めそうもない。北駅から臨時列車が多数でているのは昨年と同じで、30分あまりでシャンティ駅到着。2400mのスタート地点を通って入場。一般席30ユーロだからいいお値段だよね。プログラムは5ユーロ。

Img_7802

Img_7804

Img_7805

Img_7806

 1レースまではまだだいぶ時間があるので、ロゼワインなどいただきながら場内散策。ハレの日の雰囲気があって、なんともいい感じだよね。おしゃれな人もいるけど、まぁ普通の人ももちろんいる。日本人も今年も多数。ホントたくさんいますよ。まぁいいことだ。
 場内でようやくPARIS TURFを購入したけれど、グッズは昨年と変わり映えしないので見送り。昨年と同じハンバーガーで腹ごしらえ。サトノダイヤモンドの応援関連馬券を窓口で少々。◎○のワイドも購入。

Img_7808

Img_7810

Img_7811

Img_7812

Img_7814

 とまぁこのあたりで準備万端整ったのだけれど、いかんせんまだ凱旋門賞までは2時間以上ある。シャンティに着いた頃から傘のいらない程度の雨がパラパラと降っているし、気温も上がらず冬物のジャケットでも寒い。仕方がないので、赤ワインなどいただき、ようやく1レース。といっても、2歳牝馬のGIである。社台の勝負服もいて、ルメールが騎乗したけどシンガリ。
 昨年より入場者は多そうに感じられたけど、パドックはそんなに早くいかなくても好位置がとれた。そして、本馬場入場。日本とちがってお行儀よく全馬スタンド前できれいにUターン。これは、日本も徹底してほしいよねぇ。テンションもあらためて高まってきたところで、いよいよ、スタートだ!

Img_7816

Img_7819

Img_7826

Img_7828

Img_7829

Img_7830

 外枠のサイトダイヤモンドは無理して前に行って内を狙ったけど、他馬も譲らずやはり外目中団が精一杯。エネイブルがずいぶん前に行ったので、ひっかかったのでは?と期待したけれど、次々と競りかける他陣営のチームプレーもなんのその、直線抜け出して圧勝。トレブばりの強さでどうにもならない。◎クロスオブスターズがよく追い込んで2着、○ユリシーズが3着で、4着も△のオーダーオブセントジョージだからほぼ完璧な予想なんだけど、これじゃつかないよねぇ。。。エネイブルが飛んでくれてひと財産作る皮算用だったんだけどねぇ。。。
 結局JRAプールは回収率90%くらいだったんだけど、応援馬券のついでに現地で買った◎○のワイド4−5が19.5倍もついてくれたので、1万円くらいのプラスになった。やれやれ。サトノダイヤモンドは無念。まぁ、フォア賞で負けてる以上、今日の馬場じゃ無理だよね。きたさんブラックだったら、サトノでもクラウンだったらという思いもあるけれど、いずれにしても、日本のトップクラスが世界のトップクラスにいることは、ドバイや香港を見ても間違いないわけで、アウェーで最高レースを勝つには馬場適性と運が必要。楽しみはまた来年だね。
 小勝だけど、まずは気持ちよく撤収。オペララーメンでもいただきたいところだけど、日曜はお休み。繁華街へ出るのも面倒になったので、ハイネケンと肉うどんをいただき早めに就寝。いいレースだったよ。

Img_7832

Img_7834

| | コメント (0)

2017/09/17

2017/9/17:夏休みニューカレドニア旅行(5)天国にいちばん近い競馬場に参戦!

◆イル・デ・パン→ヌメア:はれ

 今日はイル・デ・パンからヌメアへ移動ということで少し早起き。荷物は部屋に置いてチェックアウトして集合ということだったのだけれど、いざ送迎バスに乗ろうとすると荷物が来ていない。今日から復帰したKAORIさんによると、葬式があって、スタッフが足りないとかで、すったもんだあって、少し遅れて出発。

