« 2006/5/5:○F4-3E(宮城) | トップページ | 2006/5/9:○F3×-2D(札幌)【かん戦記】 »

2006/05/06

2006/5/6:○F6-4E(宮城)

 ファイターズ先発江尻は、初回から毎回のように打たれているのだが、前半は奇跡的にゼロに抑える。
 一方、ファイターズは、2回、森本のレフト前ヒットの際、エンドランの金子が好走塁で3塁へ進み、クロスプレーのスキに森本も2塁へ。次のマシーアスの浅いタイムリーで森本が金子に追いつきそうになりながら、2人生還したのだからファイターズらしからぬ効率のよい攻め。今日もその他に盗塁が2つあり、走塁面で積極性が出てきたのは見ていても楽しい。
 5回。好調の金子がヒットで出塁すると、それほど悪く見えなかった金田から藤崎に交代。ちょっと謎。隣の楽天ファンからは、
「また26点取られるんじゃないか?」
 と不安そうな声。さっそく金子が盗塁。森本が送ると、セギノールの犠飛をはさんで主軸が4連打。6-1として、試合は決まったかに見えた。
 今日は、前半は、椅子席で観戦していたのだが、このあたりは、楽天ファンが多い。敗色濃厚ということで、隣の熱烈な楽天ファンの女性も、もっぱら小笠原のお尻などに注目していたようだが、その裏、ついに江尻がメッタ打ちとなると、俄然元気が出てきて、
「わっしょい、わっしょい、山崎、わっしょい。」
 などと盛り上がってきて、アウェーの気分。勝利投手の権利目前ということでやむを得ないのだが、交代がワンテンポ遅れる。武田勝へ。6-4。居心地が悪くなってきたので、かんさんたちが陣取るファイターズ応援席へ移動。
 昨日の今日なので継投が悩ましいが、おそらく6回もそのまま武田勝で、7回から建山で、8回が武田久かと思っていると、6回から建山。なんとか抑えるが、まだ3イニング残っている。7回から武田久が2イニング。まったくご苦労さまとしかいいようがないが、今日もほぼ完璧なピッチング。すばらしいの一言。
 ということで、勝ちパターンなのだが、追加点がなく2点差で9回。ひょっとしたら岡島かとも思ったが、やはりマイケル。鉄平に四球とは、あまりにもあんまりで、もはや、昨日に引き続き祈るしかないのだが、高須がピッチャーライナー併殺で奇跡的に抑えた。この2試合、高須がアンラッキーボーイになっているようだ。ないるさんのフェリーの時間にもギリギリ間に合い、なんとか2連勝で大団円。昨日、今日と守備も実によかった。明日は、エース金村が、故郷での復帰戦だが、たぶん雨なのだろう。
 楽天は、フルキャストスタジアム史上最高の21000人のファンの声援も空しく、先発全員14安打で連敗。しかし、ファイターズも昨年のように圧倒的な勝ち方はできなくなってきているし、こういう展開なら、ファンも盛り上がれるとは思う。ファイターズがライオンズやホークスになかなか勝てないのと同様に、わずかのようでも大きい差があるとは思うが、ライオンズやホークス(ダイエー)も、最初の頃は、あまりにもあんまりなことになっていたのだから、杜の都のファンには、暖かく末永く声援を送っていただきたいものである、とエールを送って筆を置く。

D060506cD060506g

|

« 2006/5/5:○F4-3E(宮城) | トップページ | 2006/5/9:○F3×-2D(札幌)【かん戦記】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/5/6:○F6-4E(宮城):

» 5/6:フルキャストスタジアム参戦(2) [しんちゃん日記]
◆仙台→横浜:はれ  モントレのベッドは、実によく眠れる。あまりの陽気に、調子に [続きを読む]

受信: 2006/05/07 00:19

« 2006/5/5:○F4-3E(宮城) | トップページ | 2006/5/9:○F3×-2D(札幌)【かん戦記】 »