« 2006年10月 | トップページ | 2007年3月 »

2006/11/12

2006/11/12:○F1-0B(ラ・ニュー・ベアーズ)(東京)

 いよいよ今季最後のゲーム。木曜日の感じから、サムスンなら安心と思っていたが、ラ・ニューが出てきた。違ったチームを見られるのは楽しみだが、なかなか手ごわそうな感じがある。先発は、決勝まで温存したエース、ダルビッシュ。初回、なんと3者連続三振。その後もあれよあれよと三振の山。ノーヒットノーランでもやりかねない勢いだが、こういうときこそ先制点が欲しい。油断しているとホームラン一本で0-1とかで負けそうな雰囲気もある。
 3回、紺田がエラーで出塁。こういう展開になればこっちのもの!と思うが、なんと金子会長がバント失敗、強攻して併殺。その直後の4回には、ラニューに初ヒットが出て、1死1,2塁まで追い詰められるが、4番、5番を三振。4回までになんと9三振。
 息詰まる投手戦。5回、6回とファイターズがチャンスを逃すと、7回、ラニューの先頭打者がなんと振り逃げで出塁。嫌な雰囲気が漂う。続く4番打者は、たしかメジャーだか3Aだかにいた選手である。たしかに打ちそうな構えだが、今日は、タイミングがあっていない。見事にダブルプレーでピンチを脱出。
 そして7回裏、ピッチャーが代わった。一昨日の試合でも、投手交代が裏目に出ているが、今日も思いきって早目の継投のようだ。しかし、木元がエラーで出塁。今度こそものにしなくてはいけない。稲田送って、パスボールで3塁に進んで、鶴岡。坪井か小田がいれば・・・というところだが、鶴岡の当たりは、ライト前にポトリと落ちた。ついに1点をもぎとる。
 場内には、マリーンズのユニフォーム姿もけっこうめだつ。「HATSUSHIBA 6」とか、「WARREN 43」なんていうのもいて、いっしょにファイターズを応援してくれるのがうれしい。掲示板を見ると、イッキマンも鶴岡をたたえてくれていた。日本シリーズ、ゴルフと2週連続の対決を終えて、今日だけは、みんな心がひとつになる。
 8回、ダルビッシュが四球を出したところで、武田久。ヒット打たれるも併殺で切り抜け、ふと気づけば、小笠原の最後かもしれない打席がまわってくる。日本シリーズもそうだが、接戦の中、勝利が近づいてくると、別れの瞬間が近づいてくるのだからあまりにも切ない。森本がヒット。しかし、賢介がバントしては、敬遠されてしまう可能性がある。もちろんまだ勝利が決まっていないのだから、仕方ないのだけれど。。。
 今日初めての「オーイ!オガサワラ!」コールを受けて、最後の打席。一応勝負してくれたけれど、結局、四球。稲葉終了で得点もできず。無念。気を取り直して9回。
 日本シリーズ以降のマイケルはまったく打たれそうな気配がない。今日も三振2つ、最後のバッターは、かろうじて当ててセカンドフライで終了。見事にアジアチャンピオン!勝ってうれしいというより、負けなくてよかったという感は否めないけれど、これで、気持ちよくすっきりとシーズンを終えられる。3回の胴上げを全部見られたのだから、幸せ者である。
 表彰式、根来コミッショナーが出てきて、小生がひそかにブーイングすると、次の読売の役員のときには、「HATSUSHIBA 6」をはじめとして、場内大ブーイング。一方で、ラ・ニュー・ベアーズには、大きな拍手が送られた。正直、ここまで手ごわいとは思わなかった。
 しばし余韻にひたってから、ドームの外へ出ると、なぜかボビーTシャツが1000円で叩き売りされていた。明日は、わが身とならないよう引き締めなくてはいけないが、今日のところは、祝杯!

D061112d_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/09

2006/11/9:○F7-1L(サムソンライオンズ)(東京)

 2200円のB指定席を購入して、入場、300番台の席が2200円なら悪くはない。1-0のリードに一安心していると、いきなり金子会長がエラー。3塁に進んで外野フライで同点にされる。ここまで八木はノーヒットなのに。シーズン後半は、こういうミスからの失点はほとんどなかっただけに不安。4回裏終了後に、ヤングマンが始まってしまうのも謎。
 5番サード木元、6番DH稲田、8番レフト紺田。来シーズンに大きな不安を感じさせる布陣である。真っ黒になった木元だが、あいかわらず、記録はヒットだが見苦しいプレーがあった。見ていられない。
 八木突然の降板で、久々のオッシー。スピードが140キロくらいしか出ない。ダルの153キロといい、札幌ドームのスピードガンは、東京ドームよりインフレ気味なのか?それとも、たんに試合勘がにぶっているだけなのか?
 6回表。小笠原の打席で、ファンファーレの代わりに、外野スタンドが何か叫んでいる。
「オーイ!オガサワラ!タノムカラ!ファイターズニ!ノコッテクレ!」
 というように聞こえた。その小笠原四球。4番稲葉。東京ドームのレフトスタンドの盛大な稲葉ジャンプに応えて、逆転タイムリー。北の国からが流れる中、木元がヒット。北の国からで木元を応援するのなんて、いつ以来かちょっと記憶にない。1死満塁。代打幸雄さん!北の国からを中断して、応援歌で幸雄さんジャンプ!楽しくなってきた。なんと押し出し。鶴岡タイムリー、紺田の併殺崩れで、打者一巡で4点。大勢は決した。
 勝利を確信して、ふと気づくと、小笠原の打席を見られるのもあとわずかかもしれないということに気づく。本格的に応援し始めた97年は代打の切り札。ビッグバン打線の98年以降は、いつもそこには、小笠原がいた。チームが低迷するときでも、小笠原のバッティングを見られるだけでも、ドームに足を運ぶ価値があると思ったものである。7回表。今日2本目の2ベース。
 9回表。ランナーが2人出れば、もう1回小笠原が見られる。そんな雰囲気がドームに充満して、金子会長が、執念の内野安打。そして、賢介が四球を選ぶ。
「オーイ!オガサワラ!・・・」
 叫び声も終わらないうちに、初球を今日3本目の2ベース。いかにも小笠原らしい当たりを見せてくれた。あとは、もう祈るしかない。
 9回裏マイケルが3三振を奪って快勝。ヒーローインタビューを聞いて、急いで帰宅すると、プロ野球ニュースは、お休み。ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年3月 »