Img_7668

Img_7669

 3日前と同じプロペラ機でヌメアに戻るのだけれど、我らがまさに搭乗しようというときに、一度積み込まれたkecoさんのスーツケースが保管庫から取り出されて退場していく。重量オーバーか何かだろうか?あまりにもあんまりだけれど、どうすることもできない。幸い、午後の便があるはずなので、それで届けばなんとかなるか?とあきらめているとヌメアの空港に無事に到着していた。よくわからない。
 空港にはSPTさんのお迎えがあって、4日前の夜と同じメリディアンさんへ。さすがにまだチェックインできないので、タクシーを呼んでダウンタウンへ出て、ブラタモリごっこというか、世界ふれあい街歩きごっこ。kecoさんのおめあての朝市は明日が月曜日でお休みなので、今日しか行かれない。もう11時すぎで、だいぶ終わりかけていたけれど、なんとか雰囲気はつかむことができた。

Img_7670

Img_7672

Img_7673

Img_7674

Img_7676

 ダウンタウンのお店は日曜日でお休みということで、ココティエ広場のタクシー乗り場へ戻ると、またTさん一行と遭遇。自由行動中でもよく会うものだ。ヒルトンホテル併設のプロムナードショッピングセンターへ出て、回転寿司たぬきさんに参戦。まぐろやサーモン、エビなどが盛大に回っていて明朗会計なので安心である。日本人経営のAQUAでおみやげ購入。ここでもTさん一行に遭遇。お互いもう驚かない。

Img_7678

Img_7680

Img_7681

Img_7679

 このあたりアンスヴァタの中心なのだけれど、ガイドブックの地図には、競馬場が描かれている。何も記述はないので諦めていたのだけれど、ダウンタウンで見た広告によれば、どうも今日は競馬が開催されている気配がある。せっかくなので、kecoさんの許可を得て様子を伺ってみると、けっこう賑わっている。入場料500XPF、プログラム500XPF。
 ちょうど6レースの1600m戦。パドックもスタンドも日本でいえば高知あたりの感じだろうか。1着賞金250,000XPFというのも地方競馬とそう変わらないけれど、コースはダートじゃなくて芝で、ラフみたいな感じでボサボサであるが、スタンド前スタートで1600m戦なのだから、競馬場のサイズはそれほど小さくない。
 6頭立てのレースは1番が断然人気だったけれど、1.3倍じゃ仕方がないので、2番の単を購入。しかしながら、1番の圧勝で終了。ゴール前は、けっこう歓声が上がって、天国にいちばん近いニューカレドニア競馬、なかなかいい感じである。

Img_7684

Img_7686

Img_7688

Img_7692

Img_7693

Img_7695

Img_7694

 ホテルへ戻って一休みして、今度は、CASINOへ参戦してみるが、18時まではスロットマシンのみということで、プリペイドカード方式で、あまりおもしろくなかった。

Img_7703

 夜は、水上レストランのLe Roofさんへ。ビーチ沿いの道を歩いて10分くらいだから近い。ついついTさん御一行を探してしまうが、ここにはいなかった。日本人もいるけれど、外人さんもけっこういる。ガイドブックに書かれいていたような高級感はなかったけれど、水上レストランということで、上から海の中を眺めたり、かもめがやってきたり、にぎやかで、味もまずまず。海沿いを歩いてホテルへ戻って直虎を見て就寝。日本は台風で大変なようだけれど、天国にいちばん近い島の日曜の夜はのんびりしたもの。

Img_7714

Img_7711

Img_7705

Img_7707

Img_7715

| | コメント (0)

2017/07/14

2017/7/14:勝つことは本当に大変なことです。

◆横浜・東京:はれ:11108歩

 懸案も不幸のメールもなく、ヒマな金曜日。うしという方から祝勝会のお誘い。まだお祝いの品が完成していないけれど、とりあえずということで上質な第1回祝勝会を開催することになり早々に退社。猛暑で冷房にやられて早くも夏風邪気味なので、熱いお鍋でもはふはふといただきたい気分。暑い時こそちゃんこ玉海力ではないかと提案したところ、だったら三軒茶屋のカレー鍋「伝心望」さんだろうということで、予約の電話をかけてみるが出ない。18時開店とのことなので、とりあえず参戦してみると、シャッターが下りたままで新聞が散乱している。ちょっと夜逃げの雰囲気である。結局18時になっても開店せず。食べログ3.29の評価で、特に閉店との情報もないので、夜逃げホヤホヤのようである。誠に遺憾。

