2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2019/3/28:トップダウンが一番

◆横浜:くもりときどきはれ:8947歩

 なんか面倒くさい夢を見ているうちに、これは夢だ、起きればいいんだと気づいて起きたら3時半。眠れなくなって5時半起床。朝風呂。野菜ジュース、アジの野菜あんかけ、玉子、あさりの佃煮、つぼ漬け、納豆、玄米。

 午前中は、ディアナでお当番。新田間川沿いの桜は、満開までもう少し。今日は雲も多め。

Img_7008

 いつものようにFm yokohama 84.7で近藤さや香さんのLovely Dayを聞きながら事務処理。お昼からは、bayfm78の美里のLive Love Life!をタイムフリーで聴いて、13時にみっちゃんと交代。帰宅して、球辞苑に備えて昼寝。

 たまには、時事ネタ。

 ヤフーニュース、「小中学校へのスマホ持ち込み解禁 大阪府がガイドライン」。全面禁止よりはマシだけど、そもそも、学校が決めることじゃないんだ。親が決めればいいんだよ。その家の教育方針で。それでおしまい。そんなことも自分で決められない人は親になっちゃいけないんだよ。

 「スポーツ団体の長は10年まで」とか。どうでもいいんだよ。人材のいるところは、後進を育てて譲ればいいし、名士が手弁当でひとりでやるしかないようなところまで辞めさせるのはおかしい。ケースバイケースでしょ。ワンマンが居座るようなら、組織の自浄能力で辞めさせればいいんだ。たまに変なやつ出てくるけど仕方ないよ。犯罪が成立したら捕まえるだけのこと。

 高校野球の球数制限だってね。あの権藤さんも反対してたよ。いろんなチームがあって、いろんな選手がいて、監督の器っていうものがあるんだからさ。やばい監督だと思ったら、退学したっていいんだ。

 会社の社外取締役もいらないよね。関係ない人に決めてもらわないといけないなんて、経営じゃないよ。ゴーン氏の件だって、そもそも責任とれない無能な人たちでうだうだやってから、つぶれそうになったんでしょ。権限縮小して合議制に戻したら、暗黒の時代に戻るだけだよ。

 国の政治は、独裁がはずしたときのリスクがあまりにも大きいから、最悪を回避するために、面倒でコストかかって、微妙な結論になることが多くても民主主義を選ぶけど、それ以外は、トップダウンがいいんだよ。ルールに決めてもらったらみんな横並びでどんぐりの背比べになるだけだよ。中小企業なんて社長次第でしょ。ダメならすぐに淘汰されるしね。大企業になると、ステークホテルだーが多くて、簡単につぶせなくなら、社外取締役とか出てきちゃうんだろうけど。最低限のセーフティネットにとどめないとね。そういう意味では、大事なのは、大企業の部長とか、中央官庁の課長とかね。本当のトップではないけれど、現場ではそれなりの規模の長だからね。ここにヘンなのがくるとすぐには淘汰されないから、やっかいなんだよね。とにかく人事が大事だよ。

 明日開幕。球辞苑開幕スペシャル。内海や桑田の技術論もおもしろかったけど、やっぱり辻監督だね。手強いわ。トップが大事。

Img_7012

2019/3/21:イチロー引退。

◆横浜・東京:くもりのちはれ:8497歩:東京都心・桜開花宣言。最高気温=22.3度

 7時起床。ココログ障害3日目。スマホからも見られるようになったけど、まだまだ不安定。管理画面にも入れるけど、なんだかずいぶん変わちゃってるし。。。ようやく障害と認めて、アナウンスが載ったけど、DNS伝播次第復旧って・・・その他にも、細かい不具合あげたらキリがないよ。。。不慣れな画面から、恐る恐る2日分投稿。

 心配されたほど天気は崩れず、午後から暖かくなって、東京の桜も開花。今日は、ハマスタでファイターズ戦、鎌ヶ谷でもイースタン、ディアナではわのわカフェといろいろあるのだけれど、夜は、東京ドームでMLB。ところが、そういう日に限って、キングオブポップ号が、tck最終レースに登場ということで、午後からL-WINGに参戦。

Image1_1

Image2_1

Image3_1

 めずらしく少し儲けて、最終レースのパドック。恩師のA先生も登場。あいかわらず馬体は増えないけれど、状態はよさそう。初の1400mがどうかだけれど、御神本も好調だし、なんとかなるのではないか?口取りしたら、東京ドームの試合開始に間に合わないかもとか余計な心配をしていたのだけれど・・・

Image4_1

 出遅れ。終了。ここで大敗とは。。。やっぱり1400mも合ってないように見えるけどねぇ・・・外厩調整でたまにしか出走しないのに、これじゃ話にならないよ。。。

Image5_1

 先生への挨拶もソコソコにモノレールの駅まで走って、浜松町、秋葉原と乗り継いで水道橋へ。荷物検査もそれほど混んでなくて、2階席でkecoさんと合流。十分セレモニーに間に合ったけれど、前も横も通路で売り子さんやお客さんが滞留するし、手すりもじゃまでほとんど見えないお席。。。

