« 2006/7/29:●F3-4H(函館) | トップページ | 2006/8/26:○F1-0B(札幌) »

2006/08/18

2006/8/18:●F1-4M(千葉)

 2年ぶりのマリンスタジアム。あのときは、ストライキ明けで、3位をかけて死闘を演じたのだけれど、今年も少し差はあるとはいえ、3位争いの直接対決。ガッツのホームランで先制したようだが、到着したときは、1-1。ボビーシートは売り切れ。内野自由席も1階が満席で2階へ。
 試合を作るという意味では、もっとも信頼感のある立石。今日も5回2失点と合格点なのだが、青野への一発はもったいなかった。続く大塚のサードゴロを稲田がエラー。2年前、9回2アウトから小笠原が連続して1塁へ悪送球した悪夢がよみがえる。せっかく10番が二軍に落ちても、稲田の守備は怖い。攻撃的に行くなら、サード小笠原で、ファーストは小田か幸雄さん。守り重視なら、サードは飯山ではないかと思う。
 その後は、終始押され気味。トーマスも、今日はよさそうと思ったら、突然四球連発。それでも、なんとかつないで8回表。代打幸雄さん登場。後ろのマリーンズファンらしき人からも声援。
「彼だけは、打たせてあげたいんだ。」
「むかし、ファイターズファンだった頃から、応援している。パ・リーグ一のショートだったんだ。」
 やはり、マリーンズファンとファイターズファンは親戚みたいなもののようである。期待に応えて、ボテボテのセカンドゴロが内野安打に。1980安打!
 しかし、8回の裏、里崎ソロでほぼ万事休す。さらに2死1,2塁となって清水が死球で満塁。なんとさらに死球で押し出し。これでは、まるで昨日の高校野球である。どうせならもう1点あげてしまえば、小林雅の200セーブがなくなるのだけれど、そうはならず、3点差という完璧なお膳立てができてしまった。
 9回表、小生好みのいい感じのJ-POPにのせて、小林雅登場。これが、例の川嶋あいの曲だったのね。未発売曲とは誠に残念。もうこうなったら、200セーブの場面を堪能することにする。小笠原三振。セギ様2ベースも、稲葉三振。小田三振。参りました。

D060818c_1

|

« 2006/7/29:●F3-4H(函館) | トップページ | 2006/8/26:○F1-0B(札幌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11499726

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/8/18:●F1-4M(千葉):

« 2006/7/29:●F3-4H(函館) | トップページ | 2006/8/26:○F1-0B(札幌) »