« 2005/4/15:○F6-3E(東京) | トップページ | 2005/5/7:○F2x-1T(札幌) »

2005/05/06

2005/5/6:●F2-10T(札幌)

 ドーム周辺では、タイガースグッズも販売され、遠征組の姿もある。交流戦緒戦がGWの北の大地とあれば、遠征にもってこいである。ライト側の外野席は、黄色に染まっている。1塁側と3塁側を間違えた人は意外と少なかったようである。
 入場するとスターウォーズのお面が渡される。この時点で、だいたい予想できたが、始球式は、SHINJOがダースベーダーで登場。かぶりものをしたまま、豪速球を投げ込み、バッターボックスのC3POは呆然と見送っていた。
 しかしながら、ビジョンには、1番センター岩本とある。あまりにもあんまりである。予告先発のない交流試合ということで元エースは、とうとうアテ馬である。SHINJOは体調が万全でないようで、結局、石本が出てきた。先発はできなくても、ダースベーダーはできるようである。
 安藤-金村の投げ合い。金村は、ボールが先行するので、2-3が多くなってしまう。要所を抑えるのはさすがだが、これでは、完投は難しそうと思っていたら、やはりあんまりなことになってしまう。
 タイガースのキャッチャーは野口。ファイターズなら任せろということなのであろう。バッティングでもヒット1本。坪井の打席の、「PL-青学-東芝-」の後の、阪神!のところでは、ライト側からも声援が飛ぶ。そういう意味では、我らが片岡がDHででも出場してくれれば楽しかったのだが、実現せず。
 7回には北の国からも聞くことができて、2-0で迎えた8回。1死2,3塁での建山への交代はやむを得ない。しかし、ちょっとしたことから、徹底的にやられてしまった。金本のセカンドゴロで併殺を焦ってオールセーフ。記録はヒットだったが、アウト1つなら、なんでもなくとれたはずで、実質はエラー。結果的にはこれが痛かったが、いかにも打てそうになかった浜中に勝負を焦って打たれたのも痛恨。ほんのわずかのことから、あまりにもあんまりなことになってしまう。場内は、六甲おろしの大合唱。ちょっとやってられない。絶妙なタイミングでタイガースファンのT氏から電話。あんまりである。
 この後の予定は、ジンギスカン→入浴→マッサージ→氷イチゴミルクと忙しいので、早々に退場したいのであるが、幸雄さんが代打に出てきそうなので、待機していると、オバンドー選手が出てきてしまった。さらにSHINJO。
 9回にも4点とられ、とにかく帰りたいのだが、幸雄さんを待つ。最後の最後、9回2アウトで登場してセンターフライ。あまりにもあんまりである。


ANAで行くファイターズ交流戦in北の大地

しんちゃん日記 5/6:交流戦in北の大地

|

« 2005/4/15:○F6-3E(東京) | トップページ | 2005/5/7:○F2x-1T(札幌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005/5/6:●F2-10T(札幌):

» 交流戦 初日 [ざわ とーく]
 さて、今日から交流戦が始まったわけだが…  あ、あまりにむかついてるんでハム戦については書かないことにしてますわ。  2-0から8回9回で10点とられるなんてプロの試合じゃないわ。[日刊式スコア]...... [続きを読む]

受信: 2005/05/07 13:58

» 交流戦開幕 !! [ざわ とーく]
 いよいよ待ちに待った交流戦、とうとう本日開幕である。 [続きを読む]

受信: 2005/05/07 14:12

« 2005/4/15:○F6-3E(東京) | トップページ | 2005/5/7:○F2x-1T(札幌) »