« 2006/8/26:○F1-0B(札幌) | トップページ | 2006/9/2:○F8-3L(所沢) »

2006/08/27

2006/8/27:○F3-1B(札幌)

 シーズン1位通過へ負けられぬオリ戦、第2ラウンド。試合開始の1時間半前に到着したのに、すでにレフト側外野は満員で、内野自由席もびっしり埋まっている。ちょっとこれまでの考え方をあらためないといけないようである。
 ファイターズ先発は、エース金村。ようやくなまらサイコータオルの出番がやってきた。オリは、川越。オリの中では、唯一安定しているだけに、油断はできない。
 両投手の好投で、なかなか点が入らなかったが、4回、キヨ選手に四球を出すと、続く後藤のときにエラー。ここで、谷がセンター前へ。SHINJOの肩ならと期待されたが、キヨ選手、劇走して、セーフ。なお1死2,3塁の大ピンチだったが、ここをエースが踏ん張ったのが大きかった。
 6回、ヒットのひちょりを送って、セギ様が、ボテボテながら、二遊間を抜くタイムリーでようやく同点。続く7回には、SHINJOヒットの後、怪力マシーアスが、意外にもきっちりと送りバントで、代打小田。ここで、今シリーズ初の北の国からが流れる。ないるさんを横目で見ながら、小生も見よう見まねで声援を送る。だいぶやり方を覚えてきた。しかし、小田、金子凡退。
 8回も続投の金村が抑えて、その裏、ふたたびヒットのひちょりをエンドラ崩れで送って、セギ様が、あたり損ないながらも、レフト前へポトリと落ちるタイムリーで、ついに逆転。ちょっと気の毒だが川越KO。防御率2点台だが7勝しかできない理由がなんとなくわかる。先発さえひきずり降ろせば、オリの中継ぎは終了している。代わった高木から、稲葉タイムリーでほぼ試合を決める3点目。
 9回は、今日もよいマイケル31S。昨日、今日と地味ながらも強い勝ち方。ようやくファイターズも下位チームから見て、本当に嫌らしいと思われる勝ち方ができるようになってきた感じで、これは本物。残り1ヶ月3強2.5差。朝晩は、涼しい風が気持ちよい北の大地だが、熱い戦いは、まだまだ続きそうだ。

しんちゃん日記 8/27:疑惑一掃、快晴の北の大地

F060827bF060827a_1

|

« 2006/8/26:○F1-0B(札幌) | トップページ | 2006/9/2:○F8-3L(所沢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11633255

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/8/27:○F3-1B(札幌):

« 2006/8/26:○F1-0B(札幌) | トップページ | 2006/9/2:○F8-3L(所沢) »