« 2006/9/2:○F8-3L(所沢) | トップページ | 2006/9/7:○F4-2H(福岡) »

2006/09/03

2006/9/3:●F2-6L(所沢)

 決戦第2ラウンド。日曜日ということで、昨日よりお客さんは少なめ。7月のときもそうだったが、久々の優勝争いということで、ファイターズファンの方がボルテージが上がっているので、アウェーといっても、応援団の数にそれほどの差は感じない。「21 NISHIZAKI」とか、「18 IWAMOTO」など、懐かしいユニフォームを引っ張り出してきている人も多い。「11 YAMAHARA」なんていうのもあった。期待していたんだけどねぇ。山原。今でいえば、井場っていうところか。
 昨日大ブレーキだったSHINJOが欠場。体調の問題もあるのかもしれないけど、勝っているときにオーダーをいじるのはどんなものか。というか、坪井の故障で層が薄くなっているのが痛い。6番マシーアス、7番紺田では、ちょっと苦しい。

 試合前。ビジョンで楽天の勝利が報じられ大歓声。この瞬間だけは、インボイスのすべてのお客さんの心がひとつになれる。

 1回裏。2死2塁でカブレラを敬遠。ちょっと理解に苦しむ。9回1点勝負とかならともかく、初回からランナーひとり増やして、和田というのは意味不明。あっさり和田に打たれたが、幸い、カブレラをサードで刺したので、1点で済んだ。

 2回表。2死2塁から、鶴岡ヒット。イチかバチか稲葉がホームへ突っ込み、うまくタッチをかいくぐったかと思ったが、ホームベースにふれていなかったとかで、アウト。そうは見えなかったけどねぇ。。。

 4回裏がすべて。昨日から、全体にストライクゾーンが狭くて、各投手苦労しているのだけど、1死満塁で、おかわり君を浅い外野フライで2死。打者細川となって、やれやれ。あまりに打てないので、バントの構えをしてタイミングをとっているとかで、所沢の少年野球でも流行しているらしいが、なんと初球満塁ホームラン。。。あまりにもあんまりである。

 正直これで決まりだろうけど、昨日のファイターズが最後までドキドキさせられたように、それなりに追い詰めなくてはいけない。ちょっともったいなけど、武田勝が好投。7回に金子の犠牲フライで1点返すと、その裏は、トーマスが、三者三振。こうなれば、8回にひと波乱あってしかるべきである。優勝経験のある稲葉が、あきらめてはいけないとばかりに22号を叩き込み、さらに怪力マシーアスが今日2本目の2ベース。ここで、代打幸雄さん登場!幸雄ジャンプではなくて、「北の国から」の大合唱。ようやく見せ場は作ったものの、ショートゴロで万事休す。星野から点をとったのは、よかったが、今後のためには、9回に小野寺をもう少し追い詰めておきたかった。

 応援団から、再三のように、「気合を見せろファイターズ!」との声がかかっていたが、昨日に比べると、何かチーム全体から執念のようなものが感じられなかった。実は、小生も昨日ほど切実に勝ちたい!と祈っていなかったような気がする。1勝1敗ではダメと分かっているのだけれど、なにかが昨日とはちがっていた。それに、やはりエースがここで踏ん張れないようでは情けない。厳しいようだが、今年の先発陣で、大量失点で序盤にKOされているのは、ディアスをのぞけば、金村だけである。これでは、とてもエースとは呼べない。
 まだまだ厳しい戦いは続く。1,2番の出塁率が下がっているのも気がかりだが、とにかくこのメムバーで行くしかない。気持ちを切り替えてホークス戦。最低でも2勝1敗で乗り切りたい。

D060903a_1D060903c_1

|

« 2006/9/2:○F8-3L(所沢) | トップページ | 2006/9/7:○F4-2H(福岡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/11760370

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/9/3:●F2-6L(所沢):

« 2006/9/2:○F8-3L(所沢) | トップページ | 2006/9/7:○F4-2H(福岡) »