« 2006/6/4:●F2-7YB(横浜) | トップページ | 2006/6/14:●F3-6S(神宮) »

2006/06/13

2006/6/13:○F9-7S(神宮)

 1年1ケ月ぶりの神宮球場。昨年は、このあたりからまったく打てなくなって交流戦の間に完全に終了したのだが、今年は、なんとかふんばっている。ヤフー速報では、1-2だったが、19時に到着すると、5-2でリード。どうやらSHINJOのホームランを見逃したようである。おいしいところは終わってしまって、このまま淡々と進んだらつまらないなと思ったが、そんな甘いものではなかった。
 4回に鶴岡ソロで追加点、しかし、青木2点タイムリーで、すぐに2点差に詰め寄られる。5回にも、SHINJOタイムリーで追加点、しかし、ラロッカ2ランでとうとう1点差である。ダルビッシュKO。いかんせん、ちょっと油断しているとすぐにホームランが出てしまう。
 しかし、橋本が好投してピンチを脱すると、6回に賢介1号、7回の守りは、武田久が3者連続三振。8回には、金子ソロ。守っては、森本のスーパープレーで武田久2イニング目もピシャリ。途中からは、まったく負けそうもなかったのだが。。。
 9回。先日のドラゴンズ戦がよいマイケルだったので、安心していた。あっさり1アウト。あとは、”代打オレ”でも見たいなと思っていたのだが、福川とかいう知らない選手が代打に出てきていきなりホームラン。しかし、まぁ、ランナーをためるよりはよいか。
 ところが、青木ヒット、リグス2塁打。2点差で1アウト2,3塁で岩村。悪いマイケルである。もはや、岡島にすべてを託すしかないかと思ったのだが、なんと岩村敬遠。いくら左が苦手、守りやすい満塁といっても、ヒット打たれても同点なのに、サヨナラのランナーを敬遠で出すという捨て身の作戦。もはやこれまでかと思ったが、ラミレス三振、ラロッカショートゴロ。奇跡的に勝利。まったく心臓に悪い。
 ここへきて、復調気味の打線。1番森本に続いて、2番賢介も定着してがむばっている。今日は、1号ソロを含む3安打。早くから素質を期待されていたが、なかなか1軍の壁は厚いかと思われた2人の活躍はうれしい限り。「僕らは待つよ、輝く瞬間♪」待ったかいがあったというものである。

D060613a_1

|

« 2006/6/4:●F2-7YB(横浜) | トップページ | 2006/6/14:●F3-6S(神宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/6/13:○F9-7S(神宮):

» 珍しく殴り合いに勝利!! [ハム日記]
 何故か一昨日決勝ホームランで復調と思われたセギをスタメンから外し、木元久々のスタメン。 前回神がかりピッチングのダル、さてどうなるか。  ということで、最近火曜休みが多かったのに、今日は仕事。いつもどおりスコアと速報から。  映像をろくに見てないのでよくわからんけれども、両投手ともできはイマイチだったのかな。 まあ、SHINJO、鶴岡、賢介、金子と4発はいいんだけれども、ダル5回持たず。その後橋本。橋本?  リーが2軍落ちなので橋本を先発に回すのかと思ったんだけど、ここで使うか。..... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 00:14

« 2006/6/4:●F2-7YB(横浜) | トップページ | 2006/6/14:●F3-6S(神宮) »