« 2006/10/22:○F5-2D(名古屋) | トップページ | 2006/11/9:○F7-1L(サムソンライオンズ)(東京) »

2006/10/26

2006/10/26:○F4-1D(札幌)

 19時到着。かんちゃんからチケットを受け取り入場。ちょうどピンチをしのいだところで、まだ0-0。
 4回表、2死満塁から、内野安打でついに1点を献上してしまう。小生の到着直後である。いよいよ気まずい。もし負けるとすれば、1-0ではないかという気がするので、なんとしても同点に追いつきたいと思ったら、5回裏に金子のスクイズ!川上気迫の送球も及ばす同点。選手会長、打率は低いが、ここぞという時の活躍が光る。
 6回表、川相の見事なラストバントが出るも後続が続かず。そして、6回裏、ようやくメッキー到着。この大事なときに何をしていたのかと思うと、ガス欠だという。あまりにもあんまりであるが、到着直後に、バナナを振って応援する我らの前で、セギ様が豪快に決めた。本当に頼りになる助っ人だ。
 いよいよカウントダウン。8回表、岡島投入のところで、ドラゴンズファンのI君から電話がかかってきた。
「いやぁ、岡島ですよ。まだまだこれからですね。」
「いやいや、今年の岡島は、違うよ。特にこのシリーズの岡島は違うよ。」
「どうですかねぇ。ヒッヒッヒ。。。」
 ずいぶん余裕があるコメントだったが、電話を切った直後に、森野をファーストゴロ併殺打。岡島も実は、MVP級の活躍である。
 8回裏、稲葉が貴重な追加点で、ほぼ勝利を確信して、ふと我にかえると、SHINJOの最後の打席。豪快な三振で幕を閉じた。あっぱれ!
 そして、ついに9回。マイケルがパーフェクトリリーフ。日本一!SHINJOの描いたシナリオが、見事にフィナーレ、大団円である。1時間以上ドーム内で余韻にひたってから祝勝会場へ向かう。
「イッキマンに会えなかったのだけが、残念だね。」
「イッキマンは、名古屋に来ないかなぁ。」
「イッキマンもたまには親孝行した方がよいから、名古屋に行くように言ってみようか。」
「そしたら、イッキマンが第6戦を払い戻したお金で名古屋でみんなで盛大にやろうよ!」
 敗者へのいたわりのないあまりにも勝手なことを言いながら、すすきのへ。優勝特番を見ながら祝勝会。トレンディエース問題など、これまた言いたい放題いいながら、盛大に。そして、特番終了後は、かん姉妹撮影の千葉マリンの秘蔵VTRも披露された。
 かんちゃんデビューの開幕戦、原田雅彦の引退試合から始まったシーズン。かん姉妹&メッキー&ないるさんと遠征したフルキャスト、もがちゅー&サイスさんに盛大にやられたカープ戦、メッキーのバイクが盗まれ、2度目のお父さん事件もあった函館、入場できなかった千葉マリン、けいこさんも来たサヨナラ勝ちの札幌、NHKデビューの千葉マリン。いろいろあった我らの1年もここに大団円を迎えることになった。かけつけた2試合で、2度の胴上げ。これは、もう福の神を名乗っても文句はないだろう。
 SHINJOが去り、小笠原、岡島はFA。来年、どんなチームになっているかはわからない。しかし、この日本シリーズを見ても、MVPを選ぶのに苦労するくらい、多くの選手が、それぞれの持ち味を最大限に発揮した。MVPは稲葉だが、ダルも八木も武田勝もエースも武田久も岡島もマイケルもすばらしかった。ひちょりが打ち、賢介が送り、ガッツにセギに稲葉にSHINJO。金子のタイムリーとスクイズもあり、中嶋の好リード。小生が本格的に応援して10年。北の大地で3年。ファンの大声援に支えられてすばらしいチームが完成したことを心から祝福したい。

D061026d_1D061026e_1

|

« 2006/10/22:○F5-2D(名古屋) | トップページ | 2006/11/9:○F7-1L(サムソンライオンズ)(東京) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83044/12544057

この記事へのトラックバック一覧です: 2006/10/26:○F4-1D(札幌):

« 2006/10/22:○F5-2D(名古屋) | トップページ | 2006/11/9:○F7-1L(サムソンライオンズ)(東京) »