Image7_1

Image8

Image9

Image10

Image11

◇2019/3/21:○M 5-4 A(東京)

 7年ぶりのMLB開幕シリーズ。生のイチローは見納めになるという気はしていたけれど、チケットを購入したときには、まさか引退試合になるとは思っていなかった。試合開始直前まで、3塁側のファンにサインをしていたし、試合開始前から雰囲気がちがうよね。

Image12

 昨日からマリナーズ打線が好調なので、2回に第1打席が回ってきた。しかし、三邪飛。むぅ。。。

 イチロー見納めの日が雄星のデビュー戦にもなったのだけれど、こちらは、立ち上がりからまずまずの投球。大谷やダルビッシュも最初は制球に苦しんでいたから、慣れた球場とはいえ、デビュー戦としては立派なもんだよね。

 4回第2打席。昨日のパターンならこれが最後の打席になってしまう。ネット上ではどうやら正式に引退が決まったらしいとの情報も。場内騒然とする中、二ゴロ。。。むぅ。。。

 幸い、交代はなくライトの守備へ。しかし、こうなると、いつ何が起こるかわからないから、うっかりおトイレも行かれないよね。

 5回裏、勝利投手まであと1アウトで雄星無念。まぁ、立派な内容で、こちらは、チャンスは今後いくらでもあるよね。

 7回表、第3打席。見逃し三振。。。正直、相手の投手がどう代わってもまったく打てそうな気配はないんだよね。。。ただ目に焼き付けるだけで十分と言い聞かせるんだけど、やっぱり3090本目が見たいよ・・・

 同点に追いつかれて、2死2塁で第4打席。まさか代打???と思ったけれど、さすがに出せないよね。。。ただただ祈るのだけれど、ボテボテのショートゴロで懸命に駆け抜けたけれど、無念。終了。1塁の審判もなんか辛そうにアウトのコールしているように見えたよ。。。

Image13

Image14

 延長の可能性もあるけれど・・・と思ったら、この回の守備で交代。盛大にスタンディングオベーション。今日のところは、ありがとう、お疲れさまとしか言えないよね。特別にイチローだけのファンというわけではないけれど、長嶋さんを知らない世代としては、子供の頃の王さんと、大人になってからのイチローは別格。野球ファンなら、誰でも思い出はたくさんあるだろうけれど、個人的には、球場に頻繁に通うになった90年代後半、東京ドームのオリックス戦で、とにかく徹底的に打ち込まれたよね。岩本とか今関とかね。5,6月頃が特に好調で、だいたい3割8分くらいの打率が電光板に表示されて、ファイターズ戦が終わるとそれが3割9分になるんだよね。。。そんな絶頂期、連続無三振記録が200くらいまで続いていたのを下柳が止めたときもうれしかったねぇ。。。

Image15

 そんなこんなで、5万人のお客さんがそれぞれのイチローについて、様々に振り返っていたと思うのだけれど、試合の方はというと、まだ同点なんだよね。もちろんメジャーだから延長は無制限。やっかいなことになってきたよ。隠居だから、徹底的につき合いたいところだけれど、明日はちょっと早いんだよ。。。

 9回表、アスレチックスのクローザー、トライネン登場。ファイターズとのオープン戦のときも、こいつはヤバイと思ったけれど、どうやらメジャーでも屈指のクローザーらしい。161キロのストレートに144キロのフォークだかスラッターだか。これは打てないよ。。。

Image16

 というわけで、粛々と延長線。イチローが退いた後も、お客さんは意外と残ってる。12回表、マリナーズ1死1,2のチャンスで、ショートゴロ、併殺で終了・・・と思ったら、悪送球で勝ち越し。裏も抑えてマリナーズ連勝。。。

Image17

Image18

 最後、イチローが出てきそうな予感はあったけれど、さすがに厳しくなってきたので、退場。もう中央線は各駅停車が東京駅へ入る時間。東海道線車内で、イチローの会見も始まってしまった模様。横浜着23時59分。日付変わって帰宅。

Img_6931

Img_6932

2019/3/19:吉田輝星くん鎌スタデビュー!

横浜・船橋:くもり時々はれ:10007歩

 0時に目が覚めて、うし日記更新前。2時に目が覚めてうし日記。4時に目が覚めて朝風呂。四度寝して7時起床。野菜ジュース、パイナップル、ヨーグルト、鮭、玉子、漬物、納豆、玄米、コーヒー。東証マーケットワイド、東証は反落スタート。

 9時半からおれんじ食堂の予約。ネットはすんなり繋がったけれど、仮予約のメールしか来ないので、不安になって電話。5回目くらいで繋がって、お席はとれてますとのこと。これで、本日のお仕事も無事に終わり。

 10時に家を出て、10時24分の横須賀線~総武快速グリーンで船橋。アーバン何とかラインで鎌ケ谷。本日は、イースタンのホーム開幕戦ということで、鎌スタに参戦。ホーム開幕戦なら、何かいいことあるのではないかと期待していたけれど、どうやら吉田輝星くんが投げるらしい。あいかわらず花粉は盛大だけれど、まずまず暖かい観戦日和で、お客さんの出足も早い。外野開放がないので、けっこう埋まっているけれど、今シーズンから新登場のテーブル付きシートを予約済みだ。

