« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/26

2006/10/26:○F4-1D(札幌)

 19時到着。かんちゃんからチケットを受け取り入場。ちょうどピンチをしのいだところで、まだ0-0。
 4回表、2死満塁から、内野安打でついに1点を献上してしまう。小生の到着直後である。いよいよ気まずい。もし負けるとすれば、1-0ではないかという気がするので、なんとしても同点に追いつきたいと思ったら、5回裏に金子のスクイズ!川上気迫の送球も及ばす同点。選手会長、打率は低いが、ここぞという時の活躍が光る。
 6回表、川相の見事なラストバントが出るも後続が続かず。そして、6回裏、ようやくメッキー到着。この大事なときに何をしていたのかと思うと、ガス欠だという。あまりにもあんまりであるが、到着直後に、バナナを振って応援する我らの前で、セギ様が豪快に決めた。本当に頼りになる助っ人だ。
 いよいよカウントダウン。8回表、岡島投入のところで、ドラゴンズファンのI君から電話がかかってきた。
「いやぁ、岡島ですよ。まだまだこれからですね。」
「いやいや、今年の岡島は、違うよ。特にこのシリーズの岡島は違うよ。」
「どうですかねぇ。ヒッヒッヒ。。。」
 ずいぶん余裕があるコメントだったが、電話を切った直後に、森野をファーストゴロ併殺打。岡島も実は、MVP級の活躍である。
 8回裏、稲葉が貴重な追加点で、ほぼ勝利を確信して、ふと我にかえると、SHINJOの最後の打席。豪快な三振で幕を閉じた。あっぱれ!
 そして、ついに9回。マイケルがパーフェクトリリーフ。日本一!SHINJOの描いたシナリオが、見事にフィナーレ、大団円である。1時間以上ドーム内で余韻にひたってから祝勝会場へ向かう。
「イッキマンに会えなかったのだけが、残念だね。」
「イッキマンは、名古屋に来ないかなぁ。」
「イッキマンもたまには親孝行した方がよいから、名古屋に行くように言ってみようか。」
「そしたら、イッキマンが第6戦を払い戻したお金で名古屋でみんなで盛大にやろうよ!」
 敗者へのいたわりのないあまりにも勝手なことを言いながら、すすきのへ。優勝特番を見ながら祝勝会。トレンディエース問題など、これまた言いたい放題いいながら、盛大に。そして、特番終了後は、かん姉妹撮影の千葉マリンの秘蔵VTRも披露された。
 かんちゃんデビューの開幕戦、原田雅彦の引退試合から始まったシーズン。かん姉妹&メッキー&ないるさんと遠征したフルキャスト、もがちゅー&サイスさんに盛大にやられたカープ戦、メッキーのバイクが盗まれ、2度目のお父さん事件もあった函館、入場できなかった千葉マリン、けいこさんも来たサヨナラ勝ちの札幌、NHKデビューの千葉マリン。いろいろあった我らの1年もここに大団円を迎えることになった。かけつけた2試合で、2度の胴上げ。これは、もう福の神を名乗っても文句はないだろう。
 SHINJOが去り、小笠原、岡島はFA。来年、どんなチームになっているかはわからない。しかし、この日本シリーズを見ても、MVPを選ぶのに苦労するくらい、多くの選手が、それぞれの持ち味を最大限に発揮した。MVPは稲葉だが、ダルも八木も武田勝もエースも武田久も岡島もマイケルもすばらしかった。ひちょりが打ち、賢介が送り、ガッツにセギに稲葉にSHINJO。金子のタイムリーとスクイズもあり、中嶋の好リード。小生が本格的に応援して10年。北の大地で3年。ファンの大声援に支えられてすばらしいチームが完成したことを心から祝福したい。

D061026d_1D061026e_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

2006/10/22:○F5-2D(名古屋)

 初回から、セギタイムリーで先制。今日は、ファイターズ応援席なので、昨日よりは心細くないのだが、ドラゴンズファンもまぎれこんでいて、ドラゴンズの攻撃のときに前で2人だけ立たれてしまうので、試合がよく見えない。そうこうしているうちに、初回に守備が乱れた井端が同点ホームラン。まったくもって油断ならない。
 好投の八木だが、ヒットの出てなかったおでんくんに一発。今日もリードを許す苦しい展開。

 5回裏、ノーアウト1,2塁で山本昌のバントを八木がサードへ。好判断というよりは、イチかバチからのギャンブルという感じだったが、幸運にもアウト。後続を断つ。
 普通ならこれで流れが来そうなものだが、6回表、1番からの打順で三者凡退。いよいよ苦しくなってきた。

 7回表。稲葉のゴロを谷繁が悪送球。SHINJOの当たりもライト前にポトリと落ちて、おもわぬところでチャンス。ここは、代打高橋信二で外野フライではないかと思うが、鶴岡がそのまま打席へ。北の国からが盛大に流れて、よく粘ったのだが三振。2死で金子。引き続き北の国から。もがちゅー氏もフリを覚えて、盛大に応援しているので、小生も思わず声が出る。センター前へ。いつのまにか2塁へ進んでいたSHINJOが激走して、一気に逆転!同点ではなくて逆転までいったのは実に大きい。

 7回裏からは、武田久。昨日の今日だから怖いと思った人も多いかもしれないが、優勝のためには、久の復調が絶対必要。ヒルマンもよく使ってくれた。危なかったけどなんとか抑えた。これで調子を取り戻してくれるだろう。

 8回表。岡本。武田久の好投が優勝には欠かせないのと逆の意味で、この岡本は打っておかなくてはいけない。川上と岩瀬と山本昌を打てないのは仕方がないが、ここは、なんとしてもクリーンアップに期待!と思ったら、セギ様が豪快に叩き込んだ!すばらしい。

 9回裏はマイケルがピシャリ!毎日新聞さんに語ったような理想的な勝ち方。これで1勝1敗。2日連続の接戦は、結局エラーの出た方が負け。いずれにしても解説者のみなさんが言うほどの差はないということは示すことができた。雨の中、東名で帰るもがちゅーさんを見送り、アパ天然温泉露天風呂で疲れを癒す。風邪もどっかにとんでいったようである。貧乏神とカープファンの応援で敵地で五分に戦ったのだから、まずはヨシ。あとは、北の大地のみなさんに応援を任せ、申し訳ないけど、イッキマンさんのチケットには終了していただき、第5戦で優勝を決めてまた盛大に祝勝会といきたいものである。

D061022d_1D061022e_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

2006/10/21:●F2-4D(名古屋)

 るいさんの浦和ほどではないとは思うが、さすがにかなりのアウェーである。エース対決。初回、賢介ヒットでいきなり盗塁とはすばらしい。小笠原四球。このパターンが多くなるのは避けられないので、セギ様が前半のうちに打つかどうかがひとつのポイントになる。早くも「北の国から」。しかし、あえなく三振。小笠原のときにレフトスタンドではイルカが20頭くらい泳いでいたが、セギのときにバナナは1本も見当たらず。。。
 2回裏、ウッズ警戒しすぎ。四球。森野に打たれ、2、3塁の大ピンチ。しかし、アレックスを討ちとった時点で、井上と谷繁のどちらかは歩かせてもよいわけだし、なんとかなりそうな感じ。ところが、井上を完全な敬遠。ちょっと意外に思っていたら、谷繁に打たれた。打たれてはいけない人に打たれた感はある。
 しかし、3回、初回と同じようなシチュエーションで小笠原が歩かされ、また「北の国から」。セギ様タイムリー。これは大きい。さらにSHINJO犠飛も出て、あっさり同点。すばらしい。
 痛かったのは、3回裏、1死1塁で、森野のピッチャーゴロを、2塁に投げようと考えてしまい、1塁もセーフ。ドラゴンズ相手に守りのミスは厳しい。そして、2ストライクまで打てそうもなかった井上に打たれる。ひちょりがホームで刺してなんとか1点に抑える。
 ここで試合は膠着状態。途中から川上に対して打てそうな雰囲気がなくなってしまった。直接岩瀬につながれないように何とかしたいのだが、どうにもならず。7回、1死2塁での鶴岡のところは、坪井か小田を使って欲しかった。
 7回裏から、武田久。今後のためにも、今日は結果を出しておきたい。久々の登板ということもあって、高めに行くことが多く怖いが、福留の当たりがフェンスまで届かずやれやれ。8回まで引っ張ると打たれそうなので、今日のところはここでしまって欲しかったのだが、続投して、やられてしまった。同じ負けるにしても、3-2のままで負けておく必要があったところ。ウェーブが始まってしまい、チャンステーマが連呼。ちょっともうどうにもならない。
 9回。岩瀬。マシーアスでは打てるはずもない。あっさり2死。とうとう幸雄さんの出番である。応援歌が、あとひとりコールにかき消されてしまい、ジャンプのタイミングがはかれない。無念。終了。久が打たれたのと、守りがちょっと乱れたのが痛いが、まぁ今日の1敗は仕方がない。明日にひきずることはないだろう。まぁ、日本シリーズの舞台で幸雄さんが見られただけでもよかった。

D061021a_1D061021g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

2006/10/12:○F1x-0H(札幌)

 緊張の高まる試合前、いきなり、トーマスが誕生日であることが場内に発表される。しかしながら、バースデー登板が実現しては困るので、複雑な気分。
 1回表。ホークスあっという間に終了。1回裏。ファイターズあっという間に終了。
 中4日なので、少しはつけこめるかと思っていた斉藤和己だが、どうにもならない。とても打てそうもないし、まして、点がとれる気配などまったくない。
 一方の我らが八木。こちらもすばらしいピッチングだが、さすがに日本一の斉藤和己には、少し及ばないところもある。しかし、その分は、バックが盛りたてる。金子、ひちょりらのファインプレー、八木自身の絶妙な牽制。さらに、Zの守備妨害や、大村のセーフティーバントなどの微妙な判定も、味方して、なんとか0-0の均衡が続く。
 9回表。突然ウェーブ。まだまだ安心できないし、外野へけっこういい当たりを打たれているので、正直、どうかと思うのだが、北の大地の方々は、もう勝利を確信していたのだろう。
 9回裏。斉藤和己が、先頭の森本へ今日初めての四球。ここでようやく今日最初の「北の国から」。賢介送って、小笠原敬遠。1死1,2塁。セギ様がやってくれそうな予感がする。このあたりで、内野スタンドも総立ち。しかしながら、セギ三振。稲葉。そして、今日の「その時が」やってまいります。
 センター前へ抜けそうなあたり、二塁仲沢、よく押さえたが、川崎へのトスが緩く、ガッツが劇走して、セーフ。その間に、ひちょりが一気にホームを駆け抜けた。サヨナラ勝ち。シンジラレナイ!!!

 優勝、優勝です。感無量です。崩れ落ちた斉藤和己があまりにもかわいそうだったけど、とにかく優勝です。胴上げ、ヒルマンのインタビュー、選手が場内一周。外野席へ移動して、かんさんお手製の衝撃的な横断幕と記念撮影。
 かん姉妹、メッキーさんとも合流して、ないるさん宅へ移動して、祝勝会。北の大地、気温10度。あまりにも寒いので、ビールかけは断念しておでんを購入。さらには、カープかつをつまみながら、各局のスポーツニュースをはしご。なんといっても伊集院光がうれしそう。今年の「光プレー」をふりかえる。今日の試合が象徴するように、今年は、本当に守備がすばらしかった。その同じような守りのチームであるところのドラゴンズといよいよ来週末から決戦。まぁ、もうここからは、おまけという気持ちも正直あるけれど、イッキマン、イッキマン夫人、イッキマン妹、イッキマン母に負けるのはやっぱり悔しいので、かん姉妹、もがちゅーさんにもぜひとも名古屋入りしていただき、みんなで声援を送りたいものである。
 片岡が引退試合で2安打して、甲子園で胴上げ。そして同じ日に幸雄さんは、札幌で胴上げ。これも感慨深いものがある。

D061012d_1D061012e_1
D061012g_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »