« 2006/7/8:●F2-3xL(西武) | トップページ | 2006/7/11:●F3-4M(東京) »

2006/07/09

2006/7/9:●F3-5L(西武)

 6連戦最終戦は、中4日ディアス。5人でまわしている先発投手陣の中で、小生、ディアスだけは信用していない。カープ戦で徹底的にやられた後、連勝中は、2度ともなんとか試合を作ったけれど、相手に恵まれた感もある。リーの退団、武田勝の故障という状況だが、橋本の方がよっぽど安定していると思う。
 案の定、初回、足の速い福地にいきなり3球続けてボールで0-3。トーマスや井場もそうだけれど、こういう人は、本当に困る。今日負けてもいいから、徹底的に打たれて、2軍に行って欲しいと思ってしまう。
 壊れそうで壊れなかった試合は、4回、1死1塁で、高木浩のピッチャーゴロ、併殺コースをディアスが暴投して事実上終了。スクイズ、タイムリー。早めに代えたのが、よりによってトーマスで、いきなり中島に2ラン。
 この際、トーマスも徹底的に打たれて欲しいと思ったのだが、続く5回、ヒットにデッドボールと徹底的にやったところで、清水に交代。こんなところで出される清水も気の毒である。やはり、小宮山が必要なのだろうか。しかし、清水が、ピシャリと締めたため、トーマスの自責点は1しかつかず。彼は、こんなのばっかりである。ちなみに、ディアスも自分のエラーとはいえ、自責点は1。ファイターズ投手陣の中で、防御率4点台は、この2人だけなのだが、実態は、6点台くらいではないかと思う。
 退屈な試合だったが、8回、ピッチャーが三井に代わったところで、1死1,3塁でセギ様。北の国からが流れて、ちょっと盛り上がった。そして、打球は、見事にアーチを描いた!同点!と思ったのだが、あと50cmで失速。しかし、6月以降のセギ様は、やってくれそうな雰囲気がある。こちらは、数字以上に頼りがいのある助っ人だ。
 連敗は仕方ないけれど、今季残りも50試合ちょっと。戦力の見極めをしっかりしないとあまり時間はない。さすがのヒルマン監督も、
「ディアスのスローイングと、トーマスの不用意なホームランが全て」
 とおかんむりのようである。武田勝の復帰まで、トーマスとディアスの代わりは、橋本ともうひとり。う~ん、この際、横山でもいいか。。。

F060709a

|

« 2006/7/8:●F2-3xL(西武) | トップページ | 2006/7/11:●F3-4M(東京) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006/7/9:●F3-5L(西武):

« 2006/7/8:●F2-3xL(西武) | トップページ | 2006/7/11:●F3-4M(東京) »