2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

2021/2/16:三浦海岸の河津桜を堪能♪

◆横浜・三浦:はれ:11637歩:横浜の最高気温=14.9度

 爆弾低気圧が去って、風は強いけれど、朝から快晴。野菜ジュース、鮭、海苔、漬物、味噌汁、玄米。東証続伸を確認して出発。

 例年、2月中旬は、踊り子号で、伊豆の河津へ、河津桜を見に行くのだけれど、諸般の事情により、今年は、京急で出発する。三崎口行きの特急は、横浜で車内はガラガラになるけれど、ところどころにカワヅザクラ目当てとおぼしきおばさんのグループがいる。

 1時間乗って、車窓に海が見えてきて、終点のひとつ前の三浦海岸駅で下車。駅前の河津桜もけっこう盛大だ。

Img_1130

Img_1135

Img_1136

Img_1137

Img_1131

 三崎口方向へ10分くらい歩くと、線路沿いに盛大な桜並木。濃いピンクの桜と黄色の菜の花のコントラストも本家の河津と同じで、快晴の青い空によく映える。周辺は小松が池公園という公園になっていて、少し高台に上がれば、富士山もくっきり。規模は川沿いに数キロ続く伊豆の方が上だろうけど、一面ピンクの眺めは、なかなかこちらも負けていない。これなら、来年からも参戦したいね。

Img_1140

Img_1141

Img_1143

Img_1147

Img_1151

Img_1153

Img_1152

Img_1160

 諸般の事情により、桜まつりは中止になったようだけれど、別に屋台の食べ物とかおみやげが目当てで来ているわけではないから、ほどよいにぎわいで、ゆっくり見られるのがかえってありがたいくらい。(地元にお金が落ちないけど)。場所によって咲き具合がちがうけれど、まだしばらくは楽しめそうだ。

Img_1178

Img_1184

Img_1186

Img_1191 

Img_1193

Img_1199

 東証連日の大幅続伸。もっとも、大引前に急ブレーキ。安倍さんが退陣表明したときのような急な下げ方で何ごとかと思ったけど、理由はよくわからない。まだはもうなり、もうはまだなり。。。

Img_1223

20210216a

 

2021/2/15:東証3万円。

◆東京・横浜:あめのちはれ:東京都心の降水量=76.5ミリ

 予報通り、爆弾低気圧が発達しながら関東地方に接近して朝から大雨。地震の被害にあった方には気の毒な雨だけれど、収束に向かってきたウイルスにダメ押しするには、まとまった雨も悪くない。

Img_1125

 そんな中、東証はするすると上昇して、あっさり3万円突破。さすがに3万円となると、ニュースでの取り上げ方も大きくなるけれど、街の声とかで、「実感がない」とか「実態と乖離している」とか報じられているうちは、まだ大丈夫という気がする。まだはもうなり、もうはまだなり。先週も同じこと書いてたね。

20210215a

Img_1126

 ばんえいスピードスター賞小勝。超軽量戦が軽馬場になって、44秒2の超高速決着。

 

2021/2/13:松本コミュニティ道路をてくてく

◆横浜:はれ:10390歩:横浜の最高気温=16.6度

 今日も朝から穏やかに晴れて気温も上昇。今年の冬は、前半はけっこう寒かったけど、後半になって一気に暖かくなってきた。桜が早く咲くパターンだね。

 反町まで電車に乗って、東横フラワー緑道を少しだけ白楽方向へ戻って、先週の続き。松本コミュニティ道路へ参戦。三ツ沢まで3キロ、140kcalの散歩コースが整備されているようだ。

Img_1052

Img_1054

Img_1055

Img_1056

 コミュニティ道路とはなんぞや?と思うと、車道を一方通行にしたうえで、歩道を広くとり、さらに車道はあえてくねくねさせて、クルマはスピードがだしずらくなり、歩行者は歩きやすい。なかなかよく整備されている。右側は例によって高い崖。このあたりは、栗田谷という地名のようだ。

Img_1057

Img_1058

Img_1059

 しばらく行くと、分岐を狭い方へ進む。これは、明らかに暗渠跡だね。マンホールも急に増えてわかりやすい(^^;)

Img_1063

Img_1066

Img_1067

Img_1069

 三ツ沢下町でいったん国道1号を渡ると、ここからは、三ツ沢せせらぎ緑道として、再生水を流して整備されている。やっぱりさっきのところも暗渠だったんだね。今度は左側が高い崖。そして、クロネコさんも登場。スリバチ散歩の役者が揃ってきたね。

Img_1070

Img_1071

Img_1073

Img_1074

Img_1077

Img_1078

Img_1079

Img_1087

Img_1091

 気持ちよく散策を続けると、いきなり工事通行止め。このまま緑道が三ツ沢公園近くまで続いているのに、残念。国道へ迂回せよとの指示だけれど、大通りを歩いてもつまらないので、左側の崖に挑む。途中までは、緑道の続きみたいな感じでよかったのだけれど、しばらく進むといよいよ本格的な登りに。うっかり階段を上っても行き止まりも多いし、方向感覚がわからなくなってきた。グーグルさんをたよりにとにかく上っていくと、首都高の出口があって、三ツ沢の山の上の交差点に出た。やれやれ。気温もぐんぐんあがって暑くなったので、セーターを脱ぐ。

Img_1092

Img_1093

Img_1094

Img_1095

Img_1100

Img_1101

Img_1103

Img_1102

 大通りで浅間下へ下ってもつまらないので、横浜駅方向へ少しショートカットするように下る。ちなみに、このあたりは、「北軽井沢」。横浜駅からクルマで5分の高級避暑地だ。

Img_1104

Img_1105

 右の崖下に横浜駅を見ながら、首都高速をまたぐ。このまままっすぐ進むとまた反町へ戻ってしまいそうなので、何やら怪しげな階段を降りると、これが長い階段で、一気に降りたとところが南軽井沢。旧東海道へ合流すれば、もう横浜駅はすぐそこだ。

Img_1106

Img_1108

Img_1107

Img_1109

Img_1111

Img_1113

 けっこう歩いたつもりなのに、帰宅してみたら1万歩でがっかり。まん天餃子と昼ビアでチャラ。ばんえい然別賞は、ホクショウマサル→センゴクエース→オレノココロで小勝。そろそろばんえい記念の遠征も検討しないと。

Img_1116

20210213a

20210213x

20210213y

 

 

2021/2/12:ホテルニューグランド~国道133号線をてくてく

◆横浜:くもり時々はれ:14178歩:横浜の最高気温=11.8度

 7時前に起きると、未明にFBに見慣れないアカウントからメッセージが届いている。なんとKさんの訃報。弟のYさんがFBで小生をみつけて連絡をくれたのだけれど、Kさんには、ここ数年、カナダで2度もお世話になって、一昨年もみなとみらいで再会して、つい最近も、FBでスキーをエンジョイする写真を見ていたので信じられない。。。人生、ホント何が起こるのかわからないよ・・・

 気を取りなおして、午後から海沿いを歩いて、久しぶりにホテルニューグランドへ。OZmallさんで紹介されていた「テイクアウト専用★いちごスイーツ 2月28日までの期間限定!『あまおうのショートケーキ』&『いちごのミルフィーユセット』」をポチッとしてしまったのだ。Stay Homeで旅行代がたまっているはずなんだけれど、なんだかんだとついついねぇ。。。

Img_0993

Img_0994_20210220102801

Img_0995

Img_0996

Img_0998

Img_0999

Img_1002

 少しでも歩いてカロリー消費ということで、帰りも歩くことにする。行きが海沿いだったので、帰りは陸側と思い、大さん橋前のスクランブル交差点に来ると、国道の起点標識を発見。そうか、国道133号線の起点はここだったのか。せっかくだから、国道133号をたどってみよう。

Img_1003

 たどるといっても、国道133号線は、わずか1キロちょっと。横浜港への接続道路とは知っていたけれど、実際のルートはどうなんだ?

 歩き始めると、ルートはすぐに左へ。ということは、日本大通りが国道133号なのか?じゃあ、横浜スタジアムに突き当たって終わり???と思うと、今度は右へ。みなとみらい線が地下を走るおなじみの通り。ジャックの塔でおなじみの開港記念館をすぎて、先日火事のあった第2合同庁舎前、馬車道とクロスするところを桜木町方向へ斜めに入る。

Img_1004

Img_1005

Img_1006

Img_1007

Img_1009

Img_1010_20210220102801

Img_1011

 新市庁舎の前を通って、大岡川を渡って、JRのガードをくぐって、16号線に突き当たれば、もうおしまい。延長1.4キロは、日本で5番目に短いらしいけれど、明治時代は、國道一号を名乗っていた由緒ある道でもある。惜しむらくは、終点の標識が微妙な位置に立っていて、歩いて下まで行けないんだよね。。。

Img_1014

Img_1017

Img_1020

 ということで、往復歩いて1万4000歩。さっそくあまおうのショートケーキを美味しくいただき、夜はBSでカーリング。予選で王者コンサドーレを破った常呂ジュニアがプレーオフでも大健闘。エキストラエンドまでいって、あと一歩及ばなかったけれど若いチームの台頭は今後が楽しみだ。

Img_1026

Img_1027

20210212a

20210212b

 

 

2021/2/11:お誕生日会@弥生台

◆横浜:はれ:4013歩:横浜の最高気温=13.8度

 よく晴れた祝日。延期になっていたお誕生日会が開催ということで、相鉄で出発。以前は急行と普通のみでわかりやすかった相鉄のダイヤも、快速ができ、特急ができ、JR直通ということでややこしくなった。二俣川までは免許の更新で来るけれど、いずみ野線に入るのは久しぶりというかあまり記憶がない。

Img_0978

 初めて降りる弥生台駅で、無事にYo子さん、Yoくんと合流して、駅からすぐのペタル・ドゥ・サクラさん。線路沿いが立派な桜並木で、桜の季節には、すばらしいヴューになりそうだ。間隔は空けているけれど、地元で愛されているようでソコソコにぎわっている。

Img_0991

 福岡のF嬢2号さんからだいぶ前にいただいていたというスパークリングを持ち込んで乾杯して、さくら薬膳フレンチコースをいただく。薬膳コースというと、良薬口に苦し的なイメージがあるけれど、野菜をたっぷり使ったコースはとても美味しい。スープのお芋は、保土ケ谷区の菊芋、お肉に添えられた人参は保土ケ谷区の苅部さんの苅部人参。その他、野菜は、どれも地元横浜産で、生産者のお名前も書いてある。

Img_0979

Img_0980

Img_0982

Img_0983

 フランス・ブルターニュの美味しい鴨は、赤ワインでいただき、デザートの金柑も保土ケ谷区でとれたものということで、最後まで地元の味を堪能。横浜といっても、このあたりはまったくご縁がないエリア、まだまだ知らない名店があるんだねぇ。

Img_0984

Img_0985_20210220102401

Img_0990

 せっかくだから、一駅くらい歩けばよかったのだけれど、ほろ酔いなので、おとなしく相鉄で帰宅。ごちそうさまでした♪

 

2021/2/10:上野をてくてく(日本のたてもの、吉田博展)~iPhone紛失騒ぎ~東京名所図会・不忍競馬場

◆横浜・東京・茅ヶ崎:はれ:13984歩:東京都心の最高気温=12.1度

 朝からよいお天気。本日は、母と友人がみなとみらいへ参戦するようなので、ニアミスを避けて上野東京ラインで上京。久しぶりに上野をてくてくする。

 まずは、東京国立博物館表慶館の「日本のたてもの」に参戦。表慶館は初めて入ると思うけれど、何やら立派な建物(大正天皇ご成婚を記念して建てられた日本最初の本格的な美術館とのこと)で、入場すると、さっそく法隆寺の五重塔がお出迎え。もちろん模型だけれど、1/10なので、なかなかリアル。その他にも、教科書でおなじみな国宝級の建築の模型がずらり。模型といってもかなり精巧なものだし、切断面の内部が見られるようになっているのも楽しい。事前予約制で、ソコソコお客さんも入っている。

Img_0906

Img_0909

Img_0910

Img_0918

Img_0912

Img_0913

Img_0914

Img_0915

Img_0919

 続いて、東京都美術館へ。母おすすめの「吉田博展」。こちらは事前予約は不要だけれど、けっこうにぎわっている。ダイアナ妃はじめ外国要人も愛したという風景版画。瀬戸内海や上高地から、アメリカやヨーロッパまで、見覚えのある景色も多くて、旅をしている気分でたっぷり楽しめる。

Img_0907

Img_0924

Img_0925

 両展ともすばらしく、オススメなのだけれど、今日の日記は長いので、先を急ぐ。後半は、上野公園をてくてく。あいにく動物園は閉園中なので、まずは東照宮へ。

Img_0926

Img_0928

 不忍池方向へ下る。池の外周コースは、なんと、明治時代、競馬場になっていて、明治天皇はかなりお好きだったらしいのだけれど、当時を偲ぶものは残っていないようで残念。馬見所(スタンド)は、今の動物園の敷地の中かな。

Img_0930

Img_0935

Img_0939

Img_0942

Img_0933

Img_0934

 「東京人」やスリバチ本でもおなじみの階段や坂道をテクテク。いわゆる上野の山をちゃんと歩くのは相当久しぶり。西郷さんにご挨拶して、再び美術館の近くまで戻ってきたところの小高い丘が、なんとその名もずばり摺鉢山古墳。お隣は、正岡子規記念の野球場。

Img_0944

Img_0945

Img_0947

Img_0948

Img_0951

Img_0950

Img_0952

 けっこう歩いて、お腹も空いた。上野に来るといつも洋食が食べたくなる。東京文化会館内の精養軒さんへ。店内は広いので、安心。ズワイガニクリームコロッケと海老フライのセットとビア。コルビジェの西洋美術館を眺めながらゆっくりお食事っていうのぜいたくだよね。(西洋美術館は休館中)

Img_0956_20210218081401

Img_0957

 好天の上野の森をたっぷり堪能して、13時30分発の上野東京ライン熱海行きで帰宅の途に。空いているグリーン車でコーヒーを飲んで、iPhoneで読書しながら、横浜へ。と、ここから事態は急転する。。。

 横浜駅でホームに降りて、階段を下りかけたところで、ん???ない。ないよ。携帯(iPhone)がない!あわてて、階段を駆け上がるが、無情にも列車は行ってしまった。

 過去の経験から、こういうときは、案外、出てきたりするので、心を落ち着かせて、かばん、ズボンのポケット、胸ポケット、ジャムパーのポケット。ひとつひとつ。ていねいに確認。ない。ないよ。終了。。。。。。モバイルsuicaだから改札も出られない。とりあえず精算窓口へ。

「すみません、今の列車に携帯を・・・」

「横浜駅のお忘れ物はまとめてこちらで承ってます(紙を渡される)」

 南口の忘れ物センターみたいなところへ行く。

「すみません、さっきの東海道線に携帯を・・・」

「どの列車ですか?」

「えーと、上野を13時30分発の熱海行きです。」

「場所は?」

「えーと、グリーン車4号車の1階部分の右側のいちばん後ろの窓側です。」

「iPhoneですか?」

「そうです。」

「色は?」

「赤です。」

「ケースは?」

「ないです。」

「何か特徴は?」

「えーと、裏にsuicaペンギンのシールが貼ってあります・・・」

 年輩の担当の方は慣れた調子で淡々と処理してくれるけど、こうしている間にも列車がどんどん熱海の方へ行ってしまうと思うと、気が急くし、そもそも車内で見つからなかったら、かなり厄介だよね。。。iPhoneって、なんかネットで探せるんだっけ?そういう設定してたっけ???

 おもむろに電話をとった担当氏、どこかの駅にかけてくれるようだ。

「えーと、こちら横浜駅の・・・」

「あー、間違えた。。。」

(・・・)

「えーと、こちら横浜駅の・・・14時17分発の3531E、遺失捜索できますか?無理?はい、わかりました。」

 すでに14時10分をすぎている。時刻表をめくりながら、ギリギリの大船駅にまずたのんでくれたけど、断られてしまったよう。まぁ、最近は、ホームの係員も少ないし、忙しそうだから仕方ないけど。その次の駅も。。。

「えーと、こちら横浜駅の・・・遺失捜索、無理?はい、了解。」

(・・・)

「えーと、こちら横浜駅の・・・遺失捜索は?、えー、できますか?!」

(たのみます・・・)

「じゃあ、お願いします。」

(やった!)

「14時27分の茅ヶ崎駅で調べてくれるので、その5分後くらいにまた来てください。」

「はい。」

 15分ほど改札内をウロウロ。iPhoneないとホント手持ち無沙汰だし、何しろまだ見つかったわけじゃないし・・・ドキドキしながら再入場。茅ヶ崎駅へ確認の電話をかけていただく。

「えーと、こちら横浜駅の・・・」

「えー、そう、iPhoneの、赤で、なんかペンギンが・・・」

(?!)

「それらしいものが見つかったようです。」

「ありがとうございます!」

「茅ヶ崎駅のホームで預かってます。」

「今から行きます!」

「料金はかかりますよ。」

「はい、ありがとうございました!」

 14時44分発の東海道線に乗車。すると、なんと東戸塚あたりで急停止だよ。

「ただいま、踏切の安全確認を・・・」

「・・・」

 よりによって、勘弁してよ、と泣きそうになったけど、幸い、すぐに動き出した。15時11分茅ヶ崎駅着。と、ホームで放送が。

「5号車、遺失捜索入ります。」

 ん?小生とは別にこの列車にも何か忘れた人がいるようだ・・・ホント、駅員さん大変だね。。。茅ヶ崎駅は親切なのかな。

 なぜか東海道線ではなくて、相模線のホームにある事務室で、無事にiPhoneと再会。身分証明書提示とサイン、ホーム画面ロック解除も確認していただき、手続き完了!

 せっかく茅ヶ崎まで来たのだから、どっか散策してもよかったのだけれど、もうそんな元気もないので15時33分の宇都宮行でとんぼ帰り。横浜駅で、もう一度先程の担当氏にお礼を。列車や座席が特定できたとはいえ、車内に忘れた携帯が2時間後には戻ってくるのだから、ホント、ありがたい。JR東日本に感謝感謝。

Img_0959

20210210q

 ぐったり帰宅して、お野菜をじうじう焼いていると、蓑虫屋さんから、ゆうパックが到着!蓑虫屋さんは、競馬専門のネット専業古書店。先日、グリーンチャンネルの番組に古い資料をいろいろ提供していたのを見て以来、注目してフォローしていたのだけれど、一昨日、急に上野不忍池の競馬の錦絵が入荷していたので、ポチッと!まさに今日歩いた場所。実にタイムリー。東京名所図会というシリーズらしい。客観的な価値は全然わからないけれど、お気に入りの絵なら10000JPYは、高くないよね。さっそくヨドバシから一足先に到着していた額に飾って、長い1日も大団円!!!

Img_0975

 

2021/2/8:バブル来る?!

◆横浜:くもりのちはれ:5469歩:横浜の最高気温=10.3度

 ポカポカ陽気の週末から一転、どんより曇って北寄りの風が冷たい朝。街歩きは断念して、近場の散歩だけでひきこもる。

 週明けの東証は、小幅続伸スタート。週末のNYも上がっていたし、まぁ、そうだろうねと思ってみていると、そこからすごい勢いでぐんぐん上昇。あっという間に2万9000円を突破して、上げ幅は500円を超え、大引けでは600円高。そして、昨年の秋から年末の上げとちがって、ようやく小生にも多少は恩恵が及んできた。先週末に黒字転換を発表した、日本製鉄も暴騰。鐵は国家なり。

 高値を更新するたびに、30年何ヶ月ぶりと報じられるけれど、いかんせん、それはバブルピークの最高値からすごい勢いで下がってきたときの値段との比較。もう、ここまで来たら、38915円の更新をめざすしかないのではないか?もうはまだなり、まだはもうなり、バブルへGO?!

Img_0884

 

«2021/2/7:うし様来浜

(PR)







(PR2)