« 2006/7/2:○F8-1E(札幌)【札幌ドームライブ(ないる)】 | トップページ | 2006/7/9:●F3-5L(西武) »

2006/07/08

2006/7/8:●F2-3xL(西武)

 球団新記録の12連勝と首位浮上の可能性をかけるライオンズ3連戦の2戦目は、松坂と八木の対決。さすがに場内もにぎわっている。1点を争う投手戦を覚悟&期待していたが、両投手ともに期待を裏切らない見事なピッチング。
 2回表、セギノールが2-0から四球を選び、稲葉ヒットで無死1,2塁の絶好のチャンス。ここで木元に、バントのサインが出ず、内野ゴロで、1死1、3塁に。バントが下手なので、引っ張って進塁打を期待したのであろうが、1死2,3塁にしておけば、次の坪井の内ゴロは、併殺にはならず1点入っていた可能性がある。上位チームとの対戦では、こういう細かいところが大切。それにしても、守れない、バントもできない、打率も2割4分では、木元は当分使えないのではないかと思う。
 今日の松坂は、今まで見た中でも一番ともいえる出来。前半は、ストレートのスピードを少し抑えてコントロール重視ながらも、変化球のキレもよく、ちょっと打てそうにない。しかし、4回に、小笠原が先制ソロホームラン。正直、この時点で、もうこの1点を守りきるしかないと思った。
 ライオンズも、5回裏、無死1,2塁で、オカワリ君がバントせず、ライトライナーで併殺。これでおあいこ。
 ファイターズは、その後まったく打てず、三振の山。7回裏、オカワリ君、レフトポール際へ大ファウル。肝を冷やす。
 8回裏、1死から金子エラー。ただし、けっこう難しい打球ではあった。代走福地が盗塁。カープから移籍したようだが、速いねこの人。赤田タイムリーでとうとう同点。八木残念。武田久が後続を断つ。
 9回裏、1死から金子エラー。今度は、イージーな打球。握りなおした後の送球が大暴投。ランナー2塁へ。なぜか敬遠せず。平尾ヒットも、ホームに返さず、1死1、3塁。ここでもなぜか敬遠せず。オカワリ君ショートゴロ、金子しっかりさばいてダプルプレー。しかし、敬遠しておいた方が守りやすかったと思うけれど。。。
 虎の子の1点を追いつかれて、よくて引き分けと覚悟した10回表、2死から、稲葉がホームラン。10回も続投の松坂から2点目をもぎとる。これで95%くらい勝利を確信したのだが・・・
 10回裏、1死から、福地セーフティバント。足の速いこと。。。昔の西武らしい嫌らしい野球。ただ、代打栗山は、打てそうな雰囲気はなかった。しかし、3塁ベースギリギリに入ってしまい2塁打で同点。そして、赤田タイムリーで終了。あまりにもあんまりである。10回完投松坂10勝目。

 球団新記録の12連勝は、あとわずかのところで幻となった。連勝はいつか止まるものだし、松坂相手に、あと一歩まで追い詰めたのだから、すばらしいのではあるけれど、逆にいえば、まだ何かが足りないということでもある。4/4の観戦記で、「ホークス相手に、1点を守り切れれば、大きな進歩になったはず」と書いたのだが、今日もライオンズ相手に守りきれなかった。
 プレーオフになれば、相手は、エース級ばかり。ファイターズは、八木・金村・ダルあたりで対抗することになる。今日のような試合をとれるようになったときに、優勝が見えてくるのであろう。明日から、もう一歩上をめざしてがむばって欲しい。

F060708aF0607080b

|

« 2006/7/2:○F8-1E(札幌)【札幌ドームライブ(ないる)】 | トップページ | 2006/7/9:●F3-5L(西武) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/7/8:●F2-3xL(西武):

« 2006/7/2:○F8-1E(札幌)【札幌ドームライブ(ないる)】 | トップページ | 2006/7/9:●F3-5L(西武) »