« 2006/5/3:●F1-6L(札幌) | トップページ | 2006/5/6:○F6-4E(宮城) »

2006/05/05

2006/5/5:○F4-3E(宮城)

 初夏の陽気の仙台。北の大地から、はまなす、Jのつく航空会社、フェリーなど思い思いの方法で杜の都入り。ベガルタ仙台ファンと思われるタクシーの運転手さんの案内で、フルキャストスタジアムへ。屋根のないスタジアムでの観戦は久しぶり。やはり、ワクワク感がちがう。5割復帰で迎えた楽天3連戦。あわよくば3連勝といきたいところである。
 このところ不振の続くファイターズ打線は、マシーアスとセギノールのところで切れてしまう。応援団の声援も、
「奇跡を起こせ!マシーアス」
 という悲壮感漂うものだったのだが、3回、そのマシーアスが四球を選ぶと、小笠原がタイムリー。
 6回には、酔っ払ったおじさんが、セギノールに、代打を主張して応援団を呆然とさせるが、これに発奮したのかセギノールがフェンス直撃の2ベースを打てば、稲葉2ランで4-0。不振の2人がつないで、今日は、効率のよい攻撃。盗塁も2つも決めていい感じである。
 先発の八木は、ノーヒットノーランを期待させるような見事なピッチング。7回87球、フェルナンデス以外は完璧に抑えて、完投ペースだったが、大事をとって交代。まぁ、武田-マイケルで磐石のリレーかと思うと、8回、なんとトーマスである。あまりにもあんまりである。いかにも四球と思わせておいて、本当に四球2つで交代だから、どうしようもない。開幕戦でもまったく同じような場面があったような気がする。尻拭いをさせられる武田久は、たまったものではないと思うが、高須をダブルプレーに打ちとり1点で切り抜ける。
 開幕戦との違いは、9回にも落とし穴があったこと。このところ不安定なマイケル、1点差に詰め寄られて、佐竹ならなんとか抑えられるかと思っていると死球。磯部にまわってしまい、場内アウェームードが最高潮。ついにマイケルをあきらめて、なんと岡島。あわやサヨナラホームランという当たりは、フェンス直前でひちょりのミットに収まり、事なきをえたが、負けていたら大変なことになるところだった。本当にトーマスだけは勘弁して欲しい。やれやれ。。。

5/5:フルキャストスタジアム参戦(1)

D060505lD060505m

|

« 2006/5/3:●F1-6L(札幌) | トップページ | 2006/5/6:○F6-4E(宮城) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/5/5:○F4-3E(宮城):

» 5/5:フルキャストスタジアム参戦(1) [しんちゃん日記]
◆遠野→花巻→北上→仙台:くもり  北の大地からのモーニングメールで起床。さっそ [続きを読む]

受信: 2006/05/06 01:56

« 2006/5/3:●F1-6L(札幌) | トップページ | 2006/5/6:○F6-4E(宮城) »