« 2006/7/27○F4-0E(札幌)【かん戦記】 | トップページ | 2006/8/18:●F1-4M(千葉) »

2006/07/29

2006/7/29:●F3-4H(函館)

 函館オーシャンスタジアムは、市電で駅から10分と便利。心配された天気も回復して、半袖余裕!暑いくらいの中での観戦。
 地元の女子高生にも人気のダルビッシュ、初回は無難な立ち上がりだったが、2回に突如乱れる。松中ヒットの後、ズレータ四球、本間のバントは、ファウルになりそうでならず、ちょっとかわいそうだが、記録上は、またしても木元のエラー。ノーアウト満塁。押し出し、ポテンヒット、また押し出しで3点。ダルKO。徹底的に打たれたわけではないので、悔いの残る内容。
 それでも、清水が試合をたてなおし、4回には、早くも代打小田を投入して勝負をかけ、賢介タイムリーで同点。
 5回、先頭の松中を打ち取った時点で、清水ご苦労さまと思ったが、続投して、ズレータ、本間に連打され、押本へ。ここで打撃妨害なども出て、勝ち越しを許す。ちょっと悔いの残る継投だが、このあたりでは、まだまだ一波乱もニ波乱もありそうな感じで、まさかこの1点で負けることになるとは思わなかった。
 直後の5回裏、セギ様ヒット、稲葉ヒット、SHINJOバントで、1死2,3塁。ここで、今シーズンは、貧乏神であるところの木元。「また、ダメなのでは?」という雰囲気が周囲に漂ってしまう。本人も一番困っているのではないか?ボール球を空振りして追い込まれて、ど真ん中を見逃し三振。どうしようもない。
 建山-岡島-武田久と今日も鉄壁のリリーフ陣だが、どうしてもあと1点がとれない。9回も、馬原から、小笠原、稲葉がきわどく四球を選び、ワイルドピッチで、1死2,3塁と一打サヨナラの場面を作るが、SHINJO三振。続くマシーアスのところでは、場内、幸雄さんコールも沸き起こるが、マシーアスセカンドライナーで万事休す。延長なしで4時間半は、かなり長いが、函館のファンにとっては、年に一度の公式戦、長くてもそれだけ楽しめてよかったかもしれない。負けたとはいえ、見せ場十分で楽しめたが、これから死のロードに出るので、選手は、気持ちを切り替えて、大きな連敗だけはせずに、北の大地へ帰ってきてもらいたいものである。それにしても、今月は、4試合観戦して全敗。早く勝ちゲームが見たい!

D060729h

|

« 2006/7/27○F4-0E(札幌)【かん戦記】 | トップページ | 2006/8/18:●F1-4M(千葉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11146194

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/7/29:●F3-4H(函館):

« 2006/7/27○F4-0E(札幌)【かん戦記】 | トップページ | 2006/8/18:●F1-4M(千葉) »