Dsc_1664

Jpeg_20170714_180807_2139579473

 ここから転戦するとなると、東山の若狭さんしかないだろうということで、タクシーを飛ばして久々の参戦。ウォーターメロン号初優勝を祝い、シャンパンで乾杯してから、美味しいジュンサイ、美味しいキムチ、美味しいチヂミ、美味しいお鍋をいただきながら、高校生のとき鈴木淑子さんと握手した問題、ジュネーブシンボリが青葉賞でデビューしたりするのは楽しいぞ問題といったなつかしい話題から、フランケル問題、C1一組はやっかいだ問題、オーシャンブルー祭り問題といった昨今の諸問題まで討議しつつ、とにもかくにもよくぞここまでステップアップしてきたという結論をじっくりと反芻。本当にひとつ勝つっていうのは大変なことなんですよ。本当に。

Dsc_1668

Dsc_1670

Dsc_1672

| | コメント (0)

2017/07/10

2017/7/10:勝つことは大変なんだってわかってはいるけどさ・・・

◆横浜・東京:はれ:13644歩

 うしという方の快挙から2日、前走休み明け惜敗の小生の愛馬ホルニッセ号がtckに登場。さすがに今日は勝てるんじゃないかと思うけど、そうそう月曜日に有休をとるわけにもいかない。下級条件なので、17:25発走。勤務先からtckまでは1時間くらいかかるので、さすがになぁ・・・と思っていたが、電車なら1時間かかるけど、クルマならかなり近いことに気づく。口取りのためなら、タクシー奮発もありだろう、どうせ賞金も入ってくるし、ということで、会議終了とともに16時半前にひっそりと退社、オフィス前でタクシーをゲットして9号線から湾岸線を飛ばす。tckを知らない運転手は、まちがえてC2に入りそうになりひやっとするが、無事に到着。わずか15分!早い!

Dsc_1621
(間に合った!)

 まだナイター照明も点灯しない時間、日差しが強く暑いパドック。単勝が1.5倍から1.2倍、1.1倍となったかと思うと、いきなり3.7倍になって驚くが、最終的には1.5倍の断然の1番人気。休み明けの前走を叩いて、さすがに今日は負ける要素が見当たらないと思うよ。

Img_20170710_173856
(さすがに今日は勝つでしょ)

 長い間競馬をやっていて、勝つことが大変なんだっていうことは人一倍わかっているつもりだけど、さすがに今日は勝てそうなので、口取りに備えて1階ゴール前で観戦。
 出遅れ。バカ。でも、デビュー戦も出遅れて大外から突っ込んできたからね。このメムバーなら慌てなければ大丈夫。早く外へ出そうよ。バカ。内で包まれてる場合じゃないだろ、バカ、早く外に出せよ、バカ、なにやってんだよ、バカ、終了!

Dsc_1624
(笹川のバカヤロー)

 オーナーサイドで長い間競馬をやっていて、ひとつ勝つことがいかに大変なのか、人一倍わかっているつもりだけどさ、いくらなんでも、あまりにもあんまりなんじゃないか。笹川のバカヤロー。上質なオーナーは、騎手のせいなんかにしないんだろうけど、でもまぁ、政治家は秘書に罵声を浴びせるものだし、馬主は騎手に罵声を浴びせるものなんだよ。あの乗り方はないだろう。。。
 サラ3歳130万以下で4着とかやってるようでは、まったく展望が開けてこないけれど、今週末は、次の世代、キングオブポップ号の能力試験。走らなかったら次の馬だね。月が丸いね。寝よ寝よ。

Dsc_1626
(まずいビア)


| | コメント (0)

2017/06/26

2017/6/26:勝つことは大変なんだ。

◆横浜・東京:くもり一時あめ:12341歩

 6時半起床。本日はお休み。BSでアメリカのゴルフ中継など見ながら、野菜生活とヨーグルトと納豆ご飯と卵をいただく。プレーオフでスピースがバンカーからチップインで優勝して目が覚めた。理想的な隠居の朝だね。
 9時前に態勢を整えて、郵便局でディアナのボランティア保険の振込、桜木町の市民活動支援課へ転戦して、ディアナの2016年度活動報告の提出。これでやるべきことは終わったので、11時には帰宅して昼ビア。昼寝。
 14時すぎに起きだして、京急でtckへ参戦。すでにうしという方がお席を確保しているという。本日は、4レースで偉大なホースマンであるところのK原氏の新馬がデビュー、さらに6レースで小生の愛馬ホルニッセ号が待望の2戦目、いずれも断然の1番人気。うしという方は高みの見物である。

