« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/27

2006/8/27:○F3-1B(札幌)

 シーズン1位通過へ負けられぬオリ戦、第2ラウンド。試合開始の1時間半前に到着したのに、すでにレフト側外野は満員で、内野自由席もびっしり埋まっている。ちょっとこれまでの考え方をあらためないといけないようである。
 ファイターズ先発は、エース金村。ようやくなまらサイコータオルの出番がやってきた。オリは、川越。オリの中では、唯一安定しているだけに、油断はできない。
 両投手の好投で、なかなか点が入らなかったが、4回、キヨ選手に四球を出すと、続く後藤のときにエラー。ここで、谷がセンター前へ。SHINJOの肩ならと期待されたが、キヨ選手、劇走して、セーフ。なお1死2,3塁の大ピンチだったが、ここをエースが踏ん張ったのが大きかった。
 6回、ヒットのひちょりを送って、セギ様が、ボテボテながら、二遊間を抜くタイムリーでようやく同点。続く7回には、SHINJOヒットの後、怪力マシーアスが、意外にもきっちりと送りバントで、代打小田。ここで、今シリーズ初の北の国からが流れる。ないるさんを横目で見ながら、小生も見よう見まねで声援を送る。だいぶやり方を覚えてきた。しかし、小田、金子凡退。
 8回も続投の金村が抑えて、その裏、ふたたびヒットのひちょりをエンドラ崩れで送って、セギ様が、あたり損ないながらも、レフト前へポトリと落ちるタイムリーで、ついに逆転。ちょっと気の毒だが川越KO。防御率2点台だが7勝しかできない理由がなんとなくわかる。先発さえひきずり降ろせば、オリの中継ぎは終了している。代わった高木から、稲葉タイムリーでほぼ試合を決める3点目。
 9回は、今日もよいマイケル31S。昨日、今日と地味ながらも強い勝ち方。ようやくファイターズも下位チームから見て、本当に嫌らしいと思われる勝ち方ができるようになってきた感じで、これは本物。残り1ヶ月3強2.5差。朝晩は、涼しい風が気持ちよい北の大地だが、熱い戦いは、まだまだ続きそうだ。

しんちゃん日記 8/27:疑惑一掃、快晴の北の大地

F060827bF060827a_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

2006/8/26:○F1-0B(札幌)

 迷走した貧乏神が、13時半すぎに、札幌ドームへ到着すると、予想以上に混雑している。席をとってくれているないるさんに申し訳ないので、コーラだけ購入して、早々に2階へ上がるが、気がつくとコーラがない。売店にお金だけ払って立ち去ってしまったようである。本当に最近、ボケが始まったようだ。2階で買いなおす。
 すでに稲葉のホームランで1点先制。オリックスの中山というピッチャーは聞いたことがないが、このチームの場合は、なじみの選手は、だいたい安全パイなので、知らないくらいの選手の方が手ごわい可能性はある。
 4回、5回とチャンスを作るが無得点。まぁ、そうはいってもオリ戦ということで、余裕を持って観戦していたのだが、6回、7回はピンチの連続。代打水口登場で、大阪近鉄時代からおなじみの、1回転するチャンステーマが流れだすと、にわかに怪しい雰囲気が漂ってくる。
 8回から、今日からTシャツが発売された武田久。ないるさんの期待に応えて、わずか5球で三者凡退に抑えて、9回はマイケル。このところ、よいマイケルが続いていたので、今日あたりは、心配だったのだが、2死から四球ひとつ。ライオンズあたりなら、必ず盗塁してくるところだが、その点オリは安心である。あたり損ないのファウルが、フェアゾーンに落ちそうで危なかったが、最後は、ライトフライで試合終了。1点を守りきっての勝利。ずいぶん強いチームになったものであるが、小生は、銀色のプシューを見るのは、本当に久しぶり。とてもうれしい。
 ホークスとライオンズの首位攻防は、ホークスが先勝。どちらを応援するか微妙なところであるが、ここまで来たらめざすは、やはり1位通過であろう。ライオンズ敗れてとうとう2.5ゲーム差。そして、明日は、エース!

F060826aF060826b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

2006/8/18:●F1-4M(千葉)

 2年ぶりのマリンスタジアム。あのときは、ストライキ明けで、3位をかけて死闘を演じたのだけれど、今年も少し差はあるとはいえ、3位争いの直接対決。ガッツのホームランで先制したようだが、到着したときは、1-1。ボビーシートは売り切れ。内野自由席も1階が満席で2階へ。
 試合を作るという意味では、もっとも信頼感のある立石。今日も5回2失点と合格点なのだが、青野への一発はもったいなかった。続く大塚のサードゴロを稲田がエラー。2年前、9回2アウトから小笠原が連続して1塁へ悪送球した悪夢がよみがえる。せっかく10番が二軍に落ちても、稲田の守備は怖い。攻撃的に行くなら、サード小笠原で、ファーストは小田か幸雄さん。守り重視なら、サードは飯山ではないかと思う。
 その後は、終始押され気味。トーマスも、今日はよさそうと思ったら、突然四球連発。それでも、なんとかつないで8回表。代打幸雄さん登場。後ろのマリーンズファンらしき人からも声援。
「彼だけは、打たせてあげたいんだ。」
「むかし、ファイターズファンだった頃から、応援している。パ・リーグ一のショートだったんだ。」
 やはり、マリーンズファンとファイターズファンは親戚みたいなもののようである。期待に応えて、ボテボテのセカンドゴロが内野安打に。1980安打!
 しかし、8回の裏、里崎ソロでほぼ万事休す。さらに2死1,2塁となって清水が死球で満塁。なんとさらに死球で押し出し。これでは、まるで昨日の高校野球である。どうせならもう1点あげてしまえば、小林雅の200セーブがなくなるのだけれど、そうはならず、3点差という完璧なお膳立てができてしまった。
 9回表、小生好みのいい感じのJ-POPにのせて、小林雅登場。これが、例の川嶋あいの曲だったのね。未発売曲とは誠に残念。もうこうなったら、200セーブの場面を堪能することにする。小笠原三振。セギ様2ベースも、稲葉三振。小田三振。参りました。

D060818c_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »