« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/29

2006/7/29:●F3-4H(函館)

 函館オーシャンスタジアムは、市電で駅から10分と便利。心配された天気も回復して、半袖余裕!暑いくらいの中での観戦。
 地元の女子高生にも人気のダルビッシュ、初回は無難な立ち上がりだったが、2回に突如乱れる。松中ヒットの後、ズレータ四球、本間のバントは、ファウルになりそうでならず、ちょっとかわいそうだが、記録上は、またしても木元のエラー。ノーアウト満塁。押し出し、ポテンヒット、また押し出しで3点。ダルKO。徹底的に打たれたわけではないので、悔いの残る内容。
 それでも、清水が試合をたてなおし、4回には、早くも代打小田を投入して勝負をかけ、賢介タイムリーで同点。
 5回、先頭の松中を打ち取った時点で、清水ご苦労さまと思ったが、続投して、ズレータ、本間に連打され、押本へ。ここで打撃妨害なども出て、勝ち越しを許す。ちょっと悔いの残る継投だが、このあたりでは、まだまだ一波乱もニ波乱もありそうな感じで、まさかこの1点で負けることになるとは思わなかった。
 直後の5回裏、セギ様ヒット、稲葉ヒット、SHINJOバントで、1死2,3塁。ここで、今シーズンは、貧乏神であるところの木元。「また、ダメなのでは?」という雰囲気が周囲に漂ってしまう。本人も一番困っているのではないか?ボール球を空振りして追い込まれて、ど真ん中を見逃し三振。どうしようもない。
 建山-岡島-武田久と今日も鉄壁のリリーフ陣だが、どうしてもあと1点がとれない。9回も、馬原から、小笠原、稲葉がきわどく四球を選び、ワイルドピッチで、1死2,3塁と一打サヨナラの場面を作るが、SHINJO三振。続くマシーアスのところでは、場内、幸雄さんコールも沸き起こるが、マシーアスセカンドライナーで万事休す。延長なしで4時間半は、かなり長いが、函館のファンにとっては、年に一度の公式戦、長くてもそれだけ楽しめてよかったかもしれない。負けたとはいえ、見せ場十分で楽しめたが、これから死のロードに出るので、選手は、気持ちを切り替えて、大きな連敗だけはせずに、北の大地へ帰ってきてもらいたいものである。それにしても、今月は、4試合観戦して全敗。早く勝ちゲームが見たい!

D060729h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/28

2006/7/27○F4-0E(札幌)【かん戦記】

昨日は延長戦の末、ひちょりさんのサヨナラ打で勝利!

2アウトからの4連打、ミラクルでございました☆

あの勝利の瞬間を見逃したことは心底悔やまれるわけで、今日はなんとしてでも参戦せねば!ということで、気合入れてドームへ!

入場すると、すでに2回3回に得点を挙げ、3-0でいい感じであります。

今日はないるさんと白石さんとご一緒させていただき、3人で観戦。

ピンチといえば、5回の1アウト1、2塁の鉄平の打席。

鉄平ならゲッツーだったらおもしろいなぁ~、と思っていたら、本当にゲッツーだもの。期待を裏切らない鉄平。さすが鉄平。

密かに応援しております。。。

岩隈投手ってどうしてるんだろー。待ってるんだけどな~。見たいなぁ~。

試合は、ラッキー7の攻撃。

ここでダメ押しの高橋信二のソロHR!!この方の活躍は今シーズンはあまり目立つところがなくて、しかも鶴岡君の出番のほうが多いのですが、久々のスタメンで活躍してくれて何より。これで波に乗って欲しいものです。

今日はね、中継ぎにごひいきの建山さんの登板がなかったから、9回はマイケル中村だろうし、いまひとつテンションが上がらなかったのですよ。

しかーし!!9回表、「ピッチャーは建山」のアナウンスあり☆☆☆

キターッ!!あら、うれしい!!誠にうれしいっす!

ということで、デジを首からさげて、携帯片手に内野自由から内野指定に向う。

フェルナンデスはピッチャーゴロ、山崎武はライトフライ、磯部はショートフライ。

ゆっくり見てる間もなくあっさり試合終了。

ステキな勝ち方なのだけれど、もうちょっと見ていたかったわぁ~。

そうそう、ないるさんがお写真をしっかり撮れたか心配してくださっていたので、UPします。

200672627_141 投球練習する建山投手。

立ち姿もステキな建山投手。200672627_144

200672627_148 勝利して出迎えられる建山投手。

200672627_153 ヒーローのお二人。

立石さんと信二。

200672627_159

土曜日は、みなとみらいから貧乏神疑惑のあるしんちゃんさんが参戦。

お天気も思わしくないようでございますが、Zの一発で3連勝しているホークスには必ず勝たせていただきますです!

トーマス、お子さんがお生まれになったそうです。お国に帰っていましたが、再来日とのこと。ベイビーのためにもいいトーマスを見せてほしいわっ☆

200672627_131 選手会長、このストッキング姿、気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/07/11

2006/7/11:●F3-4M(東京)

 730チケットを購入して入場。1000円は安い。昔、岩本がCMをしていた、「1000円!1000円!」というやつを思い出してしまった。昔のC指定のあたりが、内野自由席になっているので入場。けっこうにぎわっている。
 場内は、ちょうどヤングマン。その間に、地下に降りて、なまらサイコータオルを購入。前回の札幌では、購入しようと思っていたら、先発ディアスと発表されて断念していたのだが、今日は、購入した瞬間に、ピッチャー建山がコールされた。これもちょっとあんまり。
 6回、賢介ヒット、セギノール、今日もあわやアーチを描くという2塁打。ピッチャー交代、高木。しかし、左を苦にせず、稲葉が2点タイムリー2塁打!黒い恋人に圧倒されていたドームだが、俄然盛り上がってきた。ピッチャー交代、神田。北の国からが流れる。SHINJO四球 ここで今季まったくいいところのない10番に回ってきてしまった。右投手だし、名誉挽回の大チャンスなのだが、小生が、掲示板をチェックしようと目を離した瞬間にダブルプレーでチェンジになってしまった。どうやらピッチャライナーのようだが、あまりにもあんまりとしかいいようがない。10番が、貧乏神になってしまっている。
 1点差で試合としてはおもしろくなったのだが、流れからすると、ここで最低でも同点にはしておかないといけなかった。
 8回から2階席を移動して、もがちゅー氏と合流。いきがかり上、ファイターズを応援してくれているようだが、本音では、どっちが勝ってもよさそうではある。8回裏、先頭の賢介2ベースで、大チャンスとなったが、ここで3,4,5番が凡退では、どうしようもない。いかんせん2階席の中央というのは、センターフライがホームランに見えてしまったりする。
 9回は、小林雅。昨年までとちがって、打てそうな気配がない。あっさり終了。
 かなり無理して参戦したのは、今日の試合は、けっこうファイターズにとって重要と思われたから。連勝がとまった後、連敗しそうな予感というのは、ファンだけでなく、選手も感じていると思うし、次がホークス戦というのも気になる。11連勝後の3連敗、まだお釣りはあるが、不気味な雰囲気を一掃するためにも、とにかく早く1つ勝っておきたい。ということで、今日も画像は、泣き虫ファイティー・・・貧乏神は、10番ではなくて、3戦3連敗の小生か・・・

D060711c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

2006/7/9:●F3-5L(西武)

