2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2020/11/28:ジャパンC展望。 | トップページ | 2020/11/30:代官山散策 »

2020/11/29:ジャパンカップ回顧。

◆横浜・東京:くもり時々はれ:2745歩

 ジャパンカップ。キセキの大逃げがすばらしかった。昔は、けっこうこういうのがあったんだよね。1000m通過57秒9!と聞いて、計算の上では、厳しいかなとは思ったけど、それでもやっぱり直線向いたとき、ドキッとするもんね。

Img_8435

 そして、ハイペースだからこそ、実力勝負でまぎれがなく、3強の1ー2ー3。アーモンドアイがローテーションや距離、年齢などの心配をあざ笑うような完勝。強かったし、やっぱりルメールもうまかったよね。

Img_8445

 めったに買わないアーモンドアイから、手広く、カレンブーケドールやグローリーヴェイズなど中心の3連単だったたから、これはめずらしく勝利か?と思ったら、最後、コントレイルも強いし、ハナ差で3着を確保したデアリングタウクトも大したもんだ。馬券的にはハナ差が逆なら・・・と思うけど、まぁ、これはこの3頭で決まった方が、歴史として語れるからよかったよね。いいレースを見せてもらいました。

20201129c

 そして、アーモンドアイが全盛期とそれほど変わらないくらい、まだこれだけ強かったということがわかると、春の安田記念であっさり交わしたグランアレグリアもかなりの化け物っていうことになるよね。来年からルメールは、こちらでまた大活躍しそうだ。

20201129a

Img_8449

« 2020/11/28:ジャパンC展望。 | トップページ | 2020/11/30:代官山散策 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020/11/28:ジャパンC展望。 | トップページ | 2020/11/30:代官山散策 »