Dsc_1549

Dsc_1550

 4レースの新馬。K原氏の愛馬カラフルロマンス号は、タイキシャトル産駒の牝馬で緒戦向きの好仕上がり。サマーセールでお安く買った馬が順調にここまで来た。開業したばかりの高野師ともども応援してあげたいし、ほぼ勝てるのではないか。とはいえ、他人の馬の応援は気楽である。月曜日の夕方からまだ明るいtck。理想的な隠居の生活だ。

Dsc_1551

 レースはすんなり先行して楽勝かと思われたがまさかの一杯。終了。レース後の話だと、鼻出血だという。あまりにもあんまりだが、これが競馬。ひとつ勝つのは本当に大変なんだよ。K原氏は慣れているとは思うけれど、共有のメムバーは相当ショックを受けていることだろう。
 次は小生。6レース。3歳65万下。最下級条件で、デビュー戦2着のホルニッセ号、このあたりで負けているようでは話にならないのだが、いかんせん5ヶ月ぶりでもマイナス1キロ。ダイナシュートの血を受け継ぐ古き良き社台血統だが、あまりダート向きとはいえず、能力試験もデビュー戦も大出遅れなので全幅の信頼はおけない。

20170626_2

Dsc_1554

Dsc_1558

 レースは意外にも五分のスタートから2番手へ。これなら楽勝かと思われたが、先行した2番をとらえきれず2着。。。休み明けとはいえ、65万下で勝てないようではねぇ。。。この後順調な保障もないし。本当にひとつ勝つのは大変なんだよ。里見さんだって、サブちゃんだって、これを繰り返して、今があるんだ。ウォーターメロンでそのあたりのことはよく分かっているうしという方は、敗者には用はないということで早々に退場。。。

Dsc_1562

 せっかくなので琥珀エビスと唐揚げとフライドポテトをつまみに8Rから参戦。8、9、10と3レース連続で的中するも固い決着でほとんど儲からず。それでもまぁ、久しぶりのトゥインクルは楽しいね。早く1つ勝って、会社休まなくても業務終了後に観戦できる時間帯に出走するようになってもらわないとね。

Dsc_1564_2


| | コメント (0)

2017/06/17

2017/6/17:すいかまた無念

◆横浜・東京:はれ

 6時起床。8時半のみなとみらい線急行で出発。武蔵小杉で南武線に乗り換えて府中本町へ。ダービーも終わって消化試合の気配漂う東京競馬場だけど、梅雨の晴れ間、気温も上昇、森も芝も緑が美しい。
 ゴンドラでうしという方と合流。ウォーターメロン号7戦目。いつでも勝てそうな状況から惜敗続きで、未勝利戦の終了時期が気になりだす頃になってしまった。昨夏から盛大だった応援団も徐々に縮小して、とうとう今日は小生とT師のみ。しかも調教師は阪神へ、生産者はイギリスへ。それでも今日も1番人気。案外こういう時に勝てるんじゃないのかしらん。この勝負服をルメールが着る日が来るとは感慨深いよね。

Dsc_1481

Received_1542474792438448

Received_1542474689105125

 上質な男は、プーTは着ないだろう問題、上質な男は、セレクトセールでロケをすべきだ問題、みんながコンスタントに使うtckであえて万全の仕上げで勝ちにいくぞ問題など検討しているうちに、前座の阪神3Rで小生の愛馬バルコラベーロ号が大敗して、いよいよ東京3R。まずまずのスタートから4番手につけて直線に向いて、勝てるか?と思うのは一瞬で、エンジンがかからないまま、後ろから来た横山典に差されてあっさり終了。。。
 4戦連続3着。直線の短い中山で出遅れ、府中で好位につければ直線でヨレ、抜け出して楽勝かと思えばソラを使い、ルメールでもダメ。いよいよ残り時間が少なくなってきた。もはや福島ダート1150に賭けるしかないのだろうか。
 仕方がないので、20年ぶりくらいの競馬博物館で、矢野さんプロデュースの競馬と鉄道展を見に行くが、あまりにもしょぼい展示に衝撃を受け解散。

Dsc_1497

Dsc_1498


| | コメント (0)

2017/04/29

2017/4/29:ウォーターメロン号無念。。。

◆横浜・府中:はれ一時あめ:10495歩

 一応連休モードの初日。8時38分のFライナーで出発。武蔵小杉で南武線に乗り換えて、府中本町。久しぶりの東京競馬場。馬主席受付でリボンをいただき6階スタンドへ。本日は、ウォーターメロン号のデビュー5戦目。ようやく応援にかけつけることができた。すでにK氏、T師、美女A、美女Bと応援団が揃っているところへ、やがておぎさん夫妻も到着。午前中からボルテージは高まる。さらに、社台のS氏夫妻、H氏、川崎のK師なども参戦。
 パドック。トモが甘いなどという声もあるようだが、仕上がりには問題がなさそう。人気で勝つのが簡単ではないことは長年の経験で十分わかっているけれど、普通の仕上がりならこの相手ならまず負けないだろうというのが正直なところ。他人の馬といえば、他人の馬だけれど、赤、黒袖、黒鋸歯形の勝負服を目の前で見せられては、応援せざるを得ない。単勝1万円。

Img_7390

Img_7391

Img_7393

 スタートは普通だが、行き足は今ひとつで後方からの追走。大外枠でもあり、ロスはけっこう大きい。それでも、この相手なら内で包まれるくらいなら、大外を回してきた方がいいか?徐々に進出して、直線。さ、これからというところで、内にヨレて立て直したものの、ジリジリとしか伸びず。絶叫するはずの直線、声を出すに至らず。まさかの3着。終了。。。
 今日は、まず勝つだろうと思い、浮き沈みの激しい世界で、パンクせずに一歩一歩夢に近づいたうしという方のホースマンへの道について語ろうと、古きよき時代の写真や遠征記などなつかしい思い出をいろいろとひっくり返して準備しておいたのだけれど、あまりにもあんまりなことになってしまった。まぁ、よくあることといえば、よくあることなのだけれど、それでも今日は勝てると思ったけどねぇ・・・・・・・・・
 
Img_7395

 勝って瀬里奈のはずが、まさかの結末に、K氏は早々に退場。敗者への風は冷たい。そんななか、5Rには、うしという方のクラブでの所有馬が出走して、なんとデビュー勝ち。ディープ産駒ということで今後も期待できそうだし、本来ならおおいに祝うべきところなのだけれど、テンションは上がらず。
 オークラのレストランで反省会。シェフにお任せしたのは失敗だったのではないか問題、3時から5時間調教つけて府中にかけつける問題、ベンツほどメジャーではない問題、当時の1万円は大金だった問題など検討しておぎさん夫妻とはお別れ。

Img_7401

 せっかくなので、10,11Rと参戦して青葉賞で少し取り返して帰宅。ばんえいナイターをオッズパークで購入するも大敗。早々に就寝。

| | コメント (0)