 6連戦最終戦は、中4日ディアス。5人でまわしている先発投手陣の中で、小生、ディアスだけは信用していない。カープ戦で徹底的にやられた後、連勝中は、2度ともなんとか試合を作ったけれど、相手に恵まれた感もある。リーの退団、武田勝の故障という状況だが、橋本の方がよっぽど安定していると思う。
 案の定、初回、足の速い福地にいきなり3球続けてボールで0-3。トーマスや井場もそうだけれど、こういう人は、本当に困る。今日負けてもいいから、徹底的に打たれて、2軍に行って欲しいと思ってしまう。
 壊れそうで壊れなかった試合は、4回、1死1塁で、高木浩のピッチャーゴロ、併殺コースをディアスが暴投して事実上終了。スクイズ、タイムリー。早めに代えたのが、よりによってトーマスで、いきなり中島に2ラン。
 この際、トーマスも徹底的に打たれて欲しいと思ったのだが、続く5回、ヒットにデッドボールと徹底的にやったところで、清水に交代。こんなところで出される清水も気の毒である。やはり、小宮山が必要なのだろうか。しかし、清水が、ピシャリと締めたため、トーマスの自責点は1しかつかず。彼は、こんなのばっかりである。ちなみに、ディアスも自分のエラーとはいえ、自責点は1。ファイターズ投手陣の中で、防御率4点台は、この2人だけなのだが、実態は、6点台くらいではないかと思う。
 退屈な試合だったが、8回、ピッチャーが三井に代わったところで、1死1,3塁でセギ様。北の国からが流れて、ちょっと盛り上がった。そして、打球は、見事にアーチを描いた!同点!と思ったのだが、あと50cmで失速。しかし、6月以降のセギ様は、やってくれそうな雰囲気がある。こちらは、数字以上に頼りがいのある助っ人だ。
 連敗は仕方ないけれど、今季残りも50試合ちょっと。戦力の見極めをしっかりしないとあまり時間はない。さすがのヒルマン監督も、
「ディアスのスローイングと、トーマスの不用意なホームランが全て」
 とおかんむりのようである。武田勝の復帰まで、トーマスとディアスの代わりは、橋本ともうひとり。う~ん、この際、横山でもいいか。。。

F060709a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/08

2006/7/8:●F2-3xL(西武)

 球団新記録の12連勝と首位浮上の可能性をかけるライオンズ3連戦の2戦目は、松坂と八木の対決。さすがに場内もにぎわっている。1点を争う投手戦を覚悟&期待していたが、両投手ともに期待を裏切らない見事なピッチング。
 2回表、セギノールが2-0から四球を選び、稲葉ヒットで無死1,2塁の絶好のチャンス。ここで木元に、バントのサインが出ず、内野ゴロで、1死1、3塁に。バントが下手なので、引っ張って進塁打を期待したのであろうが、1死2,3塁にしておけば、次の坪井の内ゴロは、併殺にはならず1点入っていた可能性がある。上位チームとの対戦では、こういう細かいところが大切。それにしても、守れない、バントもできない、打率も2割4分では、木元は当分使えないのではないかと思う。
 今日の松坂は、今まで見た中でも一番ともいえる出来。前半は、ストレートのスピードを少し抑えてコントロール重視ながらも、変化球のキレもよく、ちょっと打てそうにない。しかし、4回に、小笠原が先制ソロホームラン。正直、この時点で、もうこの1点を守りきるしかないと思った。
 ライオンズも、5回裏、無死1,2塁で、オカワリ君がバントせず、ライトライナーで併殺。これでおあいこ。
 ファイターズは、その後まったく打てず、三振の山。7回裏、オカワリ君、レフトポール際へ大ファウル。肝を冷やす。
 8回裏、1死から金子エラー。ただし、けっこう難しい打球ではあった。代走福地が盗塁。カープから移籍したようだが、速いねこの人。赤田タイムリーでとうとう同点。八木残念。武田久が後続を断つ。
 9回裏、1死から金子エラー。今度は、イージーな打球。握りなおした後の送球が大暴投。ランナー2塁へ。なぜか敬遠せず。平尾ヒットも、ホームに返さず、1死1、3塁。ここでもなぜか敬遠せず。オカワリ君ショートゴロ、金子しっかりさばいてダプルプレー。しかし、敬遠しておいた方が守りやすかったと思うけれど。。。
 虎の子の1点を追いつかれて、よくて引き分けと覚悟した10回表、2死から、稲葉がホームラン。10回も続投の松坂から2点目をもぎとる。これで95%くらい勝利を確信したのだが・・・
 10回裏、1死から、福地セーフティバント。足の速いこと。。。昔の西武らしい嫌らしい野球。ただ、代打栗山は、打てそうな雰囲気はなかった。しかし、3塁ベースギリギリに入ってしまい2塁打で同点。そして、赤田タイムリーで終了。あまりにもあんまりである。10回完投松坂10勝目。

 球団新記録の12連勝は、あとわずかのところで幻となった。連勝はいつか止まるものだし、松坂相手に、あと一歩まで追い詰めたのだから、すばらしいのではあるけれど、逆にいえば、まだ何かが足りないということでもある。4/4の観戦記で、「ホークス相手に、1点を守り切れれば、大きな進歩になったはず」と書いたのだが、今日もライオンズ相手に守りきれなかった。
 プレーオフになれば、相手は、エース級ばかり。ファイターズは、八木・金村・ダルあたりで対抗することになる。今日のような試合をとれるようになったときに、優勝が見えてくるのであろう。明日から、もう一歩上をめざしてがむばって欲しい。

F060708aF0607080b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

2006/7/2:○F8-1E(札幌)【札幌ドームライブ(ないる)】

昨日、7回2死までノーヒット、9奪三振のすぱらいしピッチングで魅せてくれた武田勝投手、

『札幌市内の病院にてレントゲン検査の結果、左手中手骨・大菱形骨に小さな骨折が判明。全治3週間程度。』

だそうです。
とてもとても残念無念ですが、しっかり直して元気に戻ってくるのを待ってます。

###

スタメン発表、『7番 ファースト 田中幸雄』
うおぉぉぉ~~~!!!ドームが大歓声(^o^)
これだけ盛り上がるんだから、もっと使ってよ~

そして今日は、浴衣デー。
というわけで、始球式はお祭り男の岩ちゃんが、はっぴに天狗のお面で登場!
さらに、はっぴの両袖を脱いで、むっちりした晒し姿で大サービス!!わはは(^◇^)
それにしても岩ちゃん、今シーズン始球式3回目だよ(^◇^)
そして、ファイターズカールも浴衣姿でYMCA&ファイターズ応援歌。
ヒルマンちゃん、なれない浴衣姿でころんじゃったけど、とってもうれしそうな笑顔だった。
札幌では初の試みだったけど、なかなか楽しくていいねー
次回あれば、私も着て行こうかな?でも、自転車で行けないか。

1回裏、GUTSのヒットで、1塁ランナーの賢介がすばらしい走塁で生還。1-0
セギ様もヒット、稲葉アウトの間にGUTSが生還して、2-0。
さらに、SHINJOのヒットで、セギ様が巨体を揺らしてホームイン。3-0
さらにさらに幸雄さん、1976本目のヒットはタイムリー、4-0!
おーいおーい、ほっかいどーほっかいどぉおーお~♪×4で、楽し忙し\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
今日はこのまま一気に行けそう!

でも2回表、大量点もらって気が抜けたのか、八木、全然ストライクが入らない。
ここは、DHカツノリに助けられて、ダブルプレーで終了。
それにしても、カツノリが打席に入ると、失笑っていうか3塁側がミョーな雰囲気になるんだけど(^^;
しまいには、レフトスタンドから拍手が起こるし…(^^;;;

2回裏、ひちょりのヒットで、今度は1塁ランナーの金子会長が一気に本塁へ突っ込む。
しかし、賢介のような華麗な走塁とはいかず、本塁タッチアウト…残念。
いつも白石さん(仮称)と話題になるんだけど、マコの走り方って、なんかおかしい。回転数は多いのにあんまり進まなくって、ちょこちょこちょこって感じ。股関節が開かないのか?ただ単に、コンパスが短いのか?

