« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/25

2006/5/25:○F5-2G(東京)

 さすがにちょっと気まずい雰囲気を感じつつも、本日も18時に退社。18時半にはドームに到着したのに、もう2回が終了している。Fs八木は、今日もすばらしいピッチングで打たれそうな気配がない。一方のGグローバーは、特によいとも思えず、ファイターズの貧打に助けられている感じ。
 一昨日、今日とセ主催試合を見て感じるのは、下位打線の攻撃の難しさ。何しろ投手がまったく打てないし、送りバントも難しい状況なので、木元、鶴岡あたりに送りバントさせても、2死2塁では、唯一打てそうな金子が敬遠されてしまう。そんなわけで、けっこう強引な盗塁やエンドランでアウトになる場面も目立ったが、積極的なのは、悪くない。
 6回、ようやく打線がつながった。稲葉タイムリーで、北の国からが流れ出し、SHINJO犠牲フライ、木元タイムリーで3点。この3連戦、1塁側と3塁側のお客さんの入りがあまり違わない。もちろん3塁側にも読売ファンが多いのではあるが、小生の前の席の小学生たちは、ファイターズの連打に歓声を上げている。隣の若い女の先生は、すっかりしょげている。
「先生、まさか巨人応援してるの?!」
「当たり前じゃない!」
「えぇぇぇぇ。。。」
 世の中まだまだ捨てたものではないようである。昼間は遊園地、夜は野球、明日は国会議事堂という日程のようである。未来の日本を背負ってたってもらいたい。
 7回、さすがに八木が疲れたところで、武田久。ピシャリと締める。1点に抑えたのは大きい。8回にダメ押しの稲葉2ランで普通なら楽勝となるところだが、一昨日と同じように9回裏、帰り支度をして、立見席に下りた途端に、ニ岡タイムリー、高橋四球で雰囲気が怪しくなってくる。なんとかマイケルが抑えて勝利。読売戦2試合観戦して、2試合とも勝利とはすばらしい。遠征を4勝4敗の5分で終えて、北の大地へ。あとは、ないるさんとかんさんにお任せ!

D060525a_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/23

2006/5/23:○F5-3G(東京)

 今日の先発はリー。どうも最近は、リーの試合にあたることが多い。本当は橋本とかも見たいのだけれど。リーは、7回3失点というタイプなので、5点くらいとらないと勝てないと思うのだが、今のファイターズが5点とれるかと言われると難しいものがありそうだ。ところが、ドームへ向かう途中、後ろを歩いている読売ファンらしき人が、
「今日は、西村だから5点はとられる。7点とらないと勝てないよ。」
 と話している。大変心強いし、実際その通りであった。
 3塁側2FD指定席1列474番というかなり衝撃的な席で観戦。オリコカードの看板の下あたりである。
 初回、2死満塁から、木元のラッキーなヒットで2点先制。その裏、さっそく危なかったのだが、森本のファインプレーで1点で抑えたのが大きかった。
 2回、金子が今季1号。昔はけっこうホームランも打ったのだが、最近では非常にめずらしい。かんさんが観戦していたら鼻血でもだしそうである。3回には、SHINJO7号。
 4回、金子の当たりは、あわや2打席連発という3塁打。かんさんが観戦していたら失神しそうである。次のリーは、まったく打てないのに、四球。これでは読売の野手はたまらない。1死後、田中賢介が難しいボールをうまくスクイズを決める。
 まぁ、はっきりいって、楽勝ペースなのだが、だからといって、5回、6回、7回とチャンスをつぶしつづけてよいというものではない。読売の敗戦処理は、よく知らない投手ばかり。小笠原が一本打てば決まりだったのだが、5打数ノーヒット。金子は3打席目もヒット。4打席目は四球。あと1人で5打席目がまわってこなくて、サイクルヒットのチャンスを逃し残念。
 9回、1階の立見席へ移動。4点差で、左打者が多いので、岡島かとも思ったが、武田久。イ・スンヨプのサードゴロがなぜか内野安打になる。セカンドならともかく、木元のサードは本当に困る。本来なら試合終了なのに、2死から打たれて、マイケルに交代。そのマイケルも亀井に死球を与えて、最後はかなり怪しい雰囲気だったが、一杯に逃げ切った。こういう試合を落とすとここまでの好調が一気に終了する恐れがあるが、今のところ、勝ちゲームをほとんどすべて勝ちきっているのは、大したものである。

