2016/10/29

2016/10/29:サイスさんと行く呉越同舟・夢の対決、ファイターズ10年ぶり日本一!

◆横浜→広島:はれ時々くもり

 マツダスタジアムの連敗から1週間、今さら地上波で野球中継を見る気にもならず、大谷くんのサヨナラヒットも、西川のサヨナラ満塁ホームランも夢の中。北の大地で流れは変わり、王手をかけての第6戦。
 今回のチケットは、対戦相手も決まらず、同行者の意向も確認せずでとりあえず申し込んだのだけれど、カープvsファイターズの日本シリーズとなれば、サイスさんに声をかけないわけにはいかないだろうということで、打診したところ、ハヤトくんの分のチケットもとれればOKということで、急きょ一般発売で、なんとかビジターパフォーマンスをゲット。難航した宿の方はサイスさんががんばって確保してくれて、呉越同舟の夢の対決が実現。羽田空港ANAラウンジで久しぶりのハヤトくんとも合流して、シウマイと千疋屋の杏仁豆腐を交換して、出発。
 1週間ぶりの広島空港、季節が進んで風は冷たいが、今日はよく晴れている。バスの渋滞もそれほどなく17時すぎには広島駅へ。今季初観戦というハヤトくんのテンションも上がってきた。駅近くでサイス親子は風船を、小生はプログラムを、さらにお好み焼きなど購入してスタジアムへ。サイスさん親子は、先週とほぼ同じ2階内野席。もちろん今日も赤い。お好み焼きだけいただいてから、小生は追加購入のビジターパフォーマンスへ移動。カープファンが購入して立ち見しているとかで多少空席があるし、発売開始1分後にギリギリ購入したお席は仕切りが邪魔で見切れ席のようだけれど、とりあえず赤い人に囲まれないので、これなら心細くはない。

Dsc_0320

Dsc_0322

Dsc_0329

◇2016/10/29:○F 10-4 C(広島)

 初回、第5戦の満塁ホームランで勢いに乗った西川くんがいきなり3塁打!中島もつないで岡タイムリー先制してなおノーアウト。さぁ翔さん!ここで打てばほぼ決まりだ!というところでゲッツゥー。。。
 2回裏、ノーアウト2、3塁のピンチ。小窪、石原ならなんとかならないか?と思っていると、ワイルドピッチとレアードトンネルであっさり逆転。。。最近、大野くん、ちょっと後逸が多いよねぇ。。。第5戦の市川が満塁でハーフバウンド止めただけに。。。
 4回表、今度はカープのエラーにつけこんで、賢介タイムリーで同点。なおノーアウト2、3塁で大野くん内野ゴロ。どうもねぇ。。。ここで追加点がとれないと嫌なムードになると思ったのは栗山監督も同じだったようで、いったん打席に向かった増井に代えて代打ヤノケンジで勝負!レギュラーシーズンは無理せず我慢の采配だけれど、短期決戦になるとホント積極的で見ている方も納得できる。しかし三振。うーん・・・というところで、西川くんが今日2本目の3塁打!!!すばらしい。
 早めに増井を代えて、高梨くんあたりのロングリリーフかと思いきや、鍵谷。うーん。嫌な予感がするけれど、ここまできたら栗山さんを信じるしかない。先頭打者に四球。見ていられないので、裏の通路へ移動。2死2、3塁まで追い込まれて、代打新井。ようやく緒方監督も栗山さんを見習って早めの勝負に出てきたようだ。ここが今日の勝負どころになりそうだったがなんとか三振で切り抜ける。
 5回に丸ソロで1点差となって、6回の表のチャンスをつぶして、6回裏。石井が先頭の松山に打たれて1人で交代。さて、ちょっと早いけど、バースか谷元か?と思うと、なんと井口。。。えー・・・ここまで来たら栗山さん信じるしかないんだけど、だけどさぁ。。。大野くんの見苦しいプレーなどもあってどうなることかと思ったけど、とりあえず同点で止まったよ。。。松山に代走出してくれたしね。カープはここでひっくり返したかったよね。
 仕切り直し。もう3時間経過。寒いけれど、気にしていられない。7回、今村6連投。そして8回。ジャクソン6連投。今日は仕方ないけれど、結局、ここまでの使い方が?っていうことだよね。それでもあっさり2死になって、西川ポテンヒット。ナカシじゃ長打がないし、西川が走ってもヒットじゃ簡単には還れないからここから点をとるのは大変と思っていたら、中島四球。岡ヒットで勝ち越しか!と思ったらやっぱり還れない。満塁。結局、翔さんなんですよ。翔さんが打てば勝つし、打たなければ勝てない、さぁ!と思ったら押し出し。。。結局、すかっと決める翔さんは今シーズンあんまり見られなかったけど、勝ち越しは勝ち越しだ!ちなみにネクストの大谷くんについていろいろ解説者が語っているけれど、ピッチャーの打順だから一応誰か立つんだし、あの場面すでに満塁で歩かせる選択なかったから、正直、あれはあんまり深い意味はないと思うけどね。
 それにしても、ここで緒方監督が固まっちゃたよね。岡のところ、翔さんのところ、百歩譲ってバースのところ。1点なら全然わからなかったからねぇ。。。逆転されたから、ピッチャーだからって、あれよあれよ。そしてバースタイムリー!ほぼ決まったけど、それでもまだここで交代だったよね。レアードが満塁で握った!!!いよいよ日本一へ!!!
 貴重なタイムリーを打ったバースが8回を三者三振!そして6点リードの9回は谷元。うん、これでいいよね。大谷くんを最後まで温存して日本一を決めた!胴上げ!

Dsc_0347

Dsc_0359

Dsc_0364

 2連敗からの4連勝。そして、接戦からちょっとした相手のスキにつけ込んで大量点で決める。11.5ゲーム差をひっくり返した今シーズンと同じような戦い方が凝縮された6試合。テレビはほとんど見なかったけれど、大谷くんや黒田のおかげでそれなりに注目もされたようで、日頃あまり野球を見ない人たちにも、プロ野球の楽しさ、ファイターズとカープのすばらさしさの一端を見てもらえたのがうれしいよね。翔さんユニを着たまま、歩いてホテルへ。最高のシーズンに乾杯♪

Dsc_0378

Dsc_0382

Dsc_0371

| | コメント (0)

2016/10/22

2016/10/22:日本シリーズ@マツダスタジアム♪

◆横浜→広島:あめ

 福岡、札幌、所沢、パリと続いた遠征が一段落したところで、さすがに疲れもでてぐったり。まぁ目標はあくまでリーグ優勝なので、クライマックスシリーズは、心おだやかに見守っていたのだけれど、マツダスタジアムでの日本シリーズともなればまたワクワクしてくるというもの。クライマックスの結果がわからない段階でいちかばちか申し込んだローソン先行予約が見事に当選。カープvsホークス戦にならないでよかった。
 午前中は、3年ぶりに近所の眼科へ。人間ドックで毎年のように眼底検査でひっかかり、両目視神経乳頭陥凹拡大とか怖いこと言われたのだけれど、視野検査の結果、緑内障の疑いなし。これで心おきなく野球が見られるというものだ。
 YCAT13時発のリムジンバスで出発、立教健児の敗退を確認して、羽田へ。ラウンジでお弁当をいただき、14時35分発のANA681便で久しぶりの広島空港へ。遠征らしき人の姿も見えるが、赤い人ばかり。プレミアムクラスには番長の姿も。屈強な方々が多数搭乗してきたと思ったらこちらはリコーブラックラムズさんだった。
 定刻よりやや遅れて到着。雨。かなり降っている。1週間やきもきした天気予報は、最終的に雨のちくもりになったのだけれど、本当に止むのだろうか?万一のときは、払い戻しではなくチケットごと明日に順延されるので、大変やっかいだ。
 kecoさんと合流してリムジンバス。いつもは正確に45分くらいで着くのだけれど、めずらしく市内に入ってから渋滞で広島駅に到着したのは、17時半すぎだけど、まだ雨。折りたたみ傘はあるけれど、正直雨対策はあまりしてこなかった。まさか赤いカッパを買うわけにもいかないし・・・
 3年ぶりくらいのマツダスタジアム、駅からのアプローチの入口に高層マンションがほぼできあがっていて驚く。ごちゃごちゃしたお店があった気がするのだけれど、あっという間になくなったようだ。球場入口にも、結婚式場とかマンションもできてますますにぎやかになってきた。そして、カクテル光線が漏れる入場ゲート。雨の中だけれど、いよいよテンションは高まってくる。
 2階内野B指定席。普段は自由席のエリアだろうか。背もたれがない。もちろん周囲は真っ赤っか。ユニだけでなくカッパ着用なのでますます赤が目立つようだ。ビジターエリアをのぞくとファイターズファンの姿は本当に少ない。雨は止まないが、幸い、ギリギリで屋根がかかっている。吉川晃司さんの君が代、伊調馨さんの始球式でいよいよプレイボール!

Dsc_0311
(いよいよ!)

Dsc_0313
(右も)

Dsc_0312
(左も真っ赤っか)

◇2016/10/22:●F 1-5 C(広島)

 初回、ラッキーなヒットでさっそく1死1、3塁のチャンスで翔さん。結局、なんだかんだとチャンスは翔さんに回ってくる。翔さんが打てば楽に勝てるし、打てないと重苦しい展開になる。そして、我々が見てる前だと、だいたい打ってくれないんだ。期待してるんだけど・・・三振。ジョンソンの前に手も足もでない感じ。長いトンネルに入らないけどいいのだけれど・・・
 2回表、大谷くんあわやホームランの2ベース。惜しかった。そして、その裏、1死1、3塁で石原。スクイズに臭いがプンプンする。初球、はずしてもいいのでは?と思ったらスクイズ。ファウル。まぁ大谷くんの球はバントするのも落じゃない。1−1だか2−1からまた来るだろう?と思ったらやっぱりスクイズ。ファウル。スリーバントスクイズでもいいくらいじゃないの?と思ったら、さすがにそれはなく三振。やれやれと思ったら、ディレードスチールで2塁へ投げちゃってランナー生還・・・なんだよ・・・次はジョンソンなのに。。。おそらく大谷くんがサインミスでカット忘れたんだろうけど、そもそも投げる必要もないよね・・・あまりにももったいなかった。0−1で負ける可能性あり。
 3回にもチャンスで翔さん。今度はゲッツゥーだよ。。。長いトンネルにもう入ってしまった気配。。。なんだかんだ長い試合になりそうなので、裏の通路でカープうどんをいただいていたら、松山に被弾。エルドレッドにも被弾。むぅ。