2017/03/26

2017/3/26:ドバイ大勝のちぐったり

◆横浜・東京:あめ:6178歩

 ドバイ3競走は、0:30、1、05、1:45。少し昼寝もして、夕食も遅めにして、競馬予想TV見ながら22時すぎまでなんとか起きていたのだけれど、結局無理。0時頃就寝。
 6時起床。幸い、結果は遮断できたので、寝床の中でiPadminiを取り出して、JRAのサイトで映像を確認。
 ドバイターフ。内枠欧州有力馬の中では、エシェムが人気がないのでこれも加えてボックス。迷ったけれど、ヴィヴロスを抑えていたので馬連、3連複的中!いずれも万馬券とは驚いた。大勝利。それにしても、モレイラだけじゃなくて、大魔神もマジックマンだね。恐るべし。
 ドバイシーマクラシック。ハイランドリール、ポストポンドの2強ムードだけど上位6頭それほど差がないと見たのが正解。馬連、3連単的中でこちらも勝利。
 ドバイワールドカップ。アロゲートがなかなか映像に出てこなくて大丈夫かよ?と不安になったが、ひとまくりで快勝。強いねぇ。これは、生で見たかったねぇ。アロゲート頭固定で、2、3着馬もアメリカ馬中心で3連単をゲットして快勝。
 結局、3レースともしっかり的中して大勝利!やっぱり海外競馬は楽しいねぇ。日本プールの日本馬への集中はそれほどでもないんだけど、海外有力馬の情報が偏るので、実力差が少しなのに、売れ方は相当差がつくからボックスが狙い目だよね。エシェムなんかは典型例。夜間発売のみだったので、売れ行きはまぁそこそこだったようだけど、オッズがあまりヘンにならないようにこれからもそれなりに売れてくれるといいのだけれど。
 だいぶ儲かったので、調子に乗って高松宮記念をたくさん購入して10時45分のみなとみらい線で上京。実家近くの名店聚寳園さんで母、妹、姪っ子と会食。母と姪っ子2人の奈良珍道中の話など聞きながら、紹興酒をいただき、油淋鶏、麻婆豆腐、チャーハンなど。馬券で儲かったから盛大に頼んでしまうが、姪っ子は少食で張り合いがない。
 実家に寄って、食卓卓球。姪っ子に1−5とリードされて焦るが、本気を出して11−7で逆転勝ち。大名すごろくは負け。最後に4人でババ抜き。最後が1枚になる人は損で、2枚になる人は有利というのは前から気づいていたけど、2枚ずつ捨てるんだから、よく考えたら最初に配った時から偶数の人は有利だったんじゃないか。4人だったら、14、13、13、13だから、14の人が最初から有利だったのか!(取ってスタートの場合)ババ抜き歴40年余にして今さらの発見。。。
 帰り際、なんかちょっとフラフラするな、酔っ払って卓球やったからかなと思ったら、気持ち悪くなって、白金台の駅で吐いて、武蔵小杉の駅でまた吐いて、帰宅してもう吐くものないのに胃液も吐いて、ぐったり。どうも実家でつまみに出されたくるみのアレルギーじゃないかと思う。TOPSのチョコレートケーキくらいだったら平気だったけど、実家でつまみに出されてついついたくさん食べたんだよね。アレルギー食材を食べた後に運動するとさらに悪化することがあるらしい。アナフィラキシーって、意識低下とか血圧低下とか本当一歩手前っていう感じだったよ。恐ろしい。
 吐くもの吐いて布団にくるまっているうちになんとか復活したけれど、吐きながら帰宅する途中のどこかで姪っ子からもらったお気に入りのマフラーを失くしてしまったのは、申し訳ないし残念。吐くといえば、高松宮記念も大敗でドバイの儲けも吐き出す。。。やれやれ。

 

| | コメント (0)

2017/03/20

2017/3/20:ばんえい記念参戦!

◆帯広→横浜:はれ:8458歩:帯広の最高気温=9.6度

 5時15分起床。北の大地、特に道東の日の出は早い。朝風呂。北海道ホテルの朝食は、ヴァイキングではないけれど、中庭を見ながらの洋朝食は充実。パンも美味しい。エゾリスさんも健在。

Img_0237

 第6回入浴を済ませて10時45分チェックアウト。タクシーで競馬場へは5分。結局開門前に到着してしまった。

Dsc_1075

Dsc_1084

Dsc_1078

 ばんえい記念というと、めちゃくちゃ寒くて、巨大なストーブの前から動けないイメージが強いのだけれど、今日は快晴。東京の正月くらいの気温でしばれるような寒さではない。そして、今年は3階のプレミアムラウンジをあらかじめ予約しておいたので、暖かいフロアのカウンター席でゆっくり観戦できる。競馬ブック、お飲物、各種グッズをいただいて入場。Wi-Fi完備、共用だけれどAC電源もある。これはいいや。場内も1Rからまずまずにぎわっていて何よりだ。

Dsc_1087

Dsc_1088

 よく晴れて暖かいのはありがたいけれど、その分馬場は乾いて、水分0.8%の重馬場。前半のレースでもかなりゆっくり進む。これは、ばんえい記念はかなりの力勝負になりそう。近年、案外あっさりの決着が多かったので、馬は大変だろうけど、これは楽しみだ。ビアをいただきながら1レース的中。2レースは当たり損。カネサブラック*フクイズミのイズミクィーンが人気に応えて快勝。
 
Dsc_1098

 3レース的中。やっぱり重馬場だと迫力があっていいよね。あいかわらず最後の直線でけっこう入れう変わるしね。やっぱりばんえい楽しいよ。こんないいお席もあるんだし、年に1回といわず、もっと参戦しないとねぇ。
 4レースハズレ、5レース的中、6レース的中。7レース的中。もっとも固いレースが多くて、ボックスで買っては当たり損ばかりでちっとも儲からない。8レースはいきなり大荒れでハズレと思ったら、なんと三連単的中者なしで特払い!長い競馬歴でも、特払いは初だよ!!!