3回表、八木は相変わらず制球難で、今日は長い試合になりそうだなー

そして3回裏、事件は起こった!
セギ様の打席で、インハイぎみでのけぞったボールにストライクの判定。
セギ様、主審になにやらゼスチャー付きで抗議している模様。
結局三振で、次の稲葉のテーマソングにあわせてグルグル手を回してたら、騒ぎが起こってた!
ヒルマン監督が飛び出してきて、エキサイトして主審に猛抗議してる!セギ様も詰め寄っていたが、なだめられて、ぶ然として退場。
ヒルマン監督、その後しばらく日本人はしたくてもできないオーバーゼスチャーで猛抗議が続く。めずらしい~
なにが起こったかよくわからなかったけど、主審の説明によると「セギノール選手、審判への暴言により退場」ですと!
ドーム中がブーイングの騒然としたイヤ~な空気の中、稲葉が冷静に2ベースヒット!
そしてそして、SHINJO!なんとここでホームラン!!!
\(^o^)/うおぉー3塁側は総立ちの大騒ぎだー\(^o^)/
ここで打っちゃうんだから、さすがプリンスSHINJO!

4回から立ち直った八木、ファイターズの攻撃も3者凡退が続いて、思ったより早く終わりそうかな?

6回表、フェルナンデス19号ホームラン。
得点しても歓声が聞こえないほどイーグルス・ファンが少なくって、ちょっとかわいそうだな。

7回表は、カツノリから代わった代打憲史もダブルプレー

7回裏、先頭バッターのひちょり、センターへホームラン!\(^o^)/
なぜか全力疾走、すごいスピードでホームイン。
8回の守備位置に着くとき、レフトスタンドのひちょりコールに帽子を脱いでポーズで応える姿は、さすがSHINJOの後継者!

余裕のファイターズは、いろんな選手が出てくる。
退場処分になったセギ様に代わって、5回裏稲田、7回裏、お久しぶりのマシーアス。
8回の守備から、幸雄さんに代わって、サード木元。まさか守備固めじゃないだろうから、守備練習?
でも、今日の木元はやる気満々(笑)。シャドーピッチングの守備版?ゴロを取って投げる動作の繰り返し。
残念ながらサードにボールは飛ばず、せっかくのやる気の結果を見ることはできなかったけど。
8回裏は、鶴岡に代わって、こちらもお久しぶりの信二。←応援してるよ、がんばれよ~!
ピッチャーは、7回建山、8回清水。9回、これだけ点差があると、いいトーマス。

8-1で快勝、なんと7連勝!!!
○○○○○○○
並べてみるとすごいなー

そしてヒーローインタビューは、なぜかひちょりライブin札幌ドーム(^◇^)
本日誕生日のみなさんに、バースデーソングのプレゼント!
(カラオケまで準備してるなんて、いつ仕込んだんだろう?)
時折スクリーンに映る、ベンチの選手の表情がビミョ~でおかしい(^◇^)
ひちょりの歌もビミョ~(^◇^)
途中から失笑気味の観客の中、フルコーラス歌いきってとても満足そうだし…(^◇^)
いやぁ~おかしかった、しばらくこの顔(^◇^)で固まってたよ~

楽天3連戦、とても楽しい試合を見せてくれてありがとう!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/01

2006/6/30:○F2x-1E(札幌)【輝く瞬間~♪(ないる)】

ひゃっほぉ~!賢介サヨナラホームラン!!!
バンザーイ\(^o^)/バンザーイ\(^o^)/バンザーイ\(^o^)/

長い間待ち続けた甲斐あって、最近輝き続けている賢介がやってくれたよー!