D060523b_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/05/13

2006/5/11:○F4-3D(札幌)【毎日毎日お疲れ様です(ないる)】

いつものように福住駅でHBCラジオをつけると、1回表セギノールの打席。
目下絶不調のセギ様だが、なんと2ベースヒットでGUTS生還、2-0!
おっ!すでに1点入ってるのね(^^♪
安心して、ピンバッチをもらったりガチャポンしたりして、白石さん(仮称)の待つ内野自由席に到着したときは、1回終わって3-0。

今日はラクに勝ちたいねぇ~と話していたけど、そう簡単にはいかないんだよねぇ~(>_<)
2回から5回までファイターズは3者凡退。6回は、絶不調(から脱出?)のセギ様が打ったものの、期待の稲葉がダブルプレーで、冗談じゃなくドーム中が「イナバー↑…ウワァ~↓」のため息。

4回表に、内野安打2本と橋本の悪送球で2失点。もったいないなぁ。。。内野安打2本は、どっちも選手会長マコがすばらしいプレーで取ったんだけど、ランナーもいい走りだったので残念だわ~

YMCA、今日はノリノリのお兄さんいないねぇ~と話していたら、白石さんが外野席で踊るお兄さんを発見!
今日もノリノリダンスで、終わったあと観客席から握手を求められていました。
ヒルマンちゃんは、ドラゴンズ3連戦、お休みの模様。

7回表、これまで内野安打3本(※)で完璧に押さえていた橋本が、ウッズ、アレックスに連打されたところで、投手交代。(※正確には、1回表にヒットあったけど、見てないので入れてない)
中継ぎ陣、仙台でも大忙しだったので、もうちょっと橋本にがんばってもらいたかったんだけど。。。
ランナー2人なのでトーマスは使えないよね~と話していたら、ちょっとお久しぶりの武田勝。
なんとかこの回抑えてくれればと思ったけど、立浪にヒットを打たれ、高橋光の犠牲フライで3-3の同点に追いつかれたところで、建山に交代。ホント、毎日毎日お疲れ様です。
そして、8回の木元の凡プレー(記録もエラー)にもめげず、よく抑えてくれました。ありがとう、建山!

9回表、これまた、毎日毎日お疲れ様です…のたけちゃん。
さすがにお疲れなのか、3連打で満塁のピンチとなり、見ているこっちも緊張。
でも頼れる背番号21、このピンチを無得点で切り抜けてくれましたぁ\(^o^)/
岩ちゃんじゃないけど、たけちゃん最高ぉ!!!

9回裏、ピンチの後にはチャンスあり。
っていうか、今日は早く帰りたいよ~サヨナラで決めてくれ~
先頭打者の稲葉、さすが!センター前ヒット!
SHINJO、内野ゴロで稲葉2塁に進塁、次はさとぼう、2日前のR-37劇場の再演か?!
待望の応援歌は今日もお預け、ここでチャンステーマの北の国から♪
さとぼう、デットボール?!…いや、(残念ながら?)グリップにあたってファウルのようだ。
さとぼう三振、代打幸雄さんか?!…いや、賢介がそのまま打席に向かうようだ。
思ったとおり(失礼!)、賢介あっさりアウト。
R-37劇場の再演ならず、今日もまたまた延長戦…はぁ~

10回表、やっぱり、毎日毎日お疲れ様です…のマイケル。
まさか、あんまり見たくないマイケル劇場再演?と思ったが、ダブルプレーもあり、なんとか抑えきって再演なし、よかったぁ~見ているほうも緊張の連続、時間以上に疲れるわぁ~

途中、他球場の結果(or経過)が映し出され、3塁側がおおいに盛り上がる。
で、今後の展開を議論↓
引き分けでも同率首位だから、なんとか守りきれれば(←弱気)
でもそうなると、12回までやらなきゃいけないわけで、トーマスにすべてを託すことになる?!
それはいかん。なんとか、得点しなれれば!