20170320

 さて、ばんえい記念。連覇のかかるフジダイビクトリーは1枠、一昨年の覇者のキタノタイショウは11歳で引退レース。満を持して7歳初挑戦のオレノココロに人気が集まっているようだけれど、馬券の軸なら2年連続2着のニュータカラコマではないかということで手広く買いつつも3を厚めに。水分は、とうとう0.6%!

Img_20170320_165109

Img_20170320_165030

Dsc_1111

 レースは、さすがにゆっくりと進んで第2障害。ニュータカラコマが越えて行ったか!と思ったけれど、障害を越えてからは、オレノココロが圧倒的な強さ。ニューヒーロー誕生。まだ7歳だからしばらく天下が続きそう。実力馬3頭の一進一退の2着争いは、引退レースのキタノタイショウ2着、最後に盛り返したニュータカラコマ3着、フジダイビクトリー4着。ばんえい記念に限ってはかろうじてプラス。まぁ、それはともかく力の入るいいレースだったねぇ。

Dsc_1120

Dsc_1121

Dsc_1122

 例年、ANA最終便接続のバスの時間がギリギリで上位がゴールしたらすぐに退場しないと間に合わないのだけれど、今年は空港行きバスが発走の8分後。これじゃ、ちょっと遅れたら間に合わないのでどうしようとかと思案していたのだけれど、無料のジャンボタクシーが出ることになって一安心。全馬のゴールを見届けても十分間に合うからありがたい。フクドリも無事にゴールに着いたところで、拍手を送ってからゆっくり撤収。18人乗りに5人しか乗ってなかったけど、来年も続けて欲しいね。また来るからね!

Dsc_1123

Dsc_1126


| | コメント (0)

2017/01/23

2017/1/23:ホルニッセ号デビュー~フジ葡萄酒店に参戦

◆横浜→東京→福岡:はれ:11929歩:福岡の最高気温=5.2度

 今日は愛馬ホルニッセ号のデビューということで、以前から休暇の予定だったのだけれど、先週末のぐったりの余波で朝だけ出社。無事に収束した気配なので、10時すぎに退社させていただき、モノレールでtckに参戦する。
 新馬の頭数がそろわず、3歳20万下。ホルニッセ号、気配は悪くないが、いかんせん小柄な牝馬。tckのダートで活躍するには、もう少し馬格が欲しい。

Dsc_0772


Dsc_0775


Dsc_0777

 いきなり大出遅れ。それでも行き足がついてからは、ぐんぐん伸びて、直線大外をぶんまわして2着。勝った馬は、能力試験の時計もかなり速かったので、今日のところはまぁ仕方ないか。ゲートの音に驚いたとのことで、気性面の課題も残りそうだけれど、カントリーウォーク号の引退もカウントダウンなので、後継として活躍して欲しいものである。

Dsc_0779

 そのままモノレールで羽田へ。今日は休暇だけれど、明日の出張に備えて西へ。ドーミーイン博多祇園さんにチェックインして、入浴して一休みしてから、タクシーで平尾へ向かう。かつての部下だったF嬢2号の旦那さんがシェフをしているフジ葡萄酒店に待望の初参戦である。こだわりの国産ワインの店ということで、まずは、山梨のスパークリング。なみなみとそそがれる。

Dsc_0780

Dsc_0781

Dsc_0782

 子育て中のF嬢2号が子供を連れてやってきてくれた。美味しいプレートをいただきながら、三者面談問題、車検切れ問題、熊本の軽トラック問題、仕入が高そうだ問題、ホークス戦の後に寄ろうと思ったけど疲れてしまう問題などなかなか難解な諸問題を検討。まぁ、いろいろ大変なこともありそうだけれど、福岡で美味しく楽しくやっていって欲しいものである。
 土鍋あじご飯も美味。ワイン充実でお値段も東京の感覚からすればリーズナブル。福岡へお越しの際はぜひ。


Dsc_0783


Dsc_0784


Dsc_0785


| | コメント (0)

より以前の記事一覧