« 2006/9/8:○F5-2B(神戸) | トップページ | 2006/9/17:○F6x-5M(札幌) »

2006/09/16

2006/9/16:○F12-1M(札幌)

 このところ、初回にクリーンアップで主導権を握るファイターズ。今日もガッツ32号2ランで先制。しかし、M久保は、3回までに8三振と決して悪いようには見えなかった。一方、ダルは、やや不安定で、サード稲田のエラーもあり、予断を許さない。
 3回表、1点とられて、なおノーアウト1、2塁、打者福浦という大ピンチ。ツースリーとなってランナーがスタートしたところで、痛烈なセカンドライナー。2塁ランナーも1塁ランナーも戻れず。なんとトリプルプレー完成!もちろん生で見るのは、初めてである。すばらしい。
 4回表も併殺でピンチをしのいで、4回裏。セギ様、稲葉の連打でノーアウト1、3塁。ここで、このところチャンスにほとんど打てなかったSHINJOがタイムリー。しかし、なおノーアウト1、2塁で、エラーの稲田がバント失敗。あんまりである。ここで追加点が入らないと今日も中継ぎだのみの厳しい試合展開と思われたが、鶴岡がタイムリー2ベース。これが大きかった。金子もタイムリーで久保終了。
 こうなれば、小宮山の出番である。楽しくなってきた。賢介2ベースの後、小笠原のショートゴロは、西岡の緩慢なプレーでヒットになり、セギのピッチャーゴロも、小宮山の足を直撃して内野安打。小宮山には、ちょっと気の毒だが、1イニング6点のビッグイニングで試合は決した。
 敗戦処理で小宮山が延々投げ続けるのかと思ったら、そうでもなくて、高木、ミラーと出てくるが、トーマスばりのコントロールで押し出し2つ。後半はだらけた試合となり、選手もどんどん交代。マリーンズは、野手全員出場。
 12-1で快勝。ヒーローインタビューは、少年が小笠原にインタビュー。初々しくて微笑ましかった。観衆41093人。77勝目。ライオンズが敗れ、ホークスも引き分け。0.5ゲーム差の単独2位。明日は、金村-清水のエース対決。まだまだ負けられない試合が続く。

D060916b_1D060916d_1

|

« 2006/9/8:○F5-2B(神戸) | トップページ | 2006/9/17:○F6x-5M(札幌) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11922207

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/9/16:○F12-1M(札幌):

« 2006/9/8:○F5-2B(神戸) | トップページ | 2006/9/17:○F6x-5M(札幌) »