そんな今日の試合を、いつものように振り返ってみよう。GoGoGo~♪

今日は職場から、同期氏と定時でGO!
目撃した部長が、「おっ!二人揃って…今日は試合あるんだな」(ニヤリ)
…おほほ、バレバレですわ(^^;

福住へ向かう地下鉄で、GUTSの風邪と木元の送球の関連性について検討。
いつものようにラジオを聞きながらドームへ向かって歩いていると、2回裏稲葉のホームランで先制、1-0。
よーし、いいぞー

ドーム到着、白石さん(仮称)の待つ3塁側内野席へ。
しかし、2週間ぶり、交流戦後初の札幌ドーム、金曜日の試合、なのにこんなに空いてるの?って観客。
ライトスタンドのイーグルスファンは20人くらい?
(それでも最終的には12000人台だって。そんなに入ってたのかなー)

なんと、本日のボールボーイのアンダーシャツは襟付きだそうで。
ファイターズ、なかなかやるなー(ニヤリ)
いっそのこと、ベンチ入り選手全員、襟付きアンダーシャツ着ればいいのに。
ついでに、新庄は赤、ひちょりは緑、とか一人一人色を変えて。
そうそう、観戦中、ファイターズはもっとじょうずに商売したらいいのにって、話をしてたんだ。
7月2日の「ゆかたデー」には、ファイターズデザインの浴衣を販売するとか、牛乳飲も飲もデー(仮称)には、ファイターズシールのおまけ付きの牛乳を発売するとか。

こんな話とか、函館遠征の計画とか話しているうちに、試合は早いテンポで進んで、ファイターズ先発のダルは5回までノーヒット。
5回裏1アウト満塁のチャンスに、前打席でフェンス直撃2ベースを打っているセギ様、完全復活のセギ様、
しかーし、セカンド高須の好プレーに阻まれダブルプレー、チェンジ。。。はぁ~なかなか追加点が取れない。

6回表、ラジオでアナウンサーが「これまでダルビッシュはノーヒットですねー」って言ったとたん、3連打を浴び、1-1の同点。(解説の岩ちゃん、言うなって言ってたのにいぃぃ!)

途中、かんさんが差し入れのおやつ(いつもありがとう!)を持って合流。
函館遠征、GUTSの風邪と木元の送球の関連性について語り合う(^^;

7回表2アウト1,2塁のピンチに、本日のヒーロー輝く賢介が、センター前に抜けるかっていう打球を、すばらしい守備でアウトに!

8回表、ピッチャー岡島に交代、代打カツノリ。
後ろからおじさんが叫ぶ、「カツノリには間違っても打たれるなー!」。間違ったら打たれるさ(^^;
間違えず、カツノリ三振。鉄平も三振。今日の岡島はよい岡島。

しかし8回裏、ファイターズも3人であっさり終了。

9回表、MICHEAL登板。9回裏で勝負を決める気だね!よーし!!

9回裏、稲葉デットボール、SHINJO送りバント、木元敬遠。1アウト1,2塁、代打小田。
ここでイーグルス投手交代らしいんだけど、野村監督が主審に内野を指差しながら長いこと話てる。
なになに?ピッチャー小倉がファースト、ファースト・リックが…(中略)…フェルナンデスに代わってピッチャー河本だと?ほーさすがノムさん、複雑なことしますなー。
でもって、ファイターズは代打小田に代わって代打幸雄さん!
ドームが盛り上がる、盛り上がる!(^^)
しかーし、なに?2塁ランナーの稲葉が走ってアウト。ダブルスチール??ラジオで、岩ちゃん激怒。
結局、幸雄さんはフォアボールで出塁したものの、金子アウトで無得点。
岩ちゃん、吼える、吼える、ガォー(^^;;;

10回表、MICHEAL続投。
1アウト1塁で、藤井がレフト死角へのヒット(札幌ドームは死角が多いぞー)、ぎゃ~ホームイン!?
しかし、ひちょり→金子会長→さとぼうの鉄壁の中継プレーで本塁アウトぉ~!
(実は、中継したの誰だか見てなかったの。まさか木元?やるじゃん!って思ったら、やっぱりマコだった。納得したよー)
続く打者も、MICHEALが迫力の投球で三振。
いやぁ~ヒヤヒヤするなーもぉー

そしてそして、10回裏、1アウトで賢介、札幌学院バルーンゾーンへのサヨナラホームランで決着!
もちろんヒーローは、手荒い歓迎を受けてずぶぬれ水も滴るイイ男になった輝く賢介。
最高の試合をありがとう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »