2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


  • Google

    ウェブ全体から検索
    しんちゃん日記内検索
無料ブログはココログ

« 2020/11/27:渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life デビュー記念日スペシャルトークライヴショー@日本橋三井ホール♪ | トップページ | 2020/11/29:ジャパンカップ回顧。 »

2020/11/28:ジャパンC展望。

◆横浜:はれ時々くもり:4845歩

 北風が少し冷たいけど、すっきり晴れたので、昼すぎにコーヒーを飲みにディアナへ。途中、貨物線の踏切が閉まってびっくり。めったに列車来ないんだけどね。

Img_8347

Img_8348

Img_8351

Img_8352

 サロンは、お当番のAさんの他、Yo子さん、Hさんも来ていてにぎやか。ボックスのHMさんが納品に来た鍋敷きの新作がかわいいので、さっそく購入。

Img_8358

 帰宅すると、何やら大きな荷物が宅配ボックスに。あれ、なんか買ったっけ?と思うと、「グリーンチャンネル秋のご愛顧キャンペーン賞品ご当選のお知らせ」が!そういえば、なんか応募したような気もするけれど、厳正なる抽選の結果、「日本ダービーグッズセット&競馬場限定お菓子セット」がやってきた。柿の種は、新潟競馬場限定品なのかしらん?

Img_8356

 グッズには、コントレイルのぬいぐるみも入っていたのだけれど、いよいよ明日はジャパンカップ。3冠馬3頭の対決。何十年も競馬をやってると、見方がどんどんひねくれるというか、斜に構えた感じになってくるけれど、この対決は、さすがに素直にワクワクする。

 様々な名馬・名勝負が思い出されるけれど、レースとして中身がすごかったというのとは別に、レース前のワクワク感がすごいという点では、84年のジャパンC(ミスターシービーvsシンボリルドルフvs外国馬)、91年の天皇賞(春)(メジロマックィーンvsトウカイテイオー)以来かな。この2つも、偉大な先輩に無敗の後輩が挑む図式だったけれど、今年は偉大な8冠馬に、牡牝の3歳無敗3冠2頭が挑むのだから、もうこんな対決はもう見られないかもしれない。

20201128a

 しかしながら、84年ジャパンCの勝ち馬(日本馬悲願の初制覇)がミスターシービーでもシンボリルドルフでもなくカツラギエースであり、91年天皇賞(春)のトウカイテイオーが5着に沈んだように、そういうときほどすんなり決まらないのもまた競馬。サートゥルナーリアの回避は残念だけれど、コロナ禍の中、2年ぶりに外国馬も来てくれたし、森師のダート馬ヨシオも参戦。脇役も多彩だし、幸い、お天気は持ちそうだけれど、馬場はけっこう荒れている。

 ◎アーモンドアイ

 ○キセキ

 ▲カレンブーケドール 

 △コントレイル

 △デアリングタクト

 △グローリーヴェイズ

 ☆ウェイトゥパリス

 アーモンドアイの出たレースで馬券が当たった記憶がないし、そういう小生が、引退レースの5歳牝馬を本命にした時点で、もはやアーモンドアイもキング・カズの域に達してしまったような気がしないでもないけれど、それもまたヨシ。あと1日、様々な展望番組を見て貴重な時間を楽しもう。

Img_8393

Img_8359

 

« 2020/11/27:渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life デビュー記念日スペシャルトークライヴショー@日本橋三井ホール♪ | トップページ | 2020/11/29:ジャパンカップ回顧。 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020/11/27:渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life デビュー記念日スペシャルトークライヴショー@日本橋三井ホール♪ | トップページ | 2020/11/29:ジャパンカップ回顧。 »

(PR)







(PR2)