2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2020/10/31:ちょこっと花火♪ | トップページ | 2020/11/3:JBC2歳優駿快勝♪ »

2020/11/1:入場1000人の天皇賞大敗!

◆横浜→府中→東京:8603歩

 6時起床。10時半すぎのみなとみらい線で出発して、武蔵小杉で南武線快速に乗り換えて府中本町へ。天皇賞当日だけれど、臨時改札口は閉鎖中で、いったん外へ出る。連絡通路はファンの姿もまばら。今開催から一般入場が再開された東京競馬、事前指定のみ約1000席限定という状況で、試しに申し込んだらまさかの当選。ということで、アーモンドアイの熱烈なファンには申し訳ないけれど、小生が貴重な1席ゲットしてしまったのだ。(当日の有料入場者数は、947名とのこと)

Image16_20201104063901

Image11_20201104063901

Image3_20201104063801

 臨時の指定席引き換え口が西門にもできていて、本人確認、検温、消毒、荷物検査、ハンドスタンプ代わりのリストバンドをつけて入場。

Image9_20201104063801

 何しろ広い東京競馬場。札幌ドームの5000人は、満員の1/8くらいだし、国技館の2500人も1/4くらいだけれど、ここは、秋のGIなら10万人以上入ることもめずらしくない中の947人。つまり1/100以下だから、本当に閑散としている。(来週から4000席程度に増加の見込み)

Image15_20201104063901

 当然、多くの飲食店もお休みだけれど、幸い、馬そば深大寺さんが営業しているので、鳥そばをいただけるのはうれしい。

Image4_20201104063901

Image5_20201104063801

Image8_20201104063801

 5階A指定席。2人がけのシートの1人利用で、前後も1列空けている。ディスプレイも独占できるし、コンセントも2個使えるし、荷物も置けるから実に便利。アルコール販売休止で飲酒NGのはずなのだけれど、たまたまお隣の人が缶酎ハイを飲んでいて、目があってしまった。気まずくなったようで、マスクをはずしてそっと飲んで、すぐまたマスクしてたけどね。大声も禁止で、ゴール前、ついつい声が出てしまう人が1人だけいたけれど、その後静かになったから、誰かに注意されたのかもしれない。

Image6_20201104063801

Image7_20201104063801

 せっかくだから6レースあたりから、馬券を買ってみるけれど、たまに当たっても固いのばかりでジリ貧。ソコソコ晴れて富士山もかすかにみえているのだけれど、風が冷たく、だんだん寒くなってきた。換気で多くの窓を大きく開けているので、中に入ってもけっこう寒い。そして、通路やベンチ、自販機からドアの取っ手にいたるまで、消毒隊がいて、スキあらばあちこち消毒している。そういえば、フードコートエリアのテーブルもアクリル板で徹底的に仕切ってあったし、マークシート用の鉛筆は1本ずつビニールに入っていた。さすがJRA、徹底的にやるよね・・・

Image10_20201104063801

 さて、天皇賞。アーモンドアイの出ているレースはいつもだいたいだめだ。今回もひねくれて、ダイワキャグニーら内枠の人気薄の先行馬に期待するも、逃げたのがダノンプレミアムで、この時点でほぼ終了。アーモンドアイ快勝で、芝のGI8勝は、新記録とのこと。2週連続の無敗の三冠に比べれば、まぁ、この記録の価値はどうかなとは思うけれど、ほんのわずかとはいえ、入場を再開した途端に、歴史的名馬の好レースが毎週のように続くのだからJRAもうれしいだろうし、競馬界の盛り上がりとしてはいいことだ。何より、2月の時点では、そもそも3冠レースなんて開催できるかどうかも怪しかったのだからねぇ。ホント、よかったよ。3頭がジャパンカップで対決してくれれば盛大だけど、まぁ、最近はそういう競馬ではないんだろうね。

Image12_20201104063901

Image14_20201104063901

Image17_20201104063901

Image_20201104063901

 数少ないファンが表彰式をみつめる中、敗者は早々に撤収。武蔵小杉経由で実家へ。途中、最終レース大敗を確認。

 ばんえいは、北見記念。実力馬が揃った高重量戦は、ゴール前大接戦の好レース、大勝か?!と思ったけど、小勝。地方競馬だけなら、今年はソコソコの成績なんだけどね・・・

 夜は、大阪都構想開票。大接戦だけど、またしても終了。まぁ、部外者としてはどっちでもいいけど、ここまで僅差で2回だものねぇ。皮肉というか、パラドックスというか、今のような府も市も維新の松井・吉村体制だと、一体化して政策を実行できるから、二重行政の無駄が表面化しないわけで、将来、府と市がねじれたときに、二重行政が無駄だ!と思っても、もうその時は投票はないんだよね。。。

 

 

« 2020/10/31:ちょこっと花火♪ | トップページ | 2020/11/3:JBC2歳優駿快勝♪ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020/10/31:ちょこっと花火♪ | トップページ | 2020/11/3:JBC2歳優駿快勝♪ »

(PR)

(PR2)