で10回裏、ドラゴンズのピッチャーは、おおぉ!ライオンズ時代が懐かしいデニー!!!
ひちょりヒット!
続くマシーアス、バントした打球が3塁線をころがり、キャッチャー、サード、主審の3人が頭をつき合わせて見つめる中、ライン内ギリギリで奇跡的にピタッと止まる!!
デニー交代。GUTS、ヒットで1アウト満塁!!!
セギ様、お願いだからダブルプレーだけは勘弁(←弱気)
なんと最後は、セギ様押し出しのフォアボール!!!
サヨナラ~\(^o^)/~~~~わぁ~~~い!

そしてヒーローインタビューは、毎日毎日お疲れ様ですトリオ、建山、たけちゃん、マイケル。
ホントに、毎日毎日ありがとう!
最後まで残って応援していた観客も、もちろんそれは十分すぎるほどわかっていて、3人に対する賞賛の拍手、声援がすごかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/5/9:○F3-2D(札幌)【R-37(ないる)】

2年前のファイターズは、何点差をつけられても追いつける気がした。そして、何点差をつけても安心できなかった。
今年のファイターズは、1点差でもあんまり逆転できる気がしない。でも、1点差でもなんとか守りきれるような気がする。

今日の試合も、10回裏のR-37劇場までは、なかなか打てそうな気がしなかった。
9回終了までドラゴンズは10安打、ファイターズは稲葉とSHINJOの3安打で川上に完全に抑えられている。
これで2-2の延長戦なんだから、ファイターズがよく守っているというか、ドラゴンズの逸攻というか。。。

しかし、今日は奇跡が待っていた!!!
10回裏、この回も打てそうにないなーと、のん気にお手洗いに席を立っていたら、
「4番DH セギノール」のアナウンスが聞こえてきた。
続いて、稲葉のクイーンの曲。あれ?セギは???(→初球アウトだったらしい)
急いで席に戻る途中で、稲葉がヒット!さすが~すばらしい!
そして引退宣言後、チャンスに勝負強さが戻ってきたSHINJOが連続ヒット!
やったぁーーー!
でも、ここまでは奇跡でもなんでもない。選手の実力、実力。
そして次の打者は、先日仙台で待望の初打席を迎えたばかりのさとぼう!
え?代打じゃないの?バントするの?(←失礼)
でも、これでやっと、さとぼうの応援歌が歌えるぞ(^^)
(今シーズン、せっかく応援歌ができたのに、歌う機会がなくって。)
しかしここで、らーらぁ~らららら、らぁ~ら♪…残念!チャンステーマが始まった。
北の国からが流れる中、なんとさとぼう、センター前ヒット!満塁!
おぉぉぉ~すばらしい!ここで初ヒットを打つとは!!!
ネクストバッターボックスには、賢介に代わって幸雄さん!
大丈夫か?(←失礼)
1アウトなので、犠牲フライでもゴロでもいいので、なんとかランナーを帰してくれれば…(←弱気)
あぁぁ…幸雄さん、ボテボテのゴロ。。。と思ったら、なんと、前進守備の間を抜けて、ボールはセンター前まで転がってくじゃないか!
やったぁー!やったぁー!やったぁー!!!
今シーズン初のサヨナラ試合!それも幸雄さんが打ったぁぁぁ!!!
バンザーイ\(^o^)/バンザーイ\(^o^)/バンサーイ!\(^o^)/

当然、ヒーローインタビューは、幸雄さん。
しかし、幸雄さん、
「打球がヒットになった瞬間、どう思いましたか?」の問いに、
「ああ、ヒットだなぁ」って…(^^;

今日は、さとぼう37歳&幸雄さん38歳のR-37コンビの活躍で、勝つことができました。
ありがとう!!!

あと、ファイターズの守備はすばらしかった。打てない分、守りでピッチャーを助けている感じ。
目立つプレーはないものの、選手会長マコちゃんは安心してまかせられるすばらしい守備。
10回表バント時のGUTSとマシーアスの猛ダッシュは、今日のハイライト!って感じ。
唯一残念だったは、8回の賢介。強襲ヒットになったけど、あれは捕ってあげないと、たけちゃんがかわいそうだよ~
そして、開幕からフル稼働の中継ぎ陣、ホントご苦労様&ありがとう、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/10

2006/5/9:○F3×-2D(札幌)【かん戦記】

セ・パ交流戦、本日開幕戦です。

Photo

日ハム先発リー。

中日先発川上。

お客さんが少なく、はじめは内野で見ていましたがガラガラなので外野に移動。

ライト側では盛大な”狙い撃ち”の応援が行われている。

2回裏に稲葉、SHINJOのヒットで先制するも、4回表に福留、アレックス、立浪に打たれ、同点に追いつかれる。1-1。

6回表には、アレックスにヒット、高橋光に二塁打を打たれ、いつものハムならいかにもこのまま負けそうな試合展開。1-2

しかし、7回裏の稲葉選手のソロHRからドラマが始まった。。。

これで2-2同点。試合は振り出しに。

8回9回と両チーム無得点のまま、10回の攻撃へ。

10回表 ドラゴンズの攻撃。ピッチャーはMICHEALから建山へ。

しょっぱなからアレックスがセンター前ヒット。

続く代打川相にはデッドボール。

これはちょっと嫌な展開。いかにも打たれそうな感じがしましたが、小笠原選手が渡邉の送りバントを即三塁へ送球してフォースアウト!

サードマシーアスは、一塁へ送球、アウトを取る。これで2アウト。

谷繁をサードフライに取り、チェンジ。

ほっ。

今日のGUTSさんは三振の山を築き、攻めはいいとこ無しでしたが、守りはすばらしかった。鮮やか!

気持ちも高揚する10回裏の攻撃!

ドラゴンズ、投手は川上→岩瀬へ。

セギノールは今日もいいところがなく、あっさり1アウト。

(本当にこの人そろそろパナマへ帰されるんじゃないだろか。)

ダメダメムードになるかと思いきや、稲葉がセンター前ヒット!

(稲葉はチャンスに強い。ちょっと重くなりそうな雰囲気をガラっと変えてくれました。本日猛打賞。)

これでずいぶん勢いづく。

応援もヒートアップ!もしかしたら勝てるかも!と期待ふくらむ。

続くSHINJOが鮮やかなライト前ヒット!!

ますます応援にも力が入る。ちょっと前のSHINJOだったら、こういうチャンスをことごとく潰していたのだけれど、絶好調のようで、すばらしい当たり!!

信二から交代した中嶋捕手、期待通りヒットです。これで、1アウト満塁の大チャンス!

ここで、田中賢介に代わり、代打田中幸雄でございます。

キター!!打ちましたー!!!

センター前サヨナラタイムリー!

あまりにも期待通り過ぎて信じられない展開。

今シーズン一番盛り上がった試合でした。

スタメンではなかなか使われなくて、たまに代打で出てもいい結果はでなくて、今日もダメかも、と思ったりもしましたが、ミラクルです☆

Photo_1

代打でこれだけの力が出せるとは、あっぱれです。

「お~い!お~い!北海道♪バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!!」

銀色のプシューも降ってくるわけですよ。

おもしろかったのが、ヒーローインタビュー。

「全然サヨナラだと思ってなかったので。それだけ集中していました。」

。。。しばし絶句。おう、なんと、不思議発言。言ってることがよくわかりませぬ。

これで、積み重ねたヒットは1972本。2000本まで28本となりました。

Photo_2 期待していなかったわけではないのですが、あまりにも期待通りすぎて、最高最高!!

こんなにすばらしい試合、見たことないです。

去年は散々な結果に終わった交流戦。

今日の時点で、20勝16敗と貯金がちゃりーんです。

つかの間のお金持ち気分にならないように、ただひたすらに蓄えるべし!

今シーズンのファイターズ、ひょっとしたらひょっとするかも!

なにせ、私があかちゃんのときから一度も優勝していないのだから、そろそろ一花咲かせとくれ。

札幌の桜は今週末満開を迎える。飛ばせ!運べ!幸雄!

ありがとう、幸雄さん!ありがとう、ファイターズ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/06

2006/5/6:○F6-4E(宮城)

 ファイターズ先発江尻は、初回から毎回のように打たれているのだが、前半は奇跡的にゼロに抑える。
 一方、ファイターズは、2回、森本のレフト前ヒットの際、エンドランの金子が好走塁で3塁へ進み、クロスプレーのスキに森本も2塁へ。次のマシーアスの浅いタイムリーで森本が金子に追いつきそうになりながら、2人生還したのだからファイターズらしからぬ効率のよい攻め。今日もその他に盗塁が2つあり、走塁面で積極性が出てきたのは見ていても楽しい。
 5回。好調の金子がヒットで出塁すると、それほど悪く見えなかった金田から藤崎に交代。ちょっと謎。隣の楽天ファンからは、
「また26点取られるんじゃないか?」
 と不安そうな声。さっそく金子が盗塁。森本が送ると、セギノールの犠飛をはさんで主軸が4連打。6-1として、試合は決まったかに見えた。
 今日は、前半は、椅子席で観戦していたのだが、このあたりは、楽天ファンが多い。敗色濃厚ということで、隣の熱烈な楽天ファンの女性も、もっぱら小笠原のお尻などに注目していたようだが、その裏、ついに江尻がメッタ打ちとなると、俄然元気が出てきて、
「わっしょい、わっしょい、山崎、わっしょい。」
 などと盛り上がってきて、アウェーの気分。勝利投手の権利目前ということでやむを得ないのだが、交代がワンテンポ遅れる。武田勝へ。6-4。居心地が悪くなってきたので、かんさんたちが陣取るファイターズ応援席へ移動。
 昨日の今日なので継投が悩ましいが、おそらく6回もそのまま武田勝で、7回から建山で、8回が武田久かと思っていると、6回から建山。なんとか抑えるが、まだ3イニング残っている。7回から武田久が2イニング。まったくご苦労さまとしかいいようがないが、今日もほぼ完璧なピッチング。すばらしいの一言。
 ということで、勝ちパターンなのだが、追加点がなく2点差で9回。ひょっとしたら岡島かとも思ったが、やはりマイケル。鉄平に四球とは、あまりにもあんまりで、もはや、昨日に引き続き祈るしかないのだが、高須がピッチャーライナー併殺で奇跡的に抑えた。この2試合、高須がアンラッキーボーイになっているようだ。ないるさんのフェリーの時間にもギリギリ間に合い、なんとか2連勝で大団円。昨日、今日と守備も実によかった。明日は、エース金村が、故郷での復帰戦だが、たぶん雨なのだろう。
 楽天は、フルキャストスタジアム史上最高の21000人のファンの声援も空しく、先発全員14安打で連敗。しかし、ファイターズも昨年のように圧倒的な勝ち方はできなくなってきているし、こういう展開なら、ファンも盛り上がれるとは思う。ファイターズがライオンズやホークスになかなか勝てないのと同様に、わずかのようでも大きい差があるとは思うが、ライオンズやホークス(ダイエー)も、最初の頃は、あまりにもあんまりなことになっていたのだから、杜の都のファンには、暖かく末永く声援を送っていただきたいものである、とエールを送って筆を置く。

