« 2006年11月 | トップページ

2007/03/31

2007/03/30:△F2-2L(札幌)【かん戦記】

札幌ドーム開幕3連戦。対ライオンズです。

本日は超満員大作戦。3月最後の金曜日。働く人たちにとってはとっても忙しい日です。開場の際、憧れの選手とのハイタッチが企画されていたようですが、昨年に引き続き参加できず、無念。開始前に、リムジンに乗って登場するというパフォーマンスがあったようですが、こちらも間に合わず。大作戦の日取りとしては、3月末は厳しいっす。

ファイターズのPはダル、あちらのPはプロ初登板の岸。

私が5回に着いたときには、L和田のソロHRなどですでに0-2。

ダルは好投。スクリーンには何度も“K”のズドーンが。奪った三振は14。自己最高とのこと。ズドーン!ズドーン!!でございます。岸も7回まで無失点とルーキーながらすばらしいピッチング。っていうか、ハムは全然得点できる気配なし。やれやれ。。。

試合はもやもやするいかにも負けそうな雰囲気が漂っていました。ランナーが出たとしてもつながらない。

7回裏、グリーン選手が2塁打を放つも、打率.053の10番はまったく打てる気配なし。レフト前にしょぼいフライが飛んで終了。ぼよよ~ん。。。選手会長は三振で終了。うむむ。。。

8回裏、岸→三井。調子いいのになぜ変えたのかは不明。この回も得点できず、ますますもやもや。

負ける気がしたので、帰る準備でもしようとした9回裏にお祭り!!

LのPが小野寺に交代して流れがこちらに来た!

1死から高橋信二センター前ヒット!続いて代打稲田がライト前ヒット!!

1、2塁としたところで、ここで10番登場だったら三振もしくは即ゲッツーで終了という最悪のシナリオだったと思われますが、代打金子よーへい。

なななんとここでレフト越えの2塁打!プロ入り初ヒット!おほほっ♪

同点に追いつく。あきらめちゃいかんね、あきらめちゃ。

ここで誠さんの打席に。。。終了。今日はエラーもあったようだし、調子はイマイチのようです。打順は1番に戻り、ひちょりさん。

なんとなんと執念の激走で一塁セーフ。ちょっと際どい感じでしたが、これはセーフ。ひちょりさんやるぅ~♪(#^.^#)

試合は振り出しに。みなとみらいからは貧乏パワーが送られているようで、ご利益かなにかよくわかりませんが、とにかく延長戦に突入。

10回、11回は武田久。ランナーを背負うひやひやするピッチングでしたが、なんとか得点させず。

12回はインフルが治ったマイケル。打者三人で終了。今シーズンも是非とも№1クローザーとして力を発揮してほしいところです。

さて、裏の攻撃。負けはなくなり、引き分けか勝ち。

みなとみらいからは「長田なら打てます!かちませう!」と心強いメールを頂戴する。

お見事、ひちょりさん執念のヒット。気合十分。これは打つわーと思ったらほんとに打つんだもの。できる男です。

賢介は送りバント成功。1アウト2塁としたところで、3番坪井選手。目指せ!お立ち台!と思っていたら、まさかのデッドボール。かわいそうであります。

セギ様ファウルフライで倒れ2アウト。稲葉参上!

いきなり隣りの見知らぬおばちゃんからは、「ねえ、稲葉は結婚してるの?」と聞かれる。今聞くなよ!そんなことどーだっていいぢゃないかよ!と思いつつも、「今はしてないと思いますけれど、してたことはあると思いますよ。」とてきとーに答え、再び試合に集中。

稲葉さん、ずいぶん気合は入っていたようだけれども、残念ながら三振。

ゲームセット。。。勝ちたかったね。

観客動員数37032人。超満員とまではいかなかったけれども、この日程でこれだけ入れば上々です。

本来ならばしょぼい試合で0-2で負けていたところをここまでたのしませてくれてありがたい。

総括として、母曰く、「勝つ気はしなかったけれど、負けないとは思わなかった。」

明日はみなとみらいの福の神参戦。白星を頂戴することができるかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