2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2022.11.25:全国旅行支援で行く!「伊予灘ものがたり」に乗車!

◆横浜→松山→八幡浜→松山:はれ:13866歩:松山の最高気温=20.2度

 4時50分起床。5時59分発の京急で、羽田空港第2ターミナル。おなじみのクリスマスツリーも登場。早朝の出発便は久しぶりだけれど、優先レーンもなかなかの混雑で、ラウンジでおトイレだけ済ませて、一番端っこの69番ゲートまでてくてく歩いて、あわただしく搭乗。

Img_9595

Img_9598_20221129083801

 久しぶりの松山空港で、愛媛県は、意外にも初参戦というkecoさんと無事に合流して、トヨタレンタカー・ヴィッツ号で出発。穏やかな秋晴れで、日中は暖かくなりそう。

Img_9600

 夕方のメインイベントまで時間が中途半端なので、まずは、坊っちゃんスタジアムを見学。市内中心部の城下から移転して、もう20年くらいたつけれど、まだまだきれいで立派な球場。サブグランドのマドンナスタジアムや、陸上競技場もある。四国アイランドリーグだけではもったいないなぁと思っていたら、先週まで、スワローズさんが秋季キャンプをやっていたとのことで、惜しかった。理想は四国に1チームだけれど、せめて、公式戦をもう少したくさん開催してほしい球場だよね。併設の博物館は、残念ながらお休み。

Img_9602_20221129083801

Img_9601_20221129083801

Img_9604_20221130005401

Img_9606_20221130005401

Img_9603_20221129083801

 道後温泉まではそんなに遠くないのに、カーナヴィにだまされて、細い路地で行き止まりになったりして、冷や汗をかいたけれど、なんとか道後公園の子規記念博物館へ。ここは、小生も初参戦。かなり立派な博物館だと思ったら、子規をメインにした、松山市の市立博物館のようで、松山全体の歴史もわかるようになっている。

Img_9607_20221129083801

Img_9608_20221129083801

 いったん、道後山の手ホテルにチェックインして、クルマを預けて、クーポンをいただき、さっそく温泉街の「かどや」さんで、クーポンで鯛めしをいただいて、路面電車で松山駅へ。坊っちゃん列車は、週末のみの運行になってしまったようだ。

Img_9609_20221129083801

Img_9610_20221129083801

 松山14時28分発の宇和海21号で西へ。2両のアンパンマン列車は、けっこうな乗車率で少し安心。段々畑とトンネルで、1時間弱で、八幡浜へ到着。

Img_9614

Img_9616_20221129083901

Img_9618

 折返しの「伊予灘ものがたり」まで小1時間あるので、街を散策。もっとも、港のある中心部までは、距離があるようで、駅周辺をうろうろして早めに戻る。

Img_9617

 16時14分発の「伊予灘ものがたり」。1日2往復の最終便は「道後編」。本当は、下りの「八幡浜編」でランチがよかったのだけれど、発売初日にJR四国のツアーで申し込むもゲットできず。夕方の上りは、今はやりのアフタヌーンティーメニューなのだけれど、個人的には、夕方に甘いものっていうのがイマイチなじまないんだよね。

Img_9620

Img_9623

Img_9624

Img_9625

 それでも、ボージョレ・ヌーボーをグラスでいただきながら、サンドイッチなどつまみつつ、車窓を眺めると、沿線の地域の方が各地で盛大なお見送り。こういうのは、「ななつ星」でJR九州が仕掛けたのが最初だったと思うけれど、「伊予灘ものがたり」のお見送りもなかなかのもので、庭先でエールを送ってくれるおばあちゃん、保育園のこどもたち、ガソリンスタンドのスタッフ、そして、河川敷の運動部の学生さんなど、なかなか愛されているよう。経営の厳しいJR四国、こういう応援を支えに、なんとかがむばって欲しいものである。

Img_9626

Img_9635_20221129083901

Img_9630

Img_9637_20221129083901

Img_9643_20221129083901

 五郎から旧線(海線)に入って、おなじみの下灘駅に到着する頃には、日は西に沈んでしまったけれど、それはそれでなかなか風情がある。あいかわらずの人気でホームには撮り鉄の方多数。夕陽の時間帯には、身動きがとれないほどになることもあるらしい。ただ、これだけ人気でも無人駅で、クルマで来る人が多いから、全然JR四国の収入にならないんだよね。駐車場作って、入場料とってもいいと思うんだけどねぇ。。。

Img_9657

Img_9662_20221129083901

Img_9656_20221129083901

Img_9659

 伊予市をすぎて、坊っちゃんスタジアム最寄りの市坪で下り列車と交換する頃には、もう真っ暗で、18時17分松山着。「52席の至福」や「ろくもん」に比べると、路線や車両の関係で、ゆっくり走ってもけっこう揺れるので、お食事向きでないところもあるけれど、なんといっても車窓は一級品。グリーン車扱いといっても、松山からの往復でお食事込みで1万円以下だから、比較的気軽に利用できるので、これからも活躍を続けてほしいものである。

Img_9667_20221129083901

 路面電車で道後温泉まで戻って、入浴して、早めに就寝しようと思ったら、BSで呑み鉄が始まってしまったので、「伊予灘ものがたり」でおみやげにいただいたみかんをいただきながら、堪能して、23時すぎに就寝。

Img_9668_20221129083901  

2022/11/24:東証続伸!

◆横浜:晴れときどきくもり:5814歩:横浜の最高気温=22.0度

 就寝後に、何度か目が覚めて、TLをチェックすると、なんと日本がドイツに勝利!サウジに続いて、アジア勢のジャイアントキリング。正直、今回の代表はよく知らないのだけれど、ドイツも一時ほどの勢いはないようだね。

 昨日の雨がようやく上がって、まずまずの秋晴れ。木枯らし1号という噂もあったけれど、北風が冷たい感じはなく気温も上昇。ソッカーの勢いを受けて、東証もNY2日分の上げを祝日でウヤムヤにせず、朝から強い。サカタのタネガーデンセンターで、見元ビオラなど購入して植え替え。

20221124a

Img_9587_20221128074701

Img_9589_20221128074701

 午後は、兵庫ジュニアグランプリ。中山ダート1800~東京ダート1600を2連勝で一本かぶりのトレドは、鞍上も若いし、小回りは向かなそうで、いかにも危険な人気馬ということで、横山武のオマツリオトコと、武豊のエコロアイなどから手広く買うと、3着に人気薄のデステージョを名手吉村騎手がもってきてくれて、見事に的中。ただ、トレドは、1コーナーで逸走、故障とはちょっとかわいそうだった。やっぱり園田1400は、中山1800とはまったくちがうからねぇ・・・

 明日早いので、早めに寝床に入って、メッセンジャーでぐんぐんさんのソッカーについての見解を伺っている途中で、うかつにも寝落ち。。。失礼しました。。。

Img_9585_20221128074701

 

2022/11/23:激闘WBC。。。

◆横浜:あめ:75歩:横浜の日降水量=46ミリ

 予報通り、朝から冷たい雨。食材も購入しておいたので、GAORAでファイターズファンフェスを見ながら、1日引きこもり。

 11時打ち。本日は、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の一般発売。先行抽選とかもあったのだけど、まぁあわてなくてもと思って、見過ごしてしまった。そして、先日の壮行試合がまさかの満員、さらに大谷くんの出馬表明ということで、けっこう厳しい戦いになりそうと気を引き締める。

 ぴあとイープラスとローチケ。先行予約などを見る限り、どうもローチケがメインのようなので、11時ジャストに参戦するもアクセス集中。ぴあやイープラスとちがって、途中で落ちたりするから始末が悪い。ロボット排除の画像を作って、座席番号まで表示されて、クレジットカードのセキュリティコードを入力して、決済で落ちるとかひどすぎる。

20221123a

20221123c

20221123d

 4万席くらいあるんだし、粘り強くと思ったものの、10分くらいでぴあもイープラスもブックフル!これは厳しい。。。

20221123b

20221123e

 ローソンがだいぶ繋がりやすくなる頃には、2階も売り切れはじめて、11時25分くらいかな、1階レフト側指定席をなんとか確保。。。ふぅ。。。ちなみに、試合はチェコ戦。チェコって???

 ラグビー早慶戦は、一時参戦も検討したのだけれど、その時点ですでにブックフルだった。この寒さと雨では売り切れていて助かった。慶応健闘も無念。

 午後もひきこもって、浦和記念。武豊クリノドラゴンが勝って、小勝。父アスカクリチャンには、ダイナレターなんかも入っていて、古きよき時代のなつかしい種牡馬の名がちりばめられている。

 22時からソッカー。TLが騒がしくなる前に早々に就寝。

 

2022/11/20:マCS中勝♪

◆横浜:くもりのち時々あめ:4744歩:横浜の最高気温=14.6度

 今日は朝からどんより、ひんやり。10時からディアナでお当番。若干来客あり、コーヒーをいただきつつ、14時に陽子さんと交代する頃には、雨がポツポツと。

 本日もJRAを購入。外人BOXの他に、ソダシー外人ーたくさんという3連複というのを手広く買ったところ、最後、ギリギリいっぱいにソダシが3着に残してくれて、3連複205倍をゲットして中勝。なんだかんだいってもソダシは大したもんだ。もっとも、このレース、本当は、外人&安田隆師で買うのが正解だったかもしれない。

 これで余裕ができたので、ボージョレ・ヌーボーを早々にちびちびやりながら、盛岡・北上川大賞典、佐賀・九州王冠賞、高知・土佐秋月賞と転戦。九州王冠賞が的中して、儲けを吐き出さずに済んだ。たまにしかない長距離戦は、適度に荒れてくれるので、参戦しがいがある。最後、ばんえい・オータムCで少し吐き出してしまったけれど、まずは、好日といえよう。

Img_9580_20221127134801

2022/11/19:ボートレース浜名湖大敗!

◆横浜→浜松→横浜:はれのちくもり:11869歩:浜松の最高気温=21.2度

 今日もよく晴れて、小春日和。10時半すぎに家を出て、新横浜駅へ。東海道新幹線は、3分間隔でフル回転。お客さんがかなり戻ってきたようで何より。銀座線も5分間隔にしてる場合じゃない。

Img_9511_20221124023001

Img_9516_20221124023001

 ひかり509号も乗車率9割近くで新横浜を出発。富士山は雪は溶けちゃったみたいだけど、裾野までよく見える。

Img_9524

 12時27分、浜松到着。1時間6分だからあっという間。東海道線に乗り換えて、新居町駅13時到着。中京競馬以来、半年ぶりにI君と再開。当初は、ドラフト前に野球通のI君と語り合う計画だったのだけれど、小生がコロナ感染で延期になった次第。

Img_9529

Img_9531_20221124023001

 新居町の駅前は、そのままボートレース浜名湖の入口へ。そう、本日は、競艇初体験である。

Img_9532

 笹川良一さんの時代から、公営ギャンブルの中では、競艇が一番サービスが進んでいると言われていたけれど、ここ浜名湖もなかなか立派な設備。そして、今日は、特に大きなレースはないのに、駐車場にはクルマがびっしりで、予想外にお客さんが多い。それでも、広いスタンドは、一般席もガラス張りの室内でゆったり見られて、Wifiも完備。これなら、特に指定席を購入する必要はなさそうだ。

Img_9559

Img_9534 

Img_9535_20221124023101

 100JPYの串カツをいただいて、7レースから参戦。だいたいスタートで決まってしまうとか、内枠有利とか、1日に2回走る人がいるとか、モーターの当たり外れがあるとか、予備知識はまったくないわけではないけれど、じゃあ、目の前の7レースをどう買うんだ?と言われても、なかなか検討のしようがない。競輪の選手紹介のように、試走で、スタートの体型を見せてくれるようだけれど、だからといって、どう買えばいいかと言われるとわからない。

 競艇は、笹川良一さんの時代からの流れなのか、他の公営競技とネット投票なども独立していて、楽天やオッズパークでは買えない。なぜか、以前アカウントだけ作ってあった競艇専用のネット投票サイトから投票。6艇なので、やはり、もっぱら3連単だね。

 その7レースが、1-4-2で的中!これは、幸先がよいと思ったら、10点買って、6.8倍で当たり損。やはり、1枠有利かと思うと、8レースは、5-3-1で万舟券。

Img_9544

Img_9551_20221124023101

 態勢を立て直すべく、場内を散策して、9レースは、屋外で観戦。エンジン音と水しぶきはなかなか迫力があるけれど、5-2-6でまたハズレ。

Img_9564

 I君はというと、JRAとのダブルヘッダーであいかわらず忙しそうだが、特に的中している気配もなさそうだ。

 結局、最終レースに、1-3-4と固いところを当てただけで初競艇は大敗。しかし、これ、なかなかおもしろいね。徳光さんをはじめとするギャンブラーが、競馬→競輪→競艇と転戦していくのもわからなくはない。恐ろしいのは、今は、ネットがあるから、明日にでも続きをまた買えちゃうんだよね。しかも全国10場くらいで同時開催しているようだ。

Img_9560_20221124023101

Img_9561_20221124023101

Img_9568

 東海道線で浜松駅へ戻って、駅前の八百徳さんへ。創業明治42年の老舗で、上うな重とビアで反省会。I君の浜松生活も半年とすぎたけれど、エクセル浜松とまんが喫茶のお風呂をベースに、ボート、オート、周辺観光となかなか充実しているようで何よりだ。いかんせん美味しいうなぎは、すぐに食べ終わってしまうので、次回は、新装京都競馬場への遠征を約束して、1本繰り上げたひかり号で帰浜すれば、20時には帰宅だから、浜松は、近いね。

Img_9570_20221124023101

Img_9569_20221124023101

Img_9574_20221124023101

 

2022/11/17:全国旅行支援で行く!親孝行シリーズ・秋の小布施~軽井沢(2)

◆軽井沢→横浜:くもり時々はれ:9684歩:軽井沢の最低気温=-2.1度

 2日目の朝。外は冷え込んでいるのだろうけど、空気は澄んできれいな空。朝食は、和、洋、サラダ、フレンチトーストなど充実の4コースからの選択。洋定食でオムレツをいただくと、ハムもベーコンもソーセージも全部ついている。

Img_9466_20221123084901 

Img_9467

 9時半すぎにチェックアウトして、レンタカー返却まで、ヴィッツ号で別荘地周辺を散策。六本辻が、ラウンドアバウト(環状交差点)に変わっていたりはするけれど、全体としては、それほど変わっていない。雲場の池の紅葉がきれい。軽井沢銀座は午前中からけっこうな人でクルマで通るのが難儀なほど。

Img_9472

Img_9471_20221123084901

Img_9476

Img_9479_20221123084901

Img_9480

Img_9481

 11時にレンタカーを返却して、コインロッカーに荷物を預けて、南口へ。人工雪とはいえ、スキー場がもう営業していてびっくり。プリンスのアウトレットへ。シーズンオフということで、ゆったりお買い物ができる。ちょうど探していたNEWYORKERのベストをゲットできてラッキー。

Img_9485_20221123084901

Img_9491_20221123084901

 北陸新幹線(高崎ー長野)25周年記念の釜めしをゲットして、13時発のあさま号で帰途へ。道中つつがなく、東京駅で母と解散。

 本日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日。セブンイレブンでも、以前のように盛大には売ってないけれど、オレンジのをゲットして、具だくさんの記念釜めしといただき、早々に就寝。

Img_9503

Img_9505_20221123084901

 

 

2022/11/16:全国旅行支援で行く!親孝行シリーズ・秋の小布施~軽井沢(1)

◆横浜→長野→小布施→軽井沢:はれ後ときどきくもり:8750歩:長野の最高気温=12.2度

 全国旅行支援第3弾は、2年ぶりの親孝行シリーズ。今回は、近場ということで、北陸新幹線「あさま」号で母と合流して出発。道中つつがなく10時38分、アルペンルートに行った8月以来の長野駅に無事到着。

Img_9432

Img_9431_20221122073701

 本日は、まず小布施へ向かう。トヨタレンタカー・ヴィッツ号で出発。街中を抜けるのにけっこう時間がかかったけれど、40分くらいで到着。今日もまずまずのお天気で、紅葉もなかなかいい感じということで、小布施界隈は、観光バスも参戦してきてけっこうなにぎわい。

Img_9433

Img_9434

 母のお目当ては、モンブランなのだけれど、とりあえず本店レストランでランチ。地味なミニ会席コースだけど、お出汁などはさすがに美味しい。栗おこわにデザートの栗菓子までいただく。

Img_9437

Img_9438

 北斎館は、残念ながら展示替え中ということで、常設展のみの見学。さらに、小布施に北斎を呼んだ高井鴻山の記念館も見学。当時の館がそのまま残っている。そして、北斎だけでなく、なぜか若冲もある。幕末から明治にかけて、パトロンとしてだけでなく、各方面でいろいろ活躍した方のよう。ここもお庭の紅葉がとてもいい。

Img_9444_20221122073701

Img_9440

Img_9448

Img_9449_20221122073801

Img_9451_20221122073801

Img_9447

 1番人気のモンブラン「朱雀」は、お持ち帰りNGとのことなので、普通のモンブランを無事にゲットして、小布施PAのスマートICから高速に入って、長野から小諸で降りて、浅間サンラインから国道18号へ。佐久経由で軽井沢ICまで行くとだいぶ遠回りで、ドライブとしては、こちらのルートがいい。

 軽井沢千住明美術館へ。こちらは、西沢立衛さんの設計で、SANAA風のガラスの吹き抜けや曲線のデザインでなかなかいい感じだ。

Img_9454

Img_9452_20221122073801

 入場すると、いきなり警備員がやってきて、

「声が響きますので、お静かにお願いします。」

 と言う。母と美術館に来ると、いつも怒られる。だけどねぇ、たしかに母は声は大きいけど、このときなんて、普通に絵について会話してただけで、まして相手が小生だから、そんなにハイテンションになっていたわけでもない。どうも日本の美術館は無言で鑑賞すべしという風潮があるけど、おかしいよね。小生だってひとりのときは、そりゃ無言で見るけど、連れ立ってきた客は、絵の前で、あーだこーだ言うのが当たり前だよね。

 館内は、おなじみの滝がメインだけれど、比較的最近の作品に、なかなかいいのもあった。隣接して、浅野屋のカフェなどもあって、一度は行ってみてもいいところかと思う。

Img_9456

 ホテル鹿島ノ森へチェックイン。軽井沢というと、プリンスのコテージや、貸別荘その他に泊まることが多かったので、プリンス以外のホテルは初めてだ。鹿島建設の2代目が、碓氷峠の鉄道工事に関わった際、軽井沢を気に入って、別荘を作ったのがルーツとのことで、その後、旧軽井沢ゴルフコースのロッジして作られ、さらにホテルに生まれ変わって、今は、オークラ系の運営。改装されて間もないようで、館内はきれいだ。

 シーズンオフの軽井沢ということで、お客さんもほどほど。レストランがけっこうお高いので、夕食は、街へ出てとも思っていたけれど、歩くには寒いし、車だすとお酒飲めないし、クーポンが2人で6000JPYもらえたし、ということで、館内レストランで赤ワインとウインナシュニッツェル。デザートは、お部屋に戻って、小布施で買ってきたモンブランを美味しくいただき、初日は早々に就寝。

Img_9462

Img_9463

Img_9465

Img_9464

Img_9458_20221122073801


 

 

«2022/11/13:エ女王杯小敗。

(PR)







(PR2)