« 2006/6/18:●F5-6C(札幌) | トップページ | 2006/6/30:○F2x-1E(札幌)【輝く瞬間~♪(ないる)】 »

2006/06/20

2006/6/20:○F4-2S(神宮)

 予備日に組まれた交流戦最終戦。内野全席自由で2000円。19時40分到着。さっそく購入しようとすると、
「あと少し待って7回になると、さらに500円引きです。」
 と言う。しかし、6回の裏は、嫌な予感がしたので、そのまま入場する。2死1塁で、清水から押本へ交代。四球、内野安打で満塁のピンチも奇跡的に抑える。しかし、接戦のゲームで、なぜ、清水-押本なのか?橋本、武田久、マイケルのはずである。先日のディアスもそうだが、どうも采配に執念が感じられない。シーズン長いからということかもしれないが、ヒルマン監督も、口では、「明日は絶対負けられない。」と連発している。実際、4強2弱になるか、3強3弱になるか、かなり微妙なところに来ているはずである。7回表も、1死2塁で、飯山に代打なし。
 7回裏、橋本が打たれ、終了かと思われた、8回表、1,2番のどちらかが出ればと思うと、賢介ヒット。ここでなぜか盗塁。ちょっと意味不明だが、これで小笠原は歩かされ気味となり、1死1,2塁でセギノール。
 ちょっと前までのセギ様なら、「ゲッツゥーだけはやめてくれ」となるところだが、今のセギ様は違う。何とかなりそうな雰囲気が俄然漂ってくる。そして、ここで、「北の国から」が流れる。アウェーでは、大変めずらしい。声援に力が入る。
 木田のフォーク連投に、なかなかタイミングが合わず、苦しそうだったが、4球目、見事にアーチを描き、逆転3ラン!すばらしい!
 8回は、武田久、9回はマイケル。必勝リレーと分かりきっているのに、なぜ、わざわざ武田久を7番に入れて、打順が回らないようにして、先に9番に入れた中嶋に打たせるのか、ちょっと意味不明。武田に代打で、それからマイケルでよいはずなのだが、まぁ、さとぼう2塁打なのでよしとしよう。8回裏の攻撃中、木元がキャッチボールを始めたので、木元守備固め?ヒルマン、ついに気が狂ったか?とも思ったが、さすがにそんなことはなかった。セギ様が1塁へ走っていったので、ほっとする。ここで、ロッテ敗れるのニュースがビジョンに出る。勝てば同点優勝のヤクルトには、気の毒だが、今日はよいマイケル。しかし、1死1塁の場面、正直、代打オレが一番怖かったのだが、今日もなかった。とにもかくにも交流戦最終勝利で、貯金1を死守。やれやれ。

D060620b

|

« 2006/6/18:●F5-6C(札幌) | トップページ | 2006/6/30:○F2x-1E(札幌)【輝く瞬間~♪(ないる)】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/6/20:○F4-2S(神宮):

« 2006/6/18:●F5-6C(札幌) | トップページ | 2006/6/30:○F2x-1E(札幌)【輝く瞬間~♪(ないる)】 »