2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2020/11/11:ことでんでこんぴらさんへ

◆(車中泊)→高松→琴平→松山:はれ:12101歩

 4時くらいに大阪の運転停車で目が覚めたけど、まぁまぁよく眠れた。ちょうど瀬戸大橋で日の出を迎えて、文字通りのサンライズが美しい。

20201111z

Image12_20201113092701

Image25_20201113092701

 もっとゆっくり乗りたいところだけれど、7時27分、終点高松到着。おなじみの駅前のめりけんやさんで朝食。トッピングはビニール手袋をして割り箸でとるようになっていて、けっこう気を使っているね。

Image9_20201113092701

Image24_20201113092701

Image4_20201113092701

Image29_20201113092701

Image11_20201113092701

 JRの方が速いのだけれど、せっかくなので、ことでんで1時間かけてのんびりと琴平へ。朝の通勤・通学時間帯ということで、4両編成にソコソコ乗っていて頼もしい。

Image16_20201113092701

Image32_20201113092701

Image8_20201113092701

Image13_20201113092701

 200JPYと安いコインロッカーに荷物を半分預けて、こんぴらさんへ登る。これで4回目かな。年々階段がシンドくなってくるけれど、なんとかたどりついた。(もちろん奥社は無理)まだ9時台で秋晴れの空気は冷たいけれど、ビューはすばらしい。

Image23_20201113092701

Image27_20201113092701

Image20_20201113092701

Image30_20201113092701

 朝からぐったりなので、神椿さんへ。9時から営業とはうれしい。つまり、2日連続の資生堂パーラー。東証続伸を確認しながら、神椿パフェとコーヒーをいただき、まったりと。

Image18_20201113092701

Image31_20201113092701

Image22_20201113092701

 帰りはJRの琴平駅へ出て、普通列車で多度津。ほとんど無人。多度津からは、アンパンマン車両のしおかぜと併結のいしづち9号。指定席は車両に2人だけ。。。一番新しい車両だとAC電源があるのだけれど、8000系はなし。ただ、Wifiが使えるのは意外だった。予讃線は、けっこう海の沿って走るので、ビューがいい。のんびり2時間の汽車旅で松山へ。

Image14_20201113092701

Image6_20201113092701

Image17_20201113092701

Image21_20201113092701

Image2_20201113092701

Image28_20201113092701

 市電で道後温泉へ直行。GOTO風のお客さんもソコソコいるし、ここはアーケードのにぎわいが楽しいのだけれど、閉めてしまったようなお店もチラホラ。本館は工事中。魚武さんで宇和島風鯛めしとマドンナビール。

Image10_20201113092701

Image5_20201113092701

Image19_20201113092701

Image15_20201113092701

Image7_20201113092701

Image_20201113092701

 お泊りは、久しぶりの道後山の手ホテル。平日とはいえ、朝食付き6500JPYはありがたい。18時すぎの温泉大浴場は、無人で独泉。こんぴら登山の疲れを癒やして、早々に就寝。

Image1_20201113092701

 

2020/10/20:地獄谷からのファイターズ大敗!

◆登別→札幌:はれ:18028歩

 何度か目が覚めて、6時起床。朝風呂。7時朝食。手袋だのトングの代わりに1回毎の取り箸だのいろいろやってるけど、ヴァイキングはどうしても密ではあるよね。早々に撤収して、第4回入浴。この時間も空いてていいんだ。

Image20_20201025133901

 10時チェックアウト。わくわく号がないので、列車の時間まで、久しぶりに地獄谷を散策。気持ちよく晴れて、紅葉もきれいで、期待以上に堪能。

Image4_20201025133901

Image1_20201025133901

Image5_20201025133901

Image19_20201025133901

Image_20201025133901

Image2_20201025133901

 バスで駅へ出て、久しぶりに北斗。ちょうど北広島をすぎたあたりで、緊急停車。ちょうどボールパークの工事がよくみえる。後続列車がシカに衝突とのことで、8分遅れで運転再開。無事に札駅へ。

Image13_20201025133901

Image12_20201025133901

Image11_20201025133901

 チェックインまで時間があるので、西4丁目から市電に乗って、盆の風さん再訪。13時すぎだけれど、ただでさえ少ない席がコロナ対策でさらに減っているので10分くらい待つ。何やらお店の名前も少し変わっていたけれど、あいかわらず美味しい。

Image18_20201025133901

Image10_20201025133901

Image22_20201025133901

 せっかくなので、大通公園を少し散歩。こちらの紅葉もなかなかいい感じ。

Image9_20201025133901

Image7_20201025133901

Image15_20201025133901

Image3_20201025133901

 今日は、三井ガーデンさん。今回は本館の方。4000JPYだから申し訳ないくらい。

 ひと休みして、大丸でお弁当を調達して、東豊線で福住へ。

◇2020/10/20:●F 2-11 H(札幌)

 見苦しい試合の続く昨今だけど、今日は、火曜日だから上沢くん。そう、生で見るのは、あの昨年のハマスタ以来だよ。

Image6_20201025133901

Image17_20201025133901

 ホークスは、笠谷。このクラスのピッチャーは打って欲しいんだけれど、今日も下位打線はまったく打てそうもない。清宮くんに至ってはバットに当たりそうもない。

Image16_20201025133901

 上沢くんは、あまり調子がよくないようで、3回に2失点。それでもなんとか粘っていたのだけれど、5回表、トイレに行ったついでに場内を散策している間に大炎上。。。

 攻撃は三振ばかりだし、よりによってタイトル争いの相手の周東に走られて、柳田に4安打では、お話にならない。7回で早々に退場。ないるさんも同じ頃にお帰りになったようだけれど、これじゃみんな帰るよね。50%ルールだから2万人まで入れるのだけれど、実際は、7000人程度。それも前の方に固まっているから、小生の定位置のC指定席なんてほとんど無人だよ。。。

Image8_20201025133901

Image21_20201025133901

 来場者プレゼントのトートバッグだけが、唯一の収穫。試合も寒いけど、夜になると外も寒い。寝よう。。。

Image14_20201025133901

 

 

2020/10/19:ANA無料航空券でGOTO、ただいま滝本!

◆横浜→千歳→登別:くもりのちはれ:7677歩

 GOTO第4弾。京急で1ヶ月ぶりの羽田空港第1・第2ターミナル。まだまだ欠航便も多いようだけれど、出発ロビーやラウンジには、出張風の方もだいぶ増えて、景色としてはだいぶ違和感はなくなってきた感じ。

Image12_20201022183701

 パリへ参戦するめどがまったくたたないので、余っているマイルで今回は無料航空券。満席のANA59便で、北の大地到着。いいお天気。あらかじめバスのチケットを買っておこうと思ったら、道南バスのカウンターは休業中。。。

Image11_20201022183701

Image2_20201022183701

 芸もなく今日もファイターズロースターズさんへ。並んでいる人が多くて驚くが、地上職の方のテイクアウトとして重宝している模様で、お席は余裕で座れた。2周年記念とかで、トートバッグ付きのカレーをいただくとゼリーもついてくる。

Image7_20201022183701

 13時16分発のバスで登別へ。減便で温泉直行はこの1本しかない。昨年来たときは、始発の国際線ターミナルからでないと乗れないことがありますと言われ、実際そんな感じで驚いたけれど、もちろん今日はそんなことはない。それでも20人くらいはお客さんがいて、少し安心する。

 日当たりのよい窓際でウトウトしていると、いつのまにかバスはウポポイ経由になっていて、白老でいったん高速を降りてしまうけれど、今日は休館日ということで、乗降なし。高速に乗り直して、おなじみの登別東インターへ。

Image1_20201022183701

 帰ってきました。第一滝本館。入口に「おかえりなさい」とあるのが、うれしいねぇ。ホント、「ただいま!」って言いたくなるよねぇ。前回来たのは、昨年の1月、稀勢の里が連日負け続けていた頃だから、ずいぶん昔だよ。30年来通っているけれど、こんなに空いてしまったのは、かなり久しぶりのはず。

Image10_20201022183701

Image4_20201022183701

Image9_20201022183701

 東館の洋室にチェックインして、さっそく第1回入浴。なつかしいお湯の感覚。地獄谷の紅葉も美しい。団体風の人は少ないけど、GOTO風の人はそれなりにいるようだね。

Image6_20201022183701

 夕食は、17時半から。今回は、懐石プラン。半個室でゆったり。コロナ対策でいっぺんに料理を出しますとのことだけど、ブッフェよりは落ち着くよね。GOTOで2食付12000JPYくらいで、別途クーポン3000JPYだから、ありがたい限り。ビアだけでなくて、つい日本酒飲み比べセットなんかたのんでしまって持て余す(@_@)

Image5_20201022183701

 19時から第2回入浴。この時間が一番空いてていいよね。金蔵の湯を独泉して堪能。20時からは、ボディケア。館内利用にクーポンが使えるから便利。マッサージもコロナ以降、初めてかも。

 入浴、お食事、入浴、マッサージで、後は寝るだけと言いたいところだけれど、地下の味自慢さんへ参戦しないわけにはいかない。こちらも30年来お世話になっているのだけれど、うしという方の情報では、近々移転してしまうというのだ。

Image3_20201022183701

 おなじみの醤油ラーメンをいただき、お会計。

「うしさんに聞いたのですが、移転するのですか?」

「そうなんです。そういえば、よく、うしさんといらしてましたよね?」

 奥さんの方は、覚えていてくれたようだ。強面の旦那も、うしさんの名前が出たら満面の笑みだ(^^)

 移転といっても、温泉街の数軒隣りのことなので、こちらもまた、帰ってこないとね。

Image_20201022183701

 

2020/4/24:ばんえい大盛況!

◆横浜:はれ時々くもり:5106歩

 5時45分起床。野菜ジュース、テレビ体操、おむすびセット、漬物。

 お昼前に、そごうへ。うなぎ弁当の宮川さんがなんと休業。あまりにもあんまり。スーパーのレジは、かなりの混雑でぐったり。

Img_5239

 帰宅して、フィットネスバイク30分。入浴。午後は、「舟を編む」をBlu-rayで。原作にかなり忠実で、よい作品だね。

 ばんえい開幕。スプリングCは、ばんえい記念1~4着馬が揃う豪華メムバー。もっとも、680kgの軽量戦となると様相はだいぶ異なるようだ。4歳メムロボブサップを狙うも3着で終了。このレース単独で1億、1日の売上は、なんと5億9000万!!!売上好調の近年でも、1日に2億越えればかなりの好成績だったのだから、すごい記録。単独ナイターだったとはいえ、これはすばらしい。みんな娯楽に飢えてるんだよねぇ。

0424a

0424b

 JSPORTSで今日もデジタル・スイスを見て、早々に就寝。

 

2020/3/11:天山湯治郷へ♪

◆横浜・箱根:はれ:8343歩

 3・11から9年。またあのときともちがう社会不安に覆われる今日この頃。そういえば、昨日3・10は東京大空襲の日だし、たしか地下鉄サリン事件は3・20だったよね。。。

 それはそれとして、今日はポカポカ陽気ということで、気分転換に出かけることにする。もろもろ検討して、リスクの少なそうな天山湯治郷へ。東海道線グリーン~箱根登山鉄道~バスで2時間。途中、小田原の駅で、「コロナでOFFろう」というポスターに驚く。何ごとか?と思うと、小田原コロナワールドというのがあって、温泉やら映画館やらボーリング場などの複合施設らしい。これは厳しそうだよねぇ。。。

Image10_20200312083001

Image2_20200312083001

Image8_20200312083001

 湯本の駅前は、以前に比べるともちろん減っているけれど、少しは観光客もいる。天山湯治郷はいうと、まぁ普段から平日は空いていたから、お客さん激減という感じでもないかな。

Image7_20200312083001

Image9_20200312083001

 まずは源泉かけ流しの温泉でリフレッシュして、湯上がり処で缶ビア。ここの湯上がり処が、ただベンチがあるだけなんだけど、日当たりもよくて、雰囲気が実にいいんだよね。ウィルス騒ぎや、相場のことを忘れて、ぼーっとするのにホントいいんだ。

Image_20200312083001

Image1_20200312083001

Image4_20200312083001

 敷地内のお蕎麦さんへ。ここのお蕎麦がまた旨いんだよ。ホント、都心の蕎麦屋とも十分に戦える味で、おろし蕎麦1000JPY、おかわりお蕎麦500JPY。風の通るお外のお席で日本酒と焼き味噌とともに美味しくいただくよ。

Image6_20200312083001

Image5_20200312083001

 最後は、こちらも敷地内の別館ともいうべきお風呂を堪能して撤収。帰りは、ロマンスカー~東海道線グリーン車で。14:46には1分間の停車訓練だ。

Image3_20200312083001

 高校野球中止、いったん再開した宝塚中止。ムーミンバレーパークは再開。そういえば、週末の社杯ゴルフも結局中止になった。今は正解は誰にもわからないし、みんなそれぞれの立場で、リーダーが悩んだ末に責任もって決断しているのだから、直接の利害関係者以外が、あーだこーだ外野から批判するのは避けたいね。

 

 

2020/2/11:スーパービュー踊り子&伊豆クレイルで行く河津桜まつり♪

◆東京→横浜→河津→横浜:はれ:15641歩

 7時15分起床。あまおう、いよかん、バナナ、ヨーグルト、ハム、パン、サラダ、コーヒー。

 9時すぎに出発して、品川駅から東海道線。いったん横浜で降りて、ビアを調達して、11時24分発のスーパービュー踊り子5号。デビュー当時は斬新だった251系も3月で引退が発表されたので、お別れ乗車がてら恒例の河津桜まつりへ参戦する。祝日ということで、車内はほぼ満席でなにより。冬晴れで、富士山も根府川からの海も伊豆の海もきれいだ。

Image9_20200213085501

Image24_20200213085601

Image31_20200213085601

Image7_20200213085501

Image17_20200213085601

Image19_20200213085601

 桜の方は、やはり例年より開花は早めということで、もう6~7分くらいは咲いている。アジアの方は少ないけれど、祝日ということでけっこうなにぎわい。なぜか猿回しも盛大に。

Image6_20200213085501

Image4_20200213085501

Image28_20200213085601

Image11_20200213085601

Image2_20200213085501

 いったん河口側へ歩いてから、上流方向へ散策して、おなじみの踊り子温泉会館で入浴。

Image1_20200213085501

Image25_20200213085601

Image32_20200213085601

Image16_20200213085601

Image23_20200213085601

Image_20200213085601

Image27_20200213085601

 コロッケやらいちごやらを購入しながら駅へ戻って、帰りは、伊豆クレイル。いつか乗ろうと思っているうちに、この夏で引退が発表されてしまったので、急遽指定を確保。美しい塗装の特別車両だけれど、ベースは、常磐線のひたちでおなじみだったE651系ということで、4号車指定席はちょっと狭い感じは否めないけれど、こちらもほぼ満席でけっこうなにぎわいだ。

Image14_20200213085601

Image26_20200213085601

 観光用の快速列車ということで、稲取付近の眺めのよいところでは停車して海を見せてくれたり、伊東でも15分以上の停車があって、みなさんホームで記念撮影。構内には3月デビューのサフィールがいて、1番線にはリゾート21の黒船、3番線にはスーパービューが入線と、至れり尽くせりだ。

Image8_20200213085501

Image13_20200213085601

Image21_20200213085601

Image29_20200213085601

Image12_20200213085601

Image30_20200213085601

 2号車は、売店兼ラウンジになっていて、ギターの弾き語りなども行われている。ワインと焼きアジを購入して、座席にもどってゆっくり。待ち合わせも多く、根府川では後続の鈍行にまで道を譲って、18時すぎに小田原到着。小田原からは上野東京ライングリーン車で19時すぎに帰宅して早々に就寝。

Image10_20200213085501

Image20_20200213085601

Image15_20200213085601

Image3_20200213085501

 

2019/11/19:こだま号グリーン車で行く秋の滋賀・京都(2)比叡山延暦寺〜おごと温泉〜あがり家さんで大団円♪

◆京都→比叡山→おごと温泉→大津→京都→横浜:はれ:11845歩

 二度寝三度寝して4時半をすぎてからはあまり眠れず。朝マック、朝風呂。

 10時チェックアウトで、地下鉄で三条京阪へ出て、バスで比叡山へ上る。市内を抜けると、急な坂道をどんどん上って、眺望、紅葉ともにいい感じ。1時間弱で、延暦寺バスセンターへ到着。

Image14_20191121114301

Image10_20191121114201

 比叡山は初参戦。歴史も不勉強だし、ひと山全部が延暦寺ということで、広くてよくわからないのだけれど、とりあえず、東塔地区の根本中堂というのが国宝らしいので歩いていくと、大改装中。入場はできるので、お参りしてお守りなど購入。

Image4_20191121114201

Image12_20191121114301 

Image18_20191121114301

Image1_20191121114201

Image13_20191121114301

Image17_20191121114301

Image_20191121114301

Image8_20191121114201

 その他にも、いろいろあるのだけれど、寒波襲来、標高も高く、今日はいかんせん寒いので、あまり美味しくないお蕎麦をいただいて、日本一長いケーブルカーで早々に山を降りる。谷の深さと杉の木の高さがすごいね。

Image6_20191121114201

Image7_20191121114201

Image9_20191121114201

 ケーブル坂本駅から連絡バスでJRの比叡山坂本駅へ。さらに送迎バスで「スパリゾート雄琴あがりゃんせ」さんに参戦する。琵琶湖を展望する露天風呂を堪能して、湯上りラウンジで休憩。

Image3_20191121114201

Image5_20191121114201

 再び比叡山坂本駅へ出て、山科経由で大津へ。前職でお世話になったNさん、Kさんと久しぶりの再会。もちろんあがり家さんへ。

 ビアで乾杯してから、焼酎。あいかわらず、つまみもどれも美味しい。なつかしい話やお互いの近況など確認しながら、定位置で以前と変わりない時間をすごせるのはホントありがたいことである。

Image11_20191121114301

Image15_20191121114301

Image16_20191121114301

 21時近くまで堪能して、これまたおなじみの最終一本前ののぞみ号で帰宅。

Image2_20191121114201

 

 

2019/11/7:かれい川の湯に参戦♪

◆鹿児島→霧島→横浜:くもり時々はれ:5539歩

 二度寝、三度寝して6時半起床。さっそく朝風呂。この時期のさつま乃湯は、桜島の右側あたりに朝日が上るはずだったのだけれど、あいにく曇っていてみえず。

Image4_20191107134401

 城山観光ホテルといえば、充実の朝食ヴァイキングでおなじみ。久しぶりということで楽しみにしていたのだけれど、うしという方の情報にもあったように、正直、以前ほどの感動はないかなぁ。神戸のメリケンパークオリエンタルホテルの方がテンションは上がる感じ。それでも、南日本新聞を読みながら、きびなご、さつま揚げなど鹿県の名産も含めて、和のテイストでたっぷりと。せっかくなので、鯛茶漬けもいただく。

Image2_20191107134401

Image_20191107134401

Image1_20191107134401

Image3_20191107134401

Image6_20191107134401

 10時チェックアウトで鹿児島北ICから九州道を北へ。もう一度石原荘というプランもあったのだけれど、さすがに芸がないので、近くのかれい川の湯に初参戦してみる。

 ここは、いわゆる貸切風呂がたくさん並んでいる。露天風呂のあるやつ、水風呂のあるやつなど全部で12種類のお風呂から選べる。別に貸し切りじゃなくてもかまわないんだけれど、気がねなく撮影できるのはありがたい。露天風呂付きのるりかけすさんに参戦。おひとり様60分1300JPYだからまずまず。露天風呂はかけ流し、内風呂は随時お湯をためる方式。シャンプーや石鹸も貸してくれるけれど、もっぱら川沿いの露天風呂を堪能。妙見石原荘からほんの数分だからお湯は悪くないし、湯加減もちょうどいい。

Image8_20191107134401

Image9_20191107134401

Image10_20191107134401

Image7_20191107134401

Image5_20191107134401

 45分くらい堪能して、空港近くのセルフじゃないスタンドで給油してレンタカーを返却。ラウンジで東証に参戦して時間をつぶして帰京。第2ターミナルはあいかわらず断水中。どうなってんのかね・・・

Img_1965

Img_1966

Img_1969

 

 

2019/11/6:砂むしを堪能♪

◆霧島→指宿→鹿児島:はれ:6255歩

 二度寝、三度寝して、6時半起床。せっかくなので、オクシアに参戦して朝風呂。朝食ヴァイキングは、おなじみの新館1階で。渡り廊下の縄文展示も健在でうれしいけれど、新館地下のプール、エデンさんは、季節営業になってしまったようだ。まぁ、オクシアだけで十分だからねぇ。。。

Image10_20191106183401

Image2_20191106183401

Image5_20191106183401

 10時チェックアウトで、隼人東インターから隼人道路、加治木JCTで九州道へ合流して、指宿スカイラインの谷山ICから一般道を南下するおなじみのコースで、11時45分に指宿は砂むし会館「砂楽」さんに無事に到着。

Image18_20191106183401

 うしという方の情報では、昼の休憩は無くなったとのことだったのだけれど、平日はやはり12時から13時まで休憩とのことで、ギリギリ午前の部に間に合った。おなじみの浴衣に着替えて、海岸へ。今日もよく晴れてポカポカ陽気。

Image8_20191106183401

 久しぶりの砂蒸し。たっぷり15分。やっぱり芯から温まるね。なんか全体にだるっぽかったのが抜けるよ。サウナともまたちがう。アジアからのお客様も多くてみなさんエンジョイしているようで何よりだ。

Image15_20191106183401

 ホカホカしたところで、開聞岳を見ながらドライブして、これまたおなじみの唐船峡そうめん流しへ。平日日中でもソコソコにぎわってるから大したものだよ。ノンアルコールビアとやきとりとそうめん。でも、なんかヘンだ?つかみづらいぞ?と思ったら、なんと左利き用のテーブルだった!ほとんどの卓は水流が左回りなんだけど、右回りの卓を選んでしまったのだ。。。

Image14_20191106183401

Image4_20191106183401

Image1_20191106183401

Image6_20191106183401

Image3_20191106183401

 まぁ、それでも美味しくいただき、開聞岳を見ながらドライブ。JR最南端(沖縄にモノレールができるまでは日本最南端だった・・・)の駅の西大山をひやかすと、無人駅にもかかわらず、おみやげ屋さんなんかもあって、けっこうなにぎわい。1日に数本しかない列車がちょうどやってきたのだけれど、アジアの方々がコロコロ引っ張りながら乗り込んでた。器用に列車使ってるのね。

Image17_20191106183401

Image12_20191106183401

Image_20191106183401

Image13_20191106183401

 帰りは指宿スカイラインで山沿いを飛ばして鹿児島市内へ。本日は、これまた久しぶりの城山観光ホテル改め、城山ホテル鹿児島さんへ。

Image11_20191106183401

Image16_20191106183401

 さっそく、さつま乃湯へ入浴。高台から市内の夜景を見下ろし、その向こうには桜島。すばらしいビューの温泉を堪能。やっぱりすばらしいね。

 というわけで、昨日に引き続き、おなじみのコースの鹿県を堪能。湯上がりビアをいただき早めに就寝。

 

2019/11/5:妙見温泉〜京セラへ♪

◆横浜→霧島:はれ:7314歩

 6時起床。久しぶりにYCATから出発。連休明けの首都高速は渋滞で、空港まで40分ほど。

 羽田からの国内線はかなり久しぶり。連休明けの朝ということで、保安検査場の優先レーンが混雑しているのは、仕方ないのだけれど、そもそも2つしかないゲートのうちの1つを出発時刻が迫っている人専用にしてしまっているので、全然進まない。

 それでもまぁ、出発時刻が20分後とか25分の便の人を通すのは、まだ我慢するけれど、そういうギリギリの人が少ないとなると、40分後とか50分後の人までそっちへ誘導し始める。そんなの、このまま2列で普通に流せば余裕で間に合うのにさ。小生みたいに90分後の人とか思いっきりバカをみるよね。あいかわらず全然だめ。一方で、最近不祥事続発のせいか、普段は平気なジャムパーまで脱がされるし。

 気を取りなおして、ラウンジでまい泉をいただき、メルボルンCの投票を済ませて、68番搭乗口から飛ぶ。この秋は、いろいろバタバタしたので、そろそろ遠征と温泉が必要ではないかということで、当初は当然滝本が第一案として浮かんだのだけれど、たまには暖かいところでのんびり疲れを癒やすのも一興では?ということで、久々に鹿県へ向かう。あいかわらず全然ダメな機内Wifiでかろうじて、東証大幅反発を確認。

Image4_20191105190401

 久しぶりの鹿児島空港、実際は、横浜との気温差は2,3度くらいなのだろうけど、なんともポカポカ暖かい空気に感じられて南国気分が盛り上がる。ニッポンレンタカーさんでフィット号をゲットして、もちろん向かうは、妙見石原荘。

Image2_20191105190401

 こちらも久しぶりの川沿いの露天風呂。ちょうど、先客が退場するところで、しばらく独泉。あいかわらずお湯よし、眺めよし。今日は、天気もよしで、最高の気分。野外のかけ流しなのに、ここはいつ来ても温度もちょうどいいんだよね。こんなすばらしいお風呂がお日帰り様1200JPYっていうのはホントありがたいのひとこと。

Image_20191105190401

Image7_20191105190401

Image6_20191105190401

Image3_20191105190401

Image11_20191105190401

 入浴中にメルボルンカップ大敗を確認して、これまた久しぶりのホテル京セラへチェックイン。初めて来てからかれこれ15年くらい経ってると思うけれど、周囲の景色も全然変わらなくて、頻繁に通ったあの頃に時間が巻き戻ったみたいな気分になるね。

Image1_20191105190401

Image8_20191105190401

 いったんチェックインしてから、これもおなじみの「いちにいさん」まで歩いて、ランチビールとしゃぶかつセットで遅めのランチ。

Image9_20191105190401

Image5_20191105190401

Image10_20191105190401

 露天風呂からの昼ビアで、まったくもってすばらしいのだけれど、風邪がなかなか治らない。何やらアップグレードされたエクゼクティブシングルのベッドは、真央ちゃんでおなじみのエアウィーヴさんが設置されているとのことで、早めに就寝してゆっくりしよう。

 

 

 

 

より以前の記事一覧

(PR)

(PR2)


  • アンケートモニター登録