Image1

Image2 

Image3 

Image4

2019/3/19:●F 5-10 S(鎌ヶ谷)

 ファイターズ先発は、飛躍が期待される田中瑛斗くん。しかしながら、球威はあるものの、ボール先行で、四球連発。ラッキーなプレーにも助けられて(足も引っ張られたけど)の4回1失点は、正直ちょっとがっかり。ホームのマウンドなんだし、もっとストライク先行じゃないと。

 スワローズ先発は、なんと館山。そういえば、前も鎌ケ谷で見たような。初回、先頭の姫野くんに打たれたものの、すぐに牽制で差して、その後は、変幻自在の投球が健在。ストレートも140キロ以上出てるしね。

Image5

 ところが、4回、姫野の打球が足に直撃するとリズムが狂ったのか、白村くんもボテボテながら1,2塁間を抜いて続き、エビこと海老原選手が、右中間を破るタイムリー2塁打で逆転。いやぁ、よく打ったね。これは自信になるよね。

 5回から、いよいよ吉田輝星くんの登場。あいかわらず投げっぷりはよくて、144キロくらい出ているのだけれど、こちらもやや制球定まらず、四球多し。2イニング1失点。まぁ、今日のところはギリギリ合格点かな。

Image7

 鎌ケ谷というと、守乱がおなじみなのだけれど、今日の難波くんはあまりにもあんまり。記録上はエラー2つだと思うけれど、実質は4つ。トンネルあり、中継ミスあり、悪送球あり、お手玉あり。ショートがあれじゃ、野球にならないわ。3つめのエラーの後に打つ方でセーフティバントを決めて少し取り返したと思ったら、直後にまた2点タイムリーエラーだもんねぇ。。。守備で見ていて安心だったのは渡邊くんだけ。やっぱりちがうんだねぇ。まぁ、彼も一昨年くらいまでは、危なっかしかったけれど。

 だらだら長い試合で、さて帰ろうと思ったら、福田くんが登場。せっかくだから見届けようと思ったのだけれど、アンラッキーなヒットやら、守乱もあって、逆転されて、なおピンチ。左のワンポイントなら即戦力いけるかと思ったんだけど、さすがに厳しそうだね。

 ここで退場。まだバスがないので、けもの道を歩いて鎌ヶ谷駅へ。おなじみの立田くんが登場して、さらに火に油を注いだ模様。。。

 まぁ、ヤングはまだまだこれから。今日は、野村くんなんかも当てに行く感じであんまり元気なかったけど、最後に一本出たんだね。GWに再訪するので、また成長した姿が楽しみだ。

 で、ここまで書いたんだけど、本日は、ココログのリニューアル。お約束の大トラブル。13時までに終了のはずが、深夜になっても終わらず。あいかわらずひどい。しかも、何やら大トラブルの予感だよ。。。

2019/3/18:10時打ちからの佑ちゃん

◆横浜・東京:はれ:10562歩

 4時50分に目覚ましの叩き起こされる。ゴルフの疲れも抜けないままの野球観戦明け、さすがに眠い。一瞬、もういいや、二度寝してしまおうかと思うが、なんとか起き上がって、おにぎり1つ食べて、5時14分のみなとみらい線で横浜駅へ。
 1ヶ月後のサンライズを取るため、久しぶりにみどりの窓口の事前受付へ。1ヶ月後は平日だし、北斗星もカシオペアもなくなったので、ライバルがいるとしたら、同じサンライズの人だけだろうと思ったけど、さすがに誰もいない。1番は初めてだ。これなら、シングルデラックスいけるかな?

Image1_2

Image9

 オープンまで40分ほど待って、めでたく1番の受付を済ませて、いったん帰宅。眠い。寝る。
 8時半の目覚ましでは起きられず、9時すぎに起床。東京マーケットワイドで東証続伸を確認して、もうひとつの10時打ちに備える。本日は、GWのライオンズ戦、マリーンズ戦の発売日でもあるのだ。
 GWのマリーンズ戦といえば、毎年、ローソンチケットのミニストップシートを愛用していたのだけれど、なぜか発売日が他のチケットより遅くて、その日は10時待機できなそうなので、今回は断念して、他のシートを検討。いろんな企画シートがあるようなのだけれど、それぞれ各プレイガイドの専用だったりして、ビジターはなかなかややこしい。
 10時。まずは、ぴあでライオンズ戦のC指定席を確保。よりによって、このタイミングで水道の業者から電話がかかってきて、急いで切って、10時2分にセブンチケットとやらでマリーンズ戦のナントカシートをゲット。これで、今日の任務は無事に完了。
 10時42分の東海道線で上京。本日もプレシーズンゲームに参戦。表カードのイチローと読売は、日曜のデーゲーム、月曜のナイターだけれど、裏開催のアスレチックスとファイターズは、日曜がナイターで、月曜がデーゲーム。これじゃ、選手たち、ほとんど寝る時間ないよね。でも、選手は、たぶん東京ドームホテルだけど、その間に、横浜まで往復している小生の方がハードスケジュールか?

