« 2005年8月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/26

2006/3/26:○F5-2E(札幌)

 10時半すぎにチェックアウト。ちょうど雨も止んで、まずまず穏やかな気候。すでに地下鉄の車内から、ファンの姿がめだつ。本日は、ないるさんとご友人が先着してくれていて、小生とかんさんがやや遅れて到着。ビジターの指定席をのぞいて埋まり、2万9000人。まずまず合格といえよう。
 ファイターズ先発は、江尻。金村以外は、計算できない先発陣とはいえ、リー、ダルビッシュ、八木あたりを先に見たかった。今さら江尻に、大きな期待をするのは酷ではないかと思う。初回からピンチの連続。点をとっても、すぐとられてしまう。さすがに3回途中で見切った。昨日のトーマスもそうだが、ヒルマン監督は、今年は、早めは止めの投手交代を心がけているらしい。
 今日は、2番手のルーキー武田勝のピッチングがすばらしかった。スピードはないが、コントロールがよく、ストライク先行で見ていても気持ちがよい。プロ初登板なので、いい形で終わらてあげた方がよいので、2回くらいで交代させるかと思っていたが、3回1/3をほぼ完璧に抑えきった。すばらしい。
 こうなれば、あとは、かんさんごひいきであるところの建山の出番である。北の大地のファンは、森本をはじめとする若手野手には暖かいのだが、中継ぎ、抑えには、けっこう辛らつがヤジが飛ぶ。やはり、勝ちゲームを壊されると印象に残ってしまうのであろう。井場、横山ほどではないが、建山にも、
「あいつは、ランナーがいるとダメだ。」
 との声が聞こえてくる。まぁ、たしかに昨年は、登場していきなり走者一掃のタイムリーを打たれるシーンが多かった。その点、今日は、3点リードの7回の頭からというセットアッパーとしては、理想的な場面。本領を発揮してもらいたかったのだが、いきなり連打され、一死もとれず終了。かんさんが呆然とする中、連投の武田久が見事に抑えた。しかし、昨日も頭からでてきて四球で退場したトーマスの後で登板したのだから、武田久も大変である。
 9回は、マイケル。代打益田がヒットの後、おなじみの鉄平。当然代打攻勢かと思うと、そのままでてきてフライ。続く代打河田。しかし、ビジョンには、フルネームで”河田寿司”と表示されている。これでは、寿司屋である。代打攻勢で反撃という気分が盛り上がってこないと思う。あっさり2死となり、磯部がつないで、フェルナンデスの一発で同点という場面までいったが、無事に無失点で切り抜け、12年ぶりの開幕2連勝。W武田-マイケルの方程式は、昨年までと比べて安心してみていられるが、特に若いW武田を酷使したくないので、建山には、早く立ち直って欲しい。(トーマスと横山は、別に立ち直らなくてもよいが。むしろ立石に上がってきて欲しい)
 打線は、今日も木元が欠場したが、サードの飯山がバントと守備で十分安定しているところを見せた。小笠原が1塁のこのフォーメーションだと、幸雄さんの出番がまったくないのが悲しいが、昨年のアルモンテとちがって、マシーアスは役にたちそうでである。愛嬌もあって、早くも北の大地の心をつかみつつある。攻撃陣の層は確実に厚くなってきている。

d060326bd060326c

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/3/25:○F3-1E(札幌)

d060325bd060325dd060325fd060325j

 千歳空港からバスで直行する札幌ドーム。列の後ろを探すと、1周回って反対側に並ぶのだという。ちょっと考えれないことになっている。そのわりには、1周回って戻ってくると、盛大に横入りしている人もいるし、早朝から並んだかんさんもハイタッチができないど、いろいろと不手際があった。本日の入場者42393人。今日のところは許すことにする。やはり、うしという方の時代は終わったようである。
 かんさん、ないるさんと合流。甥っ子がいつのまにか2人になっている。
 試合開始直前。ハーレーに乗ってSHINJOが入場してくる。衝撃的である。常に想像の上を行く。格が違いすぎる。ただし、本日のバッティングは、いいところがなかった。
 1回裏、WBC帰りの小笠原、初球、最初のスイングがホームラン。さすがである。世界を相手に戦ってきた戦士に一場では、やはり勝負にならないのであろう。
 楽天は、1番が鉄平と言われてもまったくわからないが、フェルナンデスの加入で、2番沖原から6番山崎武まではそれなりの名前が並んだ。7番リックというのは、いかにも安心そうであるが、後ろの少年の説明によると、マリーンズにいたショートが改名したのだという。北の大地の人々もみなずいぶん詳しくなってきた。8番の憲史というのは、川口だろう。8番川口というのは、侮れない打線である。
 途中、オーロラビジョンに、他球場の途中経過。「ソフトバンク5-0楽天」と表示されている。いかにもという感じである。「やっぱりねぇ。。。」と思うが、よく考えてみると、楽天は目の前にいる。マリーンズの間違えであるが、楽天関係者には、かなり失礼である。
 試合の方は、金村は、絶好調とはいえない感じだったが、それなりに抑え、打線もあいかわらずヒットの本数の割には、点が入らなかったけれど、まぁ安心して見ていられた。
 8回表は、昨年前半、徹底的にやられたトーマス。ジャンプ観戦に備えて、席を立つと、いきなり四球で交代。さすがとしかいいようがない。その裏は、ノーアウト1,2塁で、今日好調の稲葉。バントのそぶりはまったくなく、結局この回無得点。こういうことをやると、ライオンズあたりが相手だと確実につけこまれるのだが、その点、イーグルスは安心である。武田久-マイケルのリレーは、安心して見ていられる。井場-横山とは、えらい違いである。先発は不足しているものの、中継ぎ&抑えは、けっこう充実してきたような気がする。入来が抜け、めだった補強もされず、普通に考えれば5位が指定席となりそうな今年だが、こういうときは、案外上位に食い込んだりするものである。スカイマーク10000円、エアドゥ8600円。北の大地は身近になっている。どんどん足が向くようがむばってもらいたいものである。

しんちゃん日記 3/25:ANA無料航空券で行くファイターズ開幕戦&原田雅彦ラストジャンプ(1)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2006年4月 »