« 2006/5/23:○F5-3G(東京) | トップページ | 2006/6/3:●F2-4YB(横浜) »

2006/05/25

2006/5/25:○F5-2G(東京)

 さすがにちょっと気まずい雰囲気を感じつつも、本日も18時に退社。18時半にはドームに到着したのに、もう2回が終了している。Fs八木は、今日もすばらしいピッチングで打たれそうな気配がない。一方のGグローバーは、特によいとも思えず、ファイターズの貧打に助けられている感じ。
 一昨日、今日とセ主催試合を見て感じるのは、下位打線の攻撃の難しさ。何しろ投手がまったく打てないし、送りバントも難しい状況なので、木元、鶴岡あたりに送りバントさせても、2死2塁では、唯一打てそうな金子が敬遠されてしまう。そんなわけで、けっこう強引な盗塁やエンドランでアウトになる場面も目立ったが、積極的なのは、悪くない。
 6回、ようやく打線がつながった。稲葉タイムリーで、北の国からが流れ出し、SHINJO犠牲フライ、木元タイムリーで3点。この3連戦、1塁側と3塁側のお客さんの入りがあまり違わない。もちろん3塁側にも読売ファンが多いのではあるが、小生の前の席の小学生たちは、ファイターズの連打に歓声を上げている。隣の若い女の先生は、すっかりしょげている。
「先生、まさか巨人応援してるの?!」
「当たり前じゃない!」
「えぇぇぇぇ。。。」
 世の中まだまだ捨てたものではないようである。昼間は遊園地、夜は野球、明日は国会議事堂という日程のようである。未来の日本を背負ってたってもらいたい。
 7回、さすがに八木が疲れたところで、武田久。ピシャリと締める。1点に抑えたのは大きい。8回にダメ押しの稲葉2ランで普通なら楽勝となるところだが、一昨日と同じように9回裏、帰り支度をして、立見席に下りた途端に、ニ岡タイムリー、高橋四球で雰囲気が怪しくなってくる。なんとかマイケルが抑えて勝利。読売戦2試合観戦して、2試合とも勝利とはすばらしい。遠征を4勝4敗の5分で終えて、北の大地へ。あとは、ないるさんとかんさんにお任せ!

D060525a_1

|

« 2006/5/23:○F5-3G(東京) | トップページ | 2006/6/3:●F2-4YB(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/5/25:○F5-2G(東京):

« 2006/5/23:○F5-3G(東京) | トップページ | 2006/6/3:●F2-4YB(横浜) »