Image3_2

Image2_2

Image4_2

Image5_2

◇2019/3/18 △F 6-6 A(東京)

 さすがに今日の2階はガラガラ。ファイターズ先発は、佑ちゃん。最速138キロくらいだけれど、ていねいな投球で2回を1失点。本人も言っていたようにあいかわらず四球がいただけないけれど、今年はここまでなかなかがむばっている。例年、中途半端に結果を出して、先発の谷間に生き残られるのも悩ましかったのだけれど、今年は、もしかしたらオープナーかもしれない。先発で4回2/3自責3とかでは困るけれど、オープナーで2回自責1ならギリギリ合格かも。佑ちゃんからの3回井口、4,5回加藤っていうのは、本番でやっても面白そうな継投だ。

Image6_2

 今日は、王選手に待望のタイムリーが出るなど、点はけっこう入ったのだけれど、いかんせん両軍エラーが多かった。コンちゃんのサードはやっぱり無理じゃないの?送球があまりのも見苦しいよ。石井くんも打つ方はがむばったけど、なんでもないセカンドゴロ、自分でベースに入って、1塁悪送球で併殺とれず。これじゃ、宮西もやってられないよ。

Image8

 4点リードの8回途中で退場して、東京駅へ出て、久しぶりに但馬屋さんで野菜を補給していたら、9回に石川くんが被弾。デービス満塁ホームラン。そりゃ、石川くんくらいのストレートじゃあ、と思ったら、初球のカーブを狙われたらしい。別に今日の勝ち負けはどうでもいいけれど、今年も勝ちパターンの継投でドキドキすることになりそうだ。

Image11

 17時前に横浜駅へ戻って、みどりの窓口へ。1番は「○」。無事にシングルデラックスをゲットして、本日の10時打ちはすべて成功。やれやれ。帰宅して、入浴してほっと一息と思ったら、18時に時間指定した宅急便が届いて、慌ただしく出る。まったく、隠居なのに朝から忙しすぎるよ。
 明日もまた大事な争奪戦があるので、エリアフリー&タイムフリーで建山さんのラジオ、FMプラプラのfmさくだいらで谷村さんのラジオを聴いて、STOCKVOICEで「今日の株式明日の株式」を見て早々に就寝。

Image12

2019/3/17:MLBプレシーズンゲームに参戦

◆横浜・東京:はれ:11078歩

 さすがに23時から5時までは熟睡。足腰に疲れは感じるけれど、まぁ優勝ということで心地よい疲れ。6時起床。野菜ジュース、オレンジジュース、ヨーグルト、パイナップル、雑炊、わらび餅、コーヒー。
 競馬予想tvを見てから出発して、ディアナでお当番。今日もけっこうお客様が来てくれた。
 17時に閉店して、横浜駅まで歩いて、東海道線で上京。久しぶりの東京ドームへ。MLB開幕戦の前座試合。イチローのいるマリナーズの相手はもちろん読売なのだけれど、相方のアスレチックスにも相手が必要ということで、なぜかファイターズさんにお声がかかったようだ。木曜日には、またイチローを見に来るけれど、ファイターズのオープン戦も今シーズンはまだ見てないし、1800円でメジャーの選手が見られるのだからなかなかおトクである。荷物検査の列が長かったけれど、なんとか入場すれば、さすがに2階が埋まることはなくて、kecoさんとも合流してゆったりと観戦。

Image1

Image2

Image3

Image4

Image5

◇2019/3/17:●F 1-5 A(東京)

 マッシー村上さんの始球式からのプレイボール。ファイターズ先発の有原は、ボール先行でテンポの悪い投球。球審がMLBなので、ストライクゾーンの違いもあるのだろうけど、冴えない内容で失点を重ねる。対するアスレチックスは2日後の公式戦を見据えてのブルペンデー。メジャーの中継ぎが1イニングずつ投げてくれば、なかなか攻略は大変だ。
 ファイターズ2番手は、オリからやってきた金子。これが、本領発揮の芸術的な投球。長距離砲が並ぶ山賊級の打線を相手に、最初こそややストライクゾーンに苦しんでいたように見えたけれど、すぐに修正して、コーナーをついて三振の山。4回9奪三振。見逃し三振も多くて、本当にすばらしかった。本人のメジャー志向にもまた火がつきそうだけれど、今年優勝させてくれたら、気持ちよく送り出してあげたいね。
 アスレチックスの攻撃中は、鳴り物もないから、静かに野球を楽しめたし、本場ならではの打球の速さ、肩の強さなどは随所に堪能。審判も調整のためなのか、イニングごとに1塁についたり、3塁に行ったり、勝手に位置を変わってるのもおかしかった。
 そんな感じでお手軽に楽しめたのだけれど、いかんせん日曜の夜も遅くなってきたので、淺間くんのタイムリーで1点返したところで撤収。なんとか23時すぎに帰宅。

Image6

Image7

2019/2/9-11:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(5)紅白戦で大団円

◆スコッツデール→フェニックス→ロサンゼルス→東京→横浜:くもりのち時々ゆき

 最終日の朝。冴えない夢で3時に目が覚めて、その後はあまり眠れず、体調も今いち。朝食会場からオレンジジュースだけいただいてきて、あとは、ツアールームのお味噌汁と昨日の日帰りツアー中にもらったおにぎりとたくわんとお茶。

Image2

Image1

 最終日も出発は、9:40、10:10、10:40、11:10とバスを選べる。11時のチェックアウトまで部屋でのんびりさせていただき、11:10の最終バスで重役出勤。到着すると、すでに選手はランチに消え、緊急参戦した大谷くんも去っていったようで、あまりにもあんまりだ。そして、今日も寒い。太陽も隠れてしまった。
 本日は、紅白戦。昨年は、隣のメインスタジアムで開催されたというので楽しみにしていたら、ダイヤモンドバックスのファン感謝デーみたいのが行われているとのことで使えず、おなじみのフィールド内での開催。ネット越しで見づらいし、今日は3ツアーが集まっているので、席も少ないのでちょっと残念だ。
 紅白戦は、野手は別メニューの翔さん以外は、ほとんど出場。謎の外国人モーマンも9番DHで参戦。この時期は投手陣の仕上がりが早いこともあって、試合は、0ー0で5回打ち切りだったけれど、王選手と清宮くんがヒット。特に王選手は、やってくれそうだね。楽しみだ。

Image3
(アップを済ませたら、最終日は紅白戦)

Image5
(白組先発の西村投手)

Image4
(1番西川)

Image6
(2番大田)

Image7
(3番王!)

Image9
(謎の外国人モーマン)

 投手陣では、上原が好投。こちらも今年はブレイクの予感がするよ。今日は、宮台くんに堀くんもがむばっていて、左腕が揃ってきたのは楽しみだ。

Image8
(紅組先発は期待の上原)

Image10
(堀くんも好投)

 今日は紅白戦くらいでだいたい終了なので、あまり見るところがない。その分、即席サイン会なども行われて、ツアーの方々は喜んでいたけれど、小生はマジックも持ってきてないので、話にならない。体が冷え切ってきた。

Image11

 16時前にスタジアムを後にして、最後のお食事は、近くのサラダバーのお店で。アメリカンな食事が続いたので、ヘルシーなサラダがありがたく美味しくいただく。東京時代からファンの都内在住の方と同席したので、パ・リーグ談義に花が咲く。

Image12

 早めにフェニックス空港へ向かい、UA655便でロサンゼルスへ。添乗員さんの案内で空港内を延々歩くと、荷物再検査なしで、国際線ターミナルへ出られる。途中、こずゑさんともいろいろとお話できてよかった。
 昨年の大谷くん応援の帰りもロスからだったので、寿司屋や本屋に見覚えがあって、あのときは迷ったラウンジにもすんなり到着。オードブルとうどんとスパークリングワインとビアをいただいて、NH105便は日付が変わって00時05分の出発。向かい風の帰りは12時間、時差17時間だからさらに日付が変わって3日目、月曜日の早朝に羽田到着。なんと雪!
 待望のアメリカキャンプ参戦、来年はもうないかもしれないから貴重な体験。いつも思うことだけれど、アメリカの田舎はいいよね。サボテンの花咲く砂と岩の西部の広大なフィールドで、メジャーリーグのキャンプ地のスケールの大きさを感じられたし、一方では、老若男女様々な熱いファイターズファンの方々と接することもできたし、そして、何よりこのツアーでは、こずゑさんの人柄のすばらしさに触れることができて、ファンになっちゃうよね。今日からは、エリアフリーで「ファイターズDEナイト」をちゃんと聴いて、開幕に向けてテンションを高めて行きたいね!

Image13

 帰宅して、さっそくラジコプレミアムに加入して、21時からファイターズDEナイト。わーい、こずゑさんにメール読まれた♪ラジオで読まれたのは、斉藤さんのラジオ以来だから33年ぶりくらいかしらん♪

2019/2/8:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(4)セドナ&ウインタース氏登場!

◆スコッツデール→セドナ→スコッツデール:はれ:6694歩

 

 途中目は覚めたけれど、3日目にしてまずまずよく眠れた。6時半起床。朝食は変わり映えしないので、ツアールームに提供されるお味噌汁だけいただいて、8時出発。

 

Image1

 

 本日は、キャンプ休日ということで、セドナへの日帰りツアー。バスで2時間ほど走って、まずはベルロックに到着。たしかにベルの形だ。

 

Image3

 

Image2

 

 セドナっていうのはよく知らなかったんだけれど、パワースポットということで、最近では、グランドキャニオンよりこちらの方が人気らしい。スピリチュアルとかそういうのはよくわからないけれど、とにかく圧巻の眺め。今日も快晴ですばらしい。トロリーバスに乗り換えて、カテドラルロックの教会へ。

 

Image8

 

Image4

 

Image5

 

Image7

 

 街へ戻って、ランチ。リピーターの方の近くに座ったので、昨年までの状況や、他社ツアーとの比較その他、いろいろ教わっていたら、我ら一行の隣に座った、外人さんのおじいさんが話しかけてきた。
「あなた方はファイターズのツアーか?」
「イエス。」
「私は、ファイターズのOBで、ウインタースといいます。ファイターズのスカウトをしてます。」
「!!!」
 なんとウインタース氏!!!テンションが上がったのは、小生ともう1人くらいで、みなさん今イチ静かだったのだけれど、これは感激。ずいぶんおじいちゃんになってたけど、まだ58歳なんだよねぇ。

 

Image9

 

Image10

 

 おみやげを購入してから、午後はエアポートロック。ここからは、セドナ全体を一望できる。

 

Image11

 

Image13

 

Image12

 

 最後にスーパーマーケットへ。チェーンのスーパーに寄るくらいなら、街中のおみやげ屋さんでもう少しゆっくりしたかったなぁと思ったけど、みなさんはそうではないようで、スタッフの方も含めて盛大にお買い上げ。まぁ、隠居じゃないと、浮世の義理でバラマキみやげも必要だものね。

 

Image14

 

Image15

 

 早いもので今日が最後の夜。ホテル近くの夕食会場には、某選手の姿も。今日は、今まであまりお話できなかった年配の女性陣の近くに座って、いろいろお話を伺う。いや、みなさんホント熱いですよね。ハワイから参加の方もいらっしゃったし、北の大地から横浜へ遠征して来たら交流戦が雨で中止になって、急遽ナゴヤドームまで遠征を延長した方とか、小生も参加した栗山町のパレードに札幌から参戦して、ホワイトアウトの中を帰宅されたとか、ファイターズDEナイトから逆算して、家事と夕食を済ませて21時からは、ダンナさんにはテレビでも見させておいて、ラジオに集中される方とか、芸風は様々なれど、ファイターズ愛が伝わってきますね。

 

Image16

 

 最後は、お楽しみ抽選会。事前にトランプを引いて、それが抽選券になるスタイル。ハートのエースだったから一瞬おっ!と思ったけど、別にエースだから当たるわけじゃないか。。。
 と思ったら、なんとビッグホリデーさん提供の開幕戦ペアチケットが当選!!!すばらしい♪

 

Image17

 

Image18

 

 

 

2019/2/7:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(3)キャンプ見学2日目&ファンミーティング♪

◆スコッツデール:はれ:10925歩

 やはり2時頃目が覚めて、明け方うとうとした頃に目覚ましがなる。この時間が一番眠い。隣を見ながらパンケーキ焼き機は無事に成功したけれど、お腹がもたれ気味であまり食欲もない。

Image1
(ひっくり返して待つこと2分半で)

Image2
(できあがり!)

 本日は、オプショナルツアーの方は、午前中。ダイヤモンドバックスのスタジアムなどを見学に行ったようだけれど、小生はパス。なんと霜が降りたとのことで、今日も練習開始は10時から。小生は遅めのシャトルバスでゆっくりと球場入り。どうもしんがりのようだ。

Image3
(今日も寒いけど真っ青な空)

 ちょうど投内連係中なので、じっくり観戦。宮台くんも元気。昨日は、別メニューで心配された有原も復帰。どうも胃腸炎とのことで、なんか似合わないよね。

Image6
(楽しい投内連係)

Image4
(宮台くん)

Image5
(有原投手も胃腸炎から復帰)

 朝は寒かったけれど、ランチをいただく頃には、だいぶ暖かくなってきた。午後は、今日もグラウンド3面をたっぷり使っての工程。近ちゃん、剛くん、杉谷、横尾くん、清宮くんの5人チーム。いきなりグーパーで班分け。杉谷が元気なのは分かっていたけれど、近ちゃんがけっこう清宮くんをいじったりして、にぎやかだ。

Image7
(オイ、キヨミヤ!)

Image8
(ハイ!)

Image9
(5人だからグーパーね)

Image10
(グーパージャス!)

Image11
(アー!)

Image13
(爽やか剛くん)

 午後は、選手との記念撮影タイムが用意されていて、早めに終わった投手陣から、井口投手と杉浦投手が登場して全員スリーショットを撮ってくれる。そういえば、今日はダルビッシュが登場したらしいけれど、一般エリアには来なかったのか、わからなかったね。
 帰り際に鳥かごの中で鋭いバッティングをしている左バッターがいて、誰だっけ?と思ったら、上原投手だった。かなり気合入ってたね。バッティング好きそうだよねぇ。
 午後最初のシャトルバスでスタジアムを後にして、近くのショッピングセンターに行ってみるけれど、いわゆるショッピングセンターなので、おみやげらしいものは特になく次のシャトルバスで撤収。実は、まだ1ドルも使ってないよ。昨日はお部屋の掃除も来なかったし。

Image16
(スーパーマーケットへ)

 16時半再集合で、早めの夕食。いかんせんお腹が空かないけれど、エビのパスタは、なかなか美味しかった。店を出るときに、あれっ?と思ったら、金子さん他コーチ陣も会食中の様子。監督・コーチと選手は別々に泊まってるのね。

Image17
(夜はエビのパスタ)

 さらにバスで近くのホテルに移動して、お楽しみのファンミーティング。休前日でこずゑさんツアーと白井さんツアーとガンちゃんツアーが重なるタイミングということで、3ツアー合同での開催。女性に人気のあの選手と、意外な一面がおもしろいあの選手の楽しい話をこずゑさんと白井さんとガンちゃんがそれぞれの切り口で引き出してくれて、とてもおもしろかった。詳細は放送でのお楽しみということなので、HBCのファイターズDEナイトや、STVラジオ、HTBはFFFFFをお楽しみに。

Image18
(ファンミーティングも無事に終了!)