D060506cD060506g

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/05

2006/5/5:○F4-3E(宮城)

 初夏の陽気の仙台。北の大地から、はまなす、Jのつく航空会社、フェリーなど思い思いの方法で杜の都入り。ベガルタ仙台ファンと思われるタクシーの運転手さんの案内で、フルキャストスタジアムへ。屋根のないスタジアムでの観戦は久しぶり。やはり、ワクワク感がちがう。5割復帰で迎えた楽天3連戦。あわよくば3連勝といきたいところである。
 このところ不振の続くファイターズ打線は、マシーアスとセギノールのところで切れてしまう。応援団の声援も、
「奇跡を起こせ!マシーアス」
 という悲壮感漂うものだったのだが、3回、そのマシーアスが四球を選ぶと、小笠原がタイムリー。
 6回には、酔っ払ったおじさんが、セギノールに、代打を主張して応援団を呆然とさせるが、これに発奮したのかセギノールがフェンス直撃の2ベースを打てば、稲葉2ランで4-0。不振の2人がつないで、今日は、効率のよい攻撃。盗塁も2つも決めていい感じである。
 先発の八木は、ノーヒットノーランを期待させるような見事なピッチング。7回87球、フェルナンデス以外は完璧に抑えて、完投ペースだったが、大事をとって交代。まぁ、武田-マイケルで磐石のリレーかと思うと、8回、なんとトーマスである。あまりにもあんまりである。いかにも四球と思わせておいて、本当に四球2つで交代だから、どうしようもない。開幕戦でもまったく同じような場面があったような気がする。尻拭いをさせられる武田久は、たまったものではないと思うが、高須をダブルプレーに打ちとり1点で切り抜ける。
 開幕戦との違いは、9回にも落とし穴があったこと。このところ不安定なマイケル、1点差に詰め寄られて、佐竹ならなんとか抑えられるかと思っていると死球。磯部にまわってしまい、場内アウェームードが最高潮。ついにマイケルをあきらめて、なんと岡島。あわやサヨナラホームランという当たりは、フェンス直前でひちょりのミットに収まり、事なきをえたが、負けていたら大変なことになるところだった。本当にトーマスだけは勘弁して欲しい。やれやれ。。。

5/5:フルキャストスタジアム参戦(1)

D060505lD060505m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/04

2006/5/3:●F1-6L(札幌)

 一言でいえば、あまりにもあんまりな試合。ダルビッシュは、それほど悪い感じもなかったが、3回に3点とられてしまうと、打線にそれを取り返せそうな気配がまったく感じられない。4回、稲葉のセンターへの打球は、赤田の超ファインプレーに阻まれてしまう。
 8回、石井義のエラーでようやく1点。先制タイムリーの石井義だが、エラーの前にも、ファウルフライをとり損ねており、あまりにもお粗末。完封を逃がした帆足が気の毒。メジャーでは絶対にやらないというイニング途中での守備交代だが、昨日の場合は、やむを得ない気がする。指名打者でないと厳しそうだ。
 一応チャンステーマが流れて、セットアッパー石井貴が登場、何とかならないかと唯一盛り上がるが、あっさり終了。
 昨日は、調整登板のマイケルが炎上してしまったが、今日は、武田久がカブレラに打たれてしまった。連敗で多少登板間隔が空いたとはいえ、開幕以来、厳しい場面で結果を出し続けていた武田久を、あまり気合も入らない敗色濃厚な場面でわざわざ使う必要があったのか。岡島続投で十分だったと思う。
 とうとう借金1。仙台での楽天戦で再浮上するためにも、まずは明日勝って5割に戻して欲しいものである。

D060503b_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »