« 2006/9/17:○F6x-5M(札幌) | トップページ | 2006/9/24:●F4-8M(千葉) »

2006/09/23

2006/9/23:●F4-5xM(千葉)

 衝撃的な入場お断り事件以来のマリンスタジアム。あれから、ファイターズは21勝4敗。先発もあの時と同じ、ダルと小野。あの時は、ダルが早々に打たれ、好投の小野を代えた直後に大逆転したのだが、今日も、小野が好調で、手ごわい雰囲気。それでも、金子、賢介のタイムリーで2点先制。直後のガッツの併殺は、痛かった。
 3回に犠飛で1点返され、4回には、里ちゃんソロで早々に追いつかれる。そういえば、我らファイターズ応援団5人の中に、誠に遺憾ながら、マリンスタジアムに到着するなり、里ちゃんのパンフレットみたいのを購入していた方がいたことは、記録しておく必要がありそうだ。
 ダルもその後は踏ん張るが、小野の方がよくて打てそうもない。試合は、先週とうってかわって、ものすごい速いペースで進み、2時間もたたないうちに、8回裏。先頭の塀内に四球を出して、青野3塁打でとうとう逆転される。岡島、武田久を投入するもあまりにも痛い4点目が入り、万事休すかと思われた。
 9回表。川嶋あいのテーマ曲がかかり、小林雅登場。この曲は好きだが、この球場でこの曲を聞くようなシチュエーションになっては、困るのである。ただし、小野はまったく打てそうになかったので、小林雅の方が少しは望みがありそうな感じ。しかし2点はきつい。賢介3塁打で、ガッツに期待も、犠飛。1点差としたものの、2アウトランナーなしで、今日もブレーキのセギでは、万事休すかと思われた。
 しかし!セギ様!打った瞬間ホームランとわかる大きなアーチを描き同点!!!先週に続いて、優勝するチームの勢いというものを見せつけた一打。レフトスタンドは大騒ぎである。

 9回裏。武田久続投。内容もともかく、一度逆転された段階で気持ちを切ってしまっていると思うので、ここで再登場はちょっとかわいそう。結果論ではなくて、頭からマイケルで勝負ではなかったかと思う。大塚の打球は、無情にも、我らの陣取るレフトスタンドフェンス直撃のサヨナラヒット。終了。終了である。あまりにもあんまりである。

D060923a1_1D060923a_1

|

« 2006/9/17:○F6x-5M(札幌) | トップページ | 2006/9/24:●F4-8M(千葉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/12278472

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/9/23:●F4-5xM(千葉):

« 2006/9/17:○F6x-5M(札幌) | トップページ | 2006/9/24:●F4-8M(千葉) »