Dsc_0315
(うどん食べてたらまさかの2発・・・)

 7回にレアードが握ったけど、先頭バッターじゃ意味ないんだよね。大谷くん意地の内野安打も、ヤノケンジ併殺。それでも西川、中島が粘ってジョンソンを引きずりおろして今村を引っ張りだせばなんとかなるかと思ったけど、終了。裏には、石井とバースが打たれて万事休す。
 遺憾な結果にはなったけれど、日本シリーズっていうのは、優勝チームのファンだけが楽しめるご褒美というかお祭りであって、「絶対に負けられない戦い」ではないんだよね。だから、9月のホークスとの一騎打ちの時のように胃が痛くなったり、祈り続けて疲れたりすることもない。育成重視のカープのチーム作りはファイターズと似たようなところも多くて共感するし、1、2、3番のセンターラインはじめすばらしい選手が揃っている。そして何より日本で一番好きなマツダスタジアムの天然芝で日本シリーズが開催されて、その相手がファイターズっていうのだから幸せなことだよね。
 せっかくの広島遠征、本来ならお好み焼きでもいただきながら反省会なんだけど、いかんせん18時半プレイボールなので、八丁堀の繁華街にたどり着いたのは23時。ラストオーダーのお店も多く、うろうろしているうちに食に関心のない我らは面倒くさくなってしまって飲まず食わずで解散。


| | コメント (0)

2016/10/15

2016/10/15:慶立戦快勝♪

◆横浜・東京:はれ

 昨日は、会社の研修で、只見の森を散策。越後湯沢経由で日帰りの強行軍で、やきうの結果をチェックせずに心おだやかに就寝して、今朝は5時58分起床。プロ野球ニュース(再)を見るかどうか決めるために、恐る恐るニッカンのサイトにアクセスしてはむほーを確認してフジテレビONE。しかし、最近は、プロ野球ニュースも解説者のレベルがちょっとね。。。
 季節の変わり目で風邪気味が続いているのだけれど、11時53分のみなとみらい線特急Fライナーで上京。快晴の神宮で、恒例の呉越同舟の慶立戦である。
 おなじみのポンタシートを購入して1塁側へ入場すると、まだ第1試合の明治vs早稲田の試合が続いていて、1−1の同点。明治の柳くんから早稲田がなんとか1点とって、竹内くんから柳澤くんの継投でがむばっている。慶応にとっても立教にとっても、明治が1つでも負けた方が優勝の可能性が高まるので、周囲の早稲田ファンとともに1塁側の気持ちはひとつになったのだが、いかんせん柳くんがすばらしすぎてどもならず。延長12回力尽きて、試合開始が遅くなっただけに終わる。

Dsc_0300_2
 
◇2016/10/15:◯K 6-4 R(神宮)

 17年ぶりの優勝へ今シーズンも好調の立教に対して、加藤くん以外の投手があまりにもあんまりな慶応だが、まだかすかに優勝の可能性も残っている。今日は加藤くんだから絶対に落とせない。以前は、初回から150キロで飛ばして、後半バテるという感じだったが、だいぶ緩急もつく感じになってきた。
 立教は澤田くんを後ろに回す余裕があり、先発は田村くん。しかし、今日は調子が悪そうで、初回から慶応打線につかまる。ただ4回まで毎回のようにチャンスを作りながら、巨漢岩見くんのタイムリーと柳町くんのソロの2点だけと効率が悪い。そうこうしているうちに、5回に突然加藤くんが乱れ、四球連発で押し出しで1点差に。
 それでもその裏に柳町くんのタイムリー、代わった黒萩くんも攻めて、ここまで23打数ノーヒットの照屋くんにもタイムリーヒットが出て、一挙4点。おなじみのシリウス、ダッシュケイオウ、突撃のテーマなどに今シーズンから新曲「朱雀」も加わって応援歌も盛大♪

Dsc_0305_2

Dsc_0303_2

 さすがに今日は余裕ちゃんかと思ったが、なぜかいつももつれるこの呉越同舟対決。8回に3点とられて一気に怪しくなってくるが、慶応にクローザーはいないので、加藤くんが投げ続けるしかない。西日が暑かったスタンドも影になって、照明が点灯。すると、なぜか審判が6人に増えて、しかも球審以外は白い手袋をはめる。急遽登場する線審はそれまでどこで何をしていたのか?暗くなると手袋がどう役にたつのか?よくわからないが、9回を抑えて加藤くん161球完投。来週のドラフトで声はかかるだろうか?加藤くん卒業後の投手陣はかなり心配だけれど、攻撃陣では、期待の1年生柳町くんが活躍してくれたのは明るい材料だ。

Dsc_0306_2

 終了後は、新橋へ出て、カプセルタワーへkecoさんをご案内。本棚にあった昭和初期の婦人画報をパラパラとめくると、これが実におもしろい。特集の令嬢のご紹介が延々続いたかと思うと、市川房江さんが働く女性について熱く語り、化粧品の通販の広告なんかもあって、80年くらい前なのに、意外と何も変わってないような気もしてくる。
 さらに、せっかくなので、シュッシュッポポンさんへご案内。おなじみの鉄道模型バァである。奥のカウンターに陣取るが高架線は0系と200系の新幹線で、いまひとつ面白味にかける。地上線は、ゆふいんの森とリゾート21とのことなのだけれど、リゾート21がいつまでたっても現れない。トンネル入り口でエンコしているのを発見したが、バーテンさんが、ちょっと押してみたら、トンネルまで進んでトンネル内でまたエンコしてしまい終了。我が家もそうだけれど、レイアウトのメンテナンスは大変である。反対側の
 金粉入りのカクテル「ななつ星」とピザをいただきながら、鉄度博物館ナンパ問題について検討していると、声優の卵みたいなお姉さんによる車両紹介とちょっとした物語の朗読とかが始まった。
 日本シリーズに出たらどうするんだ問題、沖縄キャンプ問題など懸案も残っているのだけれど、フィーもお高いので、結論が出ないまま1杯だけいただいて解散。

Dsc_0308

Dsc_0307

| | コメント (0)

2016/09/28

2016/9/28:「北の国から 2016 伝説」〜ファイターズ、パ・リーグ優勝〜

◆横浜・東京・所沢:くもり時々あめ

 マジック1で2日目の朝。5時45分起床。ぐったり。朝風呂中にオエっとなる今日この頃、もう早く楽になりたいということに尽きる。当初の予定では、17時半に会社を出れば18時すぎの小江戸号で昨日より早く到着見込みだったのだけれど、会議が押して18時すぎに退社。なんとか18時34分の小江戸号へと思い高田馬場の階段を走ると、警察やら救急やらがいて騒然としている。どうやら異臭騒ぎがあったらしい。人ごみをかきわけてホームへ上がるも、小江戸号はなんと満席。次の急行で行くか、山手線で池袋へ出るかと言われてももうぐったりしている。ホームで30分ブラブラして、19時4分の小江戸号に。遺憾ながらソフトバンクの勝利は、早々にほぼ決定しているようで、いよいよ雲行きが怪しくなる中で、今日も翔さんは沈黙しているらしい。そして、どうやらレアードが握ったらしいことを確認して車内へ。
 所沢、西所沢で乗り換えて西武球場前。20時頃の到着でさすがに車内は閑散としている。西武球場駅前のホームには、京急カラーの赤い電車が待機していた。これって、縁起がいいんじゃなかったけ?外へ出ると、雨が降ってきた。

◇2016/9/28:○F 1-0 L(所沢)

 もちろん今日も満員。今日は6回表のチャンスをつぶしたところでC指定席でkecoさんと合流。今日は、ライオンズのホーム最終戦でもあり内野全席指定でお値段も高い。

Dsc_0236

 レアードが握った1点のリードを守るべくただただ祈るしかない展開なのだけれど、今日の大谷くんはすごかった。ここまでも三振の山を築いていたようだけれど、小生が到着してから坂田三振、呉三振、秋山三振。外崎だけレフトフライの後、浅村三振、メヒア三振、森三振、中村三振!1点差だからライオンズの誇るスラッガーたちは当然ブンブン振ってくるけれど、えげつないスライダーが切れまくってまったく当たらない。そして、たまに見逃せば158キロくらいのストレートがずばっとコーナーへ。審判もノリノリで踊るように三振のコール。正直、これまで投手大谷くんは、見ていて不安もけっこうあって、先日の福岡が初めて安心して見ていられたのだけれど、今日はそれをまた超えて、いよいよダルビッシュの全盛期の域に入ってきた感じ。まったく打たれそうもない。
 7回表には、ライオンズ弱体中継ぎ陣の象徴ともいえる岡本篤の引退登板。相手としては好きだったんだけれどね。寂しくなるね。その後、大石、牧田、増田を打てず、とうとう1点差のまま最終回へ。
 9回裏。1死から上本に四球で、上位に回ったけれど、最後は、最終盤の優勝争いをかき回した外崎をレフトフライ!西川くん捕った!やった!!!優勝だ!!!

Dsc_0252

Dsc_0248

Dsc_0249

 いやー、9月だけで、東京ドームに始まり、仙台、福岡、札幌、所沢と通い続けて、目の前で優勝。優勝決定試合観戦は、2006年のプレーオフで斉藤和巳が崩れ落ちたとき以来だけど、システムも変わったし、チームも生まれ変わって、猛烈な追い上げからの壮絶なマッチレースを制しての優勝は、選手もファンも勢いで駆け抜けたあの時はちがってまた感慨深い。二刀流4年目、DH解除、1番ピッチャー先頭打者ホームラン、オールスターホームランダービー優勝、164キロ。大谷くんが次から次へとマンガみたいな記録を作り、クローザー失格の増井が先発で大活躍、大事な試合で握り続けたレアード、苦しみながらも打点は稼いだ翔さん、ついに一皮むけた西川くん、期待通りにブレイクした高梨くん、故障や若手の活躍でちょっと目立たないと思いきや、天王山の福岡でスーパープレイの陽選手、14連勝ストップ目前の9回2死から同点ホームランの賢介、あげていけばキリがないくらいみんなが活躍して、見事にチームとして機能して、巨大戦力のホークスと互角に戦った。だから、今年は絶対優勝させてあげたかったんだよね。本当によかった!
 胴上げ、パレード、ライオンズの挨拶も見届けてドームを後に。今日はみんなユニを来たまま帰る。湘南新宿ラインのホームまで来るとさすがにユニ姿は減ってくるけれど、通りすがりの人に「優勝おめでとうございます!」って声かけられて、誇らしくてうれしいよね。GAORA特番、ビールかけに間に合った。25時からプロ野球ニュース。ファイターズ最高!

Img_6877

| | コメント (0)

2016/09/27

2016/9/27:マジック1も無念。

◆横浜・東京・所沢:はれ時々くもり

 5時15分起床。昨晩はお世話になった方の送別会で野球のことを気にしないですんだ。21時半には終了して22時すぎには帰宅したけれど、怖くて結果を確認できず、そのまま心おだやかに就寝。しかし、もう逃げるわけにはいかないので、恐る恐る結果を確認して、マジック1を知る。
 朝、会社に行くと、周りの人から「もう決まりですね」的な声をかけられるけれど、まだまだ浮かれている場合ではない。そして、今日の予定が午後半休と知っても誰も驚かない。しかし、本日の半休は、元々は故障したディスポーザーと洗濯機の平日修理のために空けたものである。
 携帯に着信。
「本日の洗濯機の修理ですが」
「はい。」
「5時に伺いますので。」
「困ります。」
「今日は混んでまして・・・」
「とにかく困るんです。」
「しかし、今日は・・・」
「2時でお願いしたはずですが。」
「2時以降で調整と聞いております。」
「・・・とにかく5時じゃ困るんです。」
「・・・」
 その後、なんとか調整がついたようなので、12時退社、13時すぎに帰宅。洗濯機修理11800JPY、ディスポーザー修理46980JPY。2つの業者さんが作業中にまたインターホンがなるので、何ごとかと思ったら、お巡りさんの巡回。緊急連絡先の確認など。
 16時前にはすべて終わった。ディアナの精算とか雑務も済ませて入浴で心を清めれば、もう行くしかない。17時33分発の特急飯能行き。1時間半、冷房の効いた通勤電車に座り続けると、体が冷えてしまう。所沢で後続の西武球場前行きへ。改札を出たところで、大歓声が聞こえる。嫌な感じ・・・

2016092705_27_59
(いざ!)

◇2016/9/27:●F 0-3 L(所沢)

 優勝決定の可能性のある試合ということで、ファイターズファンもかなり多く、ライトスタンド付近は異様な盛り上がり。しかしながら、試合の方はというと、光夫は早々に終了し、打線は岸の好投の前に点が入らない。6回、翔さん凡退。7回には、代打大谷くん2ベースも、賢介が2死なのに躊躇して無得点。しかし、ここ最近は、大谷くんが休んだ試合だけ負けてるんだよね。ホント、情けない。中継ぎ陣は今日も健闘。今日、母校の慶応高校が自身の時以来の秋の県大会に優勝した白村くんもがむばってゼロに抑えるが、9回もさくっと終了して敗戦。

Dsc_0228
(無念。)

 さくっと切り替えて明日に備えて早く帰って体力温存と言いたいところなのだけれど、ホークスが負けると胴上げの可能性がある。ファイターズファンは帰らずに各自一斉に速報チェック。ホークスに2点目が入って万事休すと思われたが、8回裏にマリーンズ反撃というか、千賀が崩れ、2−2の同点に。外野応援席から沸き上がる大歓声。
 9回には、とうとうビジョンに試合の中継が映ったけれど、マリーンズの田中とかいうピッチャーがデッドボール2つでピンチを広げて、スクイズで決勝点。最後は、サファテに手も足も出ず。
 21時半を過ぎると、列車も少なく乗り継ぎも悪い。しかも湘南新宿ラインも山手線もダイヤ乱れ。24時前にぐったり帰宅。明日は絶対決めるぞ!

Dsc_0229
(結果待ちで帰れない)

Dsc_0232
(ビジョンで中継してくれたものの・・・)

| | コメント (0)

2016/08/24

2016/8/24:マーくんvs岩隈@セーフコフィールド

◆シアトル:はれ

 シアトル滞在2日目は、野球観戦。数ヶ月前からセーフコフィールドのチケットをとっておいたのだけれど、なんとマリナーズ先発は岩隈、そして相手のヤンキースは田中マーくんだという。復調した青木も1番レフトで先発出場。それほど野球に興味がない妹や姪っ子を連れて行くには最高のカードになった。4年前は5試合も観戦したにもかかわらず、イチローは移籍していなくなり、ダルビッシュは予告先発後に当日リタイヤしたのだからえらい違いである。
 4年前は9月末のナイターで寒かった記憶があるけれど、今回は夏休みのためか平日にもかかわらずなぜかデーゲームで、今日もよく晴れて暖かい。もちろんビア。小生はマリナーズTシャツ、めいっこには、IWAKUMA18のユニを着せての観戦。

Img_6749

Img_6752

◇2016/8/24:●マリナーズ 0-5 ヤンキース(シアトル)

 岩隈の立ち上がりはストライク先行で悪くないように見えたのだけれど、3番バッターに特大の被弾。ヤンキースも知らない選手が多くなった。マリナーズは青木が2安打。チャンスはけっこう作るもののマーくんが要所を締めて点が入らず。ヤンキースは小刻みに加点。
 退屈しないようにスタジアム散策。キッズコーナーなどもあっていろいろと楽しめる趣向。マーくん7回無失点で交代。テイクミーアウトツーザボールゲームを歌って8回で退場。
 例によって、タクシーが拾いずらいので、ダウンタウンまでがんばって歩いてホテル近くのチョコレート屋さんのFRANSさんへ。オバマ大統領もお気に入りという塩キャラメルチョコが美味しい。かなり歩いて母がぐったりしてきたところで、日本食でもと思い、さらに歩くがなぜか見当たらず。あらためて検索するとつぶれていたことが判明。ますますぐったりしたところで、今日もスーパーで買って帰る。めいっこの足裏マッサージが上手なので驚く。次回も使えるサービス券を発行してくれた。チップを10ドル渡そうとするがかたくなに拒否。

Img_6755

Img_6756

Img_6758

| | コメント (0)

2016/08/08

2016/8/8:イチローMLB3000本安打!!!

◆横浜・東京:はれ:東京都心の最高気温=33.2度

 萩野の金メダルで五輪ムードも盛り上がってきたところだけれど、イチローが3000本安打にあと1本でスタメンということで5時起床。5時10分プレイボールだから、第1打席で決めてくれないと出社しなくてはいけない。なんとかしてくれるのでは?という思いもむなしく終了。
 通勤途上は、みけさん速報だけがたよりという状況だったのだけれど、第2打席も第3打席も終了。そうこうしているうちに会社へ着いてしまえば、まだ出社する人もほとんどいない時間だし、会社のテレビで・・・と思っていたのだけれど、よく考えたら会社のテレビはBSは映らないのだった・・・
 結局みけ速報で第4打席の三塁打を知る。メジャー3000本安打!!!
 1997年頃から東京ドームへ通うようになった小生としては、生で見たイチローの思い出というと、岩本をはじめとする弱体投手陣が徹底に打ち込まれるというイメージしかない。田口、大島、イチロー、ニール、藤井、谷みたいなイメージでやられっぱなし。特に6月くらいまでは、イチローはだいたい3割8分くらい打っていて、どうにもならかった。
 そんなイチローが、連続無三振記録を200打席くらいまで伸ばしていたときに、それを止めたのが下柳。あれは痛快だったねぇ。
 メジャーに行ってからは、もちろん応援していたし、2004年の最多安打の時も一喜一憂したけれど、2012年にシアトルへの遠征を手配した直後にヤンキースに移籍してしまい生で見られず無念。でも、その遠征の最後に行ったクーパーズタウンのホールオブフェイム。あそこにイチローの名前が刻まれることはほぼ確実。もう一度いく理由ができたよね。
 以前も書いたけれど、武豊、羽生、イチローは、小生と同世代のスーパースター、ずばぬけた実績だけでなく、その種目のイメージを大きく変えた人たちでもあるよね。時は流れて、にくたらしいほど強い彼らも、武豊の1勝が貴重なのものになり、若手挑戦者相手にフルセットでタイトルを防衛する羽生さんの手が震え、イチローの1安打が愛おしくなってきたけれど、同世代で生で見てきたことが誇らしい彼らの活躍。1日でも長く見ていたいね。

20160808
(永久保存版)

| | コメント (0)

2016/07/31

2016/7/31:第98回全国高校野球選手権神奈川大会決勝に参戦

◆横浜:はれ時々くもり一時あめ:横浜の最高気温=31.4度

 6時20分起床。朝食をたっぷりいただきながら、プロ野球ニュース(再)〜競馬予想TV(再)。
 本日は、高校野球神奈川大会決勝戦。慶応高校が8年ぶりに決勝に勝ち進んできた。相手は横浜高校なので、まぁ勝ち目はあまりなさそうだけれど、せっかくだからハマスタに応援に行きたい。
 ところが、友人のFacebookなどを見ると、昨日の準決勝も大行列の末、かなり早い時間にブックフルになったという。13時試合開始だけれど、開門は10時半の予定が9時半に繰り上がったという。どうなるかわからないので、とりあえず9時半すぎに家を出る。間違えて馬車道で降りてしまい、日本大通りまで乗り直して、横浜公園へは10時すぎに到着。いやぁ、すごい列。最後尾は教えてくれたけど、盛大にぐるぐる回っていて、どこへ向かっている列なのかさっぱりわからない。

Dsc_0026

Dsc_0031

 あちこちで折り返してぐるぐる回って、どうやら1塁側内野方向へ進み始めて、11時前には、チケットを購入できた。これで入場は保証されたし、試合までまだ2時間あるので、すぐに入場しなくてもよいのだけれど、自由席なので、間際になると席を探すのに苦労しそうである。そのまま入場して、ビア、シウマイ弁当、みかん氷を購入して、1塁側内野後方通路側に陣取る。あちぃのだけれど、大気の状態が不安定で、急に黒い雲が接近したと思うと、ザーッと強い雨が降って、シートノックが中断したりもしながら、なんとか2時間経って、塾歌や若き血を歌ってテンションも高めて、いよいよ13時試合開始。

Dsc_0034

Dsc_0035

Dsc_0037

Dsc_0040

◇2016/7/31:●慶応義塾 3-9 横浜(横浜)

 慶応の先発は、2年生エースの森田くん。初回、いきなり横浜3番の増田くんに被弾。一方の横浜は、150キロ近い速球でプロ注目の藤平くんが先発。どうみても、投手力は、横浜の方が上で、慶応は、イッキマンに褒められた内野の守備でなんとか打たせてとりながらふんばる。
 しかしながら、5回、守備のミスが出て、2死2塁となったところで、初回に被弾している増田くん。2ストライクと追い込んでおきながら、高めに投げて、またレフトスタンドへ。ここで内角高めはないよなぁ・・・横綱相手にエラーがらみで失点してはもう厳しい。さらに連打で0−5。6回にも代わった井上くんが打たれてとうとう0−8。
 決勝戦もコールド負けってあるのかしらん?と心配になってきたところで、7回裏。せっかく来たのだからと若き血を盛大に歌うと、ここから打線がつながって3連打で1点、さらに2死2、3塁から下山くんタイムリーで3−8。藤平くんをKO!さらにつないで、2死満塁で正木くんという場面まで持ち込んだ。一発出れば1点差ということで、応援団のボルテージもあがり、小生もダッシュケイオウその他、いろいろ歌って応援するが、まさかの見逃し三振で万事休す。8、9回もそれなりにチャンスを作るも結局無得点で3−9。横浜高校が甲子園出場。
 監督が「10回やって1回勝てるか」と言っていたらしいけれど、まさにそのくらいの感じで、たのみの守りにミスが出たのだからまぁ仕方がない。打撃のチームでよくここまでトーナメントを勝ち上がってくれた。
 8年前は、90回記念大会ということで、神奈川が代表2枠になって、横浜高校とは当たらずに決勝で東海大相模に勝って46年ぶりの出場を決めたのだけれど、今年は1枠。東海大相模のコールド勝ちしても、決勝で横浜が立ちはだかる。この2つに両方勝つのは難しいっていうことだよね。
 8年前のような感動には立ち会えなかったけれど、決勝まで勝ち進んでくれたチームはよくがむばった。エースと4番は2年生だから来年にも期待したいし、3年生には、神宮でまた楽しませて欲しいものである。

Dsc_0047

Dsc_0046


| | コメント (0)

2016/06/15

2016/6/15:ハマスタ満員御礼

◆横浜・東京:くもり

 2年に一度のハマスタでのファイターズ戦。しかも昨日が新潟開催になってしまったので、貴重な2試合。一昨年までなら、ふらっといってもゆったり見られたのだけれど、何やら昨年あたりから、ハマスタの稼働率はすごいらしい。念のため前売りをと思い、日曜日にネットで買おうとしたら、すでにほとんど満席で高い席がほんのわずか空いているだけ。TBS時代があまりにもひどかったとはいえ、変われば変わるものである。
 売店も混み合いそうなので、横浜駅でシウマイ弁当を購入して19時前に到着。内外野ともにびっしりの満員御礼である。
 
Img_6230

Img_6233

20160615

◇2016/6/15:○F 3-2 DB(横浜)

 ファイターズ先発は高梨くん。中継ぎで便利に使われていたけれど、ようやく先発ローテのチャンスをもらって2回目。今日も小気味良いピッチング。一方のベイの石田は、5月の月間MVPとのこと。いつでも打てそうな感じもあって、実際にランナーもでているのだけれど、点が入らず。こちらは、テンポが悪いし、球数も多いので、高梨くんに勝ちをつけてあげたいんだけど、いかんせん翔さんが今日もチャンスに沈黙を続けている。
 交流戦ビジターになると、どうしてもピッチャーの打順前後の采配がちぐはぐになりがちで、7回、レアード2塁打でノーアウト2塁のチャンスに7番大野くんにバントはどうなのか?9番にピッチャーがいるのだから、打てる人はどんどん打つべきだし、この回から右ピッチャーに代わっていたのだから、代打もいくらでもいたはずだ。バント失敗で、さらに杉谷にもバントさせて高梨くんに代打谷口で終了。これで高梨くんの勝ちはなくなってしまった。

Img_6238

 9回表、山崎登場。東京ドームとちがって、修学旅行の学生とか、招待券もらってつきあいできてさっさと帰るおやじなんていうのがほとんどいないので依然としてびっしりのスタントが湧く。レアードが先頭でまた出塁。今度はランナー1塁だから、代走大累で大野にバント。これはまぁわかる。さて、8番、9番にどういう順番で代打を使うか?浅間?近藤?と思ったら、右の矢野謙次。そして、打球はレフトスタンドへ!!!さすがは、ヤノケンジ!
 ここで代打大谷くん登場。落胆したベイファンも湧く。
 9回裏、MASUI TIME。1番からということは一人出すと筒香に回る。スランプ中の悩める翔さんとちがって、こちらはおかわりくんなみの貫禄が出てきた。1、2番を打ち取って、やれやれ3番の外人は打ちそうもないからはむほーか?と気を抜いたら、ストレートのフォアボール。まったく打てそうにないのに・・・そして、フォークを見極められた後のストレートをしとめた筒香の打球はレフトスタンドへ・・・終了。。。
 延長戦。10回表も2死。トンネル中の翔さん。ちょっと油断してよそ見をしていたら、周りの人が「こっちくるぞ」というので、あわてて上を見ると、たしかに高々と上がったファウルボールがこっちの方へ来ている。避けつつ、見送ると、なんと入った先は、ポールギリギリのレフトスタンドへないか!まさかの勝ち越しホームラン!筒香に比べて翔さんは・・・と比べて申し訳なかった。あたりはしょぼいけど、とにかく4番の仕事である!
 10回裏を鍵谷が抑えてはむほー。なんだかんだいい試合だったということか。印象的だったのは、周囲のベイファンがみなけっこう満足していたこと。「山崎が打たれたなら仕方ない」、「筒香はよく打った」、「中田に打たれたらなら仕方ない」、「大谷も見られたし」。ということで、満員のファンもこれなら、また応援に来てくれるだろう。ラミレス采配もなかなかしっかりしていたし、代打や中継ぎの駒も揃って、厚みが出てきた。まだ借金1で2位。ファイターズ戦が終わったら、またがむばって欲しいね。

Img_6241

Img_6236

| | コメント (0)

2016/05/15

2016/5/15:慶応終了、馬券大敗、大谷KO、勢5敗。。。

◆横浜・東京:はれ

 今日も爽やかなお出かけ日和。CasaBRUTUSさんの占いによれば、「【今日のNo.1運勢は山羊座】全体運は快調じゃ。」とのこと。すばらしい休日になるのではないか?ただ、「お手軽なダイエットグッズを試すとよかろう。「つけているだけ」というようなものが、無理なく続けられそうじゃな。」と意味不明なコメントがついているのがちょっと不安。もちろんダイエットグッズなんかつけずにみなとみらい線急行で上京。

Img_5884

◇2016/5/15:●K 4-6 R(神宮)

 kecoさんと合流して、おなじみの快適な3塁側ペアシートへ。半年に1度の呉越同舟の神宮。横尾くんや大城くんが抜けたのをはじめ、両チームだいぶ選手が代わって、なじみのないメムバー。それでも、今季は、明治が首位にたつが、それを追うのが慶応と立教でどちらもまだ優勝の可能性がある。特に立教は、来週に明治戦を残しており自力優勝の可能性がある。慶応は、加藤くんが孤軍奮闘だが、その加藤くんで、昨日0−1で落としたのは痛い。今日の先発は、原田くん。いきなり先頭の佐藤拓くんに打たれると、3番の佐藤真一の息子、佐藤竜くんに先制ホームラン。あまりにもあんまり。

Img_5888_2

Img_5890

 立教は沢田くんが負傷ということで、昨日が田村くんで、今日は黒萩くん。制球が乱れたところにつけこんで、2回に同点とすると、岩見くんタイムリーで逆転。早めの継投、代打攻勢もあたって、見事に逆転。
 3番手の清水くんがのらりくらりと踏ん張って、5回のピンチもしのいだので、なんとなく勝てそうな気がして、神宮ハイボールとカレーを購入。
 監督も勝てると思ったのか、6回から加藤くんを投入。昨日完投しているし、今日勝っても明日があるから温存かと思ったけど、今日負けたら優勝の可能性がなくなるからそうも言ってられないのか。。。さらに、1、3、5番に守備固めまで投入。
 さすがに疲れのみえる加藤くん、佐藤竜くんのところでは150キロで三振も奪ったのだけれど、7回にピンチ。ここで立教の代打は2年生の飯迫くん。小柄だし大丈夫かと思っていると、なんと2点タイムリーで同点。神戸国際大で甲子園経験ありとのこと。何しろ最近の立教は、甲子園経験者がやたら多くてやっかいである。
 さらに8回。代打の松崎くんは、横浜高校出身。ということは、ファイターズの浅間くん、高浜くんとともに甲子園に行ってるわけだ。「浅間、高浜、松崎か」なんて言っていたら、なんと打球はスタンドへ!まさかの勝ち越しホームラン。気落ちしたところで、佐藤くんにも被弾。あまりにもあんまり。。。

Img_5892

 負けた方がカフェでごちそうすることになっているので、遺憾ながら表参道でkecoさんにランチをおごって解散。こうなった以上は、来週明治に勝って、久しぶりの優勝をしていただきたいものだ。
 午後になっても爽やかな風が吹いて気持ちいいのだけれど、東横特急の中で、ヴィクトリアマイル大敗を確認して帰宅して、GAORAをつけると、同点でランナー2人でおかわりくん。嫌な予感がしたので、テレビを消すが、そういう予感だけ的中してテレビを消してもおかわりくんの3ランは消せない。最後の頼みの綱の勢も無念。ビアでも飲んで、COOL JAPANでも見て、シウマイ弁当でも食べて早々に就寝するしかないようだ。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