2019/2/6:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(2)いよいよキャンプ見学!

◆スコッツデール:はれ

 あれだけ眠かったのに、2時前に目が覚める。やっぱりそうなっちゃうんだよね。熟睡した昼寝の後みたいになってもう眠れず。ようやく明け方になってウトウト。6時半に目覚ましがなったけど、延長して7時15分起床。朝食は案内されていたとおりに寂しい感じ。アーリントンのホテルがこんな感じだったかな。あの時と同じパンケーキ焼き機みたいのがあったけれど手強そうなので断念。

Image1_2

Image2_2

 初日は全員集合で、9時40分に出発。昨晩雨が降ったようで、今日の練習は選手も10時から。ちょうどアップが始まったところだ。

Image3_2

Image4_2

 よく晴れてアメリカの西部らしい乾いた青空。絶好のキャンプ日和といいたいところだけれど、いかんせん寒い。予想最高気温は事前に調べたウェザーニューズの週間予報が当たってしまって、13度。風も冷たい。セーターにジャンパーでその上にユニ。マフラーを着用しつつ、日焼け止め、リップクリーム、サングラスという妙な布陣だ。
 なんかとてつもなく広大なところを想像していたけれど、思ったよりは、コンパクトにまとまっているので観戦はしやすいし、そうはいっても、グランド4面を使っての工程だから、名護のように待ちがないし、打撃練習の横で守備や走塁やることもほぼないから危険も少ない。やっぱりキャンプはこうありたいよね。名護もきれいにはなるんだろうけど、グランドが増えないんだったら同じことだよね。

Image6_2

Image15_2

 残念ながらブルペンが見られないので、野手の工程練習中心の見学。午前中は、ケース打撃みたいのがないようなので、守備練習に注目。淺間くん、大田選手、近ちゃんのサードノック。終わったあと、緒方コーチがつきっきりで近ちゃんに送球の指導。サードなんだから焦らずに、2、3ステップしてゆっくり投げろとのこと。緒方コーチというと、壊れた信号機のイメージが強かったけれど、やることはやってたんだね。その後は、横尾くんも鍛えられてたけれど、サードなら安定感あるよ。がんばってよ。剛くんも元気、杉谷から「ゴーンさん!」って呼ばれてたよ。。。

Image7_2

Image8_2

Image9_2

Image18_2

 バッティングでは、王選手がいい感じ。彼が3割打てて5番に定着できれば攻撃はかなり強力になるよねぇ。

Image10_2

Image11

Image12_2

Image13_2

Image14_2

Image16_2

Image17_2

 当初予定の選手撮影会が明日に延期になって、ランチも例によって多少バタバタした結果、13時頃から寒いのでバスの中でいただく。

Image19_2

 食後はみなさんまた見学に戻っていたけれど、寒いし先も長いので、小生は早々にバスでホテルへ。まだ掃除が終わっていなかったけれど、熱いお風呂で温まって、コーヒーを飲んで昼寝。結局眠れないんだけどね。
 夕食は、ホテルから徒歩圏のハンバーガーショップで。いきなりオニオンリングが盛大に登場して度肝を抜かれる。2日目の夜ということで、少しずつ打ち解けてきて、応援している選手の話、新球場の話、映画の話、2006年や2016年の栄光の思い出、8点差をひっくり返された昨年の4・18事件などなどで盛り上がる。

Img_6018

Img_6019

Img_6021

2019/2/5:ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナ☆フェニックスキャンプ応援ツアー(1)アリゾナへ!

◆横浜→成田→サンフランシスコ→フェニックス→スコッツデール:くもり時々はれ

Image4

 例によって1時に目が覚めて、その後、ネットをいろいろチェックして眠れなくなる。ちょうどアメリカは朝だからそのまま起きてしまえば事前に時差の調整完了という気がしないでもないけれど、明け方二度寝して8時起床。野菜ジュース、いちご、ブルーベリー、ヨーグルト、ハムエッグ、フレンチトースト、コーヒー。
 ホルニッセ号、引退レース大敗を確認して出発。横浜発12時11分の横須賀線で成田空港へ。いよいよ「ANAプレゼンツHBCラジオ斉藤こずゑと行く北海道日本ハムファイターズアリゾナフェニックスキャンプ応援ツアー7日間」のスタートだ。

Image1

 久しぶりの団体ツアーだけれど、団体カウンター集合とかではなくて、事前にeチケットをいただいて、ANAサイトで事前座席指定、オンラインチェックイン、当日も各自出国で搭乗ゲートへ集合。しかも本体は札幌出発で、小生は途中参加。
 だいぶ早いので、ANAラウンジでゆっくりしようと思うと、ほとんどの席に電源がない。今どき電源のないラウンジなんて聞いたことがないよ。搭乗ゲートの待合室だって、電源くらいあるもんね。しかも本拠地の成田だよ。考えられない。旅立ちの気分が高まってこないよ。

Image2

 仕方がないので、早めに41番搭乗口へ。こずゑさんや添乗員の方々も札幌から来るようで、姿がみえない。搭乗券はあるから乗ってしまえばいいんだけど、何やら心細くなってきたところで、ようやくそれらしき方を発見して、ツアーグッズをいただき各自搭乗。カウンターでプレミアムエコノミーへのアップグレードが提案されたのだけれど、真ん中席だったので、断念して、エコノミーの通路側で出発。周囲の席には、同じグッズを持ったそれらしき方がいるけれど、まだ全貌はつかめない。

Image5

Image3

 サンフランシスコまでは、追い風で9時間弱。時計を17時間戻しての現地時間夕方発の朝着。東向きの時差調整は難しいけれど、このパターンは本当はさっさと寝てしまうのがよい。しかしながら、お飲み物やらお食事やらで3時間くらいかかってしまい、さぁ寝ようと思っても結局眠れない。幸い、機内オーディオが充実していたので、中島みゆき聞いて、中森明菜聞いて、ユーミン聞いて、BOOWY聞いて、竹内まりや聞いたら、もう機内が明るくなって朝のお食事。途中なんか2,3曲抜けた気がするから10分くらいは眠ったのかもしれぬ。

Image6

Image7

Image8

 飛行機を降りたところでこずゑさんも含めて全員集合して、点呼などとって、ようやくツアーらしくなってきた。半年ぶりのサンフランシスコ国際空港は、機械で入国手続きして、半分くらいの人が×になって人のいる列に並ばされるおなじみのパターンだ。
 今回は乗り継ぎなのだけれど、荷物もいったん取らされて、再チェックイン。あんまり意味ないよね。国内線ターミナルへ移動、なつかしいヤンキーカフェの前を通って83番搭乗口へ。団体行動は時間かかるから、2時間の乗り継ぎを心配していたけれど、全然大丈夫だった。UA1139便でフェニックスへ。飛行2時間熟睡、時計を1時間進めて14時すぎに到着。

Image9

 ここでビッグホリデーのYさんがお迎え。こずゑさんの事前資料で、「狩人のお兄さんに似てます(狩人知らない世代の方すみません)」とあって、狩人って、どんな顔だっけ?と思ってたけど、Yさん見たら、すぐに分かった。あ、狩人だ(^^)
 無事に荷物を受け取って、いよいよバスへ。ここでなんだかんだとプチトラブルで出発が遅れたけど、まぁ、アメリカならこのくらいは仕方ないかな。砂漠の中の大都会といった感じの雄大な景色に虹もかかってビューティフルだ。ただ、覚悟していたとはいえ、寒いよ。15度くらいだと思うけれど、名護の涼しいときと同じくらいだよ。長袖にジャムパー。夜はもう1枚いりそう。

Image10

Image15

 途中、エンゼルスがキャンプ予定のスタジアムへ。メジャーのキャンプは2月後半からなので、まだ球場準備中というところだけれど、中へ入れてもらえた。もうすぐ大谷くんもここでリハビリに励むのだろうか。芝の緑がなんとも美しくて日本とちがうんだよねぇ。

Image14

Image13

Image12

 ファイターズのキャンプ見学は明日からだけれど、下見をかねてバスはソルト・リバーフィールドへ。段取りがちがったようで、現地係員とファイターズ関係者に怒られて早々に撤収。ようやくホテルへチェックイン。

Image17

Image16

Image18

 夕食まで1時間弱しかないので、とにかく入浴。浅いけれど、バスタブがあってよかった。お部屋もまぁ悪くないし、Wifiも快調。ロビー横には専用のツアールームを確保してくれて、お水もいただけるので安心だ。
 18時に出発して、ステーキハウスへ。渋滞の中わざわざ30分くらいかけて行くのだけれど、19時の予約なのに、19時半まで入場できず。このお店は、ツアーで毎年のようにトラブルがあるとのことだけれど、アメリカらしいステーキを食べてほしいので、はずせないのだという。

Image20

 11オンスだから300gちょっと?赤身だからなんとか食べられたけどね。ミラーライトのビアで乾杯して、ベークドポテトとインゲン?こずゑさんは、予想通り、なかなかの飲み役のようで、このツアーは、アルコールも含めてフリードリンクというからすばらしい。こずゑさんを囲んでの記念撮影、さらにファイターズDEナイト用の現地収録も。
 ようやくメムバーの全貌がわかってきたけれど、総勢32名で、男女比は、1:3くらい。おひとりさま参加も半分くらいいそうだけれど、リピーターがけっこう多く、知り合いになっている方もいるようだ。60代の方が多そうなので、平均年齢も50を超えてそう。しかし、強行軍の長い1日、ステーキをぺろりと平らげている方も多いので、みなさんお元気だ。

Image19

 小生もなんとか11オンスいただいて、21時半頃にホテルへ戻って解散。ロビーでコーヒーをいただいてお部屋へ。長い1日がようやく終了。

Image21

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録